2010年6月の最初へ↓
2010年6月30日(水) ■ 車 ■ 大福:生後2995日目 

大福を見てると、車酔いするワンコがいることをつい忘れてしまう。車での移動が多い我が家にとって、車酔いしないでいてくれることは実にありがたいことなのである。本当はもっと感謝しなくては。
車酔いって遺伝性なのだろうか?それとも単なる慣れなのだろうか?ワンコの生態や習性については解明できないことがまだまだ山ほどあるって事なのだろう。

大福には車に慣れて欲しかったから、散歩デビューした頃からたった50mほどしか離れてない公園に行くにも車で移動してたことを思い出す。ワンクチンの接種などで病院に行く時だけ車に乗せてたら、車=嫌なところに行く道具・・・との認識をしてしまうだろうと思ってのことだった。
それが功を奏したのか、あるいは元々、全然大丈夫だった子なのか知る術はないが、大福は今でも最低一日一回は車に乗っている。車=楽しいところに行く道具・・・との認識を間違いなくしてくれてるようである。

風呂に入っているようにも見えなくない。 希にこのまま前に来ることもあり。 鼻がくっついてるんですけど・・・。

2010年6月29日(火) ■ 汗 ■ 大福:生後2994日目 

ワンコには汗腺がないので汗をかくことはない。ただ肉球には汗腺があるらしいが、汗らしきを確認したことはない。本当に汗をかくのだろうか?肉球。

もし、ワンコが肉球だけでなく人間のように体中に汗腺があって汗をかくとしたら・・・。きっと可愛らしさに大きな変化が出るに違いない。だって、嫌じゃないですか、汗ダラダラかいて汗ビッショリのワンコって・・・。

集中も暑そう。 絶えず目線は獲物。 クチから突っ込んで怖くないのかね?

2010年6月28日(月) ■ 迷子ワンコの保護 ■ 大福:生後2993日目 

んー、旧地で迷子黒柴くんが保護されて当地の保護センターにいるらしい。引き取り期限が7月2日となっているから困ってしまう。

自分の前に迷子ワンコが現れたら困るというか弱ってしまうなぁ。それぞれの事情で関わり方はいろいろあると思うが、イイ機会なので自分なりの思いを少々。

関わるなら、相当な覚悟を持つ必要がある。関わった瞬間からまずその日は丸一日はつぶれてしまうだろう。可哀想という反射神経的な気持ちで関わるのだけは辞めたほうが良いだろう。

多くの場合は、管轄の保護センターや警察に連絡する事が多いようだが、ワンコの命の期限?を考えるなら保護センターよりも警察に届けるほうが良いかなぁ。それも迷子として届けるのではなく、落とし物として届けるほうが良いかなぁ。担当警察官がゴチャゴチャ言ったとしても拾得物としてまずは警察署内で預かってくれるから(1週間、場合によっては2週間)。但し、できるならフードやオヤツは届け人が毎日警察まで持って行ってやるべきかなと。その短い期間内に飼い主探しをしなければならないわけだが、それもかなり大変。飼い主探しについてはまた別の機会に。
そうそう、警察官で誰が犬好きかなんてことも署内で簡単に取材?できるので、その警察官に名指しで相談することもできるし大事だったり。

で、警察に保護してもらってる間に迷子ワンコの行く末がまだ決まっていなければ、保護センターに移されるわけである。保護センターに移るといよいよ具体的に命の期限が決まってしまうわけである。これも市町村によって違う場合があって、1週間から2週間という感じか・・・。
さて、保護センターに移ってしまってもセンター職員との交渉によって待遇や期限はかなり大きく変わってくる。コツ?は受け身にならずに積極的に質問なり希望なりを言ってワンコを守ってあげるべき。

迷子を保護することは本当に労力を要するのである。個人的には中途半端に関わって命の期限を与えてしまうぐらいなら、見て見ぬふりして放っておくべきかなとも思う時もある。フラフラして交通事故に遭うかもしれない。でも、それもその子の運命。偶然、新しい飼い主と巡り会えるかもしれない。それも運命。先のことは全く分からないが、少なくても命の期限を与えてしまうことには関わりたくないかなと思うのである。

以上、あくまでも個人的な思いであって、マニュアル的な強制ではないので悪しからず。

相変わらず人いないね。 誰もいないって。 ガッカリ・・・なの?

2010年6月27日(日) ■ さばけ、伸びーるリード ■ 大福:生後2992日目 

大福が仔犬時代ハーネスとセットでレキシブルリードなる長く伸びるリードを着けてた時期がある。ハーネスの痕が毛を分けてしっかりついてしまうのでハーネスをやめたのとほぼ同時に伸びるリードを使うのをやめた。それと、客観的に見て、柴犬には伸びるリードが似合わないように思えたこともある。だって、取っ手?のところが厳つくない?

