2009年4月の最初へ↓
2009年4月30日(木) ■ 別景色の朝散歩 ■ 大福:生後2569日目

今朝の散歩は、『ららぽーと豊洲』の広場まで足を運んでみた。イメージとしてはもっと遠いのかなと思っていたが、時間を計ってみたら、旧町で家から駅まで行くよりも断然近かったのでビックリ。これは癖になるな、きっと。
ららぽーとには何度となく来たことがあったのだが、朝早くの景色は今まで見てきた景色と全く違っていて、人もワンコもほとんどいない。すぐ近くにたくさん住宅があるのに何故?と大いなる疑問。もしかして、ただタイミングの問題だけなのか?いずれにしろ、閑散としていればしてたで、それなりの楽しみ方はあるから良いのだが、新しい地元ワンコに出会えなかったのはちょっと残念な気も・・・。まぁ、そのうち地元ワンコにも出会うチャンスはあるだろう。と言うことで、今朝の散歩は、ららぽーと独占状態だったのであーる。

見慣れた景色なんだけどね。 人もワンコもいないよねぇ。 ならばと、ボール遊びなど・・・。
芝生の状態も絶好。 別区も探検、探検。 水辺には縁があるのかもね。

2009年4月29日(水) ■ 探検的散歩 ■ 大福:生後2568日目

突然の土地は人間に以上に戸惑いもあろうからと、2ヶ月ほど前から新居近辺の場所は下見を兼ねてだいぶウロウロしたが念入りな歩きは今朝が文字通りの初日である。
まずは、辰巳公園のほうに足を運んでみた。この公園は、数年前にドッグランができた時に来て以来。まだ1才ぐらいだった頃のことで時間があまりに経っていることからも、まず初めて来る場所として認識しているのだろう。従って、歩き方も下向き加減で匂い嗅ぎに余念がない感じ。今更ながらに鼻からの情報収集量が多いのであろうことを実感する。

家の中がゴタついているので、大福は自分の居場所を特定できずに居心地が悪そう。ちょっと気の毒なので、夕方の散歩は勝手知ったる台場まで繰り出してみた。デックス前のビーチではビーチバレーでもやっていたのか、たくさんの人が集まっていた。いつものように第三台場側に行ってみたら、こちらは人の出も少なくいつものように快適に散歩と遊びを消化することができた。
これからしばらくは、アチコチへと冒険的な散歩が続きそうである。

匂い嗅ぎ大忙し。 目からの情報も新鮮のはず。 早く順応してね。
台場ビーチ。 第三台場。 勝手知ったるポイントで。

2009年4月28日(火) ■ 長い一日 ■ 大福:生後2567日目

大福が我が家に来てくれるために生まれ故郷の鹿児島を発ったのは生後3ヶ月弱の頃だった。途中、名古屋で健康診断もあったようだから、どのぐらいの時間をかけて千葉まで来てくれたのか定かではない。恐らく相当な時間をかけて我が家の一員になってくれるために大移動してくれたのだと思う。そして、その時が一番長い一日にだったのではないかと思うのである。しかし、その頃の大福にはまだ一日が長いという実感が存在してもいなかったのでは?とも思うのである。
そう考えると、その長い一日を超えるほどの一日が今日であったのでは?まさに激動?の一日ではなかったかなと・・・。

朝起きて、普通に朝の散歩に出てガッちゃんにバッタリ(実は、予め約束してたのだが)。一緒に散歩をこなしてたら、先輩柴のアキちゃんと後輩ワンコのビスコくんとバッタリ。続いて久しぶりにグリくんとドンくんにもバッタリ。
散歩を終えて家に戻ろうとする大福だったが、今日はガッちゃんチにしばしの間だけお預かりをお願いしてたので、家に戻らずガッちゃんチに直行。送り出す時にちょっと不満げな顔をしていたが、大福にとっては自分の家の次に安心できる居心地の良いところなはずなので飼い主的には特に心配はしていない。むしろ心配どころか感謝のみである(とは言え、相変わらずお宅では玄関に一番近いドア前を占拠していたようだが・・・大汗)。

家の用事を終えて迎えに行って家に戻る。ところが家に戻った大福を待ち受けていたのは、家の中の荷物が全く消失している我が家であった・・・。そう、今日は大福にとって初めての経験である引っ越しなのである。だいぶ前から言い聞かせてもいたし、家の中が荷物で残雑になっていたので、何らかの異常な気配は察知していただろうが、こういうことだったのである。

ガッちゃんに見送ってもらい、いざ新天地に出発。新しい家に着いても大勢(8人もいたぞ)の引っ越し屋さんがウロウロしているし大福は心休まるどころではなかったはず。恐らく、早く家に帰りたいなと思っていたのでは(もちろん、引っ越し前の家である)。
引っ越し屋さんが帰った後も膨大な荷物に囲まれた部屋の中。まだまだしばらくは落ち着かないであろうが、これも我が家の一員としてしっかり受け止めて早く順応してちょうだいな。
かくして、本日をもって大福は「千葉犬」ではなくなったのであった。

