2007年3月の最初へ↓
2007年3月31日(土) ■ 換毛期 ■ 大福:生後1808日目

今日は昨日に比べてかなり寒い朝だったし、結局、一日中肌寒い日であった。こんな毎日が続くと人間たちも健康管理が難しが、ワンコ達も体調崩しているような話をよく耳にする。
換毛期なんて言葉があるが、柴犬たちも室内生活の子が増えてきているのと、四季と言うよりも二季?と言ってもいような気候になってしまったので、換毛が難しいのでは?と思ってしまう。大福なんかを見ていると、ゴソッと大量に換毛すると言うよりも、万遍なくダラダラと換毛しているという感じだ。柴族も環境の変化に伴い、DNAも進化しているのだろうねぇ。
朝の散歩で、ブラッシングに勤しむアキちゃんに遭遇。またしても邪魔しに参上する大福。

いた・・。 どうもです・・・。 近づき過ぎ・・・。

2007年3月30日(金) ■ 桜チェック行脚 ■ 大福:生後1807日目

朝方はものすごい雨だったが、ちょうど出かける頃には雨も上がり、空は見る見るうちに晴れ上がり気温も急上昇。雨で水分たっぷり吸い込んだ桜の木々も気温が上昇したことで、辛抱堪らんわいとばかりに一気に花びらを全開で満開状態かも。ふふふ、桜チェックには絶好の日になったでないの・・・。

今年も例年通り、ガッちゃんを誘って、都内の桜チェックにいざGO。最初は、アークヒルズの桜フェアへいざ見参。ちょうどランチ時でカフェもいっぱいで少しばかりのウエイティング。しかし、桜を見ながらの待ち時間は全然苦にもならずだった。並んでいる間にいろいろなワンコとも出会って飽きることもなかったし。食事後は桜並木のアーケード?を潜り抜け、アーク広場でのイベント会場に乱入。ランチ後の人がたくさん繰り出していて大混雑。大福は、触りに寄って来てくれるOLさん達に、しっかりお座り状態で営業中。誰にでも触らせる柴犬と言うのは、柴道からは外れているのかもしれないが、これは大福の長所として見ているので飼い主的には大満足なのである。

桜フェアの後は、毎度お馴染みの青山墓地で桜チェック。フムフム、ここももう満開ね。早々とお花見している集団もチラホラ。更に都心を抜けて、上野不忍池を横に見ながら、根津を抜けて谷中墓地へ(・・・って、何だか墓地巡りのようだが)。こちらも、まず満開状態で席取り集団の姿もバッチリ。
時間があまりなかったので、大急ぎの桜チェックになってしまったが、お付き合いしてくれたガッちゃん、今年もありがとね。あまり落ち着けなくてスマンm(_ _)m

どう見ても満開ですな。 ボクサーのノリヘーくん。 カフェ日より。
エビがプリプリのトーストサンド。 ハムがボリュームのサンドウィッチ。 入店待ちの人の退屈しのぎにお付き合い。
道行く人にも営業中。 桜を撮る人もいっぱい。 イベント開催中。
昼休みでOLさんがいっぱい。 青山墓地も満開。 谷中墓地も満開。

2007年3月29日(木) ■ 別腹 ■ 大福:生後1806日目

甘いものは別腹・・・そんなバカなと思っていたが、別腹は実際に存在するとかで別腹のレントゲン写真なんかをテレビで放送していた。別腹ねぇ・・・何となく分かるような気はするが・・・。

夕方の散歩は、いつものように大福任せで出発したら、スタスタと駐車場のほうに向かうではないの。では、と車で出たはいいけれど、まだどこに行くか決めかねながら町内を出ようとしたら、左前方にガッちゃんを発見。車を見つけたガッちゃんは、嬉しそうな顔してコッチに向かってくる。嬉しいねぇ。聞けば、ちょっと遠くまで散歩に出た帰り道でちょっとヘバっているところだったとか。うんうん、じゃぁ車に乗りなさいな。てことで、隣町の海辺まで軽く行くことに決定。
海に着いたら、あらビックリ、ガッちゃん蘇生?大福と一緒に海辺を歩いたり、砂浜を走り回ったりバトルしたりと、すっかり元気回復。これも、やっぱ別腹?

小器用に歩くものだわ。 やはり、大福より顔が入らないようだ。 逆光でお立ち込み中。
濡れないようにネ。 砂浜でバトル。 好位差しのタイプ?

2007年3月28日(水) ■ 挨拶様々 ■ 大福:生後1805日目

初めて出会った子も、何度も出会った子も、それぞれ出会った時の態度は違っていて面白い。何とも穏やかに普通に顔を近づけて来る子。二足立ちで「頂戴頂戴」ポーズではしゃぐ子。一触即発?と思わず緊張させられる子。側まで近寄ってくるが、興味なさそうに去っていく子・・・など、ホント様々だ。大福は、どのタイプに入るのかなぁ。そして、近寄ってくる子に対しては、どのタイミングで自分の対応を決めるのだろうか。きっと、大福なりに「決め」や「パターン」が存在するんだろうなぁ・・・。
後輩友達犬のビスコくんとの挨拶シーン。ビスコくん、あまり興味なさそう(汗)。

注意深く・・・。 チェックして・・・。 からかう?

