2009年8月の最初へ↓
2009年8月31日(月) ■ 玄関の主 ■ 大福:生後2692日目 

ある意味、嵐のような衆議院議員選挙の後に控えしは本物台風11号。夕べから強風が吹き荒れ、今朝の散歩は久々に大福と一緒に私めもカッパを着てとなった。こんな日のお仕事などあるはずもなくシャンプー後の体重測定が思いやられる。たかが70g程度のお仕事の産物なのだが、この70gはなかなか重要なのである。

そう、今日はシャンプーの日。ちょっと前までは、シャンプーの日になると必ずと言って良いほど雨を呼んでいた大福。この頃では見事に晴れ女に変身して雨を吹き飛ばしていたのだが、さすがに本土直撃の台風には晴れパワーも通用しないようで、久しぶりに雨のシャンプー日となった。
シャンプーが終わって、私めに少し用事があったので、いつものように甘えさせていただきガッちゃんチにお邪魔させていただくことになった。預かっていただけることには大変感謝しているのだが、どうも大福が居座る位置ってのが玄関前・・・と最近では定番になっているようで、写真を見てもどうにも邪魔で申し訳ない限り。何なのかねぇ、このたたずまいってのは・・・。我が侭?頑固?ガッちゃんママさんは、「HACHI精神」などと仰ってくれているが、いかがなものなのか・・・。今日も大変お世話になり、ありがとうございました。感謝&陳謝<(_ _)>
ちなみに体重は、9.5kgでありました┐(-。-;)┌

もう、ココが定位置らしい・・・(激汗)。 気配か? そんなに待たせてないのに。

2009年8月30日(日) ■ 柴縁 ■ 大福:生後2691日目 

今日は衆議院議員選挙の日。結果は、新聞的に言えば民主党の歴史的な勝利だった。下馬評の風は間違いなく民主党に吹いていたが、ここまで圧勝するとは負けた自民党よりも勝った民主党のほうが驚いていたのではないだろうか。有頂天になっても可笑しくないほどの圧勝なのに勝利者インタビュー?での民主党当選者の顔は一様に表情が硬い。これからのプレッシャーと覚悟からの表情なのだろう。マニフェストをどのように実現していくのか、まずはお手並み拝見というところだろう。

そんな歴史的な日だった訳だが、我が家的にはもっと重要な日となった。と言うのは、大福を通じての古くからのネットの柴友『白柴福ちん』の主宰者であるSaoriさんとお会いすることができた日だからだ。大福の生まれ故郷・鹿児島の隣の県、宮崎県から東京まで用事で来られたのだが、全ての予定終了の最終日の今日、羽田に向かう前に品川で無理をお願いして生大福と対面していただいた。
Saoriさんには、大福のパステル画を描いていただいたり(今日、オリジナル原画をいただきました!宮崎の名産お土産もいただいちゃいました!)、大福の誕生日にお声をかけていただいたりと、大切な柴友の一人なのだ。遠距離ゆえ、実際にお会いできるなど思ってもいなかっただけに今日お会いできたことは歴史的な選挙よりも何1000倍も意義があり嬉しいことである。何よりも、いつも写真で見ていただいているという大福に実際に会ってもらえたことが飼い主としては嬉しい限りである。Saoriさんの白柴・福ちんに私めが会うことは難しいだろうが、ホント、生大福に触れてもらうことができて良かったです。貴重な時間を作っていただき本当にありがとうございました。これからも大福とアホ飼い主夫婦をよろしくお願いいたします。大福が作ってくれた「柴縁」に感謝。
ちなみに、Saoriさんチの福ちん、Saoriさんが出かけた最初の日はご飯を食べなかったとか・・・。遠い空の下で、実直な柴道ぶりを見せていたようである。

触ってもらいました。 いただいたパステル画。
品川駅コンコース。

2009年8月29日(土) ■ 斜度キツし ■ 大福:生後2690日目 

今日はまた一気に暑くなってしまった。どうなの?今日だけ?それともこのまま続くの?と久しぶりの暑さにウンザリではあるのだが、ちょっと前のジメジメした暑さではないので、それなりに耐えられはするのだが、やはり暑い。

