2011年4月の最初へ↓
2011年4月30日(土) ■ 犬には不向きな自由が丘 ■ 大福:生後3299日目 

GW2日目だが、正確には今日は普通の土曜日。ということは、オープンしてるお店も多いと言うことだろう。と自由が丘の用事に大福も一緒に出陣。カフェランチをしてから、少しだけ歩いてみたが、いやはや人が多いこと。そして、バス通りも狭いから大福が歩くのもとても困難。まぁ、歩くのはどうにかなるとしても、車の排気ガスがスゴイ。ダメだな、この町は。人にとっては人気な街でも、犬達にとっては不便でしかない。用事がある時は、ピンポイントで用事を済ませるに限りかな・・・と。

とにかく厨犬。厨房凝視。 来ましたねぇ。 ヘッドスパのオネエサンと。

2011年4月29日(金) ■ ゴールデンウィークだった ■ 大福:生後3298日目 

普通の日の朝のように朝散歩に出たら、いつもの公園に大勢の散歩ワンコが・・・。そっか、今日からGW第1弾だ。こりゃ、イカン。休みの日は、休日限定散歩衆?が多くて、ゆっくり散歩できないのであーる。鳩が餌に群がるように、普段お利口さんの犬達もオヤツを皆に与えてくれる飼い主さんに行儀悪く群がってしまう。飼い主さんに悪意など全くないので、大福にもオヤツくれようとするが、それを断るのも申し訳ないから極力近くに行かないようになってしまう。大福が、オヤツ目当てになってしまうのは、ちょっと嫌なのよねぇ・・・。それと、伸びーーるリード全開で遊ばせるから、それも怖い怖い。そんなこんなで要注意のGWが始まったのである。

目、あたってますよ。 気になってたのか? 起きちゃった。

2011年4月28日(木) ■ 捜索願いの紙 ■ 大福:生後3297日目 

今朝の散歩で久しぶりの飼い主さんにご挨拶。すると、何やら手書きぽいA4ぐらいの紙を見せてくれた。昨日、コッカースパニエルが家から脱走して行方を捜してるとの捜索願いだった。緊急らしく、手書きなところが痛々しい。残念ながら散歩の行き来に見かけることはなかったが、飼い主さんにとっては今日から嫌な日の連続が始まるということだ。すぐ見つかって、笑い話になってくれれば良いのだが・・・。全然、見知らぬ飼い主さんのことだが、犬連れ散歩の人に声をかけてる姿を想像すると気の毒になってくる。どうか無事に見つかりますように。

おほ、立ち上がった。 真下を見る時は顔全部で。 はい、くださいな。

2011年4月27日(水) ■ 微笑みの季節 ■ 大福:生後3296日目 

30度超えたところがあるそうな。真夏日でしょ?それって。東京も25度超えで夏日。何だか、今年の夏も昨年と同じくらい暑くなりそうな予感がする。節電と言ってもどの程度暑さを我慢すれば良いのやら・・・。被災して避難所生活をされてる人達にとっては、昨年のような猛暑はかなり堪えることだろう。特にお年寄りの方々には・・・。

暑さを予感させる季節になって、大福もだいぶ暑くなってきたようだ。走り回った後は、ハァハァ顔になってきた。ハァハァ顔になってきたということは、笑い顔が増えると言うこと。ちょっと前の仏頂面とは大違いで、満面笑みな顔を見せてくれ始めた。束の間の微笑みの季節、楽しませてもらうよ。

むふふ。 ニコッ。 ニコニコ。

2011年4月26日(火) ■ 偉大なるワンパターン ■ 大福:生後3295日目 

犬の本によると、愛犬に規則正しいパターンを教え込んだり、或いは、愛犬がそれを学ぶような行動は慎むべきらしい。でないと、愛犬がパターン通りの行動を要求するようになってしまうらしい。散歩の時間、食事の時間、散歩のコースなど愛犬が決めて飼い主を指図するようになってしまうことを避けるためらしい。

確かに分からなくもない。しかし、ワンパターンを覚えてくれたほうが良い場合や場面も多いのではないだろうか。決まった時間に散歩に出て、決まった時間に食事をして、決まった時間に歯を磨いて、そして眠る・・・。一概に悪いとは言えないような気がするのである。そんな考え方からだけではないのだろうが、朝の散歩で出会う柴族は、時間も場所もだいたいが一緒。たまに顔を見ない時のほうが違和感あるほどだ。

今朝も後輩黒柴のアズキちゃんとバッタリ。もう一人の後輩柴・宙ちゃんが現れるまでいつものように遊んでましたわ。偉大なるワンパターン・・・けっこう良いのでは?