長ーい一日の始まり。 朝のお仲間たちにバッタリ。 相変わらずアキちゃんにはKY。
久しぶりにグリくんともバッタリ。 ガッちゃんチにお邪魔して。 玄関近くのドア前を占拠。
平耳で喜びを表現。 何もない家の中に何を思う・・・。 いざ出発。
新居前の庭園で。 これからはココが夜チーの場だな。 ライトアップにはアップライトで。

2009年4月27日(月) ■ 美化貢献に天晴れ! ■ 大福:生後2566日目

朝の散歩で公園を徘徊中、ふと前方に目をやると平日だというのに、ゴミ袋やほうきを持った人が何人も・・・。平日なのに何?と思いながら更に目を見張ると、ん?町内の美容室のスタッフさん達ではないか!そうか、町内美化に貢献しているボランティアの日だったのである。
そうでなくても朝早くから夜遅くまで店内の電気がついていて、いつ休んでるの?と不思議にさえ思ってしまうほど忙しいはずなのに、町内のためとは・・・何と立派なことではないか。寅さん的な言い方をするならば、「見上げたもんだよ、屋根屋のふんどし」って感じ。いや、これは茶化しているのではなく本心で褒めているのである。彼ら彼女らに比べれば、私めも大福も町内を汚すことはあっても綺麗になんかしたことないもんなぁ・・・。
特に目立つことなく、アピールすることもなく、地味に町内に貢献しているこの行為、まさに天晴れ!である。

どうも。 お邪魔に来ました。 すみません、かまっていただき・・・。

2009年4月26日(日) ■ 蚊帳の外 ■ 大福:生後2565日目

ちょっと家の中がバタついていて、本来、中心的存在であるはずの大福さんは、見事に蚊帳の外に追いやられてかまってもらえないので、だいぶご立腹の様子。最初こそ、家人の周りにまとわりついて存在をアピールしていたが、やがてアピール虚しと判断したようで、別の部屋に行ってふて寝に没頭する始末。あまりにも気の毒なので、夕方の散歩は夕陽をいっぱい浴びた花時計の公園まで行ってみた。走ったりプリスビーしたりと一緒に遊んだのだが、はたしてじゅうぶんな憂さ晴らしになったであろうか。

オヤツポイントで。 そっちに行くと埋まるよ。 ほらね。

2009年4月25日(土) ■ 悪趣味? ■ 大福:生後2564日目

自虐的なのかマゾっ気があるのか分からないが、どうも大福はアキちゃんに嫌がられてる?のを楽しんでいるように思えてしまう。アキちゃんが大福に気づいての反応ぶりを楽しんでいるというか、何と言うか・・・。もし、そうだとすれば、かなりの悪趣味ということになる。まぁ、飼い主にずいぶん似てきてしまったとの声も聞こえてきそうでもあるのだが・・・(滝汗)。
今朝も、公園で散策中のアキちゃんを早々に発見。一応、忍び足で近づくも気づかれてしまったのだが、どうも本気で「気づかれないように」しているとは思えないのだが・・・。

・・・。 アキちゃんに気づかれぬように・・・。 ほどなく気づかれてしまった・・・。

2009年4月24日(金) ■ シャンプー前 ■ 大福:生後2563日目

恒例のシャンプー前の海遊び。今朝は、ガッちゃんにも付き合ってもらった。と言うのは簡単なのだが、大福は海でドロドロになってもその後にシャンプーしてもらうから良いものの、ガッちゃんは汚れてしまうと大きな迷惑でしかない。相変わらずの勝手な我が儘に付き合ってもらって申し訳ない限りである。
でも、海辺で見るからに楽しそうに満足げな顔して走り回ったりしている2人を見ていると、ついつい我が儘であっても声がけしないわけにはいかない。などと買って虫を正当化しようとしている私めってどうなのよ。

今朝の海辺は、陽射しもなくむしろちょっと肌寒いぐらいだったので、2人には絶好のコンディションだったのではないだろうか。大福の楽しそうな表情だけでなく、ガッちゃんも楽しそうに見えるのは決して気のせいではないだろう。とは言え、すっかりジャリジャリ&ドロドロになってしまったガッちゃん。これに関してはゴメンナサイのひと言である。
汚れてもシャンプーを控えている大福であったが、遠くの砂地で珍しく怪しい匂い付け。大声出してすぐやめさせたが、笑顔で戻って来たその背中に鼻を近づけてみると、案の定、クサヤの匂いがしてましたとさ(-_-)。

海に向かって一直線。 楽しそうだねぇ。 走る。
走る。 ひと休み。 海に入ってクールダウン。
目線の先は? ガッちゃんでした。 ガッちゃん、何か見つけたか?
煽るの? あーぁ、気の毒なガッちゃん。 でも、フットワークは機敏そうだ。
海あり土崖あり。 ガッちゃんの妙な回避ポーズ・・・。 満足したみたいね。

