2003年2月の最初へ↓
2003年2月28日(金)■ 犬を旅する。■ 大福:生後316日目

河出書房新社・1600円(税別)
よく行くドッグカフェ『FUNKY』には犬に関する本や雑誌が無造作に置いてある。ほとんどは書店で見かける本や雑誌ばかりだが、たまに「何だコリャ?」と思う本に出くわすことがある。その中の一冊が『犬を旅する。』というエッセイ写真集だ。

犬の本は山ほど出版されているし、そして、そのどれもにたくさんの写真が載っている。そして載っている犬たちの表情は可愛らしい。しかし、どれもこれも似たり寄ったりで区別がつかないものが多い。
この『犬を旅する。』は新美敬子という人が世界の国の犬を撮ったものだ。ギリシャから始まってヨーロッパ、そしてアメリカ大陸、ハワイ、オセアニア、ロシアを周って中央アジア、そして日本を含む東アジアに東南アジア。いろいろな国で生活する犬たちの姿がライブな表情で載っている。登場する犬たちは決して「犬図鑑」のように純血種だけではなくMIXも数多く登場する。町や村に根付いて生活している犬たちの表情から、その土地で生活している人間たちをも伺い知ることができるのが面白い。

『犬を旅する。』写真と文:新美敬子。出版:河出書房新社。値段:1600円(税別)。

2003年2月26日(水)■ 春の足音とともに・・・■ 大福:生後314日目

「犬の糞は持ち帰る」・・・犬の絵が気になるぞ。
月に1回の「青葉の森公園」の日だった。いつも寒いのに今朝はかなり暖かかったので散歩も楽だった。ここの公園のように自然が多い場所は四季を感じることができるから嬉しい。木々にも華やかな色がつき始め、春の訪れはもう少しという気配を感じることができた。春の気配の前でのおすましポーズ。ついでにもう1枚(※写真の上にカーソルを)。

春の訪れを感じる・・・今年のこの時期は大福にとっては大イベントが控えている・・・。不妊手術をしなければならないのだ。昨年11月中旬に初めての生理を体験したが、本人にとっても飼い主にとってもストレスあるものだった。
元々、子供を作らせる気はなかったので不妊手術は予定通りの判断だ。不妊手術は医師によって2通りの見解があるようだ。生理体験前に施術してしまう派と一度、生理を体験させてから施術する派だ。大福のかかりつけの獣医師は後者だ。欧米は前者とも聞いている。
今日、獣医師と話して正式に手術日を3月12日(水)と決めた。2泊3日の入院を伴う。何も知らない大福の無垢な顔見ていると何だか可哀想な気がしてしまう。しかし、大福にとっては良いことなので耐えなければ・・・。でも、本音では付き添いで一緒に入院したい。

2003年2月25日(火)■ 誰のための散歩か ■ 大福:生後313日目

バリエーションのある散歩。
今日は昨日とはうって変わって見事な晴天。朝から気持ちが良くまさに散歩日和だった。大福にも思う存分気持ち良い空気を吸わせてあげようと町内と近辺の散歩コースをまさにフルコースで周ってきた。

家を出てすぐに大、大、大仲良しの空くんに出会ったので大福は大喜び。この2人は本当に仲がよくて、大福が自分からお腹を出して遊びに誘ったり、歯をカチカチ音が出るほど合わせて噛みあってジャレている。大福が友達犬と戯れ遊ぶ姿を見るのは本当に楽しい。
ひと仕切り遊んだ後、引き運動を再開。大福は春になりつつある気配を十分感じながら歩いているように見えた。

私自身ややもすると忘れがちなのが、犬の散歩は誰のためにやっているのかということだ。友達犬と遊ぶ姿があまりにも楽しそうなので、犬同士の遊びに頼ってしまい引き運動が疎かになることもある。他所の飼い主さんと情報交換や世間話に花が咲き、犬を足元に待たせてしまっている時もあるし、このシーンは町内のアチコチで見かける。
注意しなくてはいけないのは、この足元で待たせることだ。このシーンは犬にしてみればまったく必要ないものだ。あまりに待たされる時間が長かったり、頻繁だったりすると話し相手の飼い主さんを嫌う可能性がある。そして、それはその飼い主さんの犬をも嫌うことになるから気をつけなければならない。

