2009年11月の最初へ↓
2009年11月30日(月) ■ 伸びる人、縮む人 ■ 大福:生後2783日目 

急な冬らしい寒さに喜び勇んで体を伸ばして走る大福と寒さに体を縮ませる飼い主の私めである。これぞまさに「温度差」。この凸凹な温度差で明日からの師走に突入するのである。それにしても、大福のこの元気ぶりにはただ舌を巻くだけ。やっぱり暑い季節より寒い季節のほうが好きなんだわな。どうぞ、お手柔らかに。

元気そうだねぇ。 障害物?もくぐり抜け。 目一杯、体伸ばして激走り。

2009年11月29日(日) ■ 休日寝姿 ■ 大福:生後2782日目 

今日は特にお出かけもなく大福は家で休息日。一見退屈そうに見える一連の姿こそが実は一番幸せだったりすのかもしれない。大福との付き合いも長いのにいまだにそんなことも分かってないのである。ワンコ道、柴道、大福道、飼い主道、どれも深くてピンポイントでの正解などないと言うことなのだろう。手探りで模索しながらの付き合いがこれからもずっと続くことだろう。居眠りしている姿からも、いろいろなことを投げかけてくるその存在感に脱帽。肝に銘じてお世話させていただきます<(_ _)>

いつの間にか・・・。 お鼻を隠して・・・。 手を組んで・・・。

2009年11月28日(土) ■ 慣れた手つきで ■ 大福:生後2781日目 

今日もまずは暖かな朝。いいのかな、こんなに暖かで。散歩には楽で良いのだが・・・。
平日よりもちょっと遅めに朝の散歩の出でたら、久しぶりに後輩柴のソラちゃんとバッタリ。久しぶりな感覚は飼い主だけのようで、出会った2人は特に懐かしがるでもなく早速、ウォーミングアップと言うか何と言うか。大福は、いつものように足を狙って潜るような形でジャレ合い開始。ソラちゃんも柴族だから当然同じような動きになるから面白いのだが、大福はとにかく手を使うのが目立つのだが、余所の柴族はどうなんだろうか?

バーン。 ベシッ! やっとられんわ・・・なソラちゃん。

2009年11月27日(金) ■ 秋冬ミックス ■ 大福:生後2780日目 

イイのかなぁ、こんなに暖かくて・・・と思うほどの好天。こんな日こそお出かけだろう?と思って急遽ガッちゃんに連絡。昼から急な申し出にもかかわらずご一緒していただけるとのことで家前で合流。しかも車まで使わしてもらうという厚かましさ。せめて運転でもとドライバーをかって出たが、芝浦の道で信号待ちをしてたら急に後ろのトラックの運転手が血相を変えてやって来て罵倒される。何が何だか分からずに唖然としてポカーン。一瞬腹も立ったが、ほら、昔から「金持ち喧嘩せず」と言うじゃないの。まぁ、この場合の金持ちってのは「心豊かな者」ってことの喩えなんだと思うんだけどね、オホン(=^_^;=) 。しかも、これから楽しいお出かけが始まるというのに愚か者と関わっていたんじゃ話にならない・・・てことで気を取り直して出発。

まずは、今日こそがピークだろうと思われる神宮外苑前にイチョウ並木見物に。予想はしてたものの、その予想を大きく上回るほどの人出にビックリ。通りに面したレストランはどれも最低でも1時間半待ちとか。仕方ないので、手短にイチョウを楽しむにとどめざるを得なかった。ランチを逃してしまったので、このままではランチ難民になってしまうぞと慌てて有楽町でランチ。銀座を通り抜けてから台場は潮風公園でガッちゃん・大福タイム。当たり前のことだが、人で大賑わいの外苑前よりも人の気もなく広々した潮風公園のほうが2人にとっては良いに決まってる。いつも飼い主の我が儘な行動に付き合わされてるだけなんだよなぁ・・・。

それにしても、ここ数年、イチョウとクリスマスイルミネーションが一緒に楽しめてしまうことが当たり前になってきているけど、大丈夫か?日本の季節感。
今日の写真は全てガッちゃんママからいただいたものであーる。

