2009年6月の最初へ↓
2009年6月30日(火) ■ 戦い終えて ■ 大福:生後2630日目 

広場や公園に落ちてる段ボールを見つけると目をキラキラさせながら戦い?を挑む大福。大きな段ボールを咥えて振り回しながら徐々に小さくしていく。そして最後には粉々の段ボールの紙片にしてしまう・・・というのが戦いのフルコースだ。
そんな段ボールフェチの大福だが、新地は旧地に比べると全くと言って良いほど段ボールが落ちてない。んー、散歩途中の楽しみが減ったことは淋しいのだが、町の美化という点では段ボールなど落ちてないほうが良いわけだから嘆くわけにもイカンだろう。

外で段ボールと戦えないので、戦いの場は家の中へと移ってきている。進物などでいただいた段ボールのパッケージが標的となっているのである。狭い場所とはいえ、戦い方は外でのそれと全く変わらない。ブンブン降り回すものだから危なくて近くなんかに寄れたものではない。
そして、戦い済んでの図がコレである・・・。よくもまぁ見事に細かく刻んでくれたものである。本人的には戦い終えて充実したリラックスぶりなのだろうが、できれば後片付けもしてもらえないものだろうか・・・。

矛先が向かないかとドキドキのかわうそ君。 これで満足か? 後片付けしてくれれば良いのだが・・・。

2009年6月29日(月) ■ ブレのなさ? ■ 大福:生後2629日目 

今日はシャンプーの日。旧地を離れてからシャンプーの日が雨にならないから不思議。シャンプーを終えてからの時間、ちょっと用事を消化したかったので、ガッちゃんチに数時間ほど預かっていただくことをお願いした。いつもご都合を顧みず我が侭言ってしまって申し訳ないですm(_ _)m

迎えに出てくれたガッちゃんのママさんを発見したらリードが首に食い込むほど引っ張って前に進み出すのだから大福はガッちゃんママが好きなんだわなぁ。
大福を預けていざ用事に出発。ガッちゃんチ以外に預けられたことがない大福にとってガッちゃんチは居心地が良いところなのは分かっているのだが、後で送ってもらった写真で大福の様子を見ると思わず嫌ーな汗が出てきてしまう。今日の様子なんかとても申し訳なくて見てられない。
預かっていただいた数時間のほとんどを玄関間に居座ってたらしい・・・。しかも、オヤツをいただく時だけ中に入り、いただいた後はまた玄関間に戻っていたとか(滝汗)。何なのかねぇ、この不器用とかのレベルで済ませられないこの「ブレのなさ」は・・・。お腹が冷えないようにとタオルまで敷いてもらって!お前は何様だ!どうなんですかね?世の柴族の飼い主さん達。

嬉しそうな顔でお邪魔するのに・・・。 外に一番近い場所ではあるが・・・。 つまらないねぇ、ガッちゃん<(_ _)>

2009年6月28日(日) ■ 怪我するなよ ■ 大福:生後2628日目 

朝の散歩でたまにだがお散歩軍団に合流させてもらうことがある。当然、新参者の大福と私めは完全にアウエー状態だ。何しろ、7才の大福が1番か2番かの年長になってしまうほどの若いグループだから大福は「年齢的にも落ち着いて大人しい子」という先入観を持たれるようだ。しかし、たまに思いついたように一人走りなどすると、それに触発されて走り出す子もいて、その様子を目の当たりにすると印象は大きく変わるようである。

走り回りしていて思うのは、この地区も他所地区と同じようにリードを着けたまま走り回らせている飼い主が多いこと。いざと言う時にリードを踏んづけて愛犬を確保できると言うことなのだろうが、見てて危なっかしくてしょうがない。走り回りやジャレ合いの時にリードが足に絡まってるシーンをよく目にするのだ。大きめのワンコならしのげるのだろうが、チワワを始めとする小型犬種やサルーキーやイタリアン・グレイハウンドなどのように蚊とんぼみたいな足の細い子達は心配になってしまう。大福を見かけるといつも走りたがるこの子もまだ8ヶ月とか。どうか怪我などしなように成長してちょうだいよ。
そもそも、リード着けたまま歩かせたり走らせたりすると、ワンコ自身がリード着けたままでも自由にして良いのだとの刷り込みができてしまって良くないはずなんだけどなぁ・・・。

直線だとすぐに追いつかれてしまう。 やはり急ブレーキに弱いみたいだ。 タジタジな大福さん。

2009年6月27日(土) ■ エルメスのししやも ■ 大福:生後2627日目 

デパ地下に食材を買いに行ったら、期間限定売り場でししゃもを売ってた。まぁ、何ともふくよかなししゃもだこと・・・と試食などさせていただく。うん、これは買いだなと。販売員さん曰く、オスは身が締まって味は濃いめで、メスは卵持ちのせいもあるが大きくてカロリーもオスよりも高いとか。んー、どうしたものかと悩んでいたら、オス5匹にメス5匹にすることも可能だとか。ハーフ&ハーフてことね。
更にいろいろ考えてたら、商品タグに「Lメス」と表記されているのが目に入ってきた。エ、エ、エルメスかよ・・・。シャレなのか大真面目なのか定かではないが、思わず笑ってしまった。結局、大福さんへのお土産は、エルメスより立派な?スペシャルのハーフ&ハーフになったのでした。夕食の時に少しだけお裾分けしてもらい食べたが美味しかった。