今日は夕方の散歩を兼ねて隅田川沿いのリバーサイド公園を散策。大きなマンションや会社、そして土手とが西日を遮って大きな影を作ってくれるので日中なのに涼しさを感じるほど。目の前が開けて大福は大喜びで爆走。自分だけで走ってくれるぶんにはいっこうに構わないのだが、私めも走りに参加させられるから厳しいものがある。しかも土手の斜度がかなりあるので上下にはもちろん歩きにくいし、左右に歩くにもスニーカー面がかなり傾いてしまう。ギックリ腰はもう大丈夫なのではあるが、少しは加減してもらえないだろうか・・・。

斜め過ぎじゃないか? 軽く走ってね。 何だかノッてきてないかい?
全力疾走に近いよね・・・。 嬉しさもパワーも全開。 大川端の景色を従えて。

2009年8月28日(金) ■ ほぼ日常 ■ 大福:生後2689日目 

ギックリ腰養生記のような日が続いているこの頃だが、お昼間に究極のマッサージを受けたとたんに痛みが遙か遠くにぶっ飛んで行ってしまった。ギックリ腰の時は揉んだりしてはいけないとかの説も知ってはいるが、今回のギックリには揉みが良いかも?と頭をよぎったので本日実行、そして今のところ吉と出たようである。何よりの快方確信は、大福の様子が全く日常的に戻ったようだからである。このリトマス試験紙はかなり信頼できるようである。

嵐の前の静けさ? なかなかの荒れぷりでした。 嵐の後は睡魔が・・・。

2009年8月27日(木) ■ イイ人なの?それとも・・・ ■ 大福:生後2688日目 

ギックリ腰はほぼ治ったように思える・・・と言うのは、まだ多少痛みは残っているのだが、朝の散歩で大福が急に「追いかけてみて!」ポーズで誘ったからだ。ギックリ腰当日は、心配してくれてたのが嘘みたいな悪魔のような?笑顔の誘い顔。大福が誘うぐらいならきっと大丈夫なのだろうと訳の分からん解釈で走ってみたところ、どうやら大丈夫そうなのでひと安心。大福は、イイ人なの?どうなのよ?

走れってこと・・・よね? そ、そ、そんなに走るの!? もう、良いかね?

2009年8月26日(水) ■ ありがとう ■ 大福:生後2687日目 

今日は妻の誕生日。どこかに出かけて・・・と思っていたのだが、良くなってきたとは言えギックリ腰の用心のために家でゆっくり祝おうと言うことに・・・。何ともKYなギックリ腰である。
そんなKYな腰と違って、お気遣いいただいたのが仲良しのガッちゃん一家。夕方にわざわざ妻へのプレゼントということでプロセッコを届けに来てくれた。わざわざ本当にスミマセン。そして、お心遣いありがとうございます。せっかく来ていただいたので少しだけでも一緒に遊べたらと近所の広場の片隅でガッちゃんとひと遊び。涼しくなってきたとは言え、まだまだ日差しはきつい夕方だというのにガッちゃんは大元気。この2人を見ていると全く年齢を感じさせないから嬉しい限りである。2人ともいつまでも元気で楽しく遊んでちょうだいな。そして我が妻、誕生日おめでとう。

来てくれてありがとうネ。 おっ、走った。 と、と、跳んだぁ!

2009年8月25日(火) ■ 退屈疲れ? ■ 大福:生後2686日目 

予想通り、ギックリ腰は急激な回復ぶり。とは言え、完治とまではいかずに歩く姿は自分でも分かるほどまともではない。大福の様子も昨日とはうって変わっていつもとあまり変わりない。何よりの回復のバロメータかも。
しかし、昨日今日とまともにお相手してないので家の中でも退屈そう。明日あたりから埋め合わせができれば良いんだけどね。それにはまず油断せずに完治させねば。