この伸びるリード、けっこう扱いが難しい。町の中でビヨーンと伸ばして使ってる人もいるが、あれってリードこそ着いてるけどほぼオフリードと同じなのでは?と思ってしまう。でも、リード着けてるからイイってことよね?
一番難しいのは、広い場所でジャレ合ってる時。これはもう大変。ワンコは自由に動き回るからリードが飼い主の足に巻き付いたり、余所のワンコの足に巻き付いたりと大変、大変。夏時期なんか、ワンコのスピードの勢いで短パンから出てる足を擦って痛い!熱い!なんてことも多々ある。人間の足ですら痛いんだから、か細いワンコの足なんかに巻き付いたりしたらたまったものではない。実際、小型犬種の足に巻き付き、変な負荷がかかって足を骨折なんて話も耳にする。

激突事故も怖いけど、伸びるリードの絡まり事故ってのも相当に怖い。皆さん、しっかり伸びるリードをさばいてくださいな<(_ _)>

鋭角な富士山みたいだな、クチ。 全然、足元見てないんだけど。 イメージはもうLOCKしてるな・・・。

2010年6月26日(土) ■ 病院選び ■ 大福:生後2991日目 

週末限定の顔見知りワンコを遠目に見ながら朝の散歩。お仲間ワンコが激突事故で骨折して長期の休養を要してやっと散歩復帰できたことを知らぬではないだろうに、あんなに爆走させて大丈夫なの?激突予備軍にならないようにとちょっと心配。

病気や事故に見舞われた場合、動物病院のお世話になる訳だが、同じ病院なのに飼い主さんによっては評価が真逆であることなどよくあること。いったい、どこに基準を置いて判断すべきなのかと迷うばかりである。遠いより近い動物病院のほうが良いに決まってるが、近いからだけを動物病院選びにしてしまうのも何だかなぁと思ったり。一人総合病院の獣医師達。それぞれの得意分野専門分野で地域ネットワークのようなものができないのだろうか・・・。

被害者の会の面々とピッタリサイズな大福。 台所に熱い眼差し。 食後のひと時。

2010年6月25日(金) ■ 寝不足な朝 ■ 大福:生後2990日目 

朝の5時半近くまでワールドカップ予選リーグ、日本の第3戦目のテレビ中継があったせいか今朝の散歩はお仲間ワンコの出足も鈍く低調気味。キックオフが3時半じゃ、前日から起きててもツライし、一度寝てから起きるんでもツライわな。日本代表ファンは一度寝てからまた起きる。サッカーファンは、11時キックオフのスロバキア対イタリア戦から見続けてたという感じだろうか。そんな訳で、朝の散歩は公園を一回りして軽めに終了。

夕方の散歩は、防災公園(正式名称ではないな、きっと)に出没。こんなに広い必要があるのか?と思いつつも貸し切り状態の公園は嬉しい限り。いつもの小回りな持って来いとは違う遊び方が出来て大満足。それにしてもずいぶん湿気があるなぁ。

遠くまで投げてみた。 投げすぎたか・・・。 耳が怒ってる?

2010年6月24日(木) ■ 大丈夫なの? ■ 大福:生後2989日目 

走り回ってて何だかに激突したとかで左後肢薬指を骨折という難に遭ったチャールズくんと数ヶ月ぶり?にバッタリ。そんな事情も知らないから、大福は、走り回りに誘い込む。誘いに乗って?走り出したチャールズくんだが、そんなに走って大丈夫なの?ま、無理であれば飼い主さんが判断されるだろうから、ここは甘えさせてもらって遊ばせていただいた。とは言え、引き続きお大事に<(_ _)>

今朝は、もうちょっとでお仕事か?という時に余所のワンコが寄って来て、お仕事中止。あーぁ、あそこまでお仕事モードでクルクル回って腰落としてるのに何故に気づいてくれないのかなぁ・・・。で、「神経質なんですね・・・」って。ホント、頼みますよ・・・。

変な格好でコーナリング。 大丈夫なの?走って・・・。 大福もチェックしてるのか?

2010年6月23日(水) ■ 雨の日は、柴族の日とする ■ 大福:生後2988日目 

いよいよ梅雨ぽくなってきたか?と思わせるような天候にやっとなってきた。雨は我慢できるが蒸し蒸しジメジメを我慢するのはだいぶツライ。
そんな湿気多い雨の中をカッパ隊で出発。今日のお仕事は無理かなと思ってたら、意外にもソワソワし始めて、ヨイショと腰を落として無事にお仕事終了。いつものことだが、ポイント決まって腰を落としてもまだ安心できない。ブツが顔を出してやっと安堵するこの瞬間。大袈裟かもしれないが至高の満足感であり達成感なのである。いや、ホントに・・・。