2009年4月23日(木) ■ 花姫受難 ■ 大福:生後2562日目

血統登録名:花姫号の大福さん。名前とはうらはらに花の前での写真ポーズが大嫌い。特に桜は嫌いなようで毎年桜の前での写真では仏頂面を披露してくれている。もちろん実際は、桜が嫌いなのではなく、ポーズを撮らされることが嫌なのであるが・・・。しかし、日本犬・柴犬・花姫・桜・・・と来ればついつい写真に収めたくなるのが飼い主としての心情ではないか。

桜シーズンもすっかり終えて、余裕綽々?の大福。今日の夕方の散歩では「新都心のオアシス(勝手に命名)」にガッちゃんと一緒に出発。楽しいはずのその場所で、意に反してと言うか、桜にあらずツツジの前でポーズさせられるという予想外の出来事にウンザリしておりました・・・。

桜の次は、ツツジだよ。 ハイハイ、飽きたのね。ガッちゃん、ダイブしないでよ。 ハイ、解散・・・ってか?

2009年4月22日(水) ■ ニューカマー ■ 大福:生後2561日目

何やら茂みを覗き込んではゴソゴソしたり、反対側に回ってまた覗き込んでゴソゴソ。茂みの中にボールでも見つけたか?と思って放っておいたら、何やら咥えてコッチに向かってくる。ようやくゲットできたようである。で、それ何?見ればボールではなさそうである。近づいて来たのでよくよく見ると何やらスプーンのようなモノだ。材質はプラスッティックだわな。うん、形状といい材質といい間違いなく大福好みのオモチャである。これは家にまで持って帰ってあげなくてはならないと瞬時に理解できてしまうのが飼い主の嬉しいような悲しいような性(さが)なのである。
予想通り、家でもお気に入りで目下、大福のマイブームになったニューカマーなオモチャ?なのだった。

新規オモチャ? ダンベル?じゃないよね・・・。 お玉なの?

2009年4月21日(火) ■ 借りてきた大福 ■ 大福:生後2560日目

昨日のお昼間ちょっと用事があって、少しの間だけ大福をガッちゃんチで預かってもらった。大福にとっては自分チ以外で一番安心できるお家のはずなのだが・・・。
ガッちゃんチでの大福の様子をビデオで撮ってもらった画像を見て笑うに笑えいなくなってしまった。お宅にこそスタスタ進んで行った様子だったが、家の中にお邪魔したとたんに玄関に一番近いドア前に居座っていたようである。もちろん、オヤツをいただく時だけはオヤツのほうに移動していたらしいが・・・。
ドア前にずっと居座る大福。忠犬的な仕草と言えなくもないのだが、勝手知ったるお宅なんだからもう少しリラックスできれば良いのになぁ。この不細工さというか不器用さが柴族の特性なのかなぁ・・・。
ガッちゃん、せっかくお邪魔したのにあまり遊べなかったようでゴメンね。懲りずにまたよろしくね。

お邪魔させてね。 玄関に近いドア前に鎮座。 微妙すぎる思惑。

2009年4月20日(月) ■ 日々通過点 ■ 大福:生後2559日目

誕生日を迎えて7才と1日目。当たり前のことだが、大福にとっては昨日も今日も何ら変わらない。昨日が特別の日だなんて全く関係ない。昨日も言ったど、このおおらかさと言うか平常心と言うか、ホント羨ましい限りである。天地創造者は、雑念や邪念だらけの人間という生き物を何故に作ったんだろうなぁ・・・おお、恥ずかし。
いつも、その時々、全ての瞬間が通過点。これぞまさしく、究極の一期一会な生き方じゃないか。尊敬に値するぞ。

そんな通過点でしかない今日と言う日の朝の散歩。いきなり、ガッちゃんにバッタリ。ちょっと移動したら、久しぶりに同期のクロくんにバッタリ。更にダメ押しで、コロくんにもバッタリ。もしかして、大福の誕生日のお祝いに走り回りに付き合ってくれたのかもよ。

ガッちゃんとバッタリ。 クロくんとバッタリ。 コロくんとバッタリ。

2009年4月19日(日) ■ 7才になりました ■ 大福:生後2558日目

幾つまでの誕生日だったかぁ、「まだ○才なのか、もう○才なのか」なんて考えていたのは・・・。
7才の誕生日を迎えた今日思うのは確実に「もう7才か」という思いだなぁ・・・。光陰矢の如しとは、まさにこんな日に思うことなんだろうなぁ。この言葉の背景に潜んでる本来の意味というか感情的なものは、明るさなのだろうか?それとも暗さなのだろうか?マジマジと考えてしまう。
少なくても私めの中では、時の過ぎゆく早さを恨めしく思う気持ちのほうが圧倒的に強い。もちろん、人生なんてのは一瞬たりとも二度と体験できないのだから、その時々の瞬間を大事に生きていくべきなことは頭の中では理解している。でも釈然としない。こと大福のことに関しては・・・。この思いは余所の柴族はもちろん、世の愛犬家にも共通するのでは?

