2009年12月の最初へ↓
2009年12月31日(木) ■ 大晦日 ■ 大福:生後2814日目 

本人もフリーズ・・・。

2009年(平成21年)もいよいよ今日で終わりです。愚サイトを見てくださってる皆さんの今年一年はどんな年だったでしょうか?世相的にはどうなんでしょうね。長いスパンで見た時、今年はどんな年だったと評されるんでしょうね。皮膚感覚的に総体視すると、あまり楽しい年ではなかったような気がします。来年は良い年になればと願わざるを得ません。皆さんにとっても来年が良い年でありますよう願う次第です。そして、愛すべきワンコ達も皆、健康で長生きできるように切に願います。

さて、大福と我が家の今年は、引っ越しという一大ムーブメントがありました。大福が我が家に来てくれてから当たり前のように生活してきた家とその周辺の土地を離れることに大きな不安もあったのですが、大福はその不安をよそに新居と新地域に順応してくれました(と、思う。いや、思いたい・・・)。手前味噌ですが、本当に手のかからない子だと思います。ありがたいことです。これからもお世話係として精一杯尽くしていくつもりです。

今日、大晦日の日記に載せる写真は、今年のベストショットとも言える写真です。
大福は食事の時、イスの上に乗って私たちと同じテーブルに向かいます。ある日、食事の最中にドアホンが鳴りました。大福はドアホンが鳴ると、ワンと一声吠えてドアに向かいます。忍び寄る?来訪者(主に配達の人ですが)を撃退にでも向かうのでしょうか真相は定かではありません。来訪者が帰ると安心して元の位置に戻ってきます。
この日もドアから走り気味に居間に戻って来て床からイスに飛び乗りました・・・。いつもなら、ここまでなのですが、この日は弾みなのか更にワンステップ、テーブルの上に乗ってしまいました。驚いたのは私たちだけでなく、大福も同じだったようです。テーブルの上で、「え?何やっての私・・・」と言う顔でフリーズしてました。叱るどころか大笑いの一瞬でした。その時の貴重なワンショットであります。

それでは皆さん、良い年をお迎えください。今年一年、愚サイトをご覧いただきありがとうございました。来年もお時間がある時は大福の様子でもぜひ覗いてやってくださいませ<(_ _)>
2009年12月30日(水) ■ 人生、起伏だぁ! ■ 大福:生後2813日目 

押し迫ってきましたなぁ、今年も。でも、街の喧噪も何となく日程消化と言うか無理していると言うか昔ほどのワクワク感がない気がする。歳とりすぎて感覚が飽和しちゃってるのか?それとも、大福達ワンコ同様に年ごとの区切れがなくなって日々平日化でもしてるのか?だとすれば、それは人のワンコ化現象と言えるのか・・・ううむぅ。

今日の夕方の散歩でのボール遊びは、いつもの平らな広場ではなく、ちょっと起伏のあるお子ちゃまバンクで。大福とのボール遊びはいつでも楽しいのだが、バンクだと大福の姿が見えたり消えたりで面白さ倍増。こりゃ、クセにありそうだ。ボール遊びも人生も起伏あるから面白いってことか?

いつものボール遊び。 今日は平坦地にあらず。 お子ちゃまバンクで。

2009年12月29日(火) ■ 図々しい納め ■ 大福:生後2812日目 

今日は、本年最後のシャンプーの日だったので旧地まで遠征。加えて、どうでも良い我が頭もカットしてもらうし車検の残務処理もあったりで、シャンプーの後は、毎度お馴染みの厚かましさでガッちゃんチで大福を預かってもらった。今年最後の図々しい納めである。
昨年の今頃、まさか引っ越しなどするとは思っていなかったから、今年のこの時期に大福を預かってもらってる現実は、改めて時の流れの速さを実感する。

ガッちゃんチに大福をお願いしてありがたいのはもちろんだが、もう一つの感謝&お楽しみは、普段見られない大福の表情がガッちゃんママの撮影によって見られること。今日もガッちゃんチで愚飼い主を待ってくれてる大福の様子など貴重なショットをたくさんいただいた。感謝ハムニダ<(_ _)>

ガッちゃんもお出迎えしてくれたのねぇ。 あらら、お腹見せちゃって。 ギブアップ?

