2001年6月の徒然
■2001/06/30 (土) おもひでぽろぽろ


昨日、テレビで「おもひでぽろぽろ」を久しぶりに見た。自分で好きな映画を10本選ぶ時に必ず入れている作品だ。何度も見ているのでCM入りでもじゅうぶんに楽しめた。時代背景が自分とほぼ合致するのでなおさら好きなのかもしれない。ちょっと気持ちがすさんでいる時やくたびれかかっている自分がいる時に見ると何となく癒される気持ちになれる。そんな訳で今週の更新は「時代」の1965年(昭和40年)になったのだった。

■2001/06/29 (金) 快楽の掟


世紀の美女、クレオパトラは性欲に貪欲なため最終的には醜いほどの痔持ちだったらしい。快楽の行き着くところはアブノーマルということか。田代まさしが盗撮事件以来、芸能界復帰とのことで会見をしていた。反省を装っていたが、音楽やっていた時もこの手の事件を起こしているからコレはもう完全に病気。ただアブノーマルはバレちゃいけない。そう意味でも三流の芸能人なのだろう。ちなみに謹慎中はパチンコ三昧だったらしい。

■2001/06/28 (木) 目がくらむ家電量販店


千葉にはホームセンター、ブックセンター、家電などの量販店が多い。しかも店舗の広さと駐車場の広さは都心に住んでいる人には考えられないほどだだ広い。夕方、家電量販店にクーラーなどを見にいったのだが、あまりの品数の多さにゆっくり吟味する精神力も萎えてしまい、販売員の説明を聞いてもうわの空だった。クーラーは色もほとんど同じ、形もほぼ同じでウンザリ。夕飯の冷奴までミニチュアのクーラーに見えた。

■2001/06/27 (水) 芸能人の八重歯


芸能人を見ていてアレ?と思うことがある。それは八重歯だった人がいつの間にか綺麗な歯並びになっていることだ。芸能人は歯が命。なのかどうかは知らないが、売れてくると芸能人は八重歯を取り去ってしまうようだ。古くは石野真子、芳本美代子。最近では99の矢部まで普通の歯並びになってしまった。最近の矢部を見ていて思ったのだが、八重歯をなくすと存在感というかトーンが落ちてしまう場合があるのでは、ということ。

■2001/06/26 (火) 巨泉が出馬?


来月の参院選に大橋巨泉が民主党比例区から立候補するらしい。しかも菅直人がわざわざ渡米してお願いに行ったらしい。あげくは衛星中継で鳩山由紀夫と話なんかして記者会見までしていた。日本に住んでもいない。選挙期間中も来日せずにビデオとポスターで運動するらしい。こんな舐めた話に乗っかった民主党。とてもじゃないけど全く期待できない。巨泉の担ぎ出しが今の時代のセンスに合わないことぐらい分からないものかな。

■2001/06/25 (月) 新しい歴史教科書


待ち合わせ時間より早く目的地に着きそうなので近くの本屋でたっぷり立ち読みをしていたら目に入ってきたのが「新しい歴史教科書」。これが話題になっている本かとペラペラめくってみると何だか懐かしい気がしてきた。考えてみればニュースでは教科書問題と騒いでいるが、子供のいない大人だとなかなか教科書など目にする機会がない。早速、980円出して買ってしまった。まだほとんど見ていないが何となくワクワクしている。

■2001/06/24 (日) ボロボロ


宝塚記念はジンクスが総崩れで馬券はボロボロ。そう言えば、全ての条件が揃ったジンクスは崩れ時、というのを思い出した。メジロライアンがメジロマックイーンを負かした宝塚記念と同じレース展開だった。昨日は昨日で3度目のtoto3等的中(9回買って)。配当金は700円。バラバラに買ったのに夫婦揃って的中したので期待はしていなかったものの、やはり当たる時は簡単で安い時ばかりだな、と実感した。