「Lメス」ししゃも、1,575円・・・。 ししゃもの暖簾。 ちょこっとペロリ。

2009年6月26日(金) ■ Heal the World ■ 大福:生後2626日目 

朝の散歩に出ようかなと思ったら、テレビでマイケル・ジャクソンが呼吸停止のまま救急車で病院に搬送されたとの報道。自殺?あるいはホントに急病か?なんて思いながら散歩に出発。
今日は今年最初の真夏日になるとかの予報で確かに暑い。無事にお仕事も終えたので、暑いにもかかわらずフリスビーで遊んだりして家に帰ってテレビをつけたら、マイケル・ジャクソンが亡くなったとの報。絶句してしまった。朝一で、ファラ・フォーセット(私めの時代は、この後にメジャースと続いたのだが)が、癌で死亡したとのニュースを聞いたばかりなのに・・・。マイケルの死でファラの死は隅っこに追いやられてしまうんだろうなぁ・・・。

マイケルのこの頃は奇行やスキャンダルまみれで散々だったと思うが、この人は間違いなく近代音楽史において天才である。アルバム『スリラー』が全世界で1億セット売れたことなどが偉業として言われるが、個人的には、アルバム『デンジャラス』の中に収録されていた曲『ヒール・ザ・ワールド(Heal the World)』を世に送り出しただけで、じゅうぶんこの世に生まれてきた意味がある人なのだと思う。
今日からしばらくは、マイケル・ジャクソンの死にまつわる報道に明け暮れるだろうが、今日は彼を偲んで『Heal the World』を聞くことにしようっと。心より冥福を祈ります。合掌。もちろん、ファラにも。

昨日の夕方、ガッちゃんが用事のついでに『ららぽーと豊洲』まで来てくれた。この2人、大福がシャンプーの時は、旧地で会ったり、今日のように違う場所で会ったりしているが、いったいこの現実をどう思っているのだろうか。ましてや『ららぽーと豊洲』は以前から何度も一緒に来ているところだから、一緒にいれば環境が変わったことになんか全く何の違和感もないんだろうなぁ。素晴らしいことだと思う、ホントに。
今日はガッちゃんによる「正しい割り込み」の方法を披露なり・・・かなりのスゴ技である(汗)。

まず右手を前に出して。 左手も前に出し揃える。 あとは、そのまま前に出ればOKよ、と。

2009年6月25日(木) ■ 台場ガンダム ■ 大福:生後2625日目

今朝の散歩はお台場の潮風公園へ。7月11日から披露される等身大?の機動戦士ガンダムをチェックが主目的なので大福にしてみれば「どういう風の吹き回し?」という感じ。
いつもの駐車場に車を停めて広場のほうに出たら、いたいたガンダムが。海を背中にしてこっちを見ていた。実寸どおりのサイズとのことで、身の丈は18mなり。朝早かったので、まだ作業スタッフの姿もまばら。関係者らしきが少々、写真を撮ったり図面を見ながら何やら打ち合わせでもしているのか。そんな姿を尻目に大福は広場を横切ったりガンダムの裏側に回ったりとマイペース。7月からの本番ではもっと綺麗にビルドアップ&デコレートされているだろうから楽しみである。また、チェックに来なくては。

大福的には興味なし。 大福もなかなか凛々しいぞ。
裏側チェック。

2009年6月24日(水) ■ 代わりに死ね ■ 大福:生後2624日目 

テレビのニュースでも扱っていたが、22日の朝、茨城県のブリーダー「ペットプラザワンダフル」てところの木造犬舎6棟が全焼し、犬約200頭が焼死したらしい。出火当時は社長を始め従業員も誰もおらず、助けられた犬は駆けつけた消防隊員による10頭ほどだけだったとか。ニュースで近所の人の火災時の様子をインタビューしていたが、誰もが「それはもう、けたたましい鳴き声だった」と答えていた・・・。ケージに入れられ逃げるに逃げられず苦しい思いをしながら死んでいったのであろう。ニュース映像ではぼかしを入れてあったが、明らかにケージの中に黒い塊があったもんなぁ・・・。出火原因は特定できていないらしいが、シャンプー後に体を乾かすために使うドライヤーが置いてある乾燥室?が最も激しく焼けていたとか。

大福もごくたまにだが、家で留守番させられて一人で過ごすことがある。その時、一番気になるのは火事のことだ。火元でなく、もらい火であっても集合住宅で火事になったら今回の悲報のケージと同じで、部屋の中も大きなケージでしかないから間違いなく焼死してしまうだろう。それを考えると留守番させることが重荷で重荷でしかたない。でも、やはり留守番してもらわなきゃならない時もある。これ、ジレンマなのである。

わざと出火させたのではないのだろうが、どうしてもこのブリーダーを責めたくなってしまう。人に死ねなどと言えないのは分かっているが、「代わりに死ね」と言う気持ちになってしまうのよね。
それと、ニュースでは「この火事による被害金額は犬のみで2000万〜3000万円・・・」とか報道されているが、そんな金額的なことはどうでも良いだろうに!とも思ってしまうのよね。苦しみながら死んでいった多くのワンコ達の冥福を祈りたい。合掌。

平泳ぎ? たわしを押さえてるわけね。 で、寝てしまうってか!

