2007年7月の最初へ↓
7月31日(火) ■ 梅雨開けただろ? ■ 大福:生後1930日目

「な、正直に言ってみ、梅雨開けただろ?」と気象庁に尋問したいような日。何となくチンタラしそうな日でもあったので、お出かけすることに。どうせなら、ドッグランの登録にも行ってしまえということで、羽田方面へ直行。
管理センターで、あらかじめ記入しておいた登録申込書と鑑札票と狂犬病予防接種済み証明書のコピーを提出してドッグランのパスを発行してもらう。それを持って、ドッグランへ。もちろん、登録制とは言うもののチェックする人はいない・・・いいのか?それで。

平日だから当然空いているのだが、平日は地域の常連なんかがいたりする確率がかなり高い・・・なんて思ってたら、やっぱりおったぁ!ラン内に入る前からアウエーの視線がビシビシ。どうやら牢名主様は、2頭飼いのようでいらっしゃる。大福が中に入る前から、柵越しにやってきてギャンスカギャンスカしていたが、牢名主様はいっこうにお構いなし。中に入ったら、案の定、怒濤の急接近で大福にちょっかい出してきたが、大福は適当に威嚇して受け流していた(もうちょっとハードでも良かったんだけどね)。それにしても、「アホ犬はアホ飼い主が作る」とはよく言ったものである。何しろ、飼い主がまともに挨拶すら出来ないんだから、飼われている犬が、犬同士のコミュニケーションなんかできるわけないわなぁ・・・。という訳で、やはりドッグランは怖いのだ。
アホ系がいなくなったら、今度は、スタンダード・プードルが入場。ここのところ、トイ・プードルしか見ていなかったせいか、いやはや大きいの何のって。大福が、ものすごく小さく見えました。このプードルのおおらかは、先の2頭とはエライ違いだった。やっぱり、飼い主の違いか?

ドッグランは早めに切り上げて、代官山のおサレなカフェでランチ(来ている人はダサめだったけど・・・)。まぁ、いわゆる架空的エスニック料理ですわな。可もなく不可もなくで、とにかくお腹は膨れたのだ。ランチの後は、代官山を車窓より見ながら通過。車が流れるままに銀座に到着。家内が買い出ししている間、銀座通りで大福と2人で和みタイム。道行く人達に触ってもらっている大福の姿は、まるで修行僧のようであった・・・。

何だか嫌な予感・・・。 来たぁーっ! 適当にやっちまいな。
飼い主によるのネ、やっぱり。 ちょっと尾行などを。 お尻の位置も高いやね。
細柴ちゃんにバッタリ。 今日のランチ場。 覗かないで下さいな。
海鮮五目あんかけ焼きそばセット。 和光前に陣どる。 どこでも和み。

7月30日(月) ■ 休息ポイント ■ 大福:生後1929日目

大福は、散歩コースのアチコチに自分なりに決めた休息ポイント持っている。そのほとんどは、公園のベンチだったりするので上にあがらせて良いのか悪いのか、ちょっと微妙。しかし、雨ざらしになっていて敷物でも敷かなければ座れないぐらい汚れているベンチなのだから、まずヨシと勝手に判断して失礼させてもらっている(丁寧に言えば良いというものでもないのだろうが・・・)。
この休息ポイント、大福の様子を見ていると、どうも純粋に休息目当てではないようだ。本音としては「そろそろ、ひと休みしてオヤツにしない?」と言うのが正直な気持ちのようである。思惑があるなんて何だか可愛らしいでないの・・・。不思議なことに、この休息ポイント、必ず地面より高いところに位置しているから面白い。

ちょっと失礼して、休息タイム。 オヤツ待ち状態。 ハイハイ、分かりましたよ。

7月29日(日) ■ シャンプー前にひとっ走り ■ 大福:生後1928日目

今日は珍しく日曜日のシャンプー。曜日変われど、いつも通り朝一の予約なので、その前に近場の海辺でひとっ走りしようかと繰り出してみた。休みの日だし、夏休みだし、しかも暑いわだしで人が多いだろうなと思っていたが、予想に反して人っ子一人いないのでビックリ。まさか、参議院選挙のせいではあるまいし・・・。
選挙だろうが、日曜だろうが、そんなこと大福にはお構いなし。目の前にジャジャーンと海の景色が広がったら、嬉しさモード全開で海辺に走っていったとサ・・・。
海で遊んでいる時の大福は本当に嬉しそう。大福の楽しそうな顔が何よりの活力なのだよ。分かる?大福さん。

ダッシュ! 一人ハイテンション走り。 独り占め。
コッチ側も誰もいない。 あーぁ、もうズッポリだ。 ボール遊びでもハイテンション。
ちょっと、クールダウン。 足抜きが良くて走りやすいみたいだ。 水辺は並足でパカッパカッ。
たまに追いついてしまうので要注意。 もう、イイんじゃないの? ほら、舌出っぱなしだし・・・。

7月28日(土) ■ チャンス到来? ■ 大福:生後1927日目

大の仲良しのガッちゃんがフレブルだからと言うことではなく、大福は何故かフレブルに会うことが多い。大福にしてみれば、フレブルこそが世の中で一番多い犬種と思っているのでは?と思ってしまうほどフレブルによく出会う。と言うことは、飼い主の私めもフレブルを目にする機会は多いと言うことである。

フレブルのことはよく分からないが、色や模様の具合を差し引いても、フレブルという犬種はそれぞれの身体的特徴がよく現れる犬種なのだろうか。私めの知ろうと見解としては、最近のフレブルは胴長の子が多い気がする。私めとしては、フレブルはググッと圧縮されているようなイメージがあるのだが、これは勝手な思い込みだろうか。

数多いフレブルの中で、最近お気に入りのフレブルちゃんは、今朝久しぶりに会ったチャンスくん。3月に出会った時(本年3月23日分を参照)に生後7ヶ月とかのことだったから、もうそろそろ1才になるぐらいだろうか。今朝会った時も、ゴムまりのような体を駆使してさかんに大福にちょっかい出していた。「心が狭い王選手権保持者」の大福は、チャンスくんをあしらったり、一喝したりでお相手しておりました(汗)。チャンスくん、めげずにこれからもヨロシクね。