2007年3月27日(火) ■ 桜チェック ■ 大福:生後1804日目

どうにか春らしい気配に気もそぞろ・・・なのは飼い主のほうであって、大福はいたって仙人のように日々日常。午前中に用事を済ませたので、昼をちょっと回った頃から都内の桜でもチェックして来るかと急遽お出かけ。年度末が近いせいか高速もいつもの平日より少し混んでいるような。新木場あたりが珍しく混んでいる様子だったので、手前の葛西で降りて葛西臨海公園で一時しのぎを。

葛西臨海公園は、春休みと言うこともあってかなりの人出。お弁当を持った小さい子達の団体や家族連れやでバーベキュー広場もいっぱい。大福と私めは、駅から遠目の海側に行って春の匂いを嗅ぎながら、ボールで遊んだり、my枝で遊んだりと、結局どこにいても同じような動きであった・・・。軽い気持ちで立ち寄ったつもりだったが、周回道路を歩くだけでも結構な距離なので車に戻る頃には少しばかり汗ばむぐらいだった。
葛西臨海公園を出た後は、一般道路を進み都心へ。辰巳の新ジャンクションもすっかり繋がって、この地区の開発も益々進んでいるようだ。築地市場の移転やオリンピックの開催が決まったら、もっと景色が変わるんだろうなぁ・・・。
都心の桜は、ウチの近所よりもだいぶ咲いているような気がした。今週末は第一陣のお花見のピークを迎えそうな感じだ。でも、天気予報によると週末は天気が悪いとか。さて、ウチらのお花見はいつどこでするのやら・・・。
家内と合流前に、ちょっと人形町に立ち寄ったら、お花見スポットの遊歩道公園で、生後3ヶ月のフレブルの女の子・キクちゃんに遭遇。あまりの小ささに大福は扱い?に困ってタジタジになっていた。それにしても、よくフレブルに出会うこと。

観覧車は乗れないもんなぁ。 上目づかい? 団子より花・・・であって欲しい。
道路に汽車・・・。 どこへ行っても同じですなぁ。 いろいろ団体が来ておりました。
中央区の桜。 港区の桜。 ほぼ満開。
お花見の手抜き場所取り。いいのか?これで! 3ヶ月のフレブルちゃんに遭遇。 飼い主のバカに付き合ってくれます。

2007年3月26日(月) ■ 春の気配? ■ 大福:生後1803日目

今日はシャンプーの日なのでシャンプー前に海に向かうが、昨日お仕事していないのでまずは用足しからスタート。「ほらね、昨日しなかったからだよ」と言いたくなってしまうほど、外に出たら呆気なくお仕事ポーズでお仕事完了。以前に、比べてだいぶお仕事時間が早くなってきたので助かっているこの頃だ。

さぁ、これで何の気がかりもなく安心して海で遊べるぞ、と海辺に向かう。昨日の嵐が嘘のように海は穏やか。大福はいつも通り、海を見たらハイテンション。一人で砂浜を走り回ったり、穴を掘ったりで大騒ぎ。真冬なら寄せる波を避けて浜辺だけを走っているのに、今日は自分から海水に足を入れてワシワシと歩いたり走ったり・・・。いよいよ、春が来たのかも・・・。

そうそう、海遊びを終えてシャンプーに向かう直前に大福は、もう一仕事・・・。朝2回のお仕事など、相当珍しいことである。しかし、自分で体重調整?した甲斐もなく、シャンプー後の体重は、9.3kgなり。

海を見ると走りたくなるのか・・・。 おっ!今日は水に入るねぇ。 ダッシュ!
ホント嬉しそうだねぇ。 胸元まで濡れ濡れ。
何かな? 掘り掘り、掘り掘り掘り掘り。 満足したかな?

2007年3月25日(日) ■ 春の嵐と放置ウンチ ■ 大福:生後1802日目

今日は朝からものすごい風が吹いて正に春の嵐。なのに朝の散歩では、風こそは避けられなかったものの雨は何とか凌いで散歩することができた。家に戻ってから外を見たら、かなり雨も降っていて暴風雨という感じだった。全く良いタイミングで散歩できたものである(いいのか?こんなことで運を使っていて・・・)。で、この春の嵐も夕方の散歩の頃にはすっかり収まって陽射しも出ているほどに回復。全く、この時期の天気はアテにならないものである。

毎度のことだが、こんな日の大福はお仕事をだいたいしないことが多い。歩く場所も芝生を避けてコンクリートの道を選んで進むので、お仕事の気配などあろうはずもない。まぁ、ことコレばかりは無理強いもできないから、大福に任せるほかはない。明日にでも帳尻を合わせることだろう。
大福はコンクリート、私めは芝生の中と言う、どっちが散歩しているのか分からない状態で町内を歩いていると、相変わらず放置ウンチが目につく。町内の飼い主さんが集って定期的にウンチ拾いをしてくれているが、この有り様を見てきっとゲンナリしていることだろう。私めは参加していないので何も言えないが「継続はチカラなり」となれば良いのだが・・・。

