2008年5月の最初へ↓
2008年5月31日(土) ■ アホアホ切手シート ■ 大福:生後2235日目

大福の写真で切手シートを・・・こんなサイトがあったので早速いじってみた。チャチャッと簡単そうだったが意外にも時間がかかってしまった。操作自体はいたって簡単だったのだが、全12枚の写真を選ぶのが大変だこと。バカ飼い主ゆえに「これでもない、これも違う」とひと苦労。そして、ようやく出来たのが、コレ↓。

サイト名は『Make STAMP!』。写真1枚のサイズは縦横が81×93ぐらいなので、この比率で写真を加工してしまうほうがよりお気に入りの切手シートが出来るかも。右上に文字、右下に消印が入ってしまうので、それも考慮して写真をトリミングしたほうが良いかも(文字と消印の色は変更可)。興味おありの方は、お試しあれ。

本物だとイイのに・・・。

2008年5月30日(金) ■ 吉か凶か ■ 大福:生後2234日目

うーん、どうだったのかなぁ、今日の判断は・・・。と悩むのは、実は今日、本来であれば日帰りでちょっと遠出をする予定だった。ところが、天気予報鵜呑み派の私めの判断で本日のお出かけは週の半ばに早々と延期順延してしまったのだ。確かに今日は不安定な天気だったし「絶好のお出かけ日」にはほど遠かったので延期して正解と言えば正解なのだが、来週からは梅雨入りするとかなので延期してもまた延期ってことになるやも・・・という危惧はあるのである。はたして、今日の延期が吉だったのか凶だったのか・・・それはお天道様のみ知る・・・。

何か物色中? あまり草の中に顔入れないでよぉ。 何?不満げな顔は。

2008年5月29日(木) ■ リバーシブル ■ 大福:生後2233日目

梅雨入りしたんだっけ?と思うような今日の雨。ちょっと億劫な雨だが今朝は先日購入した新しいカッパのリバーシブル面を着ようかなと思っていたので楽しみも少しあったり。
いつもの公園に行ったら雨降りなので案の定、誰もおらずの貸切状態。広い公園を赤と紺の縞々カッパで歩き回る大福は見慣れないせいもあってなかなか新鮮。雨降りをよそにボール遊びに枝の舞、葉っぱ遊びまでし始めてしまいお世話係はびしょ濡れになったとさ・・・(沈黙)。

颯爽ぽい歩調。 雨でも葉っぱかよ・・・。 魚を咥えた猫みたい。

2008年5月28日(水) ■ Lock-On ■ 大福:生後2232日目

この頃の朝の散歩は、サラリーマンの出勤時間や小中学生の通学時間前からが定番。これからもっと暑くなってくると、朝の散歩時間が日増しに早くなってくる。何しろ毛皮着てるだからその暑さはかなりなものであろうと想像できる。なんて思いながら散歩し始めようとしたら、ガッちゃんにバッタリ。ガッちゃんは、これから暑くなる季節、大福よりももっと早い時間での朝の散歩になるから、なかなか会えなくなってしまう。なので、こんな偶然は貴重なことこの上ない。

ガッちゃんと誰もいない広場で遊んでたが、ガッちゃんともそうだが大福はその日によって追いかける側だったり、追いかけられる側だったりと臨機応変。どういう基準でモードを切り替えているのだろうかねぇ・・・。と言うことで、今朝の大福はガッちゃんを追いかけるパターン。大福は、ガッちゃんを見事にLock-Onしておりました(汗)。

射程内突入。 目標追尾機能作動。 完全にLock-On。

2008年5月27日(火) ■ 現地調達咥え系 ■ 大福:生後2231日目

遊び道具(オモチャ)がアチコチに転がってる我が町内。モノを大事にしろよ!というような野暮は抜きで言えば、何ともありがたいことである。だって大福的には毎日が「狩り」状態だからね。目線の高さの違いから遠くにあるオモチャになるであろう物体を先に発見できるのは、ほとんど私め。大福がいつ発見できるか・・・なんて思いながら前に進んでいくのだが、これがなかなか発見できないんだな。認識力は、視覚なのか嗅覚なのか・・・かなり微妙。