見合って見合って。 スタート! 先制パーンチ!技あり一本!

2011年4月25日(月) ■ 風とビニール袋のコラボ ■ 大福:生後3294日目 

春の嵐ではあるまいが、この頃風が強い日が多い。地震があったり、津波が来たり、はたまた竜巻まで起こったり・・・。竜巻って映画の中の話でアメリカなど広大な土地での話なのかと思ってた。わりと都心に近い、千葉の柏のほうで竜巻が発生したらしく、テレビのニュースで車が駐車場から動いて、反転した車が隣の車のボンネットに乗り上げてた・・・。これ、日本の話なの?と目を疑ってしまう。
竜巻の映画なんかだと、家屋や車、牛や馬の家畜まで空に舞い上げてしまう竜巻。万が一、巻き込まれたら大福なんか空の方に飛んでいってしまうだろう・・・と思って嫌な気持ちに。

その点、風が強いと言っても海風あたりなら風とビニール袋のコラボを盛り上げて大福の適度なオモチャになってくれる。せめて、その程度の風でいて欲しいものである。

まん丸お目々。 大きなクチ。 意気揚々。

2011年4月24日(日) ■ 我が儘走り ■ 大福:生後3293日目 

今朝は、久しぶりにサラちゃんと走り回り。地震以来初めての走り回りなのでかれこれ一ヶ月以上ぶりか。久しぶりに見たサラちゃんは、明らかに大きくなっていた。まだ生後7ヶ月ほどだから体の成長はまだ止まろうはずもない。

しかし、大福はまだ仔犬とはいえ大型犬種の体の大きさなど気にならないのだろうか。大福は、いつものように追いかけてもらう体勢に持ち込んで、自分のペースで逃げ回るが、何しろストライドが違うからすぐに追いつかれてしまう。しかも、障害物なるような植え込みもあまりないので、フェイントかけるのもままならない。追いつかれると立ち止まってジャレ合いとなるが、これとて跳躍力が違うので覆い被さられそうになってしまう。そして、思うようにいかないと、マズルに縦皺入れてムッキー・・・。何とも我が儘なものである。

舵取り尻尾。 ジャレ合いは、不利だろう。 怒ってるし・・・。

2011年4月23日(土) ■ ご贔屓 ■ 大福:生後3292日目 

大福のオモチャの中には、『被害者の会・三人衆』というのがいる。トトロ、カバ、かわうそ君の縫いぐるみ達である。夕ご飯が始まる前に毎晩、その中から生け贄?が決まり、大福に振り回されたり押さえ込まれたりと御難に遭うのが日課となっている気の毒な三人衆である。

ここのところ、毎夜のご指名を受けてるのが、吉田戦車『伝染るんです。』のキャラ、かわうそ君だ。それはもう気の毒になるぐらい選ばれている。かわうそ君が大福にいたぶられている間、他の2人はシレェーっとした顔でかわうそ君の不幸を見守っている。大福のかわうそ君へのご贔屓はいつまで続くのだろうか・・・。

それじゃ咬みにくいでしょ。 うわ、いきなり急所? そのまま撤収?

2011年4月22日(金) ■ 待ってて ■ 大福:生後3291日目 

公園の仕切りでオヤツタイム。急に思いついて、「待て」の練習でも久しぶりにやってみるかなぁ。もう何年もやってないからどうなんだろう?でも、大福はきっと覚えてるだろうなぁ・・・。

なんて思いながら、「ちょっと待っててね」なんて声をかけて、大福の側を離れる。後ろを見ないでスタスタ歩く。20mほど離れたところで振り返ってみる。コッチ見て待ってくれてる。更に離れて今度は、50mぐらい離れてみる。振り返ったら、一瞬どこにいるのか分からないぐらい小さくなってた。ちょうどトイレがあったので、中に入って30秒ほどして覗いてみる・・・。よかった、まだ待ってくれてる。

ここで声かけたら、走ってくるんだろうなぁ。声をかけずにゆっくり戻って見る。すぐ近くまで来たら、お座りしながら尻尾を振ってるのが見えた。嬉しいなぁ、偉いなぁ、練習してなくてもちゃんと「待て」ができてた。誰もいない公園とは言え、ちょっとドキドキものの「待て」練習でした。

ちょっと待ってて。 まだだよ。 頑張るねぇ(^o^)

