2011年6月の最初へ↓
2011年6月30日(木) ■ サマータイム導入 ■ 大福:生後3360日目 

明日7月からの節電強化月間スタートを前に、大福は一日早くサマータイムを導入。いつもの朝散歩なら7時頃に家を出るのに今日から6時に出発。おおー、たった1時間だけどだいぶ涼しいぞ・・・と思ったのも束の間。公園を歩き始めたら何のことはない、いつもの朝とさほど暑さは変わらなかった。完全に暑さを凌ごうとすると、暗い時間に出て行かないとイカンのだろうか・・・と思ったり。暗い時間でも朝散歩と言うのだろうか・・・って、ヤバイ、早くも脳が溶けかけてる・・・。

匂い嗅ぎ仲間? ご近所仲間。 今日も楽しいねぇ。

2011年6月29日(水) ■ 手を繋ぐように ■ 大福:生後3359日目 

ほとんどの写真がリード付きでない者が言うのもナニだが、大福と道や公園を歩いていると散歩しているたくさんの愛犬と飼い主さんに出会うのだが、そのほとんどは、愛犬に引っ張られてる飼い主さんばかり。中には、ハンマー投げの練習ですか?と訊きたくなるようなブンブン丸もいたり。

大福はどうなの?と訊かれれば、こう答える。「大福と手を繋いでる感じで歩いてますよ。ニコッ(←ここ大事)」って。大福は首輪をしてないので、俗に言うパラシュートリードを首に回してるだけ。ホント、手を繋いで大きく手を振って歩いてる感じなのであります。

暑いけど大丈夫? 後で、つらくなるよ。 あんまり関係なさそうだね。

2011年6月28日(火) ■ 勝海舟邸跡 ■ 大福:生後3358日目 

日曜日にドラマ『JIN -仁-』が終わった。登場してくる歴史上の人物、勝海舟を演じたのは、このドラマでは、小日向文世が。昨年の大河ドラマ『龍馬伝』では、武田鉄矢が演じてた。そして、そのどちらでも時代劇には似つかわしくない、いわゆる「べらんめぇ調」で喋ってた。きっと、文献などにそのような喋り方だったと記載されてるのだろう。

で、この勝海舟が住んでた家というのが、港区のど真ん中とも言える赤坂にある。このことは、知る人は知る程度にしか有名でない。何しろお屋敷らしきは残っていないし、跡地としての印がちょこっと残ってるだけ。場所は、昔よく抜け道で通ってた道なので知ってたが、立ち止まってまで見るようなモノではなかったので、いつも通り過ぎてた。

しかし、ドラマも終わったことなので、この際、大福の日記ネタにでもなるかなと思い、今朝の散歩終わりに車で行ってみた。跡地前に車を停めて大福に降りてもらったが、大福にしてみれば、周りに遊べるような広場もないので、「ん?」てな表情。
ちょっと、ココにいてね・・・なんて声かけて、パチリ。「はい、ありがとうね」と声かけたら、「チッ!」な感じ。もう、ウチの飼い主何とかしてくださーい!

見落としそうな感じ。 こんな感じだよ。
でも、ココだよ。

2011年6月27日(月) ■ 笑顔に勝る薬ナシ ■ 大福:生後3357日目 

癒されるよねぇ・・・。よく耳にする言葉である。同じようによく耳にするのが、勇気をもらった・・・だ。どちらも意味としては非常に理解できるが、いい歳したオッサンとしては、オネエチャンぽ過ぎて使えないし、使ったこともない。恐らくこれからも使うことはないだろう。って、そんなに大袈裟に意地を張ること自体妙なのであるが・・・。

でも実際には、大福からその2つをビッシリもらってるのである。癒しも勇気も。特に、無垢な笑顔を見せられた時など、まさにソレなのである。
そして、見つけたのである。それらに値するオッサンなりの言葉を。それが、コレである。

