2007年10月の最初へ↓
2007年10月31日(水) ■ 推して知るべし ■ 大福:生後2022日目

人間社会では、食品偽装が話題になっているが、やっと犬社会にも及んできた。「ほねっこ」や「ゴン太のふっくらソフト」でお馴染みの『サンライズ』なるドッグフード製造・販売会社が、実際には使っていないササミ、ビーフを表示するなどして販売していたことが分かったらしい。
別に驚くことでもなかろう。人間社会で行われている愚行が、犬たちの社会で行われていないはずがないもの。何しろ、ワンコ達は喋らないから、やりたい放題のはず。まさに推して知るべしである。
そもそも犬業界は、人間社会を相手にはまともに対応できない人達が多いのかなぁ・・・なんて大福を通じていろいろな「犬屋」と接触して思うのである。もちろん、全員が全員そうであるはずはない。しかし、一握りのまともな犬従事者に対しての風あたりは相当強いようである。出る杭は打たれると言うが、この業界では、出る杭は抜かれるのが現実みたいである。

ムツゴロウ王国も撤退して北海道に戻らざるをえないみたいだし(自業自得なのだが)、ワンコを取り巻く環境は前途多難のようである。行き着くところ、それぞれの飼い主が愛犬を守ってあげるしかないと言うことなのか。

△が基本パーツよね。 ミニ秋田? 脱力しすぎだわな。

2007年10月30日(火) ■ 代替エリザベスカラー ■ 大福:生後2021日目

今日は、4日間の薬治療を終えたので病院でチェックをしてもらう日。病院に行く前に花時計の公園でガッちゃんに遊んでもらってたら、あら珍しや、同期のラン丸くんがやって来て久しぶりの再会。大福は、ラン丸くんの飼い主さんが大好きみたいで、頼まれもしないのに?お手などしてビックリさせてくれた。
病院はすぐに終わるのでガッちゃんが一緒に来てくれた。予約時間まで少し時間があったので、病院前の公園でまたひと遊び。匂い付けまでしておりました(汗)。
病院でのチェックは概ね回復の兆しとか。まだ少し腫れている部分もあるので念のためにあと5日間、抗生剤だけ飲むことになった。尻尾はだいぶ普通に巻くようになったが、患部あたりの毛が落ちているようで、少しばかり尻尾が貧相な気がしないでもない。

本来であれば、家でゆっくりしているべきなのだろうが、家で退屈時間が長いと患部を気にしてしまう。エリザベスカラーという手もあるが、あれが好きな子なんているはずない。要するに患部を気にしなくさせれば良いのだし、であれば気晴らしにお出かけでもするか!と超短絡的な思考回路。
ガッちゃんも誘って、今日は横浜方面へGO。と意気揚々と高速を進んだものの、なんと途中でタイヤがバースト。ヒェー、久しぶりに自分でタイヤ交換。高速道路での作業はけっこう怖いものだと改めて実感。
横浜では、まずは『横浜ベイクォーター』へ。1年ほど前にオープンしたと思うが、行ったのは今日が初めて。で、感想はと言うと、「今イチ」。何度も行くところではないかなぁ・・・と言うか、次に行くことがあるだろうか・・・。
気を取り直して、『赤レンガ倉庫』に出没。やっぱ、海が見えて船が見えてとベタだけど、コッチのほうが横浜よねぇ・・・とお上りさん状態。

帰りは、第三京浜で環八まで出て、自由が丘・人形町で買い物して、築地で妻と待ち合わせして帰宅。エリザベスカラーの代わりはけっこうお疲れモードになったようで、家に戻ってからも尻尾など全く気にするでもなく爆睡しておりました。ガッちゃん、今日も付き合ってくれてありがとネ。

朝から元気だねぇ。 超お久しぶりの同期のラン丸くん。 他所の飼い主さんに「お手」なんて珍し過ぎ!
病院行く前にもうひと走り。 ついでに、珍しく匂い付け。 シロップくん遭遇。
赤レンガ倉庫を見渡す。 ガッちゃん、落ちるよぉ! 横浜→港→船・・・短絡すぎ・・・。

2007年10月29日(月) ■ 積み重ねの縁 ■ 大福:生後2020日目

死んだ子の歳を数えても・・・と言うが、今日は、先代柴・福の誕生日である。生きていれば大福よりも少し先輩で6才の誕生日ということになる。
縁とは不思議なもので、仮に福が元気に生き続けていれば、大福は我が家にはいないのである。けれはもう紛れも事実である。福が死んでしまったことで、鹿児島からはるばる千葉くんだりまでやって来て我が家の一員になってくれたのである。そして偶然だが、福と大福は親戚であった・・・。
大福が千葉にやって来て最初に作った縁は、大福を私たち夫婦に紹介してくれたショップのスタッフさん達との縁だ。何人ものオネエサンたちに囲まれて、大福は我が家に来る準備を整えていたのであった。

今日は、サプリメントを飼うために、大福と縁を作ってくれたオネエサンが勤務するお店に行って来た(大福出身のショップとは別店舗)。1年以上ぶりに会っていなかったと思うが、覚えているかなぁ?と言う不安はあまりなかった。と言うのは、大福はけっこう好きなオネエサンのことはしっかり覚えているのであーる。案の定、オネエサンの姿を見つけたとたんに大喜びで猛ダッシュ。久しぶりの嬉しい再会であった。

大福がこれからも積み重ねていく縁の数々。どれもこれも全部、福があってのことなのである。

尻尾クリンクリンで大喜び。 触り上手なオネエサン。 だから、大福は大好きなのだ。

2007年10月28日(日) ■ 暖かすぎ ■ 大福:生後2019日目

季節はずれの台風はよほど恥ずかしかったのか、猛スピードで関東を通過していった。一夜明けて、これぞ台風一過と言うのだぞと皆に教えてくれているような晴天。しかも気温も20度を超えて暖かいような暑いような・・・。