大福が落ちているオモチャ候補をオモチャにするかどうかの判断基準だが、それは間違いなく「咥え系」であるかどうかが大きなポイントになっているようだ。今日のブツは、どうやらプラスッティックの砂遊び道具の柄の部分であったようだ。

ブツ?発見! 何じゃ? 特大爪楊枝・・・。

2008年5月26日(月) ■ 浜辺は涼し ■ 大福:生後2230日目

夕方の散歩は徒歩圏の海辺に繰り出してみた。この浜辺は大福が海デビューした浜辺。初めての海の時は今と違って足が濡れただけで慌てて逃げて来てたっけ。あの頃は、本に書いてるように柴犬は水が嫌いで海なんかに入らないと思ってた。それが、しばらくしてからは自分から水に足を浸けるようになったし水の中に顔まで突っ込むようになった。犬種の特性よりも個体の特性のほうが大事と初めて思った瞬間だったかもしれない。
そんな思い出深い浜辺での散歩。陽射しはあってもやはり海からの風は涼しくて気持ち良い。近いからまた来ようね。それにしても浜辺の大福は本当に楽しそうだなぁ。

シャーッ! 自慢気な顔だこと。 ふんがぁーっ。

2008年5月25日(日) ■ 恒例の週末雨 ■ 大福:生後2229日目

すっかり定番となった週末雨。今週は日曜の午前中だけですんだ。雨の散歩は鬱陶しい部分もあるが、それは家を出るまでのこと。出てしまえばもう仕方ないので諦めるしかない。諦めてしまえば、後は雨散歩の良い部分を楽しめば良い。何よりの良い部分は、人出が圧倒的に少ないことに尽きる。今朝も早かったせいもあって、時計の公園は人っ子一人おらずの貸切状態。しかも、雨も一時的に降っていなかったのでカッパから腹当てにコスチュームを取り替えての散歩。懸念していたお仕事もしっかりしてくれて良かった良かった。いつもよりも短めの散歩を切り上げて家に戻ってから窓の外を見たら、しっかり雨が降り始めていた。もしかして今日は吉日?

ワシワシ。 誰もいなそう。 見事に誰もいない。

2008年5月24日(土) ■ 暑くなってきた ■ 大福:生後2228日目

ようやく5月らしい天候になってきた。朝は結構早い時間でも陽射しが強くなってきたし、夕方も6時過ぎになってもまだまだ明るい。これから我ら飼い主は、過酷な散歩を覚悟せねばならないのだなぁ・・・ふぅ。
週末の今朝、いつもと別コースを選んだ大福。時間を気にする必要もない休み日なのでノコノコと大福の行くままに歩を進めてたら、前方公園にガッちゃんを発見!アンタ、もしかしてガッちゃんいるの分かってたの?2人ともお仕事を無事済ませてから町内の日影を縫うように散歩。すると同じように日影を歩くチャンスくんに遭遇。町角で挨拶してすぐお別れしたが写真を見ると3人とも皆クチを開けてる・・・。暑い季節はもう目の前に来ているのは確実みたいだ。

朝から陽射しがキツイ。 町角で笑顔?の3人組。 バテバテの約一名様・・・。

2008年5月23日(金) ■ 集中力・・・あるなぁ ■ 大福:生後2227日目

心頭を滅却すれば火もまた涼し・・・武田信玄の禅の師匠?と言われる快川禅師が織田信長に焼き討ちにあって没する時の最後の言葉だ(たぶん・・・)。無念無想の境地にあれば、どんな苦痛も苦痛と感じないという喩えだが、我ら凡人には全く無理。全然、悟りの境地などになれるわけがない。
ところがである、ワンコ達はけっこう頑張るのである。特に、食べることに対しては・・・。あの強力なビームとひたすらオヤツを待ち続ける忍耐ぶりにはホント頭が下がるぞ。
今日は買い物お出かけに付き合ってもらったのでお詫びとばかりにカフェでひと休み。一緒に付き合ってくれたガッちゃんも大福も厨房に向かっての厨犬ぶりと、そして自分のオーダーが出てきてからの強力ビームにはただただ脱帽。