これだけ放置ウンチがあるのに踏んでしまうことは意外に少ない。思えば、子供の時はよくウンチを踏んでいたのに大人になると踏むことは少なくなる。何でだろうなぁ・・・。子供の時って、いつも前や未来を見ていて下を向くこともなく生きていたのに、大人になると下を向いて歩くことが多くなるからウンチも踏まなくなるのだろうか。だとしたら、ちぃーと淋しい気がしてしまう。

はい、よく見てねぇ。 キャッチ! 上手になったねぇ。

2007年3月24日(土) ■ 桜はまだまだ ■ 大福:生後1801日目

買い出しに都心に出たついでに、お気に入りの桜ポイント何カ所かを周ってみたが、まだまだ全然という感じだった。印象的には一分咲き程度と言うところか。週末に雨が降って、その後に気温急上昇とか予報で言っているので、世間的なお花見のピークは来週末あたりだろう。毎年恒例?の大福との桜巡りも来週あたりからかな。都内桜チェック巡りの最後の〆は、とある高貴な方の敷地をちょっと拝借・・・。いつもスミマセンm(_ _)m

そう言えば、犬サイトでは有名な多摩地区にある極悪動物病院『多摩センター動物病院』に詐欺行為があったとして被害者たちに320万円の支払い命令を出す判決が出た模様(訴えは1200万円)。この病院、以前よりそのひどさはネットなどで知っていたが、テレビのニュースでオーナー医師?の立ち振る舞いなどを流していたが、何だかなぁとウンザリしてしまった。放送では顔をぼかしていたが、事件によってしっかり顔映したり、ぼかしたりするテレビの判断基準がよく分からん。同じようにネットでこの病院の極悪ぶりを書いていたサイトもよく見かけたが、肝心の病院名は伏せているところがほとんど。ネットのモラルなのか社会のモラルなのか分からんが、本当に犬を始めとする動物や飼い主さんのことを思い注意を促すなら、名前教えてあげないと意味ないと思うのだが。個人を中傷しない社会人としてのイイ人と、悲しい動物や飼い主さんを増やさないようにしようと思うイイ人なら、私めなら後者でいたいなぁ。

my枝、持参で・・・。 早く戻ってきなさい。 ランナーに触ってもらう。

2007年3月23日(金) ■ 若い芽を摘む・・・ ■ 大福:生後1800日目

JKCの昨年度の登録数で柴犬とフレンチ・ブルドッグとはほぼ同じぐらいだ。これを柴犬が少ないと見るか、フレブルが多いと思うかはそれぞれだろう。しかし、こと大福においては間違いなくフレブルが多いと思っていることだろう。と言うのは、冗談でなく、大福はお出かけすると必ずと言っていいぐらいフレブルと遭遇するのだ。加えて、仲良しのガッちゃんもフレブルだから、大福の目にはフレブルがいつも登場するのである。
今日の夕方の散歩でも、7ヶ月のチャンスくんに遭遇。体全体で興味を示すチャンスくんに大福ったら・・・。

初対面。 あんまり近づかないほうが・・・。 ね、叱られたでしょ。

2007年3月22日(木) ■ 初blog(お試し中) ■ 大福:生後1799日目

猫も杓子もblogだからと反発していたのでもないし、ただ自分には必要ない手法だったので特に導入していなかったのだが、ちょっと訳ありでblogを導入することにした(相変わらず大袈裟)。

この『福と大福の間』の「日々徒然」を始めたのが、大福が我が家にやって来てくれた2002年7月から。本館、『ようこそ宮崎商店へ』の日記、「店主徒然」はそれより2年前の2000年8月から毎日書き続けてきた。この度、その「店主徒然」を『春・夏・秋・冬』に名前を換え、blogで変身させてみた。まだカスタマイズもしていないし(しないかも)、このまま続けるか分からないが、お時間ある方は覗いてみてください。ただ、この『福と大福の間』とはほとんど関連性がないので期待はしないでくださいな。

豚足? ・・・じゃないよね? ふぅー、どうやら違うみたいだ。

2007年3月21日(水) ■ お出掛けナシ週 ■ 大福:生後1798日目

さて、今週は家でチマチマとやることがあって出かけることもなく過ごしているのだが、そろそろ飽きてきたなぁと言うのが本音。桜が開花したとか言っていたが、散歩で外に出ているとまだまだけっこう寒いし、2月と3月が入れ替わったような感じだ。今週末は大福とお花見第一陣と思っていたが、この分だと今週末の花見はちょっと無謀かなという気もする。まぁ、来週になれば作業関係も一段落つくので週半ばにでも桜チェックでもしてこようかなと・・・。

