2007年2月の最初へ↓
2007年2月28日(水) ■ 春気配・・・ ■ 大福:生後1777日目

今日で2月も終わり。寒い日もあったが総体的には暖かな2月だった。散歩する身としてはありがたいことだが、全世界規模での暖冬異変。テラよ(地球)あなたはどうなってしまうの?

夕方の散歩は、ガッちゃんママにちょっと渡すモノがあったので、またしてもご一緒してもらった。暖かかったし、町内は小さな子供達で溢れかえっていたので、車でちょっと足を延ばして花見川沿いにある公園に。
久しぶりに来たのだけれど、ずいぶん綺麗に整備されていてビックリ。しかも、あまり人も多くなくて、ゆっくり散歩するにはなかなかイイ感じである。病みつきになるかも。花々や木々も明日から3月になるのを知っているかのように、春らしい気配を醸し出していた。

ゆっくりよぉ! 野良犬・・・。 嬉しいオヤツタイム。
花が似合うとはとても・・・ねぇ。 梅はもう満開なのね。 一応、日本犬でして。

2007年2月27日(火) ■ お世話係 ■ 大福:生後1776日目

午後から家内が『HIROFU』のセールに行くとか言うので、ガッちゃんを誘ってお出かけ。家内との合流前に豊洲のららぽーとで軽い食事。ココのららぽーとは犬連れにはとても良い環境なのだが、ワンコOKのカフェがどうにもいただけない。「犬も入れます」にちょっと甘え過ぎなのか、食事がイマイチどころかイマサン。「美味しくない」のと「マズイ」の差はどのぐらいあるのかよく分からないが、ココのは明らかに後者。ちょっと困ったチャン。

妻と合流してからセール会場の恵比寿へ向かう。奥方2人は、セール会場内に消えたので、ガッちゃんと大福を連れて有栖川公園に。散歩と言うよりは、息抜き&用足しタイムで行ったのだが、けっこうワンコがたくさんいた。都心のワンコ達に比べて大福達の環境の良さをまざまざと思い知ることに。

そうこうしているうちに、妻から買い物終了のコールがあって、再び恵比寿へ。その後、日本橋を経由してホームタウンへ。今日もお世話係担当の一日であった。

カフェ内で。 ビームが刺さる(汗)。 有栖川でアウエー。

2007年2月26日(月) ■ 怪しい定義 ■ 大福:生後1775日目

夕方の散歩は、ガッちゃんを誘って海が見える公園に車でGO。前払いの駐車場なのだが、徴収員がいないのでそのままスルー。まぁ、帰りに払えば良いか。しかし、この公園の人のいないことときたら天下一品である(死語だわな)。人が少ないから、ちょっと不思議な人影が大福には目についてしまうようで、その人、目がけて喉を伸ばして遠吠えする始末(汗)。吠えられるほうはイイ気もしないだろうから申し訳ないことである。スンマセンm(_ _)m
大福の「怪しい人」の基準というのを一度、膝を交えてじっくりと聞いてみたいものである。

黄昏れて。 遠吠えして。 走り回る。

2007年2月25日(日) ■ 大福歩けば友に出会う ■ 大福:生後1774日目

寒の戻りなの?すごく寒いではないの、昨日も今日も・・・。まぁ、まだ2月だから、これが普通と言っちゃ普通なのかもしれないけど・・・でも、やっぱ、今日は寒い。

夕方の散歩は、大福の行くままに歩いたのだが、どっちが散歩してもらっているんだか分からないという何とも情けない姿だった。町内をウロウロと歩いただけだったが、けっこう友達犬やニューフェイスのワンコに出会えてメリハリのある散歩ができた。たまにはノンビリとこんな散歩も良いかもね。

姉御柴のモモちゃん。 スタンダードなダックス・ダイちゃん。 ニューフェイスのミニーちゃん(だったか・・・)。

2007年2月24日(土) ■ 週末特権 ■ 大福:生後1773日目

土曜日だというのに今日は夕方から珍しく用事があったので、夕方の散歩は家内任せ。ちょうどガッちゃんチから、「新都心のオアシス」へのお誘いをいただいたので、便乗させてもらったらしい。土日の新都心のオフィス街は、人もほとんどいないので、2人にとっては絶好の散歩コースになる。ガッちゃんママから送っていただいた写真を見る限り、今日の散歩もじゅうぶん楽しめたようだ。大福は人口川に入りたくてウズウズしていたようだが、許可がもらえずにちょっと残念そう。「ダメだよ」って言うと、ちゃんと諦めてくれるところは、エライのでないかなとバカ親的には思うのだが甘過ぎか?