2009年12月28日(月) ■ 脱力系 ■ 大福:生後2811日目 

あー、このチカラの抜けきった脱力系の大福を見ていると巷の年の瀬モードの喧噪を忘れてしまいそう。こんな瞬間には、「いやしい系」を「癒し系」に改めてあげたくなってしまうぞ。

ソファーに顔面を。 ソファー添い寝。 カーテン添い寝。

2009年12月27日(日) ■ 妙迫力 ■ 大福:生後2810日目 

今朝の散歩での最初の絡み?は、ハナくん。大福を見つけたらものすごい勢いで突進してきた。長毛をなびかせて走り迫るその姿はなかなかの迫力。しかし、どこかおどけてるようにも見える(失礼)。こんな風に体中で気持ちを表現してくれる様が飼い主さんにはたまらんのだろうな。それにしても大福も、よく若い衆達と絡んでるわ。

すごい突進だわ。 身軽にターン。 大福も応戦?

2009年12月26日(土) ■ 探し物・・・ ■ 大福:生後2809日目 

クリスマスも終わり街は一気に年末年始モードにチェンジ。この一夜にしての身代わりの早さが日本ぽくて好きなのよね。そして、今日から大晦日までの期間が私めにとって一年で一番好きな時期なのである。

今日の夕方の散歩は、潮風公園へ。黄昏時の水辺には年末だからか土曜日だからか、いつもの週末よりも大勢の人が来ていた。ワンコの散歩組も多く、アチコチで挨拶。すれ違い後のミニピン2頭飼いの飼い主さん夫婦の「ずいぶん、お利口な柴よねぇ」との話声が耳に入ってくる。ううむぅ、このミニピン達、よっぽど柴犬にひどい目にでも遭ったのだろうか?そう言えば、近寄っていった時にやけに飼い主さんが緊張していたような・・・。

さて、潮風公園で遊んでた大福さん、ちょっとした拍子で私めが死角に入ってしまったようで私めを見失ったらしい。大きな木の横から顔出してアチコチ見回してる。しばしキョロキョロして探してたので、声をかけたらようやく見つけたようでひと安心。こんな姿って嬉しいじゃあーりませんか。

気づいてないわ。 探してる・・・。 見つけたかな?

2009年12月25日(金) ■ 風系が好き ■ 大福:生後2808日目 

寒くなったとは言え、ホワイトクリスマスなんて考えられないな、これじゃ。木枯らしとまではいかないが風がちょっと強めに吹いてたので今朝の散歩でのお遊びは『葉っぱの舞』にあらず『ビニールの舞』(名前が今イチなので、只今、正式名称思考中)。
うまいこと風が袋いっぱいに広がると袋は面白いように空高く舞っていくのだが、あまりにもタイミングが合いすぎると凧のように高くまで飛んで行ってしまう。袋を見上げながら追いかける大福だが、あまりにも高く遠くに行ってしまうと立ち止まって袋の行方を見送っている。どこまでも果てしなく追いかけることがないので、その点においてはだいぶ安心できるし信頼もできる。
臆病と慎重は紙一重だが、鉄砲玉のようでないのは何よりだ。これも、特に「待て」させたりと教えたわけではないので大福の正確なんだろうな。

青い水辺が眩しい。 ビニール好きだよねぇ。 もっとやるの?

2009年12月24日(木) ■ 渋い顔 ■ 大福:生後2807日目 

大福を見ているとけっこう喜怒哀楽を顔の表情に表す。楽しい時は間違いなく笑った顔してるし、つまらない時は仏頂面しているし、怖い時は目が怯えてるし・・・てな具合に。この顔の表情は、けっして柴犬(日本犬)だけでなく洋犬の子達も同じだとは思うのだが、柴犬ほどはっきり分かる表情なのだろうか?今度訊いてみよう。

今朝の散歩終わりで遭遇した体操するオジサン。冷ややかに渋い顔で見ていた大福だったが、低い唸りをあげながらのウォッチングであったことは言うまでもない。

・・・。 やれやれ・・・。 あーぁ、反ってないし・・・。

2009年12月23日(水) ■ そうそう、コレコレ ■ 大福:生後2806日目 

今日は天皇誕生日でお休み日。毎年今日がお休みだと明日のクリスマスイブよりもイブ前日の今日のほうが世の中的にはクリスマスムードが高いのでは?と考えるのは罰当たりか・・・。

