2008年2月の最初へ↓
2008年2月29日(金) ■ ちらり春気配 ■ 大福:生後2143日目

今日は朝からシャンプー(体重また戻って、9.25kgなり)。3月から値上げになるとのこと。まぁ、元々安い料金だったから値上げするのはいっこうに構わないが(値上げしても普通より安いと思う)、急に3月からってのはかなり強引な感じ(だって、明日から3月だもんね)。前回のシャンプーの時(20日)にも何も言われなかったし、ホームページ上で告知してるでもないし普通の商売なら、DMなりで告知したりするのがいたって一般的だと思うんだよねぇ・・・。「普通」とか「一般的」と言う言葉が自然に出て来てしまうあたりに「犬業界」の特異性が感じられてしまい何だかお淋しい気持ち。大福や友達ワンコが身を置いている「世界」ってのはこんなもんだと言うことだよね・・・。とは言え、大福は大変お世話になっているので引き続き今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

なんてボヤキを一掃すべく、あまりに暖かいので仲良しのガッちゃんに付き合ってもらって、新宿職安通りのコリアンタウンにCDを買いに(sg WANNA BEの4集)。お目当てのCDをゲットしたあとは新宿御苑の周回路をちょびっと散策。急に暖かくなってきたので春を告げるべく木々も我慢しきれずに蕾を膨らませ始め御苑界隈は思ってた以上に春の気配。あーぁ、このまま暖かくなって欲しいなぁ。
御苑のあとは、我が家の買い物にただただお付き合いしていただいてしまって申し訳ない感じ。日赤通りで和甘味、白金でパン、銀座でお総菜、日本橋で再びパン、人形町でおでん・・・と甚だワンパターンながら充実の週末&月末買い物お出かけ。ホームタウンに戻って来たのはすっかり辺りが薄暗くなってきた頃。〆?でいつもの広場でちょこっと走り回ってからお開き。
今日は(も?)、とことん我が家のペースでお付き合いいただいてありがとうございました。ガッちゃん、ありがとネ。

春柴・大福。 春はどこ? こっち?

2008年2月28日(木) ■ 思わぬ海走り ■ 大福:生後2142日目

週末に向けてまずは体調の完全回復とばかりに家であれやこれやと作業をしてたら、ガッちゃんチから風邪で困っているのでは?とのお気遣いをいただき夕方の散歩は、車を出してもらって稲毛の海岸のほうに連れて行ってもらった。
大福は、この場所に来れば海があることをもうとっっくに知っているので、駐車場あたりからもうソワソワ。車から降りると最短距離のコースで海へと向かう。ちょっと引っ張り気味だったが、今週は大福も私めを気遣って散歩で我慢をしてくれていたのだろうと思うと引っ張りも仕方ないところか。
海辺に着くと気が急いて大変。早く走りたいとキラキラの目でアピール。はいはい、分かりましたよ・・・ってことで、あとはご自由にどうぞ・・・。春も間近に来ているのだろう海辺をガッちゃんと走り回ったり、海鳥を追いかけ回したり大はしゃぎ。思わぬ海へのお誘いで大福もスッキリ。私めのかすかに残っていた風邪の邪気も吹っ飛んでいったようだった。今日はホント助かりました。ありがとうございました。良かったねぇ、大福。

海に向かってGO! 慣れた手つきでチャン付けで。 巌流島の決闘?
楽しくて走り回る。 嬉しくて顔もほころぶ。 浜辺でも松ぼっくりは楽し・・・。
波打ち際は肉球も冷たくて気持ち良いのか。 よく走るねぇ。 こうやって見ると、けっこう波高いなぁ。
おいおい、進水式かい? ちょっと、向かう方向が違うんじゃないの! ターゲット発見・・・。
そろぉーと近づく・・・。 でも無理だった・・・。 もう行っちゃったよ。

2008年2月27日(水) ■ 先輩 ■ 大福:生後2141日目

散歩デビューして間もない仔犬時代は大型犬種に甘えさせてもらい我がままし放題だった大福。仔犬時代は、まだ怖いもの知らずだったこともあったのだろう、とにかく大きな先輩ワンコ達と対等(大福的には)に向き合って遊んでもらっていた。歳を重ねるごとに世間の風のようなものを知るのはワンコの世界も同じなのだろう。さすがにこの頃になると自分よりも背丈も大きいワンコにはそれなりの慎重さを持ち始めているようである(でなきゃ困るけど)。

久しぶりに出会った先輩ワンコのタロウくん。大福が仔犬の頃やはり嫌な顔一つせず大福の無礼三昧を許してくれた心広き先輩ワンコである。久々の再会に大福の素性?を確かめるかのようにノソノソと一定距離を保ちながら接近。大福のことを思い出してくれたのかどうかは定かではないが、その後は2人でまったりと朝のひと時を過ごしていた。タロウくんも今の大福の人格形成に一役買ってくれた恩人先輩ワンコである。