などと考えてしまうところが、浅はかな人間の弱さなのだろう。その点、大福たちワンコ(人間以外の生物全てなのかな)は、いつも言うように、ただただ目の前の現実を受け止めて生きているから偉いと思う。病気になったら・・・とか、死んでしまったら・・・とか、ネガティブなことなど全くもって考えないもんね。前向きだよねぇ、「あーぁ、オヤツくれないかなぁ」なんて自分の好きなことばかり考えてる。何とも楽観的で浮浪雲的な生き方ではないか。

朝起きて、いつものように朝ご飯を食べて散歩に出発。いつものように自分で散歩コースを決めてトコトコ歩いていく。気に入ったポイントでお仕事を済ませて、いつものように一緒に走り回る。適度に散歩を消化して家に戻る・・・誕生日の日だからなんて全く考えていない。いつもの毎日と同じで日々日常そのものだ。そんな大福の生き方を見ていると、いつも自分の小ささにトホホとなってしまうのだが、大福7才の誕生日の今日は、ことさらそんなことを思ってしまった。
大福さん、何はともあれお誕生日おめでとう。明日からも変わらず元気で楽しく過ごせるようにセッセとお世話係に精を出しますんで、よろしくね。
誕生日に寄せて、素敵なプレゼントやメッセージをくださった皆さん、いつも大福のことを気にかけていただきありがとうございます。まずは、この場にお礼に代えさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

かくれんぼ? 楽しそうな走り。 走っても元気な笑顔と走ったらバテバテの笑顔。
ガッちゃんからいただきました。 ソフト系の素材が好みか? 可愛がってくれるオネエサンからいただきました。
早速いただいてます。 数字の「7」が歴史ですな。 この後、ちょっと舐めてました。

2009年4月18日(土) ■ お久なカフェ ■ 大福:生後2557日目

ここ何週間、週末にカフェに行こうと家を出ているのだが、毎回、途中で予定変更になってたどり着いていない。その大きな理由は、桜にあった。桜の咲き具合を見てしまうとついつい桜に誘われて行き先が変更になってしまったのである。桜に惑わされて・・・ってやつである。

いつになく長咲きだった今年の桜もようやく花びらを落として次の季節にバトンを渡したようで、今日は惑わされることなく目的地のカフェに到着。思えば何と時間がかかったことか・・・。
車の後部座席で身を横たえて寝ながら移動の大福。首都高の地面の繋ぎ目で車が振動を繰り返すと「もっと静かに運転できないかな?」とでも言いたそうな表情で顔を上げてコッチを睨んでいる。アンタ、いつの間にかずいぶん偉そうになったこと・・・。不思議なもので、目的地が近づいて来るとムクッと起き上がって外を見回して景色を見ているのか場所を確認しているのか・・・。そして、シートベルトを外すと体を身震い(胴震い)させて降りる気満々モードとなる。毎回ながら不思議な行動である。

カフェでは知り合いに会うこともなく、ただただ「厨犬(ちゅうけん)」に徹していた。お店からグリーティングDMをいただいていたのでプレゼントなどもらってしまった。大福にとって、このカフェはもしかして一番好きな場所なのかもしれないな。もっと頻繁に連れてきてもいいんだけど、来れば体重増加になることは否めないので弱ったところである。

目も寄りそうなほどのガン見。 ビーフソーセージに舌鼓。 七味はダメでしょうに。
唐揚げプレートに集中。 唐揚げプレート越しに。 食べ終えてのイタズラされタイム。

2009年4月17日(金) ■ KY道 ■ 大福:生後2556日目

一国の長たる者の場合、どうなのか分からないが、一般的には、漢字が読めないKYよりも空気を読めないKYのほうが罪深い?と言うか厄介だと思うのだが。
そう考えると、対アキちゃん(姉御柴)に全くもってKYな大福。これは相当罪深いかも。大福の姿を発見すると、過剰なまでに警戒態勢?に入るアキちゃん。その体からは「来るなよ、頼むから来ないでよ・・・」との言葉すら聞こえてきそうなオーラが出ているような感じだ。しかし、その思いも虚しく大福には伝わらない。大福は、「ヘヘヘ、また会いましたね」ぐらいの気持ちで近寄って行く。そして、アキちゃんに逃げられてしまう・・・ボチボチ、空気を読んでみてはどうだろうか、大福さん。

アキちゃんに歩み寄る。 目と鼻の先ほどで挨拶。 で、去られた・・・。

2009年4月16日(木) ■ 初夏? ■ 大福:生後2555日目

暖かいではなく、暑くなってきた・・・が、もう正解な感じ。なので、夕涼みにはちょっと早いのだが、一つ駅向こうの海辺の公園まで足を運んでみた。ちょうどガッちゃんもお散歩前だったので一緒に来てもらった。桜はすっかり影を潜めて、海辺の公園もすっかり緑が濃くなってきてる感じ。ガッちゃんも大福も過ぎ行く春と、やって来る初夏の境目の季節をしっかり念入りに確認するように匂い嗅ぎしておりました。

