2004年10月の徒然
■2004/10/31 (日) 最悪の結末

イラクの人質事件は首を切り落とされた遺体が見つかるという最悪の結末になった。昨日から誤報道によって被害者の家族は気持ちの振幅がさぞや大きかったことだろう。拉致拘束の映像がニュースで流れた瞬間から家族の家の電話は鳴り続け暴言・中傷が続いたという。確かに思慮不足による行動ととがめられる面も多いだろう。しかし、不運や不幸に見舞われた家族に対しての非難はあまりにも心ないように思える。

■2004/10/30 (土) イラク人質

イラクで人質になった日本人の遺体が見つかったと午前中に大騒ぎになっていたが、夕方には間違いだったということになった。新潟中越地震のさなか、そして今のイラク情勢の中での人質に世論的にはあまり同情心を得ていないようだが、今日のジェットコースター的な生死報道は家族にはちょっと気の毒な気がする。小泉政権に大きな揺さぶりをかけたことだけは間違いない人質事件だが、はたしてどうなる。

■2004/10/29 (金) 公人

島田紳助が吉本の女性マネージャーを殴ったとかで涙の記者会見をした。プロボクサーが人を殴ると普通の人よりも重い罪になるとか嘘かホントか聞いたことがある。社内での出来事もこれだけ大ごとになってしまうとタレントの場合もプロボクサーと同じということか。それにしても自社の稼ぎ頭を相手に訴えまで起こす社員というのも昔感覚では理解できない。騒動終了後、解雇するわけにもいかないだろうし、どうするのだろう。

■2004/10/28 (木) 一場

元明大野球部の一場靖弘に裏金を渡したとの責任でプロ野球3球団のオーナーが辞任した。この騒動、当初から渡したほうばかりで金をもらった一場の責任が問われず妙だなという感じがしていた。その一場が記者会見した。お決まりの謝罪をしたようだが、最後は厚かましくプロ野球に入りたい宣言をした。結局、この宣言を受け入れるだろうプロ野球だから人気が落ちているのだろう。受け入れるべきではないだろうに。

■2004/10/27 (水) 地震報道

新潟中越地震被災地に相当数のマスコミが入っているようで報道も過熱気味になっている。カメラを回している最中に余震が起きるなんてこともよくあるようだが、どうも嬉々として報道しているように見えてウザイ。地震も台風も拉致もマスコミにとってニュースソースは商売の仕入みたいなものだから仕方がないのだろうが、ワイドショー的報道でどうも好みではない。馬鹿な地方局アナが病人の搬送を搬出と言っていた。

■2004/10/26 (火) 1回録画可

スカパーのチューナーを替えて新事実に遭遇。それはスカパーの番組は1回だけしか録画できないということ。新チューナーには1回のみ録画可能の処理がなされているので、録画したものを更に録画(コピー)することができない。壊れた古いチューナーでは何でもなかったので、いつからか著作権保護のために処理がされたということなのだろう。ドラマなどを録り溜めしてまとめるということが事実上不可能ということになる。

■2004/10/25 (月) 地震対策

新潟中越地震の被害は日が増すにつれて被害が拡大している。ライフラインが壊滅状態らしい。先の台風で地盤軟化により二次災害が徐々に起きているようだ。新潟地方は雨は多いし雪も多い。今後の被害拡大が心配だ。そして今更ながら防災グッズを始めとする災害対策を本気で考えなけばならない。呑気に対岸の火事としていては被災者の方々に申し訳ないし、明日は我が身なのである。

■2004/10/24 (日) 菊花賞

ハズレたが久しぶりに面白い競馬だった。強い弱い、勝つ負ける以外にいろいろ推理できる要素を持ったレースだった。財政難で閉鎖に追い込まれる地方競馬場が多い中で、地方の期待の星としてレースに臨むコスモバルクが新聞紙上では話題になっていたが、単勝売り上げは結局2番人気。馬券を買う人たちの目はいかにシビアかが分かる。レースは予想通り騎手が下手すぎで4着惨敗。世の厳しさを味わうことになってしまった。

