2009年9月の最初へ↓
2009年9月30日(水) ■ カッパ日 ■ 大福:生後2722日目 

昨日は持ち歩いているだけだったが今朝はけっこうな雨足でついにカッパが登場。9月にカッパを着たのは今日が初めてなのでは?と言うぐらいこの頃は雨が降らなかった。秋の長雨なんて言葉も今の異常天候にあっては死語となってしまうのかもしれない。

雨が降ろうが大福にはあまり関係ないみたいで、ボール遊びや走り回りをするのはいつもと一緒。唯一違うのは、雨降りの日はお仕事ポイントを決められず翌日に持ち越し・・・なんてことも多々あったりする。今朝も匂い嗅ぎこそ熱心だったがお気に召すポイントはなかったようでお仕事はパスだった。

雨でもやるの? 追いかければ良いのね? 隠れ見ている・・・のだと思う、たぶん。

2009年9月29日(火) ■ お湿りの功罪 ■ 大福:生後2721日目 

久しぶりに雨降りの中の散歩になるかと長靴履いてカッパの用意をして出かけたが見事に膝カックン。雨はほんの少しの湿り気を与えただけで地面を濡らした程度。大福は、カッパも着せず腹当てもせずにいつも通りの姿で朝の散歩を消化したので見た目の違和感はないのだが問題は飼い主のほう。雨も降ってない上に地面もさほど濡れていないのにお間抜けにも長靴姿ときたもんだ・・・。しかし、朝の散歩を終えて築地市場まで行ったのだが、そこでは長靴姿が見事に市場にマッチして違和感などどこ吹く風。同じ格好でも場所によってずいぶん印象が違うものだなと今更ながら納得。ちょっとしたお湿りの功罪であった。

雨の匂い。 同じ緑なのに締まって見えるような。 オヤツ頂戴ビーム。

2009年9月28日(月) ■ 味覚 ■ 大福:生後2720日目 

ワンコ関連の本には「犬には味覚がない」とか書かれてるものが多い。味覚に限らず、視覚、聴力、臭覚などについてもいろいろ書かれているが、その根拠となる部分に関しては何一つ書かれていない。よって「どうなのよ?」とにわかに信じがたくなってしまったり。

さて、その味覚だが、大福を見ていると、とても味覚がないとは思えない。まともなワンコの飼い主さんから見れば言語道断だと思うが、大福には人間が食べる食材を与えている。この際、その善し悪しはともかくとして言うのであれば、間違いなく味覚はあると言って良いと思う。特に「甘み」については相当にあるように思える(和菓子、洋菓子が好きだからねぇ・・・)。

ある犬名人が拾い食いや食糞をするワンコについて、その原因は「普段、美味しいものを食べさせていないから」とバッサリ切ったの覚えている。ずいぶん極端な言い方だことと思ったが、この頃は「正論かも」と思うようになった。人間の場合でも一緒だと思うのである。舌が肥えるという言葉すらあるぐらいだもんね。

パンくず(鳥に与えるのかな)チェックしてみる? どう? 要らんわなぁ・・・。

2009年9月27日(日) ■ サイズ差 ■ 大福:生後2719日目 

今朝会った黒柴くんは2才ぐらいらしい(名前失念)。でも、見るからに大福よりも相当大きい。男の女の子という違い以上に大きさに差がある。飼い主さんに「15kgありますか?」と尋ねたら、「17kgあるんですよぉ」と。ううむぅ、そこまで大きいか・・・。
黒柴くん、元気いっぱいでさかんに大福と遊びたがってるが大丈夫だろうか?との心配をよそに2人は遊び始めてしまった(と言うよりも黒柴くんが大福を誘ってるのだが)。見ててすぐに大丈夫そうな予感がする。大福、けっこう教育的指導してるし、黒柴くんも言うこと聞いているようなのでまず大丈夫かな。怖いのはロングリードが足に巻き付かないかなと言うことぐらいか。
軽ーく走り回って、ハイお開きとなったが、この2人に限らずワンコ達にとってサイズ差(体格差)ってのはあまり関係ないようである。

