2010年11月の最初へ↓
2010年11月30日(火) ■ 明日から師走 ■ 大福:生後3148日目 

明日からもう師走。この時季になると毎年言ってるのが「一年はアッと言う間だなぁ・・・」との決まり文句。12月になれば巷ではクリスマスモードに拍車がかかるだろう。表参道のイルミネーションも今夜点灯式が行われたみたいだが、あそこは別にクリスマス限定ではなく年明け3日ぐらいまで点灯してるんだったよね、たぶん。

そう言えば、少し前までは千葉辺りの個人宅のクリスマス・イルミネーションが話題を集めてたが、昨年なんかはあまりテレビでも取り上げられていなかったような・・・。飽きられてしまったのか、或いは、不況で電気代節約で規模縮小してしまっているのか。

夕方の散歩は、大福のお膝元の商業施設にぶらり。ここにも当然、クリスマス・イルミネーションはあったが、今年は遠くからしか見られないようになっていた。その代わりと言っては何だが、ほぼ毎日光ってる企業のシンボリック・イルミの前でパチリ。んー、こうやって見ると大福は、小さいなぁ。小型犬種の中に混ざると大きく見えるんだが・・・。

帰り際に、施設内のペットショップを通り抜けたら、女性2人と男性1人のグループが嬉しいことに大福に興味を持ってくれて、しばしお話しを(相変わらず、大福名刺をお渡しして広報活動も)。柴が大好きで飼いたい気持ちが大きいとのこと。ぜひ柴族になって欲しいものである。柴族が増えるためなら、いつでも親善大使?いたしますので。

緑大福。 緑→赤大福。 ほぼ赤大福。

2010年11月29日(月) ■ 駆け足な夕暮れ ■ 大福:生後3147日目 

猛暑、猛暑と言ってたのは、それほど前のことではないはずなのに、秋が来て、いよいよ冬シーズン到来。それが証拠に、夕方暗くなるのが何とも早いこと。ちょっと夏時間のつもりで用事をしてると、まだ4時だというのにだいぶ薄暗くなってきてしまう。
そして、4時半から5時までの暗くなることの早いことと来たら、まるで駆け足でもしてるのでは?と思うほど。公園の防犯灯も慌てて点灯する感じだ。

今日の夕方の散歩。すっかり暗くなってしまった公園で、何ヶ月ぶりかにボノくんにバッタリ。この子達には、「久しぶりぃー」なんて感情はないのかも。会えば、昨日も会ったような顔してお互いを匂い嗅ぎ。アンタ達の交流の仕方は、ホント面白いねぇ。

大福、ちっちゃ。どこにいるか分からないほど。 あ、残念。後ろに富士山、肉眼だと見えてるんだけど。 久しぶりにボノくん登場。

2010年11月28日(日) ■ 正しい休日の過ごし方 ■ 大福:生後3146日目 

正しい休日の過ごし方・・・。

・朝の散歩。いつもの散歩コースは、週末限定のワンコ達で賑わっていて楽しそうではあるが、時間帯をずらすか、コースを変えるかしてノンビリゆったり散歩をする。
・家に戻ったら、陽射し良いリビングでソファーを利用して日光浴なんざしてみる。
・飼い主の昼ご飯にちょっとお呼ばれしてみる。
・夕方の散歩も遠くまで行かず、家前の広場で用足しをすませる程度にしておく。
・夕ご飯は早めに済ませ、『龍馬伝』終了の時間帯から、飼い主の晩酌とお茶タイムに便乗する。
・10時になったらいつものように家前広場で就寝前の用足しを済ませる。戻って、本日最後のオヤツ1欠片をゲット。
・歯磨きもいつものようにして、はい就寝。自分のハウスに小走りで向かう・・・。

これが、大福にとっての正しい?休日の過ごし方である。

よじ登り風。 ゴロン。 怠惰に観察中。

2010年11月27日(土) ■ 巨大トイレ・・・ ■ 大福:生後3145日目 

昨日、珍しくお仕事しなかったので、今朝は、場所の選り好みはさほどせずにするだろう。であれば、普段あまりお仕事したことない場所でお仕事慣れしてもらおうとビッグな公園に朝から出没。いつもは、夕方に来るこの公園、朝来る時はだいたい前日にお仕事してない時だなと気づく。

ま、これだけ広ければ広さの中心辺りで豪快にすれば良いのにと思うのだが、そこは考え方が違うのだろう。匂い嗅ぎをさんざんした挙げ句にポイントとして選んだ場所は、公園の隅っこのほう。やはり広い場所のど真ん中じゃ、360度に警戒網を張り巡らさないといけないから落ち着かないのか。それとも、単に狭いところが好きなのか・・・。
何はともあれ、帳尻合わせ?のお仕事も無事終了。体が軽くなったら、チャッカリしたものでボール遊びを促していた。

