2003年4月の徒然
■2003/04/30 (水) ザ・プラクティス


最近嵌まっているドラマはスカパーFOXチャンネルの『the practice』。アメリカの弁護士ドラマだ。ありきたりといえばそれまでだが、弁護士事務所の経営面での内部事情にまでストーリーが及んでいる。そこが日本の弁護士ドラマとはだいぶ違って興味深い。もちろん個々の弁護士が抱えるそれぞれの事件との関わり、更にアメリカ独特の判事や検事との関係も見ることができる。旧シリーズの再放送もあるのでしばらくは楽しめそうだ。

■2003/04/29 (火) 白装束軍団


SARSが猛威をふるっているさなか、訳の分からない白装束軍団が何やらやっているらしい。じっくりテレビを見ているわけではないが、ちょっとダサすぎて笑えてしまうのは失礼すぎるだろうか。少なくてもオウムなんかよりは組織化されてもいないようだし、行ってることも説得力ないし、持ち出してくる機材?なんかも学芸会の小道具みたいなものばかりで微笑ましい。今後の動向が最も気になる連中だ。あの車、前見えるのだろうか。

■2003/04/28 (月) あらら内部分裂か


小学校校舎解体をめぐり町長がリコールされた滋賀県豊郷町で町長選が立候補者3人で行われた。その結果、リコールされた校舎解体推進派の前町長が55票差で再選された。リコールまでさせたのに解体反対派の候補が当選できなかったのは候補者を一本化できなかったから。もしも一本化できていたなら第3候補者が獲得した265票が前町長を上回っていたのだから明らかに反対派の内部分裂が敗因なのだろう。お粗末な結果で今後も大変そう。

■2003/04/27 (日) 音に対する我儘


自分の我儘な好き嫌いの中に音に関してがある。自分が出していないのに音がするのが嫌い。覚悟していないのに出る音だろうか。自分が使っていないのに洗濯機や掃除機などの音がするのが嫌いだった(もう慣れたけど)。このことで結婚が遅くなったといっても過言ではない。あと音楽でのショボイ音や下手な歌が嫌い。だからサイト巡りをしていてBGMが入っているサイトだとすぐ出てしまうことが多い。最近はスピーカー切っているけど。

■2003/04/26 (土) 欧州大統領


欧州連合(EU)の諮問会議である欧州協議会で「欧州大統領」の創設などが議案にあがったようだ。英、仏、スペインなどの大国は支持しているが中小国は大国主導を警戒して強く反発しているとのこと。議案によると欧州大統領は2人制で任期は2年半とのこと。EUはユーロ導入やこの欧州大統領制などどうしてもアメリカの一国大国に歯止めをかけたいということなのだろう。アジアの共通通貨制定話も昔出たことあったが今はいずこへ。

■2003/04/25 (金) 電波の私物化


テレビ朝日の女子アナ・徳永有美が出演中の『スーパーモーニング』でウッチャンナンチャンの内村光良との不倫騒動について事情説明をするとともに番組を降板する旨を生放送中に発表した。バカな視聴者から「やめないで」などの激励FAXや電話が相次いだとのことだが、こんな局アナを図々しく起用していたことや番組枠を本人の私生活の弁明に使わせるテレビ朝日の体質のほうが問題。それにしてもテレ朝女子アナはよく問題起こす。

■2003/04/24 (木) 水10!


フジテレビ系列毎週水曜22時から『水10!』という番組がある。前半が「ワンナイR&R」後半が「ココリコミラクルタイム」に分かれている。このどちらが好きかというのがなかなかリトマス試験紙になって面白い。自分自身も家内も前半部はまったく見ない。お笑いのセンスが我が家の趣味ではないのだ。しかし、後半部はかなり我が家向きの趣味で久しぶりに腹を抱えて笑ってる。世の中的には前半部のほうが好きという人が多いらしい。