2011年4月21日(木) ■ 最小オフ会 ■ 大福:生後3290日目 

Facebookの導くべき道なのか、或いは間違った道なのか、「友達」と称されるお仲間の多くは、インターネットを始め、ホームページを作った頃の1988年頃の方々だ。遠方のまだ見ぬ人達ととの交流に一喜一憂してた頃だ。交流が進み、リアルな社会でも会ってみたいなと思い実現する。その実現の場が「オフ会」だ。

その後、携帯電話の普及が影響あるのかどうかは分からないが、ネットの世界とリアルな世界の境界線のようなものは、だいぶなくなってしまった。そのことによって「オフ会」なる言葉もだいぶ死語化したような気もするが、mixiやtwitterなどSNSのネット・コミュニケーションツールによって「オフ会」もまた復活してきたような気もしないではない。

さて今日は、ネットの柴仲間の方とお会いする機会を得た。この方には、我が家の結婚記念日の食事のお店を紹介してもらい手配までしていただいたりと、今までお会いしなかったことのほうが不自然なほどの感覚があった。更に、この大福日記も大福の仔犬時代から見ていただいてたようだった。
そして本日、生大福との対面が実現した。そう、オフ会である。それも最小規模のオフ会である。ランチタイムの短い時間ではあったが、楽しいひと時を過ごさせていただいた。これを機に今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>

スタッフさんと膝交える。 初めての店だね。 Kさんと記念写真。

2011年4月20日(水) ■ お祝い ■ 大福:生後3289日目 

昨日、9才の誕生日を迎えた大福。今日は9才と1日目。昨日しっかり祝ってあげられなかったので、今日はケーキなど買って、そして大福の好きな食材を揃えてお祝いなど・・・。まぁ、飼い主が便乗して美味しいものを食べてるだけ・・・との感も無きにしも非ずなのだが(-_-)

ケーキや他の食べ物を目の前にしても、大福は声かけられるまで食べない。これは、アホ飼い主部分を割り引いてもお利口さんだと思う。決して、食べることに執着心がないわけではないし、むしろ食べることは大好きなほうだ。なのに、拾い食いもしないし、食卓に乗ってる食べ物を勝手に食べることもない。特別に教え込んだわけでもないのに、不思議と言えば不思議。

こんな大福が、これからも長生きしてくれることを切に願いながら、家族3人でお祝いをしたのでした。次は、家族記念日だね・・・と、甘々のアホ飼い主なり。

目、寄っちゃうよ。 ちょっと舐めたね。 ガン見。
アゴ乗せ皿じゃないのに。 ライオンキーング! 更にアピール。
ハイタッチしても目線は、違うところ。 ガッちゃんからプレゼント、もらったよ。 食事の後は、ゴロンゴロン。

2011年4月19日(火) ■ 9歳通過 ■ 大福:生後3288日目 

今日は大福の9才の誕生日。ワンパターンだが月日の経過はホントに速い。犬達の時間の経過は人間の時計よりも更に速いから、いろいろ思うと胸が詰まる思いもしてくるのは事実だ。でも、そんなことなど気にもせず、いつも目の前に置かれた現実を文句も言わずに受け止めて日々生きている・・・。そんな大福を見ると益々ググッと来るものがある。そして見習うべきでもあると。

大福にとって、今日は特別の日でも何でもなく、いつもの日と同じ。朝の散歩で景色を眺めて、桜の花びらのところで写真撮られて、そして、後輩黒柴と出会って・・・と、いつも通りである。気もそぞろなのは飼い主だけ。そんな飼い主なのに、飼い主の都合で誕生日のお祝いは明日に延期。
そんな訳で、飼い主も今日は、いつも通りの日として普通に過ごしてみた。そうかぁ、特別の日もこうやって過ごしてるんだなぁ、大福は・・・。ちょっとだけ目からウロコ。

大福、お誕生日おめでとう。お前から得るものはホント多いよ。ありがとう。長生きしてね。明日は、お誕生会だぁ!

普通の朝。 普通に桜の花びら。 普通に後輩黒柴。

2011年4月18日(月) ■ 助けてもらえず ■ 大福:生後3287日目 

今日はシャンプー日で旧地に朝一で出没。液状化の後遺症がまだ生々しい公園を1周してシャンプーの場へ。いつものように足回り、肛門腺、耳掃除をしてもらって、マイクロバブルバスでのんびり・・・。いつもなら、この後に乾かしがあって終了となるのだが、今日は狂犬病予防接種・フィラリア血液検査もあるので診察室に行かねばならない。加えて、定期健診の一環で血液血球検査・血液生化学検査・甲状腺検査までのオマケ付きと大福にとっては何とも散々な日なのである。