■2001/06/23 (土) 宝塚記念あれこれ


明日は競馬の宝塚記念だ。いくつかジンクスがある。前年5着までに入線しなかった枠が連対する。今年は2、5、6枠が該当。前年の3才最優秀牡馬が出走した場合はほぼ完全連対。今年はエアシャカールが該当。となると1番人気テイエムオペラオーは4枠、2番人気メイショウドトウが3枠でこの2頭での1、2着はないことになる。6枠に入ったエアシャカールには嬉しいジンクスだ。ところでジンクスとデータはどう違うのか。

■2001/06/22 (金) 政治家の顔


今や国会答弁中継も小泉劇場といわれるほど身近になって人気らしい。政治家の人気は経歴や能力だけではどうにもならず案外大事なのが顔立ちだ。顔がぱっとしないといくら内容のあることを言っても全く説得力がない。中でも絶望的な顔が民主党党首の鳩山由紀夫。爬虫類的というか両生類的な顔で何を言っても有権者の気持ちを掴むことはまずありえないだろう。あの生臭そうな目つき。参院選惨敗は確定だろう。早く気づけよ民主党。

■2001/06/21 (木) 電波芸者な弁護士


弁護士が所属する法律事務所なども広告をうってもよくなってから弁護士のテレビ出演がかなり増えている。中でもひときわ出ているのが紀藤正樹弁護士。大阪の児童殺傷事件の時などNHKからテレビ東京まで一日のうちに時間差で出まくっていた。もちろん、出演依頼があるから仕方がないかもしれないのだが、呆れるばかりの露出の仕方だ。あんた、いつ仕事してんのよ?と言いたくなるほどだ。今朝もまた出ていた。

■2001/06/20 (水) シティ・ヌルハリザ(Siti Nurhaliza)


危うく忘れるところだった。22日(金)NHK-BS2で夜の7時30分から、今年の5月20日にマレーシアのクアラルンプルで行われた「Asia 2001 Music Festival」の模様が放送される。これにマレーシアの歌姫と名高い超美人シンガー、シティ・ヌルハリザが出演するのだ。以前、スカパーの旅番組でインタビューを受けている姿を見たことあるが、美しさにも程があるぞ!と言いたくなるほどの美女だ。さぁ、金曜の夜は早く帰ってくるぞぉ。

■2001/06/19 (火) 格闘家の容姿


周りでは格闘技がけっこう盛んのようだが一般的にはどうなのだろう。K-1以来、女性の格闘技ファンも増えているようだ。格闘家は本来強ければ良いのだが、今の時代、あまりにも容姿が悪いといくら強くても人気的にはかなりツライのでは、と武蔵を見るたびに思ってしまう。K-1も中迫あたりに早く武蔵の上にいってもらわないと困ると思っているのでは。などと、スポーツ新聞の「武蔵、新技開発」の記事を見て思ってしまった。

■2001/06/18 (月) ETC


千葉に住んでいると高速道路の料金「ETC」ゲートは全国全的なのかと思っていたが、新聞によると千葉地区にしかないらしい。国土交通省によると全国展開を考えているようだが、車載用のセンサーが高額だし、専用ゲートも時間帯によっては少ないし、全く普及していないとしか思えない。対応策として期間限定で高速使用料金の2割引き案を出して鼻息を荒くしているようだが、どう考えても全国展開するとは思えないのだが。

■2001/06/17 (日) GO


金城一紀の直木賞受賞作品「GO」が映画化される。主演は窪塚洋介なので興味はあるものの小説自体はまだ読んでいない。韓国のことに興味を持つと必ず通るのが在日の方々のこと。いろいろな本を読んではみたが在日をテーマにした小説はあまり読んだことがない。この本も読んでみようかと思っていたが、在日の方たちにはあまり評判が良くないようだ。なぜ評判が良くないのか確かめるために読んでみようかな。

■2001/06/16 (土) 仁義なきマジック


テレビでマジックの特番があった。番宣では「フジテレビ本社を消失」ということだ。マジック好きとしては見たが、フジテレビは見事に消えてしまった。この消失マジックの前にマスクド・マジシャンと名乗るマジシャンがいくつかマジックのトリックを披露した。更に同系マジックのバージョン・アップを見せて自らの力を誇示するという手法だが最近、マジック界もネタばらしが多くなり、仁義なき世界に突入のようでちょっと寂しい。