散歩の後半は、海岸線を歩いた。大福はここでもまた春を予感させる海の匂いを感じていたようだった(※写真の上にカーソルを)。
『大福の仲間たちに5』に「レックス♂」「アクセル♂」「マーブル♂」「彦星♂」「彦麻呂♂」を追加。

2003年2月23日(日)■ いつも可哀想なのは犬本人 ■ 大福:生後311日目

迫力あるモモちゃんの攻撃?
町内には大福を含めて10頭ぐらいの柴犬がいる。大福は子供のほうから2番目ぐらいかもしれない。大福が柴犬同士で遊べるのは2月9日分に書いたモモちゃん♀と今はまだ行方不明中のハナちゃん♀ぐらしかいない。他の柴犬たちと会ってもお互いに挨拶程度であとはそれぞれ自分の世界に入ってしまう(1月13日分のように)。
ところが、先輩柴犬のモモちゃん♀と初めて遊んでもらうことができた。成犬の柴犬と遊んでもらうことは珍しいことだったので一生懸命写真を撮ってしまった(※写真の上にカーソルを)。

インターネットで猫の惨殺ショーをライブで流した奴がいた。この事件は社会的にも問題になり(というよりも話題になりそうな話ということで)注目を浴びた。この事件の当事者(加害者)は社会的にも制裁を受けたが、そもそもの制裁は『2ちゃんねる』で実名を暴露をされたことから始まった。

思えば、福が死にそうになっていた時に初めて訪れたサイトで、気が滅入るからもう掲示板に書き込みをしないで欲しいというメールをもらったことがある。正直言うと、2ちゃんねるを使ったり、あるいはもっと他の方法で制裁してやろうかなと思ったこともある。しかし、福の死を汚すような気がして自分の愚サイトでのみ思いを書いただけにとどめた。
犬に関連するインターネットのコミュニティはいろいろある。しかし、ほとんどに参加していない。唯一参加しているのは「柴犬大好きML」だけだ。これに参加しているのは貴重な情報が得られるからだ。実は、このMLにも件の出入り禁止通達者も名前を連ねている。他のコミュニティに参加していないのは、やはりこの者のサイト名を見かけるからだ。
インターネットのコミュニテイは参加は募るが、除名などのシステムもないのが現状だ。結局仲良しこよしの域を脱していない。だから、何かあっても烏合の衆のように騒いでいるだけだ。小さな運動がそのうち大きな意味を成すはず。という幻想の中で何かを期待している。小さな運動は小さな運動でしかないわけで、決して大きな意味など持つに至るわけがない。本当に犬や飼い主の立場、そして行政をも動かしたいのなら、市会議員、県会議員、国会議員を輩出するぐらいの覚悟なければ何も変わらない。さらに、そこまでやってもこの国の動物に対する意識を変えることはかなり難しいだろう。
だから、私の中では犬の立場を守ることに関してはかなり悲観的である。せいぜい大福を含めて自分の目の届く範囲の犬たちのことしか思うことはできないだろう。

『大福の仲間たち5』に「しっぽ♀」を追加。

2003年2月22日(土)■ お招きを・・・ ■ 大福:生後310日目

この子達の思い出の中にも残れよ、大福。
大福に小学生の友達がいるということは以前にも書いた。その中の1人の子から家に遊びに来てと以前からお誘いを受けていた。どうしたものやらと困って?いたら、再度のお誘いを受けてしまった。小学生からのお誘いを大の大人が真に受けてノコノコ尋ねて行ったら、ご両親はどう思うことだろう・・・。

散々迷った結果、お母様と確認を取りながら本日、お招き受けることにしてしまった。約束の時間にいつもの公園までお友達に迎えに来てもらい、おウチにお邪魔した。もちろん大福も一緒だ。今日のお招きは大福が主役、我々夫婦はあくまでも付録みたいなものだ。
お宅に着いてご両親にご挨拶後、お茶など飲みながら談笑。大福はペットの猫(ロシアンブルー)に遭遇してちょっと緊張気味だった。1時間程度お邪魔して失礼したが、犬と子供を介して大人同士が向き合って談笑するというのは、まったく初めての経験だったので、大福以上に付録の我々も緊張してしまった。

