2011年2月の最初へ↓
2011年2月28日(月) ■ 雨柴健在 ■ 大福:生後3238日目 

大福は、ことシャンプーの日に限っては見事なまでの雨柴だった。過去形である。以前住んでた地区の時は、毎日晴天であっても2週間に一度のシャンプー日は必ずと言っても良いほど雨を呼んだ。が、しかし、その雨柴も引越しを機に見事に返上・・・したかに見えた・・・のだが、どうも、ここ半年あまりを見てると、また雨柴復活の兆しを感じざるを得ないほど雨降りシャンプー日が多い。

今日なんかもウンザリするほどの雨だった。昨日の晴天が嘘のような雨降り。しかも、気温も15度以上昨日より低くて寒い。こうなると、飼い主の日頃の行いを改めるしかないのか!と反省までさせられるほどである。
ま、シャンプーのほうは、ちょっと右耳入口が赤みを増してたので、獣医師の診察も受けたが、まぁ、無事に終了。逃げるようにシャンプー会場?を去って、恒例のガッちゃんち詣で。厚かましく、飼い主共々、オヤツをいただいてしまう。大福にとっては、このセレモニーが何よりの楽しみであることは確か。いつもお邪魔してしまった上、ご馳走になりっぱなしで申し訳ありません。

次回も、雨降りシャンプーなら、雨柴健在を堂々と宣言するものぞ!

気持ち良さそう。 手足をそれぞれ結わいて棒に通す・・・。 イカン、悟られた(~_~;)

2011年2月27日(日) ■ 巷は東京マラソン ■ 大福:生後3237日目 

今日は、東京マラソンの日。ゴールまであと少しの我が街区は、午前の遅めから夕方まで目一杯交通規制になってしまう。案の定、散歩戻りにはアチコチの道路にはボランティアスタッフらしきが、大勢出始めてポールやらコーンやらのチェックをしていた。

昨年の東京マラソンは、雪交じりの中で開催。しかもチリで大地震が発生して津波警報まで出てと何とも慌ただしい中で行われた。しかし、今年は4月中頃を思わせるような暖かい天候に恵まれての開催。沿道に出て、ランナーを応援する大福のショットでも撮りたかったが、大福にしてみれば応援どころか人混みは迷惑千万でしかないだろうと、今年は沿道に出るのを断念。たまにテレビ観戦するのみだった。巷の喧噪に耳を貸さず、日々日常の大福さんの生き方、素敵であります。

春の匂いでもするのか。 四季に関係なくボール遊び。 〆は、仏頂面で(-_-)

2011年2月26日(土) ■ 動物病院 ■ 大福:生後3236日目 

何気に大福の古い仲間達の健康状態が良くない話しが、この頃耳に入ってくる。大福が一番年下のグループも多いので、年齢が二桁になってる先輩ワンコも多いから仕方ないと言えば仕方ないことだ・・・と頭では理解しているが、心では全く理解できない自分が当然いる。

愛犬の健康を語る上で必ず登場するのが動物病院。大きな動物病院から個人経営の動物病院まで様々。評判なども180度違うモノもあって、全くアテにならない。行き着くところ、飼い主と獣医師の相性が全てのように思えてしまうところが何とも心許ない。
WOWOWのシリーズドラマで『プライベート・プラクティス』というのがあって、これは人間を扱う医師達の話なのだが、個人開業医が複数人集まって共同医療システムを構築している。医師達が集まってる医療テナントビルとでも言えば分かりやすいだろうか。

動物病院も、このような共同医療システムがあれば飼い主としては心強いのになぁと、ドラマを見る度に思ってしまう。一人総合病院状態の開業獣医師が多いだけに思ってしまう。具合が悪くても言葉で訴えてくれない動物や愛犬達だからこそ尚も強く願ってしまう。

鼻ついてる? 誰か来たか? そうではないようだ・・・。

2011年2月25日(金) ■ 火事 ■ 大福:生後3235日目 

今日の未明に滋賀県守山市の移動動物園・堀井動物園」の飼育舎から出火して、鉄骨平屋約620平方メートルが全焼。飼育していた絶滅危惧種のベンガルトラやマントヒヒ、カンガルー、猿など約100種類、計約300匹ほぼ全てが焼け死んだそうだ。原因は調査中とのことだが、無施錠だったが、かんぬきが施されていたとか。

