2008年12月の最初へ↓
2008年12月31日(水) ■ お出かけ〆 ■ 大福:生後2449日目

今年最後のお出かけも銀座方面だったので、大晦日なら誰もいないはずとの予想をして晴海方面に出没。何人かはいたが、人口1億3000万の東京を考えるとまず誰もいないと言って良いだろうと言うことで予想は的中。

台場や豊洲辺りもそうなのだが、個人的には都心のビル群を東京湾側から見られる晴海も大好きなビューポイントの一つ。所々に生い茂っている松の木がこの季節の冷たい空気と相まってなおさら日本犬を映えさせてくれてる感じ。やっぱり柴犬は、クリスマスよりも年末やお正月のほうが似合うよなぁ。
水上バスの停船所や定期航路の客船ターミナルも人の気配がほとんどなくまさに独り占め状態。ほぼ360度、東京湾の景色を楽しむことができた。〆は駐車場横の広場でフリスビー遊び。大福には、もちろんここでの遊びが一番だったようだが、今年も最後まで飼い主の気ままなお出かけに付き合ってくれた(付き合わされた?)。
今年はいろいろ波風あったけど、元気に過ごしてくれてありがとうね。来年もアホアホ飼い主をよろしくお願いしますよ、大福さん。もちろん、こんなアホ飼い主を支えてくれている妻にも感謝。普段あまり感謝の言葉をかけていないけど心から感謝しています。ありがとう。

駄文、愚日記を見てくださってる柴友の皆さんやワンコ大好きな皆さんも本当にありがとうございます。いつまで続けるか続けられるか分かりませんが、来年もお時間ある時は覗いてやってください。来年も皆さんにとって必ずや良い年でありますよう願ってます。

柴犬と松の木。 いつもより停船中が多い。 案の定独り占め。
停船所はユラユラ揺れる。 陽射しとレインボーブリッジ。 都心を海側から望む。
やっぱり松の木が似合う。 ホントは入ってはいけない場所、。 東京タワーも小さい。
フジテレビの球体展望台がポツリと。 バス停を見下ろす。 この笑顔が一番。
どこででも遊ぶ。 遊びが一番。 おせちチェック。

2008年12月30日(火) ■ 残り2日 ■ 大福:生後2448日目

今年もいよいよもってあと2日(明日はいよいよあと1日とか言ってると思うが・・・)。今の時代、年末年始の区切れなど昔に比べるとほとんどないのに(1月1日も休まず営業とかの商業店舗が多いものね)不思議なことにちゃんと?気持ちの中ではカウントダウンのようなものをしている自分がいる。その点、大福らワンコ達は正真正銘の平常心。盆暮れ、クリスマス、正月など全く関係ないからたいしたものである。毎度のことだが、この平常心は見習いたいものである。
そんなこんなで残り2日となった今日は、いよいよもってシャンプー最後の日。この秋は、例年に比べて被毛や肌の状態の悪さが長びいていたので、今日もマイクロバブルシャンプー。幸い、シャンプー前と後の獣医師の診断でも良好とのことだったので、まずはめでたしめでたし。ふかふか、ホワホワでお正月を迎えることになりました。

ベイちゃん? あれ?外れてしまった? ココで待ってれば?

2008年12月29日(月) ■ ラスト・カフェ ■ 大福:生後2447日目

今年の年末年始は長いお休みだなと思ってたけど、土日が4日間もあるからそう感じるだけかもね。仕事始めが1月5日の月曜日と言うところが多いだろうから、次の週末の土日は気が重くなりそうな感じ。先週金曜日で仕事納めのところが多いけど、お店などは明日30日までと言うところも多いようだ。

と言うことで、今日はカフェ納め?を兼ねて大福用に予約してあったおせちをピックアップしにお出かけ。平日ではあったが、もしかして先輩姉御柴のごまちゃんは来てないかなと思ってたのだが、残念ながら来ておらずちょっとガッカリ。ランチを食べ始めたら、何と、ごまちゃんのお出ましぃ〜。良かった、良かった、年末のご挨拶ができて。恒例?の2ショット撮影などをさせてもらって、しばし歓談。柴族の「なくて七癖」談義に花が咲いて思わず苦笑いの連続。
ご挨拶を済ませて、頼んでおいたおせちもピックアップして銀座方面へ。新橋→西銀座→人形町を経由して帰路についたのだが、街はすっかりクリスマスモードからお正月モードに変身していた。

町内に戻ったら、車越しにリフエちゃんを発見。さすがに歩道で遊ぶわけにもいかずに挨拶だけ。別れてからお馴染みの町内の美容室にもご挨拶。こちらも今日が最終日で大掃除が始まる間際だったのに、ウチのお邪魔虫さんを快く迎えてくれて(そうであって欲しい・・・)ありがたいこと。
さぁ、今年ももうわずかだ。

厨犬中・・・。 「ヘルシーカレー丼」越しの大福さん。 「ロールチキンプレート」を快食中。
新メニュー「ロールキャベツ」with16穀米。 リラックスしすぎ。 先輩姉御柴・ごまちゃんも厨犬中・・・。
ごまちゃん、来るなよビーム発信中? お店前で仏頂シスターズ結成。 一人でも仏頂面は変わらず。
お店のオネエサンさんと。 町内でリフエちゃんにバッタリ。 今年最後のお邪魔虫。

2008年12月28日(日) ■ 柴マップ ■ 大福:生後2446日目

年末になると何かと買い出しが多くなるが、そんな時に楽しみなのが、各地に住んでる柴たちとの再会。再会と言っても一方的にこちらから見るだけだし、その子達の名前すら知らないことがほとんど。
新橋に出向いた時は、あそこの角のたばこ屋の2人は元気かな?とか、浅草に出向いた時は、あの路地で昼寝してるあの柴は元気かな?など各地の柴犬の存在が気になってしまう。いつものように同じ姿を見られれば何となく安心できるが、姿が見えないとたまたまいないだけだろうなぁ・・・なんて妙に気になってしまう。そんな時は、次のお出かけでもついついその場所に行ってしまったり。そして、その姿を発見できるとホッとまた胸を撫で下ろしたり・・・。何とも気になる柴マップではあるが、それがあるからお出かけもまた楽しくなるのである。