と言うことで、今日の祝日も近所で買い出しをしたぐらいで、あとは家で過ごした。夕方の散歩は息抜きを兼ねて「新都心のオアシス」でマッタリと。

ボール投げ待ちポーズ。 キャッチ寸前。 無事捕獲。

2007年3月20日(火) ■ 思考回路 ■ 大福:生後1797日目

だいぶ前だが、友達犬が何と単3乾電池を誤飲してしまったことがある。飲んでしまった時の様子を聞くと、その家のお子さんがテレビのリモコンを床に落としてしまったのだが、落下の衝撃でリモコンのフタが外れて中の電池が飛び出してしまった。その電池が友達犬のいる方向にゴロゴロと・・・。友達犬は、食べようとも飲み込もうとも思っていなかったと思うのだが、とりあえずセレモニーとしてはクンクンと匂いを・・・。それを見たお子さんが(もしかして飼い主さんが)、飲み込んでは大変と思い、大声で電池を取り上げようとしてしまった。で、友達犬は、取られてなるものかと思わずクチにしてしまい、ゴックン・・・これがことの顛末である。
大声あげて慌てることが、実は愛犬たちに思わぬ瞬時の判断をさせてしまう可能性が高いと言えるのではないだろうか。電池を、落としてしまった食べ物や、あるいは放置ウンチに置き換えても同様のことは考えられるわけである。
この事件?は正に「飼い主の気持ち、愛犬知らず」であり、「愛犬の気持ち、飼い主知らず」なのだと思う。愛犬の思考回路をじゅうぶん理解することが大事であることは百も承知なのだが・・・。

あっち向いて。 こっち向いて。 仏頂面・・・。

2007年3月19日(月) ■ 服従心と恐怖心 ■ 大福:生後1796日目

大福は、自分が叱られているわけでないのに、私めの口調が電話口で強かったりすると困ったような弱ったような表情をして私めのすぐ横にお座りして顔を見上げている。大福は小さい時にきつく叱られたこともあって、常に私めの顔色をうかがっていると言っても過言ではないと思う。そのことを可哀想とも思う反面、長い目で見れば良いことなのではと思っている。

絶対服従・・・本来であれば、飼い主と愛犬の一番理想関係であるが、犬たちが完全に家庭犬の座に収まってから飼い主側の考え方が大きく変わってきた。従って、完全服従すら「可哀想」な部類に入ってしまうようになった。かく言う我が家も大福には甘々なのだが、大福は小さい時の私の怖さを覚えているようなのである。良いことなのか悪いことなのか判断しづらいところだが、それが今時点での大福と私めの関係であるのは事実なので仕方がないことである。

ある日の朝、ちょっとしたことで叱られた大福は、無視して去って行く私めを追いかけるのではなく、その場に座ってジッと私の様子を見ていた。意地悪く物陰に身を隠したのだが、それでも動くことなくジッとしていた。急いで別の方角から大福が見える位置に身を潜めて大福の様子を見ていたが、いっこうに動く様子はなかった。その様子があまりに不憫だったので、優しい口調で「もういいよ、おいで」と声をかけたら、嬉しさと不安さを同居させた表情で私めのところに走ってきた。

体は跳ねても心は跳ねていない・・・。 もう大丈夫だからおいで。 まだ顔が笑ってない・・・。

2007年3月18日(日) ■ アウエー公園 ■ 大福:生後1795日目

今朝もまだまだ寒いし、春は何処へ?と言う日々が続く。来週末には暖かくなるとか言っているのだが・・・。で、今朝の散歩は、町内を徘徊?した後に、車でちょっと移動。アウエーの公園で遊んできた。家内も一緒だったので、お弁当など持って・・・。寒いとは言え、日なたのベンチはさほど寒くもなかったので3人並んでベンチに座っていたが、傍から見ればやはりバカ家族にしか見えないんだろうなぁ。でも、楽しいからヨシとしておくか。
お弁当のあとは、隣接?している小川沿いのほうに行ってみた。そんなに何度も来たわけでもないのに、大福はしっかり覚えているようで、階段を降りる道もスタスタと迷うことなく降りていくし、小川沿いの道も飛び石を渡ったり川を跳び越えたりとすっかり地元モード。犬たちの記憶回路に関しては、不思議であったり感心することが多い。大福と犬たちの不思議ワールド体験は毎日続くようだ。

足を入れるのではなく跳んでくれ! あらよっと。 セーフ!
跳躍成功の笑み。 今度は飛び石で。 入らなくてイイぞ。と言うか入るな。

2007年3月17日(土) ■ まだ冬海 ■ 大福:生後1794日目

土日の町内は意外に友達犬も含めてワンコ達に出会うことが少ない。大福は平日も週末も朝夕の散歩時間はほとんど変わらないが、余所の家では週末ぐらいはゆっくり起きたり、お出かけでもするのかもしれない。もちろん、まったく友達犬に出会わないのではないが、一緒にいる飼い主さんがいつもと違っていたりすると、コチラも今イチ友達犬であることの自信が持てなかったりする。でも、大福の様子や相手の友達犬らしき子の様子を窺い見ると、面白いものでお互いによそ行きモード?だったりする。飼い主の心の動きを察知している感じである。

