2002年4月の徒然
■2002/04/30 (火) ツアコン&ドライバー初日


カミさんの学生時代の友達が京都から遊びに来た。私は東京案内のツアコンとドライバーをカミさんから任命された。あいにくの曇り雨模様だったが、まずは車窓からHanakoちっくな東京(六本木→麻布十番→西麻布→青山→表参道→渋谷→代官山→恵比寿→白金→銀座)を見物。そして六本木で食事。帰りはレインボーブリッジを通ってお台場、TDRを見ながら帰宅。初日から飛ばしすぎてかなりバテバテ。明日は東京ディズニーシーだ。

■2002/04/29 (月) チョナン カン


朝ワイドにSMAPの草g剛がチョナン カンのコスチュームで出ていた。今夜の「SMAP×SMAP」はチョナン カン特集で韓国語ドラマを2本放送するとのこと。ドラマの収録風景を流していたが、草gくんの韓国語の上達ぶりにはスゴイなぁと思う。韓国語上級者にとってはまだまだなのだろうが、SMAPの超忙しい活動の中での語学勉強を考えると頭が下がる思いだ。SMAPは歌さえ歌わなければホント素晴らしい集合体だと思う。今夜は見ようっと。

■2002/04/28 (日) 天皇賞にPRIDE20


天皇賞はマンハッタンカフェの優勝で1番人気ナリタトップロードは予想通り勝てずの3着。この馬、騎手が違えば名馬として競馬界に残れたはずなのにちょっと可哀想。PRIDEはシウバとK-1のミルコが戦って5R勝負つかずでドローだった。異種格闘技は他の競技よりもホームの選手の方がプレッシャーがかかるらしく戦いにくそうだった。決着つかずの試合は面白くないものが圧倒的に多いがこの試合においてはじゅうぶん満足だった。

■2002/04/27 (土) 犬肉ハンバーガー


韓国では犬肉を食べる習慣がある。中でも代表的な補身湯(ポシンタン)は滋養強壮の効果がある伝統料理らしい。当然ながらサッカーW杯をひかえて諸外国からは非難ごうごうだ。そこで補身湯食堂連合会は外国人の偏見をなくそうと大会開催中、犬肉を使った料理の試食会を開き犬肉が美味しいということをアピールするそうだ。補身湯の他、犬肉ハンバーガー、犬肉サンドイッチも登場するとのこと。考え方が根本的に違うのでは?

■2002/04/26 (金) TLCのL


大好きなTLCのLであるレフトアイがホンジェラスで交通事故に巻き込まれて亡くなったというニュースが入ってきてショックを受けている。TLCは何度も来日公演の予定がありながら毎回発表直前にキャンセルされていていた。従って宇多田ヒカルと一緒に武道館でやった飲料水のイベント・ライブが唯一の日本ライブになってしまった。結局、単独日本公演は一度も実現しなかった幻のグループになってしまった。心から冥福を祈りたい。

■2002/04/25 (木) タダだしなぁ


仕事先のビルの1階に映画会社の試写室がある。ちょっと時間があったので覗いたら『パニック・ルーム』が始まるところで見させていただいた。映画館でも見るつもりだったので得したともいえるのだが、タダで見せていただいたので声を大にして「つまらない」と言えないのもつらいところだ。3人のマヌケな泥棒の話。たったコレだけの言葉で言い表せてしまう映画だ。やはり映画やCDはお金を出して好き勝手言うに限ると実感。

■2002/04/24 (水) 福見友子


先週、YAWARAちゃんこと田村亮子が国内では何と12年ぶりに負けてしまった。一口に12年というけどその間に4年ごとのオリンピックが何回あったかを考えるとまさに大偉業だったわけだ。テレビや新聞でもYAWARAちゃんの敗北は大々的に取り上げられたが、そのほとんどは「田村敗れる」だった。本来であればYAWARAちゃんを破った福見友子という高校生がもっと脚光を浴びても良いはずだがほとんど取り上げられもしなかった。ちょっと変。