水加減を見てもらって。 入ってもイイ?と様子うかがい。 一生懸命お願いしたらしいが、入っちゃダメだった・・・。
黄昏れるしかないわな。 気を取り直して芝生遊び。 ・・・ ・・・。
そんなに端っこ歩かなくてもイイんでないかい? ちょっと休憩。 おすまし顔。

2007年2月23日(金) ■ 雨をしのいで ■ 大福:生後1772日目

雨の降る日は天気が悪いと言うことで、今日は久しぶりに雨の一日かと思いきや・・・朝の散歩は、まだパラパラと来る前に何とか完了。で、夕方の散歩はと言うと、これまた見事に雨をしのぎきることが出来て大ラッキー。こんなことで運を使ってしまっていいのか?と思うほど雨に見舞われずに一日を終えることが出来たのであった。

大福が公園に置き去りにされたままのボールで遊んでいたが、このボール、モッズの象徴であるターゲットマークを意識しているのだろうか?と、ちぃーと気になる飼い主なのであった。

うりゃ。 うりゃ、うりゃ。 はい?

2007年2月22日(木) ■ 散歩貯め・・・ ■ 大福:生後1771日目

天気予報によると明日は一日中雨とか。しかもけっこうな強雨とも言っていた・・・。大福と一緒に生活するようになって、以前にも増して天気予報を気にするようになった。最低でも毎日2回の散歩だから、お天気が良いのか悪いのか、気温は高いのか低いのかなど、かなり重要なファクターなのである。天の恵みとも言えるのだから雨が降るのは仕方ないが、雨の日は散歩が大変とかよりも、大福がお仕事を消化するかのほうが飼い主としては気になるところなのである。

今朝なんかも、明日は雨降りだからお仕事ちょっと無理そうだな・・・なんて考えるわけである。そして、ならば朝お仕事をするよりも夕方にしてくれたほうが、お仕事の間隔が短いな・・・などとも考えるわけである。しかし、そんな時に限って、人の心を弄ぶかのように大福は気持ち良さそうな顔してチャッチャッとお仕事をしてくれるのである(喧嘩売ってんのか?)。まぁ、何はともあれ、お仕事してくれたのでヨシヨシと・・・。

昼過ぎに、ガッちゃんのところから夕方の散歩の誘いが。明日は雨で満足に散歩できなさそうだから、今日は目一杯遊ばせてあげようとの思いは一緒のようである。で、夕方は車に乗って、隣町の海まで遠征。暖冬で花の美術館の花々も見事に色を付けていたが、ガッちゃんも大福も花より団子ならぬ、花より海って感じ。次のシャンプーの日まで、まだだいぶ日にちがあるのに、親の気持ち(都合)子知らずで、目一杯浜辺で遊んでましたわ(涙)。でも、嬉しそうに走り回る姿を見ていると、「まぁ、いいか」とバカ親はなってしまうのである。

一時間程度の遠征だったが、けっこう充実した夕方の散歩であった。明日は雨で短めの散歩になりそうだが、今日の散歩で何とか帳尻が合えばとも思うが、人間が寝貯め食い貯めが出来ないように、ガッちゃんも大福も散歩貯めなんかできないんだろうなぁ・・・。

ん? どりゃぁーっ! 満足げな顔。
海だぁ。 楽しそうだねぇ。 走る走る。
浜辺を探索中。 立ち相撲かい! 夕陽を浴びて。
花々が似合わないような・・・。 仏頂面の極致。 分かりました。ご褒美ですね。