笑顔に勝る薬ナシ

である。んー、我ながらイイ言葉である。
肉体的に頭が痛ろうが、精神的に頭が痛ろうが、どんな薬よりも大福の笑顔には勝てないのである。ありがとね、大福さん。

何でしょうか? 遊ぶの? はい、了解。

2011年6月26日(日) ■ 義務だの権利だの ■ 大福:生後3356日目 

犬との生活の中での義務と権利。犬は、飼い主から躾けをしてもらう権利がある。そして飼い主は、愛犬に躾けをしてあげる義務があるはず。

躾け・・・。人の子は、やがて独立するために躾けをしてもらう。犬達は、一生服従するために躾けをしてもらう。しかし、その躾けを怠ってる飼い主は意外に多いようである。だから、服従するにも服従の方法が分からず生きてる子が何と多いことか・・・。
愛犬から癒しをもらう・・・。でも、ギブ&テイクなんだから、癒しをもらってるなら、お返ししなきゃ。まさか、散歩や食事、居を与えてることがお返しとは思ってはいないだろう。

犬達は癒しなるものを与えてるから、お返しに何かして・・・なんてことは微塵にも思わない。どこか痛かろうが、体の具合が悪かろうが、いつも目の前の現実を受け入れて、「今」を精一杯生きてくれる。そう、権利なんか一度たりとも主張しない。だから、我ら飼い主は、想像力をフルに使って愛犬に尽くすことも義務なのである。モノ言わぬからと、手を抜いてはイカンよね。

雨上がりは念入り。 鼻近いなぁ・・・。 もう、イイ?

2011年6月25日(土) ■ 姉さん座り ■ 大福:生後3355日目 

大福は、飼い主がベンチなどで一休みしていると、必ず自分もベンチに乗ってきて横に座る。何とも微笑ましいではないか・・・な感じだが、実は、思惑があってのことだ。それは、もちろん、オヤツ。そう、横に座ればオヤツが食べられる・・・との図式を自分で作っているようなのである。

オヤツの後は、2人でしばらく景色など見ているのだが、その時、大福は寄りかかってくるので、ほとんど毎回、姉さん座りになる。そして、飼い主が立ち上がっても、しばらくは姉さん座りをキープ・・・。かくして、ご覧のような写真になるのであーる。

潮風公園で。 家前広場で。 区立公園で。

2011年6月24日(金) ■ 暑すぎるわ! ■ 大福:生後3354日目 

梅雨の小休止のような昨日今日。まだまだ本格的な夏じゃないのに何だこの暑さは。ニュースによると埼玉の熊谷では、39.8度を記録したとか。6月の観測史上初と言うから驚いてしまう。と同時に、そんなニュースを耳にするだけで、一気に暑さに対しての我慢が崩れてしまいそうになる。

飼い主も暑いが、大福も暑そうである。散歩途中でもクチを開けてハァハァ。ハァハァ顔が笑い顔に見えて可愛いのではあるが、その笑い顔の実態を知っていると気の毒になってしまう。
例年なら、家に戻ればクーラーの効いた部屋で熱く火照った体を冷やしてグッスリ眠ることになるのだが、今年は、大震災の影響で世の中は「節電」が国民的なキーワード。もちろん、節電することは大事ではあるが、クーラーつけるのにも後ろめたさを感じるような風潮で良いのかな?

でも、愛する大福が心地良く夏を越せないような我慢はすべきではないだろう。たとえ後ろ指、指されようがね・・・。

走りますか・・・。 いいよ。 うわぁ、いきなりハイスピード?

2011年6月23日(木) ■ いつでもどこでも・・・無理 ■ 大福:生後3353日目 

立ち止まって息を潜めてジッと見守る・・・。そう、大福のお仕事の時なのである。そんな大事な時に限って、向こうのほうから来るのである。ランニングしてる人とか、見知らぬ犬とかが・・・。それらが大福の視界に入った途端に大福のお仕事モードはリセットに。リセットされると、次はまた続きから・・・とはいかない。完全リセットで、ふりだしに戻ってしまう。