お休みの日なので、いつもの朝より30分ほど遅く散歩に出たら、うわぁ、いるいる、たくさんのワンコ達が。あまりにワンコが多いので少し外れたところに移動。すると、思いが同じなのか、少々大きめのワンコ達が遊んでた。うん、このメンバーなら遊んでもらえそうだなと早速合流。案の定、大福はチャールズくんに追いかけられたり、ハナくんを追いかけたりと自在に遊んでもらっていた。やはりワンコ達同士の走り回りの充実感のようなものは、二足歩行にはかなえてあげることは無理無理。ちなみに、遊んでもらっていたとは言うものの、チャールズくんもハナくんも大福よりもだいぶ若組なのだが・・・。

追いかけられて。 追いかけて。 どうするのか、思案中。

2009年12月22日(火) ■ 押せど動かず ■ 大福:生後2805日目 

二足歩行の飼い主との走り回りでは満足するはずもない大福。今朝は、ハルくんと遭遇したのでラッキーと思ったのかどうかは定かではないが、一生懸命に走り回りに誘っていたようだが、大福が押せど引いてもハルくんはノッて来ない。大福は、追いかけるのと追いかけられるのでは、明らかに追いかけられるほうが好きであることは明白。一生懸命、ハルくんにちょっかい出しては、追いかけられるように仕向けてるが、大福の思いは全く通ぜず追いかけてもらえない。むしろ「何やっての?」てな感じで呆れているような感じも・・・。結局、絡むこともなくお仕事ポイント探しにモードを移行したのであった。お気の毒・・・。

誘ってる。 まだ誘ってる。 しつこく誘ってる・・・。

2009年12月21日(月) ■ 元気印 ■ 大福:生後2804日目 

余所の飼い主さんの散歩の服装もすっかり冬支度になってきたこの頃だが、今年も残すところ10日あまりとなれば寒くて当たり前で今までが暖かすぎたのだろう。しかし、交わす言葉は「寒くなってきましたねぇ」が常套句。そんな飼い主の軟弱ぶりをよそに大福はもちろん、他のワンコ達も明らかに夏の頃に比べて元気いっぱい。大福なんかお仕事ポイント探している間も隙あらば「遊ぼうよ」と挑発モード全開。着膨れした身で走り回るはシンドイし、走り回ったあとの体温上昇による不快さもシンドイ。いずれにしろ、アンタほど元気印でないのよね、二足歩行は・・・。

ん? 何? 走るの?

2009年12月20日(日) ■ 茨の舞? ■ 大福:生後2803日目 

朝からものすごい枝を見つけてきて、この有様。とても『枝の舞』とか言ってられないほどの強者枝。本人的には、全く気にもしてないようだが、飼い主としては枝が目に入るのでは?とドキドキ。そんな思いも空しくしばらくは『枝の舞・茨の編』を自慢気に披露しておりました・・・(汗)。

目、危ないって! あら、大丈夫なの? クチの中、怖いし・・・。

 
2009年12月19日(土) ■ 否ペット博 ■ 大福:生後2802日目 

土日の朝の散歩場は、平日よりもワンコの数が多い。しかもお父さん飼い主さんの姿が目立つ。「パパ、休みの日ぐらい散歩行ってきてよ」と家庭で言われてるのかどうかは定かではない。

今朝もいつもの土日同様にワンコだらけ。大福も地回り挨拶に行きたいようだったが、まずはお仕事お仕事。皆のいないところにイソイソと移動してしっかりお仕事終了。
お仕事が終わった後は、ワンコの輪に入れてもらって遅ればせながら走り回りに参加。これだけ大勢のワンコ達、ペット博の1コーナーにも見えるが、それぞれがお互いに話とかしてるんだろうか・・・。

見合ってて大丈夫? 牽制?威圧? どちらの種族?
走れば世代関係なし。 更に参戦者あり。 ペット博状態。

2009年12月18日(金) ■ 出っぱ ■ 大福:生後2801日目 

今日はシャンプーの日。いつもとちょっと違うのは大福車を車検に出すのでシャンプー後に車がないこと。そこで勝手に企んだのが、車検の間、ガッちゃんをお誘いして一緒にお付き合いしてもらおうとの身勝手案。
シャンプー終わりでガッちゃんと合流して旧地を出発。まずは、家の近所の新公園をガッちゃんにお披露目。案の定、誰もいなかったのでしばしの間貸し切り状態。途中から余所のワンコも来たので早めに遊びを切り上げた。けっこう勾配のきつい小山があるのにガッちゃんも嬉しそうに登ったり降りたりしていた。

