2002年7月の徒然
■2002/07/31 (水) 平家みちよ


なぜか急に思い出したけど、ASAYANのアイドル・オーディションで勝ち残ったのは平家みちよだったんだなぁ。あの平家の末裔ということもあってそれなりに背景は持っていたのに今ではつんく・ファミリーのユニットのみでしか活動していない。その平家みちよに敗れた5人がオリジナルの「モーニング娘。」だったからこれまた皮肉なものだ。本人的にはどんな気持ちなのだろうか。それでもしがみついていたい根性はすごいものだ。

■2002/07/30 (火) 掲示板の統合


本館の掲示板と別館の掲示板をひとつにまとめた。別館を作った時から考えていたが、ズルズルと今日まで来てしまった。理由は特にないが本館と別館の接点が欲しかったのかもしれない。こんなことを考えるということはページ全体の構築にそろそろ無理があるということかもしれない。サイトマップでも作って全体の見直しが必要か。髪型をチョコチョコ変える人は浮気性というが掲示板をコロコロ変える自分も浮気性なのかも。

■2002/07/29 (月) エピソード2吹替え版


甥っ子(4才)のお供で近所の映画館に『スター・ウォーズ・エピソード2』を見に行った。この映画館は全席指定なのでトイレの心配もあり出入り口近くの通路側を配券してもらった。吹替え版のせいか客は20人もいなかった。甥っ子はダース・ベイダーが好きらしく楽しみにしていたが、若き日のダース・ベイダーしか出てこないのでちょっと不満だったかも。ほとんどアニメ化してしまったこのシリーズは吹替えでじゅうぶんだった。

■2002/07/28 (日) ウィニング・イレブン6


PS2のサッカーゲームに「ウィニング・イレブン6」というのがある。W杯に合わせて数多くのサッカーゲームが登場したが、このゲームが一番売れたらしい。ゲーム売り場でデモストレーション用に置いてあるのを子供たちがやっているが、このテクニックには驚いてしまう。後ろで恐々見ていて思わず訊いてしまったことがある「ねぇ、今のヒールパスはどうやってやるの?」なんて。子供は丁寧に教えてくれるから嬉しくなってしまう。

■2002/07/27 (土) 摩訶不思議ADSL


大福がお世話になっている動物病院の女医先生がADSLに切り替えたがインターネットの接続がうまくいかないらしい。電話の受話器をはずしている時は繋がるが受話器を置くと繋がらなくなるとのこと。加入しているODNに問い合わせても集合住宅内の何かが影響しているのでは、と話にならない様子。結局、電話局との距離も4.4km離れていることもあり解約することになったらしい。個人的にはADSLの不安定、不確かさには大いに疑問感じる。

■2002/07/26 (金) 携帯電話の進化


帯電話の進化は著しい。コンサートチケットを2次元バーコードにして携帯に送信する。バーコードは会場の読み取り機でチケットとして認証されるシステムのデモストレーションが行われた。利用者にも評判は良いし、開発会社の意気ごみも大きかった。今日電車で目の不自由な方を車内に誘導した。その時に初めて気づいたのが、この方たちには携帯メールは便利じゃないということ。何かバランスの悪い進化なのかもと思った。

■2002/07/25 (木) 何か変だぞ


W杯が終わって通常の社会に戻ってきたとたん、やけにこの国はワサワサしているような気がする。台風は毎週のようにやって来るし、政治の世界も何だかよく分からないし、事件事故もおぞましいのや変なものが多い。自分自身にも言えることだが、暑さのせいもあってか根気がなくなってきているような気がする。自殺者の数も相変わらず多く、年間交通事故死の3倍強で3万人を超えているらしい。ちょっとヤバイぞ、日本。

■2002/07/24 (水) 全米公演だと


何を血迷ったか知らないがPUFFYが北米とカナダ11都市で13公演をやっているらしい。19日のワシントン公演では「アジアの純真」や「これが私の生きる道」などを英訳の歌詞で歌うもワシントン・ポスト紙では「意味不明」とバッサリ。更に「作詞・作曲はプロデューサー任せで、演奏できる楽器もハーモニカのみ」とし、アメリカで成功する要素は何ひとつナシと酷評。そりゃそうだわな、と納得するしかないだろう。恥かしい。