夕方の散歩で、一つ隣の浜辺に行ったらウインドサーフィンをしている人がチラホラ。土手面から海辺へと降りて行ったが、大福は水に入ることなく砂地をタッタタッタと小走りしているだけ。まだまだ冬の海という感じなのだろう。大福が水に足を入れる時が「春」なのかな・・・と。
今日は犬連れの人もけっこういたし、それぞれがオフリードにして海岸を一緒に歩いている子が多かった。しかし、犬達同士がお互いの存在を認知しても駈け寄って来ることもなく、お互いの距離感を保って飼い主さんの側を離れないで歩いている子ばかりだったのでちょっと感心。側に寄って来るとリード引っ張って二足立ち、前足バタバタしてる子を見慣れてしまっているせいか、ちょっとしたことで感心してしまうのだが・・・。

やっぱり歩くのはソコかい? 何を思っているのやら・・・。 ちょっと流され気味ちゃんを凝視。

2007年3月16日(金) ■ 一直線 ■ 大福:生後1793日目

小学生の男の子なんかが、学校の帰り道にずっと小さな石を蹴り続けながら歩いていたり、歩道の上に引かれた白線の上を歩き続けている姿などを見かけることがよくある。こだわりと言うほどの意識はあるはずもないのだろうから、ついついやってしまう・・・と言う感じなのだろう。

で、大福もしょっちゅう同じようなことをしている。浜辺と道の境界線を歩いたり、色分けされている部分を歩いたり、芝生の上に敷かれた石道を歩いたりと様々だ。肉球の感触が微妙に違うのだろうか。まさか、猪木が提唱する人生道と言うことではないだろうな・・・。余所の柴族はどうなのだろうか。

海辺だろうが・・・。 オフィス街だろうが・・・。 近所の公園だろうが・・・。

2007年3月15日(木) ■ 苦いサイト ■ 大福:生後1792日目

だいぶ前に2度ほど犬を保護したことがある。1度目は、交番→管轄警察→保健所という死のルートを歩んだが、すんでのところで新飼い主さんが現れて新しい生活に。2度目は、町内近辺をウロウロしていた犬を保護。幸い、町内に住むワンコだったようですぐに飼い主さんが現れて無事に一件落着とあいなった。
今日、その2度目のワンコが病気で7才という短い生涯を終えたことを知った。聞いた時は、アッサリ聞けたのだが、時間が経つにつれて何だか胸が苦しくなってしまった・・・。この場で冥福を祈りたい。

実は、保護関連のサイトで、見たいけど見たくないサイトがある。地元の「千葉市動物保護指導センター」の迷い犬たちの保護状況を知ることができるサイトである。以前は、収容された日付と場所、犬種や特徴、それに嫌な表現だが「引き取り期限」が表になっているだけだったが、わりと最近からは、収容されたワンコの写真が掲載されるようになった。しかし、とても写真までは見る気持ちになれない。正直見るのが怖い。だったら、そんなサイト訪れなければ良いじゃないかとなるのだが、もし友達犬なんかが収容されてたら・・・と考えるとつい見てしまう。

このサイト運営者には、以前、収容犬識別などの参考にでもなればと愚サイトの『大福の仲間たち』を知らせてある(200頭前後のワンコ達を載せさせてもらっているので照合などできればなと思ってのことだ)。しかし、この団体?が見てくれているのかどうかは全く定かではない。メールの返事すら来なかったし・・・(やっぱお役所仕事で日程消化試合なのかなぁ)。

昨日見たら、町内でビーグルの女の子が収容されたらしい。で、初めて写真をクリックしてみた・・・。もしも、このサイトが気になる方は、コチラからどうぞ(ページ名が「syuuyoudog」って・・・)。でも、胸が苦しくなります・・・。苦しくなるけど知り合いの子なんかがいたら少しでも助けたいし・・・でも、他の子の存在も知ってしまうし・・・何とも複雑なサイトである。

風強い日の大福の一番のオモチャは、風に舞う葉っぱやビニール袋。こんな無邪気に遊ぶ大福を見ていると、益々苦い気持ちになってしまう。

・・・ ・・・。 フワフワ・・・ユラユラ・・・。 ゲッツ!

2007年3月14日(水) ■ 海まだ寒し ■ 大福:生後1791日目

先週まで暖かだったので、このまま春に突入かと思っていたのは甘々だったようで、先週末からまた寒くなってきてしまった。気象庁も桜の開花予想を訂正して謝っているし・・・(誰も予想してくれなんて頼んでいないのになぁ)。
今日はシャンプーの日なので、その前に近場の海に繰り出してみた。寒いの何のって、風も強いし人など誰もいない。喜んで走り回っているのは、約一名だけ・・・。でも、そんな大福も砂浜こそ走り回るが海の中には入っていかない。大福が海の中もジャブジャブ入るようになれば、春が来たと言う合図なのかもしれない。
今日の体重は、9.25kgなり・・・ちょっとデカイなぁ。

風も冷たく冬の海だった・・・。 跳ねて走る。 顔は気持ちの表れ?