朝の散歩に出てすぐに、CoCoちゃんとバッタリ。軽くジャブ程度に小遊びして、お仕事行脚のためお別れ。公園で立派の仕事をしてたら小さな子供が寄ってきたので、ちょっとばかりご奉仕を(営業とも言う)。こんなご奉仕で小さな子がワンコ好きになってくれたら嬉しいもんね。
小さな子ともお別れして家に戻る途中、前方に何やら白い集団を発見。ウエスティのヤンちゃん&リーくん親子とフレブルのチャンスくんだった。3人は大福を見つけると走り寄ってきて共同戦線?包囲網。大福は、後ろに回り込まれるとすかさず体を反転しながら尻尾を守っているようだった。だいぶ調子は戻ってきたもののまだ完調とまではいかないようで、たまに怖い顔して怒っておりました(汗)

CoCoちゃんとバッタリ。 お子ちゃまにご奉仕中。 白の軍団?に囲まれる。

2007年10月27日(土) ■ カテゴリー:犬 ■ 大福:生後2018日目

ボチボチ11月になろうとしているのに台風だと・・・。この時期に台風なんて聞いた記憶がないんじゃないかなぁ。今日の散歩は朝も夕も雨の中で敢行。特に夕方の散歩は、雨だけでなく風も強くて参ったの何のって・・・。

数日前に町内のメシ屋に行ったんだけど、予測はしていたもののクソガキ天国でひどかった。今さらだが、親も全然叱ったりしないんだねぇ。「あの店は、子連れでも大丈夫だから」ってことで来ちゃってるから、まるで免罪符でももらっている感じなんだろうな。まるでミニ亀田親子って感じだわな。こんな親子が犬でも飼うようなら、その犬の質も当然、推して知るべしとなるのは言うまでもない。
こういう場面でいつも思うのが、カテゴリーが人間というだけで、周りの迷惑も顧みずに騒いでいる子供が入店できてしまうこと。一方で、カテゴリーが犬というだけで、大人しくお利口さんにしている大福を始めとするワンコ達が入店できないなんて何と理不尽なことか、と嘆くあたりが完全にアホ飼い主になってしまったという証なのかなぁ・・・。

ちなみに、客の質が落ちると仕事が荒れて味落ちするのが飲食業の定説。この店も、かろうじて及第点だったのだが、見事に味落ちしていてランクの外になったかな。仮に味落ちしていなくても、クソガキとタバコの煙蔓延の飲食店には行かないわな。

何でドロドロのところ歩くかなぁ・・・。 水溜まりもヤメテよ。 全然気にしてないようである。

2007年10月26日(金) ■ 凹んでるし、雨だし ■ 大福:生後2017日目

尻尾はだいぶ真上で巻くようになってきたが、まだまだ気にしている様子。朝の散歩はまだそれほど雨が降っていない間に消化することができた。一度家に戻ってから病院に診てもらいに行ってきた。『大福・医者の記録』を見ると、昨年もこの時期に(9月下旬)同じような症状で病院に行っている。季節の変わり目とかが関係しているのだろうかねぇ。
患部を診てもらったが、湿疹の原因特定まではできず(喋らないし当たり前だわな)昨年のように、内服薬をもらって4日ほど様子を見ることに。先生と少し話をさせてもらったが、ここ数年で湿疹を始めとして治療法はだいぶ変化してきたとのこと。ううむぅ、確かに少し前までは塗り薬が主だったが、この頃では内服薬をもらうことが多いような。塗り薬を塗った個所を気にしてしまう大福にとっては、内服薬で済むのであれば、それに越したことはないので大歓迎なのだが。大福は、診察台の上で大騒ぎするかなと思っていたが、全然大人しくしてくれていたので大助かり(降りようとはしていたが)。
家に戻って薬を飲ませて、今日は安静の日とする。まだちょっと凹んでるみたいだし、一日雨降りだし、たくさん休んで、早くいつも通りになれよ。

鼻隠してまん丸。 寝て治すのが野生の名残か。 休息休息。

2007年10月25日(木) ■ リトマス試験紙 ■ 大福:生後2016日目

朝方4時ぐらいに大福が珍しく寝室に走ってきて布団の上にドーン。で、じっとコッチを見ている・・・。たとえ寒くても甘えて一緒の布団に入ってくることなどまずないので、何かあったかな?と。こんな時の大福は、嘔吐してしまった時などがまず考えられる。でも、嘔吐の時は吐瀉物を片付けようとする私らにくっついてきて、その様子を見ているのが普通。今朝は、私めの跡をついてくるでもないので嘔吐ではないことはすぐに分かった。部屋のアチコチを見回ってもやはり嘔吐の形跡はナシ。となると、ちょっと体調不良なのかなと。どこか怪我してたり体調不良の時は、気持ちも弱くなるようで甘えるようにベッタリと寄り添ってくる大福なのである。

そんなことなので、今朝の散歩は大福任せのコース取り。一番近くの公園に行ってみたが、前を行く大福の姿にもちょっと異変が。尻尾が伸び気味でしかも根本から折れている。あぁ、これはもう何かあったに違いない。しかも、少し歩いては、尻尾を気にするように立ち止まって振り返って尻尾を見たり私めの顔を見たり・・・。これは、尻尾に異変が起きているなと判断。大福は、早く家に戻りたいようでいつもより早めにお仕事も済ませ足どりはチャッチャと家に向かう。
家に戻って、手足と体を拭いてから尻尾をまさぐるように見てみたら、ありました、湿疹が。しかもちょっとジクジクしかけてる・・・。尻尾を触っている間、ずっと邪魔するわけでもないのだろうが、毛をかき分けている私めの手を舐めて抵抗?しておりました。目はクチほどにモノを言うとされているが、柴族の場合は、尻尾こそクチ以上にモノを言うというところか。でも、年老いてきて尻尾が巻かなくなったら、どう判断したら良いのだろうか・・・大きな課題だなぁ。