今朝は久しぶりに段ボールと格闘?する大福の姿が。確かにここのところ、段ボール遊びはしてなかったなぁ。動きを見ていると遊ぶと言うよりもやはり格闘という言葉のほうがピッタリのようである。

好物?な段ボールで遊び開始。 この表情は珍しい。 段ボール独占で渋顔。

2008年12月27日(土) ■ やっぱ四駆でしょ ■ 大福:生後2445日目

古い言葉だと「スーパーカー」って言うの?バカ高そうなスポーツタイプの高級外車が公道で渋滞に巻き込まれてる姿を見る度に、好き嫌いと言うか趣味ってのはいろいろだなぁと思ってしまう。車に興味ない私めには魅力ってのが全く分からないもの。
次に四輪駆動の車。これに関しては一時期、ちょっとだけ興味を持ったことがある。街を離れて山道でも走る時には便利かもなんて。でも、その山道を走る機会が全くない。だったら必要ないかと、今のファミリーカーに落ち着いている。街の中ではかなり四駆車を見るけど、皆、オフロードとかちゃんと走ってるんだろうか・・・。

四駆と言えば、もちろん大福たちワンコである。いやぁ、見ていると飼い主達の二駆より全然機能的で性能も良さそう。縦横無尽に走り回る姿は爽快さすら感じさせてくれる。
そんな四駆な大福であるが、ボールやビニールをキャッチする時などにたまに二駆での二足立ちや二足歩行を披露してくれる。しかし、見慣れないせいもあるが、その何ともおマヌケな感じの姿に思わず吹き出してしまう。やっぱりアンタ達には四駆が一番似合うよ。

尻尾が見えなくて変な二足立ち。 チカラの入った二足立ち。 前にオットットな二足歩行。

2008年12月26日(金) ■ のんびり日 ■ 大福:生後2444日目

巷は昨日までのクリスマスモードから一転して今日からは年末年始モードに突入。実は、今日12月26日が一年の中で一番好きな日かもしれない。クリスマスの喧噪を終えてひと安心。正月までにはまだ少し間がある・・・そんなひと息ついたようなチカラの入っていない今日が何ともなく好きなのである。
なんて思っているのは飼い主だけで、大福たちワンコにとっては「そんなの関係ねぇ!」と言う感じ(スゴイなぁ時の流れは。もうすっかり死語だもんなぁ・・・)。生まれてからずっと区切りなく日々の生活を送っているアンタ達はホント偉いと思うわ。雑念と煩悩に満ち溢れてる飼い主の私めには真似ができないもの。

さて、朝の散歩で先輩姉御柴のアキちゃんを発見。大福はだいぶ前からアキちゃんが来たことに気がついていたが、アキちゃんは全く気づく気配なし。あまりに気づかないので大福が挨拶に行ったら、いつも通りのお耳に・・・。やっぱりウザがられてるの確実みたいよ、大福さん・・・。

嫌がりモード全開。 見てないうちに・・・。 逃げられた(o´Д`)=з

2008年12月25日(木) ■ ご都合主義 ■ 大福:生後2443日目

大福を見ているとしたたかになってきたなぁと思うのである。知らぬふりや聞こえないふりなど日常茶飯事。自分の好きなことやしたいことしかしない・・・。まさにご都合主義の極致(お前はAB型か!)。もちろん、ご都合主義のきっかけを与えてしまったのは、ダメダメなアホ飼い主なのだが・・・。

お仕事はまずリード着けたままではしない。伸びーるリードで試したことも何度もあるのだが時すでに遅しと言う感じで諦めた。まだ幼き頃になかなかお仕事しないので、飼い主に焦りが出てしまった結果である。
散歩していると、自分からベンチなどに歩み寄りヒョイと上がってしまう・・・。散歩でのひと休みで一緒に座ったのがきっかけである。その時に、いつもオヤツあげてた報いが今日に繋がっている・・・。あー、全て飼い主のせいなのである。イカンよなぁ・・・とクチでは言うが、実は反省してないでしょ!?とのお叱りも聞こえてきそうである。

風見犬? 番犬? 置物?

2008年12月24日(水) ■ イヴ・・・今年の象徴か ■ 大福:生後2442日目

昨日が天皇誕生日でお休み。その前は休み日に挟まれた平日。そして、今日はクリスマス・イヴなのだが、飛び石連休の後で、しかも週の中日ときてる。何とも中途半端なイヴではないか。この居心地の悪そうなイヴ、何となく今年の日本を象徴してるように思えるのだが・・・。

さて、イヴの大福さんは、珍しく家で一人でお留守番。たまにお留守番も仕方ないと思うのだが、アホ飼い主としてはやはり火事が心配。集合住宅での火事を想像してしまうと出先でもソワソワしてすぐに家に戻りたくなってしまう。飼い主が依存症になってどうすんの?って感じである。
家に戻ってドアを開けて熱烈的歓迎を予想していたのだが、あまりのクールさに見事なまでの肩すかしを食ってしまった。もしかして怒ってる?などと思い、慌てて散歩に連れて行ったら、ご覧のようなハシャギぶり。家では冷静さを保っていたようだが、その実、相当退屈していたようである・・・。