大福との生活で一番恐れているのが、火事。大福だけで留守番してもらわねばならぬ時がどうしてもできてしまう。集合住宅なので、留守にしてる間、もらい火であっても火事になったら間違いなく焼け死んでしまうだろう。逃げ場がどこにもないから・・・。いまだ、解決策も案もナシ。どう考えてもどうしようもない。極力、留守番させないように心がけるのみである。

何かな? え、匂うの? アッチが良いってか?

2011年2月24日(木) ■ 柴の目 ■ 大福:生後3234日目 

海外で日本人を侮蔑的に風刺したイラストなどでは、目は細く、メガネをかけてて、出っ歯・・・なんてのが特徴だ。実際、海外メディアなどで、それらの風刺画を目にすると無礼な気持ちがする。しかし、心の中で、「それは中国人だろう」なんて思ってる自分がいるので、無礼という点では一緒か。

柴犬も共通項と思われる特徴があるように思う。まずは、決して長くはなく、むしろ短いと言うべきかの足の長さ。もちろん、巻尾が主となる尻尾。三角な立ち耳。そして、目。これもかなりの特徴なのではないだろうか。全然大きくなく、ちょっとツリ目な感じ・・・特に仏頂面気味の時の目は、まるで海外での日本人風刺画のように細い目だったりする。やはり、柴犬は、日本の代表的な犬であることを今更ながら実感なり。

ツリ目で待ち受ける宙ちゃん。 反応ヨシ。 ツリ目な柴s、2ショット。

2011年2月23日(水) ■ いつかは犬名人 ■ 大福:生後3233日目 

Twitterなどを始めとするインターネットのコミュニケーションツールを見てるとベテランの域?に入った飼い主の発言が多い。たまたま時間の関係だけで、古い飼い主になっただけなのに、いつの間にか物言いがベテランなのに驚く。まるで、自身も新米飼い主であったことを忘れてるかのようである。

こんな一文が書かれてた。「私はフン用にタッパーを持ち歩いています。トイレットペーパーでフンを片付け、ペットボトルにシャワーがついているものを買ってフンを洗い流します。タッパーならバッグに入れてもニオイがもれないんですよ。ビニールだと臭いです。おしっこをしたときも当然シャワーで流します。他にもマナーベルトやおやつ、アルコール除菌シートなど・・・だからお散歩のときは荷物がいっぱいです\(~o~)/」

何とも見上げたものである。
でも、どうなんだろう。オシッコを水で流し落とす・・・少量の水で流しても、匂いが拡散するだけで落としきれるものではないだろう。それよりは、流し落とさなければならないところでオシッコさせない・・・との考えるべきかなと思うのである。

人のフリ見て我がフリ直せ・・・似非な犬名人にならぬよう気をつけねばと自身に言い聞かせてみるなり。

ヘリポートでボール遊び。 芝生コースでもボール遊び。 次は、何で遊ぶ?

2011年2月22日(火) ■ 尻尾は正直 ■ 大福:生後3232日目 

目はクチほどにモノを言う・・・と言うが、柴犬の場合は、尻尾はクチほどにモノを言う・・・とでもなるだろうか。と思えるほど尻尾は感情を露わにしてくれる。特に、恐怖心に関しては敏感だ。

夕方の散歩で潮風公園に行った時、特を横切る公園の住人が目に入った。大福、全然気づきもしない・・・。ホント、興味がない時の視野の狭いこと。彼が横切ってだいぶ過ぎた頃、ようやく気づいたようで振り返って、ジィーと凝視。小さく「うぉん」なんて唸ったりしてるが、何とも情けない声である。いそいそと歩を進めて他の場所へと移動するが、尻尾は巻尾がほどけてビビリモードに・・・。気を取り直して、再び巻尾になるまでけっこう時間を要したのである(~_~;