■2004/10/23 (土) 地震

夕方、エレベーターに乗っているところで、ちょうど地震に見舞われた。初めての経験でかなり慌てた。間違いなくエレベーターが停まるだろうと思ったので、閉じ込められてエライことになると覚悟した。しかし停まらなかった。次に一番近い階数ボタンを押さねばと思ったが、時すでに遅しで自分の階に着いてしまった。これがパニックというものなのだろう。部屋に戻ってテレビを見たら新潟方面は大規模な地震だった。

■2004/10/22 (金) 見せしめ的徴兵
韓国の芸能スポーツ選手の徴兵逃れ発覚問題の渦中にいるソン スンホンに11月中に入隊命令が出た。新ドラマ撮影終了後の来年3月からの入隊を申請していたが却下されたようだ。普通は26ヶ月間の入隊だが、芸能人などはデスクワークだったり入隊期間も短かったりした場合が多かった。しかし今回は多分に見せしめ的な要素が多いので、きっちり26ヶ月入隊との噂もある。芸能界においてのこの空白期間は厳しそう。

■2004/10/21 (木) アイワのサポート

朝一でスカパーのチューナーのメーカーに電話をしたら修理にだいたい1万6千円ぐらいかかるとのこと。その金額なら新しいのを買ったほうが安いだろうと思って量販店へ。そしてゲット。アンテナは要らないのだがセット料金で8980円だった。ところで、電話したアイワのサポートセンターだが、音声ガイダンスの内容に始まって複数の担当者、すべてにおいてホスピタリティありで高感度抜群であった。

■2004/10/20 (水) スカパー

夜いきなりスカパーのチューナーが壊れた。予約番組ありのランプがいきなり消えたので電源を入れなおそうとしたが電源が入らない。電源コンセントを入れ替えたり、リセットしたりしてみたが電源はまったく入らなかった。直感で誤作動によるものではなく壊れたなと思った。98年からのものだから自分としてはまだまだ使えると思っていたのだが、恐らく基盤かなんかを交換しないとダメだろう。

■2004/10/19 (火) 喫煙率

成人の喫煙率が30%を切ったとのこと。もっとも未成年は入っていないから確かな数字は分からない。個人的には生まれて一度も喫煙したことがないので喫煙率の高い場所や職場(ギャンブル場など)は文化レベルが低いなどと偉そうなことを言っている。そもそも煙草なんてものは10代の子供が吸うものであって成人になったら体に悪いことが分かってやめるものだと思っている。

■2004/10/18 (月) 忠臣蔵

今日からテレビで『忠臣蔵』が始まった。家内が見るというので付き合って見たが、ついつい見入ってしまった。先日同じくテレビの『時空警察』で忠臣蔵の真相なるものをやっていたこともあってか、敵役の吉良がやけに憎々しく描かれていたのが目についてしまった(伊東四朗がハマりすぎ)。毎年年末が近づくと何らかの形で忠臣蔵がクローズアップされるが吉良家の子孫縁者は嫌な気持ちなのだろうなぁ。

■2004/10/17 (日) 映画ファンド

松竹が日本初の個人向け映画ファンドの募集を開始したが、100件程度の問い合わせしかないようだ。1口10万円なのでもっと多いのかと思っていたが意外に少ないのでビックリ。対象映画は来秋公開の仲間由紀恵とオダギリジョーが主演する時代劇『忍 SHINOBI』というらしいが、確かにこれだけしか情報がないと投資する身としてはちょっと二の足を踏んでしまう。正式に問い合わせすればもう少し情報もらえるのだろうか。

■2004/10/16 (土) カリスマ美容師

「カリスマ美容師」の川畑タケルが大麻取締法違反で逮捕された。芸能界にも関わっているだけにちょっとした話題になっているようだ。田代まさしの覚醒剤逮捕同様、今回もかなり前から内偵されていての逮捕だったらしい。初犯だろうから大麻も覚醒剤も不起訴はないだろうが執行猶予は間違いなくつくだろう。かなり手広く事業展開していただけに大きなツケになってしまうことだろう。