今日のトイレ・・・。 ポイント探し。 最終的には隅っこになる。

2010年11月26日(金) ■ 「待て」と「来い」 ■ 大福:生後3144日目 

人間の子への躾けは、独立を視野においてのものだが、ワンコの躾けは、服従を目的になされるはず。躾けなんてのは、躾けられる側と躾ける側のバランスが取れてないといけないと思うのである。一番簡単なところとしては、躾けられる側は、躾けを受ける権利を持っている。そして、躾ける側は、躾けを与える義務がある・・・と言うようなことか。

何だ、コイツは?と思うような野生人?なワンコ。気の毒である。バカ犬と呼ばれてることも多いだろう。しかし、バカなのは飼い主であり、極端に言えば、ワンコに責任はないのである。あくまでも躾けをしてあげない・・・そう義務を果たしてない飼い主の問題なのである。
こういう飼い主に限って、愛犬を愛しているから強い躾けは、可哀想との理屈になる。違うのよねぇ、服従できるようにしてあげることが一番の愛情なのだと思うのだが・・・。

愛犬がどこにすっ飛んで行くか分からないから、「リードは命綱」をバイブルの如き信じて決してオフリードにはしない。でも、短いリードを着けたままなら、いざと言うときにリードを踏んで暴走を防げるだろう。或いは、20mもの訓練用リードを着けて遊ばせたり、どこまで伸びるんですか?と訊きたくなるようなフレキシブルリードを装着して遊ばせる。
リードを着けないと、どこに行ってしまうから分からないのでリード着けるのと、リード着をけなくてもどこにも行きはしないがリードを着けるとのでは「命綱」の意味が全然違う。

警察犬になるわけではないから、訓練もどきの躾けなど必要ない。そう、「待て」と「来い」ができればじゅうぶん。「お手」も「お代わり」も「伏せ」も必要ない。2つだけ出来ればじゅうぶん。そのぐらいの躾けは飼い主の責任として義務としてしてあげなければ・・・と思うのである。

ヤメレ! 大福、ピンチ! チョイ?咬み。
大福、逆襲。マズルに縦皺。 立ち合い戦。 大福、それは咬んでるぞ(~_~;)

2010年11月25日(木) ■ 秋探訪お出かけ ■ 大福:生後3143日目 

今日は、午後スタートで、かねてから約束してたガッちゃんと一緒にお出かけ。Twitterで神宮外苑のイチョウがピークを少し越えたような情報を得ていたので、まずは神宮のイチョウ見物に出発。こんな情報がリアルで得られるのはTwitterの便利なところか。
246通りを赤阪見附のほうから向かったら、神宮への右折がかなり混んでいたので、こりゃ、車停められないかなと思ったが、運良く空きスペースが確保できてラッキー。早速、黄色い絨毯を踏みしめて神宮の秋を確かめる。当然、写真を撮るわけだが、我慢強く写真を撮られてるガッちゃんと大福に道行く人も声をかけてくれたり微笑んでくれたり。

今夜は、我が家で食事を一緒にしてもらうので、神宮から人形町へ食材を買い出しに移動。25日で道はそれなりに混んではいたが、さして支障もなく人形町に到着。大福、それまでずっと助手席で寝たのに、人形町に着く直前にムクッと起き上がって外をキョロキョロ。そして、すぐに『鳥近』に到着。
ちょうどお客さんの流れが切れたのか、オネエサンが車から覗いている大福を見つけて「大福ぅー」と声をかけてくれて店内へ。そして、大福の大好きなハツ串を持って出て来てくれた。そして、大福に・・・。いつもなら、大きな食べ物は食べないくせに、よほど好きなのだろう、ココのハツはひとクチで食べてしまう。でも、2つだけいただいて残りはお土産に。

『鳥近』で焼き鳥などを買い求めて、今度は六本木ミッドタウンに。5時から点灯するイルミネーションを見るためだ。ちょっと早く着いたので、ペットグッズ店で時間つぶし。ここで、ガッちゃんママから素敵なオヤツとオモチャを買ってもらってしまった。いつも、ありがとうございます<(_ _)>
5時になってめでたく?イルミネーション点灯。うわ、スゴイ!昨年よりスケールアップしてる。点灯前から大勢の人達がビューポイントを陣取るわけだわ。庭園の青色ベースのイルミパフォーマンスはもちろん綺麗だったが、個人的には人目を忍んで?地味に輝くシャンパングラスをイメージしたイルミネーションが好きだったかな。