厨房の中をガン見。 オネエサンが厨房から出て来た。 あとは、ビームのみ。

2008年5月22日(木) ■ ワンコ本 ■ 大福:生後2226日目

ワンコ関連の本は数あれど正直「何だかなぁ」と思うものばかり。そんな中でコレはなかなか面白かったなと思った本を少々。

犬の病気がわかる本』・・・病気に関する本も多い。言葉を話さないワンコのことを考えればいろいろ病気のことを知りたいのはやまやまだが、真面目に読み込むと偏った知識ばかり身に付いてしまうから怖い。何しろ我ら素人は自分の都合の良い情報しか得ようとしないのが常だから困ってしまう。いつも思うことだが、せめて病気も含めて具合の悪い時ぐらいは喋って欲しいんだけどね・・・究極の無い物ねだり・・・。
で、数ある病気に関する本の中でこの本をヨシとしているのは、まずビジュアルが写真でないこと。皮膚疾患や腫瘍に冒されている内臓の写真などは役には立つが生々しくて見るに堪えない。この本は全部イラストなのでドキドキ・ムカムカせずに見られるので助かる。内容もマニアックではないし分かりやすいのでヨシかなと。

すぐわかるあなたの犬の知能指数』・・・これはタイトルが悪すぎる。犬の知能指数なんて言い方自体、ワンコをナメてる出版社や編集者であることが一目瞭然。私めも紹介がなければまず読む気も起きなかったであろうことは確実。ところが、タイトルに反して中身は相当に面白い。
ワンコが喋れると言ったら、犬に興味がない人はもちろん、ワンコを飼っている人ですら「そんな馬鹿な」となるだろう。それは言葉という概念で考えるからで、例えば異国の地で全く言葉が違う人種に意思を伝える場合、言葉という手段よりも目や表情、身振り手振りで伝えることになるのだと思う。ワンコも同じで人間の言葉こそ喋らないが、鳴き声や泣き声、目、尻尾、仕種で自分の意思を人間(飼い主)に伝えることはしているに違いない。問題は飼い主側がそれを理解しようとしてるかどうかだ。多くの飼い主は「馬鹿な」で終わってしまっているのだろう。ワンコとのコミュニケーションを先入観からしようとしない飼い主、これほど哀れな飼い主はいないだろう・・・なんてことを思わせてくれる本である。
更に、この本には、知能指数なんてことはともかく、知能指数を計るためのいくつかの設問がある。この設問がなかなか曲者で飼い主にしてみれば、「なるほど、ワンコをこのような目で見なくてはならないのか」「なるほど、ワンコにはこのように接することも必要なのか」「なるほど、ワンコはこんな風に考えての行動しているのか」・・・などと、なるほどのオンパレード。

愛犬マックス・誘拐 DOG NAP』・・・この本はまさにタイトル通り、マックスというワンコが誘拐される話だ。ただ、人間を誘拐する場合と大きく違うのはワンコを誘拐しても日本の現状の法律では「器物」を盗んだことにしかならない。モノを盗む・・・そう「窃盗」にしかならなのである。自転車を盗まれたのと同じということだ。さらに愛犬をさらわれ仮に身代金を要求されても犯人は「恐喝」の罪にしかならないのだ。そして更に愛犬の命を故意に奪われたとしても「器物損壊」にしかならない。その点がこの本の骨子の底辺にあって我々、飼い主にとっては苦々しい思いで読み進んでしまう本。

『犬の病気がわかる本』 『すぐわかるあなたの犬の知能指数』 『愛犬マックス・誘拐 DOG NAP』

2008年5月21日(水) ■ 記録更新 ■ 大福:生後2225日目

昨日の朝の散歩は暴風雨だったこともあって、朝のお仕事はナシでシャンプーに臨んだ。毎回シャンプー終わってから体重測定があるのだが、昨日はお仕事分が残っていたのか体重は、9.45kgでついに自己最高記録を更新してしまった・・・(今までは、9.4kgが最高だった)。体重計が500g単位の目盛りなので正確なところは分からないが、何にしろ記録を更新したのは間違いない。

えー、ところで大福のお仕事の量はだいたい平均で75g(たまに計測しておりまする・・・汗)。昨日は、シャンプー後の昼と珍しく夕方の散歩でも2回目のお仕事をしてくれたので、もしも朝お仕事してくれてたら記録更新はなかったのに(75g×2=150gかぁ・・・)なんて、つまらぬことを考えてしまったのであーる。

