深夜特急は沢木耕太郎が1970年代前半に当時26才の時に香港からユーラシア大陸横断してロンドンまでの行程を紀行文としてまとめたもので1986年に新潮社から刊行されたものです。その後文庫化され、旅人のバイブルとして広く読まれているベストセラーです。
               ◇                    ◇
このテレビ版深夜特急は「劇的紀行・深夜特急」というタイトルで名古屋テレビ開局35周年記念番組として全3回シリーズとして制作されました。第1回目が96年12月、第2回目が97年7月、第3回目が98年1月に放映されました。
主人公の沢木耕太郎には大沢たかおが扮しています。約30年前の行程を今たどるという無謀さを危惧したものの出来あがった番組は大変よく仕上がっています。ドラマとドキュメンタリーをクロスオーバーした作風は見事に成功しています。今まで今いちフィットした役がなかった大沢たかおが好演しています。
レンタル・ビデオ店に置いてない所も多いようですがぜひ見てもらいたいと思います。
               ◇                    ◇
猿岩石、ドロンズ、朋友(パンヤオ)などのヒッチハイク・ドキュメンタリーも面白く見る事は出来ますが、たとえどんな苦労をしていてもすぐ側にはテレビ・カメラがあるという現実が貧乏旅行をついテレビの中の出来事として考えてしまいます。
その点、深夜特急シリーズはドラマであるという開き直りの中で、見る側に感動を与えてくれます。
               ◇                    ◇
そして、劇中に流れる井上陽水の「積み荷のない船」がストーリーを見事に支えている事も付け加えておきます。



劇的紀行・深夜特急 全行程


深夜特急・熱風アジア編

96年12月8日放送


深夜特急・西へ!ユーラシア編

97年7月3日放送


深夜特急・飛行よ!ヨーロッパ編

98年1月6日放送


旅情TOPへ戻る