スゴイ集中で走りまくる。 足さばきもお見事。 張り切りすぎ・・・。

2008年12月23日(火) ■ 遊びに誘われても ■ 大福:生後2441日目

大福の普段の行動、特に友達ワンコと遊んでる姿を見た人のほとんどは、大福が6才を過ぎていることを告げると驚きの声をあげる。別に、6才だからと言って遊ばなくなるわけでもないだろうに一様に驚くのである。遊んでる相手が1才前後の子も多いからかもしれないな。聞けば、柴犬は6才ぐらいまでは激しい遊びをするとか。単なる遊びではなく、「激しい遊び」なのである(汗)。大福が2才の頃に耳にした話なので、その時はまだ先のこととして聞き流していたが、今現在、その話に該当する年齢になってみると、その話はどうも事実であることが今の大福を見ていると納得できてしまう。

その「激しい遊び」に付き合わされるのである。特に朝の散歩で一緒に歩いていると、急に何やら気配を感じて大福に目をやると、バッチリ目が合ってしまう。その目は明らかに遊びに誘う目なのである。仕方がないので、老骨に鞭打って一緒に走り回りをしてみるのだが、何しろ持続力がない。アッと言う間に息が上がって、ジ・エンドなってしまう。もちろん、大福は余力ありでご不満モード。しかし、無理なものは無理なのである。それ以上望むと飼い主死ぬぞ!大福!

「遊ぼうよ!」って感じかな。 「遊んでもイイよ」って感じかな。 「遊ぶの?」って感じかな。

2008年12月22日(月) ■ 連鎖の遭遇 ■ 大福:生後2440日目

不思議なもので、狭い町内なのに会わない時は半年どころから1年以上も会わない友達ワンコも大勢いる(もしかして、避けられてる?)。かと思えば、たとえ再会が久しぶりだとしても会い始めると連鎖のように立て続けに何度も会ってしまう場合もある。最近では、コロくんがそうかなぁ。散歩時間が変わってもコースが変わっても会える時には会えるものである。何なのかなぁ、この不思議な現象は・・・。
それにしても、この2人、年齢差は5才以上あるはずなのにものすごく楽しそうである。コロくん、もしかして年上好みなのかしらん?ムフッ(*^_^*)

怪しく接近開始。 忍び足のせいでかコロくん気づかず? 大福本人的には、すごく高く跳んでるつもり・・・。
走り回りスタート! おっ? と、と、跳んだぁ!
ジャンピングパーンチ! 楽しそうだねぇ、ホントに。 意気揚々な顔だこと。

2008年12月21日(日) ■ 会話の中身 ■ 大福:生後2439日目

目はクチほどモノ言うし、尻尾もクチほどモノを言う。もちろん態度もクチほどモノを言う。ワンコ達は人間語を喋らない代わりにいろいろな手段で意思の伝達をしてくる。しかし、それはあくまでも我ら飼い主達、人間に対してである。ワンコ達同士ではどんな会話がなされているのだろう?我ら人間には会話の声は聞こえないから、恐らくテレパシーのような伝達方法をとっているのでは?と思うのだが・・・。それにしても、いったいどんなこと話してるのよ?

お初よね? 顔近すぎなんだけど・・・。 大福、何か言ったでしょ?

2008年12月20日(土) ■ バブルへGO!! ■ 大福:生後2438日目

ベタだけど、もちろんホイチョイの映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』のことではない。大福のシャンプー場に今月から正式に導入された「マイクロバブルシャンプー」のことである。以前、お試しキャンペーンがあって、初めて利用したことがあったが、大福にはこれが合っているのかすごく良かった。以来、正式導入を期待していたが、シャンプー場のスペースや導入費用などの兼ね合いもあったのだろう、その後話は立ち消えのようになっていた。キャンペーンの時の様子だと大福は湯船?の中でコックリコックリ気持ち良さそうにうたた寝をしてたとか・・・温泉気分だったのかな。

その「マイクロバブルシャンプー」が今月から正式導入され大福が記念すべき第一号利用者となった(その時に撮ってもらった写真↓)。そして、今朝のシャンプーでもマイクロバブル使用だったのだが、今回もバブルシャンプーで毛穴洗浄の後に湯に浸かっている時など眼を細めてウトウトしてたらしい。担当のトリマーさんが自分でも洗顔時に使用したところ、肌がツルツルになったとかも言ってた。大福もバブルシャンプーしてもらってると毛穴周辺や地肌の脂がけっこう取れるとか。
ワンコに関係ない人にしてみれば、アホの極致にしか見えないのだろうが、大福もアラフォー世代に突入だし、エステは大事よね。←バカ親丸出し。

先輩柴の豆太朗くんのサイトを見たら、今日付の日記で同じくマイクロバブルシャンプーをしてきたことが書かれていた。離れた場所なのに同じように気持ち良さそうにしていた柴ワンコが2人いたのかと思うと何やら面白い。

観念したような顔にも見える・・・。 毛穴周りの皮脂を洗浄中。 目にお湯が入ったのか、眠くなってきたのか・・・。

2008年12月19日(金) ■ カメラの目■ 大福:生後2437日目

相変わらず散歩に限らずいつもデジタルビデオをバッグの中に入れた歩いているのだが、ホント冗談抜きで大福がいない時に職務質問にでもあったならどうするのだろうか?と我ながら心配。

けっこう散歩の時の愛犬をカメラで撮っている飼い主さんは多い。ほとんどがデジカメで次が携帯電話のカメラ。持ち歩きにくいのかビデオとなるとあまりいないような。携帯電話のカメラもこの頃ではなんちゃってデジカメよりも優れたりするからデジカメのシェアにも大きく浸食してきているのではないだろうか。私めも別にデジカメでも携帯電話でもかまわないのだが、静止画で大福を撮るのには腕が全く足りない。一眼レフで連写か?とも一瞬考えたが、随時持ち歩くにはずいぶんかさばりそうで購入までは至らなかった。
で、その当時で一番小さいサイズのデジビデに落ち着いたのだが、デジビデの良いところは何しろ散歩現場では見逃してしまったような場面までしっかり映っている点だ。1秒間に静止画が30フレームと考えるといわゆる「決定的瞬間」なんかもかなり映っている。家に戻って再生してみて、「大福、ものすごい顔してるなぁ」とか「へぇー、転んだりしてたんだ」なんて思って顔を綻ばすことも多々ある。
大福や友達ワンコのいろいろな表情や姿が面白可笑しく見られるのなら、多少荷物がかさばっても仕方ないわなと思うのである by バカ親。