大きくないかい? やはり大きいと思うが・・・。 でも、関係ないみたいだ(汗)。

2009年9月26日(土) ■ 好きな場所 ■ 大福:生後2718日目 

先週、横浜の帰りに第三京浜を使って環八側から田園調布を経由して帰ってきたのだが、大福が大好きなカフェには立ち寄らなかった。ワンコの土地に対しての認識度には驚くべきものがある。自分に関係する場所に近づくと今まで眠っていたのにスクッと身を起こし窓の外の景色を見始めたりする。先週の大福も同様に窓から外を見て「フフッ、ここネ(と、ニンマリしたかどうかは不明)」みたいな感じだったが立ち寄らず通り過ぎたのでちょっと怪訝な顔をしていた。

リベンジというわけではないのだが、お気に入りのカフェに行ってきた。大福が好きなお店であることは、駐車場からお店に行くまでの引っ張り具合で分かる。お店に入ったのが昼時だったのでオープンスタイルの厨房に近い席は空いていなかったが、オネエサンが「厨犬」大福を気遣って?厨房が一望できる席を用意してくれて着座。あとは、いつものようにHACHIとは違う意味での「ちゅうけん」ぶりを発揮していた。

普段の生活の中で一番真剣な顔。 腰も浮いてしまうほど。 試作モニターのオヤツもご相伴に。

2009年9月25日(金) ■ 夕方の台場 ■ 大福:生後2717日目 

夕方の散歩は台場へ。すっかり静かになった湾岸署を横目に見て船の科学館を通り過ぎる。チラッと東京湾の水面を見ると夕陽を浴びてピッカピカ。日中けっこう暑かったので海風が妙に気持ち良い。大福とフラフラ歩いてたら、見たことあるような風景に遭遇。ん?バリ島?そう何となくバリ島の景色に似ているのである。懐かしいなぁ。大福が我が家に来てくれてから全く海外旅行とは縁がない。そう旅の記録(記憶)は、2002年でピッタリと止まっているのである。淋しい気もするが、大福を迎えた代償と考えればどうってことはないかな。
なんてことなど考えながら、記憶の中のバリ島を思い描いた夕方の台場散歩であった。

バリ島みたい。 木製の橋もバリ島ぽい。 次回は入るわな・・・。

2009年9月24日(木) ■ 命綱 ■ 大福:生後2716日目

余所の柴blogのコメント欄に「大福ちゃんはいつもノーリードで大丈夫・・・」なんて書かれていて大慌て。嫌みではなくお褒めいただてるようなのだが、どんなに立派な持論を仮に持っていようが、オフリードなんか良いはずない。だから、オフリードを推奨をする気など全くないし、お叱りを受ければ謝るしかない。ただ、その後を改めるかどうかは別問題となるのだが・・・(開き直りではないつもりのだが・・・)。

オフリードは推奨しないが、少しだけ別次元の話を。よく「リードは命綱」という言葉を用いられるが、この「命綱」ってのは、リードを着けてないとどこかにすっ飛んで行ってしまうので安全でない。だから命綱としてリードを着ける・・・との図式の場合が多い。
しかし、本当は、仮に(仮にです)リード着けてなくても、どこかにすっ飛んで行ってしまうことなどない・・・が前提となって、更に安全を確保するためにリードを着ける。と言うのが正しい命綱としての役目であることは言うまでもない。もちろん、だからオフリードにしても良いとはならないのだが・・・。

その距離、10mぐらいかなぁ。 5m以内には近づいてきてるな。 ほぼ2m以内。到達時間おおよそ0.5秒ってところか。

2009年9月23日(水) ■ 連休楽日 ■ 大福:生後2715日目 

シルバーウィーク(どうなの?このネーミングは・・・)最終日の今日は、妻母(義理母上様)も一緒に芝浦のカフェでランチ。開店早々に入店したので好きなテーブルを確保できてヨシヨシ。休みの日だけにすぐに席は満席状態。連休中てのはけっこうお休みの店も多かったりでランチ難民が多いのかも。

かくして5連休は終わったのだが、連休中の大福はけっこうお忙氏だっった。初日こそ地元で過ごしたものの(とは言ってもけっこうハードな走り回りをしたのだが)、翌日曜は横浜へ。月曜は、旧地で旧交を深めて海を走って更にシャンプー。昨日火曜は、柴パラ部隊女子組と対面してアドレナリンを大量分泌。そして、今日も少しだったがお出かけ・・・。