たぶん今日がピークかと。 イチョウ絨毯。 MIKIMOTO前。
定番ショット。 夕景の潮風公園。

2009年1月26日(木) ■ やっぱり・・・ ■ 大福:生後2779日目 

もう中堅世代とか言ってはみたものの、こと遊びに関しては成長力がないと言うか何と言うか・・・。今朝の散歩で、ずいぶん先のほうにプラスティックのバッドが落ちてるのを発見。大福はまだ気づいていないようだったが、少し歩を進めると気づいた様子。ノッソリ、ノッソリと怪しげに進んで行き、バッドの手前でピタリと止まる。そして、こちらを振り返って見てる・・・どういう意味?やがて、クンクン匂いを嗅ぎながらバッドの周りを一回り。もちろん、その後はバッドを使っての『枝の舞』を披露してくれたのである。何とも立派な枝だこと。

・・・。 いきますか・・・。 そうなるわな。

2009年11月25日(水) ■ 偶然遭遇 ■ 大福:生後2778日目 

今日は珍しく小雨が残る中、旧地までシャンプーに出発。30分もかからず旧町内に到着。勝手知ったる町だから、大福の用足しポイントはもちろん熟知。用足しを終えてシャンプーに向かおうとしたら、前方に同期のアンディくんを発見。
帰国後1回会ったきりだけだったが、2人は特に懐かしむでもなくごく普通にコンニチハ。この人達のそのへんの感覚ってのはどうなってるのかね、ホント。飼い主さんによると、この頃では知り合いのワンコに全く会えないらしい。明らかに世代交代の波がやって来てるようである。と、思いがけずのラッキーな再会だったのである。

オヤツに挨拶かい・・・。 そうそう、大福もコッチ見てちょ。 アンディくんに挨拶しなきゃ。

2009年11月24日(火) ■ 若い芽 ■ 大福:生後2777日目 

大福がまだ仔犬だった頃、教育的指導をしてくれた先輩ワンコ達は、ボルゾイ、ハスキー、秋田犬など大型ワンコばかり。皆、大福の幼さを認めてくれていたようで、大福の無茶な動きに合わせてくれたし、何より驚いたのは腹ばいになって大福を上に乗せてくれて受け入れてくれたことだ。何なのだろう、幼い匂いのようなモノが発しられているのだろうか・・・。その先輩ワンコ達も大福が1才になる頃には、幼犬としてではなく、いっぱしのワンコとして扱うように変わってきていた。特別扱いはもうなくなってから面白いし不思議だ。

そんな大福も、もうすっかり中堅どころのワンコに成長。年下のワンコが多いのはもちろんだが、中には散歩デビュー間もない子もいるし、若くて元気盛りの子もいる。どう学んだのか分からないが、大福も自分がされたと同じように幼犬には心広くおおらかに接している。しかし相手の子が1才になる頃からは、これまた同じように扱いが変わってくるから面白い。
ボーダーコリーのチャールズくん。最初会ったのは、生後8ヶ月くらいだったか。そして今は恐らく1才になるかならないかぐらい。大福の対応の変化にちょっと戸惑いのこの頃のようである。大福さん、若い芽を摘んではイカンよ。

まだ遠い。 ダッシュ寸前。 てやぁー!

2009年11月23日(月) ■ 住民調査員 ■ 大福:生後2776日目 

今朝は、まだ曇ってる時間帯に潮風公園に。曇ってはいたが、遠くの空は真っ青で昼からの晴天を予感させてくれる。早い時間と言っても連休中だからいつもよりは人がいるだろうと思ったが、嬉しい予想外れで人がいない。で、いつものように独り占め状態で公園内を散策。軽快に足を運ぶ大福だが、その足並みに急ブレーキ。前方には怪しい人影が・・・(もちろん、大福的にはなのだが)。
大福の調査?によると潮風公園(南)には、どうやら3名ほどの人が住みついているようなのである。内1名はオートバイを所有しているようだ。船の科学館寄りにいつもあるキャンプテント@ボロには誰が住んでいるのやら・・・。大福の調査は更に続くのである(たまに尻尾下がってしまうほど怖いみたいだけど・・・)。