『大福の仲間たち14』に、「チャンス♂」を追加。

覚えているよ、チャンスくん。 お尻にえくぼが可愛いネ。 どうも大福が気になるらしい。

7月27日(金) ■ 必殺仕置き人 ■ 大福:生後1926日目

今度の日曜日は、参議院選挙があるが、どうも我が地区では街宣車が通るでもなく盛り上がりに欠けるような感じ。
我が地区には電柱がなく、それは美観にこだわっているかららしい。従って、植え込みや道路の中央分離帯に野放図に差し込んである各政党の立て看板は根こそぎ引き抜かれて公園の横に束になって捨てられている。どこココかまわず立てられている立て看自体にも問題あると思うし、問題あるからと言って、それを引き抜いてしまって良いのかどうかも分からない。しかし、見た目が悪いのは誰が見ても認めるところだろう。
その立て看にお仕置きしてるつもりもないのだろうが、精鋭?2人が立て看から剥がれたポスターと果敢に戦っていた。選管の人に叱られるのかなぁ・・・。

楽しそうに見える? 普通の紙じゃないようだ。 あーぁ、ついに参戦しちゃって・・・。

7月26日(木) ■ おサレなランチ ■ 大福:生後1925日目

今日は、黒柴のCoCoちゃんチと一緒にランチ。青山でランチとなると急におサレな感じがしてしまうあたりが千葉都民の悲しいところ。その点、大福は場所に動じることもなく、どこでもジモピーの如く威風堂々。アンタはエライねぇ・・・シミジミ。実際、CoCoちゃんにしろ、大福にしろ、一般のレストランでワンコOKのお店でも大人しく良い子にしてくれるので本当に助かってしまう。

ランチは、イタリアンなのでパスタ・・・と言うと、ありがちなのだが、麺は太めでモチモチ感が何とも新鮮な感覚で非常に美味だった。前菜の盛り合わせもけっこう手がかかっていてOK。デザート・スイーツの甘さもちょうど良かった。アイスティーの器が個人的には大のお気に入りで、コレはちょっと欲しいぞ・・・と。
朝、急に思い立って出掛けるという展開だったのに、快くお付き合い下さったCoCoちゃんファミリーに感謝。帰りにはお土産までいただいてしまい、本当にありがとうございました。「枝豆大福」も「あんみつ羊かん」も大変美味しくいただきました。そして、お店もランチも大満足でした。CoCoちゃん、今度は広い場所で大福とまた遊んでネ。

2人ともイイ子なので楽なのだ。 大福さん、CoCoちゃんのリード踏んでますけど・・・。 イイ匂いしてる?
前菜盛り合わせ。 トマトソースベース。 こちらはオリーブオイルベース。
デザート・スイーツ・・・イタリアだからドルチェかな? アイスティーの器。コレ欲しいぞ。 お土産をいただきました。

7月25日(水) ■ ライトアップなオアシス ■ 大福:生後1924日目

散歩コースの一つになっている勝手に命名『新都心のオアシス』が今日からしばらくイベントを開催するとのこと。何でも光の祭典的な催し物とか。一度ぐらいは行ってみるかと思っていたら、ガッちゃんチが初日の今日行くというので、一緒に連れて行ってもらった。

6時過ぎぐらいにオアシスに着いたら、いつもならガランとしている場所なのに、イベント初日とあって珍しく大勢の人がいて見慣れぬ景色。何やら7時から点灯式なる式典があるとかでスーツなお方もたくさんいた。ショボめの飲食ブースもあって、一応イベントらしい雰囲気にはなっていた。ならば、買い食いしない手はないだろうと、席を陣どってコチラも飲食タイムに突入。お祭りムードの中で食べるモノは、評価を超越してしまうから面白いし不思議だ。
そうこうしているうちに日も暮れてきて、いよいよ点灯。おぉ〜、ずいぶん綺麗じゃないの。この暗さの中でビデオは使えないので、デジカメ主体に撮影。普段あまりデジカメは使っていない上に、更に夜のイルミネーションの撮影。全然機能を駆使することもなく、ただただパチパチと撮るだけだったが、ダメなりにはそこそこ雰囲気だけは撮れたような・・・。

今日も2ショット。 いつもと様子が違うよね。 このぐらいアンダーのほうが綺麗かも。
うんうん、綺麗綺麗。 川には入らないようにね。 柴犬ライト・オブジェ?
何か発見か? 青色前でもポーズ。 こんなところで誘わないで下さいな。
あまりライトを見ないほうが良いんじゃないの? まさか、用足し? ベンチでの休憩も綺麗だこと。

7月24日(火) ■ 姉妹のように ■ 大福:生後1923日目

今更ながら、大福は友達犬のガッちゃんと仲が良い。犬に詳しい人から見れば、柴犬とフレブルを一緒に遊ばせるなんて・・・などと叱られてしまうような、本来、あってはならない組み合わせの2人らしい。まぁ、確かに犬図鑑など犬種の特性やらを見ると、その気持ちは分からないでもない。と同時に、犬種の特性よりも個体の特性のほうを重要視すべきであることの証明とも言えるような・・・。

この2人を見ていると、まさに年齢差のようにガッちゃんがお姉さんで大福は妹という感じがする。しかも、ガッちゃんは妹の我が侭を許すお利口さんタイプのお姉さん。まぁ、大福の数々の無礼をよく許してくれていると感心してしまう。それに甘えて、大福の好き勝手し放題ときたら・・・。ちょっと調子に乗り過ぎだな(汗)。

ベシッ! 我慢にも程が・・・。 走って解決?