遠くの人にまだ気づいてない。 やっと気づいた模様・・・。 尻尾、垂れた・・・。

2011年2月21日(月) ■ 視界良好 ■ 大福:生後3231日目 

いつも行ってる広場なのに、広場に着いたとたん、急に一人で走り出すことがたまにある。運動不足?のストレスでもあるのだろうかと反省気味になってしまう。でも、他の場所でも全く誰もいない(視界に誰も入ってこない)と、急に走り出すから、恐らく視界が広がることでテンションが上がるのでは?と思っているのだが、果たして真相はいかに・・・。

仲良しワンコと走る大福も、一人走りする大福も、走る姿は何とも楽しそう。その楽しそうな走りぶりや笑顔を見ていると、見ている側も楽しくなってくる。これは何よりの良薬?である。ありがたいことである。

楽しそう。 ホント楽しそう。 見てる側も楽しくなる。

2011年2月20日(日) ■ 帰り際 ■ 大福:生後3230日目 

また寒さが戻って来た感じの昨日今日。今朝も陽射しがない分、なおさら寒く感じる。巨大広場をゆっくり歩き周り、お仕事も済ませたので帰ろうかなと思ったら、入口から登場したのは、シェパードと英ブルの2人組。ってことは、サラちゃんとアンズちゃんに間違いないだろうと確信。ところが、飼い主は気づいたのに、大福の視界には入っていないようで、大福は帰り道をスタスタ。帰ろうとする大福に声をかけて、ようやく2人の存在に気づく。ホント、ワンコ達って、自身の興味が向いてないと視野が狭いと言うか何と言うか・・・。

2人に気づいた大福とほぼ同時ぐらいに、サラちゃん&アンズちゃんも気づいてくれてご挨拶・・・と思いきや、挨拶もソコソコにサラちゃんと走り回り開始。生後5ヶ月のシェパードのサラちゃん、また大きくなったのでは?と思うほどの成長期。今でこそ、大福が主導権握って走り回ってるが、今後どうなりますやら・・・。
ひとしきり走り回って、ボチボチお終いかなと思った時に、お初にお目にかかるブルテリア登場。その小ぶりな容姿から、ブルテリアでもミニチュアブルテリアなのか。大福も飼い主も挨拶をして初交流。

今朝は、英ブルのアンズちゃんの出番はなかったが、今度は今日欠場?のチワワのミーちゃんと一緒にまた仲良くしてあげてね。ブルテリアくん(ラウムくんだったかなぁ・・・)もまたヨロシクね。

来たねぇ・・・。 ヨッシャ! 楽しいねぇ。
ん? お初に・・・。 耳が緊張度を・・・。

2011年2月19日(土) ■ ○○銀座 ■ 大福:生後3229日目 

本家、中央区の銀座をあやかって、賑わいのある場所に名付けられる「○○銀座」なる名称。きっと、昭和の30年代や40年代の銀座の賑わいぶりから付けられたのかなと想像できる。
今時代、賑わい、人の出具合などを考えれば、銀座よりも渋谷、新宿を命名するのが妥当かと思われるが、今のところ「○○渋谷」とか「○○新宿」などは耳にしたことがない。やはり、銀座は、何か重みあるステータスがあるのだろうか・・・。ちなみに、同じように「○○のメッカ」とかの言い方も同じなのかも(これは、イスラム系からクレーム来てるらしいが・・・)。

さて、大福が今朝出くわしたのは、「松ぼっくり銀座」。広場の角を曲がったらいきなり松ぼっくりの大群。かなり念入りに吟味して、一個の松ぼっくりを選んでいたが、選んだ基準とは何なのか?大福のみ知る・・・。

選りどり見どり。 決まったの? 選ばれたのは・・・。

2011年2月18日(金) ■ 悪いことは目立たぬように ■ 大福:生後3228日目 

良いことは目立つように、悪いことは目立たぬように・・・そんな処世術を教えたわけでもないのに、大福はそれに近いことをする。可愛いのは、良いことを目立つようにするほど厚かましくない点である。
ところが、大福にとって悪いこととされてる、手足を舐めること。体をしつこく掻くこと。手足をガジガジと噛む掻くことをする時は、大福なりに知恵を使うようである。