見上げて集中。 今日は、スパーボール。 独り占めですな。

2009年11月22日(日) ■ ショップですけど ■ 大福:生後2775日目 

大福は小顔である。只今、体が9kg越えになったので顔が小さく見えるのか?との疑惑も・・・。そんな大福は、老若男女の皆さんに触ってもらうことを嫌とはしてないようなので(本心は分からないが・・・)皆さんから「イイ子ねぇ」「お利口さんねぇ」「可愛いわねぇ」など多大なお褒めをもらうことも多い。
飼い主としては褒められて嫌なはずもなく、鼻の下を伸ばして一応謙遜などしているのだが、中には「良いブリーダーさんからなんでしょ?」とか言う方もけっこう多い。で、「いえ、ショップなんですよ」と答えると一様に驚いた様子を示す。やはり世の中的には、ブリーダー>ショップの図式が圧倒のようである。まぁ、大福の場合、ショップと言っても一度も陳列ケースに入っていないのであるが、ショップの手によって我が家の一員となってくれたことには変わりない。要は、ブリーダー出身だろうが、ショップ出身だろうが、個体の特性とその後の生き方ってことなのだと思うのである。

空中浮歩? してやったり顔。 颯爽な感じ。

2009年11月21日(土) ■ 全く楽しくない話 ■ 大福:生後2774日目 

よく拝見しているチキータさんのサイト、『HEAVEN』に絶望的にバカ者飼い主の記事が載っていた。書くのもゲンナリだが、こういう飼い主も世の中にはいるのである。リトアニアの話だが、正直、名前こそ知ってはいるがどこにあるのかも疑わしいほど知識がない。

記事によるとこの飼い主(男)「これから犬は飛ぶことができるということを証明します」などと言って橋の上から犬を投げ落とし、その落ちていく様を撮影して自分のWEBサイトで動画を公開したとか。この橋の上からから下までは相当の距離であったらしい。
この残虐的で猟奇的な動画は、リトアニアのネットユーザの間を瞬時に広がり、更に世界中のネットに広がり、非難ごうごうとなった様子(当たり前だ)。そして、ついにマニアックなネットユーザーが、この男の個人データを割り出し警察も動いたとか。男はネット上での非難や警察の動きなども知ることとなり自首したとか。

何とも救いようのない男である。幸い、落とされた犬は重傷を負ったらしいが命は助かったとかなので結果的には良かったとするしかないのがツライ。とても動画を見る勇気はなかったので、いろいろなネットからの話によると、犬は橋から空中に差し出された時でさえも飼い主を信じ切っていたような様子であったらしいから泣けてくる。

こんなクズというかバカ者は恐らく人に愛されたことなどないのだろう。そして、唯一、この男を愛して信頼してくれた愛犬まで自らの愚行・蛮行によって失ったのである。これから先、もう誰からも愛されることはないに違いない。

大福を車に乗せたりする時に抱っこする時があるが、足が地に着かないところで本当は不安であるはずなのに、飼い主を信じ切って身を任せるくれるのである。抱いた手が大福の腹部に触れると暖かい体温を感じるだけどなく、ドッドッドッと心臓の音を感じることもできる。生きているのである。こんな小さな体の中に血液が流れ、内臓がしっかり機能しているのである。
何で、こんなに非道なことができるのであろうか。人間とは何と悲しい生き物なのだろうかね。

待ちぼうけ。 ガン見。 お皿の上で、待ちぼうけ@キラキラ目。

2009年11月20日(金) ■ 都内ぶらり ■ 大福:生後2773日目 

夕方、久しぶりに夕焼けも綺麗だったので車で都内をウロウロ。レインボーブリッジを渡って麻布十番を通過。ゲゲッ、十番温泉っていつなくなったの?と浦島太郎状態。壊していたのは知ってたけど、まさか駐車場になっているとは・・・。知人の結婚式やイベントで何度も使ったことあるだけにちょっと淋しい。何しろ独身時代はかなり長いこと、ココから徒歩数分のところに住んでたので、この大きな変化は時代の移り変わりを感じてしまう。