三人衆をひかえて惰眠。 このスペースをどう確保したのか? 満足そうな寝顔ではあるが・・・。

2009年8月24日(月) ■ ピキーーン! ■ 大福:生後2685日目 

今朝の散歩は車で・・・と思って、駐車場から車を出して大福を抱っこして乗せようとしたら腰に久しぶりの感触が・・・ピキィーーン!ゲゲッ、ギックリ腰ってか!?このピキィーーン加減でだいたいどの程度のギックリ腰か分かってしまうのが悲しいところ。今朝の感触ではだいたいレベル1(一番ひどいのがレベル4ね)。どうやら動けるので、普通に散歩を消化。写真のように大福とボール遊びができるほどだった。

ところが、家に戻ったら思いのほか痛みがひどい。これはレベル2だなと判断して即一番近い整形外科に行って治療。痛み止めの注射を打ってもらい薬をもらってきた。家に戻って、少し横になって休んでたが、どうも大福の様子がいつもと違う。いつものように家のアチコチで寝てたりするのに、今日は何度も私めが横になってるベッドにやって来ては、顔をジッと見てたり、ある時は顔や手先をチョロッと舐めてはまた元のところに戻って行くの繰り返し。どうやら心配してくれているようだった(気のせいではなく!)。お陰で、夕方の散歩の頃にはかなり回復したのだった。やれやれ。ありがとね、大福さん。

元気だねぇ、大福は・・・。 もう少しヤル? ちょっと休ませて。

2009年8月23日(日) ■ 挨拶・・・ ■ 大福:生後2684日目 

今朝の柴族は、ご当地最初の柴族のソラちゃん(2才にまだなっていなかったかな?)。お互いにかなりの距離だったのにほぼ同時にその存在に気づいた様子。いつも思うのだが、匂いから分かるのか、それともちゃんと見えているのか大いに疑問である。
今日の挨拶は、ソラちゃんが待ち受け側で、大福が歩み寄るパターンのようだ。歩み寄ると言っても大福のそれは、体を低くして尻尾を伸ばして何とも怪しい歩行での歩み寄りだ。ノソノソと時間をかけて近づいて、ようやくご挨拶。パシッ!・・・マズイんじゃないのかな?その挨拶は・・・。

怪しき近寄り健在。 怪訝な顔ですな。 挨拶なの?それ・・・。

2009年8月22日(土) ■ ご当地柴 ■ 大福:生後2683日目 

新地に移ってからご当地柴にどのぐらい会ったかと指折り数えてみたら、1、2、3・・・7かな。赤柴だっったり黒柴だったりするわけだが・・・もう1人いた、白柴が。これで8人。その中で大福は年長から2番目となる。改めて月日の流れを感じるなぁ。
そして今朝、9人目の柴族に遭遇。2才のモミジちゃんだ。体つきもほぼ大福と同じ(体重もほぼ同じ)とのこと。夏季はなかなか会う機会も少ないかもしれないが、涼しくなったらもっとたくさんの柴族に会えるかもね。

お初・・・ですね? モミジちゃんだって。 行っちゃった・・・。

2009年8月21日(金) ■ 麻布十番納涼まつり ■ 大福:生後2682日目 

もっと暑いかなと覚悟してたら、出かける頃には程よい曇り空になってお出かけには良い感じ。そう、今日は年中行事の一つ『麻布十番納涼まつり 』の初日。大福は、我が家に来てくれた年(2002年)から毎年参加しているので今年は8回目の参加となる。本人的には、太運雑の中、大勢の人の足を縫いながらの歩行となるので迷惑でしかないのだと思うが、要所要所の出店屋台で買い食いができるので痛し痒しのところなのだろう。

今年も『富麗華』の北京ダックや点心からスタートして、ワールドバザール、メイン通りとひと通り回ってきたが、早い時間の割には例年よりも人出が多かったような。大福は、あの低い視線からは人の足が相当怖いはずなのに一生懸命歩いていたが、あまりに混雑の場所では気の毒なので抱っこ。それに大福の立ち位置は無風状態で相当に暑かった(抱っこの時にしゃんがんで体感した)。
今年も多くの通行人に触られまくっていた大福だったが、今年の特徴は何と言っても『HACHI〜約束の犬〜』。皆から「ハチィ〜〜」なんて声かけられていた。外国人はほぼ100%が「HACHI」と声かけてたなぁ。映画なんか見てないだろうから、さすがにCMスポット効果大というところなのだろう・・・恐るべし。