あらら、折れちゃって・・・。 不安だねぇ・・・。 尻尾は健康と気持ちのバロメータ。

2007年10月24日(水) ■ 詰め放題な午前中 ■ 大福:生後2015日目

もう少し平均的にならして割り当てできないかな?と大福に詰問でもされそうな今日の午前中だった。
朝も早よから花時計の公園で一人遊びを敢行。いまだに大福は起伏のある場所が好きなようで、時計台の斜面を登ったり急降下したりと猛チャージ。見ていてハラハラするぐらい走り回る。腸もこなれてお仕事もしっかりしてくれて、今度は町内に移動して別の公園に。あら、クロくん?不思議なことに出会う時は連続するもので、先週久しぶりに出会ったのだが、今週も早々と会えてしまった。ならば、走らずにはいられまい(と、誰が決めた?)。クロくんの飼い主さん曰く「涼しくなってきて元気余っているようだ」とのこと。やはりワンコ達にとっては気持ち良い季節になってきたんだなぁ。

今日は、シャンプーの日なので、本当は一度家に戻ってから出直すはずだったのだが、クロくんに遊んでもらってちょうど良い時間になったので、その足でシャンプーに。自分からスタスタ入って行くくせに置いてかれるのは嫌みたいでガラス越しに見る大福の表情は複雑そう。
70分ほどして迎えに行ったら、ちょうどガッちゃんが散歩兼大福のお出迎えに来てくれていてバッタリ。出て来てガッちゃん見た大福は「何で?」という感じで不思議そう。用足しを兼ねて歩いていたら、これまた久しぶりに先輩姉御柴のモモちゃんとお友達にバッタリ。ふっくらした体つき同様、相変わらずのおっとりぶりにしばし和みタイム。そうこうしてたら、これまた相変わらずゴムまりのように弾けながらチャンスくんも登場で、すっかり賑やかな昼前のひと時になってしまった。

今朝、大福が散歩に出発したのは、7時よりだいぶ前。そして家に戻ったのは、11時過ぎ。お出かけではなかったのに、朝から出っぱ(出ずっぱり)な日となってしまった。もちろん、午後はゆっくり休息してもらったが。今日の体重は、9.2kg。

朝一でヤル気顔。 時計台の周りをダッシュ。 ニ丁目公園でクロくんとバッタリ。
2人とも笑い顔で爆走。 シャンプー前の笑顔が・・・。 置いてかれる時は複雑。
終わって出たらガッちゃんがお迎え。 まったりと昼前の日だまりで。 柴 vs フレブル・・・体重なら圧勝か。

2007年10月23日(火) ■ 初々しいパピーズ ■ 大福:生後2014日目

町内の人口が増えるにつれてワンコ人口も当然増えるのは当たり前。ここ一年ぐらいでたくさんのパピーに出会って、その初々しさは眩しいばかりに輝いていて何とも嬉しい限り。中には、柴族もけっこういたりで嬉しさは更に倍増。パピー達の飼い主さん達が大勢集まっている姿を見ると、「そうだよなぁ、大福が仔犬の時も毎日一緒に散歩やら遊んでもらったりしたもんなぁ」と感慨深くなるのは秋のせいなのか。

大福も5才を半ばを過ぎて、ちょっぴり先輩になったわけだが、大福同様にアホ飼い主の私めも一緒に成長?したのも事実である。で、思うのが、この頃の飼い主さん達って(特に女性だが)、愛犬がマウントして腰をスッコンスッコンさせていても全然注意しないのね。アレって、恥ずかしいのでは?と思うのは私めが男だからなのかなぁ・・・。女性のほうがもっと恥ずかしいのではと思っていたんだけど。以前、都内のドッグランでシコシコし始めた男の子ワンコがシコシコされていたワンコの飼い主さんに思い切り蹴り上げられていたのを見たことあるけど、されるほうは嫌だわなぁ。お願いだから大福にはしないでね。

それと、久しぶりに出会ったパピーがすっかりアホ犬になっているのを見るのも悲しいなぁ。最初会った時は、あんなに真っ直ぐでイイ子だったのに、いったいどうしちゃったの?と言いたいぐらい違う子になってたりするのでビックリしてしまう。一緒に遊ばせる子たちが悪いのかしらん?
そういう面での大福のパピー時代は大変恵まれていたと断言できるなぁ。気配りしっかりしてくれる飼い主さんばかりだったからなぁ。ホント、大福のベースを作ってくれた同期ワンコや先輩ワンコに感謝しなくちゃいけないなぁ。もちろん、飼い主さんあってのことなんだけどね。

掘り掘りに熱中するメイちゃん。初々しくて輝いているなぁ。最近出会ったパピー達、みんなイイ子で立派に育ってね。オッサンからの切なる願いである。

掘るねぇ・・・。 これこれ。 追いかけてみる?

2007年10月22日(月) ■ 朝街ろまん ■ 大福:生後2013日目

すっかり涼しくなってきた朝。朝の散歩はもう少し遅く出ても良いのだけれど、ピーカン前の朝はすごく気持ちが良いので、今のところ夏モードとあまり変わりない時間に出発している。夜露に濡れた地面がまだ乾ききっていないのが、タマに傷だが、薄ら寒いこの体感が何とも言えないぐらい気持ち良い。
そんな早めの散歩なのに、友達犬と出会うと元気百倍。更に街浄化中?のヘアーサロンの皆さんにも出会えたりすると、いっぱい触ってもらえるので嬉しいの何のって(お邪魔虫でしかないのだが)。そして、登校を終えてヒッソリたたずんでる公園の遊具で大胆にも不法遊技させてもらったり・・・。街の景色がいつの間にか日常的になっている大福なのである・・・と駄文を書きながら頭の中で流れている音楽は、はっぴーえんどのアルバム『風街ろまん』(化石だわな)。