気を取り直して、六本木トンネルから青山墓地を通過して、話題だった酒井法子のマンション前を通って神宮外苑にイチョウの様子を下見に。あたりはほぼ真っ暗だったのでイチョウはかなり黄色に見えたが、ピークにはまだ数日かかりそうな感じ。見頃は、1週間後くらいか。

青山通りを皇居に向けて走り、日比谷を抜けて丸の内仲通のイルミネーションもチェック。相変わらず、この通りのイルミネーションは華美ではなくどこかおしとやかでタイプである。今年から10数年ぶりに表参道のイルミネーションが復活するらしいが、はたしてどんなイルミネーションになるのか楽しみだ。

仲通りイルミ。 有楽町寄り。 犬のオブジェと一緒に。

2009年11月19日(木) ■ 雨をしのいで ■ 大福:生後2772日目 

今日は晴れるようなこと言ってたのに午前の早めから雨がシトシト。午後はかなりの雨足になった。そんな日だったが、朝の散歩は幸いにも雨にも降られず無事終了。家に戻った頃から降り始めるという何ともラッキーさ。
ここのところ、寒かったりそうでなかったり(暖かいとは言えないので)で、本来のこの時節の寒さなりが少しも分からない。周りの飼い主さん達もけっこう風邪ひきの人も多いようで、皆、着るものを含めて体調管理が難しいのだろう。
ワンコは風邪を引かないとの説が多いが実際のところどうなのかなぁ。熱が出ても確かに分かりにくいし、鼻水垂らすでもないし、体が今イチだるくても飼い主には分からない。でも、「風邪ぽい」時ってあって然りとは思うのだが。

ギザギザマーク製造機の歯。 はい、ちょうだいな。 まだ、やるの?

2009年11月18日(水) ■ 雨上がり ■ 大福:生後2771日目 

何だかパッとしない天気の一日。夕方は雲が重くのしかかる台場へ。今日は天気も悪いのでレインボーブリッジ側の砂浜は人っ子一人いない。案の定、第三台場も誰もいない・・・と思ったら、近所の子供であろう子達が3人いた。ほぼ独り占めの第三台場で砲台の周りを走り回ったり、松ぼっくりで遊んだりと昨日今日の天気の悪さの憂さ晴らし。あまりに走ったせいか、帰りの道のりで大福にしては珍しく本日2度目のお仕事。よほど腸が活性化されたんだろうな。でも、昨日してないから帳尻は合ったということか。

雨→晴れの典型雲。 砲台の周りを何周したことか・・・。 チビな東京タワーも一応ね。

2009年11月17日(火) ■ 退屈=平和 ■ 大福:生後2770日目 

朝早めに散歩に出たが、時すでに遅しと言うか、もう雨はしっかり降っていた。そして、久しぶりに雨降りな一日。こんな日は、大福もそう長時間は外にいたくないようで用足しポイント探しを諦めると踵を返して家に戻るコースをとる。「ワンコがいつも散歩したいと勘違いしないでください!」とは訴えていないのだろうが、家に戻る歩調の何と早いこと。
家に戻ると所在なさそうに寝っ転がったりして一日を過ごすのだが、その様を見ているとどうにも退屈そうに見える。しかし、それはあくまでも人間側からの視点であり思いであることは言うまでもない。考えようによっては、メリハリのないこんな日こそ、案外幸せだったりするのかな・・・なんて居眠りしてる大福を見てると思ったりするのである。愛犬の心、飼い主知らず・・・なのかもしれないな。