今年も無事に終えた『麻布十番納涼まつり』への参加。大福には楽しくないのかもしれないが、たまには雑踏の中を歩かないと歩けなくなっちゃうからね。最後まで我慢してくれてありがとうね。

『富麗華』前でペロリ。 まずは、ワールドバザールでタッチ始め。 はいはい並んでくださーい。
通行人もタッチ。 メイン通りでもタッチ攻撃。 しばしの解放タイム。

2009年8月20日(木) ■ 台場の光と影 ■ 大福:生後2681日目 

ガンダムだ合衆国だ、挙げ句は時の人、酒井法子が留置されてる湾岸署まであるのでお台場は大賑わい。こんな時は第三台場も混んでるのか?と思い野次犬のごとく夕方の散歩で出陣。
はい、見事にガラガラでした。そのひっそりぶりは普段の日よりも空いているほどで、フジテレビ側を光とするなら、こちらは影と言って良いほどだった。おかげで、賑わう迎え側の台場を尻目にゆっくりのんびりと夕方の台場入り江を満喫することができた。ラッキーなり。

柴犬の定番?の松。 賑やか側の台場を向こうに。 実は、後ろは絶壁(汗)。
見上げの図。 球面体が眩しかった。 第三台場は見事にひっそり。

2009年8月19日(水) ■ 士やら師やら ■ 大福:生後2680日目 

世の中に「士」や「師」の付く職業ってけっこう多い。その中には「先生」と呼ばれる業種も少なくない。ワンコ生活周辺でも、獣医師、看護師、訓練士など「し」の付く職業が身近にある。獣医師などは「先生」と呼ばれる場合が多いのだろうが看護師は特に先生的なイメージはない。しかし、どちらも飼い主からはけっこう敬語で話されることが多いから勘違いしてしまうことも多々あるようだ。自分は偉いとでも思ってしまうのかなぁ・・・。で、お金をいただいている以上、「士」だろうが「師」だろうが原則的には「商業」であるという基本を忘れてしまう。そんなことを、つい考えさせられる「し」と出会ってしまうとホント不幸である。

ガックリ来てない? かわうそ君と整列。 凹んでるか?かわうそ君。

2009年8月18日(火) ■ 犬見知り ■ 大福:生後2679日目 

人見知りという言葉があるが、どうやらワンコにも「犬見知り」の子はけっこういるようだ。「ウチの子、人は好きなんだけど、ワンコは苦手で・・・」などのフレーズをよく耳にする。実際、そう言われてる子を観察してみると、確かに大福が匂いを嗅ごうと近づくと逃げ腰になって飼い主さんの後ろに隠れてしまったりする。なるほど・・・なんて思いながら更に見てると、全くワンコが苦手でもないようであることに気づく。大福が匂い嗅ぎを諦めて他をウロウロしていると、こっそり大福の後ろに回って匂いをクンクン。それに気づいて大福が振り返ると、また脱兎のごとく飼い主さんの後ろに避難する。そんな姿の繰り返しはまるで、ダルマさんが転んだ・・・のようである。

遠近法でトイ?プードルより小さく見える。 触ってもらってるねぇ。 良かった、良かった。

2009年8月17日(月) ■ 目か鼻か ■ 大福:生後2678日目 

ワンコの生態についていろいろ識者なる者が数多く語っているが、その根拠なんてのはどのように立証されているのか?といつも不思議に思う。ワンコの聴力は人の400倍とか嗅覚は2000倍とか平気で書かれている文を見たりするが、その数値はどこから引っ張り出してきたの?と目にする度に思ってしまう。視力に至っては、カラーで見ていないとか、近視であるとか、もう様々で全く信頼できない。

今朝の散歩で、私めより先に余所のワンコを発見したようで、腹ばいになって「Welcome状態」で待機?しかし、目で発見したのか匂いで発見したのかとなると全く判断できない。いったいどっちなのだろうか・・・。