2007年2月21日(水) ■ 客観的 ■ 大福:生後1770日目

今朝は、朝一から用があったので朝の散歩は家内に任せた。外に出てすぐに友達犬のガッちゃんと出会って一緒に町内を回ったとか。自分で散歩に行かず、大福の散歩様子を耳から聞くだけというのは実に久しぶりで新鮮。家に戻って家内から「○○公園で大爆走した」「○○では、こんな感じだった」とか聞くとイメージの中で大福の姿を思い浮かべることが出来るから面白い。昼過ぎには、ガツちゃんママから写真が送られてきたので、イメージだけの世界は更に現実的なモノとなる。こんな感じで遊んでたんだぁ・・・と送ってもらった写真を見ている顔が緩くなっていくのが分かる。

まずはキャンターから? お代官様か? 気持ちよ良さそうな笑顔。

2007年2月20日(火) ■ 雨降り直前に ■ 大福:生後1769日目

今日は夕方から雨が降るとか言っていたが、朝の散歩に出てみたら、もう少しばかりパラついていた。しかも、最近では一番寒いと感じるほど気温も低かったようだ。
いつもの公園を歩きながらお仕事も済ませて帰ろうかなと思ったら、とあるマンションのベランダから声が・・・。リフエちゃんのママさんだった。ちょうど今から散歩に出るとのことなので、一足先に公園で待っていた。しばらくして、来た来たエンジン全開のリフエちゃんが・・・。あとはいつものように走り回ったり、ジャレ合ったりと大騒ぎ。今朝の運動は、パート2まで延長があって2人ともヘロヘロ。頑張りの証?の「ヨダレの勲章」を身に纏って、それぞれがお互いの家に。どの友達犬と遊んでも思うことだが、皆、遊び終わるとそれぞれのお家に帰って行くんだよなぁ・・・当たり前のことなのだが、よく考えるとちょっと面白い。

家に戻って体を拭いてブラッシングしている頃、夕方からのはずだった雨がもうしっかりと降り始めていた。雨降り直前にいっぱい遊んでもらえて良かったね。

来たぁーーーっ! 逃げる大福。追うリフエちゃん。 走りながらも見つめ合う。

2007年2月19日(月) ■ ルール ■ 大福:生後1768日目

大福のホームタウンやその近辺には、ご覧のような野っ原がたくさんある。一応「○○公園」などと名称は付けられている。ただ、平日はこれまたご覧のように誰一人として人はいない。今日も、駐車場に停めてあったのは大福号1台のみ。この公園にも放置ウンチやリードオフ禁止の立て札は立っているのだが、ここまで誰もいなくても、放しちゃいけないのかなぁと正直思うのである。基本線においては、いかなる理由や状況でも放していけないし、ちゃんとリードも付けておかなきゃいけないことは、じゅうぶん承知である。でも、ここまで誰もないのなら・・・と勝手放題思うのであった。結局、ルールを破り、放して遊んだのだが・・・。

誰もいないようだねぇ・・・。 『枝の舞』始め! ちょっと近づきすぎ。

2007年2月18日(日) ■ どしゃ降りの休日 ■ 大福:生後1767日目

昨晩からどっぷり降っていた雨は、朝になっても弱まることなく更に強くなった感じ。なのに今日はシャンプーの日って・・・。まぁ、朝のお仕事は無理だな・・・。そう言えば、今日は東京マラソンだ。コチラもあめでちょっと気の毒。
てことで、シャンプーを終えても遊ぶことも出来ず早々と帰宅。私めも鬼のかく乱か、少し風邪っぽいので今日は一日家にいて、正に休日という感じの一日だった。

ところが、夕方近くになると雨もすっかり止んで陽射しも出るほどに回復。夕方の散歩は、せっかくシャンプーで綺麗になったばかりなので、近場の公園だったが車でお出かけ。お仕事も無事完了して、のんびり休日の一日を終えた。シャンプー後の体重は、9.3kgなり。

枝オモチャ。 挑戦的だね・・・。 ベェ〜。

2007年2月17日(土) ■ 一応、お出かけ ■ 大福:生後1766日目

今日は、ガッちゃんご夫妻と月島にもんじゃを食べに行った。当初、ワンコ達はお留守番ということにしていたのだが、明日は一日雨降りとのことなので、一緒に連れていくことに。しかし、悪いこととは知りながらガッちゃんと大福には車の中で待ってもらった。車ごと盗難にあった人とかも知っているのにイカンよなぁ・・・。