お仕事終えて帰ろうかなと思ったら、視界の中に後輩柴のソラちゃんが・・・。どうなのかなぁ、お仕事終わったのかな?それともこれからかな?などと要らぬ心配をしたり。それにしても、かなり長い時間、公園をウロウロしてたのに、出会ったのはソラちゃんだけ。いや、道路の反対側を歩く黒柴も見かけたっけ。
やはり、雨の日に出会うのは柴族がほとんど。皆、家の中では用足しもお仕事もしないのね・・・。

どうも。 久しぶりじゃないの。 雨は柴組だけだった・・・。

2010年6月22日(火) ■ マンネリこそが幸せ ■ 大福:生後2987日目 

昨日、iPhoneのOSがアップグレードされるとのことだったが、寝る前の時点ではまだ新OS、iOS4は公開されてなかった。よくよく考えてみると、世界のどこの時計を基準に考えて「昨日(6月21日)と言ってるのか分からないもんね(実際は、夜中の2時からアップグレード可能になったらしい←後日談)。

朝方の4時半ぐらいに目が覚めた。あと1時間ぐらいは寝られる時間だったが、iOS4も気になったので起き上がってパソコンに向かう。iTunesを立ち上げたらアップグレードできそうなので早速スタート。噂では3時間ほどかかるなんてことも書いてあったのでちょっと心配したが、結局、20分ほどでアップグレードできてしまった。

そんなこんなで、いつもよりちょこっと早めに家を出た朝の散歩。朝のお馴染みの面々と出会えていよいよ本日も開始。こんなマンネリこそが実は、一番の幸せの実感なのかもしれないな。

日影に集う。 薄日で走る。 満足顔。

2010年6月21日(月) ■ ダブル分離不安? ■ 大福:生後2986日目 

今日はシャンプー日。いつものように散歩を終えてから旧地にGO。引越してから1年以上経つが2週間に一度旧地に来てるから大福も飼い主もあまり違和感を感じない。さすがに知り合いワンコに偶然出会えることは、この頻度で訪れていればいずれバッタリ出会うこともあるだろう。

大福のシャンプーコースは、爪切り、肉球間のむだ毛のカット、耳掃除、肛門腺絞りなどのメンテ。そして、シャンプーしてもらってから、生意気にもマイクロバブルバスなるも入浴付き。このマイクロバブルバス、本人的には気持ち良いらしく、今日のカルテにも「入っている間、ずっと眠ってました」なんて書いてあった。コックリコックリ居眠りしてガクーンとなって目を覚ますこともよくあるとか・・・。

それらのコースをだいたい1時間30分ほどで終了するのだが、終了してからトリマーさんが電話を入れてくる様子をどうもちゃんと分かっているようで、迎えに行くと、いつも出口のガラスドア前に陣取ってコッチを見ている。今日もガラスにへばり付いていたが、私めの姿を見つけると気が急いて大騒ぎ。はしゃぎすぎてキラーチョークで首が締まってゲホゲホ咳き込んでしまうほど。たった、1時間半程度なのに何とも大袈裟な大福なのである。かく言う、飼い主も大福に負け自劣らずの分離不安症であり。大福のことは言えないのである・・・。

シャンプー後は、恒例?のガッちゃん詣で。仲良く一緒に軽歩きをしてから家路についたのだった。

ドア開くまでもどかしい様子。 ひゃぁ、来たぁ! この後の平耳、撮れなかった。残念。

2010年6月20日(日) ■ 白戸系? ■ 大福:生後2985日目 

朝の散歩をこなしてたら遠くのほうに白い立ち耳姿を発見。白柴?にしてはちょっと大きい感じ。てことは珍しく紀州犬?と思って近づいて行ったら、その大きさは紀州犬どころの話ではなく相当に大きい。誰?何?と飼い主さんに訊いてみると「シェパードです」と、何ともシンプルなお答えが・・・。

そっかぁ、白いシェパードか。立ち耳だとつい日本犬をイメージしてしまうほうがイカンわな。白シェパードくん、横にボーダーコリーを帯同していたが、ボーダーが何と小さく見えることか。興味津々に匂いを嗅がせてもらってる大福は、ボーダーよりも更に小さく見えたのだった。

シェパードだってよ。 大きな尻尾だねぇ。 見られてるし・・・。

2010年6月19日(土) ■ 実のない朝散歩 ■ 大福:生後2984日目 

朝起きて外を見たら雨降り。久しぶりに雨の散歩になるかと思ってカッパを装備。ところが、外に出たら雨が降ってない。カッパ脱ぐかと思ったが、ま、多少は腹当ての役目もするだろうと思い、そのまま朝の散歩に出発。
週末なので誰かいるかなと思ったが、足場も悪いし時間帯も早いわで誰もおらず・・・。雨上がりの上に気温も急上昇で地面から湿った熱気(水蒸気)でムンムン。これはたまらんぞと早めに散歩を切り上げて退散。何ともパッとしない朝散歩になってしまった。ガックシ。