大きい子の回り込みにはそれなりの威圧感が・・・。 悪だくみ?ヒソヒソ中。 商談成立?の大福と複雑なタロウくん。

2008年2月26日(火) ■ 一人走り ■ 大福:生後2140日目

強制的に風邪を治したかなと思っていたのだが、何やらちょっとのことで息苦しくなるみたいなので完治はしていないのかな。熱は最高点で37度ぐらいだからまぁまぁと言うところなのだろうが、何しろいつまでも若くはないのだから若い頃と同じ様な対処の仕方ではイカンわな。

そんな様子を知ってか知らずか大福は散歩の時に「一緒に遊ぼう」おねだりをしてこない(いつもは、前足を私めの膝にかけて伸びポーズでおねだりをする)。出かける時に大福の顔を見ながら、調子が今イチなことを伝えているから分かってくれているのだろう(と思いたい)。今朝も時計の公園に行ったら勝手に猛スピードで走り回っていたけど、嬉しそうに走り回る姿は足手まとい?の私めがいなくて清々しているようにも見えるのは思い過ごしであろうか・・・。
いずれにしても、一人で遊んでくれて助かってるからね。ありがとうネ。

そこのけ、そこのけ大福が走る。 ヤル気顔。 おいでぇーー!

2008年2月25日(月) ■ 町の変貌 ■ 大福:生後2139日目

我が町内もマンション群がだいぶ建ち並び、町としての完成を見たかと思えば、まだまだ空き地もあるし「ここはどうするの?」と訊きたくなるような場所もいくつかある。そんな一つが、大福の朝の散歩の定番コースである袋小路の道路。いつかは通り抜けになるのだろうと思いつつも大福が我が町内に来てくれた以前からずっと行き止まり状態のままになっている。たまに思い出したように工事をしているようだが、どうも日程消化試合のようで目的を持って工事しているようには見えない。まぁ、お陰で大福にとっては格好の遊び場になっているんだけどね。
ココでの大福の遊びはボール遊び。それもスーパ^ボールを使ってのボール遊び。地面がコンクリートだから弾む弾む。大きく弾むボールのバウンドに合わせて顔を上下しながらタイミングを計りながら咥えつこうとするその様は、まだまだ若さが見えて嬉しい限りである。
この道路、いっそのこと完成しないでずっとこのままだとイイのだだけれど、そうもいかないわなぁ・・・。

道路?遊び。 道路?でマッタリ。 道路?でジャレる。

2008年2月24日(日) ■ 風に風邪 ■ 大福:生後2138日目

昨日買い物から戻ってきた頃から何やら「雲行きが怪しい」感じだった。そして春一番が吹いた。春を予感させてくれるのは嬉しいが、ここまで吹かなくてもイイだろうが!と言いたくなるほどの暴風。

今朝の散歩から戻ったら、ちょっと頭が熱い気がしたので熱をはかったら何と38.6度!私めは平熱が低いほうでだいたいが36度くらいだからこの熱ではちょっとシンドイ。慌ててグルグル巻きになって風邪薬を飲んで寝休日に。この歳になると風邪などの対処の仕方などは自分なりの「ヤリ方」で治しちゃうんだけどイイんだか悪いんだか・・・。
夕方の散歩頃には、36.7度ぐらいまで下がっていたので妻の反対を押し切って夕方の散歩に出発(大袈裟)。だいぶ風は収まっていたが、まだまだ砂塵舞うほどの強風。ビニールを風に舞わせて遊んであげたいところだったが、恐らくこの強風では一発でビニールは遙か彼方に・・・となるのは確実だったので今日はパス。さぁ、春一番を機に春の訪れを待ちたいところである。

あまりヤル気にならないで・・・。 ボール遊びじゃ不満そう・・・。 悪りぃ、今日はこの辺で勘弁してくだされ。

2008年2月23日(土) ■ ビームに負けて ■ 大福:生後2137日目

今日は久しぶりに大福にお留守番してもらって出かけるつもりだったので、大福に声をかけてドアを閉めて出発。ドアが閉じる寸前に見えた大福の顔は何気に淋しそう(自責の念でそう見えるのか)。駐車場から出ようとしたら妻が「来週晴れるかどうか分からないから今日連れて行く?」と。妻にも大福の姿が同じように見えたのだろう、きっと・・・。大福のビームの勝ちぃ〜。
と言うことで、家に戻って大福も一緒にお出かけ。と言っても、大福が入れないお店が多いから、結局は買い物は妻に任せて、大福は私めと一緒に外で待っているだけなのだが・・・。
車を停めて中で待っているのも何なので、ほとんどの場合は車から降りて歩道などで息抜きタイムをするのがいつものパターンだ。大福と一緒にいると道行く人がけっこう興味を示してくれるし、そのうちの何人かは声をかけてくれて寄って来てくれる。そして大福は「ハイハイ、分かりましたよ」という感じで、座って背中を見せて触られるがままとなる。特に我慢しているようにも見えないが、それも定めとでも思っているのだろうか・・・。

