2002年3月の徒然
■2002/03/31 (日) テレビ版・深夜特急


旅行用のカバンを買いにアメ横に行った。天気が良かったので最後の花見とばかり上野の山は賑わっていた。夜は気分がすっかり旅行モードになってテレビ版「深夜特急」を久しぶりに見た。思えばカミさんがアジアの旅に嵌ったきっかけの番組だ。ペナン島なんかはこの番組を見なければきっと行かなかった所だっただろう。たかがテレビ、されどテレビ。何がきっかけで人生観が変わるか分からない。我が家にとって影響大のビデオだ。

■2002/03/30 (土) オープン価格


パソコン雑誌や情報系雑誌を見ると商品の広告や関連記事がたくさん載っている。読み手は情報を得たいから見るわけだがいつからか一番大きな関心事である商品の価格を知ることができなくなってしまった。「オープン価格」とひと言で片づけられており値段を知ることができないのだ。本来売り手は、その商品がいくらぐらいするものか、という情報は最低限与えなくてはならないのではないだろうか。寿司屋の「時価」とは違うんだから。

■2002/03/29 (金) 性同一性障害


競艇の安藤千夏が性同一性障害であることを公表し今後は男子レーサーとして選手を続けることを明らかにした。競艇は元々、男女区別した登録制ではないので登録自体は問題ないと思うが協会の図らないも立派だと思う。収入面を考えると女子だけのレースも組まれているので公表しないほうが有利だったはず。宿泊の部屋割りやロッカー、入浴など細かい問題はあるかと思うがぜひ頑張ってもらいたい。人間とは複雑なものだと再認識した。

■2002/03/28 (木) 早咲きの桜


昨日の雨で桜が散り始めた。明日も雨とのことだから週末までもつかどうか。今年は早咲きなので、すでにお花見を敢行してしまった人たちがほとんどだ。花見といえば終わった後のゴミの量は半端でなく多いらしい。公共のお花見場所のゴミ処理の費用は例年は新年度(4月から)の予算を使うらしいが今年は早咲きのため予算がなく(昨年4月に使ってしまった)ゴミ処理が大きな問題になっているらしい。お役所も大変な今年の早咲きだ。

■2002/03/27 (水) マリオネット辻元


辻元清美が議員辞職した。どうせするのであればジタバタせずにもっとベストのタイミングがあっただろうに。社民党から除名と辞職のどちらを選ぶか、という選択を迫られたのだろう。辞職会見で自ら「辻元らしく」という言葉をクチにしてたが、マスコミに作られた「らしく」に踊らされていたことにもっと早く気づくべきだったし、今回の出来事を「私のミス」という安直な言葉で表現していた大きな間違いにもまず気づくべきであろう。

■2002/03/26 (火) ビザ申請


インド大使館にビザ申請に行った。午前9時半から11時までが受付とのことで10時過ぎに行ったら大勢いてビックリ。待ち人数78人だった。おいおいこんなにたくさんインドに行くのかよ。久しぶりにビザ申請などするので書類の記載には神経を使った。途中トイレに行きたくなり職員に尋ねたら建物の裏にある外付けのトイレだった(しかも男女兼用)。これが恐ろしく汚くて大便用の枠が外れている。もうインドらしさに遭遇してしまった。

■2002/03/25 (月) 第74回アカデミー賞


「総理、総理」とテレビでリプレイされる中、海の向こうでは第74回アカデミー賞が発表された。作品賞、監督賞は「ビューティフル・マインド」なのに主演男優賞、女優賞はこの作品からではなくデンゼル・ワシントン(トレーニング・デイ)とハル・ベリー(チョコレート)の2人が選ばれた。黒人が両賞を同時に獲るのは初めてのことらしい。プレゼンテーターで「マルホランド・ドライブ」のナオミ・ワッツは出たのかしらん。

■2002/03/24 (日) ブロードバンドの波


カミさんの実家がADSLになった。それに伴い来週には無線LANが構築されるようだ。ADSL導入に際して新パソコン(XP)も購入。4台目のPCだ。来週からは3台のPCが稼動するというわけだ。我が家のXP、95、ISDN、AirH環境とは格段の差のステップアップだ。今回気になったのはブロードバンドというのはお年寄りたち(現役退職者)のお財布を狙ったキーワードではないかということ。電気量販店のPCコーナーではやけにお年寄りが目立つ。

■2002/03/23 (土) 混浴合コンてかっ!


