2000年10月の徒然
■2000/10/31 (火) PRIDE11


格闘技のPRIDE大阪大会をPPVで見た。生放送で2000円なら安い買い物という気がする。今回の見所は小川vs佐竹だったが小川の圧勝。負けた佐竹は大阪の地元ながら全く人気もなくぶよぶよのお腹だけが目立った。やはり惨敗した高田の今後はどうなるのだろう。

■2000/10/30 (月) メールの使い方


メールが普及して少し変わったことがある。会って言いにくいことなどがメールで突然送られてくることがある。中には謝りのメールとかも。いいのか?これで。便利グッズをこんな使い方でコミュニケーションは保たれるのだろうか。

■2000/10/29 (日) マニアとオタク

マニアとオタクとどこが違うのだろう、と家内と話した。私「相手に好意を持っていれがマニア、持っていなければオタクと言うのでは」。家内「その趣味が家の中でするものならオタクじゃないの」。家内の言うことが正解だと思った。やるじゃないか!カミさん!

■2000/10/28 (土) 哀れな長野県庁職員


田中康夫長野県知事の初登庁とその後の様子をテレビでやっていたが、何ともお寒いというかお粗末というか哀れにすらなってきてしまった。長野県は典型的な保守と聞いていたがここまでひどいとは思わなかった。田中康夫もおそらくキレる間もなくただただ予想以上に呆れているのだと思う。頑張れ!

■2000/10/27 (金) 困った身障者


昼にインド料理屋に行ったら横の席に身障者の年配女性が一人で食事をしていた。どうやら言語障害もあるようだった。食事の途中にトイレに行きたかったらしく店員を呼んで助けてもらっていたが、どうもこの身障者は横柄で我儘に見受けられた。またしても「線引き」の難しさに遭遇してしまった。

■2000/10/26 (木) 生命保険の見直し


生命保険の担当者と会った。外資系の掛け捨て保険が台頭してきて日本の生命保険会社もあれよこれよと新商品を開発しているようだ。説明を受けたが全くちんぷんかんぷんだった。担当者を信頼するしか方法はないので、あなたがベストだと言うのならそれでイイ。と言ったら、ちょっとプレッシャーがかかったようだった。

■2000/10/25 (水) 医は算術


家内の体質なのか気づかないうちに打ち身のような痣ができるので定期的に病院に行っている。白血病とかだと心配なので。その病院だが患者を「○○様〜ぁ」と館内アナウンスでも直接の声がけの時も呼ぶ。何か嫌な感じ。どこもそうなのか。

■2000/10/24 (火) やってくれるぜKNTV


韓国語チャンネル(CS放送)にKNTVというのがあるのだが、ここの編成はひどいものだ。時間どおりに始まらないし終わらない。だから留守録なんてできっこない。そしてついにやってくれた。1話2話と続いたドラマの続きに4話5話を放送して3話を飛ばしてしまったのだ。次は何をしてくれるか楽しみだ。

■2000/10/23 (月) 一日雨降り


休み明けの出かけ日に雨降りとはよほど普段の行いが悪いのか。どうも傘を持って歩くのに慣れていないせいか行動するのが鬱陶しくてしかたがない。たぶん不機嫌な顔をして歩いていたことだろう。年齢のわりにはまだ人間がちっともできていない。

■2000/10/22 (日) 久しぶりの一人休日


家内がバーベキュー・パーティーに参加で留守番。久しぶりに家に一人でいたら何をしていいのか分からず、怠惰な一日を過ごした。以前なら競馬三昧のはずだが、競馬を見ていてもどうもつまらない。味の好みが変わるように趣味も変わるのだろうか。

■2000/10/21 (土) 老眼鏡


白山眼鏡で老眼鏡の眼鏡を注文した。もともと遠視と乱視の気があったので遠くのものはよく見えたのだが、最近近くのものを見ているとイライラしてきていた。それでついに老眼鏡を作ったわけだ。視力も左右2.0が1.5と1.2になっていた。思えば遠くへ来たものだ・・・。

■2000/10/20 (金) 過ぎたるは・・・


過ぎたるは及ばざるが如し、とは巧いことを言ったものだ。「正直」「真面目」は誉め言葉のはずだが、度を越してしまうと「クソ真面目」「バカ正直」に変わる。「クソ」「バカ」が付いてしまうともう誉め言葉ではないだろう。これに限らず注意したいものだ。