銀座通りで営業に出発・・・。 只今、営業中。 春らしいiPodの前で。

2008年2月22日(金) ■ なくて七癖 ■ 大福:生後2136日目

最近は朝の散歩時間と重なってしまうので『きょうのわんこ』を見る機会がないが、出てくるワンコの中には面白い癖?のようなものを持っている子がいて面白い。歩いている時、塀に開けられている穴を必ず覗き込むワンコ。どうしても用水路の中を歩かない気がすまないワンコ。土手に体を擦り付けながら降りてくるワンコ・・・。どれも見ていて大笑いだが、本人達にとってはきっと何かこだわりのようなモノがあるのだろう。
その中でも多いのが、歩く道?にこだわりのあるワンコ。必ず花壇の縁や塀の縁を歩くワンコが沢山いるのに驚く。かく言う大福もその子たちと一緒でけっこう縁フェチ?なのではと思うのである。何もそこを通らなくても・・・と思うようなところをスタスタと歩いている姿をよく見かける。いったい、どういう意味やこだわりがあるのか一度訊いてみたいものである。

一本道? 平均台? 並足でスタスタスタ。

2008年2月21日(木) ■ 価値観 ■ 大福:生後2135日目

価値観なんてのは人間社会でも人によって大きく違うわけだが、大福らの世界に於いても価値観の差違はあるのだと思う。まぁ、オヤツなんかに関しては差違の幅などはほとんどないのだろうが、オモチャあたりになると価値観の差は大いにあるように思える。大福は、風に舞う葉っぱやビニールが大好きだが、少しも興味を示さないワンコも多い。それはボールなどのオモチャに於いても同じで、大福にとっては大好きなボールだが余所の子にとっては「それ、何?面白い?」なんて感じで目の前に転がってきても全然興味を示さない子もいる。もちろん、逆の場合もあるわけで、余所の子が夢中で遊んでいるオモチャやボールなのに大福には全く関心のないモノもあったりする。まさに価値観の相違であろう。

さて、大福がお気に入りの段ボール。ある時は天敵の如く振り回され食いちぎられ、またある時は滑るボードの如きに変身する。今のところ、大福以外の段ボールフェチには会ったことがない・・・。

よーい! はじめーっ! ズズズズゥーーッ。

2008年2月20日(水) ■ 柴の香り ■ 大福:生後2134日目

町内の柴族分布図は、その数の増大と共にいよいよもって把握不能になってしまった。大福がこの町内にやって来てくれた頃は、先輩柴の数を数えても片方の指を折るぐらいしかいなかった。同期柴は1人いたのだが、今はもうこの町内にはいない。大福が2才ぐらいになってほんの少しだけ後輩柴ができたが、その子たちも今はもう町内に残っていない。で、大福が4才になった頃から急激に後輩柴が増え始め、その後は全く把握できなくなってしまった。顔姿と名前が一致する後輩柴はほんの少しだけ。

そんな中で、ひときわ存在感を示しているのが黒柴の百々(もも)ちゃん。大福が6才になる今年、3才になる後輩柴なのに威風堂々な柴娘である。私めなんかか見ると、失われつつある柴族の香りを残してる子である。
柴の香り・・・と言っても具体的に「こうよ」とは説明しにくいのだが、あるのよねぇ、そういうものが。大福なんかは「日本犬保存会」の重鎮?から「こんなに人なつっこいのは柴じゃねぇぞぉ」なんて、今時代の家庭柴としてはほぼお墨付きと言っていいほどのお言葉をいただいているんだけどね(良いのか悪いのか・・・)。柴の香り・・・何と言えばイイのかなぁ・・・。

歓待のポーズ?でお出迎え。 鼻っ面付き合わせての挨拶。 ちょっとタジタジ気味か?

2008年2月19日(火) ■ 小学生事情 ■ 大福:生後2133日目

近所の小学校を囲むスペースも大福にとってはお気に入りのいくつかに入る重要なプレイスポットである。当然、大福に興味や好意を抱いてくれる小学生も多いのだが、つい先日も「2ちゃんねる」で千葉の小学生の殺人予告があったりと散歩風景の中に入ってくる小学生の姿もノホホンと安心して見てられないのが今の世の現状か。
親や本人が気をつけていても事件に巻き込まれる時は巻き込まれてしまうだろうし、ちゃんと歩道や横断歩道を歩いていても交通事故に巻き込まれて命を失った児童のニュースもよく目に耳にする。子を持つ親の身にしてみれば住みにくいし生きにくい世の中なんだろうなぁ・・・。

とは言え、子供達の純粋な無邪気さには苦笑すらするぐらいの時もある。先日、小学校の周りで遊ばせてもらってたら、小学校高学年なのだろうと思われる女の子が3人、大福に寄って来て「触ってもイイですかぁ?」って。不用意にいきなり触ってくる大人よりもずいぶん立派な子たちである。大福はたくさん触られまくってもしっかり営業?していたが、そのうち女の子の一人が他の子に向かってひと言。「癒されるよねぇ」って。他の子も「そうだよねぇ・・・」って。オッサンは思ったよ。「アンタ達、そんなに疲れてるの?」って。今時の小学生事情もけっこう大変みたいだ・・・。