誰もおらず。 八つ当たり? 大人しく退散。

2010年6月18日(金) ■ 一筆書きロード ■ 大福:生後2983日目 

今日は午後から雨だ!って天気予報がしつこく言ってるのにもかかわらず、何を血迷ったか軽井沢にGO。特にアテもない急な出陣なのでお気楽に10時前に出発。箱崎から首都高速に乗って外環、関越とスムーズに進行。雨はとりあえずナシ。高坂サービスエリアで小休止。人も案外少ないかも。道はその後も順調で碓氷軽井沢インターにはお昼頃到着。チンタラ旧軽井沢に行って、小腹が空いたので『川上庵』で蕎麦。少ないバリエーションゆえ仕方ない選択か。

『わかどり』でむしりでも買って帰るかと電話しても出ない。ダメ元で冬場営業用の番号に電話したら25日まで臨時休業とか。別に休みはイイけど、電話でアナウンスぐらい流しておけっての、ったく。観光地の殿様商売でも成り立つところが羨ましいぞ。そうなると、むしりが食べたいので、以前、柴友のゆうちゃんの飼い主さんに教えてもらった佐久のお店に電話したら営業中とのこと。焼き上がりに1時間ほどかかるとのことで、小遊びしたらちょうど良いと考え予約。

そうこうしてたら雨がポツポツ。ありゃ、天気予報当たりかい!佐久まで行かねばならないし、雨も降ってきたので大福の水遊びはまたの機会にして、中軽井沢で軽くひとっ走りして佐久に向かう。初めての地だったが、持参したiPadのGPSが思いのほか役に立ちスムーズにお店に到着。80才代後半と仰ってたおばあちゃんが元気に応対してくれてブツをゲット。
さぁ、ここからどう帰るか?佐久から高速に乗れば戻りの時間帯も読めるが、せっかくだから初めてのコースも体験してみるかと清里方面に向かい中央高速経由で帰ることに。一般道ながら信号があまりないので意外に早く高速乗り口に到着。かくして初の中央高速利用の戻りとなった。高速ではだいぶ雨も強くなってきた。談合坂サービスエリアで休憩したのだが、ここのサービスエリアはお店が充実していてビックリ。今度また来てみたいなと・・・。

中央高速から首都高速に入り、外苑前で降りて銀座で食材を調達して帰宅。いやぁ、今日は同じ道を通らず、ほぼ一筆書きで周って来たことになる。雨ではあったがなかなか面白かった。今後の選択肢も増えたかもしれない。
すっかりお疲れの大福は、夕食後は一目散にベッドに行って爆睡。就寝前の用足しタイムまで全く起きてくることはなかった。今日はご苦労様&お疲れ様。明日は休息日にしようね。

サービスエリアでお強請る。 今日は蕎麦ってことで。 注文の出待ち。
揚げ餅蕎麦。 キャンター気味に走る。 加速中。
尻尾で舵取り、クイックターン。 更に加速。 〆は、むしり。

2010年6月17日(木) ■ 見極めは飼い主 ■ 大福:生後2982日目 

ワンコ関連のツイッターに限って言えば、その利便性というのが今イチ理解できないまま今に至ってる。迷子ワンコの情報などは即効性あって便利なのかなとは思うかなぁ・・・。

そんなツイッターの呟きの中で見つけたのが、愛犬の失踪事件。これが単なる迷子や脱走と違って、ペットホテルに預けてての脱走と言うから驚いてしまう。これは飼い主にとってはダメージがデカイ。自分の不注意、過失によって迷子にしてしまっただけでも大きな後悔となるのに、第三者、それもペットホテルという仕事を生業にしているところが原因では悔やんでも悔やみきれないだろう。飼い主さん側からの報告だけだと、事件後のペットホテル側の対応も相当悪いとか。何だかなぁ・・・である。

この飼い主さん、このホテルを利用するのは初めてのことらしく、もっと調べて預けるべきだったと大きな後悔をされていた。悲しい思いをしてるのにムチ打つつもりはないが、この「調べる」という行為は非常に大事だと思われる。再三、くどく言ってるが、ワンコをとりまく世界、いわゆる犬業界はかなり前時代的である。もっと言えば、物言わぬワンコを相手に商売してることをヨシとして不誠実な仕事ぶり目立つ業界と言っても過言ではないだろう。

良い業者、悪い業者を見極めるのは飼い主しかいないのである。そして、その見極めは飼い主としての大きな責任でもあると言っても良いのかなと。愛犬は自分で選べないからね。

お仕事の場所決まった? カラス見てる場合じゃないでしょ。 念入りすぎるわ!