公園の後は、東銀座というか新富町で食事をして、一路下町コースに。谷中を抜けて浅草の『千葉屋』で切り揚げを買おうとしたが、今日は羽子板市なので作ってもすぐ売り切れてしまうとかでゲットできず。ならば『梅むら』の豆かんぐらいはゲットしたいぞとちょこっと移動。首尾良くゲットできたので、その足で羽子板市を見物に。
浅草寺が長期修復とかでスッポリ修復壁に囲まれていたので何とも情緒がない。そのせいではないだろうが、羽子板市も年々規模が縮小した感じが否めない。それでも浅草寺境内周辺はなかなか賑わいで人がたくさん。もちろん、どこにでも出没の中国人も多い。ガッちゃんも大福も参拝客に大人気であったが、お年寄りの多いこの地区では大福のほうが人気あるようだ。お年寄りは日本犬好きなのか?これが、渋谷や原宿や六本木とかになると圧倒的にガッちゃん人気が高まるから面白い。

浅草から人形町を経由して首都高速に乗って旧地に着いたのは6時前。程良く車検も終了して大福車が元気になって戻って来た。いやぁ、今日は一日中こちらの都合にお付き合いさせてしまったガッちゃん。移動中の車まで使わせてもらってありがたいやら申し訳ないやら。これに懲りずにまたお付き合いくださいませ。最後にガッちゃんに挨拶したら、よほど疲れたのだろう何気に目がうつろでボーっとしてた。ゴメンね、疲れさせてしまって。
ガッちゃんと別れて家に戻ったのは7時半ぐらいだったか。思えば、大福も朝の7時過ぎから出たまんまの「出っぱ」だったのでさぞや疲れたことだろう。しかもシャンプーもあったしね・・・。すまぬ、大福さんm(_ _)m

坂上で踏ん張りポーズ。 ガッちゃんを迎えにジャンプ(汗)。 けっこうな急勾配を駆け上がる。
羽子板屋さん前で。 珍しく正面を見据える。 アゴちん。

2009年12月17日(木) ■ ワンコ本 ■ 大福:生後2800日目 

今年は引っ越しもあり、我が家にとっては大きな節目の年だった(もう今年を振り返ってる・・・)。引っ越し作業は今考えても大変なイベントであり、もうやりたくないなと言うのが正直な気持ちである。引っ越しの時にガラクタも含めて本もかなりの数処分した。中には処分して大後悔しているものも(Shi-Baの創刊よりのバックナンバーは痛かった!)。そんな一掃大処分の中で生き残った?ワンコ本が何冊かあった。残ったと言うことは、自分の中に「何か」があったと言うことなのだろう。

『ムツゴロウ動物王国・犬がよろこぶ・しつけの学校』 『すぐわかるあなたの犬の知能指数』 『愛犬マックス・誘拐DOGNAP』
 a  b  c

a:『ムツゴロウ動物王国・犬がよろこぶ・しつけの学校』 ISBN: 9784056042160 学研マ−ケティング

畑正憲さんが監修してる2005年発売の本。今や完全に過去このこととなってしまったムツゴロウ動物王国。その勢いも完全に失った頃にリリースされた本だが、中身は今までの躾け本とは違って、犬を触ってる数が他著書とは圧倒的に違う王国のメンバーがまとめあげただけはあると思える内容。人間が食べるものは与えてはいけないとされてる他著書とその部分だけでも解釈が大きく違う。もし、大福がまだ幼犬だった頃にこの本と出会っていたら、大福にはもっと違った接し方をしていただろうと思える本。

b:『すぐわかるあなたの犬の知能指数』 ISBN: 4789718921 ソニーマガジンズ

メリッサ・ミラー著/高橋恭美子さん訳で2002年発売の本。この本はタイトルがまずダメ。ワンコの知能指数についてなんか全く知りたくもないから、本屋でこの本に出会ってもまず買うどころか借りても読まなかっただろう。この本は知人より薦めあれて読んだ本。
ところが、内容はすごく興味深く面白かった。愛犬の知能指数をするために設問があるのだが、この設問に答えるためには飼い主としての視点や接し方を自分自身が考えねばならない。この部分が、飼い主にとっては大きな発見となる。そして、世界中で語られてるワンコに関する寓話が多く紹介されてる点も面白い。