■2000/10/19 (木) PPVで『シュリ』


スカパーのPPVで今「シュリ」が放送されている。一日何回見ても400円だ。録画も可ということでさっき見終わった。映画館で見ているし、ビデオでも見ていたのだが、映画館で見るよりも数段面白かった。やはり大画面むきではないのかも。

■2000/10/18 (水) 西沢の立て襟


サッカー日本代表はウズベキスタンによりにもよって8-1で勝ってしまった。日本が強いのか相手が弱すぎるのか、このスコアだと分からなくなってしまう。この試合で3点入れたのが高原と西沢。この西沢だけがユニフォームの襟を立てたまま試合をしている。小林旭のファンなのかなぁ。それにしてもダサイ。

■2000/10/17 (火) メカな一日


今日は、パソコンのメンテをした。調子の悪いテレビもどうにか完全に復調した。仕事的にはほとんどサボッたことになるが、なんだか肩の荷がおりた気がする。お馬鹿なWOWOWから電話がかかってきた。ちゃんと対応しないとWOWOW無料で視聴できる方法バラしちゃうぞ!

■2000/10/16 (月) 三菱のテレビ


私の家のテレビは先日少し話題になった三菱の火を噴いたテレビだ。自主回収と言うから交換かなと期待していたが、けっきょく無料修理に落ち着いた。で、直してもらったら今度は他の個所に不具合が出てきた。明日は予定外で忙しそうだ。

■2000/10/15 (日) 中国での韓国人コンサート


中国で韓国アーティスト数組によるコンサートが予定されていたが中止になった。両国ともお互いに相手国が悪いということで収拾がつかないようだ。中国ではむこう5年間韓国アーティストのコンサートを許可しないようだ。言った言わないの子供の喧嘩のようでお寂しい話だ。

■2000/10/14 (土) 渋谷「東大門市場」


ちょっと前にオープンした「東大門市場」に行ってみた。宣伝が効いたのかオープン当時よりも人がたくさんいた。オープンの時にちょっと気になる店があったのでそこで帽子を買う。値切りOKとのことなので言ってみると2900円の帽子が2600円にはなった。こんなものなのかな?と納得して帽子をゲット。

■2000/10/13 (金) DAVID BOWIE


ネット上で付き合いのあるイルボンヌさんが掲示板上でDAVID BOWIEの話をしてくれた。一気に盛り上がり「戦メリ」のころの話までしてしまった。何かきっかけがあるとすぐに火がついてしまうほど私の中では大きな存在だ。今夜は90年のライブ・ビデオを見て寝よう。

■2000/10/12 (木) 中身が見たい


最近どこの本屋でも雑誌を紐かけしたり漫画をラップしている。あれって本屋の方針であって発売元の方針ではないんだよね。中身も見せないで売ろうとしてる高飛車な態度がちょっと気に入らない。いつからこうなったのかもよく覚えていない。八重洲ブックセンターもそうなのだろうか?今度確かめてこよう。

■2000/10/11 (水) 畑山 vs 坂本


いやぁ、久しぶりにボクシングらしい凄惨で暗い試合だった。最近の格闘技はPRIDE、K-1など明るい試合が多いのだが、今日の試合は暗かった。昔のプロレスの猪木 vs 大木もそうだが格闘技はどこか地下でこっそりやっている雰囲気がないと面白くない。それにしても畑山ってこんなに強かったの?

■2000/10/10 (火) 新聞休刊日

宅配の日刊スポーツがお休みなので朝早くから駅の売店まで買いに行った。ついでに噂の真相も。トップはやはり昨日のプロレスだった。今日は一日、精神的に疲れることをやっていたのでホトホト疲れてしまった。まぁ、ひと段落ついたので「時代」に1970年を加えたのだが、これでまた疲れてしまった。

■2000/10/09 (月) K-1と新日

K-1と新日本プロレスをテレビで見た。K-1はちょっと面白くなくなってきた。メンバーの拡大が質を落としているのが原因か。新日は健介VS川田の試合が久々にプロレスぽくて面白かった。それに比べて橋本はお涙頂戴の演歌路線でダメ街道まっしぐら。千代田生命が破綻した。

■2000/10/08 (日) 「店主徒然」開店

雷波少年の「麺ロード」を見ていたら企画中止の裁定にもかかわらず、もう一度旅を再開することになった。100人の裁定委員全員が再開支持に回ったわけだが、こういう連中がバレーボールなどで負けたのにもかかわらず「よくやった!」と声をかけている連中なんだろうな。あぁ、嘆かわしい。京都大章典のテイエムオペラオーはあまりにも強かった。

表紙に戻る