家に帰ってから家内いわく、あの子達の子供時代の思い出の中に大福の存在はかなり大きく刻まれるはずだと。なるほど、そうかもしれない。あの子達にしてみれば飼い主の私たちのことは忘れても「柴犬の大福」と遊んだことは記憶の中に残るような気がした。
だとすれば、大福が生まれてきた意味は私と家内以外にもあるということではないだろうか。それは、何だかとても素敵なことのように思えた。

さきぽん、そしてご両親様、本日はお招きありがとうございました。今後とも、大福と私たち夫婦をよろしくお願いいたします。

『大福の仲間たち5』に「ゴン♂」を追加。

2003年2月21日(金)■ コミュニケーションの場 ■ 大福:生後309日目

この「波」というやつはなかなか手ごわいぞ。
町内で犬を飼っている人はかなり多い。もちろん、どこのマンションに住んでいて名前は何という人なのかも知らない人がほとんだ。これはある意味不思議な関係だ。犬が作る特別なコミュニケーションといえるだろう。もちろん、このぐらいの距離や関係のほうが負担にはならないから理想的なのだろう。

ただ、せっかく犬同士が仲良しだったりするのだから、ほんの少しだけ共通点を持っても良いのかなぁと常々思っていた。それで、昨日からお散歩仲間のコミュニケーション用の伝言板的な掲示板を設置してみた。
作ったのは良いけど、この伝言板の存在を知らせることが難しい。存在を知ってしまって参加しないことに負担を感じる人がいるかもしれないなとも思うのだ。見るだけでも良いから存在は知って欲しいし、書かれていることの中で何か有益なものを感じてくれたら嬉しいのだけれど。

使い道としては、

A:○○です。明日の朝は9時半ぐらいから●●公園に行きます。
B:▲▲です。風邪ひいています。夕方の散歩、おサボリします。
C:◎◎です。2日ほど前からヒート(生理)期に入りました。男の子の飼い主さ
  んご協力よろしくお願いします。
D:○○です。△△ちゃんのリードが外れて脱走したそうです。皆さん、散歩の時
  は注意してあげてください。
E:ショップ◎◎で、ワンコグッズのバーゲンがあるらしいですよ。
F:明日、夜7時から▽▽チャンネルでワンコ特集があるらしいです。
G:◆◆です。最近運動不足です。明日の散歩で誰か遊んでくれませんか?

こんな感じで連絡事項や情報が伝わると面白いかなと思っているが、はたしてどんな展開を見せることやら。

今週は一日おきだが暖かい日があった。先日、大福は海辺の散歩で波打ち際まで近寄っていき打ち寄せる波と遊んでいた(※写真の上にカーソルを)。水の中に飛び込むには季節的にまだ少し早いということは分かっているようだが。

2003年2月19日(水)■ 犬好きという罠 ■ 大福:生後307日目

巻尾はかなりのフックなのだ。
大福のフードをとりにドッグカフェ『FUNKY』に行ったら超満員の大盛況で驚いた。犬のボランティア風のオバサンが会員なのか、お仲間なのか大勢のお供を連れてきていたようだった。別に構わないが、このオバサン、オヤツを使って自分がいかに犬の達人かを披露し始めたからたまらない。大福まで巻き込まれて便乗オヤツをもらっていた。そりゃぁ犬にしてみればオヤツが欲しいからオバサンの手元に皆集まって来るのは当たり前だ。しかし、魔法にでもかかった面々は頷きながらオバサンの話を聞き入っている。
おかしいのがオバサンが犬たちにオヤツを与える姿。これがどう見ても鳩に餌を与える風にしか見えないから哀しい。

ボランティアという言葉を免罪符にしている人に関しては元々アレルギーがあるので関わらないようにしているが、今日は大福が喜んでいるようだったので放置しておいた。これは、オバサンに対しての私の精一杯のボランティアというところか。

大福は昨日見つけた縄跳び用ロープを使って一人で走り回り遊んでいた。ロープがあまりに長いので途中でエライことになっていた(※写真の上にカーソルを)。

『大福の仲間たち5』に「アリス♀」「ハッピー♂」を追加。

2003年2月18日(火)■ 久しぶりの朗報 ■ 大福:生後306日目

これは、もしかして綱引き?
やはり友達犬に会うと嬉しいようだ。今朝はグリくんと飼い主さんにあった。大福はグリくんのことも大好きだが、グリくんの飼い主さん(パパさん)のことも大好きで今朝もその姿を見かけるや否や猛突進、垣根を飛び越えて抱きつきに行ったぐらいだ。犬は不思議なもので、「本当の」犬好きのことを理解できるのかもしれない。
グリくんとは相変わらずボール遊びをしていたが、今朝は、公園に落ちていた縄跳びのロープを使って遊んでいた(※写真の上にカーソルを)。