月島には、ちょっとばかり縁がある。千葉に来る前に佃に住んでいた頃、ほぼ毎日のように月島西仲通りで買い物やら食事やらしていたのでけっこう路地裏まで詳しかったりする。今現在、月島には110軒ほどの「もんじゃ屋」があるようだが、繁盛具合は2つに別れるそうな。まずは「流行っている店」。そしてもう一つは「すごく流行っている店」とのこと・・・。そう、流行ってない店がないらしい。これってスゴイよね。

月島のあとは、豊洲のららぽーとで息抜きタイムを設けたのだが、今日のお出かけは2人にとっては少しも面白いものではなかっただろうなぁ。ゴメンね。

サルだ・・・。 ウトウト。 ふわぁ〜っ。

2007年2月16日(金) ■ まいどぉ〜 ■ 大福:生後1765日目

えーっと、アホ飼い主の上塗りで、前掛けを作ってもらった。特に理由はないのだが、何となく「イイかなぁ〜」と言うことで・・・。で、問題はと言うと、いつ、どういう時に身に着けるかと言うことなのだが・・・。巷で前掛けが少しばかり話題になっているとの話も耳にするが本当なのか?だとしても、若い人たちがファッションとして取り入れるのなら分かるが、オヤジが身にまとったら「モロ」でシャレにならんわ。バッグのターゲットマークも何故か哀しい・・・。

入れる文字に苦労。 「それでイイの?」ってか! アホ丸出し・・・大福もゲンナリ。
格好悪そうな大福・・・。

2007年2月15日(木) ■ オアシス ■ 大福:生後1764日目

オアシスと言っても、ロックバンドの『oasis』のことではもちろんない。オジサン的には、先日のグラミー賞でも最優秀アルバム賞を受賞した『Red Hot Chili Peppers』と同じく、何が良いのかちっとも分からないのよね・・・。

そんなことはどうでも良いとして、今日の夕方の散歩は、ガッちゃんと「新都心のオアシス」へ。平日だったが、サラリーマンやOLの帰宅時間よりも早めだったので、思う存分に遊んだり、歩いたりすることが出来てめでたし、めでたしの巻。

淑女2人艶姿。 顔面埋まってますなぁ・・・。 ・・・ ・・・。
誰もいない新都心。 強力Wビーム。そして、大福の模様が・・・。 もちろん、入っちゃいけません。

2007年2月14日(水) ■ 欧米か ■ 大福:生後1763日目

ここのところ、ドッグショーとか見に行っていないが、基本的に犬世界の重鎮?の面々は苦手なのである。話し方が横柄だし、着ている服とかもちょっとどことか、かなり大幅に趣味でない。まぁ、日本犬保存会のお歴々までいくと、もうギャグの世界だから面白いんだけどね。日保の会員帽子(キャップ)なんか、もう化石の世界だもんなぁ・・・。

日保と言えば、優秀犬ととして表彰されている子たちは、かなり筋肉質で細身でギスギスした感じが多い気がするのだが気のせいだろうか。今年の『ウエストミンスター展』に出ている柴犬とか見ると、かなりぽっちゃり系でノンビリした感じがして、個人的にはコッチのほうが好みだったりするなぁ・・・。選ばれて大喜びする飼い主の横で、ひたすらご褒美オヤツのことしか考えていない柴ちゃんが可愛らしい。
和菓子屋の前で、中を気にする大福は、欧米型と言っても良いのかも・・・。

覗き込み中。 買うものをチェックか? 思惑通りの展開か・・・。

2007年2月13日(火) ■ ヤラセ ■ 大福:生後1762日目

関西テレビの『あるある大事典2』でのデータ捏造以来、テレビのヤラセについて過剰反応が続いている。しかし、テレビなんかは「演出」という隠れ蓑の中でヤラセがなければ番組が存在しないのだから、視聴者側がもっと寛大になるべきだろう。そして、テレビの情報なんかを鵜呑みにしないことも大事。

