2002年12月の徒然
■2002/12/31 (火) 何だかなぁの年末


世間的には9連休の年末年始だが我が家はふだんとあまり変わらずで正直メリハリのない年末、そして大晦日だ。何よりもテレビ番組が面白くない。今年を振り返る報道番組もW杯、拉致家族、そしてたまちゃん、ウンザリである。拉致家族といえば先日、蓮池兄が長島監督と一緒にテレビに出ていたが終始仏頂面だった。世界中の苦労と苦悩を全部背負っているような顔だった。そんなに楽しくなければテレビなんかに出なきゃいいのにな。

■2002/12/30 (月) ジョ−・ストラマー


車でラジオを聴いていたら今年を振り返りる音楽番組をやっていた。その番組で初めて知ったが、元クラッシュのジョー・ストラマーが今年亡くなっていたそうだ。クラッシュはライブを見てあまりのヘタさ加減に好きなバンドではなかった。しかし、亡くなったと聞いたら自分の中で感慨深いものがあって意外だった。今年はTLCやRUN DMCのメンバーも亡くなった。ロックスター達は私にとって貴重な思い出なのだろうなと改めて思った。

■2002/12/29 (日) 年賀状・・・


もう来年から年賀状は出さないと心に決めながら、出す枚数は減ったもののいまだに出し続けている。今年も出さないつもりでいたが、カミさんがいそいそと年賀状作りを始めるものだから、ついついつられて今年も年賀状作りをしてしまい遅まきながら投函してもらった。年賀状を作っていて思ったのは世の中的に年賀状って減っているのだろうかということと印刷屋の仕事も減ったんだろうなということだった。プリントごっこも何処へ。

■2002/12/28 (土) 修行のようなドラマ


先月だったか愛犬・大福の散歩コースである花時計の公園と町内のこれまた散歩コースでモーニング娘。が撮影をしていた。そのドラマが今日放送ということで興味本位と野次馬根性で見ることにした。ドラマは2話だてでお目当てのは2話目だったので最初から見る羽目になってしまった。このドラマというのが面白くないのって苦痛以外の何ものでもなく、久しぶりに「耐えること」とは何ぞやということを思い出さされてしまった。感謝。

■2002/12/27 (金) 社交ダンスマニア


テレビで「芸能人社交ダンス」の再放送ダイジェストをやっていた。何気に見ていたがやはり芸能人というだけあって短期間でサマになってしまうのはさすがだなと思った。番組は今まで見たシーンばかりなのでダンスフロアの芸能人でないカップルを見ていたら、女性はボンレスハムというかダルマ落しみたいな体型、男性はアデランスのCMの使用前のような頭髪の人が多かった。社交ダンスマニアはけっこうエグイかも。あ〜風邪ひきそう。

■2002/12/26 (木) 変わり身


クリスマスも終わったら毎度のことながら一気に正月ムードにいきなり持っていかれそうになっている。お店関係では昨日までのクリスマス装飾が早々と正月用の装飾に変わっているし、テレビのCMも正月バージョンになった。テレビ番組もレギュラーは終わって年末年始の特番ばかりだ。今年も残すところあと5日だというのになぜか正月モードになりきれないのはなぜだろう。在宅ワークが多すぎて引きこもり気味だからだろうか。

■2002/12/25 (水) 都心より遠い船橋


船橋にあるデパートに行った。都心に行くか近場ですませるか迷ったあげくの判断だったがこれが大間違い。船橋駅に近づくにつれて大渋滞だった。思えばここの駅周辺道路は駅両側が結ばれておらずすべて駅を回避するつくりになっている。だからどの道路も大渋滞になってしまうということを忘れていた。こんなことなら都心に行ったほうが早くいけたなぁと後悔しながら見る車の外の景色も面白くもなんともなかった。失敗、失敗。

■2002/12/24 (火) 地平線馬鹿


はてしない馬鹿のことだ。夕方の散歩の時、児童公園で若い女の子達が6人公園で写真を撮って遊んでいた。大福を見つけて寄って来てたのはいいのだけれどこれが地平線だった。迷子札の「大福/電話番号/宮崎」を見て「この犬、宮崎って名前なのぉ?」アホか。続いて「愛犬ハチ公みたい」忠犬だろ。「名前は?」と訊かれたので「(だから)大福(って書いてあるだろ)」と答えると「大工ぅ?」だと。感染しそうで恐いと思った。

