2004年3月の徒然
■2004/03/31 (水) 耳障りなスピーカー

近所にカルフールというフランス母体のマーケットがある。書店やCDショップも入っているが陳列などに工夫もされておらず「ただ売っているだけ」という感じがしていた。宇多田ヒカルのベスト盤がリリースされてCDショップ内に流れていたが、一発のスピーカーが死んでいて音が歪んで割れっぱなしだった。実はこれ、今に始まったことではなくだいぶ前からのことだ。耳障りで気持ち悪いので立ち去った。いつ替えるのだろうか。

■2004/03/30 (火) 田中里美

一応女優だ。韓国ドラマブームの火付けとなった『冬のソナタ』で女性主人公の吹替えをやったせいで少しばかり露出が増えている。それにしてもこんな大根役者は珍しい。演技は当然下手だし、先週末放送された『冬のソナタ』の特番でドラマの主人公と対面しても気の利いたことも言えない。FM放送で番組を持っていたが、これを聞いてもただ仕事こなしているだけという感じで訴えるものは何もない。いろいろな意味で珍しい人だ。

■2004/03/29 (月) 花見場所の目印

上野公園で犬同伴で花見をした。桜を見ながら弁当を食べていたら急に老人男性が倒れてきた。酔っ払いではなく足元がフラついての転倒だった。目じりの上を切ったらしく瞬間的にかなり出血していた。すぐに119番したが、救急センターは場所の特定ができないらしくエラク時間がかかってしまった。幸い、出血も治まって救急車で搬送されたが、花見の場所は区画分けだけでなく区画目印をもっと大きく表示する必要があると思った。

■2004/03/28 (日) 砂の器

TBS『砂の器』が終わった。期待していたのにつまらなかった。原作や映画とあまりに設定が違いすぎる。殺人犯の息子という設定では結局のところ、殺人犯を父に持つ子供はやはり殺人を犯すというメッセージのようにも受け取れて不快だったし、深みも重みも悲しみも見出すことはできなかった。親子の旅も逃亡でしかなく映画や原作の旅とはあまりにも違いすぎた。『白い巨塔』同様、昔の名作のリメイクは難しいということか。

■2004/03/27 (土) ショッパイK-1

K-1生放送で見たがつまらない、つまらない。いつの間にかホースとの対戦相手変わっているし、ボブ・サップは余裕なさそうな顔つきで緊張のあまりカウンター喰ってダウンするし、武蔵と曙はまるでプロレスの出来レースみたいだしでつまらないことこの上なかった。ボブ・サップはこれで明日の新日でIWGPのチャンピォンになるのは間違いないだろう。K-1のプロレス化へのスピードは速くて目が離せない。

■2004/03/26 (金) 守ってあげなきゃ

国民年金CMに出演した江角マキコが自身では年金を払っていないことが判明(内部リークだろうが)。その弁明記者会見の様子をテレビでやっていた。相変わらず恥知らずのワイドショーリポーターが鬼の首でも獲ったかのように質問を浴びせていた。本人も頑張って応答していたが気の毒だった。所属事務所はしっかり想定問答のシミュレーションをして会見に臨ませるべきだ。武器も持たず鎧も着せずに戦場に出してはいけない。

■2004/03/25 (木) DVDお試しパック

近所のレコード屋に行っていろいろ見ていたら、ドーンと目に入ってきたのが「DVDお試しパック『タイタニック』今なら『インデペンス・デイ』がタダ!」というパッケージ。この2作品で1480円(今風なら税込みで1554円)というビックリ値段だ。思わず買ってしまったよ。それにしても「お試しパック」とはどう意味なのだろう。これからこういう形のセットク売りが増えてくるのだろうか。組み合わせによってはありがたいが。

■2004/03/24 (水) 『24』見終わった

24日に合わせたわけではないが、やっと今日、アメリカのテレビドラマ『24』全24話を見終わった。最近、『冬のソナタ』ブームに便乗して韓国ドラマを多く見ていたが、久しぶりにドキドキ感のある面白いドラマだった。やはりアメリカはエンターテイメントに関してはかなり上質な国なのだと思う。4月から日本でも放送されるが日本語吹替えなのだろうか。早々と「シーズン2」がレンタルになっていたので借りてきてしまった。