ピッタリサイズ。 ウトウト。 居眠りへ。

2009年11月16日(月) ■ 黄昏 ■ 大福:生後2769日目 

夕方の散歩は、潮風公園へ。ここ数日に比べると確かに寒い日だったが、ここまで人がいないかと思うほど誰もいない公園は正直ちょっと薄気味悪いほど。薄暗い中からフードをすっぽり被った人を遠くに発見。こっちに来るぞ、おい。案の定、その存在に気づいた大福は小さく唸って警戒モードはレッドゾーン。手ぶらでアテもなさそうに歩き回っているようなので、恐らくは公園に生息してしまっている人なのか。

遠くに行ってしまったので、気を取り直して散歩を再開したら、あたりはすっかり黄昏に。黄昏・・・と言う文字に触れる度に思い出すのはエルトン・ジョンのアルバム『黄昏のレンガ路』。原題は『Goodbye Yellow Brick Road』なのだが、この邦題は、日本のアルバム邦題名の中でもかなりのセンスではないかと思うのだが。
そんな黄昏の潮風公園を歩いていたら何となく深呼吸をしたくなって大きく息を吸い込んでいた。偶然だろうが、大福も深呼吸のように空を向いてクンクン匂いを嗅いでいた。先ほどの人の残り香を嗅いでいたのではないと思いたいのだが・・・。

怖いほど誰もいないね。 飛行機・・・は見てないよね。 ボチボチ、帰りますか?

2009年11月15日(日) ■ 諸管轄 ■ 大福:生後2768日目 

『ららぽーと豊洲』周辺の敷地の管轄は4つに分かれてる。『ららぽーと豊洲』の管轄。『がすてなーに(東京ガス)』管轄。『江東区公園管理課』の管轄。『港湾局』の管轄の4つである。
大福のお仕事ポイントを探している時、希ではあるが公園管理課の職員にオフリードを注意されることがある(当たり前)。しかし、管轄外に出てしまうともう注意されない。何ともお役所的な判断ではないか。写真は、港湾局の管轄の端っこから東京ガスの管轄内をボールを持って走る大福である。

睨まないで持ってきてよ。 突進! 大きく咥えすぎたんでしょ?

2009年11月14日(土) ■ 保護色 ■ 大福:生後2767日目 

秋深まっているはずの季節なのに何とも暖かな日があったりでどうも気が落ち着かず精神がギックリ腰になりそうだ。とは言え、自然の樹木はスローテンポな秋の気配をちゃんと感じているようで、葉っぱの色づかいでちゃんと表現してくれる。木々が黄色や赤の葉を身にまとう季節になると大福ら赤柴族は自然の景色に見事にマッチして一瞬景色に同化してどこにいるのか分からなくなってしまうこともシバシバ(駄洒落ではない)。写真の左と真ん中なんかどこにいるのか分からないもの・・・。

ね、いるでしょ。 用足し中でした。 この手の盛り上がりは用足しポイント必中である。

2009年11月13日(金) ■ 点と線 ■ 大福:生後2766日目 

今日はシャンプーの日で旧地に。不思議なもので、高速を降りて目的近くになると今まで後部座席で眠っていたのにスクッと起き上がり窓から周りの景色を見始める。間違いなく「ふむふむ、ここか」という感じで見ているように思えるのだが・・・。
もちろん、我が家に来てくれてから7才の誕生日を迎えるまでずっと住んでた地区だから見覚えがあって当たり前なのだが、今住んでるところとの距離感覚についてはどうなんだろう?と思うのである。それぞれの点が線で繋がってるのだろうか?仲良しのガッちゃんは、当然いるし病院やシャンプーする場所も一緒。獣医師さん、スタッフさんも一緒。もちろん、街並みも一緒だ。大福の頭の中に描かれてる生活マップにいつも興味大なのである。

猛追モード開始。 間違いなく笑ってると思う。 楽しそうな顔だわ。

2009年11月12日(木) ■ 酉の市 ■ 大福:生後2765日目 

昔から三の酉まである年は寒くて火事が多いと言われてるが、何の何の、今年は二の酉までしかないのに急に寒くなってきた。暖かさに体が慣れてしまっているから、寒いのはちぃーとばかし身に堪えるが、このぐらい寒いほうが酉の市って気がしてくるってもんだ。

