2003年5月の徒然
■2003/05/31 (土) 季節外れの台風


5月に台風が日本に上陸するのは38年ぶりとのこと。台風のさなか知り合いの店ネオ・ドッグカフェ『FUNKY』がオープンした。オーナー夫妻が決心も新たにしての新店舗開店の意気込みに大きく賛同して私めも末端ながら運営の一部をお手伝いすることになった。生憎の天気の中、大勢のお客様が来店してくれて店はそれなりに盛況だった。雨で客足が悪かったことで課題点の改善に繋がったりしてある意味、恵みの雨だったのかもしれない。

■2003/05/30 (金) 競馬のイメージ


北朝鮮拉致被害者フィーバーというのは不謹慎なのだろうが、日本国民の訳の分からない関心も少し冷めた感がする。拉致被害者の一人の兄である蓮池透の世界中の不幸を全て背負っているかのような重苦しい顔は相変わらずだ。その蓮池兄がJRA・WINS(場外馬券売場)で馬券を買っている写真が雑誌に載っていた。SARSが流行っているからというだけではないであろう大きな白マスク。競馬はやはり彼にとってマイナス要因なのだろうか。

■2003/05/29 (木) アリーmy Love


月曜からスカパーで『アリーmy Love』が始まった。以前、NHKで放送していたものだが、見ていなかったので見ることにした。アメリカドラマを意識的に見るのは『メルローズ・プレイス』以来だ。放送は字幕放送の日と吹替え放送の日とあるが、アメリカドラマは吹替えを見ている。映画だと字幕しか見ないのに何故ドラマだと吹替えを選んでしまうのだろう。しかも韓国ドラマだと字幕を選んでしまう。自分のことながら理由は不明だ。

■2003/05/28 (水) 強気の中国


SARSはいよいよもって猛威をふるっているようだ。かろうじて日本上陸は逃れているようだが、この先どうなるか全く分からない。そのSARS対策をめぐって中国と台湾は国際問題にまで発展してしまったらしい。台湾への医療救済について中国がSARSよりも国交問題と国の威信を最重要視すると宣言した。どうもこの国は好かんのだが、ある意味北朝鮮よりもタチが悪いように思える。ただ、中国料理が美味しいのが私の最大の悩みどころだ。

■2003/05/27 (火) 一夜明けて


昨日夕方の地震は関東でもけっこう揺れた。ちょうど夕方のニュースの時間だったのでテレビは震源地岩手の様子を中継していた。震度6弱・・・けっこう大きな地震だ。また大きな被害でも出ているのかもしれないと思いながら打ち合わせのため家を出た。一夜明けて、地震はどうなったのかとテレビをつけたら意外なほど被害は少なかったようで伝えるキャスターもどことなく不満そうに見えた。何はともあれ被害が少なくて何よりだった。

■2003/05/26 (月) 石原新銀行案


石原東京都知事が新銀行発足をぶち上げた。一般銀行から融資を受けられない中小企業救済対策として早くも賛否両論。この新事業の発表記者会見の場に現れた石原都知事はいつもと違ってスーツ姿。そして開口一番「今日はいつものジャンパーだと貧乏臭いのでスーツも持っているのを見せたかったのでスーツにした」みたいなことを言っていた。救済しようとしている町工場とかは皆ジャンパーなど作業衣で仕事しているんだけどなぁ。

■2003/05/25 (日) 結果良しだが・・・


ネットの犬仲間の里親探しをしていたが、どうにか里親も見つかり一応一件落着となった。しかし、どうも気が晴れない。里親探しと言えば聞こえはいいが結局は犬を捨てること。里親探しを手伝うということは犬を捨てることの片棒を担ぐことと一緒だ。だが、自分とて何が起きるか分からないわけで明日は我が身でもあるわけだ。そんなことを考えると気持ちの中で堂々巡りになってしまう。犬に限らず生き物に関わることは難しい。

■2003/05/24 (土) Never give up


松浪健四郎がこの期に及んでまだ議員辞職をしていないのに驚いた。正直、興味もなかったがテレビを見ていたらものすごいことを言っていた。潔く辞めることがスポーツマンシップなのではないか?という問いかけに、ネバー・ギブ・アップもスポーツマンシップであると答えていた。しかも、自分を議員に選んでくれた有権者のためにも辞められないとも言っていた。選んだ時点で有権者は今回の事件を知らなかったから選んだのだよ。