転ぶ寸前ですわな。 はい、お見事なお開きです。 ぶざまと言えば、ぶざまな感じ・・・。
逆襲顔。 狙ってるね? 後ろ脚を・・・。

2008年12月18日(木) ■ 心や目が貧しいのか・・・ ■ 大福:生後2436日目

先週だかの海外ニュースでフリーウェイに入り込んでしまって車に轢かれて死んでしまったワンコのことをやっていた。ニュースのポイントは、轢かれて死んでしまったワンコではなく、そのワンコの死骸を片付けるべく別のワンコが危険も顧みずにフリーウェイに侵入したことだった。そのワンコは、走り抜ける車の群れを縫ってワンコの死骸をクチに咥えて引っ張りながらフリーウェイを脱出した(のだと思う)。
その様子を監視カメラが捉えていて、その映像がニュースで流れたと言う訳である。ニュースでは仲間の死を思いやって死骸を片付けたワンコとして紹介されていた。放送後、その姿に感銘を受けた視聴者から、そのワンコを飼いたいとの希望が殺到したとか・・・。

心が貧しいのか、それに加えて目まで貧しいのか・・・。私めが最初にその映像を見た時、どうも獲物を引きずって行く野生のワンコにしか見えなかったのである。あれが都会のフリーウェイでなくアフリカの草原なら・・・、あれがワンコではなく豹やライオンだったなら・・・誰が見ても獲物を巣とかに運ぶ動物に見えたのでは?と思うのである。
映像のワンコの真意はもちろん定かでないが、最初見た時に、伝えられたような美談に見えなかった私めって、いったいどうなのよ?トホホ。

妻のお友達から新鮮野菜が届いた時の大福さん。相変わらず野次犬してチェックしてたが、自分には関係ないモノだと分かると手のひらを返したように無関心。大福としては、中身よりも野菜が入っていた段ボール箱のほうが好物のようである。

住所のチェックですか? 大福のじゃないからね。 こらこら、手を中に入れて段ボールを咥えるのはやめなさ−い。

2008年12月17日(水) ■ 受動喫煙被害 ■ 大福:生後2435日目

やっと犬関連の出来事の中でも「受動喫煙」の被害について話し始められてるらしい。今頃遅いわ!と思えるほどだが、人に被害が及ぶのにワンコに被害がないわけないわな。直接喫煙より受動喫煙のほうが体には悪いとかの話も出てるぐらいだもんね(喫煙者はフィルターとかで害を緩和できるらしいが、受動喫煙は、もろに煙を吸うので悪いとか)。

そもそもタバコなんてのは未成年のうちに体験して、20才になる頃には体に良くないことを当然知って、吸わなくなる・・・てのが正しいセオリーのように思えるのだが・・・。喫煙者には相当肩身の狭い世の中になってきているが、相変わらず文化レベルの低い場所での喫煙率は高い。ギャンブル場なんかスゴイもので、立ち寄ろうものなら目は痛くなる、喉は痛くなるで大変。何よりも着ている洋服がたばこ臭くなってしまうので閉口してしまう。
と考えると、犬関連業界人も喫煙者が多いが、これは文化レベルが低い業界と言うことなのねかね?ワンコにとっても受動喫煙被害が深刻であることは明白なのに、この現実はだいぶ厳しい。ワンコ達が人間と関わる環境が良くなるには越えなくてはならないハードルがたくさんあって大変。しかも、ワンコ達は常に受け身なのだから、飼い主や犬業界人も含めて人間から歩み寄るしか方法はないんだよね。お先真っ暗ってことか・・・。

さて、朝の散歩終わりに久しぶりにコロくんに遭遇。久しぶりに一緒に走ったりと遊ばせてもらった。遊び終わって帰る頃には雨がポツリポツリ。その後、雨は本格的に降ってきたので、良いタイミングで遊んでもらったこととなった。ちょっと運を消耗しすぎたかなぁ。

黒い何かに追われてる! な、な、何だぁ!? コロくんでした。チャンチャン<(_ _)>

2008年12月16日(火) ■ 師走行脚 ■ 大福:生後2434日目

12月も半分が過ぎていよいよクリスマス&年末モードに突入・・・とカレンダー的にはそうなのだが、何か不景気風が木枯らしを上回る勢いで吹いている感じなのだが巷の具合はどうなの?と確かめるためではないが、師走の匂いと景色を感じたくてお使い用事に大福に付き合ってもらった。

昼には家を出るつもりだったのだが、さすがに12月は野暮用が多くて1時半過ぎの出発になってしまった。高速道路は混んでることなく1時間もかからずに新宿職安通りに到着。頼まれていた韓国食材などを購入してクイックターンで原宿は表参道に。車を停めらず、表参道は素通り。まぁ、車窓からの師走行脚で良いかと。
恵比寿を通って芝浦方面に。予定通り家を出てたら、芝浦→台場→豊洲と船にでも乗って、海側からの師走景色でも見るつもりだったが、いかんせん今日は出遅れたのでこれも断念。仕方ないからと台場に行ってみたが、まだ暗くなってないせいか人の出も少なく閑散としたクリスマス風景。夜になればもう少し賑わうのだろうか・・・。
台場は来慣れてるからか、大福はサッサと自分の行きたいほうに進んで、勝手知ったる我が家の庭状態。アンタ、もしかしたらツアーガイドできるかもよ。本当はもっと暗くなってからのほうがイルミネーションも綺麗に映えるのだろうが、あまり暗くなってしまうと我が写真技術では大福が全く映らなくなってしまうので、この辺の暗さが限界。
台場の砂浜で軽く遊んだ後は、近年では一番お気に入りの丸の内中通りのイルミネーション並木をチェック。うん、やっぱりここのが一番好きだな。
丸の内を出て、妻と合流して銀座でクリスマス食材を予約してから帰宅。毎年、同じような師走の行程に付き合わされている大福だが、「季節感」みたいなものを感じているのだろうかね?できれば一度、膝を交えてじっくり話してみたいものである。