その知恵とは、まさに、悪いことは目立たぬように・・・である。手足を舐める時などは、頭の方向を飼い主側にせず、お尻をこちらに向けて舐めてるところを見られないような体勢で舐めている。後ろこそ向いているが、耳は完全に後ろに向けてこちらの様子をうかがってる。でも、舐めてることで頭が微妙に動いてるので舐めてるのはバレバレ。
「大福、舐めてるの分かってるよ。やめときな」なんて声かけると、何もしてなかったような素振りで舐めるのをやめる。多少は目こぼししてやるが、長く続くと皮膚に良くないので我慢してね。いずれにしろ、聞き分けの良い大福である。

耳は、完全に後ろ側に集中。 何やってるか分かってるよ。 居眠るが勝ち・・・ってか?

2011年2月17日(木) ■ ペットクラブ ■ 大福:生後3227日目 

我が集合住宅にもペットクラブなるものがあって、引越して来た当時、ごく当然のように加入(必須事項とされてたので)。500円の登録料を支払い、ドアに貼る登録票とネームプレートのようなモノをもらった・・・。が、しかし、ペットクラブとの接点は、その1回でお終い。以後、何もインフォメーションもされずウンでもないスンでもないまま。

そんな状況が続いた昨年秋に、ペット委員会(ペットクラブではない)という理事会の機関?から、ペット飼育更新申請の書類がポストに投函されてた。ペット飼育の最新情報の申請である。新しいペットは増えていないか。或いは、亡くなったりしてないか。狂犬病予防接種はしたか?それはいつ?のような内容である。継続申請については、誓約書のような部分があり、万が一、規約に沿わない場合は、ペットの飼育を認めない(強制退去もあり得るような書きぶり)との一文も。

ペットクラブとペット委員会の違いは?どちらでも良いが、活動状況は?そんなものも分からない機関に対して、何故に、個人情報の一部とも言えることを知らせる必要があるのか?挙げ句は、飼育自体や飼い主自体が住宅に住むことまで認めないとまで書かれてあっては、未提出で放置が妥当であろう。
すると、年末に督促状のようなモノが投函されてた。もちろん無視である。理事会の議事録なるものが掲示板に貼られてあり。その一部に申請書提出の結果が書かれてたが、前回の集計より17世帯ほどが未提出らしい。再度個別に提出を求めるとも記載されてた(それが、投函されてたもののようである)。

何故、再提出(再申請)されなかったのか?まずは、その点を襟を正して考えることが先決だろう。一度申請している人達に再申請を促すには、活動の内容や将来の展望なるものをもっと明白にすべきだろう。そして、一度申請した人に甘えるのではなく、一度も申請することなく飼育している人達にいかに加入してもらうかを考えるべきである。
それには、一にも二にも活動内容の開示が先決であろう。

頭隠さず、尻尾も隠さず・・・。 次、行こうか。 眩しいね。

2011年2月16日(水) ■ 嬉しい訪問者 ■ 大福:生後3226日目 

昨日の雪など綺麗になくなっていつもの景色戻った今朝の散歩。空も見事に青くて気持ちが良い。
そんな朝散歩の〆は、ガッちゃんのお出まし。早朝から都内に用事があって、その用事終わりにわざわざ大福の散歩コースに立ち寄ってくれたのである。思いがけぬ姿を発見した大福は、いつものようにハンターのように、抜き足差し足でワシワシ。立ち寄ってくれてありがとね(^o^ゞ

いるね。 間違いなくいるね。 近づいてみる?
いいよ、行っても。 どうも。 近すぎ。

2011年2月15日(火) ■ 申し訳程度に積雪 ■ 大福:生後3225日目 

夕べ夜半に雪は降っていたが、雨混じりの重い雪だった。積雪は無理かな?と思っていたが、朝起きてみると人の歩かない道路は、それなりに真っ白になっていた。であれば、なるべき人の出の少ない場所に行ってみようと兄弟広場へ。
多少足跡は残っているものの、ほぼ新雪状態。久しぶりの雪に大福は大興奮・・・かなと思ったが、意外にクールで、いつもと違う地面の匂いをクンクン。ちょっとガッカリ気味な飼い主であったが、ひとしきり匂い嗅ぎのセレモニーを終えたら、目をキラキラに輝かせて遊びモードに突入。雪を掘ったり、ボールを見失ったり発見したり、枝で遊んだりといつもの大福に変身。これでこそ、大福さんのであーる。余談だが、雪の中でのゴルフボールは、見失うようである。