今日の夕方の散歩は、ガッちゃんを誘ってちょっと遠めの公園まで遠征。ずいぶん日が長くなっていることを実感してしまった。

飛び石を渡って・・・と。 いや、川には入らなくて良いと思うよ。 んじゃ・・・って行っちゃった。

2008年5月20日(火) ■ 強力雨女 ■ 大福:生後2224日目

今日はシャンプーの日。週末ぐらいからの天気予報で今日は台風の影響で暴風雨になるだろうと言っていたが、あまりアテにならない天気予報も大福のシャンプーの日という後押しがあるとドンピシャで当たってしまうから大福の雨女ぶりも相当恐ろしい。
そんな暴風雨(近場の駅を走るJRは見事に運休で駅には振り替え輸送の通勤者で溢れていた)の朝の散歩で大福は新しいレインコート(カッパ)を初めて着用。前のと同じ赤だが今回のはリバーシブル側がストライプ模様(前のは迷彩柄)。カッパは今回のが3代目。一見同じ様な感じだが、紐の太さや装着の仕方など少しずつ進化しているようだった。
大福は、衣服を着るのを嫌がるから本来ならカッパも着せなくても良いのだが、モノの本によると日本に降る雨は正式発表の注意にまでは満たないが酸性雨が当たり前のこととか。それを聞いちゃ気休めでもカッパぐらい着せたくなってしまうよなぁ・・・例え、頭なんか丸出しでモロ濡れててもね(汗)。

あまり気にならないようだな。 ちょっと横向いてみて。 スンマセン、もう結構ですよ。

2008年5月19日(月) ■ 衣替え ■ 大福:生後2223日目

だいぶ暖かく・・・と言うよりも暑くなってきたので少し前に大福の寝床の敷物を春バージョン?に替えたのだが、どうもそれでも暑いらしいようで、家の中の冷たい場所を探しては体を横たえている。夜寝る時も最初はハウスに入って眠りにつくが、朝起きてみると自分用のクッションで寝てたり、ソファーの上で寝てたりと夜中には徘徊?を繰り返しているようだ・・・。
大福もシーズンごと仕様の毛皮でもあればずいぶん楽だろうにと思ったり。それと、大福の毛皮ってどのぐらい暖かいんだろうか?一度着せてもらいたいものである。

何気に暑そうな・・・。 床で冷をとる・・・。 寝呆けてますな・・・。

2008年5月18日(日) ■ 近場の海で ■ 大福:生後2222日目

土日とも雨が降らないなんてホント久しぶりだ。自然界のバランスを考えれば雨降りも大事なのは分かるが、ことワンコとの生活の中では雨降りじゃないほうが嬉しい。

夕方の散歩は、徒歩圏の一番近い海へ。ここの浜辺は、大福が一番最初に海の中に足を入れた浜辺。なのに何故かあまり足を運ばない。何でだろう・・・近すぎるからか?
お天気も良くて浜辺には夕陽でも見に来ているのだろう人達が大勢来ていた。何をするでもなくボンヤリ海を見ている人が多い。海は何か不思議なモノを持っているのは確実だな。そんな浜辺の隅っこで「枝の舞」を披露する大福の姿を見て、ボンヤリ海を見ている人達の顔々は更に少しばかりほころんでいたようだった。

ジャーン! ヤル気顔。 縦皺がたまりませぬ・・・。

2008年5月17日(土) ■ 笑顔の季節 ■ 大福:生後2221日目

週末に雨が降らないなんてずいぶん久しぶりのような気がする。今朝はお休み日と言うこともあって少しばかり遅めの散歩に出発。陽射しはきつくはないが湿度があって、この時期にしてはジメジメした感じ。町内を地周わる大福のクチも少し前の頃より開いているような。歩いているだけでもクチが開き気味になっているのに小学校の横で走り回ったりするからクチは全開。知らない人には笑顔で走ってるように見えたことだろう。笑顔の季節=暑い季節の到来・・・を意味しているようだ。