7月23日(月) ■ お邪魔虫 ■ 大福:生後1922日目

今朝はちょっと遅めに散歩に出発。雨が降ったらしく下はしっかり濡れていたので、途中から腹当てを着けての散歩。町内を地回りしながら久しぶりにヘアーサロンの前を通ったら、始業前のお掃除をしているところだった。大福を見つけたスタッフのオネエサンたちがわざわざ出て来てくれて大福をいっぱい触ってくれていた。夏の朝の散歩時間だと、ヘアーサロンはまだ開いていないので、大好きなオネエサンたちに会うのはホント久しぶり。嬉しい大福は、触られるがままに無防備に体をあずけていた。が、しかし、その間、お掃除の邪魔をしているのは確実な訳で、それは困ったぞ・・・と。

皆さんお元気そうで。 どうぞ、触ってやってくださいまし。 耳折れ大福。

7月22日(日) ■ 違和感 ■ 大福:生後1921日目

本屋に行ったら目に入ってきたのが、情報誌のぴあが発行した『ペットと一緒におでかけ』というムック。どれを見ても同じようなことしか書いてないのは分かっちゃいるけど気になってしまう、このての本。そして、いつも買ってからに思うのが「買わなきゃ良かった・・・」ということ。今回も同じなんだろうなと思いながらも買ってしまった。家に戻ってから中を見てみると予想通り、やっぱり何の変わり映えもしない内容・・・(学習せえよぉ、いい加減に)。

そんな失望感は予測しているからガッカリもしないのだが、今回のこの本はちょっと気になる個所があった。それは、各スポットやお店などに「PET DATA」なるものが書かれている。それは、その場所にどのような規制やルールがあるかがひと目で分かるようになっているもの。それが、ちょっとどころか相当にヘボだった。書かれている項目は、「エサ」「エサ販売」「リード」「ゲージ」「預り所」「その他」の6つ。公園だろうが、ドッグランだろうが、グッズ店だろうが、どの場所でも同じ項目ってのが、まず、どうなのよ?って感じ。
そして、最大にいただけないのは、「エサ」という表現。別に「ご飯」とまではしなくても、せいぜい「フード」ぐらいにはしておくべきだろうって。愛犬をドップリ擬人化する必要もないにしても、ちょっと無神経な感じがしてしまう。だって、この本、愛犬家に売りたいんでしょ?きっと、制作者チームに犬好きがいないということなのだろう。これからの夏休みシーズン、犬関連の本出せば売れるだろうと安易に考えたであろうことは見え見え。あー嫌だ嫌だ。でも、せっかく買ったんだから犬関連の電話帳として車に積んでおくか。そのぐらいしか使い道ナシってことね。

先週末、町内で偶然会った、ビマくん。ホント、お久しぶり。

さすがに小さく見えるな。 微妙な距離・・・。 興味の対象は一緒だね。

7月21日(土) ■ お迎えついでに ■ 大福:生後1920日目

今日は家内が台場地区で開催のセールに行くというので、買い物終わりの時間を見計らって時間差で迎えに行くことに。どうせなら羽田地区の公園にでも出没してみようと少し早めに家を出発。休日なので、高速道路も空いていて30分少々で到着。今にも泣き出しそうな空だったが、嬉しいことに雨に遭うこともなく公園を散策。陽射しがないのはちょっと淋しい気がしないでもないが、暑くないのでワンコ達にはこういう天気のほうが良いのかもしれないな。

ここまで来たら、つい最近出来たというドッグランを視察しないで帰ることはないわな。と言うことで、足を延ばして公園の端っこまで行ったら、あったあったドッグランが。公営のドッグランってウッドチップばかりだが、ここは大福が大好きな芝生なのでニッコリ。当然、登録制なのだが今日は、未登録ながらちょこっとだけお邪魔させてもらった。ここもそうだが、登録制とは言うものの、登録しているかしていないかをチェックしている人を見たことないのだが・・・。まぁ、そのお陰で?勝手にビジター見学させてもらえたのだからヨシとしよう。
いろいろな犬種の子たちが10頭ほど先に来ていたので、しばらくは柵の外で様子を見ることに。どの子も普通に遊んでいる様子なので、御大?大福も賑々しく入場。恒例の新参者チェックの洗礼を受けていたが、特に怯えたり嫌がる様子もなかったので、離れた場所に座って大福の動きを見ていたが、それなりに楽しんでいたようであった。
今日は、様子見だったので20分ほどで退場したが、ロケーションも良いので、次回はちゃんと登録してみようかな。

まずは全体を観察か。 ストレッチしてと・・・(まさか)。 いざ出陣。
もちろん全員初顔。 細め亭の子たちなので大福の太さが目立ってしまう。 あんまり周わるとバターになっちゃうよ。
瞬時にして空気は読めたようだ。 これから個別チェック。 はい、仲良くヨロシクね。
飛行機を鳥とは思っていないのだろうか・・・。 海を走る船も何気に工場チック。 なかなか楽しめたようである。

7月20日(金) ■ お仕事ぶり ■ 大福:生後1919日目

今日はシャンプーの日。朝一(9時)の予約だったので、逆算式?に散歩終わりでシャンプーに入れるように散歩スタート時間を微調整。思ったより芝生や草面が濡れていたので今日のお仕事は無理かなと思ったり。何しろ大福は、地面が濡れていると芝生や草の中に入っていかず、コンクリートの上をヒョコヒョコ歩くのでお仕事チャンスが自ずと少なくなってしまうのだ。しかし今日もそうだが、最近の大福は、晴れの日も雨の日も比較的スムーズに短時間でキッチリとイイ仕事してくれている。何か思うところがあるのだろうか・・・。なんて、あるはずないわな。どうか、この調子でこれからも頼んます。

風見大福。 一丁、やってみる? 綺麗になってパチリ。

7月19日(木) ■ 憂さ晴らし? ■ 大福:生後1918日目

昨日は、飼い主に付き合わされてゲンナリ気味の大福。何気に今日は脱力感いっぱいな感じの一日。夕方の散歩も日程消化試合モードで終わろうとしていたら、ガッちゃんチから電話。ちょっと用事があってお会いすることになったのだが、どうせなら一緒に遊ばせようとなって隣町の浜辺にGO!