今日も走り好調。 ガッちゃんも好調走り。 飛び付き。
ガッちゃんにも飛び付き。 仁王立ち像か、ライオンキングか。

2009年4月15日(水) ■ 顔色 ■ 大福:生後2554日目

大福は、散歩で歩いてる途中もそうだが、公園で一人で匂い嗅ぎなどしている時もかなり頻繁に私めの顔を見る。余所の人は「アイコンタクト、ちゃんとするのねぇ」などと褒めてくれる。ところが、実際はどうなのだろうか?本来のアイコンタクトとはちょっと違うのではないかと思ってる。
大福が私めを見るのは、私めの顔色をうかがっているのだと思う。怒ってないかな?機嫌良いかな?なんて感じで様子を見ているのだと思う。それほど、大福は私のことが怖いのだと思う。世の中で一番怖いのだと思う。子供が運転する自転車よりも怖いし、台車をガラガラさせて動き回っている宅配業者よりも何よりも怖いのである。
仔犬の頃に脱糞するほど叱られたことがよほど怖かったのだと思う。あんなに小さな頭の中で飼い主の顔色うかがってるなんて可哀相で仕方ない。今では本気で怒ることなど全くないのに、植え付けられてしまった恐怖心を拭い去ってあげることはもうできないんだろうなぁ・・・。これは大きな失敗なのだと思う。ガックシ・・・。

真剣顔での走り。 どこか楽しそうではある。 尻尾舵も絶好調。

2009年4月14日(火) ■ 思いがけずの久しぶり ■ 大福:生後2553日目

朝の散歩もほぼ終わって帰ろうかなと思ったら、何やら見慣れたシルエットを発見。久しぶりのガッちゃんのお出まし。ここのところ全く会えていなかったので、ずいぶん久しぶりな感じがする。本人達同士は、どんなこと思って再会するのかと考えるとちょっと不思議な気もするし面白い気もする。「久しぶり、元気だった?」なんて会話はどうもなさそうな気もするのだがどうなんだろう。全然、会えない時に「どうしてるんだろうな・・・」なんて思ったりしてないんだろうか。でも、今、走り回ってる夢見てるな・・・と確信できることもあるので、夢にはガッちゃんや他の友達ワンコが登場はしているのだろう、きっと。

ガッちゃん、久しぶりにフレームイン。 体当たりも久しぶり。 近すぎる顔も久しぶり。

2009年4月13日(月) ■ 〆桜? ■ 大福:生後2552日目

ノコノコと箱根までお供ツアー。と言っても都内で用事を控えていたので、箱根滞在時間は1時間強。都心の桜がほぼ葉桜になりつつあったので箱根辺りは満開、あるいはこれから満開かと思っていたのだが、都心とあまり変わりないようだった。風が少しあったので桜の花びらが桜吹雪を見せてくれたのは嬉しい風景だった。
大福は、今年の桜行脚はもう終わりと思っていただろうにガッカリしてたかどうかは定かではない。とは言え、今年の桜はいよいよ今日あたりが最後になるのかな。今年も結果的にはアチコチ連れ回してしまったな・・・。でも、大福は登録名『花姫』なんだからね。

・・・。 桜吹雪も最後の舞か。
池?の周りは全部桜。
見たことない景色を見入る。 遊べればどこでも楽し。 富士山はまだ真っ白。

2009年4月12日(日) ■ 親善大使 ■ 大福:生後2551日目

午後に知人ご夫妻から電話。いつもの公園近くまで来ているとのこと。前日よりの連絡でスンバってたので大福を連れて公園に。何故に大福もかと言うと、ご夫妻のお子達と大福とのご対面が主目的だったからだ。これで半年以上前からのリクエストにやっと応えることができた。
特に、1才になったばかりのご長男は人間以外の生き物に触れるのは大福が初めてとのこと。怖がらないだろうか?と少々の心配もあったのだが、その心配は最初のコンタクトで吹っ飛んでしまった。自分から大福に触ってきたし、大福も触れるがままにジッとしてコミュニケーションとってくれた。

何なのかなぁ、このおおらかな態度は。大福は散歩デビューしたてのパピーにもなされるがままに対応するが、人間の小さな子供にも同じように対応していた。赤ちゃん・・・と言う括りで一緒と言うことなのだろうか。この辛抱強さと言うか優しさと言うのか、対応ぶりには心底「偉いなぁ」とアホ飼い主モードで思ってしまった。
大福に触れることで、この子たちが犬嫌いにならずに犬好きになってくれるのなら、そんなに嬉しいことはない。お役に立つなら、いつでも親善大使させていただきますよ。大福もホント、ご苦労様でした<(_ _)>