耳は後ろに。 尻尾で舵取り。 笑いながら走る。

2008年5月16日(金) ■ お初公園 ■ 大福:生後2220日目

今日は昼過ぎからお出かけ。初めての公園、横浜の根岸森林公園のチェック。昨日の朝、出会った時にガッちゃんにも一緒に行ってくれるようにお願いしておいたので一緒にGO。道も空いていてアッと言う間に公園に到着。広い公園のようで車をどの駐車場に停めれば良いのか迷ってしまった。
とりあえず車を停めて駐車場から公園に降りて行ったら・・・ゲッ!今日は遠足と思われる子供達と親たちが数100名公園の芝生を占拠していた・・・何と運のないことか。まぁ、今日はあくまでも下見を兼ねたチェックなので軽く公園内を見て回ろうとしたのだが、昼を過ぎているから暑い暑い。結局、日影を縫って急ぎ足で下見がてらの散歩をしてたら狭い乗馬コースを発見。そう言えば、私めなんかには根岸森林公園と言うよりも根岸競馬場跡と言ったほうがピンと来る場所であったのだ。

早々と公園を出て、山手でシュウマイを買って中華街で肉まん買って第三京浜で都心に舞い戻る。田園調布と自由が丘の買い物にも付き合ってもらってから白金でパン。〆は神楽坂でフライを買って・・・とことん、我が家の買い物に付き合ってもらって恐縮恐縮m(_ _)m。ゲンナリ気味のガッちゃんと大福のご機嫌とりよろしく北の丸公園でしばしの用足しタイムとプチ散策。いやはや半日たっぷりとコチラの都合に付き合っていただき、ガッちゃん&ガッちゃんママさん、ありがとうございました。もちろん、大福もありがとネ。

けっこう暑いね。 なかなか広い公園じゃないの。 どこでも一緒なんだけどね。
誰? 何かいるね。 白馬でした。

2008年5月15日(木) ■ 分岐点は2つ ■ 大福:生後2219日目

朝の散歩はだいたいコースが決まってる。まずは表に出てから左に行くか右に行くかが最初の分岐点。9割の確率で左に向かう。続いて最初の交差点を左にするか右にするかが次の分岐点。ここはほぼ6:4の確率で左に向かう。この分岐点から先はもう流れるままで大福任せ。
今日も左&左へとのコース取りで通常のパターンでの朝の散歩を消化し無事に?家に戻ろうと公園を見たら、ガッちゃんがお仕事場探しをしているのを発見。邪魔してはイカンとしばらく様子を見ていたのだが、ガッちゃんが大福に気づいてしまい結局は邪魔したことになってしまった(スマン)。となるとお仕事は後回しとなってしばしのご歓談ならず遊び回りにいそしんだとさ。

誰かを発見! ガッちゃんでした。 無防備にリラックス。

2008年5月14日(水) ■ 使い分け ■ 大福:生後2218日目

大福なんかを見ているといろいろな場面で「使い分け」をしているように思える。一番の使い分けは、人との接し方。「この人には甘えよう」なんてのと、「この人は無視ね」なんて感じで使い分けてるのが見え見え。犬名人によれば、この種の使い分けの源は飼い主の気持ちよる場合が多いとか。飼い主が「あの人苦手だな」なんて思っていると、それがワンコに以心伝心するとか・・・んーヤバイ(汗)。まぁ、人の場合でも、差別までいかなくても区別ぐらいはしてしまうからねぇ・・・。

使い分けとは少し違うが、大福がいつも仕事の邪魔しに立ち寄っている町内の美容室『ON THE GO baytown』。ここのスタッフさん、毎月の第2月曜だったかの始業前に町内の公園を中心に全スタッフで清掃を行っている。始業前だから朝の7時半ぐらいからのスタートで1時間ほど町内のゴミを拾い集めている。これって言うは易し行うは難しであり、実行するのはかなり大変。記憶している限りではもう1年以上も前から続けているから立派なものである。
代償を求めない行為であることはじゅうぶん理解しているのだが、オッサン的にはもっと評価されるべきだよなぁなんて思うのである。昔から「良いことは目立つように。悪いことは目立たないように」なんて感じで生きてきている馬鹿者としては、こんなに評価されるべき行動こそもっとアピールすればイイのに!なんて思ってしまうのであーる。