今日も変わらず元気。 尻尾、デカッ。 はいはい、まだやるのネ。

2008年2月18日(月) ■ 癒しの音楽 ■ 大福:生後2132日目

ニュージーランドの音楽チャートで犬にしか聞こえない周波数で録音された曲が1位になったとか。犬の飼い主の間で人気が高まったこの曲だが、実際に犬に聞かせた人からの感想はまちまちだったとか。動物虐待防止協会よると「最も暴力的だったケースでは、その曲がかかると犬がラジオに襲いかかって完全に壊してしまった」んだって(犬種は何だったのかなと興味大)。ただ逆のケースでは「犬は横たわるだけで何も起こらなかった」とのこと(ちょっと意味不明)。
この曲は、チャリティーを目的にCD1枚4.99NZドル(約430円)で販売されており、これまでに約2万2000NZドル(約190万円ぐらい?)の収益金が集まったとのこと。今後は、この曲を世界的に販売することも検討しているというので日本に上陸した際にはぜひ聴いてみたいなと思ったり。

ワンコは飼い主を始めとして人間たちを癒すとされているが、大福なんかを見ているとコッチが大福を癒しているんじゃないの?と思う時もけっこうあったり。けっこう気を遣わすのよねぇ、大福の場合。まぁ、冗談はさておいて、大福は前にも書いたことあるが、家にいる間や車に乗っている間のそのほとんどはBGMで音楽を聴いている(聴かされている)。好きな音楽・・・とまでは分析できないが、唯一、確信に近いものを得てるのは、どうやらPINK FLOYDの曲は好きみたいなのである。特にアルバム『Wish You Were Here』の『Shine On You Crazy Diamond』が流れ始めると、まず間違いなく体を横たえて眠ってしまう。きっと大福にとって癒しの曲なのだと思うのである。
だから、ニュージーランドのその曲がどんな曲なのかは分からないが、決してアハハ話ではなくワンコにとって気持ち良い曲である可能性もあるかもしれない。益々、興味大!

今朝の散歩では、後輩ワンコのビスコくんが遊びたがっているのに癒してあげることもなく我が道を行く大福なのであった・・・。

仲良くね。 ・・・。 無愛想でゴメンね。

2008年2月17日(日) ■ 朝夕お忙し ■ 大福:生後2131日目

いつもより気持ち遅めの散歩途中でハービーくんにバッタリ。ガッちゃん繋がりの男の子だが、聞けばもう3才になったとか。そりゃぁ、大福も歳とるわけだわなぁ・・・。なんて思いながら町内を横切って公園巡り。最近あまり来なくなった公園でシロップくんにもバッタリ。こちらはまだ1才未満。3才と1才未満ではだいぶ違うが、大福にしてみれば後輩ワンコという括りで同じみたいでさかんに先輩風を吹かしてた。もしかして嫌な女?

ハービーくんと。 シロップくんと。 傍観者・・・。

昼過ぎにガッちゃんチから連絡があって、夕方の散歩を一緒にしてもらうことに決定。車で2つ駅向こうの海の公園まで行ってみた。お休みの日でお天気も良いのでワンコ散歩が多かったが海辺はガラガラ。であれば、少々走り回りなどもアリかなと・・・。
たった数分程度の走り回りだったが、中身は充実していたようで2人ともけっこう疲れたようだった。そりゃぁ、競走馬だって芝よりダートのほうが体力要るみたいだもんね。そんな2人は帰りの車の中ではすっかりリタイヤモード。
朝に夕に友達ワンコ達のお陰で忙しくて充実したお休みの日を過ごせた大福なのであった。めでたしめでたし。

砂浜、気持ち良さそう。 誘い始め。 煽って走り出す。
追い込み? ガブッ・・・て、マズかろう! 逆襲?
貸してあげれば? 心に余裕ナシ・・・。 何もなかったような涼し顔の面々。

2008年2月16日(土) ■ 週末雑感 ■ 大福:生後2130日目

今日はお出かけすることもなく家でノンビリ過ごし日。iPod touchの曲を整理したりとそれなりに充実。と言う訳で、思いつくままに雑記など・・・。

雑誌『BRUTUS』で久しぶりの犬の特集。題して「犬のこと」・・・んー、シンプルで良いタイトルだこと(趣味である)。しかも、「日本犬シール」付き(シール自体はちょっと「?」だけどね)。オマケに中開きでは日本犬の小特集も。1997年にBRUTUSのムックで『BRUTUS ペットブックDOG』というのがリリースされたが、これはなかなかの本でいまだにお気に入りの一冊。今回のも期待をまぁ裏切りない内容だった。マガジンハウスのは写真が綺麗だから見ているだけで楽しい。

2月の頭に我が地区も久しぶりに雪に見舞われたが、早朝雪降る誰もいない公園で大福と遊んでたら、周回通路を走る一台の自転車が・・・。この女性、晴れの日だけでなく雨の日も雪の日もいつも同じ時間に見かける。公園のアチコチに住みつく猫達に水や食べ物を巡回して与えているのである。こういう可愛がりの精神には賛否両論あるが、ここまで真剣に取り組まれると否の気持ちは正直薄れてしまう。愛猫派は他にもいて、中には数人でお金を出し合って去勢手術や不妊手術をさせている人も実際にいる。正しさとは何ぞや?が改めて問われる・・・。