こんな寓話があった。
この世に最初に登場した男女に神が最初に与えた膨大な仕事の中の一つに動物たちの役割について決めるということがあった。男女のところに動物の代表が集められたその瞬間、人間と動物たちの間に大きな地割れが起きて両者を分断した。男は叫んだ。「自分と共に生きたいものは、割れ目を飛び越えてコッチに来い」と。だんだんと広がっていく割れ目を命がけで飛び越える意思と勇気を持っていたのは数多い動物の中で犬だけだった。言われた瞬間に考えもせずに飛び越えた犬は前足だけ地面に触れてぶら下がった状態だったが、男に手を差し伸べてもらい引き上げてもらった。これが犬と人間の長い付き合いの始まりだという。

c:『愛犬マックス・誘拐DOGNAP』 ISBN:9784198617073 徳間書店

関口哲平さん著で2003年発売の小説。タイトル通り、マックスという犬が誘拐される話だ。ただ、人間を誘拐する場合と大きく違うのは犬を誘拐しても日本の現状の法律では「器物」を盗んだことにしかならない。モノを盗む・・・そう「窃盗」にしかならないのである。 バカ飼い主(溺愛型)にはタイトルからして想像がつくだろうし、自分に置き換えればゾッとしてしてしまう小説である。文体のソフトタッチなので読みやすいし、現実にあり得そうな話で怖いと言えば怖い。

2009年12月16日(水) ■ お邪魔虫 ■ 大福:生後2799日目 

いつもの散歩コースに見知らぬ影と物体が・・・。ううむぅ、どうやら何かの撮影みたいだ。規模からするとCM撮影なのかなぁ。まぁ、何の撮影かはどうでも良いのだが、そこら一帯は、大福さんのお仕事候補地なんですけど・・・。と言っても仕方ないので、そこを回避して先のポイントで無事にお仕事終了。帰りにも撮影地区を通って警備員さんに訊いたら、朝の5時半から皆集まって準備をしてたとか・・・。んー、ご苦労さんと言いたいところだが、大福のお仕事場を使用されるのはチィーとばかり困るのであーる。要するに邪魔というか・・・。

いつもと背景が違う。 何やら人も多いし。 警備の人もいるし。

2009年12月15日(火) ■ 寒いフジ ■ 大福:生後2798日目 

夕方の散歩は、潮風公園からグルッとお台場を散策。夕景時の一番イイ時間帯なのに何と人の少ないこと。カップルもほとんどいないし、この頃、都内に湧いてる中国人の団体もいない。せいぜいるのは、お年寄りのカメラ同好会のようなサークルの人だけ。昨年ぐらいまでのこの時期なら、もっと人の出も多く活気があったのに・・・。
それもそのはず、フジテレビ前の広場にはクリスマスデコレーションはほとんどなく淋しい限り。これじゃ人も集まってこないわな。フジテレビから派手さを抜いたら何が残るの?と要らぬ心配まで。
気温もさることながらお台場もかなりお寒い様子だったのでイソイソと潮風公園に戻っていつものように黄昏を楽しんだのであった。

電飾船も華やかというよりも寒そう。 フジテレビ前はもっと寒い。 メディアージュ側の階段で。

2009年12月14日(月) ■ 見合って見合って ■ 大福:生後2797日目 

今朝もお仕事場を求めてウロウロしてたらソラちゃんを遠くに発見。発見したはイイものの、ペタッと伏せ状態で待ちポーズのまま動かない。まぁ、いつものことなのだが、今日はちょっと意地悪して「(行っても)いいよ」と声をかけずに様子を見てた。どうするんだろうなぁと思ってソラちゃんを見たら、ソラちゃんも同じ状態で動かない。益々、どうするんだろうと興味がわいて、しばらく黙って様子を見てた。たまに「何で今日は何も言わないの?」と言うような顔をして振り返るが今日は黙ってた。動かぬこと約4分・・・ヤレヤレ。強情というのか頑固というのか何というのか、全然動く気配なし。ソラちゃんの飼い主さんがソラちゃんを促して寄って来てくれたので展開は変わったのだが、あのまま放っておいたらどうなったんだろうか?