いやはや、よほど昨日は退屈していたのだろう。2人とも示し合わせたように、しかも当てつけがましく?嬉しそうな顔をして砂浜を走り回っていた。遠いお出かけだろうが近くの散歩だろうが、この子たちには全く関係ないんだなぁと改めて納得。こんなに嬉しそうな表情や姿を見せてくれるなら、近いんだからもっと来なきゃね。でも、お付き合いの宿命のほうもヨロシクだよ。

まずは浜辺の匂いチェック。 誰かいたのか? 誰もいないようだよ。
いよいよ始まり。 軽め亭でよろしく。 砂が目に入ったのか、ものすごい細目。
ドドーンと体当たり。 ゴロン・・・。 ガッちゃんの逆襲。
どうも走りたいようだ。 昨日と違ってイイ顔だねぇ。 完全に憂さ晴らしだわ。

7月18日(水) ■ 遠出 ■ 大福:生後1917日目

買い物に付き合わされる・・・大福に背負わされた宿命である。今日はかねてから一度行ってっみようかと言っていた『ラ・フェット多摩南大沢』に行ってきた。毎度お馴染みのガッちゃんもお誘いしてのことだが、どうも雨も降りそうだという天気予報を鵜呑みにして昨日のうちに延期の連絡を・・・。ところが、今朝になってみると晴天は無理そうだが、雨はしのげそうだし、何よりも気温が上がりそうにもないので、暑さが苦手のガッちゃんには何とも好都合なコンディションかも。てことで、急遽、強行お出かけとなった。図々しくナビ付きのガッちゃん車まで用立ててもらった(大福車は、ナビなし、ETCなし)。何しろ八王子方面には、ここ20年ぐらい行ったことがないので不案内のである。

10時ぐらいに町内を出発して、湾岸→首都高→中央を通って目的地に着いたのは12時ちょっと前。駐車場にもスムーズに入ることができて早速施設内を探検。我が地区駅前にあるアウトレットと建物のデザインなどほぼ同じで代わり映えしなかったが、コチラのほうが、ワンコに対する姿勢がハッキリ打ち出されていて好感が持てる。ワンコの入店がOKかダメかが各店舗店頭にステッカーで表示されているからいちいち「どうなの?この店は?」なんて思わなくて良いので楽であった。入店OKの店でも、抱っこかキャリーに入れてとされていたが、施設全体で条件を共有している点はエライなと思ったり。
3時間ほど施設内をウロウロしてから帰ることになったが、どうせなら同じ道を通らず東名のほうから帰ろうとなった。ならばと、気持ちの中にうずくミーハー魂。魂のうずきには素直に従うほうが良いに決まってる・・・。東名町田すぐ近くの住宅街に乱入してドラマロケ地巡りまでしてしまった。どうせなら『グランベリーモール』に行けば良かったのにと家に戻ってから思ったが、あとの祭りだった(汗)。

東名から都心に戻って、青山、麻布十番で買い物をチャッチャッと済ませて、仕事終わりのガッちゃんパパを迎えに行ってから帰宅。ガッちゃんも大福も出掛けたわりには、自分たちが主役でないことはもちろん察知しているようで、地元に戻っていつもの広場に行ったら、思い切り発散しておりました。宿命とはいえ、辛抱強く(仕方なくとも言うが)付き合ってくれてありがとうね。
ガッちゃん一家様、車を拝借した上に、無駄な動きでガソリンまで使い放題してしまい失礼しましたm(_ _)m

階上より駅方面を見下ろす。 買い物待ちの図。 退屈組。
小綺麗な街並みだこと。 意味不明・・・だよね。 やっぱり、ココんチだ!失礼しました、家主様。

7月17日(火) ■ マウントくん ■ 大福:生後1916日目

散歩しててたまに見かけるのが、他所の犬にどう見てもジャレ合いを通り越して性欲丸出しでマウントしようとしている犬。その犬が欲望直球型なのは百歩譲って仕方ないとしても、理解に苦しむのは、それを叱りもせずに見過ごしている女性の飼い主。一応「ダメよぉ」なんて言ってはいるが、いっこうにやめさせようとしない。女の人って横で愛犬が性態丸出しで腰をクネクネ、シコシコさせている姿を見て何とも思わないものなのかね?それとも、もう女である恥ずかしさとか捨て去ってしまっているのかなぁ。理解できないよなぁ・・・なんて思いを、ある犬名人に話したところ、すごく明解な答えが返ってきた。「その女、スキモノなんでしょ・・・」って。うぅむ、この犬名人、クチは相当悪いのだが、答えがピンポイントで返ってくるのでスゴイなと思うのである。次からマウント犬の女性飼い主を見る目が変わりそうな・・・。

話は変わるが、昨日発見された失踪犬のタイソンくん。無事飼い主さんと再会できて本当に良かった。かなり珍しいケースなのではないかと思うのである。正直、見つかるかなぁ・・・なんて思ったりもしていた。実際、散歩の時に、予備のリードを持参しながら歩いたり、車で外に出る時は、少し寄り道して目をこらしたりしていたが、私めは彼に遭遇することが出来なかった。飼い主さんの初動捜査?が物言ったのだと思う。飼い主さんも天晴れだが、何よりもタイソンくんの運の強さを改めて感じてしまう。
今回は、たまたま町内のコミュニティで失踪を知ることとなった。その後、犬仲間から詳細を知らされたので、より身近に感じてしまったが、正直気が重かった。また、嫌な(ツライという意味で)話を知ってしまったなぁという感じであった。しかし、飼い主さん自身がblogで思いや途中経過を知らせてくれていたし、私めに詳細を知らせてくれた犬仲間もタイソンくんが発見されたということ知らせをくれた。本来、当たり前のことなはずだが、モノを投げかけるだけで結果の処理を怠る人ってけっこういるんだよね。愛犬が病気だ何だと知らせてくれるのは良しとしても、その後、どうなったかをサッパリ知らせても来ない。コチラから愛犬WEBサイトにお邪魔してコトを知るのと、メールなどで知らされるのとでは、天と地ほどの差があることを感じも理解もしないのだろうなぁ・・・。基本的にワンコの数だけ飼い主は存在する訳なので、いろいろな飼い主さんがいるということだわな。