お友達に会って。 お掃除隊に会って。 遊具で遊んで。

2007年10月21日(日) ■ 自主2連休 ■ 大福:生後2012日目

ちょっと疲れが溜まっているのかなぁ、大福様。動きにキレが見られないような・・・。人間だって、何となく体調すぐれない時もあるのだから、ワンコ達もそんな時があっても仕方ないわな。ただ、人間と違って声を出しての意思表示をしてくれないところがツライ。
「さぁ、お出かけに連れて行くよう!」なんて時、「スンマセン、ちょっとお疲れなので留守番して寝てますんで、気にせず行って来てくださいな」なんて言ってくれるとかなり助かるんだけど、無理だわなぁ。行き着くところ、飼い主の観察力や想像力によるところが大きいから飼い主の責任は大なのである。難しいなぁ。
てことで、今日も家でゆっくり休息日。外はけっこう気温高いみたいだからちょうど良かったかも。

『大福の仲間たち14』に、ついつい後回しになっていた「ダイ♂」と「サブ♂」を追加。

コロッケ寸前。 ZZZ・・・。 脱力快。

2007年10月20日(土) ■ 予定変更 ■ 大福:生後2011日目

今日もお出かけかな?と思っていたのだが、朝の散歩に出てみたら意外に暖かいのでビックリ。この頃の涼しさに比べると暖かいと言うよりも、少し暑いと言ったほうが良いぐらいな体感覚。温度はせいぜい24度ぐらいかと思うが、これで暑いと思うとは人の感覚なんて何と曖昧なことなのか。1ヶ月ほど前の猛暑なら「今日は涼しいよねぇ」だったことは確実。
てことで、何もわざわざ暑いと思う時に出かけなくても良いじゃないかということになって、今週も町内潜伏休息の日にすることに決定。かくして穏やかな週末になったとさ。

そぉ〜と、リキくんに近づいて・・・。 すわ、緊張みなぎって・・・。 はい、ご苦労さん。

2007年10月19日(金) ■ THE 3名様 ■ 大福:生後2010日目

朝の散歩もおおかた終えて家に戻ろうとしたら、CoCoちゃんにバッタリ。ちょっと具合が悪かったとか聞いていたので心配していたのだが、今朝の様子だといつもとあまり変わりなそうな感じで、まずは良かったなと・・・。ならば、オプション散歩?で一番近場の公園に。毎度のコミュニケーションをしていたら、間もなくしてガッちゃんも登場で、THE 3名様のお成りぃ〜。
会うといつも仲良く遊んでるけど、帰る家はそれぞれ別々(当たり前だけど)。そんな関係をいったいどのように考えているのかなぁ・・・。何ーも、考えていないんだろうなぁ、きっと・・・。

まずは、CoCoちゃんと・・・。 ガッちゃんと・・・。 で、THE 3名様の出来上がり。
大福が登って・・・。 ガッちゃんも登って・・・。 THE 3名様だと狭いだろうに・・・。

2007年10月18日(木) ■ 台場にミッドタウン ■ 大福:生後2009日目

天気予報によると明日あたりから天気が崩れるとか・・・裏切られても裏切られても、アホ飼い主にとって天気予報は大事なアイテム?なのである(もう少し的中率上げてよね)。
ならば、今日あたりお出かけしておくかと企みながら朝の散歩に出発。レレ?チャンスくんじゃないの?気のせいか、お出かけの日の朝にはよくチャンスくんに会うような・・・。相変わらず元気にゴムまりが弾けるようなチャンスくん。ホント、可愛いねぇ。で、次はガッちゃんと待ち合わせ。待ち合わせした公園が散歩なんだかお喋りなんだかよく分からない状態だったので、他の公園に移動。軽く遊んでいたら、久しぶりにクロくんがやって来て走り回り。朝から、忙しい大福なのであった。

いつも元気いっぱいだね。 今朝も元気な2ショット。 クロくんとの走りは久しぶり。

昼前からガッちゃんとお出かけ。今日は、特にランチすることなく気晴らしお出かけがテーマ(大袈裟)。まずは、台場に行ってみた。やはり、平日の台場は閑古鳥。この閑散さじゃ修学旅行の子たちもちょっとシラけるわなぁ・・・。何度来てもお決まりのスポットで写真撮ってしまうのは、お上りさん精神が抜けていない証か。もっと涼しいかと思ったが、案外暑かったので、早々と台場を出発。
伊皿子→麻布十番→と寄り道買い食いして、青山墓地でちょろっと休憩。妻とミッドタウンで待ち合わせしていたので、早めに着いて庭園を散策。夕方近くになると昼の暑さが嘘のように一気に涼しくなってくるあたりがやはり秋なのか。庭園は、ガイドツアーに参加している団体や、地元の?小さい子供達や散歩しているワンコも沢山いた。我が町内の公園に比べると猫の額ほどの庭園だが、都心に住むワンコ達にとっては嬉しい公園に違いない。そう考えると、ガッちゃんも大福もロケーションだけには恵まれているよホント。
プラプラ遊んでいたら、待ち人より電話があって合流。大福は、妻からの着メロを覚えているようで、電話を切った後はあたりを気にしてキョロキョロ。姿を発見したら嬉しそうに尻尾振りながら猛ダッシュ。こんな姿がアホ飼い主にとっては一番嬉しい姿なのよねぇ・・・デレデレ。
かくして、今日のお出かけも無事終了。帰りに中華弁当など買いしめてご帰還。今日も、お疲れの2名様。ホント、ご苦労様でした。後で聞いたのだが、ガッちゃんはかなりエネルギーを消耗したようで、家に到着するなりバタンキューで燃え尽きた症候群状態だったとか・・・。体重を量ったら、何と!0.4kgも減っていたとか・・・そんなに疲れていたのかぁ。ゴメンねぇ。懲りずにまた付き合ってね。

恥ずかしショット? ちゃんと撮ると1000円なんだと・・・。 お団子と大福餅をゲット。あっ、お赤飯もネ。
オニオンスープと強力ガッちゃんビーム(汗) ミッドタウンのイベントホール前(美術館?)。 お子供達への営業も忘れない。
都会なバックだねぇ。 水の絵が寒そうになってきた。 待ち人来たる!