■2003/05/23 (金) 六本木ドンキホーテ


初めて六本木ドンキホーテに行った。どうってことなかった。この店で一番の売り上げジャンルは大人のオモチャらしい。たしかにコーナーが隔離されていたが他のスペースに比べて大きな括りだった。地上6階建て(だったか)の店内を徘徊していて思ったのは「この雰囲気どこかで味わったような」だった。で、思い出した。目に入ってくる色々が東南アジアの大型ショッピングセンターと同じなのだ。東南アジアに行きたくなってきたぞ。

■2003/05/22 (木) 富士通FMV新CM


キムタクと岸部一徳が出演している富士通・FMVのCMの新バージョンを見た。何とキムタクがギターセッションしているのだが、もう一人のギタリストはchar。その2人の間にヘフナーのベースを弾きながら登場するのがお馴染みの岸部一徳。しかもそのスタイルは昔在籍していたザ・タイガースのサリーの時のままだから驚くし笑ってしまう。はたしてこのCMはどこまで続くのだろう。久しぶりに次が気になるCMで早く次が見たい。

■2003/05/21 (水) 台湾人医師


スワッSARS日本上陸か?と騒ぎをもたらした台湾人医師。来日中の旅行足跡をなぞったりしてそれなりに大報道になった。ニュースによると台湾人医師は旅行中に何度も体調不良を感じたらしいが風邪かと思ったとの発言をしていた。台湾でSARS患者の治療も体験しているのに、何で風邪かと思うかがお間抜けな感じがしてならない。それとそんなに体調悪いのにかなりハードな日本ツアー日程を全て消化あたりは見上げたものだと感心。

■2003/05/20 (火) アホな相撲協会


大相撲モンゴル出身の横綱が負けた後の態度が相撲協会で問題になっている。理由が闘争心むき出しだった態度に横綱としての品格がないということらしい。何とも馬鹿らしい話だ。そもそも相撲も格闘技なんだから負けたら悔しいだろう。それを態度に出すなというのが相撲式の品格らしい。日本人特有の無表情のポーカーフェイスが望ましいらしい。だいたい上位力士が外国人なんだから日本式など当てはめるのがナンセンスというもの。

■2003/05/19 (月) 花田勝


この人、相撲界の救世主となるべく横綱になった人だ。歴代の横綱の中で一番横綱らしくない人だろう。引退後は日テレのクチ車に乗ってアメフトの選手を目指したが全く話にもならずで挫折。無理だということは本人以外は皆知っていたのが悲しい。最近ではバラエティに申し訳程度に出てはいるものの気の利いたことも喋れず尻つぼみ。行く先といったらプロレス以外あろうはずがない。いつプロレス転向するのかそれだけが楽しみである。

■2003/05/18 (日) 黒装束?

陳腐な白装束が話題になっているが、足立区でむき出しの下半身を水性ペイントで黒塗りした男が公園のベンチに座っていたので公然わいせつ罪で逮捕された。何でも上半身には黒のTシャツ、下半身は裸にトランクス型に塗っていたそうな。うぅむ、想像しただけで恐いものがあるなぁ。男は「開放感を味わうためにやった。すっきりさわやかな気持ちになる」と供述しているという。この「ものすごいセンス」には脱帽するしかないだろう。

■2003/05/17 (土) ちょっと異常アクセス気味


昨日今日とちょっとアクセスがいつもより多くて倍ぐらいある。どこのページのアクセスだろうと思ったら「雑記」の「恋のから騒ぎの卒業生」だった。2ちゃんねるにでも載っちまったかと調べたら「恋のから騒ぎ」のファンサイトの掲示板に書き込まれていた。この番組かなり嫌いでもう何年も見ていないがいまだに高視聴率らしいから情けない。そう言えばTBSの小倉弘子アナウンサーもこの番組の第1期生だったような。一番の出世頭か。

■2003/05/16 (金) SARS日本上陸?