てな訳で、一の酉の今日、酉の市に行ってきた。本当は24日の二の酉に行こうと思っていたのだが、天気がどうなるかも分からないし、雨が降っていないのであれば行ける時に行ってしまおうということで夕方の散歩を兼ねて行ってきた。幸い、人の出もそんなには多くなかったので混雑にまみれることなく参拝も出来て熊手を購入。兄さん衆と姉さん衆(熊手を髪飾りにしてさしておりましたわ)に三本締めで手を打ってもらって大福もビックリ。そりゃそうだわな、急に輪になって大きな声出して大きな手拍子までされてはビックリしないわけがない・・・。
かくして、また一年、大福一家に幸あれ。よろしくお願いいたします。

熊手商のオネエサンと。 オネエサンの熊手髪飾りの影が顔に・・・。 また1年、福(大福)がありますように。

2009年11月11日(水) ■ 土砂降り雨日に ■ 大福:生後2764日目 

珍しく朝から大雨。ちょっと外に出ただけで大福もずぶ濡れ。とても用足しどころではなく飼い主共々尻尾を丸めて早なる帰宅。降りしきる雨を横目に大福の写真を整理。自分で撮った写真はどれもこれも撮った時の記憶があって楽しいものである。もっと楽しいのは撮っていただいた写真。あの時、こんな表情もしてたんだなぁ・・・なんて思うものばかり。自分で撮った写真も宝物だが、これらのいただき写真はもっと宝物だ。今日の写真は、11月1日にガッちゃんのママに撮っていただいたもの。いつもと同じような大福なのだが、飼い主から見るといつもとちょっとだけ違う大福の表情なのである。

飼い主の身も引き締まる。 仲良しな2人組の眼差し。 飼い主の顔筋肉が緩む瞬間。

2009年11月10日(火) ■ 嫌な予感? ■ 大福:生後2763日目 

昨日、『CHRISTMAS TOYS』に行ったからではないのだが、年末に向けてクリスマスモードになりつつある。とは言え、今月は酉の市もあるしクリスマスが終われば大晦日・正月とモードはパキパキ切り替わる何とも無節操な季節に突入するのである。

そんな飼い主の無節操ぶりを分析してるのでもないだろうが、朝の散歩で『ららぽーと豊洲』のイルミネーションの位置を確認すべきコース取りをとる飼い主を見て冷ややかな表情の大福。はい、正解!と言うことで、夕方の散歩も『ららぽーと豊洲』に行ったのであった。
桜の時期とクリスマス・イルミネーションの時期、大福には何とも難儀な季節なのである。

嫌な予感する? ほぼ正解だと分かった様子。 まぁまぁ、ひとつヨロシク。

2009年11月9日(月) ■ あと46日かぁ・・・ ■ 大福:生後2762日目 

今年も恒例の横浜『CHRISTMAS TOYS』詣で?に行ってきた。昨年は、クリスマスまであと74日という10月12日に行っているようなので今年は1ヶ月ほど遅いということになる。入り口前のドアには「CHRISTMASまであと46日」の看板が・・・。もう少しで今年も終わってしまうことを感じないではいられない。

店内に入ってまず感じたのは、例年よりも小物のクリスマスグッズが増えたこと。それに伴って大きなグッズは減っている。これも世知辛い世の中の景気の表れか?それと、いつも野次馬モード全開の看板犬TJのトーンが今年は何となく低い。妻がお店の人から聞いた話によると足にちょっと不具合を発症してしまったとか・・・。んー、ちょっと心配。
クリスマス間近のこの時期は大福は中に入れないので、外で妻と交代で一緒に待ってもらっていたが、相変わらず行き来する人に触ってもらって大忙し。今日は、韓国からのオネエサン2人組にも触ってもらって日韓友好の架け橋役まで。帰る時には「テボギ(大福)、アンニョン」なんて声までかけられてた。