人の少ない夕方の台場。 たぶん暗くなると綺麗なんだと思う・・・。 フジテレビ前のツリー点灯式。
まだ光が見えないかな。 毎度お馴染みの千手観音の儀式・・・。 完全包囲網(汗)。
イイ仕事するなぁ、大福は! 黄昏のDECKS&フジテレビ。 ビーチも閑散。
夕景の台場の海。 お気に入りの丸の内中通りのイルミ。
ひと遊びしますか!

2008年12月15日(月) ■ 隠れみの ■ 大福:生後2433日目

大福の近頃の平均体重は、9.2〜9.3kgぐらい。一年ぐらいこの体重をキープしているのだが、何とか8kg台にならないものかねと言うのがアホ飼い主のささやかな願いである(8.99kgでも良いのよ)。食べる物を減らすのも可哀想だし、運動でと言ってもそこまで体重落とすほどの運動などどのくらいすれば良いのか全く不明。それに、年齢と共に代謝も落ちているはずだし、わずかな数値なのだが減量と言うことでは大きな壁なのである。何しろ人間換算すると、500g落とすことは人間だと3kg落とすことと一緒だから・・・。

心優しい人達は、「大福ちゃん、ちょっとふっくらしました?」なんてお声がけくださるが、要は「太ってきたわね」と同意語であることは百も承知。であれば、できる限り大きいワンコと一緒にいればカムフラージュできるのでは?と短絡に考えてしまう。
と言うことで、今日の夕方の散歩で、お初にお目にかかる柴後輩のコテツくんに遭遇。聞けば、まだ1才足らずなのに16kgほどあるとか。決して太っていないから骨格が大きいんだな、きっと。これを機に、大福の隠れみのになっておくれね。よろしく<(_ _)>

『大福の仲間たち15』に「モモ♀」「コタロウ♂」「コテツ♂」を追加。

探り合い? 思ったよりデカイ・・・(汗)。 引き気味ですな。

2008年12月14日(日) ■ 雨の討ち入りの日 ■ 大福:生後2432日目

12月14日と言えば、赤穂浪士の討ち入りの日として思い出すのだが、元禄時代は当然旧暦であったはずだから当時の12月14日は1月30日(元禄15年で1703年ね)であって、決して約300年前の今日に討ち入りが行われたのではないとか。でも、討ち入り=12月14日が日本人の心には深く染みついているのが実際。
余談だが、映画やドラマでは雪の中を両国の吉良上野介邸に向かう赤穂四十七士の映像が有名だが、実際の討ち入り当日は冬にしては珍しいほどの快晴だったとかも聞くし、映画やテレビのイメージとはだいぶ違うようだ。実際の事件・出来事が劇的ではないところにリアルさを感じるのであるけどね。

そんな今年の12月14日は朝から雨降り。こんな日はお仕事もないだろうと覚悟しての朝の散歩。誰もいない花時計の公園を我がもの顔で散策しまくった大福なのであった。予想通りお仕事はナシだった・・・。
12月も半ばに来て寒さも今日あたりから本格的になってくるとか。それを察知してか、何気に大福の首の周りの毛が多くなってきているような・・・と感じるのは気のせいか。

完全独り占めで「大福の庭」状態。 ひと休みに帽子のベンチに向かう。 秋冬混在の図。

2008年12月13日(土) ■ プチ師走模様 ■ 大福:生後2431日目

ちょこっと買い出しに築地と銀座に出没。築地はもうすっかり師走モードでけっこうな人出。大福を抱っこして市場に繰り出したものの、あまりの混雑ぶりにすぐにリタイア。買い物は妻に任せて、大福と2人で市場入り口で待機。
待っている間、いつものように大勢の人達に触ってもらってたが、犬好きの人ってのは面白いもので、相当に厳つい格好で怖い形相で歩いてくる男性が大福を発見したとたんに、顔がデレェーっとほころんで満面笑顔になってしまう。挙げ句は赤ちゃん言葉で「どこから来たんでちゅかぁー?」なんて・・・おいおい威厳は大丈夫ッスか?とコッチが訊きたくなってしまうほどの変身ぶり。ワンコ達の神通力に感服するばかり。

銀座通りもそれなりの人出ではあったが、やはり不景気なのではないだろうか・・・。いつもの師走と違って、街の風に弾むような何かが含まれていない。テレビのニュースなど見る限り仕方ないかなとも思うが、ちょっとばかり淋しい。ここでも買い物は妻に任せて大福と銀座通りで待機。こちらでは大勢の女性時通行人に触れたり囲まれたり。
大福にちょっと車の中で待っててもらって私めも一緒に買い出しに・・・とも思うのだが、それがなかなかできないところがツライところ。しかし、その分、いろいろな人との接触があって楽しいのである。そんな待ち時間?の時に大勢の人が大福を触りに近寄ってきてくれるのだが、必ず「家に柴犬がいる」とか「以前、柴犬と暮らしていた」と言う人がいて「日本人は柴犬が好き」を改めて感じることができるのであーる。