■2002/04/23 (火) 雨後のオバハン


芸能界というところは不思議なもので次から次へと悪役顔のオバハンが登場してくる。浅香光代と野村沙知代のミッチー、サッチーがとりあえず消えたと思ったら今度は和泉元彌のオッカサンの節子なんてのが登場してきた。しかも名前はセッチーだ。どこまでが本気でどこまでが冗談なのか分らない芸能界においてこの手のキャラクターは必要悪のうちなのだろうか。面白いことに3人の共通点は体の縦と横の比率が3:2なことだ。

■2002/04/22 (月) K-1JAPAN


夕べK-1JAPANを見たがお粗末だった。目を引いたのはアーネスト・ホーストとピーター・アーツの2人だけ。この2人は日本勢ではないから結局日本勢は全くダメだということ。去年のJAPANチャンピオン、ニコラス・ペタス(この人が日本勢なのも相当おかしい)もピーター・アーツに手も足も出ないし、中迫も同じ。武蔵は相変わらず善戦マンしていたが「プロ」の格闘家としては容姿があまりにも悪すぎる。お先真っ暗、K-1JAPAN。

■2002/04/21 (日) 普通という感想


近所のTSUTAYAでビデオ100円レンタルをやっていた。邦画「GO」と「みんなのいえ」を借りてきてこの週末に見た。どちらも「普通」というなんとも失礼な感想・評価だった。面白いわけでもないが面白くないわけでもない。制作者に対してこれほど失礼な評価はないかもしれない。ただ適度に時間がつぶれただけだった。「GO」に韓国女優のキム ミンが出ていてクレジットに「友情出演」とあったが、いったい誰との友情なのか気になった。

■2002/04/20 (土) 車中より見学


今日は築地にランチを食べに行った。天麩羅を食べたがコレが大ハズレだった。気を取り直して麻布十番でパンやお煎餅を買って気の向くまま車を運転していたら西麻布→表参道→渋谷→代官山→六本木→銀座と、まるで「東京若者の街、半日コース」なんてネーミングもつけられそうなコースをドライブしてしまった。路上駐車も面倒なので車の中から若者の行き交う街並みを見物していただけだが、これがなかなか刺激的で面白かった。

■2002/04/19 (金) グローバル・パスポート


携帯を何を血迷ったか「グローバル・パスポート」というものに替えた。CMで娘の携帯を父親がハワイに持っていってしまい彼氏がそれとは知らずに電話してくるという例の物だ。アメリカ本土、ハワイ、カナダ、中国、韓国、ブラジル、メキシコ内の特定地域で日本で携帯を待ち受けるように携帯が使えるという機種だ。通信料は高いが面倒な手間がいらないぶん良いかもと思ったわけだが、はたして使う機会があるのかはおおいに疑問だ。

■2002/04/18 (木) 豪華絢爛パーティーのイメージ


フジの月9は木村拓哉と明石家さんまの共演という力の入ったラインナップだ。1回目放送の中で財閥令嬢の船上誕生パーティーのシーンがあった。豪華絢爛のイメージをかもし出す演出として、弦楽演奏、社交ダンスが出てきた。そして極めつけが欧米人カップル数組の登場だ。ある意味、今の日本の流行最先端を作り出す下地があるといってもいい制作チームだろう。なのに豪華=欧米人という発想にはちょっと悲しい気がした。

■2002/04/17 (水) 世界の警察


釜山で起きた航空機事故の原因究明にアメリカから事故調査団が来た。ここで疑問なのが何でアメリカの調査団が必要なのかということ。これは何か規定で決まっているのだろうか。自ら「世界の警察」と自負しているアメリカだが、どうもあちこちにしゃしゃり出てきて好感が持てない。よく他国を嫌う表現として「○○人は嫌い」と言う場合があるが、アメリカに関しては「アメリカ人」ではなく「アメリカ」が嫌いと言うのは自分だけか。

■2002/04/16 (火) 航空機事故で知ったこと


韓国の釜山で中華航空機が墜落して100人以上が死亡した。何よりも驚いたのは40人近くの人が生存したことだ。この事故でいくつかのことを初めて知った。韓国では報道規制というものがないらしく事故現場からのテレビ映像が日本に比べて相当生々しかった。そして事故の日、日本からの全日空、日航などの釜山行きの便は天候不良で欠航になっていたそうだ。欠航かどうかは各航空会社の判断で決まるということも初めて知った。