新雪、新雪。 辺り一面を観察。 さて、遊ぶか。
何見つけた? 掘り掘り掘り。 飽きたってか?
では、枝で。 枝の舞・雪上バージョン。 雪解け間近。

2011年2月14日(月) ■ 冷蔵庫みたいな日 ■ 大福:生後3224日目 

今日のシャンプー日は寒かった。朝の散歩では急に、あられが降ってきて、大福の背中は見る見るうちに白い点々に覆われる。でも、大福がブルンと胴震いすると全部落ちてしまうほどサラサラ。

朝の散歩を終えてから、いつものようにシャンプーに出発。地元寒いが旧地の千葉も寒い寒い。シャンプーでお預けする際に大福が震えていたのは、寒さのせいではなく、大福なりの「嫌だ」のアピール。いつの間に、そんなパフォーマンス?を覚えたのか。
シャンプーを終えて、仲良しのガッちゃんにいつものように挨拶。公園で待ち合わせるが。これまた寒くて冷蔵庫の中にいるみたい。わざわざ出てきてくれたガッちゃんもブルブル震えてた。短い挨拶を楽しんで帰宅。

夕方も寒かったが、夜寝る前に用足しで家前に出たら、けっこう雪が降っていた。家前広場も歩く人がいないので、けっこう積もっていてビックリ。明日の朝は、真っ白なのか・・・。一日中、冷蔵庫の中にいるみたいな日だった。

これは、「あられ」って言うのか? 意外に積もってた。 明日は、どうなんだろう。

2011年2月13日(日) ■ 凍結も何のその ■ 大福:生後3223日目 

今朝も寒い朝。広場の入口にコンクリート地面も凍ってたようで、広場に走り入った大福は、滑って転びそうに。そんな思わぬ姿を見て笑ってしまったら、今度は飼い主がツルリ。危ない危ない気をつけねば。転んで骨折ったり、頭打ったりしたら大変大変。

広場には、散歩終えて帰ろうとしているチャールズくんがいた。先に気づくのは今日も大福。にじり寄って行くも、なかなか気づいてもらえない。ようやく気づいたチャールズくんは、嬉しさの表れか猛スピード突進。そして体当たり。まぁ、よく大福は小さな体でしのいでるわと感心してしまう。もちろん、たまには痛いようで、怖い顔して怒って?るようだが・・・。

ワンコ達も実は、けっこう打ち身とかして内出血したりしてることあるに違いないと思ったり。無茶もほどほどにね。

猛スピードで突進。 体当たり! 怒る。

2011年2月12日(土) ■ 寒い・・・でも、熱い ■ 大福:生後3222日目 

昨夜の天気予報は間違いなく夜半に雪と言ってたので、朝起きたら一面真っ白・・・を期待してカーテンを開けて膝カックン。雪などどこにもない。何だかねぇ、天気予報。

夕方、成田まで妻を迎えに行くので外に出てみたら、シトシトと冷たい雨降り・・・。今日の「めざましテレビ」の占い、悪かったのか?成田までは首都高速を使わず、途中から南関東道を利用したら土日サービスとやらで1150円也。これなら往復でもリムジンバス利用より安いのかな?
予定通り成田に到着。車から出たら寒いこと寒いこと。しばらくして、妻が登場。大福、遠くに妻を見つけてから大興奮。尻尾を千切れんばかりにクリンクリン。もちろん、平耳で嬉しさはレッドゾーン。こんなに喜んでくるのは、ホント、飼い主冥利に尽きますな。お帰りぃー。

いたねぇ! 尻尾クリンクリン。 嬉しいアイコンタクト。

2011年2月11日(金) ■ プチ雪 ■ 大福:生後3221日目 

三連休は、荒天予想がピッタリ的中で雨混じりの雪でスタート。予報だともっと降るような感じだったが、積もるようなこともなく夕方の散歩は、どちらかと言うと雨の日とあまり変わらずな状態。今夜はもっと降るらしいので、明日の朝は真っ白になってるのかな?