さぁ、明日からは平穏な生活に戻りますよ。ゆっくり休んで下さいな。お疲れ様でした。

大福が食べられないモノばかり・・・。 毎度お馴染みの触れ合いタイム。 陽射しも特に強くなく心地良い。

2009年9月22日(火) ■ 熱烈的歓迎? ■ 大福:生後2714日目 

ららぽーと豊洲まで『柴犬パラダイスへようこそ!』の女子組、萌ちゃんと美月ちゃん母娘がやって来てくれた。前回は(2009年5月31日分参照)男子組だったので今回は女子組での来訪。

もちろん大歓迎なのだが、母親の萌ちゃんとは女同士でも普通に接する大福だが、同い年の美月ちゃんとはどうも相性が悪いようで会う度にお互いガウガウとやりあってしまう。今回も最初のコンタクトから美月ちゃんは警戒モードに突中。その後は2度ほどお互いに怖い顔してやり合っていた(ちょい汗)。まぁ、人間社会でも特に理由もないのに「虫が好かない」ってこともあるし、大福が毎回やり合うのだからよっぽど相性が悪いのだろう。であれば、無理して仲良くさせる必要もないので、それはそれで飼い主が認識しておけば良いと言うことだろう。
とは言え、終始やり合っているわけでもなく、一緒に並んで歩いたりもするし、食事の時はお互いに静かに座ったり寝そべったりしているしで2人の真意なるものは全く分からない。女心と秋の空ってところだろうか。

短い時間だったが、わざわざ尋ねてきてくれた柴パラ部隊には感謝でいっぱい。しかも、美味しいお土産までいただいてしまい申し訳ない気持ちもいっぱい。どうかこれに懲りずにまたお運び下さいませ<(_ _)>

最初から警戒モードの美月ちゃん。見守る萌ちゃん。 はい、予想通り始まりました。そして、見守る萌ちゃん。 すぐに一件落着・・・なの?

2009年9月21日(月) ■ 旧交親睦 ■ 大福:生後2713日目 

今日はシャンプーの日で旧地に参上。ガッちゃんが3年ぶりに帰国した同期ワンコのアンディくんに会えるようアレンジしてくれた。約束の花時計に行ってみると、いたいたアンディくんが。そして、何と同じく同期ワンコのラン丸くんまで一緒にいて一気に懐かしモードに突入。いやぁ、ホント懐かしい。人間達は懐かしモードに浸っていたが、大福やアンディくん、ラン丸くんはどんな感じで再会したのだろうか。見てる限りでは別に感動の再会って感じでもなかったが・・・。

懐かしモード終了後は、ガッちゃんと一緒に2駅向こうにある海岸まで繰り出してみた。連休で混雑してるかと思いきや、人出もそんなに多くなく砂浜の端っこを占領して走り回り開始。曇り空で暑くもなかったので2人とも大元気で砂浜走り満喫していた様子だった。

再会懐かしモードに海走りと充実のシャンプー前時間を消化できたのもガッちゃんのお陰。ありがとうね。ガッちゃん、アンディくん、ラン丸くん、そして大福。4人合わせると30才。時の流れを否応なしに感じさせられるが、時の流れの速さに比例しないようなワンコ達のスローライフな生き方からいつも何かを投げかけられているように思う私めなのでした。

3年以上のご無沙汰。 ブランクはアリやナシや? 変わらずの散歩バッグを覗き見跳躍。
オヤツ待ちポーズも変わらず。 曇りで海も暑くない。 ガッちゃんも嬉しそう。
塩水度チェック? 砂浜走り。 ヤル気走り。
穴掘り開始。 ミストシャワーを通り抜ける。 『花姫号』に変身?

2009年9月20日(日) ■ プチ横浜 ■ 大福:生後2712日目 

混んでる時に出かけるのは我が家的にはあまりないのだが今日は珍しく横浜までランチ。案の定、横浜の町は大混雑。元町、中華街、山下公園、赤レンガ倉庫など観光スポットは大混雑で駐車場に入るのも相当時間がかかる様子。我が家は、チャチャっと横浜の気配だけ満喫して戻ってきたので混雑に巻き込まれることもなかったが、世のお父さん達は家族サービスのこの連休中のほうがお勤めの日よりも疲労度が高いのでは?と要らぬ心配まで。