2010年6月16日(水) ■ 人形町で昭和る ■ 大福:生後2981日目 

TBSの日曜ドラマ『新参者』の放送で人形町が一大ブレイクしているとか。町がテレビの影響で活性化するのは嬉しい反面、人形町で美味しいトンカツを食べさせてくれる『そよいち』からのツイッター報告?によると、車上狙いの被害や、ひどいのでは町内飲食店のショーウインドウのガラスを割れたりと物騒なことも起きているとか。人が集まることが良いことばかりではないことを今更ながらに思い知る。

そんな人形町の『美奈福』におでんを買いに出陣。この店に限らず人形町には、何となく昭和レトロの雰囲気を醸し出している老舗店が多い。昭和レトロと言えば、欠かせないのは柴犬。早速、大福も店前で昭和レトロしておりました。

昭和30年代な感じなのかなぁ。 店前に回って。 匂いをいただく・・・。

2010年6月15日(火) ■ 一転、ピーカン ■ 大福:生後2980日目 

今日で全国が梅雨に入ったそうだが、関東圏は何を血迷ったかピーカン。朝から急激に温度が上がったものだから、芝や草から水蒸気がドンドン出てて、地面近くはかなり暑い。
でもって、気休め程度にしかならないだろうが、久しぶりに腹当ての登場。毛葺きのせいと思いたいが、首周り胴回りともキツメであるのが大いに気になるのである・・・。

んー、晴れてるねぇ。 地面付近は蒸発気で暑いぞ。 黒柴ちゃんと。

2010年6月14日(月) ■ 梅雨入り ■ 大福:生後2979日目 

関東地方も今日から梅雨入りとか。毎年のこととは言え、あまり好きじゃないなぁ梅雨時は。好きな人などいないと思うが、農作物を始めとする自然界のバランスを考えると梅雨も大事な生活イベントであるということなのだろう。
しばらくはカッパ隊を組織して梅雨の散歩を楽しめる術を探すことにしますかね?

誰もいないと思うよ。 じゃ、帰るってか! トボトボ。

2010年6月13日(日) ■ 体重の境目 ■ 大福:生後2978日目 

犬社会に寄り添って生きていると疑問に思うことなど山ほどある。その中には医療関係に関するものがある。動物病院の形態を見ると個人開院型が一番多いようだ。そう、人間であれば個人医院になるわけだ。人間の個人医院の場合なら、専門分野が看板なりに表記されるのだが、犬関連のいわゆる動物病院だと「動物病院」と漠然と表記される・・・何だかなぁ、である。外科、内科、眼科、産婦人科など全て受け持ってしまうわけである。そして、思うのである。獣医師の中のどのくらいの医師が最初から獣医師を目指してたのだろう?と。

動物病院と付き合いをして一番最初に驚いたのが、薬などの量が体重によって区分けされてることだ。
例えば、

フィラリア フロントライン
・5.6kg以下
・5.7kg〜11.3kg
・11.4kg〜22.6kg
・22.7kg〜45.3kg
・45.4kg〜67.9kg
・68.0kg以上
・10kg未満
・10kg〜20kg未満
・20kg〜40kg未満
・40kg〜60kg未満
・60kg以上 

まるで、宅配便の料金表みたいな扱いである。
大福は、只今、9.3kgほどが平均体重。フロントラインなんか700g増えたら、与える量が変わることになる。

そして、この区分けとほぼ同じなのが、手術の際などに使用する麻酔の量だ。9.5kgのこと10.5kgの子で麻酔の量が区分けにより違ってくるのって何とも恐ろしい気がしてならない。
下の黒柴くん。体重が、ほぼ大福の倍近い巨柴くんだ。こんな2人を見ていると、あれやこれやと犬社会の理不尽さとか難しさを考えさせられるのである。世界中のワンコ達、皆、ギネスに載るほど元気で生きろよ。あっ、黒柴くんが病気とかの意味ではないので。

黒柴くん(また名前訊くの忘れた・・・)。 このアングルだとさほどの違いは・・・。 こなると大きさだいぶ違うなぁ。

2010年6月12日(土) ■ 房総?暴走? ■ 大福:生後2977日目 

今朝は、九十九里に出発。週末のディズニー渋滞も難なく回避して、家を出てから九十九里まで1時間かからなかったかなぁ。
車を停めて、浜辺に向かうのが分かってるんだろうなぁ、大福は珍しくリードを引っ張ってグイグイ。おいおい、名前通りにキラーチョークになってしまうぞと言わんばかりの勢いだった。一年に何度も来ないのに、嬉しい場所や楽しい場所はちゃんと覚えてるんだねぇ。

浜辺に着いてリードを外したらもう大変。大福の嬉しさの針はいきなりレッドゾーン。走ること走ること。一人で無我夢中に走り回るものだから、ビデオカメラがついていけない。フレームから大福がすぐに消えてしまう。こんなに喜んでくれるならもっと連れてきてあげないね、と妻との話。
梅雨入り直前の最後の晴天になりそうな天気だったので、陽射しも強かったが、海風が心地良く大福も我ら夫婦も九十九里の海を楽しむことが出来た。帰りの車中で大福は、爆睡王選手権王者の如くグッスリ。家に戻ってシャワーで軽く砂と海水の洗い流し。疲労度もピークに達したようで、夕ご飯まで再び爆睡。大福の爆睡の姿こそが我が家の平和の象徴なのである。

ところで、九十九里も房総で良いのか?