■2003/04/23 (水) 相次ぐサイトの閉鎖


最近、古くから付き合いのあるサイトの閉鎖が続いている。愚サイトは98年夏に開設したので今年の夏で5年が経過することになる。知り合ったサイトとリンク付き合いを始めた当時が懐かしい。インターネットの普及と回線スピードの向上は著しいものがある。ブロードバンド時代になって動画などを導入しているサイトも増え、初期のテキスト主体のサイトが何となく古臭く見えてくるのも分かる気がするが、年輪を大事にして欲しい。

■2003/04/22 (火) 何だかなぁ中国


SARSが中国を脅かしているようだ。香港から発祥したSARSはあわや我が家も巻き添えを食うところだったが、かろうじて日程的にセーフだった。香港で最初の発病患者は中国人だったが、これを中国側が極秘裏にことを済ませようとしたことから世界から非難を浴びた。その後の感染患者数の偽りや関係機関の長の解任。そしてついには中国歴史上最も重大な経済影響までに発展しそうらしい。そういう体質を保持していたということだろう。

■2003/04/21 (月) 未配達郵便


大阪西郵便局で1万776通もの未配達郵便があることが分かった。43才の集配係が地理不慣れと仕分けに時間がかかったを理由に郵便物を2001年10月から隠匿していたという。懲戒免職になったのは言うまでもないが、管轄である日本郵政公社は寝耳に水をいいことにあたかも自分達も被害者のごとくの発言をしている。部下に責任転嫁して処分でハイ一件落着。公社全職員の連帯責任でもすべき大不祥事であることの認識が足りないと思う。

■2003/04/20 (日) テレビ局のホームページ


フとしたことからテレビ局のホームページにアクセスすることになった。実は何年ぶりかのアクセスだ。そして驚いた。毎日どころかほぼリアルタイムで更新されている部分もあった(恐らくは自動ではなく手動更新で)。この作業量はハンパなものではない。インターネットでの発信、もう特別なことではないことを改めて認識した。そしてWeb技術の向上にも驚かされた。驚いてばかりいないで少しは向上しろよ自分。ちゃんとしなくては。

■2003/04/19 (土) 愛犬の誕生日


愛犬・大福の1才の誕生日だった。お祝いは明日日曜にしてあげることにしている。犬の影響力とはすごいものがあって大福を迎え入れたことによって自分の生活スタイルは大きく変わった。ややもすると引きこもり気味になりがちな在宅仕事だが大福の散歩によって外に出ることを余儀なくされた。毎日1万2000歩ぐらいは歩いている。それと競馬に対する意欲がなくなった(競馬自体が面白くもないのだが)。この2つの変化は特に大きい。

■2003/04/18 (金) マルホランド・ドライブ


衛星で『マルホランド・ドライブ』を見た。映画館で1回見た以来だ。DVDを持っているのに見ていなかった。いつでも見られるという環境は人間を怠惰にしてしまうのか。ON AIRは待っててくれないので見ようと思い始めたら強制的に時間を束縛されてしまう。それが良いのかもしれない。この映画、最初見た時には難解ながら自分なりに理解したと思っていた。ところが今日見たらまったく分からなくなってしまった。迷惑で面白い映画だ。

■2003/04/17 (木) エリック・クラプトン


クラプトンのライブをやっていので見た。エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、3大ギタリストと言われていた。その中でクラプトンが一番嫌いだ。どこか教科書的なギターが好みじゃない。それと、ロックの人がイスに座ってコンサートしちゃイカンだろうというのもあった。このコンサートもイスでの演奏から始まった。しかし、セットを変えての「LAYLA」だけはカッコ良かった。1曲だけだったが見てよかった。

■2003/04/16 (水) サッカー日韓戦


韓国でサッカーの日韓戦があった。テレビで見ていたが終始韓国が押せ押せでホームの韓国サポーターにとっては余裕すら持てる試合内容だったのだろう。しかし、好事魔が多しとよく言ったものでこういう試合は得てして足元をすくわれる場合が多い。なんて思ってみていたらロスタイムで日本が点を入れてしまった(入っちゃった)。韓国チームもサポーターも釈然としない夜を過ごしたのだろうと思う。引き分けでよかった試合かも。