動かぬこと約4分・・・。 ソラちゃんが来てくれた。 仕切る大福、追いかけるソラちゃん。

2009年12月13日(日) ■ スローサンデー ■ 大福:生後2796日目 

えーっと、大福は土曜・日曜・祭日など関係なくほとんど平日同じ生活パターンを送っているのである。これを飼い主は「偉大なるワンパターン」と称しているのだが・・・。特に朝の散歩に出る時間帯は一年を通してほとんど変わりない。

そんな「偉大なるワンパターン」であるはずの日曜の朝だったが、朝からバタバタしていて珍しく出発時間が遅くなってしまった。であれば、散歩コースも少し変えてみるかなと考えて、いつもと違うコースを歩き始めたとたんに柴後輩のソラちゃんにバッタリ。会ってしまったら黙ってる2人じゃないから走り回りでも始めるのかと思いきや、今度はこれまた後輩のチャールズくんも登場。こうなりゃ、野となれ山となれってことで大走り回り大会。しかも平地ではなく、ちょっとした斜面だったから、いつもと違う動きをして面白いこと面白いこと。所々に植え込みもあったりで、これは大福の大好物?なシチュエーション。朝から適度に心拍数も上がって楽しい朝練?になったようだった。たまにはスローな出だしもイイのかな。

チャールズくん、斜になって登場。 ソラちゃんも参戦。 大福、不意打ちで登場。

2009年12月12日(土) ■ 師走営業忙し ■ 大福:生後2795日目 

ちょっと用事があって新大久保まで。せっかくなので?大福にも一緒に来てもらった。帰りにコリアンタウンでランチをしてK-POPのCDを買って一路恵比寿へ。

おー、さすがにクリスマスモード。センター広場ではイベントのリハーサルなんかやっていて赤いサンタ衣装がいっぱい。陽射しコピーが暖かなことも拍車をかけたのか広場に来てる人の顔にも微笑みが多いような。今やってる何かの宣伝キャッチで「クリスマスまでが一番のクリスマス」みたいなニュアンスなものがあったけど、コレ、もしかして名キャッチコピーかも。だって、言えてるでしょ?コレって。

そんなクリスマスモードを楽しんでる人たちに大福もたくさん貢献。かなり大勢の人に囲まれて触られまくってた。そんな中に関西から来たらしき2人組の1人がひと言。「もぉ、東京に来て初めて癒されたわぁ」って・・・。いったい何があったの?

正面から囲まれて。 後ろから囲まれて。 やっと助け船登場。

2009年12月11日(金) ■ 木の葉隠れ ■ 大福:生後2794日目 

今日は雨降りの朝の散歩。しかも寒いなぁ・・・。と飼い主のトーンダウンを尻目に元気いっぱい。夜半からの雨は風を伴っていたようで公園の地面は落ち葉で黄色や茶色や赤色絨毯でビッシリ。

今朝のお仕事はそんな絨毯の上で無事終了・・・と思ったのも束の間。お仕事の形跡から一瞬目を離したらブツがどこにあるか分からなくなってしまった(汗)。まぁ、狭い範囲だし慌てずジックリ探せば問題ないだろうと思ったのが甘かった・・・。全然見つからないのである(鬼汗)。地面をくまなく凝視して探すこと軽く5分はかかったであろうか、ようやく保護色になってひたすら身を隠してたブツを発見した時の何とも言われぬ安堵感ときたら・・・。朝早くから何やってんだ?自分。

意気揚々とカーブに突入。 四肢の捌きも完璧? 更に加速。

2009年12月10日(木) ■ 無色透明風の如し ■ 大福:生後2793日目 

ワンコ達の集う集わない、遊ぶ遊ばない・・・などの基準とはいったい何なのか?いくら考えても邪念だらけの私めには分からない。きっと人間のように好き嫌いは当然あるのだろう。でも、それを相手にどのくらい感じさせるかというさじ加減のようなものはあるのだろうか?邪念だらけの者が考えるほど実は複雑ではないのかもしれない。シンプルだからこそワンコなのであろう・・・と、理屈では分かっていても自分がそう生きようとすると邪念だらけで実践できない。要するに愚かということなのか。無色透明風の如しの関係こそ、実は究めなのかも・・・。恐るべしワンコ達。

あれに見えるは・・・。 行ってみますか・・・。 威圧されてるでしょ?