診察室どうしようかなぁ・・・と迷ってたのだが、久しぶりに一緒に入ることにした。さて、お注射・・・ひゃぁ、大泣きだ!注射前からさかんに訴えるような目でコッチを見てる。でも、助けてあげられないのよ。あまりの大泣きに獣医師先生も看護士さんもビックリ。「お父さんがいない時は、泣いたことなんてないんですよぉ」「いるといないとでは大違い」なんて大笑いされるほど。
そう、大福は、診察室に飼い主がいないと大人しく診察を受けるが、飼い主が一緒だと甘えて助けを求めて泣くのである。だから、診察や治療の時は極力診察室に入らないようにしてたのだが、久しぶりにどうなのかなぁと思って中に入ったら、何のことはない、今まで通りだった。
とは言え、注射できないほど暴れるでもないので、無事採血も終えて春の定期健診行事終了。フィラリアの薬などもらっていそいそと退散。

帰りはいつものように、仲良しガッちゃんと少し会って、町内の美容室に挨拶をして(仕事の邪魔ですわな)家に戻ったとさ・・・。

目は見てなくても耳が見てるねぇ。 ちょっと失礼をば・・・。 はい、観念してね。

2011年4月17日(日) ■ 一人走り ■ 大福:生後3286日目 

今朝の散歩は、いつもの公園ではなく家前広場からスタート。お天気も良いので、今日はたくさん歩こうかなと思っていたのだが、大福、急に走りたくなったようで、一人走りを始めた。目の前を通り過ぎる時に、ハッハッと弾むような声も聞こえるほどの大爆走。何度も何度も目の前を通過する。そして、その度に横目でチラッとコッチを見ている・・・。誘っているのだ。仕方がないので少しばかりは付き合うのだが、とても大福の相手をまともにはできない。すぐバテてしまう。そんな飼い主を尻目に大福は尚も一人走り。結局、今朝の散歩は家前広場だけで終わってしまった。

颯爽。 チラ見の余裕。 戻っておいで。

2011年4月16日(土) ■ メインは唐揚げ ■ 大福:生後3285日目 

先週、美味しい柚子胡椒が手に入った。入手元によると「これで、唐揚げとか食べると美味しいのよぉ」とのひと声に、ついに辛抱堪らなくなり唐揚げを調達に。唐揚げなら学芸大前でしょと言うことで、いざ出発。
ちょっと早めのランチを自由ヶ丘で。1階にある雑貨店でショッピングをしてから階上にあるカフェへ・・・。とサラッと記しているが、雑貨屋でのショッピングからカフェへの移動が大福を抱っこするでもなく普通にできるのは極めて珍しいことであることを忘れてしまいそう。

カフェはオープン直後だったので、先客が一人いただけ。ランチプレートを豚ステーキとすずきで頼んで出来上がりを待つ。大福はしっかり厨犬モード。と、その時、大きくグラッと揺れた。一瞬、身を固くする。大福もギョッとした様子だったが、揺れてる最中に再び厨犬モードに再突入・・・。イスから降りるぐらいするかな?と思ったが、大福は地震はけっこう平気みたいだ。ちなみにマグニチュードは、6.2ほどだったらしい。自分そうだったし、カフェのお客さん、スタッフさんも同じで、揺れた瞬間は一瞬驚くが、その後はすぐ平常に戻ってしまう。どうやら「地震慣れ」してしまてるようである。これは決して良いことではないだろうが・・・。

カフェ飯を終えて、今日のメインである唐揚げをゲットするために学芸大前に向かう。予約してたので、すぐに買うことができたので、家に戻る途中にチョロッと銀座のホコ天へ。
東日本大震災での自粛モードが影響でもしているのだろうか、ホコ天はずいぶん人通りが少ない。大丈夫か?日本の消費による経済効果は。人の少ないホコ天でも変わらないのが、大福の注目され度。相変わらず歩いている人達が寄って来てくれてたくさん触ってくれる。大福には、ちょっと可哀想な千手観音状態だったが、大福を触ることで、心癒されるなら貢献するのが今の時期かなと。

そんなこんなで、カフェ飯あり、地震あり、唐揚げあり、ホコ天ありの今日だった。

まずは雑貨コーナーを。 お部屋ぽいけどディスプレイだよ。 カフェで早々と厨犬。
オネエサンと。 まだ来ませんよ。 すずきのプレート。
豚ステーキプレート。 まずは、すずきに狙いを。 はい、ご馳走様。
今日は唐揚げがメインだよ。 淋しい銀座ホコ天。 すぐに千手観音じょうたいに。