■2001/06/15 (金) 千葉県民の日


今日は千葉県民の日で映画館は1000円均一だったので近所のシネコンにカミさんと「JSA」を見にいった。映画館のチケット売り場は学校が休みなので長蛇の列だったが、「JSA」は15人程度。これでも多いなぁとビックリ。映画が始まって15分ほどで館内から喋り声。何と携帯電話で話をしている奴がいた。帰りに初めての焼肉屋でランチ。カミさんが頼んだ石焼ビビンバには普通のスプーンが出てきた。カミさん曰く、食べにくいとのこと。

■2001/06/14 (木) スカパーとレンタル・ビデオ


スカパーに加入してからほとんどレンタル・ビデオを借りなくなった。何で借りなくなったんだろう?と考えてみた。スカパーもビデオも家の中でテレビの画面で見るし何も変わらないのに。などと考えていてやっと気がついた。ビデオは途中で止められるが一応スカパーの映画は途中で止めることができない。ここが大きな違いのような気がする。この差は意外に大きいかも。時間の経過に逆らえないところが映画館と同じなのだ。

■2001/06/13 (水) 小学生殺人ゲーム


大阪池田市で小学児童殺害事件が起きて日本中を震撼させているが、何とも呆れたことにこの惨劇をテーマにしたインターネット・ゲームが存在するらしい。ゲームは犯人になって小学校を襲うもので、犯行を静止する先生を振り切って逃げ惑う小学生を何人殺戮できるかでスコアを競うものらしい。海外のプロバイダーにアップしているようだが、どうにもこうにも困ったものである。ちなみに小学校のクラス名は実名が使われているようだ。

■2001/06/12 (火) 小泉メールマガジン


小泉純一郎首相の支持率が相変わらず高くて85%ほどらしい。その首相が国会でメールマガジンを発行すると表明して今受付中とのこと。第1回配信は14日で11日現在で20万件の配信希望があったと今朝のテレビで言っていた。そこでアレ?と思ったのが20万件という数字。テレビの司会者は20万件をものすごく多い数字と言っていたし、小泉首相やその部署の人も嬉しい誤算と言っていた。個人的には案外少ないんだなぁ、と思ったのだが。

■2001/06/11 (月) つまらないお笑いコンビ


サッカー、コンフェデレーションズ・カップの総集編特番を見ていた。トルシエ監督もゲスト出演していてなかなか面白い番組なのだが、途中でお笑いコンビの雨上がり決死隊というのが出てきた。とにかく面白くも何ともない。ジョークとふざけることの違いが分からない典型だ。このコンビに限らず、TAKE2、よゐこ、MIT、極楽とんぼ、などなど面白くもなくただ不快でしかないお笑いコンビが多いが、いつからこうなってしまったか。

■2001/06/10 (日) 負けは負け


コンフェデレーション・カップ、日本は決勝でフランスに0-1で負け準優勝に終わった。予選リーグ突破すら予想していなかったのでこの大会はとても楽しませてもらった。試合終了後のインタビューでこの日のキャプテン、森岡が「負けは負け」と言っていたところに日本チームの今後にまだ期待できるような気がする。ワールド・カップ本番まで1年を切ったが、この準優勝でサッカー人気はまた増すことだろう。さてプロ野球はどうする。

■2001/06/09 (土) 芋と串むぎとろ


今日は結婚記念日だった。2人でどこか食べに行こうと考えたが、土曜ということもあり営業しているお店にも限りがある。考えたすえ、浅草の「芋と串むぎとろ」でコース・ランチを食べることにした。本館は有名だがすぐ側の別館のほうは案外知られていない。こちらは土日だけは昼からも営業。夜はJAZZバンドが入ったりとミス・マッチでおしゃれな演出をしているしBARとしても人気のある店だ。シンプルな記念日だった。妻に感謝。