降ってるけど、雨混じり。 脇見するほど遅い。 ちょっと積もってきたかな。

2011年2月10日(木) ■ 貸切料300円 ■ 大福:生後3220日目 

朝の散歩では、久しぶりに潮風公園まで行ってみた。駐車場に入ると車はゼロ。てことは、本格的に貸切か?と喜びながら散歩(散策)開始。広い公園、どこに行っても人っ子一人いない。
これは、まさに貸切だ!・・・と思いきや、大福が固まって遠くを見ている。この仕草は、遠くに誰か(何か)怪しいものを見つけた時だ。で、視線の先を辿ってみると・・・あ、そうだ、忘れてた。この公園に住んでる方だった(この場合は、棲んでる・・・が正しいのか)。えー、もちろん、大福さん、頼んでもいないが、威嚇なのか警報のような雄叫びを発する。もちろん、相手の方は、相手にもしてくれないのだが・・・(相手してくれなくて良かった)。

とまぁ、そんなことで、完全な貸切ではなかったが、そこを覗けば貸切と言って良いだろう。1時間以内で公園を出たので、貸切料は300円。この値段で、貸切はたまりませんぬな・・・。

海を見下ろす。 公園の住人?を発見。 水も節約?

2011年2月9日(水) ■ 今年初カッパか? ■ 大福:生後3219日目 

昨日の天気予報だと今朝は雨降りで、ところによっては雪が降るかも・・・なんて言ってたので、不謹慎ながらちょっと楽しみにしてた。しかし、朝一でテレビをつけて、天気予報を見ても、雪は降っていないようだった。でも、久しぶりの雨は何だか新鮮な感じ。

と言うことで、ホント、久しぶりにカッパを着て外に出てみたら・・・雨、ほとんど降ってませーーん。ま、雨の匂いはしてるので、そのまま散歩に突入。おいおい、通勤の人で傘さしてる人、ほとんどいないぞ・・・。何とも〆らない今年初のカッパ散歩であった。

カッパ、要らなかったね。 雨上がりは、匂いも違うらしい。 当然、ボール遊びはアリよね。

2011年2月8日(火) ■ 保護犬の飼い主さん ■ 大福:生後3218日目 

ネット、それもTwitterとか見ていると、相変わらず迷子犬の記事やツイートが多い。皆、幸せになるために生まれてきたはずなのに、何で、不本意であろう記事?の主役を務めねばならないのだろう・・・。

そんな迷い犬達の中に、ほんの一握りだが、新しい飼い主さんと出会う子もいる。この子達は、奇跡と言っても決して大袈裟ではないだろう。ちょっとしたタイミングによって新飼い主さんと出会うのである。ある意味、強運な子と言えるのかもしれない。

強運を与える飼い主さん。この方々には、ただただ頭が下がる。単に「犬好き」なだけでは、決して新飼い主として名乗りを上げることなど絶対に出来ない。もし、犬好きという語句を使うのであれば、「ものすごく犬好き」と言ってもまだまだ言葉が足りない。
簡単な部分で、どれだけ素晴らしいかを挙げるとすれば、犬との生活で一番楽しくて、しかも短い、仔犬時代の生活を我慢してまで保護するのである。犬との生活を経験した人であれば、あの仔犬時代の姿や動き仕草を思い出せば良い。あの素敵な瞬間を見ずにして(犠牲にして)迎え入れてくれるのである。これは、言うほど簡単な決断ではない。しかも、純血種ではなく、MIX犬の保護となればなおさら頭が下がる。

そんな心優しい家に迎え入れられた犬が、幸せでないはずがない。そして、迎え入れてくれた飼い主さんには、必ずや幸が来て欲しい。
あーぁ、いい加減、迷子犬の記事などがネット上から消えるような仕組み、いや、それ以前に飼い主としての心根や業者の志が向上するようにならないものか・・・。