そんなスタッフさん達が一生懸命に作業しているにもかかわらず、またしても作業の邪魔をしに乱入する大福なのであった(一昨日、月曜日の話ね)。

「あれ?何でココに」って感じなのかな。 どうも・・・お邪魔虫です。 いつもご苦労様っす。

2008年5月13日(火) ■ 台風なの? ■ 大福:生後2217日目

台風2号が接近しているらしい。何でこの時期に台風かなぁ・・・。と言うことで、朝から雨降りの中での散歩。近場の公園に行っても散歩しているワンコもいないし人がいるでもない。いるのはカモだけ。けっこう近くにいたカモ達だったが、大福なかなか気づかない・・・。大福たちワンコの目の構造ってどうなっているんだろうか。けっこう遠くのモノが見えているかと思うと目と鼻の先ほどのモノが見えていないように思える時もあるからなぁ・・・。
しばらく公園内をウロウロしていた後にようやくカモに気づいた大福。当然追いかけるわけだが、このカモ達、思いの他動きが遅い。危うく大福は追いつきそうになって急ブレーキかけて慌てておりました。

? よっしゃ! 追いついちゃうよ!

2008年5月12日(月) ■ 台風近し ■ 大福:生後2216日目

五月晴れ・・・なんて言葉には全く縁のないような天気が続いている今年の5月。今週は台風が来るとか・・・何考えてるんだかね、お天道様も。そんな中、九十九里に出没してみた。案の定、スゴイ風でまいった、まいった。静止画ではあまり分からないが、実際の浜辺は砂塵が舞ってちょっとばかり幻想的と言うかアートぽかったり。
そんな台風接近間近の海風の中をまぁ走ること走ること、この2人は(そうそう九十九里へはガッちゃんにお供したのであった)。目や体が砂まみれになろうが全然気にもせず、ただただ楽しさを求めて走り回るアンタ達にはホント脱帽であります。

台風間近の海。 砂舞う浜辺。 全天候型はヤル気十分。
低空飛行。 クイックターン。 追跡モード全開。
巌流島の決闘? 何見ているのか・・・。 やっぱり楽しいみたいだ。

2008年5月11日(日) ■ 雨を縫って ■ 大福:生後2215日目

今日も雨だったり曇ったりの日だったが何よりも気温が低くて寒い寒い。もう衣替えを済ませてしまったから着る物が大変。今更冬物を引っ張り出してくるにもいかないし・・・。

何とも鬱陶しい天気な一日だったが、日頃の行いが良いわけでもないのに何故か雨の合間を縫って散歩することができてラッキー。雨は降っていないとは言え地面は濡れてビショビショ。こんな日は用足しやお仕事を済ませて簡単な散歩で帰りたいななんて思っているのに、その思いは全く通じない。むしろ「こんな日」に限って大福の視線を感じて目を向けると「遊ぼうよ」なんて言っているような目と合ってしまう。目が合うと普段しないのに前足を私めの膝に寄せて催促。ここで無視すればイイんだけど、その仕草に負けてついつい付き合ってしまう・・・。なかなか教則本?に書いてあるようにはいかないわな。晴雨水陸両用、全天候型の大福には勝てませぬ。

・・・。 ダーーッシュ! 得意気&満足そうな顔。

2008年5月10日(土) ■ 臨機応変な接遇 ■ 大福:生後2214日目

しかし、お天気が悪い週末ってかなり多いような気がするのだが・・・。こんなに雨ばっかりの週末だとカビが生えたような性格になってしまうぞ・・・そうじゃなくても「餅をついたような性格」とか「竹を折ったような性格」と自虐的分析をしている飼い主なのに・・・。

人間社会でもそうだが、ワンコの世界も個体に合わせた付き合いをするのは同じようだ。大福の対応ぶり?を見ていると明らかに友達ワンコによって接遇の仕方が違う。同じパピーでも体を預けて遊んであげたかと思うと、「側に来るんじゃない!」とばかりに一喝したり接し方が違う。顔馴染みの友達ワンコに対しても一緒。積極的に遊びを仕掛けて挑発的な場合もあれば、ゆっくり並んで歩き始めたりと様々。その対応の違いぶりを見ていると頭の中にけっこうな量のデータベースが入っているような。