2009年6月23日(火) ■ これも季節感? ■ 大福:生後2623日目

大福を裏返しにして遊んでたら、何気に脇の下のピンク色がいつもより赤みを増しているような・・・。雨が降ったかと思うと急に晴れて気温が急激に上がったりするものだから、公園や広場の植え込みの草や雑草がアレヨという間に背が高くなってしまう。大福は、そんなことお構いなしでいつものようにワシワシと入っていってしまうので、顔やお腹は草に埋もれてしまっていることもシバシバ。花粉や樹液が皮膚に付着していることもあのだろう、きっと。だから、皮膚にちょっと異常が見られるケースもこの時期多いのかも(湿疹や赤みで痒がったり)。

そんなこんなで急遽、病院で診てもらうことにして旧地の病院へひと走り。ガッちゃんが出迎えてくれて、病院に行く時間まで一緒に散歩に付き合ってくれた。聞けば、ガッちゃんなんかもこの時期は、湿疹が出たりするとか。皆、ジメジメ気候に悩まされてるのねぇ(飼い主が)。こんな季節感の感じ方はちょっと嫌な感じである。

ガッちゃん登場。 久しぶりぃ〜・・・でもないか。 たまには、まともな2ショット。

2009年6月22日(月) ■ ジャマ景色 ■ 大福:生後2622日目 

かろうじて降ってはいないが、うっすら湿り気のある気泡が宙に見えるような天候での朝の散歩。誰もいないはずの広場を散策してたら、前方に何やら塊が・・・。遠巻きに眺める大福さん、それが何だか分かったようでゲンナリ顔。この頃広場内をで野宿しているカップルである。少し前までは公衆トイレの近くに居?を構えていたが、この頃見かけないので、どこかに行ったかと思っていたが、広場内を移動しただけだったのか!20代ぐらいのカップルだが、その正体は?それにしても美観を損なうのよね、ったく。

広場を探索。 んん? 野宿カップル。

2009年6月21日(日) ■ プレイマット ■ 大福:生後2621日目 

部屋をリフォームする時に一番悩んだのが床材のこと。大福の足回りのことを考えたら絨毯にするのが一番良いのだが、誰に聞いても絨毯よりもフローリングのほうが良いとの話。ダニのことなど考えれば、もちろん分かるのだが、フローリングは滑るしなぁ・・・と散々考えた。ワンコ用の滑らないフローリング床材「ワンラブフロア」なんてのも実際に見たりして調べたのだが、全く滑らないわけではないし、むしろ「どこが滑らないの?」と思ってしまうほど、他の床材との違いは分からなかった。そして、床暖房用の床材としては不適合であることも分かって断念。結局、通常の床材の中で比較的滑らないモノ(何じゃ?それ)に決定してしまった。

比較的滑らないと言っても滑るので、どうしたものかと考えた挙げ句に出した結論。爪を短くしてもらうのはもちろんのこと、肉球間のはみ出し毛?も常に短くカットしてもらう(するのではなく、してもらうと言うところがダメダメとの指摘もあるだろうが)。そして、食後にオモチャで一緒に遊ぶ(主に妻担当)スペースに敷物を置くことにした。2m四方ほどの何の変哲もないマットであるが、これがプレイマットしては大正解。夜な夜なオモチャと大格闘する大福なのであった。

悪さをしてたか、企んでる時の顔ですな。 ごまかしの舞? 怯えてるように見える「御難三人衆」。

2009年6月20日(土) ■ 好きなこと ■ 大福:生後2620日目 

目の前の現実をすべて受け止めて生きていく・・・これ「犬道」の極みなのであるが、好きなことしかやらない・・・これは「犬道」と言うよりも「柴道」と言って良いのだろう。ホント、まるでAB型のごとく、好きなことしか興味ないからなぁ、大福は・・・。

で、その好きなことだが、何と言っても一番好きなことは、どのワンコもきっと「食べること」で共通と言って良いのでは?と思うのである。広場でオフリードで遊んでた愛犬がちょっとばかり飼い主さんから遠く離れたところに行ってしまう。慌てた飼い主さん、オヤツボックスを大きく上下に振って、カラカラなんて音を出して愛犬の注意を引く。オヤツ命はどのワンコも同じだから、呼び戻しの手段としては悪い手段ではないだろう。ところが、自分の愛犬だけでなく、近くで遊んでいた余所のワンコ達も「カラカラ」の音に釣られて皆集まってきてしまう・・・。ホント、皆、好きなこと=食べることなのである。

美味しいもの(好きなもの)をいっぱい食べて、あとは貪るように眠る・・・これが究極の犬道の幸なのかもしれないな。

厨犬な眼差し。 クレクレビーム放射中。 完食後の虚しさ?