横浜はどこも人だかり。 赤レンガ倉庫も近づけず。 横浜でも営業中。

2009年9月19日(土) ■ 朝から忙しの巻 ■ 大福:生後2711日目 

シルバーウィークと言うらしい、この5連休のことを・・・。そのシルバーウィーク初日は朝から大忙し。朝の散歩早々に柴後輩のソラちゃんとボーダー後輩のチャールズくんとバッタリ。最初こそ静かにお互いに匂い嗅ぎ挨拶を交わしていたが、誰がきっかけを作ったかは定かではないがすぐに走り回り開始。しかも今日の走り場は、かなり急斜面と来てるから疲労度も高いはず。後輩ワンコは、2才と1才にも満たない元気な2人。なのに大福は2人に追いかけさせるという無謀?パターン。
いつまでも昔のイメージで走り回りをさせるのもどうかと思う反面、本人が走ろうとするなら止める必要もないだろうと今のところは楽観的に。それが良いのか悪いのか、今の時点では判断できない。

おはようさん。 ちょっかい開始。 走り回りに発展。
もちろん、追いかけられるパターン。 逆襲もあり。 フェイントかけて逃げ回る。

2009年9月18日(金) ■ 静かな空 ■ 大福:生後2710日目 

ここのところ上空を旋回するヘリコプターが多かったのだが、そのピークだったのは昨日の夕方。そう、湾岸署から酒井法子が保釈されての車を追跡するヘリコプターである。昨日は夕方前から何台ものヘリコプターが旋回してたようでうるさいのなんのって。

一日明けて今日の空はどんよりと曇っていたが、ヘリコプターの音も全くせずに久しぶりに穏やか。静かな空がこんなにありがたいとは、いかに昨日までうるさかったか分かるというもの。そんな静かな空に加えて、今日は涼しくて散歩が楽なこと楽なこと。この頃の涼しさのせいで大福と遊ぶ時間もだいぶ長くなってきたように思える。陽も短くなってきたし、いよいよ秋突入か。

行き過ぎて・・・。 慌てて戻って・・・。 確保っ!

2009年9月17日(木) ■ 秋爆走 ■ 大福:生後2709日目 

昨日にも勝る秋気配の朝。大福もこの涼しさは気持ち良いのであろう。秋の気配の匂い嗅ぎも念入りではあるが、何よりも体がウズウズでもしてるのか、すぐに走りたいモードにギアが入るようである。少しでも目が合うと「走るぅ?」てな顔をして身構えてスタンバイ。何度も目が合うので覚悟を決めてお付き合い開始。友達ワンコとする追いかけられ走り同様に、木や植え込みの間をフェイントかけながら縦横無尽に走り抜ける大福だが、飼い主はそうそう走れないっつうの・・・。すぐにヘバヘバになって息が上がる飼い主をよそに大福は元気いっぱい、まさに怒濤のように一人走りを続けていた。

はいはい、やるんですね・・・。 では、いきますよ。 走りまくり。
気持ちも体も弾む。 元気すぎ・・・。 催促な目されてもねぇ・・・。

2009年9月16日(水) ■ 秋朝風景 ■ 大福:生後2708日目 

日中は少しばかり暑さが戻った感じもしたが、これはここ数日が過ごしやすかったので体が甘えん坊になっている証拠だろう。
朝の散歩は、まさに「これぞ、秋ぃー」という感じの空に海の色、そして芝生の緑とが見事な三層ハーモニーを作ってくれていて深呼吸が気持ち良かった。大福も間違いなく鼻を上に向けて秋の空気を味わっているように見えたが、よもや、美味しい食べ物のイイ匂いでもしてたのではないだろうな・・・。

秋を感じてるのか? んな訳ないわな。 オヤツにするか。

2009年9月15日(火) ■ お初公園 ■ 大福:生後2707日目 

何ヶ月も前から目をつけてた新しい公園。毎朝通る度にボチボチかなと思っていたが、反対車線え高速道路高架横なので今イチ確認できずにいた。先日、近くまで行ったらどうやらほとんど完成した様子。まだ完成のお披露目はしていないようだが、毎度お馴染みのフライングで大福共々参上してきた。広さはなかなかでお披露目後に仮に中に入れないとしても公園周辺だけでもじゅうぶんに散歩に耐えうる感じ。
せっかく?なので軽くひと遊び。誰もいないので、久しぶりに大きなボールを出しての遊びに大福は思い切り追い駆け回ってゼイゼイになっていた。クチを大きく開けっぱなしで追いかけ回るから喉も渇くようである。