急ぎ足でミッドタウンをあとにして、築地で妻と合流してデパ地下で食材を買い足ししてから家に到着。大福は、いつもガッちゃんチにお邪魔してるくせに、自分の家に誰かが来るのは全然歓迎でない。おいおい、世の中、そんなに思う通りにはいかないよ。ガッちゃんママは、そんな大福の性格?(柴の性格なのかも)を理解してくれてるので、遠慮してくれてたのだが、大福に世間の風を理解してもらうには良いチャンスなので、無理して来てもらった部分も実はあるのだ。
案の定、大福は家にいても落ち着かないらしく警戒モードギンギン。その点、ガッちゃんは大らかな性格なので、「どこでもホーム」状態。ホームのはずの大福がアウエーしておりました。
そんな感じも食事が始まると、ガッちゃんも大福も気になるのはテーブルの上のご馳走の数々。甘々飼い主のアホぶりもあって、仲良く今宵の宴に参加してめでたしめでたし。

ガッちゃん&ご家族様、今日は、我が儘な大福一家にお付き合いいただきありがとうございました。今後も懲りずに大福の社会勉強のお手伝いをよろしくお願いいたします<(_ _)>ガッちゃん、ありがとね。

イチョウ祭りの神宮外苑。 並木もまっ黄々。 見物の人に囲まれて。
ガッちゃん:「もう、イイんじゃないの?(ブツブツ)」 オヤツですね、はいはい。 もらえそうだよ。
ハツは、美味しいねぇ。 ミッドタウンの散歩ワンコ達と。 買ってもらっちゃいました(^o^)
5時からイルミネーションのパフォーマンス。 通りも綺麗。 シャンパングラスのイルミが綺麗。
2人ともお利口さん。 ライオンキングでハイタッチ!

2010年11月24日(水) ■ 愛し方さまざま ■ 大福:生後3142日目 

ウチの子(ワンコ)は、自分のこと人間だと思ってるみたい・・・とか、この子は家族同然・・・。愛犬を溺愛する言葉として常套句のように出てくるフレーズである。それだけ愛してるんだから、表現なんかどうでもイイじゃないか。とは思うのである。

ところが、そんな大事な大事な愛犬でありながら、フードのことを「餌」とか言ってみたり、単価どれだけ安いの?と思うようなフードを与えてたり・・・。そんなのを目の当たりにすると、可愛がり方の千差万別感を感じてしまうのである。
先日もあまりお見かけしない飼い主さんが、歩きながら他所のワンコにオヤツを1個ずつ与えていた。気がつくと、大福が匂い嗅きしてるところにも寄って来て与えようとしていた。あー、ウチは要らないのにと思った時はすでに遅しで、大福の目の前に何やら赤ぽいジャーキーのようなモノをチラリ・・・。この状況じゃ、大福、食べちゃうだろうなぁ、でも叱るわけにはいかないわな・・・と思ったら、大福、匂いを嗅ぐだけで、そのオヤツをクチにすることなく再び地面の匂い嗅ぎに専念。大福にしてみれば、恐らく「美味しくなさそう」と思ったのではないだろうか。もっと言えば、そのオヤツは匂い嗅ぎに勝ることは出来なかったと言うことだろう。

別に何でも高けりゃイイとは思わないが、可愛いだの家族だの言うなら、もう少し手をかけてもイイんじゃないのか?とは思うのである。前回、いつカットしたんですか?と訊きたくなるような洋犬も多いなぁ。
そもそも、シャンプーなんかにしても、臭くなり始めたからシャンプーするらしい。何か違うような気がするなぁ。被毛や皮膚の調子が悪くならないようにシャンプーするのが普通かと思うのだが・・・。ま、他所の家のことだから余計なことなんだろうけど・・・。

あ、一番最初の、ウチの子は自分のことを人間だと思ってる・・・だが、これは違うと思うのである。ワンコ達にとって、人間は二足歩行の犬だと思ってるのだと思うのであーる。

まだ、やりますか? どうぞ、お好きに。 激しすぎるぞ。

2010年11月23日(火) ■ 雨上がりの秋景色 ■ 大福:生後3141日目 

夕べは、けっこう雨が降ったみたいで朝は腹あてを着用しての散歩。しっとりコンクリートの上も濡れてていつも秋景色とは違う。すっかり見慣れた落ち葉の大群も今朝は、雨に濡れてそれぞれの葉っぱの色を引き立ててるようだ。そんな落ち葉の中に大福が立ち止まると保護色のようになって一体化してしまう。赤柴ならではの秋の景色である。

ある意味、保護色。 濡れ落ち葉がいつもより濃い感じ。 緑の腹あて。

2010年11月22日(月) ■ 犬の番組 ■ 大福:生後3140日目 

先週だったか、NHKのBSで柴犬の30分番組をやっていた。縄文柴と今の柴を比べて、今の柴族はいかにペットして適しているかを検証する内容とのことだった。しかし、内容は箸にも棒にもかからずのお粗末なものだった。何でお粗末になってしまうのか?
それはすごく簡単で、要するに犬のことがあまり好きではない・・・と言うか、興味がないスタッフが中心になって番組を作ってるからである。好きであれば、良い番組になるかと言えば一概にそうとは言えないが、好きだと言うことだけは画面から伝わってくる。今回の柴番組では、その好きであるの欠片すらも見えなかったし伝わってくるものは何もなかった。