2007年3月13日(火) ■ 番犬気質 ■ 大福:生後1790日目

郵便屋さんや新聞屋さん、そして宅配便などが家にやって来ると吠え出す犬たちがけっこういる。いわゆる番犬モードなわけだが、この番犬モードの根本には、「怖い」と言う思いがあるようだ。怖いから吠えて追い払おうとする。確かにこれらの職種の人たちは家に長居することはなく、配達なりが終わると踵を返してサッサと帰ってしまう・・・。
犬たちにしてみれば、自分が吠えて追い返した・・・とでも思うのであろう。だから、怖い者(モノ)が来たら吠えて追い返そうという図式が根付いてしまう。これが吠えの原則なのではと思うわけである。その証拠に、先の職業の人に頼んで、頭の一つでも撫でてでももらえれば、その後の犬と彼らの関係は大きく変わるはずである。

大福も余所のワンコ達と一緒で、大福にとって怪しい人を見かけると、ジッと見入って観察してたかと思うと短く吠えたり、喉を伸ばして遠吠えしたりする。普段、吠えることなどまずないから、初めてその姿を見る友達犬の飼い主さんにとっては意外のようでビックリするようである。
てことで、今日も公園で番犬気質を発揮しておりました(汗)

怪しい人発見(誰が見ても挙動不審であった)。 距離を確保して警戒開始。 よく通る声だこと・・・。

2007年3月12日(月) ■ 忙しい朝 ■ 大福:生後1789日目

手帳やカレンダーを買う時にこだわるのが、週の始まりが日曜日か月曜日かと言うこと。やはり、週の始まりは月曜日でしょ!と思うのだが、世の中的にはどうなのだろうか・・・?
てことで、今日は誰が何と言おうと週の始まりの月曜日。いつもより少し遅めの散歩だったが、充実なの何のって・・・。まず始めに、2ヶ月ほど訓練所に行っていたらしいエバンくんにバッタリ。ほぼ同時にクロくんもやって来て軽くひと走り。続いて、先輩柴・まめ太くんの飼い主さんが迎えたニューフェイスのビスコくんと出会ったと思ったら、そのお友達のしいちゃんともご挨拶。そうこうしているうちに、真打ち?のガッちゃんまで登場。オマケに犬が大好きそうな小さな子まで現れて忙しいの何のって。流れに身を任せてグダグダと外に出ていたので、家に戻ったら時間はもう11時半近くだった・・・。いいのか?それで!

『大福の仲間たち13』に「ビスコ♂」を追加。しいちゃんは上手く撮れていなかったので次回にね。

クロくんと走って。 ビスコくんにちょっかい。 ニューフェイスな、しいちゃん(だったか?)。
お馴染み過ぎのガッちゃん。 小さい子にサービス中。 最後は一人走りで〆。

2007年3月11日(日) ■ お呼ばれ ■ 大福:生後1788日目

今日は、家内が実家に用事。大福と私めはガッちゃんチにランチお呼ばれと珍しくバラバラな動きの日曜日。午後から雨降りとか言っていたので、朝は早めに散歩。近場の公園でボール遊びやフリスビーをして早めに帰宅。

お昼過ぎから、いそいそとガッちゃんチにお邪魔させてもらった。今日の献立主旨?は、まだ韓国に唐辛子が登場する前の時代の韓国料理。従って、見た目は少しも赤やオレンジ色ではないし、味も辛くない。まさに『宮廷女官・チャングムの誓い』の頃の献立である・・・とか書いているのだから、美味しそうな写真でも載せれば良いのだが、食べることに集中してしまい、写真を一枚も撮っていない・・・。ガッちゃんも大福もワンコ用の一皿を用意してもらいペロリ。何とも美味しいランチをいただいたのであった。せっかくのお休みの日にお招きいただきありがとうございました。そして、ご馳走さまでした。それにしても、写真撮っていないとは・・・不覚なり。

行ったぁ。 消える・・・。 出たぁ〜。

2007年3月10日(土) ■ ゴーストタウン ■ 大福:生後1787日目

特に出かけるでもなく、怠惰に週末らしい一日であった。夕方急に空が暗くなってきたので、慌てて大福を連れて「新都心のオアシス」まで直行。CMやテレビドラマでよく使われているこの地域だが、本来はオフィス街なので週末は正にゴーストタウン。今日は見事に散歩している間、誰にも出会うことがなかった。独り占めのオアシス・・・お得感満載で贅沢な散歩コースである。

おいおい、頼むよ・・・。 人いないねぇ。 ふてぶてしいと言うか・・・。

2007年3月9日(金) ■ 出っぱ ■ 大福:生後1786日目

出っぱ・・・出ずっぱりのことである。今日は、今週早いうちから出かけることに決めていたので朝の散歩を終えてすぐに出発。まずは環八方面を目指したのだが、天現寺あたりで事故があったようだったので、珍しく首都高は渋谷方面を周り用賀で降りて環八を行く。時間的には、中原街道を行くより早いのかもしれないが、どうもワサワサしていあまり好きじゃない。