散歩を終えて家に戻ると、2月5日分で書いた迷子の柴犬クンの飼い主さんが見つかった。と一時保護先のこてはし台プールの職員さんから電話が入った。
友達犬のハナちゃんが行方不明になったことなどで、何となくパッとしない日が続いていたが、この電話は久しぶりの朗報だった。犬と飼い主が再会したことはもちろん嬉しいのだが、一時保護をしてくれていた施設職員の方の優しさや尽力に心より感謝したい気持ちでいっぱいだ。そしてインターネットというツールを使って我が身のことのように心配してくれたネットのお仲間達にも感謝したい。

こうなると、ますますハナちゃんも飼い主さんと何とか再会できないものかと思ってしまう。

2003年2月17日(月)■ 復活の兆しはあるのか ■ 大福:生後305日目

走り出したらとまらない。
すっかり「ゆるゆるモード」になった大福はクッションの上で締りのない顔でポーズ。よくよく観察していると「甘えモード」も絶好調のようだ。夕方の散歩の時には友達犬の飼い主さんから「あらぁ、大福ちゃん、ちょっと会わなかったらふっくらしたみたいね」・・・なんていわれる始末だ、トホホ。

人間もそうだが、犬も楽な生活にはすぐに慣れるのだろう。留守番の初日ぐらいは義父母の家も緊張ゆえに居心地が悪かったのかよそよそしかったらしい。しかし、次の日ぐらいからはすっかり馴染み溶け込んで我がもの顔でリビングを占拠していたようだ。しかも、普段ほとんど食べさせてもらえないものまで貰えるのだから大福にとってこれほど居心地の良いところはなかっただろう。挙句は義母の布団の中にまで進入させてもらえるという超VIP待遇だったようだ。

そんな夢のような天国?から、いつも通りの日常生活に戻るのは人間とて大変なことだろうから大福の「モード切替えスイッチ」もなかなか作動しなくても仕方ないところだろう。
とはいえ、夕方の散歩では友達犬たちにたくさん会えて、少しばかり復調の兆しが見えたような気がしないでもないが・・・(※写真の上にカーソルを)。

『大福の仲間たち5』に「りょう♂」を追加。

2003年2月16日(日)■ 大変身?■ 大福:生後304日目

吠えられたけど、まぁいいか・・・。
昨日、大福を留守番させて5日ぶりに再会した。成田から預かってもらっているカミさんの実家に直行。声を潜めてソッと2階に上がって行ったのはいいが、不覚にも黒のジャンバーなど着ていきなりドアを開けたもんだから「うぅ〜ワン!」なんて吠えられてしまった。カミさんの両親は大福の鳴き声なんて聞いたこともないし、ましてや飼い主に向かって吠えたりするもんだから慌てていたようだった。私としても相当バツの悪いものだった。
「大福〜」と声をかけたら、やっと我に返ったように大ハシャギしてくれたので何とか面目は立ったものの何だかなぁという感じだった。

久しぶりに会った大福はひと目で分かるほどプックリしていた。すぐさま体重を量ったら500g増えていて8.2kgだった・・・。きっと美味しいものをたくさんもらっていたのだろう。香港からインターネットで義理父のサイトを見たら大福がイスの上に座っている写真が目に入ってきた。この時点で、もう甘えさせてもらっていることは明白だった。アラアラと思う反面、何よりも大福にとって「楽しい場所」であったことだけは間違いないようだ。これが一番の収穫だから贅沢など言ったらバチがあたってしまう。

一晩明けて今日の大福は、まだ甘え癖が抜けていないようで違う犬のようだ。やけに食べ物に執着しているし、今まで私たちのベッドの上ではジッとしていなかったのに布団をかけても熟睡なんかしているありさまだ。まさに大変身である。
さぁ、明日から元の生活に戻すから覚悟しておきな!