大嫌いになって見なくなったフジテレビ系列『トリビアの泉』でもヤラセが浮上した。それも、私めがこの番組を見なくなった直接的原因の犬ネタが問題になったようで、個人的には「ほらね?」と言う感じ。
飼い主が危機に見舞われた時に愛犬の反応は?というシリーズだ。そもそも犬種をミックス(番組では雑種犬としていたと思うが)に特定しているところがまず気に入らない。制作サイドがどこまで頭使ったか知らないが、想像するに純血種を起用して制作側が狙うところの「バカ犬」が特定されてしまってはモロモロまずいかなぐらいは考えただろう。しかし、このコーナーは犬がいかに優れているかを見せるのではなく、いかにバカ犬がいるか、いかにバカ犬的な面白い映像が撮れるかが狙いのはず。だから、メインはバカ犬でなければならない。制作サイドの粗末な脳みその中に、ミックス=純血種ではない=バカ犬・・・という図式が出来たことは容易に想像できる(悪意に満ち溢れているとまでは言わないが)。で、100頭近いミックス犬がエントリーさせられて何頭が忠犬だったかをカウントすると相成った。実際は、何頭ものバカ犬(ダメ犬)の面白姿を見せたのだが・・・(一番最初はそうだったが、その後は知らない。見なくなってしまったから)。
だいたい、純血種であろうがなかろうが、愛犬たちは飼い主が「本当の危機」に見舞われているのか、「ヤラセの危機」なのかぐらいすぐに理解してしまう。これは愛犬と生活している人なら全員が分かることであろう。1回目のこのネタの時、犬たちは飼い主達のヤラセ演技を見て、心配どころか「遊び」と思っている子たちがほとんどだったたように記憶している。犬たちはお利口さんなのだよ。

フジテレビの広報では、この番組は「バラエティ」であること。捏造ではなく「演出」としているようだが、少なくても番組が再開されても、このネタの延長みたいなことはやめるぐらいの良識ぐらいは持ってね。お願いだから。

走る。 走る。 走る。

2007年2月12日(月) ■ 新コース ■ 大福:生後1761日目

連休最終日は、ガッちゃんからのお誘いを受けて新しい散歩コースに連れて行ってもらった。家から遠くはないが、決して近くもない・・・と言う何とも微妙な距離の散歩コース。海はすぐ側だが、テトラポットなどが敷かれていて、ちょっとやそっとでは浜辺に出られないと言う場所。海好きの大福には不満かもしれないが、シャンプーしたてでもココなら飼い主的にも安心?な所。広大な芝生や起伏ある場所もあって、なかなかの優れコース。しっかり、レパートリーになりそう。

足場の悪さも平気みたい・・・。 2人とも、そこまでにしなさい! 後光輝く大福様。

2007年2月11日(日) ■ 休日らしく ■ 大福:生後1760日目

3連休の中日。お天気も良いし、気温もそれほど寒くない。こんな日は、体や気持ちの流れに逆らわず、何もしないで過ごすのが「正しい休日の過ごし方」であろうと勝手に解釈。かくして今日は大福も飼い主もダラダラ・・・。しかし、充実な一日でもあった。

ポカポカ・・・。 ? ・・・ ・・・ ・・・。

2007年2月10日(土) ■ ビームに負けて ■ 大福:生後1759日目

今日もなかなかの好天気。今日は家内と買い出しに行くので大福はお留守番・・・のはずだった。しかし、大福は朝の散歩で早々とお仕事を完了して何気に一緒に行きたいモード。散歩を終えて家に戻って支度をしている間も、しっかりと伏せポーズでこちらを凝視。目から放つビームが刺さって痛いほどだ。不思議なもので、お留守番が決定している時は、ビームを出すこともなく諦めているようだが、コチラが連れて行くか行かないか迷っている時は、まず間違いなく強力ビームを放出する。「一緒に行きたい」と言うよりも「おいて行かれたくない」と言うのが本音なのだろう。

と言うことで、アッサリと大福のビームに負けてしまい、買い物に行く車の後部座席には、大福様が鎮座されていた・・・。大福も一緒だったので、買い出しのコースも大きく変わってしまい、ランチは田園調布のカフェで。新しいスタッフさんに囲まれて、大福は大満足そうだった。