ミッドタウンの広場内に新しく設置された犬飼い向けの看板。この手の書き方の看板には初めて遭遇。今後、この内容の看板が増えることだろう。要するに公園は犬を遊ばせる所ではなく散歩させるために解放しているのであると具体的に明言してるわけよね。ついでに「リードを着けたまま放すのもダメ」というようなことまで書き加えられたら尚ヨシかなと。そこまでしてくれたら、さすがにオフリードにはできませんわな。

週末であろうが平日であろうが、今日も大福は「日々日常」主義?で風に舞うビニールと格闘しておりました。

『BRUTUS ペットブックDOG』1997年刊。 雪にも負けず・・・。 初お目見えの看板。
ビニール好き。 キャッチ!

2008年2月15日(金) ■ 企み・・・? ■ 大福:生後2129日目

今週は、仲良しガッちゃんのママさんのお誕生日週なので今日は大福と私めがランチにご招待(と言っても質素たるものだが)。神田『勝漫』での早めのランチでは店前に停めた車の中で待ちぼうけさせられたガッちゃんと大福(中から車の様子を見ることができたのだが、ガッちゃんは後部座席の窓にずっと顔をくっつけて頑張っておりました)。

その労を労うために日比谷公園を散策しようと日比谷公園に。地下に車を停めて公園を歩き出したら、大福がいつになくリードを引っ張り気味に急ぎ足。何で?と思いながら大福が進むままに行ってみると・・・。おいおい『松本楼』かよ!不思議だよなぁ・・・。だって、『松本楼』に行く時は、地下駐車場に駐車したことないのに何で公園内の位置関係分かるのかなぁ・・・。と言うわけで、急遽、『松本楼』でお茶タイムをすることに。食事の後だったので、スイーツ&お茶。何となく大福に嵌められた感じが・・・。

ちょっとばかり本郷のほうを周ってから、『ミッドタウン』に大福のオヤツを買いに出没。ココでも大福は私めが買ったオヤツの他にガッちゃんママからも立派なオヤツをゲット。またしても、してやられた感じが・・・。
銀座で少し買い物をしてから人形町へ。久しぶりに『鳥近』に立ち寄ったら大福は車から外に出たそうに窓にペッタリ(『勝漫』では、外すら見ることなかったのに・・・)。焼き鳥と玉子焼きを買うために並んでいたら、大福によくしてくれるオネエサンが大福に気づいていくれた。忙しいのにわざわざ外に出て来てくれて大福のために「ハツ串」を1本にプレゼントしてくれた。ありがたいねぇ、大福。大福は挨拶を兼ねて車から降りてきてハツ串をいただいてご満悦。オネエサンが店内に戻った後も、名残惜しそうに視線をお店の中に送っておりました。

今日の主役はガッちゃんママのはずだったのに何となく大福が一番美味しい思いをしたような感じ。駆け足で、しかも主旨が大きくズレてしまったような接待?でしたが、快くお付き合いくださってありがとうございました。遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。ガッちゃんも根気よく付き合ってくれてありがとネ。

※今日の写真は、ガッちゃんママからいただいたもの。

おいおいどこに行くの? 交渉待ち? 『松本楼』前のご法度m(_ _)m
楽屋裏を覗かないでくださいな。 オヤツはコレでよろしいか? 中、覗きすぎ・・・。
ハツにまん丸お目々。

2008年2月14日(木) ■ 早めで正解 ■ 大福:生後2128日目

もっとお日様が出てからのほうが飼い主としては朝の散歩が楽なのだが、夏季も冬季も変わらずで小学生や中学生の登校時間ピーク前に出発している。犬の本には、要求が強くなるから決まった生活サイクルを続けるの避けようとか書いてあるが、こと大福に関しては判で押したような毎日が続いているのである。
何故早めなのかというと、それは小学生軍団に囲まれるとお仕事の気が散ってしまってそれどころじゃなくなってしまうし、あまり陽が出てからだと凍った地面が解けてビチョビチョになって大福の足回りが泥んこになってしまうからだ。ゆえに、ちょい早の散歩もそれなりにメリット?はあるのであーる。なかなか友達ワンコに会えないのが難点なんだけどね。

イイ走りっぷり。 顔面キャッチはやめてよ! つかみ(咥え)にくいみたいだ。

2008年2月13日(水) ■ 寒っ ■ 大福:生後2127日目

雨こそ降っていなくて大晴天な朝だったが寒いの何のって。いつもの公園に行ったら日影のところは氷が張ってた。大福、水溜まりではないことは分かっているようだが薄氷に不思議そう。「いいよ」って言ったら、のそりのそりと氷の上に乗って匂い嗅ぎなど要チェック。歩くとピシッピシッと音がするものだから、その度に振り返っていた。
公園で遊んでから帰る途中で、町内の美容室前でスタッフさんにご挨拶(またの名を「単なる邪魔」とも言う)。皆さん、寒いのにお店の巨大ガラスをピッカピッカに磨いてた。あまり邪魔をして風邪など引かれたら本当に邪魔以外の何ものでもなくなってしまうので早めに失礼した。それにしても今朝は寒かった。