ラジオで温泉の話をしていた。水着で入っていた女の子におじいさんが言ったそうな「水着のほうがイヤらしいからそんなもの脱いで来い」これすごく分かるような気がする。こうも言ったとか「見られないように着てるってことはオレたちが見たがっているみたいじゃないか」これも分かる。ラジオではついでにこんなことも言っていた。「最近では混浴合コンというのもあるんですよ」どういうシステムなのだろう、とても気になった。

■2002/03/22 (金) 辻元疑惑


辻元清美に金銭疑惑が出た。自民党の逆襲とも言われているが弁明記者会見での歯切れの悪さ、大人しさを見る限り、まだこの件に関しての対策・方針が決まっていないのだろう。ということは少しはヤバイ状態なのかもしれない。もし潔白であればあんなに大人しい会見ですむ筈もないだろうから。鈴木・加藤の議員辞職を迫るのであれば、辻元自ら「疑いあるは自己の責任」と議員辞職すれば説得力も人気も更に上がるのではないだろうか。

■2002/03/21 (木) 2度買い


本屋でかなりの時間いろいろ物色した結果、新宿鮫の文庫本を買った。何冊かは読んでいたのでペラペラと中身を確認して買ったつもりだった家に帰ってガッカリ。持っていたどころか読んだものだった。何で一度読んだのに覚えていないのだろう、嫌になってしまった。レコードやビデオでは2度買いなんてないのに何で本だとたまにあるのだろう。あまりちゃんと読んでいない証拠かもしれない。ところで、この文庫本どうしたものか。

■2002/03/20 (水) 困ったチャン飯星景子


朝のワイドショーに出ていた飯星景子に小倉智昭が田中真紀子発言につていコメントを求めたところ彼女曰く「分りません。私は田中真紀子さんじゃないから」だた。お前はアホか!お前が田中真紀子じゃないことなど日本中の人間が知っているわい。この時だけでなくその後も同じこと言っていたけど、こんなことだから統一教会に入信して父親を困らせてしまうんだろうなぁ。と改めてこの女の馬鹿ぶりを再認識してしまった今朝だった。

■2002/03/19 (火) 華(はな)


芸能人にとって努力しても身に付かないものの一つに「華」があげられる。先日テレビ「ウリナリ」の最終回用ビデオ見ていたらビビアン・スーが久しぶりに出ていた。彼女は「華」が身に付いている典型だ。ただ、彼女は天然ボケを明るく演じているが今に至るまでかなりの苦労屈辱を経験している。そのせいかたたずまいがどこかもの寂しい。同様のたたずまいを持っているのが細川ふみえだ。彼女のほうは「華」なきゆえ見ていてつらい。

■2002/03/18 (月) 女性>男性


先週まで放送の「君を見上げて」は女性が男性より身長が20cm高いという話だった。この身長差は珍しいが、実際のところ女性の方が男性よりも優秀だと思えることが最近多い。特に感じるのがサポート・センターの電話応対だ。どこのサポートに電話しても明らかに女性のほうがテクニカル面、電話応対の面で男性よりも数段優れている。男性は元々技術畑から来るから会話能力がないのかもしれない。電話して女性が出るとホッとする。

■2002/03/17 (日) リスキーな騎乗


兵庫競馬所属の小牧太騎手が今日の阪神大章典で昨年のダービー、ジャパンカップを勝ち、年度代表馬にもなったジャングルポケットに騎乗した。そもそもこの馬には武豊が乗るはずだったが落馬骨折で外国人騎手に乗り代わることに。ところがその騎手も騎乗停止になり小牧騎手が乗ることになった。しかし、今回の騎乗は大変リスキーな選択だった。勝って当たり前、負けたら騎手のせいにされてしまうからだ。で、結果は2着だった。

■2002/03/16 (土) 臭いニオイは・・・


鈴木宗男が離党して加藤紘一もするらしい。野党各党首が議員辞職しなきゃダメ!と宗男エレジーを非難していたが、まともな意見は土井党首だけだった。鈴木宗男は比例区当選だ。ということは「鈴木宗男」という名前を書いてもらい当選したのではない。「自民党」と書いた投票で当選したのだ。だから責任は自民党にあるのだ。彼を上位名簿に入れた自民党の責任を問う。というのが土井党首の主旨である。大変分りやすい内容だった。