誰か見つけたね。 コッチには来ないみたいよ。 笑っても来ないと思うよ。

2009年8月16日(日) ■ 暑いけど涼しい ■ 大福:生後2677日目 

天気予報の気温を見るとまだまだかなり暑い印象を受ける。しかし、外に出てみると、思ったほど暑くはない。いや、暑いのだが涼しい感じすらする。これはきっと湿度が低いからなのだろう。
今朝の散歩も日差しこそ強いのだが、海からの風が穏やかに吹いていて何とも気持ち良かったりする。休日のせいなのか散歩するワンコもいなくて、いつもの広場は完全に貸し切りで独り占め状態。抜けるような青空も少し前のギラギラした感じとはだいぶ違い、秋の気配を感じさせてくれる青空にと変わりつつある。どうか、このまま裏切ることなく秋へと移行してくれますように・・・。無理?ぬか喜び?

ふふふ、誰もいないね。 広々を独り占め。 抜けるような青空も独り占め。

2009年8月15日(土) ■ 悪習 ■ 大福:生後2676日目 

我が家の悪習を挙げれば、その数の多さに閉口してしまうほど。その悪習の一つが夕飯。正しいワンコとの生活としては、飼い主が食べ終えてから愛犬に食事を与えるという完全分離型の食事が謳われている。なのに我が家と来たら、夕食時は大福も同じテーブルに着いて食事している。獣医師や躾けのインストラクターから見れば言語道断でしかないのだが、この悪習がもう何年続いていることか・・・。名前に由来してか、この頃の大福の体重は、9.5kgほど。さて、どうしたものか・・・。

ガン見。 皿にアゴちんはしないで! ね、ね、寝るなぁ!

2009年8月14日(金) ■ 頬擦り合うも他生の縁 ■ 大福:生後2675日目 

一週間前に比べると、夕方、日の暮れる時間がずいぶん早くなってきたように思えるのだが気のせい?とは言え、まだまだ秋の気配にはほど遠く、大福の散歩道では蝉がガンガンに鳴いている。気になるのは例年よりも蝉の亡骸が多く見られることだが、これは都内では当たり前のことなのか?

ゆっくりと秋には向かっているとは言うもののまだまだ俄然暑い毎日の散歩。熱中症を心配して日影を選んで歩いたり過度の運動は控えている毎日が続いている。そんな飼い主の心配をよそに、当の大福は、後輩柴と戯れたりで飼い主の気持ち大福知らず・・・な感じ。頬擦り合うも他生の縁と言うが(言わないな)、あまりのハイテンションで脳に酸素送るの忘れないでよ<(_ _)>

この近さって、どんな感じなのだろうか・・・。 ちょっと痛かったりして(汗)。 接着面、暑そう。

2009年8月13日(木) ■ 必殺液 ■ 大福:生後2674日目 

かれこれ15年ほど前のテレビでオオカミのオシッコに対してのワンコ達の反応について放送していたのを思い出した(たぶん、「どうぶつ奇想天外」だったか)。内容は、ワンコ達が必ずやマーキングをする散歩道に立っている大木にワンコ以外のオッシコを染み込ませておくとどのような反応するか観察するというもの。

最初に染み込ませたのは、象のオシッコ。いつものようにやって来たワンコは、ちょっと念入りに匂いを嗅いでいるようだが、特に変わった様子もなくマーキングして次なるポイントへ・・・。どのワンコも同じように特に変わった素振りはなかった。
そして翌日、オオカミのオシッコを染み込ませてみる。すると、いつもようにやって来たワンコは、その大木の数メートル前でピタッと立ち止まって動かない。飼い主さんが前進を促してリードを引こうとするが大ブレーキをかけて動かない。それでも引っ張ると大木を大きく迂回するように歩を進めていたが、尻尾は下がって股の間に挟み込むほどのへっぴり腰。他のワンコも同じで皆一様にピタッと止まって動かない。中には、匂いを感知したとたんにUターンするワンコもいるほど。んー、恐るべしオオカミパワー。