ついに来たかという感じだ。台湾の医師が8日から13日まで日本に滞在していた最中にSARSを発症した疑いがあり、今現在隔離病棟にて治療中とのことだ。しかも来日直前までSARS患者の治療を受け持っていたとのこと。ちなみにその患者は死亡したそうだ。ニュースではサクッとしか扱っていなかったがもっと大きく扱う事件なのではないだろうか。そうそうSARSは「新型肺炎(重症急性呼吸器症候群)」という名前だったのは知らなかった。

■2003/05/15 (木) 安かろう悪かろう


安い店に高望みはしないものの近所にある『牛角』はひどいものである。味は値段なりに仕方がないであろうが、従業員の質がかなり悪い。生ビールを頼めばカウンターの上に5分も放置されて温くなったのを持ってくる。肉を食べきろう頃にサンチュが出てくる。スープにいたっては肉もご飯の食べ終わってから出てくる(いらないと断ったが)。上の者が悪いのだろうがひどい店である。店舗数拡大によるしわ寄せ悪化の典型か。

■2003/05/14 (水) CHICAGO

そう言えば映画『CHICAGO』を見たんだった。WOWOWに加入したら鑑賞券をくれたので近所のシネコンで見た。平日の昼で客は20人ぐらいだからまぁまぁ入っているほうじゃないだろうか。で映画はというとタダのせいなのかなかなか面白かった。『ムーランルージュ』より数段面白く、『ワン・フロム・ザ・ハート』よりは面白くなく、『キャバレー』よりは数段落ちる。というのが個人的な感想だ。毒気のない映画もたまにはいいものだ。

■2003/05/13 (火) ソニン


売れないと困るんです・・・ソニンの1stアルバムのテレビCMで彼女自身が最後に言う言葉だ。なかなかシニカルで笑えないどころかチクッとしてしまうCMだ。彼女はEE JUMPとしてユニット・デビューした。しかし、ユニット解散の憂き目に遭い、ソロとして活動を続けているが今のところパッとしていない。起死回生のアルバムリリースがどう出るか。肌の露出が多くなることは間違いないので見ていて痛々しいが、ガッツはありそうだ。

■2003/05/12 (月) mont-bell


近所にアウトドア・ショップ「mont-bell」という店がある。近所なのでこの地区に買い物に行く時に犬の散歩を兼ねることも多い。残念ながら犬の入店は禁止なので犬と私か家内が外に残り交互で買い物したりしてきた。先日、中に犬連れの人がいたので店員に犬を入れても良いのかと尋ねたら(入れたら嬉しいので)NOとのことだった。しかし、犬連れを確認したのに注意すらしない店員であった。こういうのが一番腹立たしいのだよ。

■2003/05/11 (日) 町内付き合い

昨日、我が町内はお祭りだった。メインストリートを歩行者天国にしてフリーマーケットや模擬店などなかなか賑わっていた。昼過ぎに犬の散歩を兼ねて見物に行ったが、けっこう行き交う人たちに声をかけられたり挨拶されたりした。町内だから当たり前と言いたいところだが、声をかけられていたのは何のことはない愛犬・大福のほうだった。思えば、大福が来るまで町内付き合いなど全くなかったのだから我が家の生活も変わったものだ。

■2003/05/10 (土) 有料マヨネーズ


久しぶりに月島にもんじゃを食べに行った。この地区のもんじゃの店は100店舗以上あるらしい。そしてこれらの店は「儲かっている店」と「ものすごく儲かっている店」の2種類しかないらしい。それほどどの店も繁盛している。美味しい美味しいと喜んで食べたが3人で8000円弱の値段ははたしてもんじゃの値段なのかと考えると甚だ疑問だ。〆でお好み焼きのネギ天を頼んだ時にマヨネーズをもらったのだが有料だったのが引っかかった。

■2003/05/09 (金) 友へ・チング


韓国映画の『チング』は面白いらしいとだいぶ前から評判だった。しかし、予告やミュージック・ビデオなどを見るとどうも映画館まで足を運ぶまでに至らなかった。WOWOWでやっと見たが、見に行かなくて正解だった。単なるヤクザ映画にしか見えなかった。韓国マニアにしてみれば韓国に詳しくない人が見ても分からないとか釜山の方言が面白いとかいろいろあるらしいが、そんな特別な見方をしなくてはならない映画は映画ではない。