築地はけっこうな人出。 Apple前。 Aroud40の仲間入り資格あり。

2008年12月12日(金) ■ ニュー黒柴ちゃん ■ 大福:生後2430日目

シャンプー終えて家に戻ってきたら家の前にヒョコヒョコ跳ねている小さな黒い塊を発見。あらら、チビ助な黒柴でないの。生後3ヶ月にも満たない「コタロウくん」とのこと。豆柴とのことで、3ヶ月にしてはミニ・サイズで小さいこと小さいこと。大福が近づくと怯えてピョン跳ねで逃げ回っていた。飼い主さんが私らや大福と話し始めたら落ち着いたようで大福もイソイソと近づいて匂い嗅ぎと挨拶。無事?セレモニーも終えて本日はお開き。
また、すぐに会えると思うけど、次に会う時はきっと見違えるほど大きくなっていることだろう。健やかに成長して欲しいものである。頑張れ!後輩柴くん。

逃げられてるし・・・。 ちょっと落ち着いた様子。 そぉーっと近づいて匂いチェック。

2008年12月11日(木) ■ カバちゃんの苦悩 ■ 大福:生後2429日目

大福が我が家にやって来てくれた日より以前から住みついている縫いぐるみのカバちゃん。彼(彼女?)は遥か遠くタイのバンコクからやって来た。大福がやって来る前は、我が家でそれはもう穏やかに平和な日々を過ごしていたのだが、大福が登場してからは扱いがだいぶ変わってしまったのである。

大福は我ら夫婦と一緒の食事を終えて(前菜か?)自分の食事の用意をしてもらっているまでの間、必ずと言って良いほど大福の「遊びの間?」でカバちゃんに挑みかかる。その行動にどう意味が含まれているのかはいまだ全く不明で解決をみていない。気の毒なカバちゃんは満身創痍で、後ろ脚の足首から先は修繕されるほど大福に毎晩の挑まれているのである。何とも気の毒なカバちゃんなのである。ご苦労さん。

右足から攻められるカバちゃん。 振り回されるカバちゃん。 屈服のカバちゃん。

2008年12月10日(水) ■ 嬉し走り ■ 大福:生後2428日目

散歩の途中で公園などに立ち寄ると急に身を低くしてコッチを挑発満々の顔で見上げる大福。はいはい、走りたいのね・・・と勝手に理解して挑発に乗って走るのだが、いかんせん4輪駆動にかなうはずなどない。しかもスタミナもないと来てるから大福にしてみれば消化不良でしかない様子。お腹が空いたので、ちょっとだけオヤツを食べたら益々お腹が空いてしまった感覚に似ているのかもしれない。
そんな消化不良を解消すべく、大福の次なる行動は「一人走り」。まだ挑発でもしてるのだろう。私めを中心にして縦横無尽に走りまくる。たまに立ち止まってコッチを見て「どう?走ってみる?」とでも言いたそうな顔。そんな顔して見ても無理ですから・・・。それにしても、そんな時の走り顔の何とも嬉しそうなことったら・・・。

ヤル気笑顔で走り始め。 ヤル気笑顔で爆走中。 ヤル気笑顔で到着。

2008年12月9日(火) ■ 未知との遭遇 ■ 大福:生後2427日目

久しぶりにものすごいチビ助犬を見てしまった。小型犬種2頭だが、どうにもこの2頭気が悪い。視界に犬だけでなく人が入って来ても「どこから、そんな声出してんの?」と訊きたくなるぐらいの声で吠えまくるのである。気が悪いと言うか、本当は気が小さいのかなぁ。「攻撃は最大の防御なり」とばかりに声出して「そばに来ないでぇ!」とでも威嚇しているのだろうか。功を奏してか、その願いは通じて、散歩のワンコと飼い主さんは道路の反対側に迂回避難するし、通行人も何気に遠巻きにすれ違って行く。

犬に罪はないだろうから仕方ないにしても、よく分からんのが飼い主。吠え始めると「ダメよぉ」なんて言っているみたいだったが、地の果てまでグングン伸びていきそうなフレキシブルリードは終始伸ばし放し。愛犬が余所の人に吠えようが全くリードを短くする気配なし。両手に全伸びのフレキシブルリードを巧みかどうかは分からんが野放図に持ったまま狭い歩道を分速、2m/分ぐらいで前進していた・・・。
どうか二度と遭遇しませんように<(_ _)>

物色中? ・・・でもないような・・・。 何を探しているのか。

2008年12月8日(月) ■ 呑気者 ■ 大福:生後2426日目

大福を見ていると「野性味」という言葉からかけ離れてる?と思う時が多々ある。家の中を歩いてる最中、前方進路途中にオヤツの欠片が落ちてるのに全く気づかない。同じように、散歩途中の公園で匂い嗅ぎをしているすぐ横にスズメがいるのに気づかない・・・おいおい大丈夫?
かと思えば、私ら夫婦が片付け忘れしているようなオモチャがソファの下奥深くにあるのに気づいて匂いをクンクン嗅いで「取ってよぉ」と合図。公園で何かを見つけて今にも走りださんばかりのはるか先には、何なのか判別できないほどの小さな鳥がいたり・・・でも、走って追いつきそうになって慌てて急ブレーキかけて止まったり・・・。呑気者なの?どうなの?