尻合い柴・・・宙ちゃん。 まったり・・・。 野次犬・・・。

2011年2月7日(月) ■ 風、強し楽し・・・ ■ 大福:生後3217日目 

今日は、気温が14度ぐらいあったとか。確かに、いつもより寒くはなかったが、風が強かったので散歩中はけっこう寒かった。明日ぐらいからまた寒くなるとかだし、体調維持に気をつけねば。大福のお世話係としては、体調管理と維持は、最低限の条件だから。

さて、飼い主が強風に身を震わせているのをよそに、大福は、風に舞う落ち葉なんかを追いかけて、ヤル気モード全開。「どう、この風だし、ビニール袋でも出してみる?」なんて風にも読み取れるような顔して、こちらをチラチラと見ている。
おう、それなら、やってやろうゾ!と、散歩バッグからビニールを引っ張り出して、ホーーイ!いやぁ、面白いように飛ぶ飛ぶ。大福は、地を這うようにビニールを追いかけたり、宙を舞うビニールを追いかけたりと変幻自在に動き回る。アンタが楽しいなら、寒さもぶっ飛ぶよ。

覚悟!ビニール袋。 見事?に確保。 当たり前のような顔で戻って来る。

2011年2月6日(日) ■ お疲れサンデー ■ 大福:生後3216日目 

昼前到着で成田空港まで妻の見送りに行くことになってたので、朝の散歩は軽めに・・・と飼い主の思惑があったのだが、巨大広場に何やら見慣れない3ショットが・・・。遠くから見ても、ジャーマンシェパードの(見るからにパピー)とイングリッシュ・ブルドッグ、そして小さなチワワであることはすぐ分かった。
このまま通り過ぎようかなと思ったが、大福は挨拶したがってるので(遊びたがってる?)ジワジワ近づいてご挨拶。3頭飼いされているようで、皆、女子組だ。挨拶の後、それぞれでコミュニケーションしたり走り回ったりと名刺交換が忙しい。今朝は、早く戻らなくてはならなかったので、早めに退散したが、また会えるとイイねぇ。あ、イカン!チワワのミーちゃん(だったか)が写真に映っていない・・・スミマセン<(_ _)>

家に戻って、支度を調えて、成田に出発。日曜日に高速道路に乗るなんて何と久しぶり。いつもこのぐらい空いているのだろうか?と思うほどスムーズに流れて、アレヨと言う間に成田空港に到着。妻の友達が到着して早々とお見送り終了。大福は、まだ今夜から妻がいないことは理解してないんだろうなぁ・・・。でも、何度も言い聞かせたから、もしかすると分かってるのかもしれない。どうなんだろうなぁ・・・。

お初なパピーな走り。サラちゃんだったか? お初な顔(アンズちゃん?)、また登場。 野次犬モード。
そんなに興味あり? 走ってみますか。 あれ?何か雰囲気違う。
大福は、行かないよぉ。 行っちゃったね。 お疲れ様。

2011年2月5日(土) ■ 主治医は飼い主 ■ 大福:生後3215日目 

先日、動物病院外で獣医師と話す機会を得た。主となる話を終えて、少しだけ雑談したのだが、これはチャンスとばかりにアホ飼い主モード全開でいろいろ訊いてみた。きっと迷惑だったことだろう。大変申し訳ありません<(_ _)>

その話の中で一番印象深かったこと。それは、数多くの手術を施し病気を治したり、命を救っていく中で、治療の甲斐もなく死んでしまう子もいるだろう。その、逝かせてしまった時、獣医師とはどんな思いなのだろうということだ。何とも無礼な質問である。にも関わらず語ってくれたのだが、その言葉に大いに驚いた。それは、「もっと早く、もう少し早く診せに来てくれてればなぁ・・・」との答えだった。

具合が悪くてもモノ言ってくれない愛犬・愛猫、いわゆるペット全般。やはり、我ら飼い主が主治医となって、彼ら彼女らの様子をいつも見てなければならないのだろう。飼い主の責任は重くて大きい。反射神経だけでの迎え入れなど言語道断ということなのだろう。

目標追視。 もっと遊べよ・・・な顔。 ヨガ?