ボールと睨めっこ。 ヤル気上々。 追いかける後ろ姿も元気元気。
顔面ドリブル。 咥えられないと思うのだが・・・。 満足顔と言って良いと思う。

2009年9月14日(月) ■ 当たり前に感謝 ■ 大福:生後2706日目 

思えば、この地に移り来てまだ半年も経っていなんだなぁと急に思う。なのに大福は、すっかり住むところにも慣れ、アパートの玄関口から入ればエレベータのところまでスタスタ。エレベータを降りたら家のほうに迷わず歩を進める。
散歩も一緒。玄関口を出て左に行けばどこに行くのか、右に行けばどこに行くのか、ちゃんと理解している。この順応性を当たり前と言ってしまえばそれまでなのだが、飼い主の都合で住むところが変わっても文句一つ言わないで一緒に生活してくれる。この当たり前にこそ実は感謝すべきなのかも。

いいよ、上がって。 ヒョイっと。 無事着地。

2009年9月13日(日) ■ ワンコ社会 ■ 大福:生後2705日目 

どこの地域に限らず、朝夕とだいたい決まった時間や場所で散歩を消化していると自然に顔見知りになるワンコと飼い主さんの数が増えてくる。飼い主さんの社会的な名前には全く関与することはなく、最低限覚えるのがワンコの名前。最低限と言ったものの、ワンコの名前と顔や姿や犬種が認識できれば、それだけでじゅうぶん成り立つのがワンコ関連の社会である。
しかし、それはあくまでも人間側(飼い主としての)の言いぐさであるが、ワンコ同士はいったいどのような感じでワンコ社会を成り立たせているのだろう?・・・と考えるとかなり不思議な気がしてくる。あの犬種はちょっとパスだなぁ・・・とか、チッ!あいつまたいるわ・・・なんて思ったりしてないんだろうか。柴犬達は、洋犬達のことを「外国犬」とは思ったりはしてないわな、まず。・・・でも、不思議益々。

・・・ ・・・。 うわぁ、来たぁ! アタフタ(汗)。

2009年9月12日(土) ■ 四季 ■ 大福:生後2704日目 

だいぶ涼しくなってきてこれはどうやら秋になったと言って良いのだろう。ここ数年、9月はまだまだ真夏な印象があるほど暑かったし、10月になっても「まだ暑いな」の印象が強かった。日本の季節の崩壊か?などと大袈裟に思ったりもしたが、今年の9月の涼しさは昔の日本の四季に戻った感じがする。昔は、極端に分ければ、3月〜5月が春、6月〜8月が夏、9月〜11月が秋、12月〜1月が冬・・・とだいたい四季が3ヶ月区切りで存在していたような記憶があった。それが数年前から崩れてきて春と秋が極端に短くなった感があったが、今年はまた秋の期間が長いのかもしれない・・・だとすれば嬉しいのだが。

秋になると、葉っぱや枝の生え替わりがあるので、葉っぱ&枝フェチの大福にとっては楽しい散歩となる。それに涼しさも加われば楽しさと元気さも倍増となろうだろう。どこか遠出でもしてあげたくなってしまうなぁ。

まずは咥える。 真ん中あたりを咥える。 短くなっても真ん中。

2009年9月11日(金) ■ 偉大なるワンパターン ■ 大福:生後2703日目 

今日もシャンプー終了後に、ガッちゃんに声をかけてお付き合いしてもらった。引っ越したらなかなか会えないかなと思っていたが、月のうち3度ほどは会っているので考えようによっては、近くにいる時よりも会っている可能性もある。近くに住んでいても平気で1ヶ月、3ヶ月、半年、場合によっては、1年近く会わない友達ワンコもいたからなぁ。

それにしても、この2人の遊びのパターンは、もう何年も同じ。大福が持っているボールをガッちゃんが奪おうと頑張る・・・のパターンがひたすら続いている。今日の写真を見ても、数年前の写真と何ら変わりない。まさに「偉大なるワンパターン」と言えよう。永遠に続け、ワンパターン。

どうする?ガッちゃん。 間合いを計って・・・。 取りに行くぅ!

2009年9月10日(木) ■ 大福名刺 ■ 大福:生後2702日目 

大福の名刺を作ろうかなどと今更ながらハタと思ったり。友人デザイナーが忙しい中、時間を割いてくれてラフデザインを仕上げてくれた。持つべきものは友とはよく言ったもので、私めの趣味や好みをよく理解してくれていてビックリ。使ってくれた大福の画像は本番では違うものなるかもとのことだが、ラフの段階でもうほとんど仕上がりのレベルに達しているのでは?