お昼を田園調布のカフェでとった。今日は、初顔のスタッフさんだったが、この子、ものすごく気が利いていて気持ちが良かった。帰る時に向かえ側の席にいた女性3人家族のお母さんが、大福の所作を見ていたらしく「スクールにでも行っていたのですか?」なんてちょっと嬉しいお声がけをもらった。アホ飼い主としては嬉しい瞬間だったりする。そう言えば、このカフェでは所作の悪い犬を見たことがないなぁ・・・。「店ヂカラ」なのかもね。やはりお店は、スタッフのチカラによるのはもちろんだが、お客に助けられる部分が大きいからね。

まだだよ。 はい、いいよ。 付け合わせが増えた唐揚げ。

田園調布のあとは、赤堤通りの羽根木公園に出没。昔は広い公園だなと思っていたが、千葉に移り住んでから野っぱらのような巨大土地を見飽きるほど見ているせいか、やけに羽根木公園がちっぽけに見えてしまった。大福もお初の土地に緊張気味でアチコチ匂いを嗅ぎまくっていたが、刺激が強かったのか朝お仕事しなかった分、ちゃっかりアウエーでお仕事完了。落ち葉でブツが拾いにくかったの何のって・・・。

羽根木公園のあとは、下北沢を抜けて原宿方面に。原宿通るならと、黒柴友達に連絡取るも急に連絡して会えるはずもなく大福と2人で裏原通りを散策。当たり前だが、オッサンが若かりし頃とあまりに景色が違っているのを再確認。光陰矢の如しだわなぁ・・・。

初めての羽根木公園。 あちこち観察して・・・。 一応走ってみる。
表参道で姉さん座り。 来たことあるよね? 日本犬がよく似合う・・・。

チョロチョロと買い物をしながら家内が待つ人形町方面に。週末の金曜日で道は決行混んでいたが比較的スムーズに皇居横に到着して小休止。家内と合流後、『鳥近』に寄ったら、大福を可愛がってくれているスタッフさんがわざわざ出て来てくれて大福にスキンシップ。何と、ハツ串のオマケ付き!大福にしてみれば、この店は大大大好きな場所であるに違いない。いつも大福にスミマセンm(_ _)m
無事高速に乗って、アレヨという間にホームタウンに到着。軽く用足し散歩をこなして帰宅。「出っぱ」な大福なのだった・・・。ご苦労様。

気づいてもらえるかな? 出て来てくれたね。 で、ハツいただいちゃいました。

2007年3月8日(木) ■ 公園はいつも世代交代 ■ 大福:生後1785日目

1才になる頃までは、ほぼ毎朝毎夕のように同期の友達犬たちと花時計の公園や海側の公園で何時間も遊んでいたのが懐かしい。今では、そのどちらの公園にもたまにしか行かないし、同期の友達犬たちと出会う機会も少なくなってしまった。狭い町内なのに、会わない時は半年近くも会わないこともあるから不思議だ。

たまに公園に行くと、今の世代のパピー達が大勢走り回っている姿を見かけることがある。大福たちがいつも走り回っていた頃、同じようなことを思いながら走り回る大福たちを見ていた人がきっといたんだろうなと思うと、これまた不思議。この公園には、皆お世話になったと言うことなんだろうなぁ・・・シミジミ。

広いお庭だこと・・・。

2007年3月7日(水) ■ 忙し嬉し ■ 大福:生後1784日目

え〜、今日はなかなか忙しい大福だった。朝の散歩で、クロくんに出会って嬉しい猛爆走。ほどよく疲れてグッスリ昼寝して充実の日中。夕方は早めに、人っ子一人いない広場まで車を走らせる。30分程度いるだけで駐車場代600円は千葉の相場としては相当高いが、ドッグランと考えれば安いものだろうて。これまた程良く遊んで帰る途中で町内でガッちゃんに遭遇。買い出しモノをチョロッとお裾分けしてから、もちろん一緒に軽く追加の散歩。何とも充実な日であったのでは。

朝の挨拶。 こけた・・・。 怒った(汗)
フリスビー投げ。 猛チャージ。
町内の移動販売車・・・じゃないよ。 今日の出モノは・・・と。 何やら交渉中か?

2007年3月6日(火) ■ 写真は犬を表す ■ 大福:生後1783日目

blogの浸透によって愛犬サイトもかなり増えているので、余所んチの愛犬との生活が垣間見られるのはなかなか楽しい。愛犬サイトには当たり前だが、愛犬の写真がたくさん載っている。そして、愛犬のバックには、その犬が住んでいる町や、遊びに行っている場所などが映っている。当然、家の中の様子まで映っている・・・。綺麗に整頓されている部屋の中もあれば、「おいおい、映しちゃってイイの?」と余所んチながら心配してしまうほど乱雑に散らかっている部屋もあったりする。

以前、知り合いの犬名人が「飼い主を見れば、そこの犬もだいたい分かる」なんて言っていたが、愛犬サイトを見て回ると何となく彼が言っていたことが分かるような気がしてくる。と同時に、ウチも綺麗に片付けとかなきゃイカンよなと家内とシミジミ話し合ったりするのである。