■2004/03/23 (火) 代車

先週事故って車を修理に出したが、今使っているHONDAがホント使えない。最初、代車を出し渋っていたが、店長に担当の営業マンは新車納車以来、ご機嫌伺いの電話して来ないし賀状の一枚も出してこない馬鹿者だと持ち出したら急に代車を用意してきた。助かったのも束の間、その代車は恥ずかしくて乗りたくもないクソ車だった。今までのディラーだとこういう時こそ1ランク上の車を餌のように用意してくるのになぁ。

■2004/03/22 (月) だから競馬は面白い

高知競馬所属の連敗記録更新中のハルウララに武豊が騎乗した。連敗に終止符を打つかも・・・。こんな思いは誰にでもあったと思う。ハルウララの単勝馬券は買っても当たらないので交通事故防止のお守りになるという何ともものすごい現象すら起きているという。結果は11頭中10着の惨敗。さすがハルウララというところか。競馬はレースが始まる前まではいろいろな夢物語が存在する。だから面白いのだ。

■2004/03/21 (日) いかりや長介さん

いかりや長介さんがガンで亡くなった。個人的には長島元巨人軍監督が脳梗塞で緊急入院したのがテレビの臨時ニュースで流れたのなら、いかりやさんの死も流れても良いのではないのかと思うほど大きな出来事である。思えば、彼は私の人生の中でずっと現役の芸能人であったような気がする。晩年は役者として輝いていたが、何かのコマシャールでウッドベースを弾いていた姿にミュージシャンの匂いがした。合掌。

■2004/03/20 (土) QUEENとPRIDE

フジテレビ月曜9時のドラマ『PRIDE』はテーマ曲から挿入曲までQUEENが使われている。木村拓哉人気で番組も好調。おかげでQUEENのベスト盤が好セールスになっているようだ。そのベスト盤を手に入れたので車の中で聴いているが、曲の背景に出てくるイメージはドラマではなくQUEENの映像ばかりだ。年代的なこともあるのだろうが、曲がドラマに完全に勝っているともいえるのだと思う。QUEENのコピーバンド『グイーン』はいずこ。

■2004/03/19 (金) 爆弾恐い

イラクを始め世界各地で爆弾テロが続いているが、日本も標的になっているという報道がなされていた。日本はどうも対岸の火事的な見方で呑気なようだが、ちょっと恐いし巻きこまれたらたまったものじゃない。今日は家内が都心に用事があって行くことになっていたが、乗り換え地点の一つである東京駅の利用は避けるように注意した。いつまで警戒すればよいのかは分からないが、物騒極まりない世の中に憂鬱だ。

■2004/03/18 (木) 事故った

町内の交差点で右側から直進してくる車に衝突させてしまった。こちらが優先道路だったとか相手が一時停止義務を怠ったとか言い分はいろいろあるが、自ら車に突っ込んだのは初めてなのでかなり気分が悪い。家内の他にも同乗者がいたので尚更気が重い。ちょうど14日に保険の切替えをしたばかりだ。これからは保険会社の手腕をしっかり見せてもらって今後の参考にしたい。それにしても最初は当たり屋なのかと思ってしまった。

■2004/03/17 (水) どこでもジモピー

別にファッションに気を使わないほうではないと思っていたが、どうも最近手抜き傾向のようである。元々どこに行っても地元の人みたいな格好ではあったが、今日はあまりにひどかった。千葉市にある病院に行ったが、朝ということもあってほとんど散歩ルックだった。帰りに何か食べようということになってなぜか銀座まで行ってしまった。レストランに座った自分の姿を見てそのひどさに呆れてしまった。ジモピールックにもほどがある。