近頃とみに「ふてぶてしさ度」がアップしている大福様・・・。

後ろの葉っぱと同じ色だわな。 生意気そうな顔だこと・・・。 まさに欧米人が思い描く日本人の細い目。

7月16日(月) ■ 嬉しい報告 ■ 大福:生後1915日目

昨日お知らせした、知り合いの方から連絡をいただいた失踪ワンコは、朝の散歩の時はまだ見つかっていなくて何となく気も重かったのだが、昼前に無事保護できたという書き込みを見つけた。良かったよぉ。他地区の方は、イメージしづらいだろうが、香澄公園と言って、駅で言えば3駅ほど離れた場所で見つかった様子。飼い主さんは、ここ数日、恐らく自分を責めていたことだろうが、結果ヨシで何より何より。

台風が来る前からと台風の最中をどこか彷徨っていたと思うと可愛そうで仕方がなかった。昨日の夕方、車で、2つ隣り駅のほうから海岸線などを走ってみたが、そう簡単に見つけられるものではなかった。マイクロチップを入れているから、殺処分の可能性は低いだろうが、年金問題の社会保険庁などのいい加減な仕事をぶりを見るまでもなくお役所の仕事などアテにできない。当然、地区の動物保護センターなど間違いを起こさないなどの確信など持てるはずがない・・・などと今朝の時点では思っていたのだが、ホント無事に飼い主さんとまた会えて良かった、良かった。

----------------------------------------------------------------------------------------

で、昨日の朝はうまいこと雨をしのいでの散歩ができたので、してやったりと思っていたが、その後もテレビニュースで見る台風とはうって変わって我が地区はあまり台風らしい天候ではなかった。不謹慎だが、ちょっと膝カックンであった。
一夜明けての今朝は、台風一過とまではいかないが、晴れ間も見えて久しぶりに雨の心配もせずに気持ち良い散歩ができた。大福も何気に嬉しいようで、顔を天に向けて大きく晴れの匂いを嗅いでいた。やっぱり、お天気はイイよね。

姉さん座りで観察中。 緩いねぇ。 立ち上がっても緩い感じ。

7月15日(日) ■ 台風の油断? ■ 大福:生後1914日目

さぁ、今日の散歩は大変だぞ!と覚悟しながら朝目が覚めたら、レレッ?雨の音がしない・・・。恐る恐る外の様子を見てみたら、何と!雨が降っていないではないの!すわ、今のうちに散歩と言うか用足し&お仕事系のお出かけをしなきゃと言うことで、朝ご飯をいつもより早めに食べてもらってカッパ&長靴のフル装備でお出かけ。広場や公園の芝生や草は、水面が見えるほどグサグサ状態。飼い主は足場の悪い草の中を歩くのに、大福ときたらコンクリートの上しか歩かないもんねぇ・・・。これはとてもお仕事無理かなと思っていたら、おおっ、大福は旋回することもなくいきなりお仕事ポーズ。かくして、台風がちょっと油断した?合間を縫って、今朝の一大仕事は無事終えることができたのであった。良かったよぉ〜。退屈モードの大福様。

ガン見されてもねぇ・・・。 遊び足りないようだ。 ブリブリっとフテ寝?

----------------------------------------------------------------------------------------
■お知らせ■

7月12日(木)に愛犬が失踪してしまった事故があったそうです。同じ区の出来事で、知人からもお知らせが回ってきたのでコチラでもお知らせします。

■失踪日時 : 2007年7月12日(木)昼頃
■失踪場所 :千葉市美浜区高洲一丁目「美浜動物病院」近く(PAT稲毛の近く)→地図リンク削除
■失踪状況 : 首輪が抜け、車にぶつかり、パニックになり海側に向かって逃走。
■名前 : タイソン
■犬種 : ミックス
■性別 : ♂(虚勢済み)
■毛色 : こげ茶(少し長毛)
■大きさ : 20kgくらい(ラブラドールくらいの大きさ)
■その他(特徴など) :
 →マイクロチップ注入(殺処分は免れそう・・・ホッ)
 →首はナシ(外れたため)
 →大きな立ち耳
 →警戒心はあるものの人なつこい
 →よその犬が大好き
 →「千葉市動物愛護センター」に連絡済み
■連絡先 : (保護できたのでメールアドレス削除)
■WEBサイト : http://plaza.rakuten.co.jp/happytime/diary/


この台風接近で雨続きの中を不安な顔して、尻尾下げながらウロウロしていると思うと不憫であります。何とか無事に見つかれば良いのですが・・・。大福のページを見てくださっている方の中で、ご近所の方は、どうか気に留めてあげてください。よろしくお願いします。

7月14日(土) ■ 365カレンダー ■ 大福:生後1913日目

さぁ、嵐の3連休が始まったよ。昨日の朝は思いがけずリフエちゃんと走り回れてラッキーだったが、夕方にはガッちゃんとも出会えて、久しぶりに海側の公園を2人占め。幸いまだ雨も降っていなかったので、ゆっくりと緑一面の公園散策を楽しむことができた。

そのガッちゃんが昨年プロのカメラマンの方に写真を撮ってもらったことがあった。その時に、厚かましくも一緒に撮ってもらった写真が多数ある。その中の一枚をちょっと私用で使わせてもらいたいので、カメラマンの方にメールを出して許可をいただいた。『Frenchbulldog&Life (+french-offのお仕事日記)ときどき爺』と言うblogサイトも運営されている方だ。
で、その写真の使い道はと言うと、2004年以来久しぶりに『365CALENDAR』なるワンコカレンダーにエントリーしたためである。特に、頑張って大福の誕生日(4月19日)の日をゲットしようとした訳ではないのだが、今年はサイトを見た日にまだ空いていたので、思わずエントリーしてしまったのだった。柴犬だけではなく、カテゴリーは「日本犬」となっていて、余所の柴犬や日本犬がたくさん見ることができる。ちょっと出来上がりが楽しみである。

何か発見したらしい。 座り込んじゃったよ・・・。 何かの取り引き現場か?