自分では考えもつかないパターンだなぁ。 意外中の意外のイラストパターン。

デザインなんてのはデザイナーの思惑と受け手の思惑が一致することはまずないと言って良いだろう。双方が両側から歩み寄って接点(妥協点と言うべき時も)を見つけて初めて作品として成立する。一番最初にラフ案見せてもらった時に「甲乙つけがたい」なら大ラッキーだが、多くの場合は「乙丙つけがたい」なんてことに(ヒドイ時は、丙丁つけがたい・・・なんてことも)。
しかし、今回は嬉しいことにまさに甲乙つけがたい案があがってきた。この中から1点だけ選んで本制作となるのだろうが、こりゃぁ決定までにまだまだ時間がかかるかもしれないぞ。困った、困った。
それにしても、仕事でデザインを依頼したらとんでもない金額になるのに、実にもならないデザインを仕上げてくれたデザイナー@友に多大なる感謝。本当ににありがとう<(_ _)>

これは、私めの好みをズバッとエグってくれたパターン。 これも素人には思いつかないパターン。 お洒落すぎな感じなのでは?

2009年9月9日(水) ■ プチ軽井沢 ■ 大福:生後2701日目 

今日は都内もだいぶ涼しいので比較にならないが、更に涼しいであろうとプチ軽井沢を決行。今回は、誕生日を間近に控えた妻母(義理母上様)も一緒。8時過ぎに家を出て、9時半頃に義理母上様と合流していざ軽井沢へ。あれよと言う間に11時前には軽井沢に到着。まだ昼食には早いので北軽井沢方面に。町の中に表示されてる温度は、18度。どうなの?この数字は。軽井沢が涼しいのか全国的に涼しいのか不明。しかし、長袖でもちょうど良い涼しさはありがたい。

北軽井沢は軽井沢町中よりももっと涼しい。スキー場でリフトに乗って上に行くと一気に秋の空気の匂いがした。そしてコスモスがビッシリ。大福も視界が広くなって大はしゃぎで大爆走。やはり自然ってのは大福にとって何よりの好物なんだなぁと考えてしまう。本当なら、下りはスキー場斜面を歩いて下りるところなのだが、ちょっと前にギックリ腰をやっているのと義理母上様も一緒なので下りもリフトにて。
軽井沢に戻る途中で『白糸の滝』に寄り道。こちらも駐車場から近いということでお立ち寄り。名所中の名所らしく、平日なのにそこそこの人出。でも、大福はそんなこと関係ないようで、勝手に水の中にワシワシ。おいおい、誰も水になんか入っていないぞと、まさに滝汗。

旧軽井沢もけっこうな人出。その人出の何割ぐらいが、何台もの自転車を歩道で立ち止め、耳が悪いのか?と思うほどの大声で話しまくる鬱陶しい中国人団体観光客なのかは不明。気を取り直して昼食は蕎麦に決定。そして軽井沢銀座でお土産などを軽くゲット。本当は、もう少し欲張って回りたいところもあったのだが、途中から腰の調子が少し良くない感じだったので今回も早戻り。5時半ぐらいには都内に着いていた。
そうそう、軽井沢観光協会?のWEBで見ることができるライブカメラ映像。カメラの位置が分かっていたので、軽井沢銀座でアホ丸出しで映ってみた。Googleのストリートビューなんかもプライバシーの問題になっているようだが、どうなのかね?まぁ、映っちゃマズイ人もいたりするんだろうけど・・・。

と言うわけで、今回も無事にプチ軽井沢は終了したのであった。

リフトに乗って。 コスモスがいっぱい。 定番の記念撮影。
お仕事? コスモス走り。 気持ち良いねぇ。
下りなくても良いと思う・・・。 白糸の滝に入っている人はいないぞ。 お元気な義理母上様と。
今日の昼は蕎麦。 やっと買ったぞ!『むしり』。 ライブ映像に映ってみる。