■2003/04/15 (火) 語り始めた拉致5人衆


拉致5人衆が今の心境を語る様子がテレビで映し出された。この5人に関しては否定的な見方をしている。どういう内部事情(被害者の会とか)があって北朝鮮に家族を残したまま平気?で日本に残っていらるのか。役所に就職してる場合か。看護婦の真似事してていいのか。何よりもそんなに太り始めていいのか。など疑問に思うことが多い。そしてついに政府批判を始めてしまった。今度は日本政府に拉致されているという発想なのだろう。

■2003/04/14 (月) ドジの上塗り


officeXPパーソナル・バージョンにはExelとWordしか入っていない(Outlookは論外)。Powerpointを使おうと思ったので義父からoffice2000を借りてきたら(違法行為だ)これがアップグレート版だったのでインストールできない。家にoffice97があったのでまずはこれをインストールと思いきや、引越しやPCの入れ替えのせいでプロテクトキーが分からずインストールできない。携帯電話紛失時のバックアップなしといいドジ続きだ。

■2003/04/13 (日) 選挙の日


今日は統一地方選挙の日。朝から晴れてるし暖かい日だしこれでは投票率は悪いだろうと思いながら犬の散歩三昧。夜に選挙速報を見ていたら10年ほど前に衆議院選挙に関わった当時お世話になった県議員、市議員の名前を発見してちょっと懐かしいような気がした。面白いことに当時社会党員だったのに今では全員民主党員になっていた。一人の方は40票差で県議員を落選した。凋落旧社会党を目の当たりにした統一地方選挙の日だった。

■2003/04/12 (土) キャンペーンに踊らされて


何年も前に解約したWOWOWからキャンペーンのDMが来た。何々映画『シカゴ』の鑑賞券をもれなく2枚くれるって。いいじゃないの。加入料と1か月分の視聴料が無料だって。コレも良いかも。抽選で旅行券プレゼントだと。これはまぁ無理か。んでもってTOKYO WALKERで番組表を見たらけっこう面白そうだ。そしてフリーダイヤルで電話して加入申し込みをしてしまった。いいようにキャンペーンDMに踊らされている消費者なのであった。

■2003/04/11 (金) 郵便配達員


郵便局がサービスを一新しているらしい。そのせいかどうか分からないがドアチャイムが鳴って郵便配達の人がやって来た。用件はというと「郵便受けに入らない郵便を持ってきた」とのことだった。ありがたいことだと思ったのも束の間、ほんの数分後に郵便受けを見てみると何通かの葉書や封書が置かれていた。何だかなぁコレって。きっと仕事が楽しくないんだろう。それか、かなり気が利かない人なのだろう。個人差だけなのだろうか。

■2003/04/10 (木) 小学生の指摘


選挙運動はいよいよ佳境に入っているようで街宣車が町内を縫って通り抜けている。もちろん、お願いしますお願いしますの連呼だからその喧しさには閉口してしまう。今日の夕方も愛犬・大福と小学生とが公園で一緒に遊んでいたら街宣車が次々と通っていた。小学生が「あんなにうるさいとかえってマイナスじゃないですか?」と質問してくる。小学生も大人と同じ考えなのだなぁと感心。候補者は虚しく小学生相手に手を振り続けていた。

■2003/04/09 (水) 裏の裏はナシ?


バグダッドが陥落したらしい。イラク国民がフセイン大統領の写真を踏みつけたりアメリカ軍に感謝しているニュース映像が流れているが鵜呑みにして良いんだよねぇ・・・。独裁政権下なんて我々には想像もつかないわけだから、例えば、あれが全部芝居でバグダッドにアメリカ軍を多く集めておいて一気に大量殺戮。なんてことはまったくありえないのだろうか。戦争をもゲーム感覚で考えてしまうこの発想、いかんよなぁ。

■2003/04/08 (火) 最前線のジャーナリスト

イラクとの戦争でアメリカが報道陣などが宿泊しているホテルを砲撃して記者に死者が出たようだ。そのことで各国記者団から猛追を受けているアメリカ側の広報担当者のタジタジぶりは見ていて気の毒なほどだ。そもそも戦争最前線で取材するということは絶えず死に直面していることなど百も承知のはず。砲撃されたからといって大騒ぎするのもどうかと思ってしまう。ジャーナリストには弾もよけて通るとでも思っていたのだろうか。

■2003/04/07 (月) 芸能人はスゴイ!