2009年12月9日(水) ■ 国産純毛 ■ 大福:生後2792日目 

さすが12月も今時分になると、朝や夕方、陽が沈む頃はだいぶ寒くなってきた。
最近よく目につくのがハウンド系の若いワンコ達だが、どの子も細い体と短い毛で(当たり前)見るからに寒そう。今年初めての冬を迎えるようなので思わず「頑張って耐えろよ」と心の中でエールを送ってしまう。
それに比べて我らが日本犬の柴族は何ともフカフカで密集した毛が寒さなど微塵にも感じさせない。いったい我ら飼い主が柴犬の暖かさを体感するとしたらどのぐらい厚着をすれば良いのだろうか・・・。天晴れ、国産純毛。

遊んであげれば? やっぱり追いかけさせるのね。 お終いの合図の喝?

2009年12月8日(火) ■ 地域猫看板 ■ 大福:生後2791日目 

この地に来て半年以上になるが、あまり地域猫がいないなと思っていたのだが、すぐ目の前の公園に地域猫に関する立て看板(実際は、低いフェンスに貼られてるのだが)を見つけた。今まで気がつかなかっただけで、だいぶ前から貼られてあったであろうことは、その看板の傷み具合で分かった。

内容は正確ではないにしろ「この近所にいる地域猫は皆、去勢や不妊手術済みですので、どうか優しく見守ってあげて下さい。一代だけの短い命です・・・」というようなものだった。そうなんだ、心ある人(あるいは複数の人)が食べ物を与えるだけでなくちゃんと手術までしてあげてるんだ・・・とちょっと感動?した。何よりも最後の「一代だけの短い命です」のフレーズにググッと共鳴してしまったのである。

午前中の定位置。 ヘソ天で笑い寝。 視線を感じて目覚める。

2009年12月7日(月) ■ 旧地旧友 ■ 大福:生後2790日目 

シャンプーで旧地に参上。いつものようにシャンプーと診察を終えてからガッちゃんに挨拶しに近くの公園に(シャンプーと一緒に診察もしてもらえるのはホントありがたいことである)。

ガッちゃんは、用事を控えていたのでほんの挨拶だけと思っていたら、偶然、同期のジャックラッセルの空くんが通りがかった。一緒の町内に住んでいる時も成犬になってからは1年に何度も会えなかったのに、こんなタイミングで会えるなんて何とも大ラッキー。何しろ、大福は空くんが大好きだからね。幼犬のころは1時間以上も一緒にジャレ合ってたこともあるほどだから。

ものすごく久しぶりなのに当人達は何ともクールな挨拶?を交わし近況報告でもしていたのだろうか?このクールさが、いざサヨナラの時になると飼い主としてはちょっとググッと来るものがあるのよね。もっと、ホットに接しれば良いのに!いいの?もうサヨナラで!とヤキモキするのである。
そんな思いで2人を見てたら、空くんの飼い主さんに引っ越しをしたことを伝えるのを忘れてしまった(汗)。でも、実は引っ越そうが引っ越すまいがワンコの出会い的には影響ないのかも・・・。

ガッちゃんと空くんと。 そんな挨拶しかできんか? サヨナラはいつも淋しい。

2009年12月6日(日) ■ 休日景色 ■ 大福:生後2789日目 

昨日ほどの良い天気ではないが、そんなに寒くないのでいつも散歩コースは人がいっぱい。それもそのはず、昨日今日とガス会社がイベントをやっているようで模擬店がたくさん出店。ホットドッグやロコモコなどジャンク系の店ばかりなので、きっと食べこぼしもきっと多いだろうから明日の朝の散歩のワンコ達にたまらなく魅力的かもしれない。大福さんの数少ない自慢?の一つが、拾い食いはしない・・・なので大福は安心なんだけどね(オッホン)。人混みでの散歩はだいぶシンドイけど、たまに人混みに入って慣れをキープしておかねばね。頑張れ、頑張れ。
それにしても最近、人混み(雑踏)に入るとやたら中国語のサウンドが耳に入ってくるなぁ・・・。

ついに剣舞?まで出てきたか・・・。 イベントで人多いし・・・。 尻尾巻いて帰るか?