■2004/10/15 (金) 華

友人からLED ZEPPELINのDVDをいただいた。収録時間が軽く4時間を越える貴重品だ。我が青春のバンドだけに早速見てみた。時代という部分を差し引かなくても今の時代でもじゅうぶん通用するぐらいの存在感にただただ驚いた。当時からけっして巧いとは言い難かったギターのジミー・ペイジがやけに光っていた。これは「華」によるものだろう。アマチュアがプロになって才能以外でどうしようもないものが「華」。

■2004/10/14 (木) 最低警備会社

成田空港に入っている警備会社「アイム」がチュニジア人の入国者2人(宿泊先が決まっていなかったので入国拒否され強制送還された)に対して暴行を働いた上に警備費という名目で600ドルを無理矢理支払わせたという事件があったらしい。この裁判で警備会社に慰謝料・損害賠償金220万円の支払い判決が出た。帰国した2人がアムネスティを通じて訴えを起こしていたとのことだ。国の入口でこういうお粗末は恥ずかしすぎる。

■2004/10/13 (水) Becky!

インターネットのメーラーにBecky!を使っている。いつから使っているか思い出せないぐらい前から使っている。Outlookが好きじゃないことと安全性を重んじて使い始めたのだったと思う。ところが、今に始まったことではないが一般的シェアは圧倒的にOutlook。仕事先からOutlookについての質問をされても即時に対応できない場面が多いので、本気でOutlookを使おうかと考え始めているがどうしたものか・・・。

■2004/10/12 (火) カルフール撤退?

近所にあるフランスのスーパー、カルフールが日本から撤退するかもという話が数日前から出ていたが本当なら嬉しいことだ。まぁ手抜きのスーパーで生鮮なんか絶対に買う気が起きない。要するに雑のひと言である。売却先として米ウォルマート・ストアーズ、英スーパー最大手テスコ、日本のイオンがあげられているが、個人的には多少イメージがダサくなってもイオンあたりになってくれたほうが安心して買い物できるのだが。

■2004/10/11 (月) プレーオフ
パリーグの優勝を決めるプレーオフが盛り上がったみたいだ。何かと話題になっているパリーグだが、取り組み方一つで大きく変わるということの例なんだろうなぁ。悲しいかなプレーオフのルールが今イチ浸透していなかったように思えるのだが、はたしてどうなのだろう。本シーズンで2位に5ゲーム差がついていたら第1戦は1位チーム(ダイエー)に勝利が設定されていたとか、他にもいろいろあったらしい。

■2004/10/10 (日) アフガン大統領選挙

アフガニスタンで国民直接投票による大統領選挙が行われたが不正投票疑惑が持ち上がり予想通り揉めている。住民台帳などないから1人1回の投票の目印として片手の親指爪に投票済みのマークをマジックでつけたらしい。ところが、水性のマジックを使った区域もありマークが消えて(消して)重複投票も可能になってしまったらしい。国が成長する段階というのはこういうことなのだろうかと不思議な気持ちに。

■2004/10/09 (土) 松島菜々子

すっかり大物タレントなのねぇ。チョコレートのCM会見でCM以外の質問はNOとされていたようだが(これ自体ナンセンスだよなぁ)、「赤ちゃん元気ですか?」の質問ぐらい答えりゃいいのに・・・何だかなァと思ってしまう。今、古いビデオをDVD化しているがその中に彼女のテレビデビューコントが出てきた。とんねるずを相手に腰をクネクネさせて「あぁ〜ダメぇ、中がヌルヌルしちゃってるぅ」と賜っておられた。