土曜日のテレビでモーニング娘。のメンバーの中で誰が一番頭が悪いか?というのを競う?番組をやっていた。以前、番組レギュラー出演者を対象にして同様のことをやった時は、なぜ存在しているのか理解できないよゐこの濱口が驚くほどの馬鹿ぶりを発揮してた。しかし、今回のモーニング娘。は更にすごかった。学校での基本勉強もしていなのだから仕方ないが、芸能人のリスクの大きさと末恐ろしさを見た番組だった。勉強しろよぉ〜。

■2003/04/06 (日) 上野に千鳥が淵にお台場に


土曜が朝から雨だったのでどうしても桜の満開を見たくて愛犬柴犬・大福を連れて上野の山に繰り出した。ちょっと出遅れ気味だったので駐車場が空いているか不安だったがスムーズに停められてまずはラッキー。上野は案の定すごい人出で皆幸せそうな顔をして桜の花を楽しんでいた。上野の後に千鳥が淵にも行ったがこちらの桜も見事なほど咲き乱れていた。そして最後はお台場へ。春の暖かさが新旧の賑わいスポットへと導いてくれた。

■2003/04/05 (土) 親も悪いが店も悪い


ひと頃より減ったといっても、まだパチンコに夢中になっていた親による子供の死亡事件は多いようだ。今回は25才の母親が生後9ヶ月の子供を車に8時間以上放置したまま死に追いやった。生命あるもの死ぬために生まれてくるとは言うものの、この子は何のために生まれてきたのかと他人ごとながらヘコんでしまう。親はもちろん悪いがパチンコ店も従業員に巡回させたり関連機関からの指導がなぜできないのだろうか。不思議でならない。

■2003/04/04 (金) なぜに香港?

新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)が渡航延期勧告されただけでなく、新感染症にも認定されてかなりえらいことになってきているようだ。2月上旬に香港に行っていた我が家は大丈夫なんだろうかとちょっと心配。そして不思議なのがなぜ香港から発祥するのかということ。何気に香港風邪とか香港何とかと冠に香港の文字がついたウイルスなどが多いように思えるのだが。エボラ出血熱やペストなんかも新感染症だよなぁ・・・。

■2003/04/03 (木) 報道のエンターテイメント化


ロサンゼルス・タイムズ紙が先月31日付1面で掲載したイラク発の写真が、同紙カメラマンによる合成写真だったことが明らかになったと発表した。それでなくても報道規制されたりで戦争最前線の話など分からないのに、唯一の真実の拠りどころと無理やりされている報道がこのありさまでは何を信じて良いのか分からなくなってしまう。このカメラマンの行為すら政府関係の陰謀と考えることもできてしまうからキリがないし恐い。

■2003/04/02 (水) 自殺ばかり


先日、古尾谷雅人さんが首吊り自殺したと思ったら今度は香港の俳優、レスリー・チャンが飛び降り自殺した。スキャンダラスな理由も囁かれてはいるが冥福を祈りたい。そのニュースに加えて国内では小学5年生が首吊り自殺したとも報じられていた。生命保険会社の人に聞いたら、ここ数年自殺者の数は増えているとのこと。人口が増えすぎての自然淘汰でもないのだろうが、これだけ連日自殺報道されると何か不思議な力を考えてしまう。

■2003/04/01 (火) 同じ系列の店


愚ページに「雑食」というのがあり自分なりに気に入った飲食の店を紹介している。その中に『帆船(ジャンク)』という中国料理店がある。我が家から比較的近くにあるお気に入りの店だ。今日、別の場所にある系列店に夜7名で行ってきた。メニューはほとんど同じだったが、味はいつもの店に比べて不味かった。美味しくないというのではない不味いのだから困ってしまう。調理人の違いなのだろうか。二度は行きたくないぞ検見川店。


表紙に戻る