そんな昔のテレビを思い出したのは、この頃では『ウルフピー』という名前でオオカミのオシッコが市販されているという話を聞いたからだ。けっこうな需要があるらしい。多くの買い手はお店の前にマーキングされて困っているというような店主だったりするらしい。
確かに、自分の店の前にマーキングされたらかなわないよなぁ。余所のワンコも同様にマーキング重ねるだろうし・・・。この頃では、マーキングの痕を水で流している飼い主さんも多く見かける。しかし、わずかばかりの水で流されても臭いが拡散されるだけで何の対策にもならないから、考えようによってはもっと迷惑の上塗りかもしれないぁ。オオカミのオシッコを薄めてでもして店の周りに染み込ませておけば、ワンコが近づかないことは必至だろうから良き対策となるのではあろうが、どうしたものかねぇ・・・。
ちなみに、飼い主がリーダーシップを完全にとるための道具としての使い方も当然あるようである(でも、難しそう)。

お仕事も終わったしね。 暑いから帰ろうか。 誰かいたか?

2009年8月12日(水) ■ 動ぜず ■ 大福:生後2673日目 

先日の東京湾の花火大会での大きな音にも全く動じなかった大福だが、どうも地震に対しても全く動じることもない様子。地震に動揺し慌てる飼い主の「大福、大丈夫だよ」なんて声がけにも「何がぁ?」ってな感じで涼しい顔。鈍いほうではないと思うのだが、だとすると君は大物なのか?妻曰く、大福が一番怖いのは、何と言っても私めらしいのである(ちょっと不名誉・・・)。

背中にボールとタワシ(大・小)。 気付いてはいるよね? 寝るのかよ?!

2009年8月11日(火) ■ 特別シャンプー日 ■ 大福:生後2672日目 

今日は恒例のシャンプーの日。天気予報ではバリバリに台風とガップリ四つに組み合うはずだったが、雨女から晴れ女に転じた大福のパワーが台風に勝ったようで進路を大幅にずらせてしまった。と言うわけで、今日のシャンプーデーも結局は晴れ。

今日はシャンプーだけでなく、年に一度の健康診断(レントゲンやエコーなど)と混合ワクチン接種も同時に行われたので、大福にとっては何とも最悪の日と言えるのだろう。迎えに言った時に獣医師より検査結果などを含めて詳しい説明を受けたのだが(検査結果は良好とのこと)、一番気になったのは、エコー検査の時に仰向けにされるらしいのだが、その時に大泣きして手こずらせたらしい(「鳴く」ではなく「泣く」が適切のようだ)。来年の検査の時は対策を考えましょう・・・などと言われてしまった。うーん、嫌なのは分かるんだけど、我慢してくださいな大福さん。今日は大変お疲れ様でした。

感動もなさそうな再会。 呑気な人、真剣な人。 で、付き合う人・・・。

2009年8月10日(月) ■ 久々の雨散歩 ■ 大福:生後2671日目 

久々に雨の中の散歩。ところが、スコールのような雨で散歩を終えて家に戻った頃には雨は上がり薄日まで差してくる始末。こんなことなら、もっと遅めに家を出ればとちょっと後悔。でも、雨のおかげで広場を貸し切りで散歩できたからヨシとすべきかな。それにしても、この頃の日本の天候はちょっとただ事ではないぐらい不安定。急な雨降りや異常高温。日本も地球も病んでいるのかなぁ・・・。

足抜きがお気に召さない? いつもの芝生も水びだし。 尻尾、引っかかってるよぉ。

2009年8月9日(日) ■ 匂い付け ■ 大福:生後2670日目 

ワンコの習性なんだなぁ・・・と思う瞬間の一つ。それは匂い付け。外での匂い付けはそれほどしないが、全くしないわけでもない。スリスリ始めると慌ててやめさせてしまうのだが、大福にしてみれば習性行為を中断されてしまい本当は納得いかないのだと思う。
その代わりと言っては何だが、家の中での匂い付けに関しては思う存分しなさいなとばかりに好きにやらせている。家の中で匂い付け?もちろん、そういつもするわけではない。では、いったいいつするのか?それは、お客さん用の布団を出した時である。クローゼットから布団を出し始めると、いつの間にかどこからやってきて足下で待機?している。そして、カバーから布団出すともう匂い付けが始まる。ゴロンゴロンとよく転がる。そうかと思えば、手足背中を伸ばしてスリスリ。ワンコなんだよなぁ、大福も・・・(当たり前)。