2007年10月17日(水) ■ お邪魔虫 ■ 大福:生後2008日目

朝の散歩で町内を地周りしていたら、町内のヘアーサロン『ON THE GO baytown』のスタッフの皆さんが町内のゴミ清掃しているところに遭遇。いつもお店の前でしか会っていないので、大福はちょっと不思議そう。でも、しっかり皆さんの作業の邪魔をして存在をアピールしていた(汗)

クラシックカーや野球イベント、そして環境保護イベントに参加するのも良いけれど、実は一番大事なのって、もっとストリートレベルのことなんだよね。実際、街文化なんてのは昔から道に沿って育ってきたものなんだから・・・。
それにしても、『ON THE GO baytown』のスタッフの皆さん、始業何時間も前から、町内のお掃除ご苦労様でした。ウチの街、ゴミ多いから大変だったと思います。しばらく続けるらしいけど、風邪など引かぬようにしてください。またお見かけしても、お邪魔虫にならぬようにいたしますんで・・・。

触ってもらえた。 明らかに邪魔。 結局、皆の足を止めることに・・・。

2007年10月16日(火) ■ よく分からん ■ 大福:生後2007日目

今日の午後、町内を『La Festa Mille Miglia』なるクラシックカーのパレード(ラリーなのか?)が通過した。ちょうど用事を終えて家に戻ろうとしたら、ボチボチ車が通るらしき気配だったので、家に戻って大福を連れて野次馬してみた。一番のビューポイントにガッちゃんもいたので一緒に沿道に。ところが、さすがクラシックカー、時流のエコカーと真逆で排気ガスバンバン。沿道にはベビーカーの赤ん坊もいっぱいいたようだったが、大丈夫なのかね?

ウチの町内は、近所の幕張メッセでロック・イベントがあると、やれ騒音だとか文句ばっかり言っているくせに、ロッテが優勝などするものなら町内パレードをやりたがる。地球に優しく、なんて言って環境保護のイベントもやったりする。かと思えば、今度は排気ガスまき散らすクラシックカーに小躍りしている始末。よく分からん町である。

町内での見物を早めに切り上げて、ガッちゃんと一緒に海の公園に行ったら、そこの駐車場もコースの一部になっていて、クラシックカーがいっぱい。うーむ、嬉しいような嬉しくないような・・・。でも、とりあえず写真ぐらいは撮っておくか←バカ。

また来たね。 反対向いた方が見やすいと思うけど・・・。 はい、帰りますよ。

2007年10月15日(月) ■ 不謹慎だが・・・ ■ 大福:生後2006日目

夕方の散歩は、ガッちゃんと一緒に海の土手コースに久しぶりに出てみた。夕方のこのコースは、バッチリと西日が射して、しかも逃げ場がない。だから、夏の暑い時期はちょっと遠慮しているコースである。さすがに10月も半ばになると暑いという言葉に懐かしささえ出てくるほど日々涼しくなってきている(日によっては、「寒い」と言ってしまいそう)。久しぶりのこのコース、案の定?ちょうど良い涼しさで歩いていて気持ち良かった。
今日は、土手の上コースを歩いていたのだが、ふと土手の下コースに目をやると、前方から見慣れた久しぶりの友達犬がやってきた。この友達犬、先日事故死したワンコと犬種も名前(正確には愛称)が同じだったので、ちょっと気になっていたのだ(しかも年齢までも似ていた)。亡くなった子や飼い主さんには申し訳ないが、正直、この友達犬に今日出会った瞬間「この子でなくて良かった」と思ってしまった・・・。で、そう思ってしまった瞬間、自己嫌悪なのだが・・・。

左、海。右、道。 スポーツの秋してますなぁ。 涼しくなって、走りも絶好調。

2007年10月14日(日) ■ のんびり週末 ■ 大福:生後2005日目

久しぶりにだなぁ、土日のどちらも出かけないなんて・・・とか思っているのはきっと飼い主だけであって、大福的には「良かったよぉ、ゆっくりできて」とか「ワンコがいつも出かけたいなんて勝手に思わないで」・・・ぐらいの思いがあったりして。
言葉遊びではないが、ワンコ達は決して「一緒に出かけたい」という気持ちよりも「置いて行かれたくない」という気持ちのほうが強いのではないかと思うのだがどうなんだろうか・・・(実は、かなりの自信あり)。
何はともあれ、思い切りゆっくりできた週末なのであった。

枝、いってみる? 集中しすぎ。目寄ってるし・・・。 来たぁーっ!

2007年10月13日(土) ■ 安息の日 ■ 大福:生後2004日目

めっきり涼しくなってきて急速で秋モードに完全突入。街ですれ違う柴族の毛並みも何気にふっくらとモコモコしていきているような。柴族も他のワンコ達も秋の気配を体感しているのだろう。
昨日のお出かけ疲れが残っているだろうと、今日は完全にOFF。散歩もダラダラと町内を地回りよろしく歩き回っただけ。何とも平穏な週末だったとさ。

軽く触って・・・。 ベシッ! で、押さえ込むってか?

2007年10月12日(金) ■ 出っ放し ■ 大福:生後2003日目

今週は、お出かけすることもなく怠惰な日々を過ごしていた大福。今日はお出かけしようと思っていたので、昨日までに今週の用事を終えて準備万端(先延ばしとの噂もありだが・・・)。
お出かけもするし、朝の散歩は軽めにと思っていたら、そうもいかなくなってしまった(予定は未定とはよく言ったものである)。お仕事終えて歩いていたら、プリティなフレブル、チャンスくんにバッタリ。その弾むような姿に大福はタジタジ、私めはニッコリ。その後、花時計の公園で一っ走りしていたら、ガッちゃん登場でしばしの盛り上がり・・・のつもりが、けっこうなエネルギーの大消耗となり、今日の出ずっぱりは大丈夫かと、ちぃーと不安に・・・。でも、ガッちゃんも付き合ってくれることになったのでどうにかなるかぁ。