今日の朝のフジテレビ『めざましテレビ』のコーナーに、いつも一緒に遊んでくれる後輩柴のソラちゃんが出演した。先日、ちょこっと話題になった猫の水の飲み方(1秒間に4回舌で水をすくうというやつ)を受けてか、犬だったらどうなのよ?との検証主旨である。
飼い主さんによると、水は予想通りあまり飲まなかったので、ミルクに替えて実験?したらしい。案の定、制作過程で何度も何度もミルクを飲まされたらしい。そのせいで、翌日のお仕事はずいぶん軟らかいモノになってしまったとか。朝の10過ぎに家近くまで迎えに来てもらい、撮影場所に移動。戻って来たのは日も暮れた5時頃だったとか・・・。しかも、お台場のフジテレビに先に寄って機材を降ろしてから家まで送ってもらったとか。

何度も何度もミルクを飲ませるだけでも言語道断。疲労してるだろうソラちゃんと飼い主さんを思いやるでもなく、家に送るのも後回し。更に、番組内でソラちゃんの名前をクレジットすらしない。こんな無礼なことはあるまいぞ。
同番組内の『きょうのわんこ』には、大福も出させてもらったことあるが、これじゃ看板コーナーもたまったものではないだろう。全く困ったチャンである。

顔、落として寝れば。 そうそう、楽でしょ。 完全に寝た・・・。

2010年11月21日(日) ■ お布団ゴロリ ■ 大福:生後3139日目 

金曜の夕方から、おばあちゃんが泊まりに来てくれてたのだが、おばあちゃんが来ると恒例のお布団ゴロリの儀式が始まる。
お客様用の布団を引っ張り出してくると、奥の部屋からトコトコと足取りも軽くやって来る大福。そして、布団を完全に広げるのも待てないようで早速、布団の上でゴロンゴロン。見る限りは、どうも匂い付けのようである。自分の匂いを布団に付けてるのか?或いは、布団の匂いを自分に付けてるのかは、いまだ明かされてない。
大福の不思議行動の一つである。果たして真相は・・・?

スリスリ開始! ゴロンゴロン。 休憩。

2010年11月20日(土) ■ 飼い主のみ認識 ■ 大福:生後3138日目 

この頃、けっこうな確率で柴sになることが多い。今朝の散歩では、赤柴三人衆が束の間の顔合わせが実現。お馴染みのソラちゃん(3才)とクレオちゃん(1才未満かな)と一緒に軽く走り回りに参加。年齢差はだいぶあるのに、途中から大福が好きな追いかけられ型が実現。走る走る。
嬉しそうに走り回ってジャレ合う大福を見ていると、寒い中での顔も自然と緩んでくる。大福はもちろんのこと、皆、元気に成長して欲しい。

そうそう、赤柴三人衆。それぞれの飼い主は、自分チの愛犬がどれかは認識できるが、他犬種の他所の飼い主さん達にしてみれば、どれが誰だかサッパリ状態。特に、今日の三人衆は毛の色もかなり似ている。ビデオのファインダー越しに見ると私めも一瞬、大福を見失いそうになるほど。裸族の柴sに幸あれ。

赤柴三人衆。大福は? 大福、右側です(左の写真もね)。 クレオちゃん、よじ登りの術?

2010年11月19日(金) ■ 二の酉 ■ 大福:生後3137日目 

今年の酉の市は、二の酉まで。酉の市になると今年の終わりを感じてしまう。いつも言ってるが、柴犬には、日本の四季を感じさせることが大事。季節のものを食べ、季節の空気を感じ、季節の行事を体験する・・・どれも柴犬には似合いそうなものばかりだ。

酉の市、大福は1才になる前から体験している。他にも季節の行事参加は多数。あー、今年も酉の市かぁ・・・とは思っていないだろうが、参道辺りに来ると自分からドンドン本堂のほうへと向かって行く。ちゃんと場所は覚えているようである。大福が持ている白地図、いったいどんな地図が描かれているのだろうか。

今年も馴染みの熊手屋さんで柏手を打ってもらって家内安全、商売繁盛を祈願してもらった。どうか、大福にも我が家にもまた良い一年でありますように。

まずは、横綱力士碑前で。 いつもの熊手屋さんのお姉さん達と。 暗くなる前なので人出もちょっと少ない。
昨年と同じ格好の飼い主(~_~;) 今年は、義理母上殿も一緒。 いっぱい福を招いてくださいな。

2010年11月18日(木) ■ 嬉しいお手紙 ■ 大福:生後3136日目 

大福は、散歩デビュー間もない頃から小さな子供達は積極的に触ってもらうようにしていた。多くのワンコ達が小さな子供達を苦手にしていることが分かっていたので、何とかそれを回避したかったからだ。室内飼い、それも集合住宅で大福と一緒に生活するには、小さな子供達との触れ合いを避けるわけにはいかないから。