砂塵をあげて激走。 足裏も冷たくて走りやすそう。 貝に過剰反応。
ボール遊び開始。 けっこう波高だったけど楽しそう。 意気揚々。
楽しくて?仁王立ち。 喉渇いたねぇ。 顔、砂だらけだし・・・。

2010年6月11日(金) ■ 見解やら概念やら ■ 大福:生後2976日目 

昨日の朝の散歩で、公園横の道で知り合いワンコ達と話をしてたら、公園管理員のオッサンに「ちゃんと繋いでぇ」と注意を受けた。公園には「引き綱をつけて散歩・・・」など書かれてるから注意されて当たり前だ。

ところが、東京都が定める犬に関する条例というのは、ジャジャ漏れ条項ばかり。もちろん、オフリードはイカンと定められてるのだが、と同時に特例事項などもあり、その特例事項に該当する犬・・・実は、ほとんど全員なのである。屁理屈と言うことではなく、どう解釈しても該当する犬はオフリードでも大丈夫なのである(大福なんか2項目も該当してる)。しかし、オッサンとっつかまえて折りたたむように、それらを論じても時間とエネルギーの無駄でしかない。ましてや、一緒にいた飼い主さんが今後、目を付けられてしまうのもナニなので大人しくその場をやり過ごしたとさ。

あっ、でも、公園に誰もいないから、ワンコを放した・・・との考えは間違い。人によっては、犬がオフリードで遊んでるから公園に入らないという人もいるだろうから。同じような景色であっても見解はだいぶ違うものである。

オフリードに関してはダメを前提に論じられることも多い。そして、オフリードダメ派にとっては「リードは、愛犬の命綱」なる言葉が伝家の宝刀のように崇められている。確かに命綱であることは間違いあるまい。
しかし、リードを着けてるワンコは皆同じに見えるが、リードがなくても飼い主の指示に従える子がリードを着けてる姿と、どこにすっ飛んでいくか分からないからリードを着けてる子とでは、実は天と地ほどの差がある。前者だから、リードを着けなくても良いとはもちろんならない。リードがなくても大丈夫だけれど念には念を入れてリードを着ける・・・これこそが本当の「リードは、愛犬の命綱」なのかなと思うのである。

仮にリードを着けないで事故に遭遇。ほれ見たことか・・・と言われることだろう。しかし、人間だって一寸先は闇。まともに交通ルールを守って歩いてても事故に巻き込まれることなど、毎日のテレビのニュースで報道されない日はほとんどない。
しかし、死を含むアクシデントは運命以外の何ものでもないと考えるしかないのでは?と思うのである。ワンコは人間と違って、死に対する概念など皆無。「危ないから」、これはやめよう・・・と考えるのは人間だけ。ワンコは、「怖いから」、これはやめよう・・・と判断するだけ。この差こそが、人とワンコの大きな差なのである。

本日の現地調達。 「バットの舞」? 終わったら置いておこうね。

2010年6月10日(木) ■ 連歩 ■ 大福:生後2975日目

今日は、朝一からガッちゃんと合流。羽田方面にちょこっと下見に(ガッちゃんママの用事)。第1と第2ターミナルの位置関係を確認しに行ったのだが、羽田近辺の通行表示はかなり見にくいのでビックリ。表示板が見えるタイミングが遅すぎるのである。あれじゃ、間違えて違う方向に進んでしまう人もきっとお多いだろうし、慌てて行き先修正などしようものなら事故でも起きそうな感じもした。もう少し考えて設置すれば良いのに・・・。

チャチャッと羽田の用事を終えて、今度は私めの用事で浜町方面へ。何を血迷ったから明治座に用があったのである(チケットのピックアップだけなんだけど・・・)。せっかく?浜町まで来たので、久しぶりに浜町公園を散歩。公園から隅田川沿いの遊歩道まで軽く一周回ったが、この辺りも、今放映中のTBS日曜夜のドラマ『新参者』によく登場するのでミーハーと言えばミーハーか。

今日はけっこう気温も高く陽射しもキツイ。なのに、ガッちゃんと大福は、離れて歩けば良いのに何故か体をピッタリ寄せ合っての連歩。単に馬が合うと、ひと言で片づけて良いのか?と思うほど、この2人の関係は面白い。仲が良いのはもちろんだが、それぞれがそれぞれに対して一目置いてるというのが正しい関係なのかもしれない。面白いねぇ、チミ達は・・・。