弾むチャンスくんと。 スーパーボールで一遊び。 ダメダメ、入っちゃっ・・・。
時計台の周りを走り回る。 ガッちゃん来るってよぉ。 はい、ガッちゃん登場だよ。

一度、家に戻ってから軽く野暮用を済ませてからお出かけ。まずは田園調布まで足を延ばして食材の買い出しとランチ。残念ながら知り合いワンコはいなくて地味にカフェランチ終了。駒沢公園で用足しでもと思ったら、こっそり停めようとしていた場所が工事中だったのでパス。流れるままに原宿まで来てしまったので、ガッちゃんチがここのところブームとなっている『タイガー&ドラゴン』に登場するお店「ドラゴン・ソーダ」ロケ地で途中下車して裏原の香りをちょっと嗅ぐ。
最後は、『ららぽーと豊洲』でお供のガッちゃんと大福を労うことに。ところが、どうせ銀座を通るなら今日オープンした有楽町の『イトシア』の様子など見ようと寄り道。これまた流れでいつの間にかイトシア地下駐車場に入ってしまった。ところが、ワンコ連れのシミュレーションをしていなかったようで、係の人は大あわて。うぅーむ、あの慌て具合からすると、ガッちゃんと大福がオープンして初めて来館した記念すべきワンコかも・・・。
『ららぽーと豊洲』は、珍しくワンコの数も多くて小賑わいしていた。まだ4時ぐらいなのに東京湾は夕暮れ直前で、いつの間にか秋になってきてしまったんだなぁとちょっぴりシミジミな私めであった。
町内に戻ったのは、5時半前。薄暗くなってきたお馴染みの公園で、用足し&クールダウン?かくして、今日の長ーーいお出かけも無事終了。嬉しいのか迷惑なのか本心の程は分からないが、今日もいっぱい付き合ってくれてありがとネ。ガッちゃんチもお疲れ様でした&お付き合いいただいてありがとうございました。
夜、大福は夕食の時間になっても起きてこないぐらいのお疲れモードであった。明日は休息日にするからね。

カフェでランチ。 目線が痛い! 何見てるの?
『タイガー&ドラゴン』の「ドラゴンゾーダ」前。 裏原のオニイサンたちとコラボ?
『イトシア』って言うんだって、丸井なのに・・・。 この海もイイかもね。 夕景になる直前。

2007年10月11日(木) ■ 挨拶 ■ 大福:生後2002日目

朝の散歩はちょうど小学生や中学生の登校時間にまたがってしまう。登校途中に大福を見つけて走り寄って来る子たちも何人かいる。走り寄って来る子たちは、黙って大福に触るわけもないから、皆、「おはようございます」とか「触ってもイイですかぁ?」なんて声をかけてくる。そう、ちゃんと挨拶できる子たちなのだ。
ワンコが好きな子供達は、その親たちもきっとワンコが好きなのだろう(親がワンコ嫌いだったりする場合、その子供はワンコを怖がったする場合が多い)。一通り、大福を触ったこと子たちは「ありがとうございました」なんて、これまた嬉しい挨拶をしてくれる。こちらが「行ってらっしゃい」なんて送り出すと、「行ってきまぁーす」なんて言って学校に向かって行く。良い子たちなのである。

『大福の仲間たち14』に、やっと「ラッキー♂」を追加。

登校道草中。 朝からありがとネ。 いってらっしゃーい。

2007年10月10日(水) ■ 目線 ■ 大福:生後2001日目

人間の社会でも「目線を変えて」なる言葉が存在する。今さらだが、視点を変えてモノを見てみると見え方が全然違う・・・と言うような意味で使われることが多いってことよね。ワンコの場合で考えると、もっと具体的に目線の違いを思い知ることができる。一番思うのが、交差点での信号待ちの時などだ。信号が変わる時間があまりに長い交差点でたまに大福の横にしゃがんでみることがある。で、驚く。「こんなに排気ガスがスゴイのか!」って。
もっと具体的に目線で思うこともある。毎日持ち歩くデジビデなどで大福目線で撮影してみると町の景色が全然違って見える。再生していつも驚いてしまう。我ら人間が何とも思わない自転車の車輪も運送業者の台車も大福には全然違った印象で見えるのだなぁと体感することができる。大福は、自転車が苦手(怖い)なので、正直「何で?」と思ったりもしたが、大福目線で世の中の日常的当たり前を見てみると、仕方ないかなと思うのである。

人間目線の景色も・・・ 大福目線だと、こうなるかぁ・・・。 こんな風なんだなぁ・・・。

2007年10月9日(火) ■ 生後2000日経過 ■ 大福:生後2000日目

三連休明けの今日も朝から雨がポツポツしたパッとしないお天気。今日で大福はこの世に生を受けて2000日目らしい。2000日・・・もう2000日とも考えられが、まだ2000日とも考えられる。そう、一つの通過点の区切りの良い日でしかないと言うべきなのかな。

先週末に近所の公園を2つを行き来する時に渡る道路で、ワンコが車に轢かれて死んでしまったとの話を耳にした。我が町内は、今時珍しい駐車違反地区ではない。そのことは、住人のほとんどが知っているが、町内の道路の制限速度が、時速60kmであることは案外知られていない。事故の詳細は分からないが、人間の場合でも正しく交通ルールを守って横断歩道や歩道を歩いてても車の事故に巻き込まれてしまうケースもある。正しいことをしていれば安全ということでもないのだろう。人間の場合よりもワンコの場合は、引率する我ら飼い主の判断やケアがより大事であると言っても良いだろう。
今回の事故を耳にして、飼い主達それぞれがいろいろ考えたことだろう。轢いた車に怒りを思う飼い主。自分チの子でなくて良かったと思う飼い主。オフリードは危ないと改めて思う飼い主。リードが手から離れても走り出さないようにしなきゃと思う飼い主。躾けぐらいはしてあげるのが最低限の愛情だなと思う飼い主・・・などなど考え方は様々だが、考えることを身をもって教えてくれたワンコには感謝せねばなるまい。合掌。
それにしても、轢かれて無惨な姿になってしまった愛犬を抱いて病院まで運ばなくてはならなかった飼い主さんの姿を想像するといたたまれないものがある。