2009年12月5日(土) ■ 地味フジ前 ■ 大福:生後2788日目 

朝の散歩で潮風公園に行ったが何ともお天気が良くて気持ちが良い。しかも人が誰もいないってのが何とも贅沢気分にさせてくれる。あまりのお天気に公園内棲息?されてる数人の人も日光浴なのか皆さん出てきてたものだから、大福の尻尾は差し尾モード。んー、なかなか思うようにはいかないわな・・・。
1時間ちょっとの朝の散歩を終えて、帰る途中にフジテレビ前を見たら、あれ?巨大クリスマスツリーがないじゃないの!今の時期にないってことは、今年はやらないんだろうなぁ。派手好きなフジテレビでさえ経費節減ってことなのか?この不況の深刻さを思い知りながら通り過ぎたのである。ホントに今年はやらないのだろうか・・・。

何しようかね? コッチ系なのね? 付き合いましょか?

2009年12月4日(金) ■ 千代田詣で ■ 大福:生後2787日目 

今朝は天気も良いし暖かいしで、ついつい千代田の中心、皇居にお出まし。最初は、バス停車場側を歩いてたのだが、かなり怪しいたたずまいの人が目で数えるだけでも20人近くも芝生の上やベンチに寝転がっていた(ホームレスの人なのかなぁ)。大福にはだいぶ刺激が強かったようで、クルルンの巻尾がアッと言う間に差し尾に変身・・・。尻尾を巻いてならず、尻尾を伸ばして早々と皇居に移動。

皇居側は、うって変わって平和。訪れているのは修学旅行生の団体がほとんどで健全なこと。大福の尻尾もすぐにクルリンと巻尾に戻って元気いっぱい。私めが制止する?のも聞かず・・・極上の芝生に乱入。あとは野となれ山となれで大福任せ。修学旅行生に触られたり、警らの人達にも触られて、すっかり千代田のワンコを勤めてまいりました(滝汗)。

勝手に入っちゃった。 枝持参で。 『枝の舞・皇居編』。
木陰で小休止。 朝から人がたくさん。 修学旅行生だった。

2009年12月3日(木) ■ 雨のお仕事 ■ 大福:生後2786日目 

今朝は朝からしっぽりと雨降り。朝の公園に行っても誰にも会うこともなく公園外周をチンタラとウォーキング。こんな日はまずお仕事ナシだろうと思ってたら、急にクルクルと足下小回転・・・あら、珍し!雨の日のお仕事などいつぶりだろうか。嬉しい誤算に飼い主は気持ちが晴ればれに。大福は体がスッキリ軽くなったようで遊びのお誘い。誰ーもいない広場でボール遊びにいそしんだとさ。

公園方面、誰もおらず。 海方面も誰もおらず。 さ、帰りましょ。

2009年12月2日(水) ■ 写真ベタ ■ 大福:生後2785日目 

朝の散歩は車で出たので、その勢い?で国会議事堂、神宮外苑前、明治神宮あたりを軽く周遊。朝早いので人も少なくて良い感じだったのだが、撮った写真を見てガッカリ。下手くそ!・・・いつもデジビデで楽して手抜きで撮ってるものだから、いざデジカメで撮ろうとすると全くもって上手く撮れない。せっかく大福が仏頂面ながらジッとしてくれているのに・・・。さて、どうする?デジカメ勉強するか?それともデジカメ諦めるか?んー、大きな課題である。

国会議事堂が見えてないし・・・。 保護色みたいに見えにくいし・・・。 日なたが光りすぎだし・・・。

2009年12月1日(火) ■ 師走も元気に ■ 大福:生後2784日目 

今年も残すところあと30日あまり。今年は引越があったりで長いスパンで考えると大きな変化の年だったとのちに思うんだろうな、きっと。
そんな今年の締め括りである師走は、先輩ワンコ達との挨拶から始まった。挨拶と言っても名ばかりで、大福の態度たるやとても挨拶とは言えないような無礼ぶりで先輩ワンコ達も閉口気味。来年8才になる大福だが、先輩ワンコ達からすれば、まだまだ若いねぇ・・・と失笑されてるのかもしれない。そんな先輩ワンコ達の元気な姿に触れられて、ちょっぴりフンワリした気持ちになった飼い主なのである。

来年12才のジェット先輩。 先輩を出迎える姿勢ではないぞ。 来年16才のジョン先輩。


福と大福の間TOPに戻る