2009年6月19日(金) ■ 元気印 ■ 大福:生後2619日目

いやぁ、久しぶりに元気印の子に会ったなぁ。軽自動車のボディにフェラーリのエンジンを搭載してるとも形容されるジャックラッセルである。その形容が間違いではないことをじゅうぶんに証明してくれるような元気ぶりだった。いつも遊んでる子達が今朝はいなかったようで、ターゲットを大福と決めたようだった。

最初は尾行スタイルで大福にくっついて歩いていたが、途中からジャレ合いポーズで大福に挑み始めた。大福、どうするのかなぁ・・・と思って見てたら、「ヨッシャ、付き合おうか?」てな感じで、いきなり走り始めた。もちろん、元気印くんは追走開始。大福は毎度のごとくフェイントかけながら追いかけさせる。かと思えば、急に立ち止まって、ジャレ合いを始めたりと大サービス。大福の走り回りを見て、どこやらの飼い主さんが「7才なのに頑張ってるわねぇ」って。そうかぁ、世の中的に、7才ってのはそんな感じなのね。

尾行されてるし・・・。 ちょっかい出されてるし・・・。 ヒドイことになってるし・・・。
渇ーーーッ! 転んじゃったし・・・。 でも、まだ尾行してるし・・・。

2009年6月18日(木) ■ 寸止め? ■ 大福:生後2618日目 

前方より小ぶりな柴犬登場。これがいわゆる豆柴なのだろう。体重は6kgに満たないとか。お互いに意志しあって、隙あらば?匂いでも嗅ぐかとクルクル回ってるが、どうも目の合わせ方に少しばかり不穏な空気が・・・。
と思ったら、来ちゃったよ、相手柴が。ギャンギャン吠えながら威嚇してくるから、大福さんもちょっとばかり臨戦態勢。相手柴が突っ込んでくると身を引いて、相手が下がると前に進み出る。お互いに咬みつくことはなく、いわゆる寸止め状態。まぁ、これなら放っといてもそのうち飽きるだろう。案の定、すぐに何もなかったように微妙な距離を保って大人しくなった。ダメよ、相手は動ける範囲が決まってるんだし、若い芽を摘んじゃ。でも、たまにはアドレナリンの分泌も良いのかなぁ・・・呑気過ぎだわな、きっと。

始まりはいつも静かなり。 あーぁ、来ちゃった。 ならば逆襲?
ダメよ、ほどほどよ。 眼光鋭し? もう済んだのかな?

2009年6月17日(水) ■ 走りまくり ■ 大福:生後2617日目 

昨夜の雷雨からは想像もできないほどの晴天の元で朝の散歩ができた。こんな日が嬉しいのは飼い主だけではなく大福も同じだったようで、お仕事ポイントを探しもどこか集中力がない。さかんに私めの顔を見上げて目で語りかけてくる。「遊ぼうよぉ・・・」。
んじゃ、仕方ないから、ひとっ走り追い駆けっこでもするかとばかりに、植え込みを利用してフェイントしながら大福を追いかけたり、追いかけられたり。大福は嬉しそうに走り回る。それに対して、私めは嬉しそうにはほど遠く、血ヘドを吐く思いで走り回る。しかし、悲しいかな持久力はウルトラマンのカラータイマーよりも持ちが悪い。そして、心の声で叫びながらヘタってしまうのである。「すみません、心臓がクチから飛び出しそうなんですけど・・・」。

わかった、わかった、走るのね。 アンタのスピードじゃ走れないからね。 スピード落としても無理だから・・・。
馬鹿にしてるか? 気のせいには思えないのだが・・・。 もう勘弁して欲しいんですが・・・。

2009年6月16日(火) ■ 愛しき姿 ■ 大福:生後2616日目 

友達ワンコと遊んで走り回ったりしている姿も愛しいが、日常的な、食事をしている姿やお仕事している姿。そして、無防備に安眠をむさぼってる姿・・・これらこそ何よりも一番愛しく感じてしまう姿である。それにしても、この姿勢で寝ていて楽なのだろうか?

体、柔らか! この姿勢で楽なのかしら・・・。 半目、開いてるし・・・。

2009年6月15日(月) ■ 勝手知ったる地 ■ 大福:生後2615日目 

今日はシャンプーの日だったので旧地まで遠征。早めに着きたかったので高速を利用したら20分ほどで着いてしまった(近っ!)。シャンプーに入る前に公園で用足しをさせたのだが、勝手知ったる景色だからなのだろう、大福的には全く違和感もないようだった。まるで、昨日も来てたような錯覚をしてしまいそうなほど景色に馴染んでいた。それはそうだわな、7年も住んで遊んで散歩した町なのだから。
大福がシャンプーしてもらってる間にガッちゃんと待ち合わせ。大福のシャンプー終わりを一緒に出迎えてくれた。見慣れた景色に、見慣れた(仲良しな)友達・・・違和感などあるはずがない。これからも大福にとって、この町の景色は「古い景色」には絶対にならないのだろう。
そして、興味はあるのだが試していないことがある。それは、旧集合住宅の前を歩いて通ること。まず間違いなくエントランスから中に入ろうとするのではないかと思うのである。ちょっと軽はずみには試せないなぁ・・・