その甲斐もあって、大福は小さな子供達に囲まれて触られても臆することなく受け入れることが出来るようである。子供達と触れ合うようになると自ずと小さなお友達も増えてくる。学校の登下校に大福を見つけると走り寄って遊びに来てくれる子達もたくさん。その子達も大福が歳を重ねるのと同じように皆、大きくなっていく。

新しい地に引っ越して来てからも小さなお友達のとの触れ合いは当然あるが、やはり同じ棟で同じエレベーターを利用してるお友達との触れ合いは親密度を増してくる。
そんなお友達の一人がRちゃん。いつも大福を見つけると嬉しそうに近寄ってきてくれ「大福ちゃーん」と声をかけてくれる。そのRちゃんと、先日も外でバッタリ。ちょうど他に人もいなかったので、リードを持ってもらって大福と記念撮影。お母さんによると生まれて初めてのリード体験とか。写真を見ると、微妙な距離感が微笑ましい。
その写真を、パパさん経由でお渡ししたら、数日前に郵便受けに大福宛にお手紙が入っていた。嬉しいなぁ。来年から小学校なのかなぁ、一生懸命、大福に手紙を書いてくれたのが手に取るように分かる(しかも、字が上手でビックリ!)。いつまでも大福を可愛がってあげてね(^。^)♪

イーヨーがいる嬉しい封筒。 嬉しいお手紙。
初めてのリード。

2010年11月17日(水) ■ サブい〜 ■ 大福:生後3135日目 

いやいや、一気に寒くなってしまった。朝起きて寒いなと思ってたら、テレビの天気予報で12月上旬の寒さとか言っているのを聞いて益々寒くなってしまった。ボチボチ、秋散歩用ではなく、冬散歩用の身支度が必要かも。

飼い主の寒さ対策と嘆きをよそに、大福は春夏秋冬一貫して裸族。なのになのに、この寒さでも元気いっぱい。むしろ、寒くなってきて元気度は増しているような(考えてみれば当たり前のことなのだが・・・)。ま、元気に過ごしてくれるなら寒さに負けずにお世話係させていただく覚悟でござる。

馴れ馴れしい手つき。 ヤメレ!っと怒られる・・・。 で、あっさりヤメタ。

2010年11月16日(火) ■ 秋の拾い物 ■ 大福:生後3134日目 

ずいぶん寒い朝だったので、また秋探しでも出来ればと出かけた朝の散歩。公園の芝草もすっかり茶色が目立ってきて冬柴に変身中。寒さに身も引きしまり感傷に浸ろうかと思ってたら、大福さん、何やら咥えて登場・・・。何、ソレ?
何かのカバーのようでもあるが、初めて目にするモノである。ただ、大きさとイイ、スポンジ仕様の裏地とイイ、いかにも大福の好みのようである・・・。
その後は、引きちぎろうとしたり、振り回したりと完全にオモチャ状態。なかなかの強者だったようで格闘時間おおよそ5分。沈黙を守った現地調達オモチャからギブアップは奪えず試合終了。いそいそとお仕事ポイント探しに行ったとさ・・・。

ナ、ナ、何それ? 千切りますか! どう料理すのか・・・。
ブン回し。 空中戦法。 ケジメはつけたのか?

2010年11月15日(月) ■ 保護色 ■ 大福:生後3133日目 

今週は、今日の夜ぐらいから一気に気温も下がって本格的な秋になるらしい。巷ではボチボチ、クリスマスイルミネーションが点灯しているようだが、まぁまぁそう焦らずにもう少し秋の気配を楽しませて欲しいものである。近年、神宮の銀杏の見頃は。完全に12月になってから・・・が当たり前になっている。ダメでしょ、銀杏のBGMがクリスマスソングってのは・・・。

そろそろ枯れ芝モードになってきた公園にピンポイントでたたずむ真っ赤な木。他の景色が薄ら寒いので真っ赤な色合いがかなりのインパクトである。大福もお仕事ポイント探しの途中で通過するのだが、ちょっと目を離すと見事に保護色なってしまい見失いそうになってしまう(大袈裟ではなくホントに)。大福達、茶色の毛の柴犬が「赤柴」と言われてるのが分かる気がするきせつなのであーる。

だいぶ大福色になってきたね。 落ち葉にしてはだいぶ大きすぎるな。 イイ感じだと思うよ。

2010年11月14日(日) ■ 過ぎたるは・・・なのか? ■ 大福:生後3132日目 

過ぎたるは及ばざるが如し・・・とも言われるし、備えあれば憂いなし・・・とほぼ真逆の言い伝え(格言?ことわざ?)がある。痛い時も苦しい時も、そう病気などで調子悪い時も何も語ることなく飼い主に従順なワンコ達。付き合いも長くなってくると喋らないまでも見つめ合う目や仕草から、いつもと違う様子ぐらいは分かってくる。でも、やっぱり究極の無い物ねだり・・・せめて具合が悪い時だけでも喋って欲しい・・・無理なんだけどね。