金網の向こうに何かみつけたらしい。 頭寄せ合って、大チェック大会。 ジャガイモらしいのだが・・・。

2007年3月5日(月) ■ 強風 ■ 大福:生後1782日目

今日は一日中、風・風・風。ウチの町内は、海風に加えてビル風もスゴイので「風の銀座」と言っても過言ではないほど風が強い。幸い、看板などがほとんどないから大きな事故もないが、自転車なんかはアチコチに転がっている(大袈裟ではなくホント)。そんな強風(最初変換したら「京風」と出たぞ)に慣れている我が街だが、今日の風はかなり強かった。あまりの風に前傾姿勢で歩くほどだったが、大福は風の日ならではのビニール袋や葉っぱをオモチャにして大喜び。かなり長時間にわたって強風の中を走り回っていた。おかげで私めは、目は痛いわ、顔はバリバリだわでツラかったっす・・・。

ふわふわぁ〜〜。 確保に満悦顔。 はい、回収!

2007年3月4日(日) ■ 暖冬にも程が・・・ ■ 大福:生後1781日目

今日は20度近くあったんでないかい?もう冬物の散歩ウェアーは仕舞って良いのだろうか?などと本気で考えてしまうほどの暖かさ。大福は自前の毛皮だが、どのぐらい暖かい(暑い)のだろうかなどとくだらないことまで考えてしまう始末だ。寒い日よりは全然楽でありがたいのだが、今年の冬はどうもピンと来なかったなぁ・・・。よもや、これから大どんでん返しの寒波など来ないだろうな。こんなことでは、大福もきっと日本ならではの四季を感じてはいないことだろう。日本犬は、四季を感じて、四季の食べ物を食べるのが一番良いとされているのになぁ・・・。

ウエンディちゃん印のマフラー? 併走。 チビだが態度デカし・・・。

2007年3月3日(土) ■ 大福の風景 ■ 大福:生後1780日目

ひな祭りの今日は朝から築地にお出かけ。そう言えば、仔犬の頃は人混みに慣れさせようと意図的に人混みの中を連れて歩いたが、この頃は過保護からか、人混みを避けていたかも。そのせいもあって、最近の大福は以前に比べるとだいぶ臆病になってしまったようだ。まぁ、嫌なことや怖いことを無理にさせることはないから、それはそれで良いのだが、たまには人混みも歩かなきゃね。

と言う思いもあって、今日は築地の場外の路地を頑張って一緒に歩いてみた。地上数10センチの高さの大福目線で見れば、あれだけの人混みは怖い以外の何ものでもないだろうに、大福は尻尾を伸ばすこともなく頑張って歩いてくれた。場外のお店の人たちに大勢にたくさん触ってもらえたことも恐怖心を緩和できた要因かもしれない。

築地の後は、歩行者天国直前の銀座に出てみたが、歩道に寝そべっている大福も築地で座っている大福も、どちらも「大福な風景」で面白かった。

日本犬の誉れですわな。 撫でてもらいやすいように座り位置を調整。 銀座通りで野良る。

2007年3月2日(金) ■ オモチャ ■ 大福:生後1779日目

大福は「破壊」と言われる行為を今まで一切したことがない。壊さないどころか、どんなに夢中でオモチャで遊んでいる最中でも「ちょうだい」と声をかけると、ちょこちょことやって来て、オモチャを渡してくれる。だから買い与えたオモチャは壊れることなく増える一方だ。おかげでオモチャの収納スペースも広がるばかりである。買い与えたオモチャの中には「ちょっと高いんじゃないの?」と思うようなものもあるのだが、悲しい?かな大福らの価値観は人間とは全然違うから、数回遊んだだけで放ったらかしになっているものも多い。かと思えば、公園で拾ったボールや木の枝、松ぼっくりをたいそう気に入ってたりする・・・。そんな価値観のチグハグさを面白く思えたり、感じることができるのが「楽しい犬との生活」の一部分であるようだ。

押さえて手前に引けば・・・。 宙に舞う・・・。 で、咥えて遊ぶ。

2007年3月1日(木) ■ ぷくまる庵 ■ 大福:生後1778日目

さぁ、今日から3月。もう今週末はひな祭りだから時の流れとは早いものである。来月になると大福は5才だものなぁ・・・。大福に関しては、時が止まってくれれば良いのだが・・・そうはいかないわなぁ。

いつもお世話になっているネットの柴友『のりべー手作り工房』主宰ののりべーさんの所に、また一つ素敵なものが出来上がった。その名も『和菓子屋さん・ぷくまる庵』だ。何とも春らしい可愛らしいお店なので、お時間のある方はぜひ訪問あれ。大福も早速、和菓子詰め合わせを覗いておりまする。

ラッピングと和菓子折り詰め。 のりべーさん作の柴雛。 ぷくまる庵の和菓子詰め合わせ折。
宮中の尚宮様や女官たちにも大好評。 並べるとこんな感じ。
匂いだけにしてよ。


福と大福の間TOPに戻る