■2002/12/23 (月) ネットワーク


我が家のIT改革もいよいよ佳境に入った。今日でやっとネットワークの設定が終了。なかなかうまくいかず家庭内LANも家庭内乱と言ったほうが良いほど手こずってしまった。インターネットの共有はうまくできていたのだが、ファイルの共有はどうも理屈が理解できず、段取り主義の自分としてはネットワークという概念を今イチ理解していなかったのが原因のようだ。何だかんだと言ってもいつの間にか頭が固くなってきているようだ。

■2002/12/22 (日) どハズレ有馬記念


有馬記念は大ハズレでかすりもしなかった。3才馬の牡馬、牝馬が出走してその両馬が1番人気、2番人気だった。この人気ぶりからも面白くない出走メンバーであることが分かる。結果は2番人気−13番人気の組み合わせの大穴配当になったが、狙ったジャングルポケットは5着までにも入らず大惨敗。どうも古馬との混合レースで人気になる3才馬を買いたくないのは、若い者には負けたくないというオッサンの悲しい抵抗のようだ。

■2002/12/21 (土) 接客様々


銀座に出て三越とミキモトへ寄った。その後、青山の「だるまや」で食事。ミキモトでは担当の接客女性がいてくれたが、この女性の接客応対はかなりしなやかで好感が持てると常々思っていた。そして更に好感が持てたのが「だるまや」の女性。動きはキビキビしてるし気が利くというかホスピタリティの見本みたいな女性だった。価格破壊でいつのまにか安かろう悪かろうを容認してしまいがちだが、やはり上質のサービスは嬉しい。

■2002/12/20 (金) どっちもどっち


テレビのニュースを見ていてウンザリなのが北朝鮮拉致被害者5人をスター扱いしている人たち。今朝もテレビを見ていたら5人が旅行先を歩いているところでオバハンたちが「○○さぁ〜ん」と黄色い声で叫んでいた。マスコミの扇動もさることながら元々有名人大好き志向が強いんだろうなぁ。まぁ黄色い声に反応して手を振ったり握手しながら歩いているのも何だかお淋しい気持ちにはなるので、どっちもどっちというところか。

■2002/12/19 (木) ICOCA(イコカ)


東地区のJRで導入されているスルーパス型乗車カードSUICA(スイカ)が関西地区でもバージョンアップして来年導入される。その名前が「ICOCA(イコカ)」だ。英会話スクールNOVAのCMでも各国外国人の呼称に混じって堂々と「関西人」としても認知されているぐらい個性の幅を持つ関西地区。不況のおりこの個性をパワーと見るべきか投げやりと見るべきかは分からないが、何とも笑わせてくれる地方であることだけは間違いない。

■2002/12/18 (水) 住民パワー


国立市の14階建てマンションが国立住民より訴えられていた裁判の判決が出た。何と大学通りに面した棟の8階より上の部分を撤去せよとの判決だ。景観が損なわれるとの訴えが通ったわけだ。そもそもこのマンションは建設反対をされていて建設の途中で国立市が東京都条例を作り上げて高層建築の反対を正当にしたものだ。それにしてもマンションの一部撤去って言われてどうするのだろう。ちなみに該当部分での居住者は1軒とのこと。

■2002/12/17 (火) 女>男


パソコン関連でサポートセンターに電話を入れるたびに思うことは、電話の応対からサポート内容までどれをとっても男性よりも女性のほうが数段優れているということだ。男性で一番多いパターンは自分が知っていることを「基本」に話してくること。しかも伝達能力がなかったりするともう最悪だ。今日の人は更に理解能力にも著しく欠けている(自分の説明が悪いとはとても思えないので)から宇宙人と話しているみたいだった。

■2002/12/16 (月) 有名税


藤原紀香を含めてアイドル女性が「BUBUKA」などへの投稿写真に対してプライバシーを侵害されたとして損害賠償請求を起こした。イベント会場などでのパンチラ写真などは本人としては気持ちが良いわけないだろうが、芸能人という人気商売しているのならプライバシーの放棄も含めて高額な収入を得ていると考えるべきと実は思っている。結婚式や出産などおめでたいことは良いとしているならずいぶん身勝手な話としか思えない。