獣医師は、具合が悪くなったワンコからスタートだが、飼い主には愛犬の普段の元気な姿が当たり前。飼い主こそが実は主治医であるわけで、主治医である飼い主の最大の義務は、何と言っても「予防」だろう。
ところが、この予防、なかなか難しい。慎重すぎると過度の心配も出てきて精神的にも参ってしまう場合もあると思う。かと言って、おおらかすぎると後に大きな後悔を迎える可能性も秘めてるわけだ。

そこで、先の言い伝えになるのである。難し過ぎるなコレは。こんな難問を抱えることも全て含んでが愛犬への義務となるんだろうねぇ・・・。

見ーつけた! 嬉しそうに走ってるねぇ。 大袈裟でも嬉しいよね。

2010年11月13日(土) ■ 趣味、吠えること・・・ ■ 大福:生後3131日目 

ワンコと一緒の生活を認めてる集合住宅の数は、10年ほど前に比べるとかなりの増えてるように実感できる。毎日のように郵便受けに入れ込まれている住宅販売のチラシのほとんどには「ペット飼育可」と記されている。但し、規約に準ずる・・・と記されてるのもワンパターンで芸がない。

その規約に準じて我が立体長屋にも多くのワンコが住んでるわけだが、我が棟の反対側の棟に、暇さえあれば吠え続けてる(鳴き続けてる)ワンコがいる。あまりに吠え続けるので、近くの住戸の人は大変だろうなと思ってしまうほど。ウチなんかも気をつけねばならないのだが、飼っても良い住宅・・・に甘えすぎてはイカンわな。

足元注意してね。 立ってるな、これは。 はい、キャッチ。

2010年11月12日(金) ■ さて、どうする? ■ 大福:生後3130日目 

大福が我が家に来てくれてから始めた大福の『日々徒然』。大福が、今年の4月に8才になったから8年以上続いているわけである。古い日付の大福の写真を見ると、ずいぶん若々しい。と同時に、今の大福は年月の経過を感じる。このまま、いつまで続けていくのかなぁ、この大福の日記のようなもの・・・と考えることも多い。ダラダラと何も考えずに続けていくという手もなくないのだろう。でも、それはちょっと性分に合わないなぁ。恐らくどこかのタイミングで店終い?することになるだろうな。それがいつのなのか?今のところはまだ未定。どうなることやら・・・。

何か不満でも? ないよね?不満・・・。 ないってことにしておこう(^o^)

2010年11月11日(木) ■ ワンコDay・・・らしい ■ 大福:生後3129日目 

今日は、数字の1が4つ並んで「ワンワンワンワン」で犬の日とのこと。実は、Twitterなどネット上では、11月1日もワンコDayで盛り上がっていた。この調子だと、さすがに元旦はともかくとしても、1月11日もワンコDayなのだろうか・・・。

さて、そのTwiter、柴族の方々をフォローさせていただいているので、blogよりもっとリアルタイムで他所様の柴犬の様子を知ることができるので面白い。しかも写真付きの呟きも多いのも嬉しいところ。
ただ希にだが、おいおい、それはイカンだろう?ってのもある。それらは、呟きを見ててちょっと痛い。今日なんかは、飼い主奥さんに洗面器で叩かれた柴がいた。何かの弾みで奥さんの手を咬んでしまったらしい・・・。我慢してやれよ。悪意があったかどうか分からんではないの。もし、悪意?で咬んだのであれば、飼い主に問題があるんだろうて・・・。この洗面器はちょっとどうかすぎるので、即、フォロー解除してしまったけど・・・。可哀想にねぇ、ワンコDayとやらの日なのに。

あら、嬉しそう。 ここで会ったが100年目・・・って、数日前にも会ってるが。 ウザがられてないか?

2010年11月10日(水) ■ 散歩のお仲間 ■ 大福:生後3128日目 

どこの地に住もうが、大福と一緒に散歩してると1ヶ月もしないうちに散歩仲間ができる。もちろん、飼い主さんの名前やどこに住んでるのか、連絡先は・・・などは知らない。知らないと言うことでは、今も同じで相変わらず認識呼称としては「大福ちゃんのパパ」である。それでも愛犬を通じて成り立ってるのが散歩仲間である。面白いと言うべきか希薄さを嘆くべきかはよく分からない。

そんな散歩仲間の中にも派閥のようなものが見え隠れするから面白いというか何と言うか・・・。たまたま以前から、住んでるだけなのに古参顔して新参の飼い主さんやワンコ達を蔑視しているようなオバハンチックなオッサンもいたりする。かと思えば、自分もオフリードで遊ばせてるのに、他所のワンコが来ると飼い主に注意するような飼い主もいるとか。フレキシブルリードをフルに伸ばして他所のワンコと遊ばせるので迷惑がられてるのを知らない飼い主(ちなみに、歩道を歩く時も長いまま)。
ま、本来であれば他所様のことを言える義理ではないから、世に言う目くそ鼻くそを・・・なのではあるが。