パピーな黒柴。 リコくん。 2年ぶりぐらいに会ったアッシュくん。

2008年5月9日(金) ■ イライラ好き ■ 大福:生後2213日目

大福を見ているとジラされたりすると異様に興奮するようだ。遊びの範疇での「待て」なんかは大集中の眼差しで尻尾はクリンクリン。待っている間に精神が相当高揚するのだろうか。コンサートに行って席に着き、客電が消えてコンサートが始まるを待ている感じに似ているのだろうか・・・。そう考えると嬉しいイライラ感が分からないでもない。小さな楽しみを自分なりに見つけて全力で遊びのエネルギーに変換してしまう前向きさ・・・。ホント、見習うべき点が多いよ。

集中。 集中。 また集中。

2008年5月8日(木) ■ 出張散歩 ■ 大福:生後2212日目

今日は久しぶりに出張散歩。有明のビッグサイト横の『水の広場公園』に出没。特に何もないごく普通の公園だが眼前に海が広がっていて気持ちが良い。そして何よりも人がまずいない。たったそれだけの理由でも来てみる価値ありの好きな公園でたまに気晴らしで来てみたくなるのであーる。

ビッグサイト前の海を見つめる。 水上バスが横切る。 アンタの笑顔が何よりの活力だよ。

2008年5月7日(水) ■ 思い出候補 ■ 大福:生後2211日目

町内にあと3ヶ所マンションが建つらしい。大福が来てくれてからいくつかのマンションや学校、駐車場に公園が建ったりできたりした。今では街の中に普通の景色としてたたずんでいるが、立つ前はどの場所も大福の散歩コースだったところばかりだ(内緒で立ち入っていたところもあるが・・・)。
今朝の公園で遊んだ行き止まりの道路横にも33階建ての高層マンションが建つらしい。まだ先の話だが工事が始まればこの道路で遊ぶこともできないだろう。何気ない写真もいつかは懐かしいものとなることだろう。ワンコにとっては住みにくい町になってしまうのかねぇ・・・。

数少ない路上遊び。 コンクリートの上ではゴルフボールが主役。 こんな感じで踏みしめるのね。

2008年5月6日(火) ■ 朝練? ■ 大福:生後2210日目

ゴールデンウィーク最終日はシャンプーの日。と言うことで、今朝の散歩はガッちゃんを誘って早朝よりの海遊び。連休を惜しむかのように早い時間にもかかわらずけっこう人出が多かった。しかし、大福らのお遊びスペースはいつものようにあまり人がいない。そうなると黙っちゃいないのがこの2人。すぐにハイテンションで朝練のごとく遊び回り開始。まだまだ気温が上がっていないし、海からの風も心地良くて走り回りにはけっこうなコンディション。
1時間にも満たない朝練だったが内容充実だったような。このまま家に戻ってぐったり体を横たえて眠れれば何よりだったと思うが大福はシャンプーに直行。そうそう楽しいことばかりじゃないのだよ大福さん・・・。

穏やかにスタート? ヤル気顔だね。 最初は波を避けてる。
現地調達オモチャ? ボチボチ始まりかな? 煽り開始!
取りっこ。 ガッちゃんの猛チャージ。 大福の反撃・・・。
水陸両用で追い駈けっこ。 水も臆せず。 砂浜も駈け回る。
穴掘りも日課の如き。 足冷やしているのかしら? ちょっとお疲れかな。

2008年5月5日(月) ■ 軌道修正ならず ■ 大福:生後2209日目

大福にとって気の休まらなかったゴールデンウィーク後半戦。昨日はその鬱憤晴らしとばかり近くの浜辺を爆走していたが、今日は一転して戻って来た日常を確認でもするかのようにノンビリ過ごしている感じ。

公園や広場で遊んでいると目線の高さのせいで間違いなく大福よりも早く前方に転がっているオモチャ候補の落とし物などが目に入って来る。あまり大福に気づいて欲しくないなぁなんて思うようなモノがあった場合は、大福に声をかけて大福の進行方向を軌道修正したりして厄介なブツを回避する。
今日も前方にプリンかカップアイスの容器にようなモノを見つけたので軌道修正しようとしたら、ありゃりゃ大福さん、今日はもうしっかり見つけてしまったようでワシワシとブツに近づいて行く・・・。見つけてしまったのなら仕方ない(乾ききって食べ物は付着してないようだし)。結局、投げては取って来るという単純遊びにしばしお付き合い。好きなのよねぇ、こんなモノが。いつものボール遊びより一生懸命遊ぶ大福なのでした。