■2002/04/15 (月) 掲示板投稿に著作権


ホテルや旅行の愛好者が集まる掲示板に、匿名で書き込んだ内容を無断で出版されたとして投稿者11人が発行元と著者らを相手に出版差し止めなどを求めた訴訟の判決が出た。裁判長は著作権の侵害を認め、出版差し止めと1人当たり約5万〜13万円の損害賠償を命じたとのこと。掲示板への匿名投稿に著作権があるとした判断は初めてだ。元々ネット上の著作権主張はナンセンスと思っているが、この判決は案外大きな意味があるかも。

■2002/04/14 (日) ペラペラ(pera pera)


ペラペラという言い方はだいたいにおいてはあまりいい意味では使われない。中身はペラペラ、ペラペラ喋る、とかどうも良い印象には聞こえない。ところがこれが語学に関することだと意味合いは大きく変わってくる。○○ちゃんは●●語がペラペラだ。となるとコレはもう決して非難の意味ではないし、誉め言葉に変わってしまう。それにしても外国語堪能な人を表す時に何でペラペラという表現をするのかちょっと不思議な気がした。

■2002/04/13 (土) 九龍で会いましょう


昨日からテレ朝系列でドラマ「九龍で会いましょう」が始まった。今期のドラマの中では一番期待していたのだが、どうにも面白くなかった。河村隆一の大根ぶりには目を覆いたくなるほどだった。ミュージシャンが芝居をやると上手だったりする例が多いだけにこのヘタぶりには閉口してしまった。このドラマが面白くない理由は河村隆一だけのせいではなく原作者の柴門ふみの恋愛感というのが今の時代にもう合わないのかもしれない。

■2002/04/12 (金) ○○した時〜


よく江戸っ子は「し」と「ひ」が混同して上手く言えないとか言われている。従って「朝日新聞」なんて言葉は「あさしひんぶん」とか言うオッチャンも中にはいなくもない。ただ、もっと江戸っ子というか下町ぽいなと思うのは「○○した時」という言葉使いだ。例えば「韓国に行ったことある?」なんてのは「韓国に行った時ある?」となってしまう。意外に触れられていないフレーズだが、かなり使われている言葉なので要チェック。

■2002/04/11 (木) 買い物と駐車場


車で買い物に行くと駐車場に車を停めて店舗レシートや認印で駐車料金を免除してもらう。でも、これって実はあまり納得していない。買いに行った店が希望の品をおいていなかったり品切れである場合は駐車料金を払わなくてはならない。更によく分らないのが「一店舗で○○円以上の買い物」なんて謳っているテナントビルだ。一店舗ずつ複数店で買い物をしても料金免除の対象にならないというのはどう考えてもおかしいと思うのだが。

■2002/04/10 (水) 出発当日


本来であれば今日の昼の便でバンコク経由でニューデリーに出発していた日だ。体調が悪い時は中止にして大正解だと思っていたものの、少し回復してくると無理してでも行くべきではなかったかという気持ちがわいてくる。今日一日は何となく時計を見ては「ホントだったら今頃は・・・」の繰り返しだった。深夜の12時を回った頃、ようやくニューデリー着いたであろう時間を迎えてやっと今回のインドが中止になったことを実感した。

■2002/04/09 (火) カップ麺と袋麺


最近のカップ麺は品数が充実しているようで本物の店舗ラーメンの調理人が味作りに参加しているものも多く、本物を目指しているようだ。ところがこのカップ麺、どうも苦手だ。本物が食べたければ本物を食べに行けばいいし、第一にあの容器で食べること自体、本物とはほど遠いような気がしてならない。その点、袋麺は初めからフェイク(ラーメンもどき)を目指している点、別の食べ物として位置付けされる。だから私は袋麺派だ。