良かったねぇ、触ってもらえて。 皆に触ってもらって。 デミソース・ハンバーグとチキン・ホワイトソース・ドリア。

2007年2月9日(金) ■ お出かけ日和 ■ 大福:生後1758日目

天気予報で曇りと言ってたわりには陽射しも出ていて暖かだし、提出書類も昨日完成したので今日は大福とお出かけしようと朝から企み。週末は少し天気悪いとも言ってたしね・・・。と言うことで、朝の散歩も早めに終えて家に戻ろうかなと思ったら、ちょうどお仕事終わりのガッちゃんにバッタリ。お出かけするので・・・とお声がけしたら、一緒にお付き合いいただけることに。1時間後に待ち合わせすることにして、家に戻ってお出かけ準備。と言っても、あまり朝の散歩と支度具合は変わらないのだが・・・。

明日から三連休。しかも明日は五、十日なので道が混んでいるかなと思いきや、意外にそうでもなくてアッと言う間に都心に到着。特にどこに行くアテもないので裏原のカフェで食事。最近、ドッグカフェでなくても大福と一緒に入れるお店が増えてきたので嬉しい限りである。食事の後は、用足しタイムで青山墓地に行ったり、都内随所で食料を買ったりしながらウロウロしていたら、これまたアッと言う間に家内との待ち合わせ時間になってしまった。家内と合流してサッサとホームタウンに戻って〆の散歩。ガッちゃん、大福にとっては「今日のお出かけの主旨は?」てな感じだったようだ。スマンm(_ _)m

「出かけるらしいよ」とでも言っているのか・・・。 水飲む者、飲まぬ者。 カラコロ(コロカラ?)定食。のりたまが泣けるぞ。

2007年2月8日(木) ■ 人の特権 ■ 大福:生後1757日目

人の特権は何と言っても「話が出来る」ことだ。大福に限らず、ワンコたちと話すことが出来たら何と嬉しいだろうと思うことがある。もちろん、そんなことはあり得ないし、話をしないからこそ気遣ったり、愛しかったりするも事実だから、そんな望みは飼い主の我が儘であることは百も承知なのだが。ただ望めるなら、せめて体調の悪さなどだけは話してくれればどんなに心強いのだけれど・・・。いろいろな飼い主さんの話を伺うと、けっこう体調が悪い子がいたりする。そんな時に、人間のように「どう具合が悪いのか」「どこが痛いのか」「その後どうなのか」などだけでも教えてくれれば、飼い主としてはどんなに心強いだろうかといつも思ってしまう。話をしないワンコ達だからこそ、我々飼い主が想像力を持って接していかねばならないのだろうけど・・・。コレ、飼い主としての永遠の大きな宿題である。

人は、話せるという大きな特権をもらっているのにも限らず、その特権を生かさない飼い主もいるから閉口してしまう。今朝の散歩で、犬仲間の方から呼び止められた。愛犬との散歩だったのだが、その愛犬とのカップリングは初めてだったので、声かけてもらっても一瞬誰なのか分からなかった(失礼)。お会いするのも久しぶりだったので、雑談しながら、その子と大福のやり取りなど見ていたら、いつの間にか別の犬と飼い主がフェードインしてきた。その飼い主は、先の飼い主さんと面識はあるようで、こちらのやり取りや空間など無視して乱入して来た。いくら私めとは面識がないにしろ普通なら「お話しの途中スミマセン」とかはあって当然だろう。それが、何も言わずに乱入してきて自分の犬と先の飼い主さんの犬とジャレ合い始めてしまうもんなぁ・・・。挨拶して早めに退散したが、飼い主としてどうのこうの以前の問題だわなぁ。せっかく「話せる」特権を授かったのだから、もったいない話である。

これも『枝の舞』なのであります。 太いほうはツライだろ? アンタ、苦しいんでしょ?