暑いのに幅寄せ。 隅田川も暑そうな水色になってきた。 一応、花姫号ってことで。

2010年6月9日(水) ■ 若芽摘み ■ 大福:生後2974日目 

少子化傾向で日本の将来が不安視されてる世の中なのに、ペット、特にワンコの数は右肩上がりで増え続けているとか。その傾向が正しいであろうことは、日々の散歩の様子を見ていても頷くことができる。パピーの数がかなり多いもの。

大福も当然ことながらパピー時代はあったわけで、散歩デビューから始まって、先輩ワンコや先輩飼い主さんに「ワンコ道」を教えられながらワンコ社会の一員となったのである。余所のパピーの子を見ていると大福のパピー時代と重なって懐かしい。特に、柴っ子パピーを見ると懐かしさはひとしおである。

そんな柴っ子パピーに、先輩風を吹きまくる大福。どう思いながら洗礼を浴びせているのだろうか。ジャレ合ったり、怖い顔したりして「柴道」を教えているのだろうと思うのだが、見ようによっては、単に、若い芽を摘んでいるようにしか見えない時もある(汗)。

あずきちゃん登場で、この耳。 やられてるね。 ガブッ!

2010年6月8日(火) ■ 下向き歩き ■ 大福:生後2973日目 

相変わらず公園や広場には放置ウンチが多い。絶対数が多いから断定は出来ないが、ウンチの大きさを見る限りでは圧倒的に小型犬種のものが多い・・・。これだけ放置ウンチが多いと、歩いてて踏んでしまうことも多いかと思うのだが、少なくてもここ2年ほどは自分では踏んでいないように思う。

記憶を遡って子供の頃のことだが、どうだったのかなぁ、当時はもっと放置ウンチが多かったのかなぁ。ワンコに対しての意識も飼い主としての意識も今時代よりは低かったと思うから、放置ウンチはもっと多かったのかもしれない。だからなのか、子供時代はウンチを踏んでしまうことがかなり多かったように記憶している。
それは、放置ウンチが多かったと言うことだけではなく、子供の時ってあまり下を向いて歩くなんてことがなかったように思えるのである。だから、放置ウンチに気づかない。だから、踏んでしまう・・・。

それが、大人になるにつれて下を向いて歩くことが多くなってしまう。別にウンチに気をつけて下を向いて歩いてるのではないが、うつむき加減なのかもしれない。結果的にウンチを踏むこともなくなってしまう・・・。
何だか、ちょっと悲しいなぁ。ウンチは踏みたくないけど、子供の頃のように下など気にせず、しっかり前を向いて歩きたいな。

オーバーラン。 今日も現地調達ボール。 黙ってると、かなりこの体勢が続く。

2010年6月7日(月) ■ 話しかけ ■ 大福:生後2972日目 

今日はシャンプーの日なので、朝の散歩を終えて旧地に移動。仲間の犬名人?に昔から「犬に言っても分からないだろう・・・との考えは捨てて、いっぱい話しかけることが大事」と言われてるので、大福にはとにかくいろいろ話しかけている。特に、大福にとって嫌であろうことは直前に話すのではなく前もって話すようにしている。
今日のシャンプーも夕べから話して説明していたので、大福はきっと理解に近いものはしてくれてるのではないかな?と。

今日も無事にシャンプーと獣医師の健診も終えて、いつものようにガッちゃんにご挨拶。最近は、お昼頃もだいぶ暑くなってきたので一緒に散歩というわけにはいかないが、挨拶をしてお互いを確認し合うだけでも大きな意味は存在すると思うのである。離れてはいるが、一番、顔合わせてるのは、案外、ガッちゃんかもしれないゾ。

忍耐・・・。 もう終わりそう。 マイクロバブルバスの始まり。

2010年6月6日(日) ■ 新入りチェック ■ 大福:生後2971日目 

大福は、予定調和を乱すモノにはなかなか厳しい。出かける時に忘れないようにと玄関前にモノを出しておくと、いつの間にか近寄ってクンクン匂いを嗅ぎチェック。その逆に、何かの届け物が来て玄関にとりあえず置くと、一目散にやって来て匂い嗅ぎチェック。自分に関係ない時など去り際に「フン!」とか鼻まで鳴らして踵を返す始末。なくて当たり前のところに何かがあったり、あるべきところにモノがなかったりすると大福的には一大事のようである。

今日のニューカマーはいつもより厳しい洗礼を受けていた。ややもすると大福は、自分の占有時間を奪われるかもしれないとの危機感でもあったのだろうか?いつもなら匂いを嗅いで「フン!」で終わるはずなのに、今日のニューカマーには押さえ込みをしたり、ツメを立てたり、挙げ句は咥えて振り回してもいたほど(汗)。ま、相手も無抵抗だったので、チカラ関係を誇示して一応落着したようだったが・・・。