目標発見!フライング! こらぁ!鳩もそろそろ気づきなさぁーい! 危うく追いついちゃうとこだったねぇ、くわばらくわばら。

2008年12月7日(日) ■ 大福目線 ■ 大福:生後2425日目

大福が4輪駆動であることは今更言うまでもないが、あの低い体勢での目線から視界とはどんなものなのかと思うことがよくある。交差点での信号待ちの時に大福と同じ目線で世の中見てみようと周りの人から怪訝な顔されながら何度か試したこともあるし、いつも持ち歩いているビデオでローアングルで撮影したこともある。しかし、物騒な世の中でもあるから変質者と思われる可能性もあるのでビデオでの奇抜な撮影は避けなくてはイカンだろうて。
そんなアホなことを試してみていつも思うのは、我々が何とも思わない普通の世の中、ワンコ達にとってはけっこう怖いかもしれないなと言うことだ。交差点なんかだと、車はものすごく近いし大きい。我々が見る車の形ではなく鉄の塊にしか見えないかも。子供達が危なげに乗っている自転車やキックボードも大福が怖がるはずだわ。もっと気をつけてあげなくてはいけないんだろうなぁ・・・。この際、とことん過保護にするか。

下り面立ちポーズ。 下り目線で跳んで怖くないのかね? 問題なさそうに登ってくるなぁ。

2008年12月6日(土) ■ 出島 ■ 大福:生後2424日目

今週はノンビリな週末にと思っていたので、久しぶりに町内週末生活。聞けば、町内の子供の数が5000人を超えたとか(18歳未満とのことだが)。ってことは、大人の数は?ワンコの数は?と考えると恐ろしく巨大な数字が出て来そうである。何しろ我が町は出島みたいなものだから、人口密度は高まるいっぽう。ウソかホントか噂によると住宅地区としての人口密度はギネスものとか。10数年前は海の中だったのが今では2万人が住む町になってしまったのだから人間の技術ってのはスゴイものである。余談だが、数年前にものすごく初期のカーナビを搭載したままの車に乗せてもらったら、町内のどこ走っても真っ青な海の中だったもんなぁ。

そんなフェイクな町で育っている大福。ホントは、もっと出歩いて自然に触れさせたいのだが、なかなか思うようにいかない。これは来年の課題かな、飼い主の・・・。

ターン! 猛追。 キャッチ。

2008年12月5日(金) ■ ヒヤリ ■ 大福:生後2423日目

朝日新聞系の『AERA』に「犬ビジネスの"闇"」と言う何とも嫌なタイトルで記事があった。買う気もしないので立ち読みしたがやっぱり嫌な内容の記事だった。殺処分される犬たちの話、犬業者が保健所に犬を持ち込む話、ペットショップの現実など今更ながらの内容だ。その中で目をひいたのは、昨年度保健所で殺処分された犬の件種別の数字だった。701頭・・・柴犬の数である。悲しいかな第2位だった。1位は、いわゆるMIXの子達でダントツの7885頭。世の中にいかにMIXの子達が多いか分かるってものだ。その数字に比べると701頭というのは少ないが、それは数字が大きいものとの比較だから少なく見えるだけで決して笑える数字ではない。変な言い方をすれば血統犬種の中では1位なのだから(ちなみに2位以下は、ダックス481頭、シーズー380頭、ラブラドール203頭、ゴールデン175頭続く)。
我が地区の動物保護指導センターに一時保護されている犬の数も相変わらず多いし、いったいどうなってるのかなぁと思うのである。この収容されている犬のリスト(勇気?ある人や町内の飼い主さんは一度ぐらい覗いても良いかも)右側にある「引き取り期限」に書かれている日付から圧迫感を感じる。保護されている犬達の姿が見られる「画像」もクリックして見る勇気がない。とてもじゃないが見られない。でも、近くの住所(保護された場所)が表記されてると、友達ワンコじゃないかと気になってしまう・・・。

そんなこんなで凹んでたら、朝の散歩で大福が15分ほど行方不明になってしまった。数日前のことである。町内の中学校横の工事中で行き止まり道路での出来事。いつものようにフラフラ歩いていたが、当然、後ろをついて歩いているだろうはずの大福がいないのである。体高が決して高いほうではないから、植え込みの影などで見えなくなることはよくあるので見に行ったがいないのである。声を出しても無反応。これは、ヤバイと思って今来たところを戻ってみたがいない。んー困った。ひとしきりその区域を探してがいないので別区域に移動(片側が校庭、反対側は工事中の工事塀があるので左右幅はない大きな縦L字型の道路で逃げ場?はほとんどないのである)。工事の誘導の人に尋ねたら、アッチに行ったと教えてくれた。ゲッ、人通り少ないとは言え道路渡っちゃたのかよ・・・。その公園の周回路を一周したら、朝見かける柴犬と飼い主さんと一緒に大福がいた。
声をかけたら、気が付いて尻尾クリンクリンしていたが、こちらにすぐには来ない。「おいで」と声かけたら慌てて走ってきた。すぐに来なかったのは叱られるとでも思ったのであろう。不憫である。恐らく、大福もいつものように匂い嗅ぎをしていて気が付いたら私がいなかったことで、置いて行かれたとでも思ったのであろう。

幸い大事には至らなかったが猛省である。そうでなくても非難の対象におおいになりうる飼い主だから、大福が事故にでも遭ったら「それ見たことか」となるのは必至。これからは、もっと大福の生態系と行動体系をしっかり把握しなければイカンよな・・・。これでも大いに反省しているのである。

お互いにお互いを待っている・・・。 こちらからワシワシと出向く。 百々ちゃん、微動だにせず。

2008年12月4日(木) ■ 秋色イルミネーション ■ 大福:生後2422日目

買い物予定があったので夕方ちょい前から散歩を兼ねて都内に出没。買い物はすぐに終えたのだが、この時季の街の匂いと景色は独特のものがあるのでつい師走色に浸りたくなってしまいアテもなく街に溶け込む。
まずは今季、何度か足を運んでる神宮外苑の絵画館前に。平日だというのにけっこうな人出。カメラを持った年配の方が多い。大福は、声かけられてと黙っても合わせてかなりカシャカシャとシャッターを切られていた。もちろん顔は仏頂面である。銀杏のほうはだいぶ散り始めて地面に黄色の絨毯を敷きつめてくれていた。もう黄色の絨毯と言えば、12月に入ってから・・・が当たり前になってしまったのか。