7月13日(金) ■ 嵐の前に一っ走り ■ 大福:生後1912日目

いよいよもって台風が沖縄近辺まで来たようだ。しかもその規模は最大級に大きいとか。これで週末の3連休は引きこもりに決定だな。なんて思いながら朝の散歩をしていたら、遠くのほうにリフエちゃんを発見。急ぎ足で追いかけて行き、視界良好の地点まで来てから思いきり目ヂカラを・・・エイッ!気合い入れすぎて思わず声まで出てしまったわい。その甲斐あって、嬉しいことに気づいてもらえた。ウシシシ。
そして、久しぶりに朝の走り回りとなったが、足元が濡れているせいなのか、2人のテンションは今一つ。アレヨという間に終わってしまった。やっぱり重馬場?だと走りにくいのかな・・・。でも、久しぶりの走り回りに満足気な顔の大福であったが。嵐の前に走り回りに付き合ってくれて、リフエちゃん、ありがとネ。

始まりかな? 始まったようだ。 2人とも恐い顔しちゃって。

7月12日(木) ■ 曇天何より ■ 大福:生後1911日目

沖縄のほうに大型台風がやって来るらしいが、我が地区はまだ台風の影響はないようで、ただ単に梅雨のせいなのであろう何とも中途半端なお天気。ザァザァと雨降るでもないし、晴れるでもない。風もあまりなく、ただただジメジメと湿気がある。気温も高くないのだが、窓を開けておくには、湿度が高すぎるので家の中ではエアコン付けて除湿に専念。どうも我が家のエアコン作動は、温度よりも湿度に重きを置いているようである。
そんな天気だから、散歩も無理して長時間はしていない。大福は、狂犬病予防接種にしろ、混合ワクチン接種にしても、接種当日よりも翌日や翌々日のほうが、体調に影響出てくるのがいつものパターンだ。だから、今日明日は昨日に続いて、ゆっくり静養するのが理想的。静養するには、この曇天、ある意味好都合かも。

雨で地面が濡れている時は、義理母殿特製の腹アテが非常に重宝している。何しろ手足を通さなくて良いので装着が楽。大福も嫌がることなく着けてくれるので大助かり。感謝ハムニダ。

誰か・・・ いないかなぁ・・・。 いたっ!

7月11日(水) ■ どっちが良いか・・・ ■ 大福:生後1910日目

今日は朝からシャンプーに続いてワクチン接種。大福にとっては何とも憂鬱な日であっただろう。できれば、狂犬病予防接種もワクチン接種もさせたくないけど、この国に生まれた以上は仕方ないわな。聞けば、アメリカで元気にしている友達犬のアンディくんなどは、3年に一度の狂犬病要望接種で良いとかだ。3年に一度なんだから、日本よりも強めの注射を接種するのだと思うのだが、実際のところどうなんだろう・・・。よく欧米の例を挙げて接種拒否をしている人もいるけど、悲しいかなこの国の住民なんだから年に一度ずつの接種でも仕方ないわなぁ。

で、考えてしまうのが、注射に立ち会うか立ち会わないかだ。大福は、注射の時に一緒に診察室にいると、もしかして助けてもらえるかも?と、この世の終わりかと思うような声をあげて大泣きすることがある。しかし、診察室に自分だけの時は、「ヒャン」とか声をあげる程度で我慢するのである。診察室に一緒にいて助けてあげないのと、診察室に一人でいて不安だが諦めてしまうのとでどっちが良いのか・・・いつも迷うところである・・・。
結局、今日は後者で、ちょうど注射が終わった頃に迎えに行ったらちゃんと我慢してくれていたようであった。診察室から出て来た大福は、大喜びでダッシュしてきて飛び付いてくれた。助けてあげなくてゴメンね。でも、仕方ないのだよ・・・。と言うことで、今日は一日、家でマッタリの大福でした。

ダルいのかな? はいはい、ゆっくり休んでください。 少しも楽に見えないんだけど・・・。

7月10日(火) ■ 隣の水は甘い ■ 大福:生後1909日目

明日は、年に一度の混合ワクチン接種の日。我が地域も巨大ネズミが道路を横断する姿を見かけるようになってきたので、大福は8種混合ワクチンをお願いしている。

明日ワクチンを摂取することは、だいぶ前から決まっていたのだが、大福はそんなことを知るよしもない(当たり前なのだが)。で、思うに、ワンコ達って目の前の現実を全て受け入れる訳だし、人間と違って余所んチのワンコと自分を比べることなどないのである。アソコんチは、いろいろ食べさせてもらってイイなぁ・・・とか、アチコチに連れて行ってもらってイイなぁ・・・なんて、決して、「隣の水は甘い」なんて思ったりすることがないのである(きっと・・・)。その点を考えると、我らアホな人間より数段「人間ができてる」という感じがするのである。
「井の中の蛙大海を知らず」と言われるが、考えようによっては、この蛙は幸せとも言える。だって、比べるという概念がないのだから。井の中の蛙大海を知らず・・・の後に、「されど空の高さを知る」を加えると言葉自体の意味も大きく変わってくる。ワンコ達はきっと、「空の高さ」を知っているのではないかなと思ったりするのである。「空の高さ」が、我ら飼い主からの愛情としてくれるなら大変嬉しいのだが・・・。

明日、大嫌いなイベントを控えていることも知らずに『枝の舞』を披露する大福。しょうがないよなぁと理屈では分かっているのだが、ちょっと可哀想に思ってしまう私めなのである。ガンバ!

『枝の舞』の始まり始まり・・・パチパチパチ。 ハッ! ホッ!