■2002/03/15 (金) 裁きの思惑


山口県光市母子殺害事件で当時18才だった被告に対する控訴審判決で無期懲役刑が出た。被害者遺族で夫の本村さんが判決に対する不満と無念さを会見で語っていた。審理中に被告少年の横暴かつ信じがたい内容の手紙の流出などもあって極刑かもという噂もあったが結局は無期懲役刑になった。裁判官の判断のどこかに本村さんの雄弁さ、手紙の流出による判決への影響を勘ぐられたくない、というような気持ちもあったのではないだろうか。

■2002/03/14 (木) 事実は小説よりも奇なり


北九州市の少女監禁から始まった事件はその後に何人か男の子も発見されたり、容疑者カップルに子供を預けた親が登場したり、容疑者の本名が今日になってやっと分ったり、はたまた容疑者カップルの職業が夜逃げ屋だったり、と常識的には考えられない状況になっている。北朝鮮に私が誘拐、拉致しましました。と言い出す女までいきなり現れたりで日本という国はいつの間にか摩訶不思議な国になってきてしまった。どこへ行くのか日本。

■2002/03/13 (水) 幾つになっても女好き


業界友人と食事をしながらイイ歳して女の子の話に花が咲く。最近気になる子いる?という質問に、間髪入れずに「ダントツで木村多江、少し離れて伊東美咲だな」と答える。友人曰く後者はともかく前者は渋い選択らしい。カミさんには悪いが今だかつて合コンなどで他の参加者と女の子の好みがバッティングしたことがないだけにこの「渋い」という形容には優しさを感じる。隣に座っていたOL2人から失笑をかっていたのは言うまでもない。

■2002/03/12 (火) 辻元清美


鈴木宗男証人喚問で辻元清美が相変わらずの単細胞ぶりを発揮した。鈴木宗男を怒らせたことを大正解と見ているようで喚問後もアチコチのテレビではしゃいでいた。この女のおかげで世の中には少数ながら鈴木、可哀想の意見も出ているようだ。「仕事ができる女=男勝りに仕事をすること」と完全にはき違えているのがこの女であろう。テレビ局のいいオモチャにされていることにも気づかないのだろうし全てにおいて不細工な女である。

■2002/03/11 (月) ネットで入社試験


三菱地所が今まで筆記で実施していた新卒者の入社1次試験をインターネットで行うことを決めたとのこと。ネットに接続すれば期間内にいつでもどこでも受験できるらしい。当然「カンニング」「替え玉」の心配が考えられるが問題の種類を17万通り用意していること、試験に時間制限があることなどによって解決できるらしい。世の中変わったものだと驚いていたらマイクロソフトはすでに昨年からネット試験を実施しているとのこと。

■2002/03/10 (日) 日本アカデミー賞


数日前にテレビで日本アカデミー賞の発表と授賞式をやっていた。少し見ていたが、あまりのサブさにチャンネルを替えてしまった。発足当時は慣れないこともあってか進行だけでなくノミネートされた役者たちもちぐはぐしていた。回を重ねることによりだいぶ良くなったのだろうと思って見たが、昔とちっとも変わっていなかった。社交ベタというのか、冗談のセンスも悪いし、何よりも「間」が悪い。日本映画が世界に通用しない証か。

■2002/03/09 (土) 両替屋


上野駅が「アトレ上野」なんて名前がついてオシャレにリニュアルしたが、今イチとってつけたようで空間が浮いていた。上野駅構内には昔から両替窓口があったが案の定なくなっていた。この両替屋は1%の手数料を取るので1万円出すと9900円くれる。駅構内にあるから合法的に認められていたのだろうが、何とも不思議な商売だった。他にも靴磨き業者もいなくなっていたようだ。大改札口上の壁画は残っていたがちょっと寂しくなった。