■2002/12/15 (日) ネット上の困ったチャン


あるMLに参加していた。運営にいろいろ危惧したが、ついに馬鹿者が個人情報の流出をやってくれた。たいしたことがないと言えばたいしたことないものだが、ちっぽけなことだからこそ見過ごしがちで一歩間違えば大きなトラブルに発展するものだ。こりゃヤバイと思って脱会した。猫も杓子もインターネットの世の中、困ったチャンが続出しているらしい。結局は自分が被害者にならないとインターネットの恐さは分からないのだろうなぁ。

■2002/12/14 (土) 解約様々


我が家のIT改革(革命は大袈裟)は光ファイバー導入によっててんてこ舞いだ。最初の作業は今までのプロバイダーの整理。つまり解約だ。電話で段取りを聞くとKDDIもDTIも書類を取り寄せて署名捺印して解約届けを出さなくてはならない。早速手配して書類が届く。KDDIは葉書に50円切手を自分で貼って投函。DTIは先方持ちの封書で投函。これだけでも後者のほうが好感が持てるのだが、残念ながら光ファイバーはKDDIだ。ちょっと複雑。

■2002/12/13 (金) 奇遇の連続


カミさんと昼食を食べに築地近くの魚料理屋に行った。この界隈はつい最近まで電通があって昼食時は大賑わいしていた。しかし今日行ってみると見事なまで閑散としていて一昔前の築地の様子に戻っていた。その店で何と自分とカミさんの共通の電通社員2人と偶然出会った。新社屋の汐留からわざわざやって来たとのこと。食にこだわる連中だけのことはある。2人のうち1人はPRINCEのコンサートでも偶然出会った友人だった。

■2002/12/12 (木) ボーナストラック


日本公演を終えたポール・マッカートニーのアメリカ公演のDVDで日本でも発売される。しかし、輸入物はもう巷に出回っている。日本盤は輸入盤より4曲多く収められ輸入盤より1200円ほど高い4800円だ。この4曲多いというのがミソなのだが、この4曲が輸入盤の曲順の間に挿入されているのなら価値あるものだが、輸入盤と同じ曲順の本編終了後に唐突に加えられているのであれば、それが価値あるものかどうかは大いに疑問である。

■2002/12/11 (水) 脚力重視か


和歌山の毒物カレー事件の林真須美容疑者に死刑判決が出た。判決後回しでおおかたは死刑判決を予想していたようだ。判決は夕方のニュースの途中に生放送で言い渡されたが、テレビ各局は毎度お馴染みの担当記者の猛ダッシュによる生報告でスタジオのキャスターに言い伝えていた。いつも思うことだが、この担当記者というのがしゃべりはとことん下手くそで噛んでばかりいる。報道局の中で脚力に優れた人材を抜擢しているのだろうか。

■2002/12/10 (火) 我が家のIT改革


年末になって我が家のPC環境が大きく変わった。通信環境が今日から光ファイバーになった。メインのPCも変わった。CPUがペンティアム4で2.4GB、メモリ512MB、ハードディスクが120GBになった。そしてホスティングを変えた。これは毎度のことだが旧プロバイダがso-netに統合されたからだ。SONY系は嫌いなのが大きな理由だ。それにしても一気の飛び級状態で一体何をどうやって使っていいのか分からない。宝の持ち腐れになりそう。

■2002/12/09 (月) カタログ同封


カミさんの知人が北海道旅行のお土産にと現地からウニを送ってきてくれた。早速いただいてしまった。ふと見ると箱詰めの中に贈答用の商品カタログが同封されていた。そのカタログの中には知人が送ってくれた商品も載っていた。お店としては美味しいのでぜひ進物にどうぞ、というところなのだろう。しかし、送り側の値段までガラス張りになってしまっていることをどう思っているのだろう。ウチはこの店は使わないな、絶対に。