その点、洋犬達は、いつでもどこでも・・・の子が多いような。道端であろうが何だろうが、したい時したい場所でって感じで。一度なんか横断歩道渡ってる最中に、ウーンって・・・。羨ましいような羨ましくないような・・・。

ポイント探して三千里。 ソコは取りづらいんですけど。 結局、出なかったね。

2011年6月22日(水) ■ インターネットの申し子 ■ 大福:生後3352日目 

大福は、インターネット時代の柴犬である。インターネット以前の犬達の交友範囲は、インターネット以降に比べてそれほど広くはない。ただ、それは犬達と言うよりもむしろ、飼い主さんにとっての話であるのは言うまでもない。

それぞれの飼い主さんが愛犬のことを綴ったホームページを作成。掲示板などの利用により、知らない飼い主さん同士がコミュニケーションを図る。今では当たり前なことが、その当時(1998年頃以降か)では、画期的な犬の生活だったはず。それが、blog、mixi、Twitter、Facebookへと進化して今日に至るわけである。飼い主さんの交流範囲が広がったことにより愛犬達の交流範囲や行動範囲もかなり変化した。ネット上だけの交流だけでなく、オフ会なるリアルな社会での交流へと繋がることにも何の違和感もないのが今時代の飼い主さん事情か。

もちろん、実際に会わないまでもネット上で日々の様子が写真などを含めた書き込み記事?で知ることができるから、まだ見ぬ他所様の愛犬達に親近感を持ってしまうことも何ら不思議なことではない。
その中で、嫌なのは、愛犬達の病気や怪我、具合が悪いことなども知り得てしまうことだ。別に、病気自慢をしているわけでもないのはじゅうぶん分かるが、それらを自分チの愛犬に当てはめてしまうと、かなりシンドイ。中には、明らかに対処の仕方を間違えてる飼い主さんや、病気予備軍である愛犬の動向に気づかない飼い主さんもいる。しかし、獣医師でもないのだから余計なひと言を言うわけにはいかない。これは、かなりのジレンマとなる。

今時代に生活している犬達は、インターネットの申し子であることは間違いない。いろいろな飼い主さんが情報を発信してくれるが、楽しい情報だけが溢れることこそが愛犬達の幸の証しであることは言うまでもない。どうか、楽しい話で溢れますように。

気持ち良さそう。 あ、目開いた。 また、寝た。

2011年6月21日(火) ■ どうなる?この夏 ■ 大福:生後3351日目 

雨上がりの朝散歩。陽射しこそないが、地面からジメジメした空気が漂ってるのが分かる。天気予報でも明日辺りから気温も急上昇するとか。
今年は、節電という言葉が流行語のように毎日、耳や目から入ってくる。昨年の夏は、猛暑で、クーラーを使わないお年寄りが熱中症などで命を落とした。テレビのワイドショーなどでは、さかんに我慢しないでクーラーをつけようと声高に促していた。

今年も昨年に負けないぐらい暑くなりそうな予感がする。今年は節電と熱中症がガップリ四つになっての真っ向勝負になりそう。いったい、どのように過ごすのがベストなのだろう。お年寄りだけでなく、何となく犬達にも悪い影響が出て来そうな予感がしてしまう。一番の解決は、猛暑にならないことなんだけどね、こればかりはお天道様次第だから何とも言えない。いやぁ、困った。

仲良くはしてくれないと思うよ。 スタスタ。 見るな・・・ってか?

2011年6月20日(月) ■ 旧地に集う ■ 大福:生後3350日目 

今日はシャンプーの日。終了後に糞便検査と尿検査の結果を聞くので診察も。幸い両検査とも問題はなく、獣医師からいろいろ詳しい説明を受け、検査結果表と他の資料などもいただきいざ解放。