お座りで挨拶。 初めましての挨拶、ペロリ。 辛抱強いなぁ、大福は。

2009年4月11日(土) ■ 銀座で和 ■ 大福:生後2550日目

いやぁ、今日は暑かった。町行く人も半袖が多かったもの。建物に設置されている温度計、2週間前は、7℃だったのに今日は、24℃を表示していた。案の定、夕方のニュースでは夏日と行っていた。暑いはずだわ。毛皮をビッシリ着ている大福もさすがに暑いようでクチを開けて舌を出してるシーンが多かった。それに、いつもは外であまり水を飲まないのに今日は飲んでいた。いよいよ季節は桜から夏へと移っていくのか。

そんな暑さを一瞬忘れさせてくれたのが、銀座の歩行者天国。珍しや風鈴売りのオジサンに出会ったり、着物の姉さん達に声かけられたりと一服の涼をいただいた。やはり柴犬は和の景色や風景が似合うよね。

風鈴売り。 姉さん達とバッタリ。 和の共演?

2009年4月10日(金) ■ ボール ■ 大福:生後2549日目

大福にとっての「ボール」とは、いわゆるボールだけでなく、枝も葉っぱもフリスビーも全て「ボール」なのである。そう、オモチャ全般がボールなのである。だから、家の中に転がってる縫いぐるみ系のオモチャを持ってきてもらう時も「ボール、ちょうだい」と声をかける。するとオモチャ(ボール)を咥えて持って来てくれる。当然、我が家の中でだけ通じる言葉である。
まだ、大福が小さかった頃、一緒によく遊んでくれてた小学生に「オモチャは、全部、ボールちょうだいって言えば持ってくるから」なんて言って、一緒に遊んでたら、一人の子が複雑な顔して「コレも、ボールですか?」と、キュウリの形をしたオモチャを持ってきたことがある(汗)。そう、それもボールなのです(大汗)。

元気にダッシュ! 今日の相手は、ゴルフボール。 桜の時と違って笑顔だねぇ・・・。

2009年4月9日(木) ■ 大川端桜 ■ 大福:生後2548日目

今日も夕方、都内に用事があって散歩を兼ねて大福様にご同行願った。時間より早めに家を出て先日、車中よりの桜の景色が綺麗だった大川端に出没。

ちょっと行かない間に町が様変わりしていてビックリ。結婚前に住んでいた頃は、まだ「つくだじまぁー」と言う感じで私めを含んだ新興住宅の住人は町の風景にお邪魔虫な感じだった。しかし、今は子供達も大勢いるし、所帯じみた若いお母さんの姿もやけに目立っていた。町の隆盛にはこの景色はきっと不可欠なのだろう。そして、人が増えて町に歴史ができた分、建物などの傷みなどが目立つのも仕方がないことなんだろうな・・・などと考えてしまうほど町の傷みが気になった。

隅田川沿いの遊歩道の桜の木は遠目には綺麗だったが、近くで見ると葉がだいぶ目立ってきていることもあって、それほどの感動はなかった。遊歩道の壁面となる石垣のようなものも黒く朽ちてて嫌な感じ。お花見跡のゴミの残骸なども目立ってたし、もうダメなのかな大川端は。唯一の救いは、散りゆく桜の花びらが町や公園の汚さをカバーしてくれていたことだった(イイのか!それで!)。
今日も桜の洗礼を受けた大福にしてみれば、大川端の桜に限らずゲンナリ気味であったようだが・・・。

地元住民のお花見が多い。 スゴイ勢いでの散り桜。 地面はピンクカーペット。
もう暑いみたいだな。 遠目には綺麗な桜。 石畳も散り桜が演出。

2009年4月8日(水) ■ 一難?去って、また桜 ■ 大福:生後2547日目

夕方に品川と豊洲方面に用事があったので大福も散歩を兼ねて出発。品川の用事が済んだあと、久しぶりに日比谷公園に立ち寄ってみた。途中、増上寺の桜が見事だったので寄り道しそうだったが、時間の都合で日比谷へ直行。帰巣本能に準じているのだろうけど、いつも思うのは「よく道、覚えてること」ってこと。今日も地下駐車場からサッサと地上に出てスタスタと歩き出す。向かってる方向はどうやら『松本楼』・・・。おいおい今日は寄らないよ・・・なんて声をかけたら「?」なんて顔している。もしかして、トボけてる?