転がる皿? 顔を横にしてキャッチ。 で、意気揚々。

2010年11月9日(火) ■ 暖かな秋気配 ■ 大福:生後3127日目 

11月になってからと言うものの、穏やかな秋気配が続いている。木々もだいぶ 赤みが目立つようになってきたのに日中の気温は心地良く程良い感じだ。残暑厳しい頃には、今年は秋をステップしてすぐに寒い冬になるのだろうと覚悟してたが、この心地良さの連続はありがたい限り。家前の広場も赤や黄色の落ち葉がたくさん。柴犬は、日本の四季を感じるのが一番と言われるが、大福も秋の気配を感じているだろうか。

どう秋の匂いする? しないか・・・。 いや、文句はないんだけどね。

2010年11月8日(月) ■ トマトちゃん ■ 大福:生後3126日目 

今日はシャンプーの日だったので朝から旧地に直行。無事シャンプーと診察を終えて、いつものようにガッちゃんに挨拶して帰宅。午後は、疲れた体を太陽光にあてて休息。

夕方の散歩で車を出してると先輩黒トマトちゃんの飼い主さんとバッタリ。
実は、トマトちゃんは、夏頃から体調が芳しくなかったのだが、最近全く会わないので心配してたのである。昨日の夕方の散歩の時にトマトちゃんを知る飼い主さんと会ったので、トマトちゃんの様子を訊いてみたのだった。すると、2週間ほど前に亡くなってしまったとの話を耳にしたと・・・。あー、やっぱり相当具合悪かったんだと訃報を聞いて妻とガッカリしてたのである。

訃報を聞いた翌日の今日、偶然トマトちゃんの飼い主さんに会えるというのも何か不思議な気がしてしまう。飼い主さんは、こちらが事実を知っているとは思わないから10月19日夜半に亡くなったことを改めて教えて下さった。話ながら涙を流されてたし、話を聞いているこちらも涙目になってしまった。呑気な大福は、話し込んでるのを察して伏せポーズ。それを見て飼い主さん、「そんな格好見ると思い出す・・・」と愛おしそうに大福の頭や背中を撫でて下さった。

立ち直ることなどしばらくできないだろう。家の中には、まだ匂いも残ってるだろうし、脱け毛もまだまだどこかに潜んでるに違いない。食事やお水の器も残ってるだろう。好きなオモチャも残ってるだろう。無理に忘れようなどしなくて良いと思う。世の中には、ペットロスなる言葉がイージーに存在しているが、いろいろな思い出を引きずって悲しむことまで全部含めてが愛犬との生活だと思うのである。自然体で在りし日の愛犬を思いながら生活するしかない。無理に断ち切る必要など全くない。いっぱいいっぱい思い出してあげるしかない。

トマトちゃんは、大福が引越てきて最初に出会った同じ住宅に住む柴犬だった。たぶん、15才くらいだったと思う。心から冥福をお祈りします。合掌。
我が住宅のペットクラブなるもの。こういう時にも全く機能しないトホホなサークルである。

2009年6月12日。 今年2010年8月21日。 同じ8月21日。笑ってる(^o^)

2010年11月7日(日) ■ 身勝手ちゃん ■ 大福:生後3125日目 

もう、大福は・・・。自分がされたら猛抗議するのに、何で自分がするのは平気なのかなぁ・・・。

ソラちゃんと遊び回ってひと息つく大福。ヨイショと腰を落としたところは、な、な、何と、ソラちゃんの後ろ足の上・・・。「スミマセン、乗っかてるんですけど・・・」と目で確認するソラちゃん。それに対して大福は、「まぁ、まぁ、そう堅いこと言わずに・・・」とばかりな態度・・・。自分がされたら大騒ぎするくせに、何とも身勝手なものである。

大福も休めば? ソラちゃんの足に座ってるゾ! 馴れ馴れしいって!