■2002/03/08 (金) 辛かったD・リンチ映画


今週はずっと花粉症なのか風邪なのか判断がつかない状態でいた。週の中盤から喉は痛いし熱も少しあるしで風邪かなと勝手に思い込んでいたが、花粉症でも同様の症状はあるという。そんな中、レンタルのデビッド・リンチの『ロスト・ハイウェイ』が返却日なので慌てて見た。面白い映画だったはずだが、体調がよくないと見るのがこんなにも苦痛だとは思わなかった。今夜、スカパーで『ブルーベルベット』があるが見るのやめておこう。

■2002/03/07 (木) もの言わぬ目


野良犬や捨て犬は保健所で保護され数日後には殺処分にされる。今日も夕方のニュースでそのやるせない実態を取り上げていた。今回は香川県だったが初めて殺処分される犬の導線を見た。係員の感情を考えないように全て機械的な導線で処理されていた。処理ルートを見せるのは珍しいことらしい。少しでも悲しい現実を知ってもらいたいということからのようだ。いつも思うことだが自分の運命を知っているかのような犬の目が悲しすぎる。

■2002/03/06 (水) 韓国式というか・・・


5月30日ソウルでワールドカップ前夜祭コンサートという大きなイベントがある。それに日本からCHEMISTRYと安室奈美恵が出演するとW杯韓国組織委員会(KOWOC)が発表した。しかし、日本側の所属事務所、レコード会社は全く寝耳に水でオファーすら来ていないという。CHEMISTRY側によればKOWOC側から「コンサートがあれば出演してほしい」と口頭では言われたことがあるらしい。勇み足というにはあまりにも低レベルでトホホな話だ。

■2002/03/05 (火) 見たことがないといえば


かなり長い間、元X-JAPANのYOSHIKIがサングラスをとった顔を見たことないが、見たことないという点では、CHEMISTRYの片方の素頭も見たことがない。こちらはデビューした時から帽子やら何やらの被り物をしているからおそらくほとんど人が彼の素頭を見たことはないのではないだろうか。癖毛でどうしようもない、ズル剥けに禿げている、などいらぬ憶測をしてしまう。いつ、どうゆうタイミングで被り物をとるのか楽しみである。

■2002/03/04 (月) サングラス


サングラスはファッション的な意味以外でも眩しい日差しをさえぎったり、雨の日に車を運転する時にも運転しやすかったりで(特に茶色系)便利だ。しかし、どんな時にもかけているのはどうも見苦しい気がする。古くはマイケル・ジャクソン。最近ではU2のボーノと元X-JAPANのYOSHIKI。特に後者なんかサングラスしていない顔を見たことがない。行儀が悪いという言い方はジジィ臭いかもしれないが、どうにもいただけないのだが。

■2002/03/03 (日) 猿岩石


ビデオ棚から「電波少年」の古いビデオが出てきた。猿岩石のユーラシア大陸横断ヒッチハイクのビデオだ。香港スタートでインドを出るまでのものだったが、久しぶりに見たらウルウルするシーンがいくつかあって懐かしかった。といっても96年の話だからそんなに古いことではないんだよなぁ。以降のドロンズ、ロッコツ・マニアなどお笑い系のヒッチハイク組はほぼ消えてしまった。何とも感慨深いものがる。所詮お笑いは使い捨てか。

■2002/03/02 (土) ザウス9月で閉鎖


93年に千葉の南船橋にオープンしたドーム型屋内人工スキー場「ザウス」がついに9月いっぱいで閉鎖する。やばいんだろうなという気は毎回電車や車で前を通るたびに思っていたがついに息絶えたという感じがする。千葉と東京の海岸線を結ぶJR京葉線沿いに高々とそびえ立つこのスキー場、閉鎖後建物の処理をどうするのだろう。TDRやUSJ以外の娯楽施設は軒並み営業不振らしいが横浜ドリームランドに続き関東の名所がまたひとつ消える。

■2002/03/01 (金) コピー防止CD


エイベックスが13日に発売されるBoAの新譜CD「EveryHeart」を始め数枚にコピーガードをほどこす。これによってパソコンからCD-ROMにコピーすることができなくなるCDが今後増えてくるだろ。コピーによってCDの売り上げが大幅減といわれる日本音楽業界だが元々はレンタルCDを安直に許可したのが原因。今さらどうするのという気がしないでもないが、個人的にコピーガードについては大賛成なので今後のパソコン業界の動きに注目。


表紙に戻る