日比谷公園の桜もだいぶ散り始めてて、地面はけっこう花びらが広がっていた。当然、桜の木も花びらの数と同じくらい葉っぱが芽を吹いていた。いよいよ、桜の宴も終焉か。世の中的には今週末が最後の花見となるのかな。
大福さの好き嫌いはともかく、やはり柴犬を始めとする日本犬は、桜の景色がよく似合う。加えて、日本庭園のような造形が施されてる場所に桜まであると、そのマッチ度は大きく数値を跳ね上げる。だからこそ、アチコチ連れて行きたくなってしまうのだが、本人のヤル気なさ度は噴水前での座り方に如実に表れてた・・・。

日本庭園の桜様子。 池にも散り桜がたくさん。 ボチボチ見納めか?
収まりのイイ図だこと。 笑ってるのか?暑いのか? 怠惰なお姿だこと・・・。

2009年4月7日(火) ■ お久しぶり ■ 大福:生後2546日目

狭い町内なのに出会わない時は半年どころか一年近くも会えない友達ワンコもたくさんいる。それは大福側からだけではなく友達ワンコの飼い主さんも同じようで「大福ちゃん、引っ越したのかしら?」なんて言っておられた飼い主さんもいらっしゃるとかの話も聞いたことがある。大丈夫です。まだ引っ越さずにウロウロしておりますので・・・。

最近ちっとも会わないなぁ・・・なんていつも思っていた。プードルのコロくん。今朝久しぶりに会うことが出来た。別の公園でよく同じような色とサイズのプードルを見かけるが大福は遠くからその子を見つけるも全く無反応。やはり何らかの方法でしっかり個体の認識をしているようである。飼い主は「もしかして、コロくんか?」などと思うのだが、大福の無反応によって違うことを知る次第である。
久しぶりに会えたコロくんとの走り回りやジャレ合いに大福はおおいに喜んでいたが、コロくんも見る限りでは喜んでいてくれたように思う。また、会えたら一緒に遊んでちょうだいね。

コロくん登場。 相変わらず「シビれる」ねぇ。 同じ格好での走り回り。
コロくんの元気さにちょっとタジタジ? 未確認地球物体? 気が散る時も一緒。

2009年4月6日(月) ■ 仏頂返し ■ 大福:生後2545日目

プチとは言え、桜見物が続いてゲンナリ気味の大福さん。週明けの本日は、久しぶりの地元滞在型生活を満喫。朝の散歩で町内の小学校の周りを一緒に走らされて飼い主は膝がガクガク息は上がるはで目は白黒。なのに、大福と来たら昨日までの仏頂面とはうって変わっての満面の笑顔。笑顔を見ているのは本来楽しいのだが、ここまで底抜けの笑顔をされると、桜見物は虐待でしかないのか?と思ってしまうほど。まぁ、何とも嫌味な笑顔だこと・・・。

嬉しそうだこと。 楽しそうだねぇ。 嫌味なぐらい楽しそうだわ・・・。

2009年4月5日(日) ■ しつこく桜 ■ 大福:生後2544日目

4月の最初(2日)に「今年は桜見物はナシかな・・・なんて諦めモードまで宿ってしまったような」と書いたばかりなのにプチとは言え、怒濤の追い込みの如くで桜見物が続く。これには大福も「話が違うんじゃないの!?」と怒っているとかいないとか(喜んでいないことは確実のようだが・・・)。

そんなこんなの今日の桜は大川端の河岸遊歩道で。この辺も実は個人的にはゆかりの地であり、昨日の表参道同様、我がお粗末な青春時代がフィードバックしてくる(だいぶ後期の青春だけどね)。不思議なもので、人間てのは桜にも特別な思いがあるようだが、水辺にも何らかの思いがあるような・・・。それは、無になれると言うか落ち着くと言うか、なんか微妙な何かなのである。

今日も飼い主の節操ない行動に付き合ってくれてありがとね。たぶん、今年の桜はこれで終わりだと思うんで許してね(くれぐれも「たぶん」だからね)。

何か好きな構図なんですけど。 桜バックに仏頂面。 スゴスゴ?

2009年4月4日(土) ■ 桜に誘われて ■ 大福:生後2543日目

今年の桜は開花は早かったが、その後の寒さのために満開まで時間を要したらしい。ってことは、桜が咲いてる期間が長いと言うことで、お花見フリーク?にはありがたい傾向と言えよう。そして、この土日がお花見のピークらしいと聞けば、出かけないわけにはいかんだろう。

混んでいることは容易に想像できたが、飯田橋外堀の桜の名所に出没。案の定、この季節大繁盛のカフェは開店前なのに長蛇の列(長蛇の列とはこういうことを言うのかと納得できるほどの長蛇の列だった)。あまりの列を目にしたので、一瞬並ぼうかなと思ってた気持ちは一気に萎えて堀端で写真を撮って移動。堀を渡っての靖国神社近辺は駐車場に入るための車と桜を車中から見物する車とがひしめき合って大大大渋滞。今までこんなに混んでる靖国通りは見たことないぞ。恐るべし桜の魅力(魔力)・・・などと感心しながら、千鳥ヶ淵や半蔵門の桜を車窓より見物しながら原宿へ。