スリ込み開始! むがぁー。 うぃーーん。

2009年8月8日(土) ■ 東京湾大華火祭 ■ 大福:生後2669日目 

今日の我が家の周辺は朝から何気に人出が多かった。しかも、いつもよりも笑顔の人が多い・・・。そう、今日は東京湾の花火大会の日なのである。幸いお天気も何とか持ちこたえてくれて東京湾周辺地区は花火が始まる夜の7時を待っている感じだった。

日中、お台場や芝浦方面を車で走ったら、花火のビューポイントなのであろうところは場所取りの人でいっぱい。そして、大福の散歩コースの辺りも車や人の通行止めになっていた。
夕方の散歩の頃には通行規制の影響で普段は空いてる晴海通りも渋滞になっていた。近所のコンビニも臨時出店を作って花火メニューを販売していた。浴衣姿の人もかなり多くなってきている。運河を進む屋形船もどんどん東京湾の入り江と向かっていく。東京湾の花火がこんなに皆から支持され盛り上がることを全然知らなかった。

ちなみに、我が家から花火が見えるかなと思ったが、悲しいかな全く見えなかった・・・。悔しい?ので有明のほうまで足を延ばして少しだけ東京湾の花火を見物。大福も一緒に行ったのだが、大きな音にも動じることなく、その視線は何気に花火を見ていたような・・・(気のせいではないと思う)。近くで花火を見ていた人たちが、大福が花火の音を気にしていないので驚いていた。仔犬の頃からアチコチへと連れ歩き、いろいろな音を聞かせてたことが役に立っているのだろうか。

アクビかよ。 もう少しの辛抱を・・・。 屋形船が来たので「ハイ、笑顔」。

2009年8月7日(金) ■ 恫喝 ■ 大福:生後2668日目 

売られた喧嘩は買うわよ・・・てな一幕ではない、別に。遊びたいのか、大福を嫌いなのか分からないが、会う度に大福にちょっかい出してくる柴ちゃん。5s台の小型ボディーなのに果敢にちょっかい出してくる。ちょっかい出しては、大福に恫喝?されるのに懲りずにまたチャレンジしてくる。このしつこさこそ幼犬の特権だと思ってお相手してあげれば?と思うのだが、ウンザリ気味にも、手を焼いてるようにも見えるなぁ・・・。

・・・。 喝! もしかして手を焼いてる?

2009年8月6日(木) ■ 健在、枝の舞 ■ 大福:生後2667日目 

暑い、蒸し暑い。散歩ですれ違う子たちも皆一様にクチを開けて舌を伸ばして「ハァハァ」言いながら歩いてる。すれ違いざまにチラッと大福を見ながらお互いに「暑いですねぇ・・・」と言っているように見えるのだが、気のせいだろうか。交差点で信号待ちしている時に大福と並んでしゃがんでみたら、地面の照り返しがキツイの何のって・・・。ちょっと地面に近いワンコ達には気の毒すぎる暑さ(熱さ)だぁ。もうちょっと考えてあげないとイカンな。

そんな暑さの中、久しぶりにMy枝にて「枝の舞」をご所望の大福さん。相変わらずの美技ぶり?を披露してくれたが、舞が終わって家に戻る時のハァハァ度はレッドゾーンだった。

正調『枝の舞』。 My 枝でござる。 舞終えての満足顔。

2009年8月5日(水) ■ 朝も早から ■ 大福:生後2666日目 

家庭内ジプシーの大福さん。寝る前に「おやすみ」の挨拶をした場所と朝起きて「おはよう」の挨拶をする場所とが同じだったことは一度もないと言っても良い。
今朝起きたら、薄日の中で昨日片付け忘れたオモチャと戯れの真っ最中だった。もしかして徹夜?んな訳ないのだろうが、いったい何時から起きて遊んでいたのだろうか?と大いに疑問。いつも新鮮な疑問を投げかけてくれる大福さんなのである。