7月9日(月) ■ 還元? ■ 大福:生後1908日目

大福は散歩デビューの前(抱っこで外の空気を楽しんでいた頃)から、小さな子供達にたくさん触ってもらっていた。そのせいであろう、ちょっと無茶するかも?と思わせるような小さな子供が触りに来てもあまり嫌がらない。むしろ、積極的に触らせているような気さえするほどだ。
小さな子供が父親や母親に連れられて大福のほうにやって来るのが分かると、大福に「大福、小さなお友達だよ」なんて声をかけると大福は「しかたないなぁ・・・」と言う感じで、その親子の前にやってくる。そして背中を見せてチョコンと座る。「はい、触っても良いですよ」とでも意思表示している感じだ。しばらく、頭だの背中だの触ってもらってジッとしている。あまり長い時間だと大福もシンドイだろうと思って、適当に「大福、そろそろ行くよ」なんてひと言。そして親子に挨拶してその場を去っていく。こんなことが、広い公園などでは日常茶飯事である。
小さな子供が大福を触ることによって、犬が怖くなくなったり、好きになってくれるのなら、こんなことも良いのかなと思っている。公園を使わせてもらっているのだが、このぐらいは還元?はしなきゃね・・・なんて思ったり。

はい、触ってくださいな。 デヘへ・・・とサービス?中。 んじゃ、この辺で・・・。

7月8日(日) ■ ○○銀座 ■ 大福:生後1907日目

えーと、愚サイトをお読みいただいている皆さん、本日分の大福の日記『日々徒然』は、ちょっとグロイかもしれませんので、どうかお許しくださいませm(_ _)m

今日の表題の「銀座」。銀座と言っても中央区の銀座のことではない。戸越銀座とか熱海銀座とか、とにかく賑わっている場所や地名の後に付く銀座のことである(○○銀座ってやつね)。我が町内の大福の散歩道にもこの頃の異常気象のせいなのか、急に銀座地名を付けても良いかな?と勝手に思える場所ができてしまった。命名「ミミズ銀座」・・・(汗)。まだ、ガビガビに乾燥する前の非常にレアな状態で死んでいるミミズの姿が20mほど続く道なのである(鬼汗)。幸い、大福はクチにすることはないのだが、チェック時にあまりに鼻を近づけすぎるのが、だいぶ気になるのである・・・(激汗)。

異常気象と言えば、地球温暖化防止活動のためのコンサート『LIVE EARTH』が昨日の夕方から始まったが、案外、世の中的に知られていないようであった(ちょっと淋しい)。ちなみに、日本の会場の一つは、大福の散歩テリトリーにある「幕張メッセ」。LINKIN PARK、RIHANNA、AI、絢香、大塚愛、倖田來未なんかが参加しておりました。

何これ? もしかして・・・。 興味はないようである。

7月7日(土) ■ いらっしゃい ■ 大福:生後1906日目

お昼間ちょっと出掛けていてのだが、家に戻ろうと首都高に乗ったら柴友のCoCoちゃんから「もし、都内にいたら連絡を・・・」とのメールを受信。会いたかったけどもうだいぶ家に近づいていたので、残念メールを送ったら、夕方に我が町内まで来てくれることになった(決して、運転しながら携帯操っていないので念のため)。やったネ。
で、夕方めでたく?花時計の公園で久しぶりの再会。軽井沢でのゆうちゃんもそうだったが、久しぶりのCoCoちゃんとも開いた時間など全く関係なく、いきなり遊びモードに入るから面白いし、不思議である。「あれ?誰だっけ?」なんてことはないのかい君たちは・・・。かくして久しぶりに旧交を温めた大福なのであった。CoCoちゃん、わざわざ来てくれて、ありがとネ。

大福パンチでご挨拶。 まだ止めない大福パンチ。 挙げ句は逃げられてる。

7月6日(金) ■ 巻き巻きな一日 ■ 大福:生後1905日目

今朝の散歩は、そんなに遅い出発でもなかったのだが、いつもと街の景色や空気が違ったような。と言うのは、大福と2人で町内のアチコチのベンチに座って道草しすぎたからかも。そのお陰で?初めての黒柴・ミサキちゃんに出会えた。9ヶ月くらいとかだが、なかなかの良い子さん。時間がいつもより遅かったせいで、ヘアーサロンのお姉さんたちにも会えて地周りした甲斐もあったと言うもの。ここのところ、朝早すぎて皆さんに会えなかったもんね。

昼もだいぶ過ぎてから、急遽、お出かけ。ちょっと用足しタイムで『ららぽーと豊洲』にお立ち寄り。息抜きには好都合な場所である。丸善で取り置いてもらった本をピックアップして家内と合流。人形町の『鳥近』で買い物。ほぼ常連な大福はスタッフさんにまたしても「ハツ串」をいただいていた。アンタさ、年間の鶏摂取量、かなりなもんでないのかい?その後、町内に舞い戻って一応、夕方の散歩。と言っても用足し程度で終わったが・・・。

ノンビリ、のほほんとした日があるかと思えば、何気に慌ただしいと言うかバタバタした日もある。もうちょっと平均化できないものかと大福が思っているかは定かではないが、今日は明らかに後者な日だったなぁ。お疲れ様。

『大福の仲間たち14』に「ミサキ♀」を追加。

お初なミサキちゃん。 ・・・ ・・・ (忍)。 久しぶりに地周り成果あり。
乗らないよ。 ハツがやって来る。 ゴチ。後ろのリーマンさん、柴族とか。

7月5日(木) ■ 人もワンコも危機は一緒 ■ 大福:生後1904日目

中国製品のトホホぶりが連日報じられているが、製品の中に人のクチに入る食物まで含まれるとドドッと疲れが出て来てしまう。人の食物だから大きく報道されているが、これがワンコ達の食物となるとだいぶ危機感が薄くされてしまうのが悲しいところである。北海道のミートホープ社ではないが、加工食品となると我ら消費者の立場ではその是非を見極めることはかなり困難、いや無理と言っていいだろう。人の食物ですらソレであるから、ワンコ達のフードとなると、もう絶望的になってしまう。じゃぁ、手作り食か?となるが、これとて「まだマシ」という程度であろう。中国から輸入されている野菜は多いものなぁ。ちなみに、中国で裕福な人達は中国産の野菜食べないからネ。マシなら考えるべきかともなるが、世の飼い主さん達はいかがお考えなのだろうか。知りたいところである。