■2003/05/08 (木) ブートレッグ


つい先日来日公演を終えたばかりのローリングストーンズのブートレッグCDが町内のお店で売っていた。5000円で。レコード時代からブートレッグ盤はあったがパソコンの普及に伴って生産スピードもだいぶ速くなったようだ。そして値段も安くなったし、種類もかなり多様化しているみたいだ。ブートレッグの存在自体に非難もあろうが、これだけ世の中に出回っているということは需要があるということなのだろう。実際、自分も欲しいし。

■2003/05/07 (水) 万引き現行犯かぁ


ロス疑惑の三浦和義さんが本を万引きした容疑で現行犯逮捕された。どうしちゃったかなぁ。ロス銃撃事件の真偽のほどはあまり興味なかったが、対マスコミとのやりとりや拘留中の動きに関しては筋の通っている部分も見えたりして決して嫌いにはなれない人だった。彼がフルハムロード在職中に一度だけ会ったこともあるが紳士的でまともな印象しかなかった。今回の万引きも真意は分からないが盗んだとされる本が愛犬雑誌なのが泣ける。

■2003/05/06 (火) タマちゃんと責任所在


再びタマちゃんが話題になっている。全く興味もなかったが、今回の釣り針のようなものが目尻に刺さった映像はさすがに無視できなかった。今まで人の意に介さずなかなか姿を見せなかったタマちゃんが頻繁に姿を見せるということは助けて欲しいというサインであることに間違いないだろう。このことは少しでも動物に関わった人なら容易に判断できるだろう。捕獲して保護するにも責任問題の大きさに躊躇しているのが現実なのだろう。

■2003/05/05 (月) 新店舗は英会話教室


町内の空き店舗のところが子供向け?の英会話教室になるようだ。今朝、犬の散歩の帰りに前を通ったらガラス越しに説明会希望者募集の紙が張ってあった。2名ほど名前が書かれてあったが(自著)なんと連絡先電話番号まで丸見え状態で掲示されていた。おいおい、いいのかそんなことで。思わず声を出してしまうほど呆れてしまった。こんな個人情報管理や危機管理のできていないところに子供を任せてはいけませんよ、親御さんたち。

■2003/05/04 (日) 来ましたギックリ腰


昨日、車を降りる時にピキィーンと腰に違和感が。やったか?ギックリ腰。嫌な予感ほど的中するものでギックリ腰だった。ただ長い付き合いの腰痛なのでそれがどの程度のものなのかは何となく分かったりする。自己診断では今回は軽いはず。家に帰ってからコルセットして寝る時に痛み止めの座薬。そして今朝、日曜日に開業している整形外科に行って診療。痛み止めの注射をうってもらい何とかしのいでいる。スムーズな対処であった。

■2003/05/03 (土) 15分200円


都心に行く用事があったので旧テレ朝跡地に新オープンした六本木ヒルズ周辺を車窓から見物してきた。予想通りの人出で地下鉄六本木駅近くは人があふれかえっていた。当然、車で来ている人も多くて駐車場に入る車の列もすごかった。そしてその駐車場の料金が15分200円。1時間だと800円。普通夜間の駐車料金は安くなるが六本木は逆に高くなる地域。千葉で駐車場料金を払う感覚が麻痺している身にはあまりに高すぎる駐車料金だ。

■2003/05/02 (金) 「く」の字脚


オッサンの最近気になることの一つに女の子の「く」の字脚がある。けっこう可愛らしい顔つきでブランド品を身にまとっているが、ヒールを履いて歩くさまを横から見ると膝が前に出て「く」の字に曲がっている。これはかなり気持ちが悪い。あまりハイヒールなどで歩いたことがないからなのだろうか。と同時に自分の歩く姿をショーウインドウなどで見たりしないのだろうか。こんな女の子が街なかにはけっこういるので驚いてしまう。

■2003/05/01 (木) しょっぱい試合


アテネ・オリンピックのサッカー予選が始まった。第1戦はミャンマー戦、下馬評では大量得点での圧勝とされていたので、どの程度の力の差があるのかに興味があって見ていた。確かにほとんどの場面で日本五輪代表がボールを支配していたが前半では点を獲ることができなかった。予想外にミャンマー代表が強いのかと思ってもみたが、どう考えてもそのようには見えない。決定力不足?へんちくりんな余裕?これってフル代表と同じだぞ。


表紙に戻る