帰りにはせっかく来たのだからと中華街を一回り。お昼ちょっと前だったので中華も食べたかったのだが、行きたい店(美味しい店)はどこも大福は入れないので、まぁ、とりあえず雰囲気だけでもと外に席があったお店で「なんちゃって中華」でお茶にごしランチ。
その後、第三京浜で都内に戻って帰宅。今年も年末行事をこなしつつあるこの時期なのであった。

ドア前サンタ、ちょっと不気味。 ドールも健在。 コカコーラのベンチも色合いでクリスマスぽい。
店内は小物が増えたかな。 韓国からの旅行者も 中華街の一角。
メイン通りもヒッソリ。 今年は小物のみ。 はいはい、嫌なんですね。

2009年11月8日(日) ■ 自動ドア ■ 大福:生後2761日目 

今の世の中、自動ドアなど珍しくもないが他の文化機器同様に世の中に最初に登場した時は大きな驚きを与えたものだった。

で、大福にとっての自動ドアだが、大福の場合は、通常の自動ドアはもちろんのこと、手動のドアも含めて世の中のドアというドアは全て自動ドアなのである。もちろん、リードを着けてる時のみという注釈付きではあるが。リードを着けてる時、それすなわち飼い主の私めと一緒の時は、全てのドアは飼い主によって開けてもらえるのである。まさにレディファーストならぬ大福ファーストなのであーる。

妻を迎えに行った大福さん。ちょっと離れてただけなのにこんなにも嬉しいんだなぁ。何とも微笑ましい図である。

まだ来ないよ。 来た来た。 嬉しいねぇ。

2009年11月7日(土) ■ 夕方の台場 ■ 大福:生後2760日目 

週始めの寒さが嘘のようなポカポカ陽気に誘われて、今日の夕方も台場にGO。今日は久しぶりに第三台場へ。ビーチ方面は混んでたみたいだが、相変わらずコチラは人の出が少ない。あまりの暖かさに芝面に寝転がってるカップルが少々目立つが大福との散歩には何の支障?はない。都内のアチコチではもうクリスマスイルミネーションが点灯しているとかニュースで言ってたが、ちゃんとまた寒くなるのだろうか?などと要らん心配までしてしまう。それでもずいぶん陽が短くなってきたと思ったら今日は立冬だとか。いよいよ年末モードだな。

レインボーブリッジの麓。 砲台のボロ化が著しい。 ベタな構図。

2009年11月6日(金) ■ ところ変わっても ■ 大福:生後2759日目 

昼過ぎにガッちゃんが来てくれたので早めの散歩で潮風公園まで一緒に行ってもらった。シャンプーの度に旧地で付き合ってくれるガッちゃんと大福。場所がどこであろうがほとんど関係ないようで、一緒に歩いたり、匂いを嗅ぎ回ったり、ジャレ合ったりとやることは全く同じ。もちろん、オヤツのお強請りも一緒。住んでるところの距離なんかアンタ達には関係ないってことよね。その超越的感覚は見習うばかりだよ、ホント。

一緒ならどこでも同じってこと? 見上げる先は・・・。 ガッちゃん、オヤツ強奪シーン。

2009年11月5日(木) ■ ドンピシャ ■ 大福:生後2758日目 

駐車場に行ったら同じ収納場所に女性がいた。「おはようございます」なんて挨拶を交わして、まずはその方の車が出てくるのを待つ。その間、大福はいつものようにその方の顔に穴が空くほどガン見・・・。女性も視線を感じたのであろう、大福を見て「いつも、大人しくてお利口さんね」なんて大福に優しい視線を投げかけてくれる。更に「ウチも飼ってみたいんですけど、大変だと聞いてるし覚悟ができなくて」と。で、私「かなり拘束されますからねぇ、大変と言えば大変ですよぉ」と。すると、その女性「でも、それ以上のものを与えてくれるんですよねぇ・・・」と。
そう!仰る通り!あなたは正しい!まさにドンピシャですっ!と声を大にして言いたかったのだが、変人と思われるのもツライので大人しく頷くだけにしておいた。