シャンプー上がり。 枝の舞も爽やか? 枝を死守できるのか。
そんなに枝に執着はないのかな。 オヤツは万国共通のコミュニケーション・ツールだ。 ドンくん・グリくん(2人合わせてもちろんドングリ)とも遭遇。

2009年6月14日(日) ■ 閑古鳥パーク ■ 大福:生後2614日目 

土曜日曜の『ららぽーと豊洲』はたいそうな賑わいだ。しかし、隣接する区立公園のほうまで足を延ばす人は意外に少ない。混雑時ですら少ないのだから、朝となるともっと少ない。平日の朝はワンコ散歩衆も多く見かけるが土曜日曜が休日という家庭は多いようで、散歩時間も平日より遅いようだ。従って、平日と同じ時間帯に散歩に来ると、ご覧のように見事なまでの閑古鳥。あまりに人がいないので、所在なそうにダラダラしてしまう大福と飼い主なのである。

誰もいない。 アチコチ見回しても同じ。 見事なほどの閑古鳥。

   
2009年6月13日(土) ■ 威張りん坊 ■ 大福:生後2613日目 

昨日の夜は、家に妻のお友達衆が4人みえて食事会。皆で食材を持ち寄って手作り食事会だ。思わぬ来客に、大福はソワソワ。そう言えば、4人ものお客様が一度にやって来ることなど今までなかっただけにどうも勝手が違うようだ。皆に触られて喜んでいると思いきや、4人の中で一番若い女性が近づいて触ろうとすると「ううぅー」なんて口角に皺なんか寄せて威嚇なんかしてる。何故だろう・・・と思いながら様子を見ていたのだが、どうやら大福はその若い女性のことを完全に見下して?いるようなのである・・・。そこで再び何故なんだろう?一番年下だから?序列ってこと?・・・真意のほどは分からないが、先輩風をビュンビュン吹かしまくる威張りん坊の大福なのであった。

テーブルの上が見えずに気になる様子。 まだまだ準備中だよ。 それなりに思惑もできたようだ。

2009年6月12日(金) ■ 柴三昧 ■ 大福:生後2612日目 

今日は朝から柴三昧。
朝の散歩では、この頃よく出会う後輩ギャル柴のソラちゃん。大福に興味ありありなのだが、大福のほうは意外につれない態度。後輩なんだからもう少し愛想良くしてあげればと思うがこればっかりは大福次第なのでどうしようもない。

夕方近く、知人より連絡があって、『ららぽーと豊洲』で待ち合わせ。初めて出会う先輩姉柴のオリーブちゃんとご対面。後輩ギャル柴のソラちゃんの時と違って、大福はきっちりと一目置いているような応対ぶり。イカンよ、相手見て態度変えちゃ・・・って、大福のことを言えた義理ではないのだが・・・。

家に戻る前に、今度はやはり先輩姉柴のトマトちゃんにバッタリ。今年14才の先輩だが、毛艶もまだまだピカピカ。足取りもゆっくりだがしっかりしてる。何よりの元気印の証は、大福がしつこく近づくとキッチリと?お叱りモードを披露してくれる。これには大福もタジタジ。

ギャル柴から姉柴まで、今日はなかなか充実の柴三昧日だった。皆、これからも元気に過ごしてね。

ギャル柴のソラちゃん。 お初な姉柴・オリーブちゃん。 元気印の姉柴・トマトちゃん。

2009年6月11日(木) ■ お参り ■ 大福:生後2611日目 

車での朝の散歩だったので、帰りに富岡八幡宮に参拝。平日だけあって人はおらず久しぶりにゆっくりお参りができた。目を閉じて手を合わせての参りを終えた後、目を開けて大福を見たら、ジィーとこっちを見上げていた。まるで「懺悔でもしているのかい?」とでも言うように・・・。アンタのこともちゃんとお願いしてたんだからね!
我が家の繁栄と家内安全。そして大福の人生もよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

豆粒な大福。 巫女さん通過。 写真的には好みな構図である(もっとちゃんと撮れば良かった)。

2009年6月10日(水) ■ 不細工・・・ ■ 大福:生後2610日目 

家での大福の拠点は様々(狭い家ゆえ主に居間と寝室なのだが)。ハウスが設置されてる寝室では、ハウスにいることよりもベッドの布団の上やベッドとタンスの間の狭いスペースにいることのほうが多い。居間では、ソファーの上にいることもあるが、主なる居場所は、テレビ横のクッションマットの上。このクッションマット、テレビの横であると同時に、ソファーの真ん前でもあるので、大福のくつろいでいる様子が否応ナシに目に入ってくる。
目に入ってくる大福の姿は、可愛らしい姿も多いのだが、可愛らしさとはあまりにもかけ離れている何とも不細工すぎる姿も多かったりする。これなんか、この頃では一番の不細工な姿かもしれない・・・(汗)。