2003年2月10日(月)■ 初めての外泊留守番 ■ 大福:生後298日目

手前味噌ながら、大福は可愛い。
明日11日から15日まで香港に行くことになった。カミさんも一緒だ。従って、大福は初めての外泊留守番することとなった。
今回、留守番させるにあたって預け先候補にあがったのは、カミさんの実家、大福の好きなペットショップ、ドッグカフェ『FUNKY』だった。いろいろ考えた結果、カミさんの実家にお願いすることにした。そして、今日夕方に預けてきた。

預けることをカミさんと相談し始めた数日前から、大福の様子が少し変わった。何となく、こちらの不安定な心の動きを察知していうようにも思えた。
金曜の夜に大福が大好きなペットショップのオネエサンが家に遊びに来てくれた。大福は耳を平らにして尻尾を振って大喜びしていた。

昨日日曜にそのオネエサンの異動先である神奈川の金沢文庫のお店に大福をつれて遊びに行った。大福がまた大喜びするだろうと思ったら、意外にもよそよそしくシレッとしていた。一緒に異動したもう一人のオネエサンは「大福、忘れてしまったかなぁ」とちょっと淋しそうだった。しかし、帰る時になって、大福の真意が分かったような気がした。
それは、「大福。さぁ、帰るよ」と言ったとたん、大福は下りの階段を一気に駆け降りようとしたのだ。大福は、ふだんリードを着けて歩く際に前に出ることはあっても、リードを引っ張ることはまずなかった。ところがこの時ばかりは体を前傾姿勢にしてリードをグイグイ引っ張って階段を降りようとした。
思うに、大福はこのペットショップに置いていかれるのではと思っていたのではないだろうか。それが証拠に帰りの車ではキャリーの中で体を横にして熟睡していた。

毎度お馴染みの擬人化したたわ言かもしれないが、犬の不思議な能力を実感した瞬間だった。
大福にとっても私らにとってもツライ5日間だが、これも長い付き合いの中の一出来事として経験しなくてはならないことなのだろう。分かっちゃいるけど、かなりツライ・・・。

写真は、ガッちゃん(ガジ朗ちゃん)ママが散歩の時に撮ってくれた『カメラを見上げる大福』

2003年2月9日(日)■ 尻合い・・・■ 大福:生後297日目

噛むのはやめなさい!
町内で一番多い犬種はミニチュア・ダックスフンドだが、行方不明になっているハナちゃんも含めて最近では柴犬の姿もけっこう見かけるようになった。

『大福の仲間たち3』に載せさせてもらっている柴犬のモモちゃん(♀)と夕方の散歩の時に海岸で会った。去年の暮れ、最初に会った時に比べてしっかり成長したモモちゃんは好奇心旺盛で大福一生懸命に追いかけっこを繰り広げていた。その姿は幼い頃の大福を思い出させてくれるものでとても微笑ましい姿だった。
大福も以前よりは大人になったのだろう。モモちゃんの元気な誘いに乗ったり、適度にはぐらかしたりでしっかりオネエサンしていた(※写真の上にカーソルを)。
『大福の仲間たち5』に「アンディ♂」「たぴ♂」を追加。

2003年2月8日(土)■ ハナちゃんを探して!■ 大福:生後296日目

大福と一緒に戯れるハナちゃん。
1月24日分で書いた同じ町内の柴犬・ハナちゃんがいなくなったという噂は残念ながら本当だった。2月5日に遭遇した迷い柴犬に関する問い合わせがきっかけでハナちゃんの失踪が本当であることが分かった。
飼い主さんからもメールをいただいたが、その落胆ぶりは気の毒すぎるほどだった。最初盗難かと思っていたが、失踪後に自動車専用道路で眠っている姿などの目撃情報などもあり、どうやら迷って彷徨っているらしい。

同じ町内で同じ柴犬を飼っている者としては、微力ながら少しでもお手伝いしたいと思った。
大福よりも少しだけのオネエサンのハナちゃんとは散歩デビューの時期もほぼ同じで、大福に会うといつも遊んでくれた(※写真の上にカーソルを)。

飼い主さんは週に何度も失踪場所である神奈川県の大磯に行っているらしい。絶対に諦めないという飼い主さんの固い決意が必ずや実を結ぶことと信じたい。

2003年2月7日(金)■ 木々の舞・・・■ 大福:生後295日目

秘技『木々の舞』の一節をご覧あれ。
今さら始まったことでないが、大福の「枝フェチ」は進化しているようで次々と木々の枝などを見つけてきてはクチに咥えて自慢げに胸を張って歩いている。
最近は、葉っぱの付いた枝がお気に入りのようで大小さまざまの葉っぱ付き枝を物色している。今日は秘技?『木々の舞』を2バージョン紹介。それにしても限度というものがあるように思うのだが・・・(※写真の上にカーソルを)。