地面につきそうだけど・・・。 ゼンマイ仕掛け? 読み取れない表情だなぁ・・・。

2009年11月4日(水) ■ 目ヂカラ ■ 大福:生後2757日目 

このまま朝は寒くなってしまうのか。イメージとしては昨年のほうが今年よりも寒さが早く定着したように思えるのだが実際はどうなんだろう。なんてことを肩をすぼめながら大福のお仕事ポイント探しの後を歩いてたら、シュナウザーのハルくんにバッタリ。耳下げのシュナウザーが多い中、立ち耳のシュナウザーは個人的には珍しい感じ。しかもハルくんは、鶏頭モヒカン刈り。
出会った2人はジャレ合いそうな気配もあったが、すぐにそれぞれに己の世界に没頭(坊さんか?アンタ達は!)。2人にとっての共通項は・・・うぅむ、どうやらオヤツが入っているのであろうお散歩バックを見つめることだった。その時の2人の目ヂカラの強力なことったら・・・。

♪~ 見上げてごらんよぉ〜。 ハルくんもポーズとってガン見。 遊びモードにシフトチェンジ。

2009年11月3日(火) ■ 文化の日 ■ 大福:生後2756日目 

こんなに寒い文化の日は珍しいのでは?とにかく寒い。日なたはまだしも日陰に入ると気持ち的にはもう冬って感じだ。朝の散歩を消化してたら、以前会ったコーギーのリクくんと遭遇。ほんの少しだけ走り回りをさせてもらったが、飼い主まで走り回るわけにはいかないので飼い主は寒空の下、元気に走り回りをする2人を見守るだけ。リクくんにしろ大福にしろ、この寒さは大歓迎のようで元気いっぱい。この2人にとっては文化の日と言うよりも体育の日ってところだろうか・・・。

寒さが元気を誘うのか。 2人ともバターになっちゃうよ。 走り回り終えたリクくんと大福。

2009年11月2日(月) ■ 温度差ありすぎ ■ 大福:生後2755日目 

昨日とうって変わって寒い。こういう寒暖の予報はドンピシャで当てる天気予報なのにどうして雨降り予報の的中度は低いのか。
ここまで温度が急激に低くなると、腰痛持ちとしてはかなりキツイ。実際、朝の散歩の時から微妙に腰が痛くて日中は貼れる温湿布を腰にあててる始末。加えて風邪のほうも咳が止まらずで咳をする度に腰に響いて・・・と書いてて情けなくなってきてしまう。若くないことを実感するこの頃である。

飼い主のヨボヨボを尻目に寒くなってきて大福の元気なこと。明らかに真夏よりは元気いっぱい。これからこそが柴犬の真骨頂となる季節なのだろう。どうかお手柔らかに<(_ _)>。

ハンターな目? 獲物、追ってるなぁ。 獲物はもちろん宙に舞うビニール袋だけど・・・。

2009年11月1日(日) ■ 未知の室内 ■ 大福:生後2754日目 

今日はシャンプーの日。大福のシャンプーはほとんどが平日なので休日にシャンプーしてもらうのは珍しいこと。何故、休日シャンプーになったのかと言えば、妻が旧地の美容室に行く日だったからである。旧地の別々の場所で飼い主と大福が同じ時間から美容施術。もちろん早く終わるのは大福。終わって外に出てみれば仲良しのガッちゃんが待っててくれた。そして2人で、野次犬モードで妻が施術してもらってる美容院へ。2人ともよく知ってる場所だが、中には入ったことがない。外観は知ってるけど中には入ったことがない場所・・・世の中にはそんな場所がたくさんあるのである。
気まぐれで久しぶりに掲示板を設置してみました。いつまで続けるか未定ですが、上メニューの『寄合』から入れますのでご利用される方はどうぞ。

さっきまで一緒だったのに大袈裟ねぇ。 ガッちゃんもコンニチハ。 2人ともオヤツにありつけず・・・。


福と大福の間TOPに戻る