2007年2月7日(水) ■ ビデオ→DVD ■ 大福:生後1756日目

どうせアホ飼い主でバカ親ならば、その鑑となるべきであろう・・・などと逆ギレとも開き直りとも思える心境で日々大福と過ごしている私め。愛犬生活の三種の神器と言えるのは、まず散歩グッズ一式・・・これはもう当たり前。続いて携帯電話・・・これも万が一のトラブル遭遇の時など考えると必須アイテム。そしてデジカメ・・・だってバカ親だもの。
最初の2つは当たり前としても、最後のデジカメは好みの問題でしかないのだが、私めの場合はデジカメに加えて、デジビデまで持ち歩いているというアホさ加減。いつも思うことだが、大福が一緒じゃない時に職務質問などに遭ったら・・・と考えるとちょっとばかり不安がよぎる。マジで。

そんなアホ飼い主の大福ビデオも今現在、60分テープが120本近くになってしまった。少し前から、そのテープをDVD化する作業をし始めて、今ようやく50本目ぐらいまで作業を完了。日付にすると2004年4月頃を作業中なのだが、DVD化しながら、その頃の大福の動く姿をついつい見入ってしまうから時間がかかることったらありゃしない。
で、そのデジビデだが、まだ大きな故障とかもないので買い換えの時期ではないのだが、世は横長ワイド時代。ボチボチ、大福ビデオも横長画面導入かと密かに企む今日この頃だ・・・。でも、妻は「NO!」だろうなぁ・・・。小金貯めるか。

耳毛・・・多し。 ヒゲ・・・あり。 歯・・・カバを彷彿。

2007年2月6日(火) ■ かろうじてセーフ ■ 大福:生後1755日目

今日はシャンプーの日。朝イチで海へとも思ったが、大福の行くままに歩き始めたら、海とは反対の公園のほうにスタスタと。どうも早々とボール遊びでもしたいらしい。一生懸命走れば、腸も活性化されてお仕事もスッキリできるかとボールだの枝だのでさんざん遊びまくったが、どうもいっこうにお仕事の気配すらない。そうこうしているうちにシャンプーの時間は刻一刻と迫ってくる・・・。このままじゃ、お仕事なしでシャンプーかと思いきや、おぉ、やっとこさ、あのポーズ。かくして、どうにかこうにか、すっきりシャンプーしてもらうことができた。めでたし、めでたし。

ところで、余所の柴族はお仕事するまでの時間ってどのくらいなのだろうか・・・・。今日の体重、9.3kgなり。

凛々しいじゃないの。 意地悪怖いじゃないの。 大人しく爪切りからね。

2007年2月5日(月) ■ 朝から満腹 ■ 大福:生後1754日目

朝早くに少しだけ寒さを感じるが、小学生が登校し終えた8時過ぎになると、もう暖かくなってきて日中などは暖房もいらないほどの毎日だ。先日『日本沈没』なる邦画のDVDを借りて見た。出来のほうはともかくとして、近頃の暖冬を始めとする世界の異常気候を考えると内容のほうは失笑できない感じでちょっとばかり怖いような・・・。

なんて思いながら朝の散歩を消化していたら、友達犬のリフエちゃんと遭遇(実は、歩いているのを見かけたので先回りして待ち伏せ?していたのだが)。早速、いつものように激走。今日はいつになく長い時間走っていたようだが、ワンコ達にとっては、このぐらいの気候が一番気持ち良いのだろうか。ひと走り終えてお開きかなと思っていたら、2月に入ってからの「懐かしアワー(?)」はまだ続いているようで、1年以上ぶりに会う友達犬のケリーちゃんも登場して、再び走り回りとなった。この3人の組み合わせの中では、大福が一番チビすけだが、ワンコ達にとって、体の大小なんかはあまり関係ないようで、大福を追いかけての走り回り中心でなかなかハードな朝のハプニングだった。

さんざん、走り回って帰ろうかなと思ったら、ガッちゃんにも会うことが出来たので、今度は一緒に歩かせてもらってのクールダウン。ガッちゃんとの写真はいつも載せさせてもらっているので、今日はリフエちゃんとケリーちゃんとの走り回り写真をドドンと。

気持ち良さそうに軽快に。 相変わらずの怖い顔。 勢い余って跳び越えられて。
起伏面も何のその。 コケも毎度のこと。 2人とも空中です。
楽しそうだねぇ。 ちょっと疲れて笑い顔に。 ケリーちゃんとはホント久しぶり。
荒修行はまだ続く。 リフエちゃんとケリーちゃんの絡みは迫力アリ。 こうやって見ると大福は小さいねぇ。