■2001/06/08 (金) 殺人犯の精神鑑定


大阪池田市で小学生低学年8人が包丁で刺されて死亡するという何とも悲惨な事件が起きてしまった。犯人は精神病院入院、通院歴ありの37才の男。TBSは精神病院というところに神経質になり実名報道を避けている。この事件に限らず最近の殺傷事件は加害者の精神鑑定を当たり前のようにやるケースが多い。しかし、人を殺傷する時に精神状態が正常な人などいるわけがない。加害者の人権擁護も良いが、ひと知恵欲しい。

■2001/06/07 (木) さぁ、フランス戦だ

サッカー日本代表は無失点でついに決勝進出が決まった。無失点というところが評価すべき点だと思う。決勝の相手は前回0-5で完敗したフランスだ。前回よりもだいぶメンバー落ちしているがまずは勝つことが先決。心配なのは今回の好調が来年のワールドカップでも「世界に通用」と日本人お得意の楽観ぶりでスポーツ紙などで報道されることだ。各国とも本番に向かって調整してくるから全く楽観できない。でも、まずは日曜日。頑張れ!

■2001/06/06 (水) 怒るより慣れろ


視聴をやめてだいぶ経つがスカパーの韓国放送チャンネル「KNTV」評判がよろしくない。やめた最大の理由が、時間どおり番組が始まらなかったり、終わらないことだった。これが最近は更にひどいことになっているらしい。そんな話題を鴎亭の蜜さんとやりとりしていたら、韓国に住んでいる時にもそんなことは当たり前のようになったので慣れて怒る気もしなくなったと言っていた。そうか韓国式なのか!と思ったらやけに納得できた。

■2001/06/05 (火) 不潔度チェック!


渋谷をうろついている若い女の子は不潔で3日間風呂に入らないのなんてざららしい。靴下や下着も取り替えないと言う。テレビで「不潔度チェック」なるものをやっていた。まず臭いセンサーなるもので下水の臭いを数値化して380。そして女の子の髪や靴下、靴を数値化する。なな何んと700以上がほとんどで800を越す者までいた。彼女たちは家にもほとんど帰らず友達の家などを泊まり歩いていてホームレス状態らしい。新しい渋谷族か?

■2001/06/04 (月) マニアと一般の温度差


韓国映画「JSA」が話題になっている。と思っていたが一般レベルでは全くそうでもないらしい。2週目にしてガラガラの閑古鳥らしい。貸切り状態だったというカップルの報告もあった。「シュリ」に比べて上映館は多いが打ち切りは時間の問題か。試写会が多すぎるのも原因だろうな。自分では韓国「が」好き、ではなく韓国「も」好き、などと言っているがいつの間にマニアの域に入ってしまっているのだろうな。

■2001/06/03 (日) 休息的週末


巨人の人気がないらしく金券ショップで売れ残りチケット多数らしい。お金使って集めた打撃サイボーグみたいな打線が今イチ今の世相では人気がないのでは?と新聞に書いてあった。何となく分かるような気もしないではない。サッカーはカメルーンに快勝して正直驚いた。この一戦が標準実力を越えた試合だったのか、それともここまで力をつけた結果なのか、今後が楽しみだ。ネパールの皇太子による国王殺害にも驚いた。

■2001/06/02 (土) 出かけない土曜日


どうも熱があって今ひとつ体調が悪い。妖怪なんか必死で調べていたせいかも。そんなわけで今日は久しぶりに出かけない土曜日を過ごしそうだ。土曜日に家でテレビなんかめったに見ないのでそれなりに面白い。今日は、PRIDE14、土曜競馬、サッカーとバラエティーに富んでいる。今日、明日は休息の日としよう。

■2001/06/01 (金) もやもや病


徳永英明が「もやもや病」に冒されて全ての活動を中断と新聞に載っていた。この病気は正確には「ウイリス動脈輪閉塞症」といい、脳の動きを支える動脈が閉塞して突然、半身麻痺になったり、ろれつが回らなくなったり、視野が狭くなったりするらしい。原因不明で予防治療も確立されていない難病とのこと。脳をレントゲン撮影すると血管が煙草の煙のようにもやもや写ることからこの病名になったそうだ。早い回復を祈りたい。


表紙に戻る