■2002/07/23 (火) 刑事ドラマみたいだ


保険金詐欺の容疑者が時効まであと4ヶ月と迫ったところで逮捕された。この容疑者、事件当時に少年野球チームの監督を務めていたそうで、その中の少年が高校野球地区予選に出場するということで試合観戦に来ていたとのこと。捜査員が張り込みをしていてスタンド最上段にいる容疑者を発見。試合が終了するのを待って逮捕するという温情逮捕となった。まるでテレビの刑事ドラマみたいなことを本当にするのにちょっと驚いた。

■2002/07/22 (月) お間抜け司法判断


泥酔運転の車にひき逃げされ死亡するという事件が起き、残された両親は裁判では危険運転致死傷罪に問われるだろうと思っていたが、業務上過失致死傷と道交法違反の罪でしか起訴されなかったそうだ。理由はひき逃げ後にも更に飲酒をしていて事故当時の酒量の判断ができないからとのこと。飲酒運転で事故った場合は、その足でコンビニに行き、酒やビールを大量に飲めば罪は軽くなるということになってしまうがこれで良いのか?

■2002/07/21 (日) 夏だイベントだ


夏休みに突入して巷では夏のイベントがスタートした模様。野外コンサートも多いようだが、ここまで暑いと今年の野外イベントは熱中症などで倒れてしまう観客が多いことだろう。音楽イベントに限らず8月28日には格闘技のイベントがナント国立競技場で行われる。メインは桜庭和志VSミルコ・クロコップ。面白いといえば面白いがはたして10万人の客を集められるのだろうか。まぁ、7万人入れば主催者発表は10万人になるだろうが。

■2002/07/20 (土) 〜でっせ、〜だっせ


駅前留学NOVAのCFを見ているとドイツ人、フランス人など国の名前が出てくる中で関西人だけが地域人なのに独立して登場する。このように関西以外で関西人は特別な感じがする。ひと言に関西弁と言っても実はいろいろな種類の関西弁があるらしい。テレビを見ていてよく分からないのが、「〜でっせ」と言う人と「〜だっせ」と言う人がいる。これは地域によって違うのか、それとも話す人の個人の問題なのか分からない。難しいぞ関西。

■2002/07/19 (金) アジアのディズニーランド


アジアで2番目のディズニーランドが2006年に香港でオープンする。更にそれと同じ頃に上海ディズニーランドもオープンさせる計画があるようだ。ディズニー側は中国の人口から集客に関しては問題ないとしているものの、重要なことは従業員のホスピタリティの徹底と客側の整列などに対しての理解などとのこと。アメ横などを歩く中国人旅行者の並ばない、人にぶつかっても何も言わない、を見ていると人ごとながら先が思いやられる。

■2002/07/18 (木) 戸川京子ちゃん


戸川京子ちゃんが首吊り自殺で亡くなった。もう何年も会っていないがお姉さんの純ちゃんが最初に仕事場に連れてきたのはもう20年ぐらい前になるだろうか。元々キャラクターに反して線の細い姉妹だっただけに思い悩むことは人よりも多かったのかもしれない。お姉さんの戸川純ちゃんの様子は今のところ窺い知ることはできないが、さぞや気を落としていることだろう。今年は遠きに近きに知り合いの死が多い。心より冥福を祈りたい。

■2002/07/17 (水) 杉様、サービス過剰


韓国の歌謡番組の収録が先月幕張であった。それに杉良太郎が出ていたので思い出したことがある。杉様はリサイタルのアンコールでは会場後ろ側から中央通路をステージに向かって歌いながら登場するらしい。その時の姿は着物らしいのだが、通路側のオバさんたちは杉様の股間に手を伸ばすらしい。杉様もファン・サービスと心得たもので着物の下はノーパンでいらっしゃるらしい。ちなみに通路横の席はファンクラブ古参連中とのこと。

■2002/07/16 (火) 垂れ幕


リンクさせてもらったことからちょっと話題の槍玉に上がってしまった、ききさんのサイト「ソウルの夜をあなたとともに」で面白いものを見つけた。W杯での韓国代表チームを称えてソウルのビルのあちこちに大きな垂れ幕が吊るされたらしい。その数々の垂れ幕を紹介しているページがTOPページ下にある「Be the Reds!」だ。それを見ると韓国での盛り上がりはやはりすごかったのだなと再認識してしまった。各垂れ幕のコピーも面白い。