風見大福中。 一人爆走中。 穏やか中。

2007年10月8日(月) ■ ぎりぎりセーフ ■ 大福:生後1999日目

三連休最終日は完全な休息日。一昨日、昨日とお出かけ続き。加えてシャンプーですっかりお疲れのはずだし、お天気も悪くなるとかなので休息日にはちょうど良いだろう。我ながら天晴れなスケジューリングだ・・・。
朝の散歩で、CoCoちゃん、ビスコくんに出会ったが特に過度な運動をすることもなく久しぶりに静かな散歩を消化。お仕事も無事終えて帰ろうとしたら雨がポツリポツリ。家に戻った頃にはけっこうしっかり降り始めたが、大福も私めも全く濡れることなくぎりぎりセーフ。日頃の行いが良いから・・・とは、ちょっと言い難いが、たまにはこんな日があっても良いかもね。

左手でベシッ。 右手でベシッ。 そりゃぁ、行ってしまうわなぁ・・・。

2007年10月7日(日) ■ 懐かしき新宿 ■ 大福:生後1998日目

我が地区から都内の中央区や港区あたりなら車で30〜40分程度で着いてしまうし、元々、それらの区が好きなのでヒョコヒョコと大福を連れて行っているが、これが新宿となると更に20分ほどかかってしまうので、気持ち的には「さぁ、行くぞ」と気構えしてしまい「特別区」となってしまう。
そんな新宿だが、アホ飼い主若かりしき頃の20才前後は、新宿に毎日のように通っていた。新宿三丁目にロック喫茶なるものが当時あって、夕方から朝まで夜な夜な入り浸っていた。そのロック喫茶の名を『ローリング・ストーン』と言う(誰も知らないだろうなぁ)。それから数年後、若きアホ飼い主は、まだ何もなかった原宿に巣くうようになるのだが・・・。

なんて話はどうでも良いのだが・・・。今では「遠路はるばる」となってしまった新宿地区だから、大福は一度も行ったことがない(職安通りのコリアンタウンには行ったことあるが)。それで、今日は別用事もあったのでちょっこら行ってきた。ちょうど昼ぐらいに到着したので、伊勢丹前の新宿通りが歩行者天国になっていた。で、お決まりのようにウロウロ歩いたが、他の地区同様にワンコ好きの人は多いようで、大福は注目を受けて大勢の人に触ってもらっていた。その中の一人の女性から名前を訊かれたので「大福と言います」と答えると、「あれ?『きょうのわんこ』に出ていませんでしたか?」とまた訊かれた・・・恐るべし『きょうのワンコ』。
次いで、『新宿御苑』まで足を延ばす。お天気が良かったので人出もけっこう多く入園券売り場には人が並んでいた。中に入れないのは分かっていたので、周園道路を散策してお終い。中に入れればいいのになぁ・・・。

てな感じで、今日はちょっとノスタルジック気分のアホ飼い主なのであった。
ちなみに、今日の大福はと言うと、朝7時過ぎから散歩に出て、その足でシャンプーへ。シャンプー終わって、家に戻ることなく新宿まで連行されてと、かなり気の毒なのであった。明日はゆっくり休もうね。ゴメンちゃい。

新宿の歩行者天国。 『新宿御苑』前で。 御苑周回。

2007年10月6日(土) ■ 九十九里 ■ 大福:生後1997日目

三連休の初日にあたる今日は、ガッちゃんチに九十九里に連れて行ってもらった。8時集合で出発したが、45分ほどでもう九十九里の海で遊んでる・・・いつも思うけど、けっこう近いんだよね九十九里。三連休だから人出もあるかなと思ったが、サーファーの皆さんがパラパラといる程度で浜辺はガラ空き。ガッちゃんも大福も早々と大々ヤル気モード全開。
すぐ近所の海で遊ぶ時も嬉しそうに遊んでいるが、やはり砂浜の足抜きの具合や広々とした解放感は近場の海と違うのだろう。走り回る顔はまさに満面の笑み。飼い主にしてみれば、嬉しそうな顔が見られることが何よりで、こんなに短時間で来られちゃうならもっと来てあげなきゃなと思ったり。

美味しい海の幸を食べたり、いろいろ買い物までさせてもらい、今日は本当にお世話になりましたm(_ _)m

真っ新の砂浜に足跡バッチリ。 沖に向かってGO! キラキラの海。
楽しそうだねぇ。 けっこう波が来るかもよ。 飼い主のほうが中に入ってるし・・・。
何となく猫っぽい手さばき。 好奇心いっぱいの眼差し。 ブルブルッ直前の天仰ぎポーズ。
さぁ、2人で行ってごらん。 そうそうイイ感じだね。 ヤバイ、ヤバイ。
掘ってるねぇ。 ズボッ。 悪そうな顔だこと・・・。
地元でハマグリだのホタテだの。 道の駅で。 こんな太巻きもありました。

2007年10月5日(金) ■ お久(ひさ)続き ■ 大福:生後1996日目

今日の夕方の散歩でも、お久しぶりの連鎖なのか、久しぶりに空くんに出会った。道路の反対側ですれ違うことはたまにあったが、対面でのコミュニケーションはいつ以来だろうか。道路の反対側からコチラに走って来てくれる空くんを大福は嬉しそうにお出迎え。実は、大福は空くんが大好きだ。仔犬時代からの付き合いだが、その仔犬時代には毎日のように一緒に走り回ったりジャレ合ったりと、これまた昨日のさくらちゃん同様、大福の今の基本ラインを形成してくれた1人と言って良いだろう。
ワンコ達の記憶回路がどのようになっているのかは定かでないが、意外なほどいろいろなことをしっかりと覚えているようである。お互いにもっともっと歳を重ねてからもイイ付き合いが出来と良いよね。