2010年11月6日(土) ■ 青海ふ頭 ■ 大福:生後3124日目 

今朝の散歩は出遅れてしまったので、週末限定散歩組?と合流してしまった。それにしても、今朝の散歩組はスゴイもので、愛犬が他所のワンコにマウントしてても黙って見てる飼い主もいるもんなぁ・・・。ちょっと、この組で遊ばせるのはシンドイなと思ってサッサと退散。

夕方の散歩は、船の科学館から青海ふ頭を散策。船の科学館には、南極観測船・宋谷が展示されてるが、これって『南極物語』のタロ・ジロの時の宋谷なのだろうか?週末なので潮風公園側は人出も多かろうと青海ふ頭側に回ったが、コレが大正解で数組のカップルと何人かの釣り人が目につく程度だった。
陽が沈む間際の青海ふ頭は、冷たくもない風が吹いて気持ち良いこと。かなり歩いた後の散歩の〆はボール遊び。足抜きの良い芝生の上で大福も楽しそう。こんな気持ち良い秋の日はいつまで続いてくれるのだろうか。

南極観測船・宋谷 青海ふ頭側。 コンテナ船、デカ!
閑古鳥・・・。 綺麗な芝でボール遊び。 いっぱい歩いたね。

2010年11月5日(金) ■ 夕焼け色 ■ 大福:生後3123日目 

どこまで続く秋空の日。嬉しいったらありゃしない。こんな天気がずっと続いてくれれば、どんなに嬉しいことか。天気予報によると明日は、ここ数日の秋日よりもっと秋らしい日になるとか・・・。ホントかよ?

秋空の元での夕方の散歩。いつもなら人っ子一人いない巨大広場。今日は珍しく2組のワンコ散歩組がいたが、巨大な場所だけに挨拶するにもかなりの距離を歩かなければならないのでパス。大福とひたすらボール遊びを続けるも、特訓じゃないんだから程々にして欲しいのに、まぁ、よく飽きないこと・・・。夕陽がだいぶ沈みかけた頃まで遊んでたので、走る大福の影も長い。そして、夕陽を浴びて夕焼け色にも見える大福の毛色はピッカピカ。何だか、幸福感に包まれた夕焼けの散歩だった。

ボールに到着。 オーバーラン! ムキ顔で確保寸前。
確保ぉ! 余裕のポーズ? まだ、やるのね。

2010年11月4日(木) ■ 抜き足差し足忍び足 ■ 大福:生後3122日目 

今朝も昨日に続いて気温は寒くも暑くもない適温。そして、青空も抜けるようでまさに秋の気配。更に、昨日に続くのは、大福の知り合いワンコに近づく、抜き足差し足忍び足・・・。これじゃ、相手ワンコの飼い主さんにしてみれば、嫌ーな感じしか受けないわなぁ・・・。

誰か発見! 怪しい・・・。 どうにも怪しい。

2010年11月3日(水) ■ 文化の日 ■ 大福:生後3121日目 

今日は祝日・文化の日。この祝日の晴天度はかなり高いらしいと聞いてはいたが、それを裏付けるような見事な晴天。昨日今日と秋晴れが続いて本当に気持ちが良い。久しぶりに「そうそう、秋ってこんな感じだったよなぁ・・・」なんて思い出すほど。
先週あたり、急に寒くなってしまったので、秋をスキップして冬になっちゃうの?なんて思ったりしたが、ちゃんと秋の時期を作ってくれたようである。やっぱり日本の国は、四季がなくてはね。そして、柴犬は、四季をしっかり感じることが何よりも大事。

そんな文化の日の朝の散歩は、大勢の知り合いワンコに出会ったが、ほんの少しだけ会った柴族のソラちゃん。相変わらずの大福の怪しい「お近づき」を受け止めてくれて、一緒に走り回ってくれた。涼しくなったせいなのだろう、2人とも元気な姿で走り回りを見せてくれた。飼い主には何よりの幸福感である。

見張り? ソラちゃんのところにワシワシ・・・。 ハイ、あとはいつもの通り(^_^;)

2010年11月2日(火) ■ 秋晴れ ■ 大福:生後3120日目 

今朝は久しぶりに見事な秋晴れ。抜けるような青空の向こうには、富士山も見えるほど空気も澄んでいた(写真撮るの忘れて残念!)。

そんな朝の気持ち良さに誘われて、朝にしては珍しく潮風公園まで足を延ばしてみた。もちろん、平日の朝なので人っ子一人いない。完璧なまでの貸切状態。たくさん遊んで、たくさん歩いて、充実の朝散歩。帰りの車の中では寝息が聞こえるほど爆睡してた大福であった。

後ろに小さく東京タワー。 そろそろ帰ろうかね。 疲れて爆睡。

2010年11月1日(月) ■ 雨上がりのこだわり ■ 大福:生後3119日目 

夜半にかなり雨が降ったようで、朝の散歩は足元悪い中で決行。予想以上の雨だったようで、公園や広場に大きな水溜まりがたくさん。大福は、一応、水溜まりを避けて歩いているものの、いつ入っていって遊ぼうとし始めるかと思ってドキドキ。
しかし、そんな心配することなく、最後まで水溜まりに入らずに無事朝の散歩を終了。ちゃんと、これはOK、これはNOと自分なりにこだわり?みたいなものを持っていると言うことなのだろう。

さ、今日から11月。今年もあと2ヶ月だ。早いなぁ・・・。

大きな水溜まり。入らないでよ。 ズクズクの芝生でボール遊び。 肉球スタンプのモミジ。


福と大福の間TOPに戻る