2011年4月15日(金) ■ 花姫日和 ■ 大福:生後3284日目 

昨日今日と気温は20度超え。桜は葉桜になってしまったが、この季節、花姫号大福を祝ってくれてるかのように、いろいろな花の開花が目白押し。飼い主は、花音痴だが、さすがにチューリップぐらいは知っている。そんな訳で、今日は、花姫号とチューリップなど・・・。

はい、パチリ。 もう少しだけ・・・。 やんなっちゃったか、ゴメン<(_ _)>

2011年4月14日(木) ■ 当たり前なこと ■ 大福:生後3283日目 

昨日、大福と、とある駐車場のエレベーターに乗った。一緒にエレベーターに乗ることなど幾度となくあったので、昨日も別に普通に乗ろうとしたが、いつもと違ったエレベーターだった。

エレベーターの扉が開いた途端、いつものように足を踏み入れた大福の歩がほんの一瞬だけ止まりかけた。正面に足元から大きく鏡が張ってあったのだ。そう、大福の全身が映り込んでたのである。大福は鏡の中を見て、首を傾げてた。
そして、鏡の中に映り込んでる飼い主を見て、そしてリアルな飼い主を見てキョロキョロ。きっと、かなり不思議だったのではないだろうか・・・。

人間にとって、当たり前のことでも大福にしてみれば不思議なことっていっぱいあるんだろうなぁ・・・と改めて思ってしまった。そりゃそうだ、地面から数10cmからの視点で人間と同じものを見てるのだから。自動車、自転車、台車、人の歩く姿・・・どれも大福には全然違う風に見えるんだよね。もっと大福の立場で考えてあげないといけないよなぁ・・・と今更ながら反省など。

あれ?変だねぇ。目が合った。 うん、コッチにいるよ。 分からなくなっちゃった?ゴメンゴメン。

2011年4月13日(水) ■ 今年の桜・・・ ■ 大福:生後3282日目 

今年の桜もそろそろ終わりだなぁ・・・。今朝は、アークヒルズの桜を見に朝散歩で行ってみたが、もう葉っぱがだいぶ顔出してて見所は終えた感じだった。

今年の桜は、例年と違うように思える。大地震、津波、原発事故で人々の心に落ち着きがないせいなのかもしれない。桜は、皆に見て楽しんでもらってこそ咲き輝く。だから、見る側の心に曇りがあると桜自身も輝くことができない。だからなのか、今年の桜は狭い地域に於いても咲き始めから咲いてる期間もバラバラ。そう散漫な桜だった。そして、心躍らせてくれない桜・・・これが今年の桜の特徴だ。

散り始めた桜は、バトンをいよいよ被災地のほうへと渡す。桜が皆に元気を・・・との風潮もあるが、被災地の人達に、今年の桜はどのように映るのだろうか・・・。
ビートルズの『アビーロード』の中の1曲『ビコーズ』の歌詞の一説が思い出される。

Because the sky is blue,it makes me cry・・・。

まだ営業してないよ。 一人、アビーロード・・・。 人もあまりいないね。

2011年4月12日(火) ■ 何か見えるの? ■ 大福:生後3281日目 

昨日の夕方、5時過ぎにかなり大きな地震がまたあった。マグニチュードは、7.1とか。そして、今朝もマグニチュード6.3の地震があった。3月11日の本震のマグニチュードが、8.8から9.0に変更された。その地震の余震とされてることもあるのか、それとも地震慣れしてきてしまったのか、ニュースでも本震ほど大きく扱われていない。
しかし、今回の東日本大震災が起こる前に大地震とされていた1995年の阪神淡路大震災のマグニチュードは、7.3である。そう、この頃起きている余震は、単体の地震であれば(3月11日の地震がなければ)相当大きな地震なのである。もちろん、数値が近いから同じくらいとはならないが。
ちなみに、マグニチュードが数値で1違うと地震のエネルギーは、32倍違うそうだ(0.2の違いで2倍の違い)。

本震から1ヶ月経過して、新聞も通常通りの紙面編集に戻った矢先の大きな余震続き。挙げ句は、原発事故のレベルが7に引き上げられた。それでも政府は、チェルノブイリとレベルは同じでも危険度は全く違う・・・といまだに言っている。もう何も先行きは見えない状態に陥ってるのではないか?と疑わざるを得ない。