空くん、久しぶり。 匂い確認? ベシッ・・・はヤメなさい!
昔から仲良かったもんね。 激しく遊んで・・・。 仲良く遊ぶ・・・。

※下の3枚は昔の写真。

2007年10月4日(木) ■ 朝から再会 ■ 大福:生後1995日目

朝一でお仕事行脚の後に、いつもの公園を歩いていたら白い大きな姿が・・・。さくらちゃんだ!だいぶ前に別の公園でこれまた偶然会って以来だ。さくらちゃんは、大福が仔犬の頃、言わば教育係?をしてもらっていたこともあって懐かしいこと懐かしいこと。飼い主さんによると、ちょっと具合が悪い時期もあったようだが、今は被毛の状態もすっかり昔と同じで綺麗だったし、歩く姿も元気そうだった。昔の仲間の元気な姿を見られるのは何よりも嬉しいことだ。

ちょうど公園に来ていた他所のワンコ達もさくらちゃんの巨体に興味津々で皆集まってきた。大福も一緒させてもらってしばらく様子を見ていたが、やはり細紐の伸びるリードはちょっと怖いなぁ。それと、リード着けたまま自由にさせているのも危なさそうだなぁ。どちらも間違ってリードが飼い主さんの手から離れても、ワンコ達はお構いなしに走って行ってしまいそうだもんなぁ。それに伸びるリードはワンコの足に絡まって事故が起きそう。今日も大福の足に絡みそうになって一瞬ドキリだった。

あれ? お互いに確認完了。 じゃぁ、歩きますか・・・。
初めては、まだ生後4ヶ月ちょっとだったね。 頑張ってたよねぇ。 生傷も絶えなかったし(汗)

※下の3枚は昔の写真。

2007年10月3日(水) ■ お出かけ ■ 大福:生後1994日目

今日は、ガッちゃんをお誘いしての昼からのお出かけ。最初は四谷の『わかば』で鯛焼きを、『坂本屋』でカステラをゲット。車の中で10年以上ぶりに『わかば』の鯛焼きを食べたが、「こんなに甘かったっけ!」と思うほどで、甘さで頭がキンキンしてしまった。きっと、味は変わっていないのだろうから私めの味覚が歳と共に変わったと言うことなのだろう。焼き具合の見た目は凋落著しい麻布十番『浪花家』と違って見事に綺麗な焼きであった。ガッちゃんも大福も甘い匂いが脳に刺激?でクンクンと匂いチェックをしていた。
ランチは、代官山のハズレにある『モンスーンカフェ』。いわゆる「何ちゃってエスニカン」だが、ワンコ一緒OKだから、まぁ、ヨシとするか・・・。
続いては、時間調整?も兼ねて、浅草に出没。六区界隈でベタな写真など撮ってみたり。その足で浅草橋の『池田屋』でチャーシューを買ってから人形町へ。大福が大好きな『鳥近』では、忙しく働いていてなかなか気づいてくれないお店のオネエサンに鬼のような念力を送っていた大福。その甲斐あってか、気づいてくれたオネエサンは大福にハツ串を持ってきてくれた。いつもごっつぁんです。そうそう、このオネエサン大福がでた回の『きょうのわんこ』を見てくれたとか。けっこう皆んな見てくれているんだなぁ・・・。さすが人気コーナー。
飼い主達の〆は、『美奈福』のおでん。涼しくなってきたので考えることは皆同じのようで、いつになく人が並んでいた。おでんをゲットしてから帰宅。飼い主達のお付き合いだけのお出かけにガッちゃんと大福は何気にご不満顔(自責の念からそのように見えるのかも)。家に戻る前に、花時計の公園に寄ってて軽くひと遊び。散歩に来ていたグレートピレニーズにも会って、何とか憂さ晴らし?ができたとさ。
今日もいっぱい付き合ってくれてありがとネ。

『わかば』前で。 『坂本屋』のカステラの匂いを香る。 『浅草演芸ホール』前でベタなショット。
代官山のハズレの『モンスーンカフェ』前で。
『鳥近』でハツ串待ち。オネエサンが気づいてくれた! ハツ好きですなぁ・・・。 お客様、車内でのハツ串は禁止となっております。
二階建てですな。 ヤル気あるねぇ、アンタは。 ベシッ!

2007年10月2日(火) ■ マイブーム ■ 大福:生後1993日目

大福の中にも「マイブーム」とやらはあるようだ。数あるオモチャの中でも今現在お気に入りのオモチャがあるとそればっかりで遊んでいる。外で遊ぶ時の今一番のマイブームは、オレンジ色のソフトフリスビーのようだ。他のボールで遊んでいてもタイミングを見計らっては、「フリスビーにしてよ」というような顔でおねだりしてくる。お散歩バッグからフリスビーを出すと目をキラキラさせて嬉しそうな顔をしている。最近ではキャッチもずいぶん上手くなってきたので、大福も面白いのだろうか。
ちなみに、このマイブーム・・・決してオモチャに限ったことだけではなく、お仕事ポイントにおいても存在するようである。面白いねぇ・・・。

今、お気に入りのフリスビー。 上手いことヘリを咥えるんだねぇ。 得意気顔。

2007年10月1日(月) ■ 合間を縫って ■ 大福:生後1992日目

何だか鬱陶しい天気だなぁ。加減というものを知らないのかな、最近のお天気くんは!「暑さ」の次には、ちゃんと「涼しい」という段取りを経てから、「寒い」へと移っていかなければイカンのだよ、ったく・・・。薄ら寒いのに加えて、中途半端な雨も降っていたりでワンコ達の散歩には困ってしまうじゃないか。

夕方の散歩は、ガッちゃんに声をかけて久しぶりに海側の公園にお出まし。パラパラしてはいたが、傘をさすほどではなく走り回るにはちょうど良い感じ。大福は、一人でいても急にスイッチが入って走り回っているが、やはり仲良しと一緒に走り回るほうが数段楽しそうだ。ガッちゃんも元気いっぱいに走り回っていて嬉しそうだった。これで、お天気さえ良かったらなおヨシなのに・・・。

目線の先はだいたい想像はできる・・・。 せっかくだから遊べば? お腹の濡れも何のその。
大福様のプライベート・パーク(シーサイド・バージョン)? 走り回り開始!
ここ数日の憂さ晴らし?


福と大福の間TOPに戻る