続いて、ミッドタウンで用足しタイム。まだ陽が落ちていないからイルミネーションはどうなのかな?と思ったがけっこう綺麗に光が浮き出ていたし、むしろこのぐらいの明るさのほうが大福の姿もしっかり写真に残せるので好都合。相変わらずの「万年養生中」の芝生ばかりで、どうなのよ?とは思いつつ敷地内を散策。日本庭園の木々はまだ赤く色づいていて秋とクリスマスのコラボ?を演出していた。その昔、東京には緑がないとか、コンクリートジャングルとか言われてもいたが、今の時代はけっこう自然の景色に触れることができる。もちろん人工的なもので、エコ対策の表れではあるのだが、それでも何となく気も和んでくる。

ミッドタウンから新橋を抜けて銀座通りへ。辺りはもうすっかり真っ暗になっていたので銀座通りのイルミネーションを期待していたのだが、明らかに数年前に比べて地味になっているのは確実。やはり不景気による節約の表れか。それでも『MIKIMOTO』前のツリーには大勢群がって、車道まではみ出て写真撮っている人がたくさんいた。
妻と合流して銀座、人形町で軽く買い出し。久しぶりの『鳥近』を大福はしっかり覚えているようで、車を停めたら窓をカリカリして「くぅーん」なんて甘え声を出していた。間違いなく「美味しい場所」「好きな場所」として認識しているようだ。短い時間だったが、プチ師走景色を楽しむことができた日であった。

やっと黄色の絨毯に。 電飾紅葉? 秋模様もあり。
入らないでね。 都心じゃないみたい。 明るくても綺麗。
あと15分できっと真っ暗かも。 秋冬混在な感じ。 去年と同じ青電飾芝。
『鳥近』前で期待満々のポーズ。 『MIKIMOTO』前だけ人だかりが。 昼とは違うツリーみたい。

2008年12月3日(水) ■ 地周り強化日 ■ 大福:生後2421日目

夕方の散歩は、町内を地周りするだけではこと足らず、いつも朝の清掃の邪魔しに馳せ参じてる町内の美容室の別地域の姉妹店『ON THE GO hair design』まで足を延ばして地周りに。ちょうど忙しい時間帯だったのに受付のオネエサンがわざわざ外に出て来てくれてお相手してくれた。
しばらくして、これまたお客様がいらっしゃるのにわざわざオーナーさんまで出てきてくれた。大福にとっては、オーナーさんと言うよりも友達ワンコのグリくんとドンくんのパパとして存在している(さしづめ、どんぐりパパと言うところか)。大福がまだ仔犬の頃から可愛がってもらっているのであーる。だから、よくなつくことなつくこと。それは、他の人から見ても一目瞭然のようで、スタッフさんが皆、「先生への態度は、全然違いますねぇ」なんて言葉も出てくるほど。小さい時から可愛がってもらってることをちゃーんと覚えているようである。

しっかり?お仕事の邪魔をした後は、駅前のクリスマス・イルミネーションをチェック。予想以上に綺麗にデコレーションされていたので通行人の迷惑を顧みず撮影してしまった。いつも道路に群がり話し込んでるオバサン達を鬱陶しく思っているのだが、実のところあまり変わらないようである・・・。

甘えてるし・・・。 オーナーと言うよりも友達ワンコのパパも登場。 さらし首?に目もまん丸。
その通り!写真撮るよ。 いつも気の毒だねぇ・・・。 どう?綺麗?ウザイだけ?

2008年12月2日(火) ■ ボヤかれてもねぇ・・・ ■ 大福:生後2420日目

パピーの頃はイイ子だったのに、拾い食いしきりで飼い主さんを悩ませている後輩ワンコ。飼い主さん困っている様子だが、いっこうに直そうとはしていなんだから仕方がないような・・・なんて余計なことを以前書いたっけ。
その飼い主さんとワンコにまた会ったんだけど、飼い主さん曰く、日ごとに悪い子?になっているとかで、嫌なことがあると怖い顔して攻撃顔で飼い主さんにも余所のワンコにも、言葉通りに「歯向かう」ようになったらしい。うん、確かに大福にもマズルに皺寄せて攻撃してたわ。
飼い主さん、きっと、困っているのは本心なんであろうけど、叱ってまではきっと直したくはないんだろうなぁ。だったら、人にボヤかなきゃ良いのに・・・。まぁ、ある意味、優しい飼い主さんと言うことなんだろうけどね。

変な格好。 緩い顔。 嬉しそう。
ガン見@典型。 ガン見A草クズ付き。 ガン見B目ヂカラなし。

2008年12月1日(月) ■ 師走だなぁ ■ 大福:生後2419日目

11月30日と今日ではたった一日しか違わないのに気持ちはだいぶ違う。気持ちが違うせいか街の景色も昨日と違って見えてくるから面白い。
我が町内のマンション群もこの時期になると各住戸が思いのままクリスマス・デコレーションの飾り付けをしていたのだが、ここ数年、年ごとに飾り付けが少なくなっているし、飾り付け自体の規模も縮小化されている。これも不景気の表れなのだろう。それにも増して、町内のメイン通りにイルミネーションモールを飾り付けてあるのだが、これがどうにもショボくて気持ちを淋しくさせてしまう(ところどころ電球消えてたり・・・)。やめればイイのに・・・。

と言うわけで、今日から師走。クリスマスモードをひた走り、それが終わると年末年始へとお正月モードに移行する我ら人間社会。そんな慌ただしさも大福たちワンコ達には無関係。日々与えられた毎日と目の前の現実を何の迷いもなく受け止めての生活ぶりはいっこうに変わりない。そんな生き様を少しは見習って、浮かれることなく今年の締め括りの月を過ごしたいものだ。

何故に登るのか・・・。 邪魔はするが手伝いしない・・・。 お店もクリスマスモード。


福と大福の間TOPに戻る