2007年2月4日(日) ■ 相性 ■ 大福:生後1753日目

大福は比較的、どのワンコとも仲良くできるほうだが、何故か顔を合わせるとお互いにギャンスカやり出してしまう子が数頭いる。一緒にいる飼い主さんも「あら、大福ちゃん珍しい」なんて言ってくれるほど、そんなことは希なのである。飼い主としては、どのワンコとも仲良くしてくれるのが一番なのだが、大福の付き合いも5年近くなると、大福の趣味と言うか好みのようなものもだいぶ分かってきたような気がする。明らかに理由があって好きじゃない子もいるようだが、中には私めも「何でだろう?」と思うほど理由が分からない場合もある。
人間だって、特に理由がなくても「虫が好かない」と言うような曖昧な理由でなかなか交流を深められない関係もあったりする。大福だって同じようなこともあるのだろう。だから、大福がやり合うワンコとは無理に仲良くさせようともしていない。大福の気持ちを尊重しなくちゃね。

それにしても、友達犬のガッちゃん。大原則論としては、決して一緒にいることがあり得なさそうなカップリングなのだが、今のところ一番の仲良しと言っていいのだと思う。仲良しの理由としては、ガッちゃんが大福の我が儘ぶりを相当我慢してくれているからなのだが。

ガッちゃん、オヤツを発見。 大福も発見。 ガッちゃん、たまらず接近。

2007年2月3日(土) ■ のんびり節分day ■ 大福:生後1752日目

この冬一番の寒い朝と言うわりには、それほどでもなかった朝の散歩。いつものように小学校の横を歩いていたら、遠くのほうに先輩柴のモモちゃんを発見。挨拶しに行ったら、黒柴の子も登場。元気なような幼いような動きがモモちゃんにはお気に召さなかったようでモモちゃんが一喝。モモちゃんが怒るのを初めて見たのでちょっとビックリ。でも、大福と同じ顔して怒っていてちょっと面白かった。
夕方の散歩では、思いがけず久しぶりの顔に遭遇。ビマーくん(男の子だったよね?)とレイナちゃんだ。もう1年以上会ってなかったのは確実である。2月になって久しぶりの再会が続いて正に「あの人は今」って感じだ。夜は、ささやかに節分のセレモニー。大福も福豆食べて、もっともっと幸あれよ。

お行儀よくね。 珍しく叱るモモちゃん。 お久しぶりのビマーくん(だったよな?)。
これまたお久なレイナちゃん。 鬼は眼中にナシ。 しかりお豆はいただいて。

2007年2月2日(金) ■ 新都心のオアシス ■ 大福:生後1751日目

今日の夕方の散歩もガッちゃんに一緒してもらった。行き先は、昨日に続いて、これまた久しぶりコースの通称・新都心のオアシス。まだ会社終業前なので、人もあまりいなくて2人にとっては良い環境であった。小さい子供達が増えて、以前に比べて散歩しづらくなってしまった町内だが、ちょっと足を延ばせばまだまだワンコ達には楽しい場所がたくさんあるようだ。

石橋を・・・どうよ? アートなのか? 今日は入らないでね。

2007年2月1日(木) ■ 通称・海の公園 ■ 大福:生後1750日目

今日の夕方の散歩はものすごい風だった。海風に合わせてマンション群のビル風が相まって風が強いこと、強いこと。小学校の校庭の砂煙が遠くに見えたので、急遽、海側の公園、通称・海の公園に行った。不思議なことに今までの経験だと、こんな時は海の公園のほうが風が弱かったりする。ビル風がない分風が弱いのだろうか・・・。

案の定、思ってたほど風も強くなく、だだ広い公園内を自由に友達犬のガッちゃんと一緒に歩いたり、駈け回っていたら、久しぶりにデルフィちゃんと遭遇。久しぶりなんて呑気どころではなく、もしかしたら1年ぶり以上の再会かもしれない。皆、お互いに覚えているのだろうかと、また犬社会の常識に疑問を持ってしまった。
久しぶりの海の公園・・・たまにはイイものである。思わぬ再会もあるし・・・。

タコ? だだ広いのに誰もいない。 デルフィちゃんとお久しぶり。
枝の舞ですわな。 やる気顔。 お騒がせのアパが買い取ったホテル。


福と大福の間TOPに戻る