まずは両手で押さえ込み。 ツメもギッチリ立ってるし・・・。 もう勘弁してあげて。

2010年6月5日(土) ■ お披露目前 ■ 大福:生後2970日目 

大福がいつも一人占めしている公園。実は、まだ正式にはお披露目していないとのこと。うん、言われてみれば確かに一部が完成していないようにも見えなくはない。いつ、正式にお披露目となるのか分からないが、好き勝手に遊んでられるのもそう長くはないのかな。つまらないけど仕方ないわな。

上昇志向? 足元気をつけてよ。 ずっと見てるねぇ。

2010年6月4日(金) ■ 嬉し、現地調達 ■ 大福:生後2969日目 

散歩バッグの中には、ソフトタイプのフリスビーとボール数個が入っている。しかし、入ってるのはそれだけでなく、短めの枝が2本とワインのコルク栓なども入っている。あっ、それと松ぼっくりも・・・。
お金を出して買ったオモチャも嫌いではないようだが、何よりも好きなのは散歩途中で見つけた枝や松ぼっくりなどのほうがより好きなようだ。エコ?そんな意識があるのかどうか。或いは、家計を思ってのことなのか・・・くくっ、涙。

そんな訳で、今朝も現地調達のボールで楽しげに遊ぶ遊ぶ大福なのだった。

デカイよね?それ・・・。 横見はそうでもないか・・・。 やっぱ、デカイわ。

2010年6月3日(木) ■ 懐かしき相互リンク ■ 大福:生後2968日目 

twitterで呟き始めて1ヶ月半弱。今イチどころか今サンも面白みのポイントが分からない。とりあえず、犬関連のフォロワーを対象に試行錯誤中。私めごときのつぶやきに興味を持ってくれてフォロー(閲覧登録?)してくれる人もいてありがたい。せっかくフォローしてくれたので、こちらもフォローさせてもらう・・・。

ん?何だかこの感触、昔あったぞ・・・。そうだ、個人ホームページが出来始めた頃の「相互リンク」に似ている。「リンクさせていただきました。相互リンクお願いします」。こんなフレーズのメールや掲示板への書き込みいっぱいあった時代だったなぁ。twitterでも「相互フォロー」とか言うんだろうか。

で、twitter。お手軽で昔のチャットの気配もあるけど、書き言葉として文章や言葉が荒れるなぁ。その点はではちょっと心配。注意せねばな。あと、誰かの一日の行動が分かってしまうのってのも、どうなのかなぁ。

ジョン先輩だ。 おはようございます。 撫で撫で。ちょっと面白くないジョン先輩。

2010年6月2日(水) ■ 朝から嬉しいハプニング ■ 大福:生後2967日目 

今朝も昨日同様に気持ち良い朝の散歩。なのに、お仕事はする気があるようなないような・・・(結局、しなかったけど)。たっぷり時間をかけて歩いたり、走ったり、遊んだりでボチボチ帰ろうかなと思った時、前方より見覚えのある2ショットが・・・。あら?ガッちゃんじゃないの?何故・・・。
見慣れた2ショットだけど、背景と時間帯に慣れがなかったので一瞬、訳が分からない状態になってしまった。聞けば、朝早くの用事を終えてから会えるかもしれないという可能性に賭けてわざわざ大福の散歩コースまで来てくれたとか。ありがたや・・・。

で、あれば河岸を変えて一緒に散歩などと、築地、月島を経由してから、ガッちゃんには初めての公園をご案内。お天気は良くてもさほど暑くもなく梅雨前の穏やかな午前を一緒に満喫。何とも嬉しい朝のハプニングだった。来てくれてありがとネ。週明けにはこちらから出向くんでヨロシクです<(_ _)>

欲しい・・・。 欲しい、欲しい。 もらえなかった・・・。

2010年6月1日(火) ■ 2ショット ■ 大福:生後2966日目 

今朝も散歩しやすい天気の中、無事散歩も終了・・・と思いきや、いつの間にか視界の中に知り合いワンコが。何度も出会うわけではないが、出会えば挨拶を交わす知り合いワンコだ。今朝は、他にワンコもいなかったので挨拶だけに終わらず少しお話しをさせていただいた。お話を伺うと愛犬への愛情の注ぎ方が、私めの好みのタイプの方だった(偉そうな物言いであるが・・・)。やはり、愛犬との付き合い時間が長いと飼い主としての年輪も刻まれると言うことなのかも。その証拠か、高齢ワンコの飼い主さんほど愛犬との2ショットがサマになってるように見えるのである。

キャッチ。 手を突き出してぇ。 そのまま着地。


福と大福の間TOPに戻る