2009年9月8日(火) ■ 若い芽 ■ 大福:生後2700日目 

家の前やエレベータでよく会うチチワくん。シャイなのか臆病なのか大福の姿を見ただけで逃げ腰でその場を去ってしまう。エレベータの中でも決して大福を見ようとはしない(抱かれてるから見えないのかもしれないけど)。そんなチワワくん、今朝も外でチラッと会ったらいつもと同じように逃げ腰モード。飼い主さんも「余所のワンコと仲良くできれば嬉しいんですけどねぇ。全くダメで・・・」とお嘆きモード。と、思いきや、自分から大福のほうに近づいてきて大福の鼻の匂いをクンクン。これには飼い主さんがビックリ。「こんなこと初めてですぅ」って。ちょっとはお役に立てたかも。

その足でいつもの広場に行ったら、訳あって先月末から新しい飼い主さんに迎えられた生後11ヶ月のボーダーコリーのチャールズくんとバッタリ。もちろん、その姿をいち早く発見したのは大福。相手がボーダーコリーと来れば、その後は言うまでもなく走り回り。
チワワくんにしろボーダーコリーくんにしろ、大福なりの「若い芽」達への応対のようである。

誰か見つけたね? 1才に満たないチャールズくん。 こうなりますわな・・・。

2009年9月7日(月) ■ フリスビー遊び ■ 大福:生後2699日目 

大福はフリスビーで遊ぶのが大好きだ。フリスビーで遊んでると「柴犬でフリスビーは珍しいですよね?」とか言われることもけっこう多い。うむ、確かに多くはないのかもと一瞬思うが、柴雑誌を立ち読みしてみると全くいないわけでもないから、まぁ、犬種の特性よりも個体の特性となのだろう。

フリスビー遊びと行っても大福が使うフリスビーはハードタイプではなくソフトタイプのモノ。競技に出るわけでもないし、ハードタイプは頭に当たったら痛いだろうから使わない。それに大福は仔犬の頃からソフトタイプで遊んでいたのでずっとソフトのまんま。朝夕だいぶ涼しくなったので、フリスビーで遊ぶことも多くなることだろう。ちなみに、大福にとっては、フリスビーも「ボール」として認識しているようである。

まずは地面での追いかけ練習。 皿の縁をちゃんと咥えてるな。 持ってくるのもOK。

2009年9月6日(日) ■ 独り占めの朝 ■ 大福:生後2698日目 

お休みの日で皆、寝坊でもしているのか、今朝の散歩は見事なまでに誰一人おらずに、完全に独り占め状態での散歩。あまりに伸び伸びとした環境でお腹の調子も良いのか、今朝のお仕事は立派すぎるほどの出来映え。このまま何とか秋に突入できるのでは?と甘く考えてしまいそうなほど気持ち良い朝だった。

海も秋の匂いでもするのか? いやぁー、独り占めですな。 気持ち良いねぇ。

2009年9月5日(土) ■ 姉御黒柴 ■ 大福:生後2697日目 

同じマンションの別棟に住む黒柴のトマトちゃんは、年が明けるとすぐに15才。飼い主さん曰く「だいぶ歳をとった」となるが、それは仔犬時代から成犬、そしてシニアへといつも変わらず見つめているからの感想。私めにしてみれば、14才の今も自分の足でちゃんと歩いて散歩したりしているのだから「スゴイ」となってしまう(足取りもなかなかの健脚だし)。
ワンコの年齢確認などの情報?はお尻の匂いから判断とか言われるが、であれば大福もトマトちゃん情報はしっかり把握しているのだろう。ちゃんと一目置いて敬意をはらっているように見えるから。これからも。ずっと元気で姉御柴でいてあげてくださいな、トマトちゃん。

間違いなく一目置いている大福。 トマトちゃんはヤキモチも妬かず。 萎縮気味?の記念写真。

2009年9月4日(金) ■ ガンダム・チェック ■ 大福:生後2696日目

いよいよ秋で良いんですね?と空に向かって質問したくなるぐらい朝夕は涼しくなってきた。夏休みも終わって、ガンダムは解体が始まったかなどと思ったら、ちょっと気になってお台場の潮風公園までチェックに行ってしまった。しかし、ガンダムはいまだ健在で見物人もけっこういた。数ある飲食ブースも立ち入り禁止枠で括られてはいたが、まだブース自体は健在。工事車両も入っていたが、会場の足場の撤去を始めた程度だった。解体途中のガンダムを見たいのだが・・・。

台場から築地方面にウロウロ車を走らせて、とあるお店の前に停車。残念ながら看板柴犬はいなかったが、その代わりに強力な看板が立てかけられていた。その看板には「犬に顔や手を近づけないで下さい。大変にキケンです」と・・・。小柄で見た目には可愛らしい柴なんだけどね・・・。