1月24日分の『日々徒然』で少し触れた友達犬の柴犬・ハナちゃんがいなくなったらしいという話は悲しいかな本当のようだ。一昨日5日に出会った迷い柴犬の別件情報としてお知らせいただいた。チラシを見る限り、どうやらご近所のハナちゃんに間違いないようだ。残念ながら飼い主さんと連絡する術もないのがもどかしい。散歩仲良しのコミュニケーションのありかたが問われるところだ。

『大福の仲間たち5』に「レオ♂」「リオン♂」「クー♂」を追加。

2003年2月6日(木)■ 久しぶりにサムくんと ■ 大福:生後294日目

変な座りかたでないかい。
昨日、近所のスーパーで買い物をしていたらサモエドのサムくんの飼い主さんに久しぶりに出会った。カミさんがサムくんに一度会いたいと以前から言っていたので、今朝散歩をご一緒する約束をさせてもらった。

そして、今朝本当に久しぶりにサムくんと出会った。遠くからやってくるサムくんは威風堂々としていた。大福も固まってジッと見つめていた。カミさんも大感動で触りまくっていた。
サムくんの毛は大福のダブルコートよりも深くて3層ぐらいある感じだ。今朝は多少暖かいといってもまだ寒いのにサムくんは暑いのかハァハァ言っていた。大福は以前よりはおとなしくしていたが、やはりサムくんが好きみたいでサムくんの周りをウロウロしていた。昨日のイヤな思いを忘れてしまうほど、ノンビリしたひと時だった。

朝夕散歩していてもなかなか会えない友達犬がたくさんいる。町内に散歩用の掲示板(インターネット)でも作ったら少しは愛犬家の方の役に立つだろうか。「明日は風邪のためお散歩休みます」「今日の夕方は4時ごろから○○公園に行きます」「○○です。ヒート期に入りました。皆さん、よろしくお願いします」・・・こんな書込みができる場はどうだろうと真剣に思い始めた。

『大福の仲間たち4』に「ベイ♀」「パズー♂」「メイシェ♀」を追加。

2003年2月5日(水)■ 何で出会ってしまうかなぁ・・・■ 大福:生後:293日目

大福ではありません。
何の因果か知らないが、行く先々で迷い犬に出会ってしまう。今日も初めて行った公園で柴犬の迷い犬に出会ってしまった。

発見日時:2003年2月5日(水)朝
発見場所:千葉市花見川区こてはし温水プール
特徴:柴犬(たぶん)
   
   生後7ヶ月ぐらいか
   永久歯に生え変わっている、歯石なし
   赤い首輪
   首輪に千切ったような繋ぎ紐が短く残っていた
   足上げてオシッコ(※写真の上にカーソルを)
など。
プール施設の女性職員さんが、施設に入り込んできたところを保護。近所の公園に夕方散歩に来る犬が集まってくるので、そこで尋ねれば何か情報を得られるのではということで夕方公園にその犬を連れてきたところ私が出会ってしまった。職員さんが日中に管轄の千葉北警察に電話したところ警察では預かれないとのこと。動物保護センターに問い合わせたら、1週間しか預かれないとのこと。
施設で2日ばかりは預かれるとのことだったが、5日夜に繋いでおいたリードが外れて脱走。翌6日、今度は他の場所で別の人に保護されたらしい。その方は3、4日は預かれるがとのことらしい。
今回もまったく微力で、このようにページで案内することぐらいしかできない。万が一の可能性に期待するしかないのが悲しい。

その後、無事に元の飼い主さんのところに戻った。(2月18日分参照)

2003年2月4日(火)■ 大福吼える ■ 大福:生後292日目

けっこう機敏に動けます。
ちょっと前のことだが、大福が鳴くのではなく吼えたことがる。しかも連続吼えでだ。吼えている目線の先を見ると街路樹を整備している作業服の人が数名見えた。ヘルメットかぶって黒い作業服を着ていた。

大福がソファーから外を見て唸っていた。たまに短く吼えていた。何が見えるのかと目線の先を探ったら、ベランダの隙間からマンションの中庭の木々を整備している作業員の人の姿が見えた。