只今、偵察中か・・・。 ターゲット発見! 甘々攻撃中。

7月4日(水) ■ 梅雨らしい日 ■ 大福:生後1903日目

何となくフェードインで始まった今年の梅雨。気象庁も梅雨入り宣言間違ったのでは?なんて思われてしまうほど、梅雨入りしたとたんに天気が続いてしまっていた。今日のように一日雨降りなんていう日は珍しいかも。
そんな訳で、久しぶりにカッパを着ての朝の散歩(ちなみに、私めはと言えば、いかにも「長靴」ってのを履いての出陣)。誰にも会わないだろうなと思っていたら、公園の遠くのほうに黒柴の百々(もも)ちゃん発見。大福がワシワシ近づいていくと、雨降りなのに腹ばいで待ってくれるではないの。濡れちゃうのにゴメンね。ちょろっと挨拶して、百々ちゃんも大福も、それぞれお仕事場に向かったとさ・・・。大福は、雨なのに百々ちゃんと別れた後すぐにお仕事してくれました。ありがとネ。

濡れてるのに、ありがとネ。 すわ!やる気か! と思ったら、異常接近中な2人。

7月3日(火) ■ 毛色・毛質 ■ 大福:生後1902日目

町内に柴族が増えてきたことは一昨日も触れたが、増えるに伴って、いろいろな柴ちゃんに触れる機会も増えたことは嬉しい限りだ。赤柴・黒柴・胡麻柴・白柴などと一応カテゴリーは分かれているが、大福が属する同じ赤柴の子でも毛の色や毛の触り心地は皆それぞれ違っていて面白い。毛が短めの子や長めの子、色が濃い子や薄い子、毛が柔らかい子や硬い子・・・皆、それぞれ個性的で面白い。特に一見同じように思える黒柴の子たちなどは、近くで見たり触らせてもらうとそれぞれ全然違うので驚いてしまう。
人間がたった4種類の血液型で性格など診断して大騒ぎしているがナンセンスなことこの上ない。同様に、ワンコ達も犬種のカテゴリーで全て決めつけてしまうのはやはりナンセンス。毛色・毛質が違うように、それぞれ性格なんかも違って当たり前。個体の特性があるから、皆それぞれ可愛いのだ。

ペットボトル前で凜とされてもねぇ・・・。 オチョボぐちで緊張の前脚。 で、持ってくるのね。

7月2日(月) ■ 家族記念日 ■ 大福:生後1901日目

5年前の今日、お昼ちょっと前に大福は我が家に第一歩を踏み入れて家族の一員となった。その昔、10年一昔と言われていたが、この頃では5年一昔とも言われるぐらい世の中の変わりようが早くなってきた(5年でも遅すぎるとも言われているようだが)。そう考えると、大福が我が家に来てくれてからの歴史はもう一昔経過したことになる。何とも感慨深いではないか。

5年前の6月の初旬、ちょうど韓日共催ワールドカップが開催されていた頃だった。ショップから電話があって、可愛い子がいるので会うつもりがあれば呼び寄せるがと言われた。こういうお誘いの電話は3度目のことだった。もし、気に入らなければ別の子を探す・・・とは言われてはいたものの、実際に会って触ったりしてしまったら何でNOなどと言えようか。そんなこともあって、前の2回は会わずにお断りしていた。今思えば、気が乗らなかったのか・・・。
ところが、大福の時は、何だか会ってみたくなって「お願いします」と返事をしていた。この瞬間に、大福は遠く鹿児島の空の下で我が家の一員になる運命が決まったと言うことである。名前ももう大福と決めていたし。

翌々日だったか、ショップから電話があってご対面。フワフワの柴毛の感触と、ちょっと悪そうな大福の表情や仕草に触れることとなった。まだワクチン接種の関係ですぐに家に連れて帰ることはできず、しばらくはショップの事務所で生活してもらうことになった。大福はショップのオネエサンたちにいっぱい触ってもらい、大福、大福と呼んでもらっていたようだ。トイレも家で使うモノを用意していたせいか、我が家に来てくれたその日から用足しもお仕事もトイレトレイの中でしてくれた。ホント、今も昔も手間のかからない子である。家に来てくれるまでの約3週間の間、ほぼ毎日と言っていいくらい大福に会いにショップに行った。ほんの10分程度のコミュニケーションだったが、大福はだんだんと心を開いてくれて慣れてきてくれたようだった。

そして、2002年7月2日、ついに我が家に歴史的な第一歩を踏み入れてくれた。以来、我が家をおウチと思ってくれ、私たち夫婦を仲間あるいは家族と思ってくれて今日に至っている。大福に歴史あり。これからも一緒に歴史を綴っていこうね。と言うことで、ヨロシク。

今日でココとはお別れだよ。 何か見ている顔は昔も今も同じ。 じゃぁ、明日ね。
来ちゃったね。 ボールが大きいこと・・・。 慎重だねぇ。
渋〜い顔。 お疲れさんでした。 尻尾もご苦労さんm(_ _)m

7月1日(日) ■ 急増柴族 ■ 大福:生後1900日目

大福の散歩で町内をウロウロ。車の行き来で町内をチョロチョロ・・・。で、目につくのは増えてきたワンコ達の姿。その中でも自然と目で追ってしまったり、止まるのは柴犬。少し前は黒柴が急に増えたように思っていたが、この頃ではまた赤柴が増えてきているような。たぶん、気のせいではないだろう。2年ほど前までなら、おおかたの町内柴族の名前と顔は一致していたが、この頃では全くもって一致しない。一度、町内柴族分布図でも作ってみるかな。

『大福の仲間たち14』に、「風花♀」を追加。

アンタより大きい後輩だねぇ。 そんなに近づかなくても・・・。 やっぱり、そう行くかぁ・・・。


福と大福の間TOPに戻る