乗っかってみる? 氷って匂うの? ホラ、足冷たいから!
朝からマメな営業開始。 触ってやってくださいな。 ハイハイ、暖まって下さい。

2008年2月12日(火) ■ 退屈三昧 ■ 大福:生後2126日目

今朝は散歩の途中から雨が降ってきた。大福も久しぶりにお仕事する来もないようで早めに退散。家に着いた頃から本格的に降り出して家の中もいつもより暗め。こんな日は、一気に作業をしてしまうに限るのだが、どうも気分がノラなくてのらりくらり。大福も大大大退屈モードのようだが、お昼間は家でかまってもらえないのを承知のようで特にアプローチしてくる出もない。しかし、たまに目が合うと何かを期待してる風ではある。何かの本に「ワンコの仕事は退屈」とか書いてあったが、もしそうであったら偉いよなぁ・・・とても私めには耐えられない・・・。
結局、夕方の散歩も雨の中。今日の大福は、雨が迷惑だったみたいでいつもの公園を一周してお終い。雨の日なんて少なくないのに、今日の雨は大福にも私めにもWelcomeではなかった感じである。まぁ、こんな日もあるわな。

・・・。 ・・・ ・・・。 ・・・ ・・・ ・・・。

2008年2月11日(月) ■ 春遠きの海 ■ 大福:生後2125日目

シャンプー終了の電話をもらって大福を迎えに行く途中で、帰りたくないモードorお疲れモードでストライキ中?のガッちゃんを発見。声をかけたらすぐ気づいてくれて車のほうに猛ダッシュで来てくれた(嬉しいねぇ)。ガッちゃんも一緒に大福を出迎えてくれた。大福ったら出入り口ドアでガッちゃんの姿を発見したので早く遊びたくて気が急いたようでドアのガラスをガリガリ(いつもならそんなことしないのに)。会計も終えて、ガッちゃんと一緒にシャンプーの憂さ晴らし?を。ついでに夕方の散歩も一緒してもらうことになり家に戻って小休止。
シャンプー疲れの体を癒した後に夕方の散歩。今日は、『きょうのワンコ』で撮影した広場と海辺にGO。夕陽がとてつもなく眩しかったが、やはり晴れ間は気持ち良い。ガッちゃんも大福もまだまだ春遠きの海を見て何を考えていたことやら・・・(いつ、オヤツ出てくるかなぁ)・・・てな感じなんだろうな、きっと。

いつになく帰りたがっている感じ。 激遊友。 夕方の備えて。
夕陽に誘われて最突端で・・・。 今日ぐらいは綺麗でいてね。 視線の先は言うまでもない・・・。

2008年2月10日(日) ■ 若い芽・・・ ■ 大福:生後2124日目

大福がまだ仔犬だった頃、先輩ワンコ達の厚意に甘えてゲップが出るほどたくさん遊んでもらった。なのに今の大福ときたらパピーや後輩ワンコに対して「心が狭い王選手権」にでも出場したらノーシードでも優勝を狙えそうなほど心広くない時がある(汗)。
まぁ、いつもと言うわけではないので、人間で言うところの「虫の居所が悪い」とでも言うのだろか。ちょっと挨拶に来てくれたのに「アッチに行って!」とばかりにマズルに縦皺入れて歯をちょっと剥き出して追い払うのである・・・。大福がそうするぐらいだからよほど事情?でもあるんだろうな・・・なんて楽観視しているが、相手の飼い主さんにしてみれば、「まぁ、愛想のない嫌な子」となっているのかもしれない。今年6才になる大福、主張が益々ハッキリして来ているようである。若い芽を摘んじゃイカンよぉ。
と言うわけで、今日餌食?になったのはチャンスくん。ゴメンね、せっかく挨拶しに来てくれたのに・・・。

挨拶に来てくれたよ。 あらら、怖い顔しちゃって・・・。 ホラ、可哀想じゃん!

2008年2月9日(土) ■ 週末走り ■ 大福:生後2123日目

んー、今週も土日は雪になるかもと天気予報で言っていたが、今朝の寒さからするとあり得るような・・・。首をすくませながら散歩してたら、久しぶりに同期のクロくんにバッタリ。
クロくんは、いつも飼い主さんと楽しそうにボール遊びをしているのだが、大福を見つけるとボール遊びをやめて一緒に遊んでくれる。しかし、その様子を見る限りでは、大福が平和なムードに乱入しているという感じしかしないのだが・・・。
今朝も、いつものようにボール遊びをしていたのだが、大福の強力な?ビームに気づいてくれて反応してくれた。ちょっと最近、一人走りしかしていなかったので飼い主さんのご厚意に甘えて遊ばせてもらった。クロくん、ありがとネ。良かったね、大福。