2011年2月4日(金) ■ 大福なりのリラックス ■ 大福:生後3214日目 

旧地で2時間ほど用事があったので、今日はシャンプー日でもないのに大福も一緒に旧地へ。わずかな時間なのだが、仲良しのガッちゃんチに預かってもらった。ガッちゃんチは、自分の家以外で唯一、心許せる場所なのである。

なのに、預かってもらってる様子を写真やビデオで見せてもらうと、どうにもショッパイ。体を置く場所は、相変わらず玄関に一番近いドアの前。オヤツをもらおうとソファーや他の場所に移るも、オヤツを食べた後は、再び玄関近くのドア前に移動。バリバリに、帰りたいモード全開である。でも、車を降りて、家に入る時など後ずさりすることもなく、スンナリ入っていくし、これが大福なりのお預かりされる側の礼儀なのかもしれない。
その点は、預かってくださってるガッちゃんママも承知してくれてるのだが、もう少し何とかならないものかと思うのである。お迎えに行って、再会した時や、少しお邪魔した時の手のひらを返したようなリラックスぶりには、ついつい申し訳ない気持ちになってしまう。どうか、今後もよろしくお願いいたします<(_ _)>

玄関に近い定位置? お菓子が気になりソファーへ。 やっぱり落ち着かない。
定位置でスネスネ。 大袈裟な再会。 やっとリラックス?

2011年2月3日(木) ■ 乾燥続き ■ 大福:生後3213日目 

東京はもう35日だか連続して乾燥注意報なるものが出てるらしい。確かに、今年になってカッパ隊で出動したことは一度もない。注意と言われても加湿器を連続するぐらいしか方法を思いつかないのだが、それだけで良いのか?

乾燥で一番困るのが静電気。大福もたまに触るとビリッと来る時がある。本人もそれは嫌のようで恐る恐るしている時もある。何か静電気対策はないものか・・・。それと、人間は飴など舐めて喉を潤すこともできるが、大福に飴を舐めさせることは、さすがに出来ないだろう。元々、水をガブガブ飲むほうでもないし、喉がイガイガすることもあるだろうに・・・。雨降らずは、ありがたいのだが、そろそろ一湿り欲しい・・・勝手虫。

今朝は、My枝。 ホント、枝フェチ。 まだ、やるの?

2011年2月2日(水) ■ 励み ■ 大福:生後3212日目 

人間長くやってると、イイこともあるし嫌なこともある。これを「人生、山あり谷あり」とでも言うのか。嬉しい時は笑えば良いし、悲しい時は泣けば良い・・・と言っても、人前で泣くわけにもいかないだろうから、そこはジッと堪え忍ぶ。

そんな心の様子をいつも見てくれてるのが家族である。家族には心の動きを隠せない。家族、もちろん大福もである。大福は、見事なまでに心の動きを察知しているようだ。考え事していると、いつの間にか側にやって来て、お座りして人の顔をジッと見上げてる。きっと小さな心を一緒に痛めてくれてるのかもしれない。

可愛い大福に要らぬ心配をさせてはイカンよなぁ。家族・・・それは何よりの励みである。

来たぁ! 浮遊? 笑ってる(^o^)

2月1日(火) ■ 何で言うかなぁ・・・ ■ 大福:生後3211日目 

大福・・・という名前、どうも男名前のようである?ということは以前から気づいていた。名前を訊かれて、大福と答えると、「可哀想に・・・」とか言われたこともある。それも一度や二度ではない。何が可哀想なのか?男みたいな名前だからなのか?それとも、食べ物の大福を連想させるからなのか?よく分からない。この頃では名前を訊かれると「女の子ですけど、大福と言います」なんて言い訳がましいことを言ってる自分がいて情けない。

同じ駐車場を利用する年配母娘(姉妹)がいる。この母らしきが会う度に言う。「ねぇ、何で、そんな名前になったのかしらねぇ」って・・・。笑ってやり過ごしているが、いよいよブチ切れそうな予感もしてヤバイ。お前は何でその顔で昼間往来を歩けるんだ?と訊かれてるのと同じだぞ!誰でも、ちゃんと意味があって名前つけてるんだよ!

昨日初めて会った黒柴のウルルくんと併走中の大福。

笑って追走。 嬉しそうだねぇ。 そろそろ追いかけてもらう側かな?


福と大福の間TOPに戻る