■2004/03/16 (火) こっちも五輪予選

今日はアテネ五輪サッカーの予選を友人宅で見た。恐らく自分の家にいたら見なかっただろう。サッカーの試合をテレビでフルタイム見るのは韓日共催のワールドカップ以来だ。試合は日本が2対1で勝ったが、つまらなくてつまらなくて仕方なかった。何なんだろう、この華のなささは・・・。小じんまりまとまりすぎていて威圧感がないというか・・・。とにかくよく分からないが応援する気になれないのだ。

■2004/03/15 (月) 女子マラソン五輪代表

アテネ五輪の女子マラソンの代表選手3人が決まった。シドニー五輪金メダルの高橋尚子は選考されなかった。陸連は苦渋の選択と言っているようだが、この選択は大きな間違いのような気がする。大きな舞台や仕事は一瞬の切れ味や勢いだけでは消化できないものだと自分なりに理解している。野太さや底力は打たれて凹まされてきた者のほうがあるのではないだろうか。いや、そう思いたいというのが正直なところだ。

■2004/03/14 (日) 勝って弱し

K-1でボブ・サップが大相撲の朝青龍の兄であるスミヤバザルと戦ってTKO勝ちした。VTRで見た限りではボブ・サップはホント格闘技にむいていない。ミルコ・クロコップに負けた時の痛そうな顔もそうだが、今回の試合最中での困惑した顔を見せてしまうあたりも格闘プロではないのだろう。この後、徐々にプロレスに転向していくのだろうが、デストロイヤー以来のプロレスラー芸能人の道を歩むべきである。

■2004/03/13 (土) 年度末の恒例工事

この時期になると毎年度末恒例のよく分からない道路工事も佳境に入る。掘っては埋めての連続で何の意味があるのかまったく分からない。年度末で予算消化の帳尻合わせだとも聞いたことあるが本当なのだろうか。それにしても道路工事で車の誘導をしている人って何であんなに鈍くさい人が多いのだろう。仕方なく仕事をしているのだろうか。車を運転する側からすると渋滞を誘発、増長しているようにしか見えないのだが。

■2004/03/12 (金) 噂の真相

ほぼ創刊号から購読している『噂の真相』がいよいよ今月発売号をもって休刊する。休刊といえば売れなくなって廃刊する前のステップ的なイメージがあるが、この本の場合は売れているさなかでの休刊だ。勇気ある撤退ともいえるし、醜い幕切れはゴメンということなのかもしれない。創刊以来25年、大手企業の広告収入を得ず、歯に衣着せぬ取材内容は他誌では絶対に読めないものだった。この休刊は自分にとっても大きな節目だ。

■2004/03/11 (木) エンドレスな作業

HDD内臓DVD録画機を買って以来、家での過ごし方が大きく変わった。家の中に山のように溜まっているビデオを厳選してDVDに変換する作業をしているのだ。この数が半端な数じゃない。音楽ものにいたってはベータマックスにまで及んでいるので果てしない果てしない。しかも途中で見入ってしまったりしているものだから作業効率悪いことこの上ない。死ぬまで終わらないような気がしている。でも楽しい作業でもある。

■2004/03/10 (水) 24

近所のTUTAYAに行くと大きなスペースで扱われているのが『24』だ。2002年アメリカのテレビ作品だ。全12本で24話収録されている。ある1日に起こった複数だが関連ある事件の流れを24話で進行するというものだ。これを一気に見るとおおよそ24時間丸1日かかってしまうというわけだ。4月1日からフジテレビ深夜で連続放送が決定しているようだが、はたしてどういう反響になるのか楽しみだ。

■2004/03/09 (火) 顧客データ漏洩

Yahoo! BBに続いて「ジャパネットたかた」でも顧客データが漏洩流出した。大手企業のデータ管理のセキュリティーってどの程度のものなのだろう。危機管理の違いによって大きく違っているのだろうが、何でこれほど簡単に大量流出してしまうのだろうか。やはり内部の人間の仕業と考えるのがすごく自然な気がする。しかし、最初に疑われるのは内部の人間のはずだろうし、よほど手引きのギャラがイイのだろうか・・・。