これで、大福にとって作業服の人が特別な人であることは明白になった。怖いのだろうか。と思って別の機会に中庭で作業をしている作業員の人達のそばに大福を連れて行ってみた。すると、特に怖がるでもなく普通にチラッと目をやっただけでスタスタと歩いていってしまった。うぅ〜む、よく分からん奴じゃ。

写真は、シレッと壊れたボールの前でポーズをとる大福だが、このポーズの少し前はかなり激しい動きで遊んでいた(※写真の上にカーソルを)。

『大福の仲間たち4』に「ベル♀」「ナナコ♀」を追加。

2003年2月3日(月)■ 海に沈みゆく夕陽 ■ 大福:生後291日目

ちょっとキメタ!みたいな・・・。
今日の夕方の散歩はいつもとガラッとコースを変えて、海沿いをひたすら歩いてみた。大福の散歩コースのマンネリ防止というか自分自身でメリハリをつけたかったということもあった。ところが疲れた。万歩計を着けて行ったので家に戻ってから見ると、な、な、な、何と16,924歩!過ぎたるは及ばざるが如し・・・ホントに体にイイのか?

ちょうど夕陽が海に沈む頃で、海がキラキラして眩しかった。大福も景色が珍しいのか、あちこちキョロキョロ見回したり、海の匂いを嗅いだり興味津々で一生懸命歩いていた。特に「待て」とか言っているわけでもないのに、防波堤の淵にちょこんと座って、沈みゆく夕陽を見ている姿はなかなかサマになっていた(※写真の上にカーソルを)。
友達犬たちとジャレ遊ぶのもいいが、たまにはひたすら歩くだけの散歩もなかなか良いものだ。と、私自身は思うのだが、はたして大福の感想はいかに。

2003年2月2日(日)■ 和室解禁 ■ 大福:生後290日目

クチのまわりはまだ黒いのねぇ。
大福のハウスはリビングと和室の仕切り線より少しばかり和室に入ったところにある。だから大福のハウスから和室の中は丸見えだ。しかし、和室は出入り禁止の間となっていた。

その和室が、この度めでたく解禁となった(パチパチパチ)。これで大福が立ち入り禁止になっているのは台所と資料室(納戸とも言う)だけとなった。
和室畳の肉球感覚は大福にとって初めての経験だし、絨毯マットも同様に初めて触れるものだ。いつものように初めての体験は念入りに匂い嗅ぎから始まる。アチコチ探検し終わったら、ある一ヶ所のところから動かない。何だろう?と思ったら、そこは大福のオモチャが入っている引き出しがあるコーナーだった。ちゃんと知っていたのだ。

そんなに気なるなら「エ〜イッ」とばかりに引き出しの中のオモチャをリビングの床に全部出したら何とも満足そうな顔していた。一仕切り匂いを嗅いだ後は、只今お気に入りのオモチャで大いに遊んでいた(※写真の上にカーソルを)。遊ぶのはいいのだが、後片付けまでしてくれると大変助かるのだが・・・。

2003年2月1日(土)■ おおっ、縦一列だ! ■ 大福:生後289日目

ここまで疲れているのか・・・。
週末土曜と日曜の散歩は、平日の散歩と少しばかり様子が違う。というのは、いつもの友達犬たちがいつもと違う人にリードを引かれているからだ。犬の容姿もだいたいは分かるのだが、飼い主さんと「セット」で覚えていることがほとんどだ。だから違う人がリードを握っていると、友達犬がはたして○○くん(ちゃん)なのか、いささか自信がなくなってしまう。
更に週末は、お父さんや子供たちが会社や学校が休みということで一家のリズムも平日とは違うため散歩の時間もいつもと違う家庭が多い。だから、週末は友達犬に会うことが平日よりも少ない。

今日も、誰にも会わないだろうと思っていたら、思いがけずたくさんの友達犬に会うことができた。中には久しぶりに会った友達犬もいた。久しぶりにたくさん走り回ることもできて大喜びの大福だった。夕方の散歩では誰にも会わなかったが、その分たっぷり歩いたし、ボール遊びもやった。
そのせいか、夜はソファーの上でものすごい格好で居眠りしていた(※写真の上にカーソルを)。かわうそクンもあきれ気味・・・。

『大福の仲間たち4』に「セナ♀」を追加。


福と大福の間TOPに戻る