見つけちゃったのね・・・。 はい、どうぞ。 持って来なくてもイイんだけど・・・。

2008年5月4日(日) ■ 発散 ■ 大福:生後2208日目

ここ数日、来客があったので大福はいつもの日常的生活をすることができなかった。ワンコ達に日常性を与えることはヨシとはしないようだが(本などによると)、大福は見事なまでにパターン化した生活をしている。そのパターンが崩れそうになると軌道修正を促すように目で態度で訴えてくる。日本犬名人に「柴犬は年齢を重ねていくと、自己主張どころか指図をするからねぇ・・・」との言葉を思い出してしまう。
パターン化な生活ができなかった大福を何とかせねばと(ご機嫌とりね)夕方の散歩は、ガッちゃんを誘って花の美術館方面に出没。ゴールデンウィークで人出は多かったが、浜辺を走って園内をかっ歩して何とか鬱憤晴らしになったのかしら・・・。

花より団子組。 発散できた? くっついてて歩きにくくないのかね?

2008年5月3日(土) ■ 囲まれて ■ 大福:生後2207日目

大福は、幸いにして人に触られるのを苦にはしていないようだ(本心は定かではないが)。大福を見て寄って来てくれる人達に囲まれて触られても大人しくなされるがままとなっている。こんな大福の姿を日本犬保存会の重鎮などは「こんなに人なつこいのは柴犬ではない」なんて家庭柴犬としてのお墨付き?まで出してくれる始末。確かに、柴犬の本などに書かれている柴犬の特性からはほど遠い大福だが、これこそ大福の個性なのである(水にも平気で入るし・・・)。
そんな訳で、芸能人の囲み取材じゃあるまいし・・・とでも言いたくなるような大福の囲まれぶりを少々。

お開きしちゃいそう・・・。 珍しくメンズに囲まれて。 町内地周りでお邪魔虫。

2008年5月2日(金) ■ 休養週間 ■ 大福:生後2206日目

ゴールデンウィークも明日から後半戦にはいるけど、お天気はパッとしない様子。世のワンコ達はGWをどのように過ごしているのだろうか。どこかにお出かけでもしているのだろうか。大福はと言えば、人出の多いGWこそ休養週間とばかりにお出かけなしで町内でのんびりゆっくり生活。ある意味、贅沢なGWかもね。

妙な枝っぷりだこと。 目が危ないから・・・。 返してくださいな。

2008年5月1日(木) ■ 残念・・・ ■ 大福:生後2205日目

夕方の散歩で今年になってはもちろん初めてで恐らく半年ぶりぐらいにレオくん&シュートくん(呼び名としてはレオちゃん・シューちゃん)の飼い主さんとバッタリ。まずはママさんに連れられたシューちゃんが目に入ったが、レオちゃんも恐らくパパさんに連れられて別の場所にいるのかななんて思いながら久しぶりに飼い主さんにご挨拶・・・しかし、挨拶の中で聞いた言葉は、レオちゃんの訃報。今年の1月に亡くなったとのこと。13年間の人生を全うしたとのことだった・・・。

大福が散歩デビューして間もない頃に出会ったレオちゃんは町内で唯一のペキニーズで大福から見れば大先輩として町内に君臨?していた。大福が仔犬動きで他のワンコと戯れるのをいつもつかず離れずの位置から見ていてくれた印象がある。もっと勝手に思うなら、レオちゃんは大福に好意を持ってくれていたようにも思う。遠くから大福を見つけるとトコトコと大福の側に近づいて来てくれてたもの。穏やかな飼い主さん同様にほんわかだったレオちゃん、晩年はカートで散歩していたのに大福に会うとカート降りて挨拶させてくれていた。まさに「まん丸」だった大きな目が思い出される。

また、大福の「今」を作ってくれた大先輩が一人亡くなってしまった。自然の摂理とは言え残念・・・そして悲しい。レオちゃん、ホントありがとうネ。アッチの世界からも大福を見ててやってね。一人になってしまったシューちゃん、何気に元気なさそうに見えたけど(思い込みだと思うけど)これからも大福と仲良くしてあげてね。合掌。

いつも見ててくれたね。 在りし日の愛くるしいお顔。 晩年はカートでお散歩。


福と大福の間TOPに戻る