うひゃぁ・・・。 これは、ヒドイ。 ひどすぎる・・・。

2009年6月9日(火) ■ クイックターン ■ 大福:生後2609日目 

今日は一家で日帰りで軽井沢までお出かけ。スローライフには縁のない我が家恒例のクイック-ターン行程。8時半頃に家を出て、軽井沢に着いたのは10時半を回っていた。特にゆっくり走ったつもりではないが、よせば良いのに、興味本位で中央道八王子経由なんてルートを使うからいつもよりは到着までに時間がかかってしまった。圏央道経由は高速料金も割高だし、ロケーションも良くないので次からはもうないかな。

ランチの予約は11時半。少し時間があったので大福の退屈紛らわし&飼い主の胃袋調整のために軽めの走り回り。いつも元気に走り回る大福だが、目の前に緑が広がると「走りたい度」は、一気に高まるようだ。嬉しそうに走り回る姿を見ていると、こちらまで嬉しくなってくるこの感覚は何なんだろうねぇ。

広々だと気持ち良さそう。 ヤル気スタート。 徐々に加速。
ほぼ全開。 スピードに乗った顔? お手にあらず。ミドルタッチ。

予約時間ちょうどにお店に到着して、ガッツリ、ピザを中心にランチ。柴友のゆうちゃん(『しばいぬゆうの暮らし』)に教えてもらったこのお店。初めて来て以来もう何回目になるだろうか。いつ来てもその美味しさは変わらないし今日も大満足。今日の軽井沢行程の主目的はこのピザランチだったので、早々と目的達成という感じ。今日も、ゆうちゃんにお気遣いをしていただきありがとうございました。

店前で。 釜から匂いが・・・。 じゃがバター・ベーコン。
旬の釜焼き野菜盛り合わせ。 3種ピザ(れんこん、アスパラ、チーズ)。 3種ピザ(ルッコラ、新タマネギ、からすみ)。

満足度高しだったのでそのままもう帰っても良かったのだが、せっかくだからちょっとだけ水遊びでもと、ワンパターンの千ヶ滝へ立ち寄り。ワンパターンと言うだけあって、大福はすっかり道順を覚えている様子で水遊びポイントに向かってスタスタ。人間に限らずワンコも好きなことはよく覚えているものだと妙に感心。
いつもならもう少し先の水遊びポイントまで足を運ぶのだが、今日は工事をしているようでいつもの道は通行止め。迂回の案内がなされていたが、お腹もいっぱいで根性ナシの飼い主には好都合?な足止めで早々と退散。軽井沢銀座で少しだけ買い物をして3時前にはもう高速に乗ってお帰りモード。かくして駆け足行程・クイックターンでの軽井沢日帰りは無事に終わったのであった。

ちょっとだけ水遊び。 ボールに集中。 冷たくないのかね?
ワシワシと水渡り。 顔突っ込みの図。 ブルブルブルーッ!

2009年6月8日(月) ■ 乾燥大福 ■ 大福:生後2608日目 

いよいよ今週あたり梅雨入りとか。この季節、我が家で活躍してくれるのが簡易布団乾燥機。敷き布団と掛け布団の間に挟み込み、電気でプワァーと膨らませるやつだ。

この乾燥機、主目的の布団を乾燥させてくれるだけでなく、大事な役目を担っている。それは、雨で濡れた大福の身体をタオルで拭いた後に更に乾かしてくれるのである。何故か大福は、この乾燥機がセットされると頼みもしないのに自分から布団に入っていく。そして、熱くなってハァハァ言いながら水分補給をしている。雨で身体が濡れてない時にも入っているので、恐らくお気に入り?なのかもしれない。
ただ、困ったのは、乾燥機本体の上に乗ってしまうので、自動制御装置のようなもので、温風送風が止まってしまうのである。そして、掛け布団もめくってしまうので、乾燥機本体が露わな姿で横たえていることが多々あるのである・・・。困った(汗)。

アンタ、乗ってるでしょ? ほら、乗ってる。 これじゃ、意味ないんですけど・・・。

2009年6月7日(日) ■ 久しぶりの晴天散歩 ■ 大福:生後2607日目

週明けは天気が悪く、火曜水曜は天気は回復するらしいが、週の半ばぐらいから梅雨に入るようなことを天気予報で言っていた。そう言われてみればまだ梅雨入りしてなかったんだなと・・・。もう梅雨になっているような天気が続いていたので改めて梅雨入りと聞くと、「これからかよ!」とだいぶウンザリしてしまう。
そんな梅雨入り予告を、申し訳ありませんとばかりに晴れにしてくれた今日。朝の散歩は、あまりの晴天ぶりについつい長丁場になってしまった。

『ららぽーと豊洲』を中心にあちらこちらと歩いたのだが、大福にとって「海」ってのはすごく当たり前な日常なんだろうなぁ。旧地でも徒歩圏に海や砂浜があったし、新地でも砂浜こそないが、海はやはり徒歩圏にある。車に乗ってしまえば5分もかからずお台場のビーチもあるし。大福にとって、海は間違いなく特別のものではないと言えるだろう。むしろ、雪なんかのほうが大大特別なものなんだわな。