■2004/10/08 (金) デイ・アフター・トゥモロー

映画館にすっかり足が遠のいて話題作をDVDで見ることが多い。『デイ・アフター・トゥモロー』を借りて見た。おいおいこんなものかよという感じだった。映画館の大きなスクリーンで見ないからということもあるのかもしれないが、制作側も時代を考えればそうもだけは言っていられないだろう。映画の見方が時代的に変わって来ているのだから。それにしても、アメリカ映画のヒーローは何と「ジャック」が多いことか。

■2004/10/07 (木) 韓国のデモ

ソウルで性風俗店取締り強化の法律?ができるだかで、それらを生業にしている女性達が職場確保のために法律制定反対デモを行っているのをニュースで流していた。日本ではちょっと考えられないことだが、韓国では病院ですらストをするから今更驚くことでもない。ただ今回の場合、デモに参加している女性がほぼ全員、帽子を深くかぶり大きなマスクをしていた。顔を出せないという説得力のなさがあまりに気の毒な気が。

■2004/10/06 (水) 早起きは三文の徳

この諺の「とく」は「得」でも良いけど「徳」なんだよね。今朝朝イチで家内に付き合ってイトーヨーカドーに行ったら、入口で整理券と袋を渡されて、そのまま正面のお米の山へ案内された。先着何名かだかにお米を1合枡で2杯いただけるとのこと。山盛りに入れたら枡を持つ手のひらにまでこぼれ溢れたが素知らぬ顔で受け皿に。けっこうセコイ自分を再認識。しかし、2人で4合強のお米がもらえるなんて朝からラッキーだった。

■2004/10/05 (火) クチパク

エルトン・ジョンが何を血迷ったかマドンナがライブで歌わずにクチパクをしていることを非難したらしい。分からなくもないが、「ライブ・パフォーマンス」と言われている最近のコンサート全般なんだから別に面白ければクチパクでも良いのではないかと思っている。ダンス・パフォーマンスが多いシンガーなら尚更その傾向は多いだろうし、見ている観客としてもゼイゼイしながら歌われるよりも見ていて楽しいのではないだろうか。

■2004/10/04 (月) ベストジーニスト

よく分からない表彰の最右翼はジーンズが似合う有名人に贈られるとされているベストジーニストってやつではないだろうか。そもそもどういう団体が主催しているのか分からないし、気になるところだ。今年はライブドアの堀江社長まで選ばれたようで摩訶不思議さは更に磨きがかかってしまった。ちなみに受賞した堂本剛は「このような賞がもらえて、とても嬉しい」、浜崎あゆみは「これからもジーンズをはいていきたい」とコメント。

■2004/10/03 (日) 千秋
千秋がテレビのバラエティーでポケット・ビスケッツのボーカルに起用され、アルバムをリリースした時は夢を叶えられて良かったなと思っていた。元々、ロック・ボーカル志望だっただけに歌唱力もあるし、その後が楽しみだった。しかし、番組終了と共に音楽活動も終了。結婚して一気に普通の人になってしまってガッカリしていた。先日、テレビを見ていて更にビックリ。『はなまるマーケット』に出ていた。それはなかろうよ。

■2004/10/02 (土) イチロー

イチローがついに大リーグの記録を塗り替えた。毎日のようにカウントダウン報道されウンザリしていたが、いざ達成されるとスゴイなぁと改めて感心してしまう。インタビューシーンで英語の質問に通訳を介せず聞いていたが、答えは日本語だった。ヒアリングはともかく話すほうは自分で納得していないからということなのだろう。このへんにも潔癖さが見られた。新記録の割りを食ったのが中日とパ・リーグのプレーオフか。

■2004/10/01 (金) 携帯ドラマ

携帯電話の進化にいよいよもってついていけなくなりそうだ。スカパーとauで携帯ドラマなるものが10月7日から始まる。1話2分30秒程度で全51話、全部で2時間以上のドラマとか。月額315円で毎週月・木にダウンロードされるとのこと。もう携帯は携帯電話の域を完全に超えてしまった。TUKAの企業ポリシーCM(携帯は電話とメールだけで十分というやつ)に賛同していはいるものの時代の波には乗っていないような。


表紙に戻る