そんな先行きの見えない日本国なのに、大福と宙(ソラ)ちゃんには、何かが見えてるようである。飼い主が彼女らの視線の先を辿っても何も見えないのに・・・。

何かが・・・。 何かが見えてるよね。 間違いなく見えてるよね。

2011年4月11日(月) ■ 自分にはできない ■ 大福:生後3280日目 

今日で3月11日(金)午後2時46分に発生した東日本大震災から一ヶ月が経過した。地震発生当時は、大福が住む東京でも大きな揺れを感じ、交通機関は止まるなど首都圏の機能は一時的に停止した。そのことで、東京都民も被災者?との思いがあったのは事実である。
しかし、その後の震源地近くの被害状況を見るにつけ、東京は被災したとは言わないなとも実感。計画停電などで地震の影響は確かに残ったが、深刻な被災地区に比べれば屁でもないと言えよう。

日にちが経過するにつれて、家畜やペット達の被災についても報道されるようになってきた。これは、今回に限らずいつの時代の災害でも同じ。人の生活に悪い状況の中であろうと一段落ついてくると、動物たちのことが取り上げられる。言い換えれば、動物たちが扱われ始めることは、人々の生活に何らかの区切りができてきた証しなのである。
今回の地震・津波、そして原発事故によって、飼い主と離れ離れになって生き残ったペット達の数も相当多い(残念ながら死んでしまったペットの数ももちろん多い)。路頭に迷ったペット達を収容してくれてる機関もわずかながらあるようだ。飼い主とはぐれたことは可哀想だが、ペット達は目の前の現実を素直に受け止めてくれる子が多い。本来の飼い主さんと何とか再会して欲しいが、無理ならどうか新しい飼い主さんと巡り会って欲しいと心底思う。

被災して飼い主と離れ離れになった犬達を哀れに思い、自ら被災地に出向き犬を一頭だけで救おうと行動した人がTwitterのフォロワーさんの中いる。自身も柴犬を飼ってるのだが、いても立ってもいられなくなったのだろう、昨日、現地に出向き、夜には一頭の犬を連れて戻って来られた。たいしたものである。ネットなどでアレコレ言うのは簡単だが、実際に犬を迎え入れることは簡単なことではないだけに頭が下がる思いである。

で、自分では?と考えてみる。答えは簡単。「できない」である。最大の理由は、大福が多頭飼い(一頭増えるだけであっても)にはむいていない育て方をしてしまっていることである。他にも細かく挙げれば理由は幾つかあるが、この理由だけで「できない」ことは確定となる。

そして、もしも、もしもである。他所の犬を迎え入れるとするならば、被災地の犬ではなく、管轄などの収容所にいる犬を迎え入れるであろう。被災地の犬達は、今の状況からすれば、今日明日に命を失うことはないだろう。世論の手前もあるし、本来の飼い主が現れないとも言えないから、環境は悪いとしても生きてはいけるだろう。
しかし、収容所の犬達は、今日にも明日の朝にも命を絶たれる運命の犬達なのである。そう考えれば、間違いなく、その子達の一頭を救ってあげるだろう。

今、被災地の犬達のことが大きく取り上げられているが、被災してない地区の日常では、毎日、何頭も犬達が命を絶たれているのである。どうか、そのことを忘れないで欲しい。しかし、自分は無力で何もできないのである。これはいつも憤る部分なのである。

さーて、お立ち会い。 おおーとっ、双方横っ飛び! 大福、追いかける側の体勢だ。

2011年4月10日(日) ■ 今日がピークか ■ 大福:生後3279日目 

昨日少し雨が降ったことと、急激に気温が高くなったことで、今朝の桜模様は急激に変貌。桜の蕾たちも「辛抱できん!」とばかり皆揃って花を開いたようだ。お陰で今朝の散歩は、満開の桜を楽しむことができた。しかも、早朝でもないのに人の姿も少なくて、独り占めで満開桜を堪能させてもらった。

今年の桜、大福エリアは恐らく今日がピークであろう。明日からは散りゆく桜を惜しみ楽しむことになるだろう。と同時に、これから桜前線は、北上し被災地区に向かうことになる。いつもなら桜を楽しむべき季節だが、被災地の方達は、今年の桜をどのような思いで見るのだろうか・・・。

花姫号と桜。 桜並木を独り占め。
ユキヤナギと桜のコラボ。

2011年4月9日(土) ■ 思わぬ長散歩 ■ 大福:生後3278日目 

昨日は強風で桜の花散るのでは?と思ったが、まだまだお役ご免にならない桜は強風に耐えてしかっりまだ花びらをつけててくれた。しかし、今日の天気予報は雨。今朝の散歩は、今にも降りそうなドンヨリ空を見ながら早めに出発。