お目当てのカフェはまだオープンしていなかったので、ハンバーガー屋でランチをして表参道をそぞろ歩く。いやぁ、こんなに目的も持たずに表参道を歩くなんて何年ぶりだろう(いや、何10年ぶりのほうが正しい)。キディランドの裏には、『ペニーレーン』があって、雀荘『東風』があって、『養老乃瀧』もあったよなぁ・・・なんてレトロな気分に浸ったり・・・老いた証拠か・・・。
飼い主が感傷に浸っていても、変わらずマイペースなのは我が大福さん。キャットストリートを野良ってみたり、表参道で触られまくったりと悠々自適。んー、アンタ達に人間はかなわないよ。

外堀桜。 黒ずくめの飼い主って・・・。 満開すぎるほどの満開。
キャットストリートを野良る。 キディランドなんて何年ぶりのことか。 どこでもお馴染みのシーンですな。

2009年4月3日(金) ■ ご挨拶 ■ 大福:生後2542日目

どうもワンコと散歩してる見知らぬ飼い主さんなどとの関わりにはブルーになってしまう部分がある。それは、挨拶に関してだ。向こうからワンコ連れて歩いて来る人に気づく。すれ違う時に当然の如く「おはようございます」とか声かけるが、聞こえないのかどうか知らないが全く無視する人がいる。別にお返し挨拶を望んで声かけてるわけではないのだが、無反応だとやはりイイ気持ちはしない。顔見知りの飼い主でも同様の人もいるからトホホにになってしまう。ダメなのよねぇ、些細なことなのにおおらかになれない性格なのである。些細なことだからこだわってしまうとも言えるんだけどね。根本的に、きっと人間が小さいのだと思う。

今日は、シャンプーの日。しかし、いつものシャンプーの日と違って、今日は狂犬病予防接種とフィラリアの血液検査と血液生化学検査をする日。シャンプー前に少しでも楽しく遊べたらと今朝も誰もいない海に出かけてひと遊び。一応、朝出かける時に今日の出来事を話かけて諭してはみたけれど分かってくれたのかどうかは定かではない。
いつもより長めに海遊びをしてからシャンプーへ。1時間ほどして行程終了の電話をもらって、いざお迎えに。いつも迎えに行くと嬉しそうな顔して走ってくるのだが、今日は診察台の上にいた。私めの顔を見ると「くぅーん」なんて小さな声を出していた。獣医師さんや看護士さんに「今まで全然平気な顔してたのに・・・」なんて笑われてた。甘えてる・・・ってことだよね。

何を思っているのやら。 動き出しのポーズ。 目標めがけて・・・。
ズボーっとスライディング。 砂まみれッス・・・。 My松ぼっくりは海でも欠かせない。

2009年4月2日(木) ■ プチ桜見物 ■ 大福:生後2541日目

例年は今頃、アッチコッチと桜を求めて徘徊?するのだが、今年はご用繁多であることに加えて花冷えを通り越したような寒さでだいぶ気も乗らずに4月を迎えてしまった。気持ちのどこかに、今年は桜見物はナシかな・・・なんて諦めモードまで宿ってしまったような。

なんて思ってはいたのだが、今日は朝からホントに実にもならない野暮用に追われ、それが終わったのが昼の2時過ぎ。その時間から用事をこなすには夕方の散歩で気持ちが中断してしまうのでテンションが保てない・・・なら、いっそのこと桜でも見に行くかと言うことで、プチ桜行脚を決行。
都内を車で走り抜けてみたが、おりからの強風で桜の花びらもだいぶ散り始めてる様子。今週末がお花見のピークと思われるが、それまで保つのだろうかと要らぬ心配まで。
車を降りて、少し歩いてみたが風は車から見るほどの強さではなかった。ちょっと肌寒い気もするが、先週ぐらいまでの寒さに比べれば御の字だろう、こんな薄ら寒さは。なんて思いながら桜満開の下、プチ桜見物と洒落てみた?本日の夕方の散歩でした。

春な感じだ。 アッチに行ってみるか。 そう仏頂面しなさんなって。
今日は花より団子はナシよ。 そうそうイイ感じだよ。 満開桜をバックにね。

2009年4月1日(水) ■ 雨始まりかよ・・・ ■ 大福:生後2540日目

今日から4月。1年の計は元旦にあり・・・と昔から言うが、手帳などを見ても1月始まりではなく4月始まりのものもかなり多い。実際、会社や学校など皆、4月が始まりなわけだから、考えようによっては4月始まりとしたほうがシックリ来るのかもね。
期待を胸に4月を迎えたかったのだが、今朝はあいにくの雨。天気もかなりのKYなのでは?と思ってしまう。週末は一気に温度も上がるようなので、世の中的には今週末がお花見のピークになりそう。例年なら、大福と一緒に桜行脚となるところだが、どうも今年は天気も悪いし何よりも寒いと来てるので、気も乗らずにいまだ桜巡りをしていない。来週あたりは、その気にでもなるだろうか。

肩はないのに肩落としてるように見える。 雨の日は念入りに匂い嗅ぎ。 はいはい、もう帰りますか。


福と大福の間TOPに戻る