■2002/07/15 (月) 水牛のひづめ


最近、犬の周辺世界に関わることが多くなった。今までのこの世界とはあまり縁がなかったがペット産業の大きさにはただ驚くばかりだ。食事から服、まさに衣食住まで全て用意されている。ショップの女性が「水牛のひづめ」を用意してくれた。これは犬の歯磨きにも歯の健康にもよいものらしく本物の水牛のひづめとのこと。初めて見たし触ってもみた。ウチの犬(大福)も夢中になって歯を立てて喜んでいる。未知との遭遇である。

■2002/07/14 (日) 電話の不思議


一日中家にいるのに電話が一度も鳴らないことはそう珍しくもない。不思議なことにちょっと近所のコンビニに行ってる間に、まるで人が出かけるのを待っていたかのように電話があったりする。トイレに入って用をたしている途中で電話が鳴っているのが聞こえて慌てて電話に出たこともある。よくよく聞いてみると皆んな、同じような経験をしているらしい。この間の悪さは何なのだろう。まさか電話の神様のイタズラとも思えないし。

■2002/07/13 (土) あずみ


94年からスペリオールで連載中の漫画『あずみ』が東宝とヘラルドで映画化される。主演のあずみには「3年B組金八先生」に出ていた上戸彩16才が原作者、小山ゆうの「彼女しか考えられない」という強力なプッシュで抜擢された。監督は北村龍平だが、この漫画をどんなにいじっても原作を越えられそうもないことは明白だ。いっそのこと実写ではなくアニメで制作したほうが誰も傷つかないと思うのだが。公開は来年夏とのこと。

■2002/07/12 (金) スター・ウォーズ・エピソード2


『スター・ウォーズ』の新作が明日から始まる。実はエピソード1もまだ見ていない。前シリーズ3作は初日に見に行ったはずだが、この腰の重さは何なのだろう。スター・ウォーズに限らずファンタジー映画に全く興味がなくなってしまったようだ。これがいわゆる「歳をとった」ということなのだろうか。体力の衰えなんかは今に始まったことではないが、夢物語を拒否し始めるというのはちょっと考えていなかっただけに困ったものだ。

■2002/07/11 (木) 暑すぎる


台風一過とはよく言ったもので朝から見事なぐらい晴れ上がり、海の向こうには富士山まで見えるほどだ。よく友人と話すのが、日本はいつの間にか熱帯になったのではないかいうこと。それほどここ数年猛暑が続いている。去年の今日は翌日に引越しを控えて家の中は荷物でごったがえしていたような。一年なんてあっという間というが、この一年の早やさは格別のような気がする。それにしても今日の暑さは異常だ。夏のネクタイは死ぬぞ。

■2002/07/10 (水) 間違えたじゃすまされない


英国で不妊により人工授精した白人夫婦から黒人の双子の赤ちゃんが生まれたとのこと。病院の受精卵取り違えが原因で、黒人夫婦の受精卵を白人女性の子宮に入れたか黒人男性の精子を白人女性の卵子に受精させた。のどちらからしい。白人女性はそのまま育てると申し出ているようだが、黒人側が「生物学的親」を主張したり、損害賠償請求できる可能性を含んでいるとのこと。親権争いになってしまったらあまりにも悲しい出来事だ。

■2002/07/09 (火) 親子揃って


7月の声を聞いたとたん急に暑くなった。しかも蒸し暑い。昨日は熱中症で74才の老人が重体になったのを始め、都内では何人もが救急車で運ばれたようだ。暑いせいか最近、何人かと省エネスーツの話題が出た。省エネスーツといえば羽田孜元総理だろう。その羽田元総理の姿を久しぶりに今朝のニュースで見た。さすがに?省エネスーツではなかったが、古い映像で息子も一緒に省エネスーツを着ている2ショットに朝からたまげた。