日中は様々なタイプの船が出入りするために開き放しになっている開閉式の橋が朝の散歩時には必ず閉じている。この橋を渡ると近道なので大変便利である。ちなみに、この開閉式の橋を渡るたびに、晴海通りの勝どき橋が昔、開閉してたのを思い出す(化石のような記憶)。
今朝もトボトボと渡り始めたら、向こうから真っ白い大きなワンコが登場。お初である。毛艶も良くて若々しいが聞けば14才とのこと(名前は、ももちゃんとのこと)。まだまだ走り回りの現役らしい。こんな元気な先輩を見ると何気に元気が沸いてきてしまう。皆、いつまでも長生きしろよぉ。

日中は船の出入りで開いてない橋。 14才元気モードの「もも」姉御。 錨・・・デカイし。

2009年6月6日(土) ■ 愛犬が消えるということ ■ 大福:生後2606日目

愛犬が飼い主の前から消える・・・の意味は、何らかの理由で命を召されてこの世を去ってしまったこと・・・がほとんどだろう。これは命の消失だから、飼い主としては受け止めるしかないし、受け止められることだろう(時間がかかるにしても)。

しかし、命の消失ではなく、命あるままに消えてしまう場合も希にある。人間の場合の「蒸発」などのように、ワンコ達の意志による消失でないことはもちろんだ。一般的な言い方の「脱走」「逃亡」「迷子」などによる行方不明がその最たるものである。路頭に迷う何頭もの迷い犬を目撃したこともあるし、愛犬を必死で捜索する飼い主さんの姿をリアル社会でもネットの社会でも見かけることがある。
このように失踪による命あるままの消失が一番多いわけだが、次に多いのが愛犬を車の中に残して駐車していての消失らしい。ワンコのみ連れ去られる場合だけでなく、車ごと消えてしまう場合もあるらしい。そのどちらも「盗難」と言って良いだろう。ウチもごく希に車で待ってもらうことがあるから人ごとではない。

そして、今回、大変希と言って良いであろうケースでの消失を知った。柴仲間の黒柴の百々(もも)ちゃんのblog『おどろき百々の木くろしば日記』6月2日付で書かれていたのだが、とあるワンコ(ノーフォークテリアのバンビちゃん)が飼い主さんの空き巣被害に伴って消えてしまったのだという(本年5月20日とのこと)。
空き巣が一緒に連れ去ってしまったのか、あるいは空き巣が入ってきてパニックにでもなり一人で家を出て失踪してしまったのかなど定かではないが、何とも聞くに堪えない話ではないか。飼い主さんはもちろん必死で捜索してるのだろうが、脱走や逃亡よりも探す手立てのようなものがないことだろう。そして、ものすごく後悔してることだろう・・・。ちょっと気の毒すぎる。

文句を言われても雨は止みませんって・・・。 そんな仏頂面されても・・・。 帰るのかよ!

2009年6月5日(金) ■ 食の葛藤 ■ 大福:生後2605日目

西岸良平の『三丁目の夕日』に出てくる犬は、ほとんどが雑種である(この漫画の場合は、ミックスとか言うよりも雑種と言ったほうがしっくり来る)。そして、その雑種のほとんどは日本犬の血を引いているであろうと想像できる犬ばかりである。

その犬達の食べ物はドッグフードなど食べてる犬は皆無と言って良いだろう。どの犬も、飼い主達が残したご飯を味噌汁などで混ぜて食べている。いわゆる残飯のぶっかけ飯である。
犬医学的な見地からだと、人間が食べる物は犬達にとって塩分が多い(高い)から与えては良くない・・・のような書き方がされている。しっかり勉強された方の意見であるからきっと正しいのであろう。その塩分過剰摂取なども当時(昭和30年代)の犬達の寿命の短さ(今に比べて)に大きな影響を与えていたとか。

でも、何かを未然に防ぐために、何かを節制すると言うような意識をワンコ達が持っていないのは明白。ただ、今、目の前のことしか考えていない。何より、病気になってしまうと言うような概念や死んでしまうと言うような概念すら持っていない。と言うことは、「長生き」という概念も当然持っていないわけである。
それらの概念を持っているのは、飼い主だけである。長く一緒に生きてもらいたい・・・飼い主としては当然思うことである。だから、ワンコ達が望まないと分かっていてもいろいろな制御など行ってしまう。しかし、食べ物を食べている時の至福の顔を見ていると、好きなものをたくさん食べさせたくなる衝動に駆られてしまう。でも、どこかにブレーキを持っていて抑制してしまう・・・。こんな葛藤が延々と続くんだろうなぁ・・・。

店内を窺い中。 待ってた甲斐がありました。 美味なり。

2009年6月4日(木) ■ 割高な散歩 ■ 大福:生後2604日目 

今日は一日、自分の部屋にこもっていたので、大福はずっと寝室で寝まくってた。特に、オヤツを欲しがるでもなくひたすら寝てるので、「息してるかぁ?」てな感じでたまに様子を見に行ってしまうほどよく寝てた。
あまりに退屈そうだったので、夕方の散歩は、車を出してお台場のビーチに繰り出してみた。ビーチバレーやイベントをやる側のビーチではないので、人は全くおらずに貸し切り状態。大福の場合、どこのビーチに行っても貸し切り状態が多いから、大福の中の海は、きっとこれが当たり前なのかもしれない。