飼い主の気持ちを心得てくれてるようで、いつものように駐車場のほうに向かわず、逆方向のショートコース方向へ。ありがとね、ホント助かるよ。と言うわけで、近所の広場でボール遊びなど。けっこう遊んだのでお腹もこなれてお仕事かなと思いきや、ポイントがお気に召さないようでススーっと素通り。そっか、今日はお仕事ナシね?と思ったら、スタスタといつものコースへと歩を進める出ないの・・・。

結局、家前のショートコースは前菜。メインは、いつも通りの公園となったのであった。あ、お仕事ポイントも決まったようで、無事にお仕事もしてくれました。

ボール、ちょうだーい! そうそう、コッチコッチ。 はーい、ありがとうね。

2011年4月8日(金) ■ 夜半にまた地震 ■ 大福:生後3277日目 

昨日夜11時半頃にまたけっこう大きく長く揺れる地震があった。震源地は、宮城県沖で震度6強とか。3月11日の本震が大きかったので余震とされてるが、その規模は阪神淡路大地震よりも同じか大きいとか・・・。
決して油断していたわけではないが、悪い意味で、ちょっと余震に対して慣れ気味になってきてたのは事実と言えるだろう。いったい、日本国民は、何で自然の怒りをここまで買うことになってしまったのか・・・。

地震の時、大福は、居間のカドラーで寝てたが、我ら夫婦がちょっと慌ててしまったので、それでノソリと起きて我らの前に登場。「大福、大丈夫だよ!」と声をかけるのを尻目にノシノシとゆっくり目の前を通って寝室へ。ヒョイとベッドに上がって、まん丸になって再び寝始めてしまった・・・。んー、ゴメンね、起こしてしまって・・・と謝るべきか(~_~;)

満開まで今一歩。

2011年4月7日(木) ■ 朝から散漫散歩 ■ 大福:生後3276日目 

今朝はずいぶん散漫な動きの散歩だった。まずは、いつものように近場の公園に。いつもの顔ぶれに出会って、いつものように散歩を終えたが、何を血迷ったか?飼い主が急に人形町『まつむら』の調理パンが食べたくなって一路人形町へ。調理パン4つとゆで卵で590円と何ともリーズナブルな買い物終了。

せっかく人形町に来たのなら、浜町公園でもと思って甘酒横町を歩いてたら、弁慶が鎮座する公園の桜があまりにも綺麗なので、買ったパンの中から焼きそばパンを持って公園内に。うーん、桜は綺麗で申し分ないのだが、定住されてる方がいらして、大福の尻尾は下がり気味。仕方ないので、ちょこっと写真を撮って人形町を一回り。

いつもより長く歩いたことよりも、慣れない景色で疲れたのか、大福は後部座席で熟睡しておりました。

今朝はちょっと暑かったね。 では、弁慶像の前で。 春眠なのね。

2011年4月6日(水) ■ 花姫号、佃へ ■ 大福:生後3275日目 

昨日あたりからずいぶん暖かい。朝の散歩でも桜が一晩で一気に花開いたことが分かる。青空に映えるピンク色。この青空が被災地にも繋がってると思うと青すぎとも思える色が何とも心に染みる。そして、一気に花開いた桜も被災地や避難地で考えようによっては容赦なく花開くことだろう。同じ桜でも意味合いもそれぞれ違うと言うことか・・・。

青空とピンク色に誘われて、今朝は佃島の大川端まで桜チェックに行って来た。血統名:花姫号の大福のこの季節の定例業務?である。佃の桜は、5分咲きよりも少し花開いている感じで、ピークは今週末か?佃神社を抜けて月島に停めた車のほうに向かおうとしたら前方に柴族発見。似合うなぁ、この界隈の景色に柴は・・・。などと思いながら近づいてみたら、何と、顔見知り柴族のダイスケくんだった。そっか、ダイスケくんは、この区域の柴族だったなぁ。と言うことで、車を停めてるところまで一緒に歩かせてもらった。町内には、新学期が始まったばかりの生徒さんの姿や入学式に向かうのであろう親子の姿もチラホラ。んー、日本は狭いと言われてるが意外に広いぞ。

昨日よりだいぶ咲いてる。 大川(墨田川)が眩しい。 ピークは今週末かな。
うっすらピンク。 佃神社にも。 佃煮屋さんの軒先で。
現役のポンプ。 新旧文化の境め橋? 久しぶりに月島柴のダイスケくんにバッタリ。

2011年4月5日(火) ■ 元気印にタジタジ ■ 大福:生後3274日目 

この頃、平日の朝、かなり高確率で出会う後輩黒柴のアズキちゃん。まもなく2才だったかで元気印のお嬢さん柴。季候も良くなってきて元気印、今なら2倍のポイントセール・・・な感じで、大福を見つけると走り寄って来てチョッカイ出してくる。
大福も満更嫌ではないようで気が向けばしっかりオネエサン柴の役割を果たすべくタジタジながらも接しているようである。それにしても、元気ハツラツな年頃の柴を見ていると気持ちが和む。大福も幼さが抜けないのか、一生懸命にお相手していて微笑ましい。