■2002/12/08 (日) 調整不足


サーバーの移転、通信環境の改善、つでにPC環境の改善と重なってしまい11月下旬から何だかPC周りが落ち着かなくてホームページの更新も怠ってしまっていた。愚ページと言いながらも、いざ更新を怠るとなぜか気になってしまうということはそれなりに愛着があるということだろう。しかも環境の調整不足がモロ影響してしまうとは自分でもちょっとビックリ。まだ調整不足なので今後もどうなることやら。久しぶりに「時代」を更新した。

■2002/12/07 (土) デマが走る


12月は師走というが、昨日は演歌歌手・坂本冬美が死んだという噂話が瞬間的に巷に溢れ出た。結果的にはどうやらデマだったようで、浅はかにも偽情報に踊らされてしまい日記にも書いてしまったほどだ。インターネットが普及する前から偽情報というのは絶妙なタイミングというか波に乗ればアッという間に巷を疾走していた。それがインターネットを利用することによりそのスピードはさらに加速することになった。要注意、反省。

■2002/12/06 (金) 坂本冬美が死亡?


演歌歌手の坂本冬美が長期休養をしていたが、実は重病で死んだのでは?という噂が一部で出ていた。しかし、いよいよもって本当にに死亡していたらしいという情報が入ってきた。死因は膵臓ガンとか。はたして本当なのだろうか。坂本冬美といえば自分の中では演歌歌手というよりHISのメンバーという印象のほうが強い。細野晴臣、忌野清志郎とのコラボレーションのこのグループは今思えば強力なユニットだった。死亡が本当なら合掌。

■2002/12/05 (木) すごい会話


夕方5時になると町内の公園などでチャイムが聞こえる。日没がの早いこの時期はチャイムを合図に子供たちが遊びをやめて家に帰り始めるようだ。犬の散歩の帰り道、とあるマンションの前を通ったら、どこかの家に遊びに来てた子供たちが自分の家に帰る途中だった。よその母親らしきが2階の窓から「道草しないでまっすぐ帰りなさいね」なんて言っている。それを受けた子供の1人が「早く帰らないと北朝鮮に拉致されるぞぉ」だと。

■2002/12/04 (水) ドームのスタンド席


東京ドームのスタンド席でコンサートを見るのは大昔にSTING以来だ。この時はスイートクラブで見たので実際に座席で見るのはこのサザン桑田のコンサートが初めてだ。席はバックネット裏の19列目だったので野球であれば大変良い席なのだろう。1階席で驚いたのは音が半拍ぐらいずれることだ。だからオーロラビジョンで歌っているクチ元をを見ているとちょっと気持ちが悪い。チケットの90%以上がS席というのもどうしたものか。

■2002/12/03 (火) 野党


民主党党首・鳩山由起夫が辞任した。党首選挙に当選してまだ2ヶ月ぐらいしか経っていないだろう。サポーター投票とかいって有料で投票できる仕組みを作っていたようだが、当選してすぐに辞任じゃまるで詐欺まがいの行為ではないだろうか。与党に対してただ単に反対意見を持つだけの野党のなれの果てのような民主党。ほぼ消滅に近い社民党やいるかどうか分からない自由党。どれをとっても与党にとっては屁ほどの野党のようだ。

■2002/12/02 (月) カレッタ汐留(電通)


大変貌を遂げている汐留。電通ビルであるカレッタ汐留に行ってきた。これが電脳社会の代表的な図なのかと思わざる得なかった。電通に入る時はIDカードを読取り機にタッチして入る。高層用のエレベータは遊園地のアトラクションのように超高速。これは恐らく具合の悪くなる人が出るだろう。オフィス内は機能的な配置がなされていたが社員は今イチ馴染んでいない感じだった。地下のレストラン街も大賑わい。しばらくは面白そうだ。

■2002/12/01 (日) 子供と離れて1ヵ月半


拉致被害者の5人が一時帰国?して1ヵ月半が経過した。永住帰国する覚悟で今後のことを国に委ねているようだ。私は子供がいないの。北朝鮮で暮らす子供たちにどのような状況説明がなされているのか。暮らしぶりに変わりはないのか。気にならないはずはないだろう。日朝交渉も暗礁に乗り上げたまま年を越すのだろうか。


表紙に戻る