お台場ビーチ近くの駐車場は、公共のところだと、最初の2時間が600円てのが普通(潮風公園は違うけどね)。ちょっと食事などして辺りを散策するという人には優しい料金設定なのだが、停めるところがなくて一瞬停めただけ・・・という人にとっては、かなり高額な駐車料金となってしまう。
本日の場合・・・15分ほどビーチで遊んだら、スタスタと駐車場に向かって歩を進めてしまう大福さん。「おいおい、もう少しどこを周ろうよ」と促すも、少し歩くと立ち止まって、私の顔を見上げてる。しかたないので、「分かったよ、もう行くか?」なんて言ったら、またスタスタと駐車場に向かっていく・・・アンタさ、言葉分かってんじゃないの?
結局、20分ほどで600円の駐車料金。普通の駐車場のように10分単位とかで換算すると1時間1800円ってことじゃないの!今時、夜の六本木の駐車場でもここまで高くないぞぉ!頼みますよ、大福さん(涙)。

お台場の砂、掘りますか? 何か言いたいことでも? はいはい、遊ぶんですね。
ちゃんと「My枝」持参したから。 「フガァ〜」の顔。 満足いただけましたか?

2009年6月3日(水) ■ 顔の表情 ■ 大福:生後2603日目

どうなの?洋犬も顔の表情って喜怒哀楽をしっかり表すものなの?ゴールデン・レトリーバーなんかはかなり表情があると思うのだが、プードルとかダックスフント、チワワなどはいつ見ても同じような表情に見えるのだがどうなのだろう(怒ってる時の顔は、さすがにいつもと違うようだが)。

その点というか、柴犬(日本犬全般もかな)は、喜怒哀楽がすぐに顔に出ていて分かりやすい。大福なんかを見ても、写真を撮る時にお座りなどさせられると、この世で一番つまらないことしているような極上?の仏頂面になるし、海に行って、急に目の前の景色が広がると、とてつもなく嬉しい表情をしてくれる。何とも分かりやすいだけに、感情の様子が分かってしまうから対処に躊躇することもしばしば(ダジャレじゃないんで・・・)。

走り回ってる時もけっこういろいろな表情で感情を示してくれる。「遊ぼう!」「楽しい!」「追いかけてみて!」「追いかけるよ!」「まだ、やめないよ」「もうお終いなの?」・・・全部、顔の表情が違う。言葉ではないコミュニケーションツールの一つが、この顔の表情なんだろうねぇ。だから、いっぱい顔色窺って心の声を観察しておりまする。

遊びを誘ってる顔。 楽しさの顔かな。 まだ遊べるよ・・・の顔だと思う。

2009年6月2日(火) ■ ワンコの名前 ■ 大福:生後2602日目

朝の散歩で『ららぽーと豊洲』に隣接している豊洲公園(区画の線引きがよく分からないんだけど)によく来るが、何人かの飼い主さんとそのワンコが集まってる景色は、どこの地区でも一緒のようだ。最初のウチは「誰?」みたいな気配がムンムンと漂っていたが、こちらから歩み寄っていくので、さすがに「こっちに来るな」とは言えないようで、自然と会釈から始まり、クチに出しての挨拶へと進み、やがてワンコ同士で遊ぶようになってくる。
そうなることは嬉しいのだが、問題なのは、ワンコの名前を覚えること。正直苦手なのである。一度に多くのワンコと初対面した時などもう全然覚えられない。幸い、大福は覚えやすいのか、2回目以降もすぐに名前を呼ばれてる。私めはと言うと、飼い主さん同士が名前を呼び合うのを耳をダンボにして聞いてる始末・・・。何か覚えるコツのようなものはないのかしら・・・。

気持ち良い朝。 暑くなるかもよ。 笑い顔?暑い顔?

2009年6月1日(月) ■ 器の大きさ ■ 大福:生後2601日目

今日はシャンプーの日なので、旧地に出没。このペースで旧地にも繰り出してると大福には「過去の町」ってな印象はきっとないんだろうなぁ。いったい、どう思ってるんだろうか・・・。

無事にシャンプーを終えて、仲良しのガッちゃんと待ち合わせ。もう、こうなってくると地域差などまったく関係ないだろう。振り返って考えてみると、仲良しとは言え、1週間会わないこともザラだったし、2週間以上も会えないことも少なくはなかったと思う。いろいろ環境の変化によりあれこれ考えててしまうのは飼い主だけで、ガッちゃんも大福もさほど日常に大きな波は来ていないと言うことなのかもしれない。もしかして、大福のほうが私めより器が大きいと言うことなの?
それにしても、この2人。会うたびに役割分担を決めてるかのような段取り通りのパターン遊びをしていて見ていると可笑しくなってしまう。

いつもの始まり始まりぃ。 貸してあげれば? ガン見・・・。
置いちゃったよ・・・。 あーぁ、押してるしぃ。 意地悪にもメゲない、ガッちゃん。


福と大福の間TOPに戻る