始まり始まりぃー。 高角度攻撃?対応。 尻餅・・・。

2008年2月8日(金) ■ 田吾作服? ■ 大福:生後2122日目

今日は久しぶりにお日様の陽射しを受けての散歩。やっぱり晴れ間の中での散歩は気持ちが良い。町内をゆっくり地周りよろしく歩き回っていたら、視界の中に大きな茶色い姿が・・・。ジュンコちゃんだ!もうずいぶん会っていなかったがすごく元気そうで何より。聞けば今年12才になるとのこと。溺愛を受けての生活のジュンコちゃん、その巨体に合った威風堂々な風貌。まだまだ大福はその域まで達っせません・・・。フリースの何とも可愛らしい服を着ていたので飼い主さんに聞いてみたら、飼い主さん曰く『田吾作服』とのこと。うんうん、確かにこの野暮ったい感じこそが柴には似合うのよねぇ。飼い主さんの柴族ならではのセンスに感服。ほんわかオーラのジュンコちゃんに会って、ちょっと春らしさを感じてしまった。

お久しぶりのジュンコちゃん。 威圧感・・・。 飼い主さんににじり寄る。

2008年2月7日(木) ■ 今朝も白 ■ 大福:生後2121日目

今朝の散歩も一応白色の地面からスタート。何しろ中途半端な雪なのですぐに解けてしまうから散歩を終えての大福の足拭き&足洗いがけっこう大変。粘土質の公園は雪がドロドロに溶けてベトベト。嫌だなぁと思うのは私めだけのようで、大福ときたらそんなことお構いなしでバシバシ走りまくる。そして天敵である段ボールを見つけると容赦なく制裁?を加える・・・。そんな快楽追求型なところがワンコ達の可愛らしい一面であるんだけどね。と、分かっていてもボチボチ晴れて欲しいし、少しは暖かくなって欲しいなぁと思うのであーる。

中途半端な白・・・。 段ボール発見・・・ですね? 当然、戦うのである。

2008年2月6日(水) ■ 怠慢オブジェ ■ 大福:生後2120日目

降雪から3日も経つのに公園には無様な雪だるまやらの残骸がたくさん。どう見ても前衛アートのオブジェにも見えないし、ただの薄汚い塊でしかない。公園管理の車は何度も見かけるが、せいぜい石階段に解凍薬を散布する程度で雪の残骸を片付けようなどの意志は全くないようだ。雪だるまの残骸とか崩せばもっと簡単に解けるのにそんなことしようともしない。公園管理者もお役所的でしかないと言うことか。なんてことを思いながら朝の散歩を消化してたら、またしても雪が・・・。今年の冬はよく降るなぁ。

無様な残雪。 そこでの腹這いはやめなさいって(汗) チラチラとまた降ってきた。

2008年2月5日(火) ■ 残雪多し ■ 大福:生後2119日目

今日は青葉の森公園方面に行かねばならない日。いつものように公園に行くつもりでいたのだが、きっと地面はグチャグチャで汚れているだろうと思い仲良しのガッちゃんは誘わなかったのだが、行ってみたら予想に反してまだ雪が沢山残っていてまださほど汚れてもいなかった。あーぁ、こんなことだったらガッちゃんも誘えば良かった。きっと、2人で大爆走していたに違いないのに・・・残念!
いつも一人での青葉の森公園散歩だとすぐに飽きてしまう大福なのに、今日は残雪多かったからか少しも飽きることなく広い公園をくまなく歩き走り回っていた。あまりに歩き回るので、お供の私めのほうはと言えば厚着ゆえの暑さもあってバテバテ。いやぁー、今日は久々に疲れました、ハイ。

少なくなった雪・・・。 意外に残っている雪。 ならば走らねば?
私めの顔を見ながらの走り。 笑って走る。 雪の上で腹這いって・・・。
何か見つけた様子。 かまくら・・・でした。 汚いからソコまでにしててね。

2008年2月4日(月) ■ 一夜明け ■ 大福:生後2118日目

一夜明けて白い雪は近くで見ると砂や泥や芝だらけでバッチイの何のって。でも、大福にとってはまだまだ異次元ワールドで面白くてしかたないようだ。一夜明けの公園は雪上と言うよりも氷上と言ったほうが良いほどで、体重9kgちょっとの大福が歩いても少しも凹まないほど雪面はガチガチに凍っていた。そんな氷雪の上で大福は今朝もご満悦で遊びまくっていたのであった。家に戻って足を拭いてあげたら肉球は鼻っ面以上に冷たかった。大丈夫?しもやけとかにならないのかね・・・。寒い国の柴族はどうなんだろう?

夕方の散歩は、雪もほとんど消えた隣町の浜辺を散策。消えた雪の匂いでも嗅いでいるのだろうか、大福のローラー作戦?はやけに念入りだった。久しぶりに防波堤の突端まで行っていつもと違う景色を堪能。昨日の雪は夢の如く消えてまたいつもの日常に戻った街並みが見えた。

目標は何か? 雪の上の白いボール・・・よく見つけられるね。 枝のほうが良いかな。
雪も消えいつもの浜辺。 青春軍団発見! 防波堤を進んでみる。
・・・ ・・・。 突端からホームタウンをバックに。 柵の切れ目から・・・それ以上前に出るなよ!