おはよう。 これこれ。 おいおい、足浮いちゃったよ。

2011年4月4日(月) ■ 柴っつのは・・・ ■ 大福:生後3273日目 

世間的には、一番頭が悪いとされるのはアフガンハウンドだ。一番頭が悪いとは何とも無礼な言い方であるが、それは知能指数などの対比による判断ではなく、仕草や習性から人間が勝手に決めたものである。
愛犬を座らせて飼い主が愛犬を残して180度ターンして歩き始める。おおおそ20mほどのところで立ち止まり、振り返って愛犬を呼び戻す・・・待ての練習である。だいたいの犬は、何度かの練習で待つようになるが、 アフガンハウンドの場合は、飼い主が振り向くとすぐ後ろにチャッカリ座ってる。そう飼い主の歩きに合わせて自分も一緒に歩いてしまうのである。その景色から「一番頭が悪い」とのありがたくない言葉をもらってしまう。要は、いつも飼い主の側にいたいのである。考えようによっては、いつも飼い主の後をついて歩くから一番オフリードに対応できるとも言えるのである。なくて七癖・・・犬種も個体も皆、それぞれである。

さて、柴族。これも何とも面白い。顔見知り犬をお出迎えする時のハンターもどきの伏せ待ち状態。柴の飼い主さんなら笑って受け入れられるが、超小型犬の洋犬の飼い主さんなどにとっては、何とも不気味で愛犬や自分の身の危険を感じてしまうことだろう。やれやれ・・・(~_~;)

柴なお出迎え。 この距離って・・・。 柴sなRUN。

2011年4月3日(日) ■ 全自動ドア ■ 大福:生後3272日目 

散歩に出る時、まず、玄関のドアを開ける。次にエレベータを呼んでドアが自動で開く。建物玄関のドアも自動で開く。駐車場にいく。車が出てきて後部座席のドアを開ける。大福乗車。目的に到着して後部座席ドアを開けて大福下車。
散歩を終えて、再び車に。後部座席ドアを開ける。大福乗車。駐車場に車を入れる。後部座席を開けて大福を抱えて下車させる。家前の広場で用足しをして、建物玄関のドアを開ける。エレベータを呼んでドアが勝手に開く。再びエレベータが開いて家前に到着。家のドアを開けて中に入る・・・。

うーむ、大福め、世の中のドア、全てが自動ドアってか・・・。

行き過ぎた。 確保。 ダメ押し?

2011年4月2日(土) ■ 土日はヒッソリね ■ 大福:生後3271日目 

不思議なもので、週末限定にでもしているのか、土日のみしか会わない(見かけない)散歩顔見知りがいる。まさか、平日は散歩してない訳でもないだろうから、きっと時間帯が違うのだろう。そんな一見、土日限定組までが、ドドッと集うからいつもの静かな広場は大騒ぎ。
他所んチの犬にマウントしても平気なのか気づかないのか・・・。マウントされても平気なのか気づかないのか放置したまんま。おいおい、今、何か変なモノ食べたぞ・・・にも気づかずお喋りに夢中。あー、怖い怖い。

てことで、土日の朝の散歩は、極端に時間帯をずらすか、別の場所に移動するかのどちらか。ま、何とか今週も上手いこと集団からフェードアウトできて大福と楽しい週末散歩を楽しみましたとさ。めでたし、めでたし。

ちょうだいよ。 押さえてるのか。 はーい、持って来てくれました。

2011年4月1日(金) ■ 心機一転 ■ 大福:生後3270日目 

今日から4月。そして新しい年度のスタート。まだまだ震災から3週間目で心機一転とはいかないが、何事もきっかけが大事。脳天気と言うことではなく、今日を節目に気持ちを切り替えてみても良いのではないのか。

そんな思いが特に反映したわけではないが、地震後初めて潮風公園に行ってみた。もしかして駐車場閉鎖?とも思ったが、幸い、普通に開いていた。しかし、駐車している車はゼロ。相変わらずの貸切状態だった。
少し風が強かったが、海の波も青空もいつも通り。唯一違ったのは、桜の花が咲き始めてたこと。そう、もう桜咲く頃なのである。

ちょっと風があった。 帆船も停泊してた。 桜もチョイ咲き。


福と大福の間TOPに戻る