■2002/07/08 (月) 前向健忘症


前向健忘症とは古い記憶は覚えているが、新しい記憶は次々に忘れてしまうらしい。だから今、目の前にいる人すら誰だか分からなくなってしまうこともあるようだ。そんな前向健忘症を主人公にした映画が『メメント』。妻がレイプされて殺された時から以降の記憶がない男が犯人らしき男を殺したところから映画が始まり、そこからレイプの時まで時間が逆行していく。面白かったのだと思うが疲れてよく覚えていない映画を思い出した。

■2002/07/07 (日) こだわり


勝つことにこだわらない格闘家。文字や言葉にこだわらず大事にしない詩人や俳人。美味しさにこだわらない食べ歩き。売れることにこだわらない音楽家。どれもこれもつまらない気がする。こだわることを「おとな気ない」とする向きもあるが、こだわることから今まで見えなかった、人の考え方や自分の新しい一面を発見することも多々ある。何よりも平均化を美徳とする今の世の中を凡庸に生きることなど少しも楽しいと思わない。

■2002/07/06 (土) テンプテーション・アイランド


昨日からFOXで『テンプテーション・アイランド』という番組が始まった。サブ・タイトルは「恋愛耐久バラエティ」。4組の未婚の男女が美しい島にやってきて男女別々に生活する。男4人は島に10数人いるお色気度満点の女性と。女4人もセクシー度満々の男性10数人と生活しなくてはならない。自分の相手がはたして一生の伴侶に値するかどうかを誘惑の中から見極めるというTBSの『サバイバー』のお色気版だ。来週も見ちゃいそうだ。

■2002/07/05 (金) 長野県


田中康夫長野県知事の不信任案が可決された。長野といえばソープランドがない唯一の県とかもいわれていたようだし、「信濃の国」という県歌のような歌は県民のほとんどが歌えるらしい。そんなことから最も保守的な県ともいわれていたように思う。それが田中康夫県知事の誕生で一気に注目されたばかりか、今度の不信任案可決で注目度は更に上がった。今後、県議会や田中康夫がどう動くかは分からないが長野県政から目が離せない。

■2002/07/04 (木) USJの偽装


大阪のUSJが品質保持期限(賞味期限)切れの冷凍食品や乾物、調味料など48種の食品を昨年6月から今年2月にかけて園内の直営飲食店で使用していた。責任者が「期限切れでも品質に問題はないとの判断をした」と全くおマヌケなコメントをしていた。利用客から「問題ないとかではなく、隠して使っていたことにガッカリ」のコメントが見事に的を射ていたのが印象的。せっかく好業績のさなか、発覚した理由に興味がある。内部告発か。

■2002/07/03 (水) 掲示板疲れ


今週は大福が来たこともあって家で用事をしているが、大福よりも掲示板のレス付けで少しばかり疲れ気味だ。たかが掲示板、されど掲示板なんて言っているわりには、せっかく書いてくれるのだからこちらもちゃんと接しなければと思うからついつい力が入ってしまう。それにしてもデリケートな話題だと自分の筆力のなさ、伝達能力、表現能力のなさに改めて凹んでしまう。それと書き文字でのやり取りの限界も見えてきてしまう。

■2002/07/02 (火) 大福、来たる


柴犬の福が我が家に来た時に「福、来たる」なんていうタイトルで日記に書いてから半年以上が経過した今日、柴犬の大福が我が家に来た。今日で生まれて74日目だ。福は生まれて79日目に死んだ。ちょうど同じくらいだったわけで感慨深いものがある。今度も福と同じ女の子だが小ぶりなわりには幾分お転婆のようだ。犬の平均寿命は12年以上だからまともに育ってくれればかなり長い付き合いになる。何はともあれ元気であって欲しい。

■2002/07/01 (月) 新作ドラマ2本


W杯が終わってテレビはW杯総集編のような特番はあるものの7月になったとたんに新ドラマをスタートさせるというカウンター攻撃並の速攻だ。W杯に振り回された日本人もテレビ主導で日常生活が戻ってくるだろう。新ドラマ『ランチの女王』と『私立探偵・濱マイク』を早速みた。前者は肩も凝らず息抜きで見られそう。後者は映画のテレビ版で『探偵物語』の今風バージョンか。ビデオでなくフィルムで制作されているようだ。


表紙に戻る