てな感じの9月のある日でした。

ガンダム、まだ健在。 解体はいつなのか? 強力な注意書き(滝汗)。

2009年9月3日(木) ■ 柴と韓流 ■ 大福:生後2695日目 

ついついネットで見てしまうのは圧倒的に柴族のサイト。これはどの犬種の飼い主さんもきっと一緒で自分と同じ犬種のサイトを見てしまうに違いない。
柴族のサイトを見ていて気づいたのが、けっこう韓国ドラマや韓国音楽のことを書いている飼い主さんがいるってこと。柴族に韓流が席巻しているのか、それとも韓流の裾の広がり度なのかは定かではない。

と言うことで、ちょっとばかり韓流関連のことを。儲かるのかどうか分からないが、韓国ドラマってだけで古い駄作まで買い付けてBSデジタル辺りで放送されている韓国ドラマは相変わらず多い。そのせいだけでもないのだろうが、この頃、あまり当たりな韓国ドラマに出会っていなかった。
ところが、久々に超ド級で面白かったのが『風の絵師』という時代劇ドラマ。全20話と短いのもなかなか良い(20話で短いと思ってしまう当たりがもう韓国ドラマに冒されてる証拠なのだが)。私めの好きな時代劇ドラマのかなりの上位に位置することはまず確実。時代背景が先月からNHK-BS2で始まった『イ・サン』と全く同じなので、当然登場する王様は正租(チョンジョ)イ・サンで同じ。2つのドラマをシンクロさせて見ると面白さは倍増以上かも。

しかし、NHK-BS2の『イ・サン』は日本語吹替えと来ているので、面白さは半減よりももっとヒドイ。早くの字幕版リリースが待たれるところだが、大福と違って「待て」ができないアホ飼い主。気が急いて字幕版全77話を関連知人を通じて用意してもらう始末。ギャグバイオレンスドラマと化した『24』と合わせて、この秋の夜長の生活パターンは早くも決定なり。

秋な感じなのかなぁ・・・。 秋の水面って感じ? 秋の大あくびかよ。

2009年9月2日(水) ■ 秋・・・なの? ■ 大福:生後2694日目 

あらら、うって変わってずいぶん涼しくなったこと。まさか、このまま秋ってことはないよね?罠だよね、きっと・・・。
でも、朝の散歩など半袖では涼しいどころか少しばかり寒い感じがする。家の前の広場も先週まではセミの声がミンミンと鳴っていたのに、昨日の夕方頃から秋の虫の音が聞こえる(たぶん、鈴虫かと)。
秋だなぁ、なんて思いながら歩いていたら、広場を横切るコオロギを発見。どうか、大福が気づきませんように・・・と願ったのも空しく、大福は跳びはねるコオロギを目ざとく発見。急速で近づいて行き、コオロギが跳ねるのに合わせて顔を上げたり下げたり・・・。コオロギに害を与えるようなことはしてなかったけど、コオロギとしては大きな顔が間近に近づいてきて生きた心地もしなかったことだろうに・・・。お気の毒・・・。と言うわけで、秋の気配を感じる一幕でありました。

気づいちゃったかぁ・・・。 近すぎ!歯出さなくてイイと思うよ。 踏まなくても良いから!

2009年9月1日(火) ■ 地回りポイント ■ 大福:生後2693日目

昨日シャンプーで旧地に行って、ガッちゃんチにもお邪魔してから家に戻る前に久しぶりに町内の美容室にご挨拶(実は、仕事の邪魔をしに行ってるだけなのだが・・・)。車から降ろしたら何の迷いも見せずにスタスタとお店のドアのところへ。大福に気づいて店長さんが出てきてくれただけでなく、他のスタッフの皆さんも大勢わざわざ大福のところに来てくれた。もちろん、大福は大歓迎で「はい、どうぞ。触ってください」状態。皆さん、ちゃんと大福のことを今でも可愛がってくれるもんねぇ。ありがたいよねぇ、大福。これからも、あまり邪魔にならない程度にご挨拶したいものだね(迷惑だろうけど)。

あっ、出てきてくれた。 皆んな、出てきてくれたね。 いっぱい触ってもらって良かった、良かった。


福と大福の間TOPに戻る