2008年2月3日(日) ■ 雪日大福 ■ 大福:生後2117日目

ある意味ハズレじゃないの?天気予報。だって、こんなに降るようなこと言ってなかったもんね・・・。朝起きたら雪が散らついていたので、いつもと同じ時間に朝の散歩に出発。ちなみに私めは帽子に手袋、カッパにゴム長という重装備で出発(誰にも会わなければいいなぁ・・・)。
休みの日なので人通りもほとんどない。もちろん散歩している人も。これ幸いとばかりに花時計の公園に行ったら、案の定、人っ子一人おらずに完全に雪景色独占状態。いつもなら、匂いを嗅ぎながらトロトロと降りていく階段なのに、今日の大福は気が急いているようで珍しくリードを引っ張って進んで行く。やっぱり歌の文句じゃないけどワンコは雪が好きみたいだなぁ。
と言うわけで、今朝の散歩は最初から最後まで雪づくしで終了。その足でシャンプーへと向かったのであった。何故か大福のシャンプーの日はお天気が悪いのであーる。

誰もいない。 小吹雪。 まさに歌通りに・・。
ボール遊びは欠かせない。 雪上バンビ走り。 枝の舞も欠かせない
また投げるの? 何かモノ言いたげ・・。 歩くの遅すぎる(私め)とでも言いたいのか?
匂いもいつもと違うのか。 雪景色を見ながらのお仕事。 雪積もってきてるよ。

雪は夕方になっても朝ほどではないにしろ止むことなく降り続いていた。で、夕方の散歩は海の公園に行ってみた。もっと人がいるかなと思ったが人影がチラホラ見える程度でこちらの公園もほぼ独り占め状態で満喫。町内の公園や広場には親子連れがウジョウジョいたのにちょっとしか離れてないのにこちらの公園はヒッソリ。何故に足を運ばない?手抜きはダメよ、世のオヤジ達。
てことで、今日は雪三昧の一日でありました。

跳ね飛び。 ヤル気顔。 元気だねぇ、ホントに。
獲物?発見! 本気探し。 ブツ、発見。

2008年2月2日(土) ■ お出かけ呪縛 ■ 大福:生後2116日目

今日は、軽く都内まで買い出しに。大福も当然連れて行ったのだが、大福が一緒だと食事で入れる店が限られてしまうので、週末食事を楽しみにしている妻には申し訳ない限りである。「車の中で待っててね」とするのは簡単と言えば簡単なのだが、心も痛いし仮に待ってもらって食事をしても落ち着かないし味すらも分からないとなる。しっかり食事をするなら家で留守番してもらうしかないかなとも思うわけだが、それでもやはり出かけ先での落ち着かなさは一緒だ(火事にでも遭ったらどうしようとか考えてしまう)。じゃ、いったいどうすればイイのよ!と逆ギレしそうだが、この呪縛から逃れられる日はこれから先も来ないであろう・・・。
今日の銀座、日本橋での買い出しも妻に任せて大福と私めは表で待っているといういつものスタイル。妻が戻ってきて今度は私めが買い物に行くという感じ(抱っこで一緒に入った店もあったが)。不便と言えば不便なのだが、今のところこの方法しかないのかなぁ・・・。

買い出しも早めに終えて家に戻る前に近所の広場でボール遊びをしたが、嬉しそうに楽しそうにボールを追いかける大福の顔を見ていると、お出かけに連れていくことが大福にとって楽しいことなのかどうか疑問にも思えてくるのであーる。遠くの退屈よりも近くの遊び・・・ワンコ諺にあったりして・・・。

ボール命! この角度での大福を見るのは初めてだ。 フットワーク良いねぇ。
誰もとらないって。 噛めるか? 噛めてる・・・みたいな。

2008年2月1日(金) ■ 肌合い ■ 大福:生後2115日目

今朝の散歩は、お仕事前に久しぶりにCoCoちゃんとバッタリ。飼い主としては、散歩に出る度に「今日は誰かに会うかなぁ」なんて思いながら出かけるわけだが、大福なんかはそんなこと思っているのかどうか定かではない。でも、広い公園などに行くとジッと座ったままあたりを見回して誰かいないかと物色しているようにも見えるしなぁ・・・。
久しぶりにCoCoちゃんと走り回っていたが、最近のCoCoちゃんは大福ぐらいとしか走り回ることがないとか。こういう言われ方は幼犬のころからけっこうすることがあった。競馬の調教時の併せ馬相手のような存在なのかもね。
走り回りには、大福が追いかけられるパターンと大福が追いかけるパターンとがある。CoCoちゃんの場合は、ほとんどが後者。仲良しのガッちゃんはと言うと、その両方のパターン。大福の中にちゃんと相手によって使い分け?の判断なりがあるんだろうなきっと。

今さらだけどまずは匂いから。 誘ってますな・・・。 煽り気味に仕掛ける。
追いかける側は珍しい。 追うも追われるも相手次第。 走りの後は、W置物に・・・。


福と大福の間TOPに戻る