■2002/04/08 (月) とりあえず落着


インド行きは中止になりその処理がいくつかあって午前中はその連絡に終始した。午後は旅行で空白にしていた日程を復活させる作業などしていた。行かないと決めるとそれなりに日常のペースに戻ってしまうから不思議なものだ。最大の課題であるキャンセル料の話は来週になってしまったが、これはなるようにしかならないだろう。今回のインド行きに関しては満を持してという感じだったので同様の感じにまたなるのかどうかは疑問だ。

■2002/04/07 (日) 遠いインド


10日からインドに行く予定だったが中止した。先週から夫婦で風邪をひいていたのだが、カミさんの具合が良くならず断念することにした。滞在型のリゾート地でもあればもっと呑気に構えていられるのだが、インドでの車や列車の強行スケジュール移動を考えると無理としか思えなかった。「そんな体調で来るとヒドイ目に遭うぞ」というインドからのメッセージなのかもしれない。果たして次の縁は来るのか?遥か遠いインドである。

■2002/04/06 (土) プライバシーの切り身


芸能人はプライバシーをもさらけ出すことにより人よりも多くの収入を得ることができる職業だと思っている。しかし、自分からプライバシーを切売りする芸能人はどうしたものかと思う。向井亜紀は流産、代理出産を。極楽とんぼの加藤は奥さんの出産を。ちょっとばかりやりすぎではないだろうか。この人たちは今後の自分や家族のプライバシーをも放棄したことにはならないだろうか。出産関係を公にするのは皇室だけかと思ってた。

■2002/04/05 (金) J-PHONEの躍進


携帯電話は数々のトラブルを抱えていながらも相変わらずDoCoMoの占拠率が60%以上らしい。2位にはauが控えていたようだがこの度、J-PHONEがauに替わって2位に浮上したらしい。写メールとかいう写真を送れる機能が原因とのことだ。携帯電話は名前のとおり電話としての主目的は完全に終わり、今やインターネットの代用としての機械に変わってしまったようだ。これからはPCを使えない若い子達が急激に増えてくるかもしれない。

■2002/04/04 (木) 中途半端な風邪


風邪でどうも動きが悪くて嫌になってしまう。元々、平熱は低いので37度を越すと熱ぽさを自覚してしまう。今回は37〜37.5度あたりを行ったり来たり、鼻水も少々、腰など関節は痛い。しかし、寝るほどでもないので動き回っているからよくならないのかもしれない。医者に行ってもインフルエンザではなさそうだし、初期の風邪だと思うので・・・なんてつれないことを言われてしまった。夜は早めに布団に入るもいっこうに良くならない。

■2002/04/03 (水) 回虫とアトピー


2週遅れの「探偵ナイトスクープ」を見ているが、今回はなかなか興味深いお題目だった。昔は体内に回虫がいたが今の人の体内にはいない。これはジェネレーション・ギャップなのか?という的外れの依頼だったが検証の中身は面白かった。今、日本人の体内にはほとんど回虫はいないそうだ。驚くに回虫の絶滅によってアトピーや花粉症が急激に増えたらしい。東南アジアの人にはまだ回虫がいるらしいが、アトピーはないとのことだった。

■2002/04/02 (火) 性転換患者死亡


大阪の美容・形成外科で性転換手術を受けた35才の男性患者が手術直後に容態が悪化、翌日、死亡していたらしい。この男性も競艇の安藤選手同様、性同一性障害で苦しんでいたらしい。死因は肺に水がたまる肺浮腫という病気らしいが、この病院で美容整形の手術を受けた39才の女性も肺浮腫で死亡しているとのこと。どちらも手術が2月ということで警察の調べが入ったとのこと。悩んで夢を抱いての手術であったであろうに気の毒すぎる。

■2002/04/01 (月) AirH


ノートPCでAirHを使っている。32Kの超遅さで月5000円弱だからけっして安くないがノートだけ持って出かる時は便利だったりする。そのAirHが128Kになったのに伴い通信カードを交換しなくてはならないのだが、ちょっと変だ。カードがPHSなので電話番号がついている。従ってカードを交換するには機種変更扱いになる。店員さんに尋ねたら10ヶ月経過していないから機種変更はできないという。でもAirHが始まったのが9月からだ。


表紙に戻る