■2004/03/08 (月) 鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザで問題を起こした京都府の養鶏場の会長職夫婦がその責任を感じて自殺した。何ともエライことになってきた。挙句はその養鶏場付近に生息してたカラスまで鳥インフルエンザで死んでいたらしい。今回の事件で食べものや生きものに関わる仕事に就いている人は二極化しているだろう。対岸の火事だと思っている組と更に緊張感を持った組。この差は成功の度合いでも大きく広がっていくことだろう。

■2004/03/07 (日) 明日なきAD

今朝早く近所でTBSドラマ『奥様は魔女』の撮影をしていた。撮影現場から離れたところを横断しようとしたらADから「どちらに行きますか?こちらのほうを歩いてください。ご迷惑をおかけしてます」に言われた。おいおいまずは「ご迷惑をおかけします」が最初だろう。いつの時代もADにはトホホが多い。ちなみにADとはアシスタント・ディレクターにあらず「あなたの奴隷」とも「明日も奴隷」の略とも言われている。

■2004/03/06 (土) それなりの理由

物事にはそれなりに理由や原因があるだ。ネットの世界でも同じで何でこの人はいつもバッシングの対象になるのだろうと不思議に思ってしまうほど槍玉にあがる人がいる。よくよく観察しているとバッシングの原因がちゃんと見えてくる。このての人に共通するのは理屈ぽいが言葉が足りないこと。理屈は別に構わないがとにかく言葉が足りないから表現能力や伝達能力に著しく欠けている。これも結局はホスピタリティの問題。

■2004/03/05 (金) ニュース速報

夕べテレビで長島元巨人軍監督が脳梗塞の疑いで緊急入院したとニュース速報が流れた。あらまぁと驚いたと同時にニュース速報が流れたことに不思議な気もした。いったい誰あたりがニュース速報の対象になるのだろう。サッカーの場合だと川淵チェアマンはどうなのだろう。アントニオ猪木は間違いなく対象だろう。ニュース速報と号外発行はほぼ同じ価値基準と言っていいのだろうか。扱う側としては難しい判断だろう。

■2004/03/04 (木) 依存性

どんな人が嫌いか?と質問されたことがある。「どんなこと」ではなく「どんな人」と言われると困ってしまう。気が利かない人も苦手だが依存性の強い人が一番苦手かもしれない。その場に頼れる人が誰もいなければ自分でできるくせに誰かいると依存してくる人。どうもこれは苦手だし嫌いだ。そんな時は極力冷たくあしらっている。あしらっている自分も嫌になってくる。電話が長い人も同様に嫌いである。

■2004/03/03 (水) 鬼畜

愛知県半田市で火葬業務を請け負っていた斎場の社員5人が火葬場に残った遺灰から金歯などの貴金属類を集めて売りさばいていたとのこと。5人は約3年間、火葬が終わり遺族らが帰った後、遺灰の中から主に金歯を回収。これを2002年10月、約16万円で貴金属業者に売却して5人で分けたという。2月末、同組合への告発があり発覚したとのこと。3年間・16万円・5人で分ける・・・何ともおぞましく淋しい話である。

■2004/03/02 (火) ホテル・ビーナス

草薙剛が『チョナン カン』で韓国語を披露して何年か経つが今度は韓国語の映画『ホテル・ビーナス』が公開される。韓国のテレビドラマ『冬のソナタ』が大きな流行になっているとしても何で日本人が出演する日本映画を韓国語のセリフで演じる必要があるのかさっぱり分からない。日本人が出演する日本映画を英語のセリフで演じるとしたら大きな違和感があるわけで、同じことだと思う。草薙剛の夢実現なだけか?

■2004/03/01 (月) さとう珠緒


井上和香とは別の意味で気持ちの悪い女である。あのわざとらしい態度で今年30才は気持ち悪い以外の何ものでもないだろう。自分だけが嫌いなのかなと思っていたら最近、彼女とご同業の芸能人たちも堂々と番組内で彼女のことを悪く言っているのが目につく。本人も開き直ってバッシング発言を逆手にとってわざとらしさが更に磨きがかかっているようだ。10年以上も前に裕木奈江というのがいたのが思い出される。


表紙に戻る