昨日片付け忘れたオモチャだ。 早くから精が出ますなぁ。 はい、おはようさん。

2009年8月4日(火) ■ ピシッ! ■ 大福:生後2665日目 

用足しの後やお仕事の後に見かける後肢での見事なまでのツッパリのポーズ。ブツ本体はもちろんだが、その匂いをも消そうとでもしているのだろうか・・・。それにしても、この後肢の伸ばし具合、ストレッチでもしているようにも見えるのだが・・・。

ピシッ! ピ、ピシッ! シレェ〜。

2009年8月3日(月) ■ 涙腺崩壊月間 ■ 大福:生後2664日目 

困ったことに今月は「涙腺崩壊月間」となりそうである。あろうことか映画『ボルト』だけでなく『HACHI・約束の地』まで公開されるのだ。いい歳して映画館でボロ泣きしてる姿を晒すのは恥ずかしいだけでなく相当に醜いだろうから恐らく劇場には足を運ぶことはないだろう。しかし、テレビでは映画自体のCMだけでなく、いろいろなタイアップ商品のCMも流れ始めているので、CMが流れるたびに見入ってしまってウルウル。
そのうちDVDが発売されたら間違いなく買ってしまうことだろう。「見たい」という欲望よりも「所有したい」との欲望の強いから困ったものである。いわゆる典型的な収集癖なのだろうな・・・。

日本での公開やDVDの発売に際しては、映画終わりのクレジットロールで日本人歌手のタイアップ曲が間違いなく流れるんだろうなぁ・・・。版権元も売りっ放しじゃなく作品に対する責任というか愛情みたいなものをもっと持てないのかねぇ。フジテレビ主導型の『HACHI・約束の地』はともかく、天下の?ディズニーも『ボルト』を加工させてしまうのだろうか?興味大である。

石川島播磨の影がいっぱいの散歩道。 オブジェもたくさんの散歩道。 ゆりかもめ線を目指す散歩道。

2009年8月2日(日) ■ 毛皮 ■ 大福:生後2663日目 

昨日に比べると今日はだいぶ蒸し蒸ししてて暑い。朝の散歩で久しぶりにワンコ軍団と遭遇したが、短毛種のワンコ達は見た目的にはフカフカ毛の大福に比べるとだいぶ涼しそうに見えるが実際のところどうなのだろう。毛が短いから皮膚に太陽光線が直にあたる・・・とも考えられる。逆に、大福なんかは皮膚に太陽光線が直に当たるなんてことはまずないのだが、多量の毛によって通気が悪いのも事実。まさに一長一短である。
ただ皆に言えることは、誰も毛皮を脱いだことがないから、その時の感じを知らないってことだ。やはりワンコ達は与えられた目の前の現実を素直に受け入れて生活していると言うところに行き着くいてしまう。アンタ達は文句ばっかりの人間に比べると断然偉いなぁ・・・脱帽。

来ちゃったねぇ。 少し走ってあげれば? 飛び入りのフレブル。ガッちゃんにあらず。

2009年8月1日(土) ■ 夏本番 ■ 大福:生後2662日目

今日はシャンプーの日。天気予報では日中は雨降りとかだったが、シャンプー前にガッちゃんとひとっ走りした頃は雨どころかかなりの暑さ。いよいよ雨女本格的に返上か?

今日も旧地に出向いてシャンプーしてもらったが、大福がシャンプーしてもらっているのは町内に一軒しかない動物病院だ。一軒しかないからなのかどうか分からないが、この病院は明らかに他の地区の病院に比べて診察・治療に来ているワンコが多い。商業という観点からすれば繁盛していて何よりなのだろうが、病院に来なければいけないワンコが多いという点で考えるとちょっと複雑である。
いつも混んでるこの病院でシャンプーしてもらってる最大の理由は何と言ってもシャンプーに併せて獣医師のチェックがあると言うこと。これは大変ありがたいことで、ジメジメしているこの時期、皮膚の状態なども見てもらえる。場合によっては、診察・薬の処方などもしてもらえるからありがたいことこの上ない。

今日から8月。いよいよ本格的な夏ということだが、亜熱帯のような気候になってしまった日本。大福もそうだが、世のワンコ達も無事に夏をクリアできるよう願いたい。

暑いから無理しないでよ。 ガッちゃんの逆襲? 通り過ぎた・・・。


福と大福の間TOPに戻る