いつも通りガッちゃんと会う約束はしてたが、今日は何と幼なじみのアンディくんとも約束をとりつけていた。久しぶりに時計の公園で会うことになりガッちゃんと一緒に公園へ・・・。いたいた、白いちょっと大きめのジャックラッセル。いや大きめなのは当たり前、彼はパーソン・ラッセルテリアなのである。相変わらず長い足のモノ言わせ抜群のジャンプも健在。懐かしいなぁ・・・。
と思ってたら、遠くにこれまた見慣れたジャックラッセルが・・・。空くんだった。大福が何となく特別な思いで遊んでた(ように見えてた)空くんが偶然登場してくれたのだ。大福の様子を見てたが、どこか空くんの前ではシャイになってるように見えるのは気のせいか。先に帰った空くんを見守る大福の姿が印象的だった。

それにしても、旧地で懐かしい仲間に出会い、その元気ぶりを確認できるのは飼い主としては本当に嬉しい。残念だが、もう亡くなってしまった子もいるが、皆は、これからも元気で過ごして欲しい。そして、また一緒に会えることを切に願うものである。わざわざ、時間を作ってくれたガッちゃん、アンディくん、ありがとう。

久しぶり・・・でも、顔近いし。 アンディくんのジャンプ健在。 ガッちゃんの割り込みも健在(^o^ゞ
空くんとも再会。 この地は、ジャックがいっぱい。 空くんを見送る。

2011年6月19日(日) ■ 7ヶ月のニューカマー ■ 大福:生後3349日目 

朝の散歩は雨上がりなので腹あて要るか?とも思ったが、明日はシャンプー日だからまぁイイだろうと裸族で決行。ひとしきり匂い嗅ぎを終えたが、お気に召したお仕事ポイントが見つからないようで、もう帰ろうかなと思ってたら、視界の中に柴族らしき姿が・・・。いつもなら、いち早く見つけてにじり寄っていく大福だが、今日は特に反応がない。ははーん、これはお仕事するわ・・・とすぐ察知。案の定、軽く挨拶をしてジャレ合いを少々したら、シレーっと一人旅に・・・。様子を見ていると腰を落としてお仕事終了。

お仕事終えると、チャッカリしたもので今まであまり乗り気でなかったくせに急に遊びモードに突入。今朝の柴ちゃんは、生後7ヶ月のリンちゃん。初対面である。まだ7ヶ月だから遊ぶ気満々。大福、この若いヤル気にどのように対応するのかと観察をば・・・。
最初は、姉さん風をガンガン吹かせて、怖い顔見せて威嚇したりいなしたりと歴戦の積み重ねを見せつけてた。その後は、走り回り。最初こそ追いかけていたが、すぐに体を入れ替えて、大福が追い駆けられるパターンへと持ち込む。狭い場所なら、生け垣など障害物を利用して体力の温存を計ることができるのだが、だだ広い今朝の場所では、直線パターンが多く、急ブレーキをかけてフェイントしたりと大福のペースを保ちながら遊んでいた。

大福がお姉さん柴だなと思ったのは、追いかけられながらもちゃんとリンちゃんのことを気にして後ろを振り返りながら走ってたこと。怖い顔して先輩風吹かしたりしているが、自分が仔犬時代に多くの先輩犬に優しくしてもらったように、大福も大福なりに気遣っていること感じることができた。

生後7ヶ月のリンちゃん。次に会う時は、また成犬に近づいているだろう。いろいろな経験をして立派な?柴族になって欲しい。また、今度ね。

ガオー。 興味興味のリンちゃん。 さ、追いかけろ。
ついてきてることを確認。 もうちょっとだ。 カーブを上手く回るんだよ。

2011年6月18日(土) ■ ありがたい家前 ■ 大福:生後3348日目 

家の中ではウンチどころか、オシッコもしない大福。それでも、いつか家の中で気まぐれにしてくれるのでは?と思い、家の中の片隅にトイレトレーを置いておいたが、全く無関心。その横を通り過ぎる時など邪魔そうにチラッと見てから、視線をコチラに向ける始末。そんなことで、家の中からトイレトレーの姿が消えてもう何年経つことだろう・・・。

柴は、オシッコもウンチも我慢できてしまうから始末に悪い。根比べして、家の中でもしたくなるまでコチラが我慢すれば良いのだが、我慢しすぎて膀胱炎や便秘になってしまっては・・・と考えると、見事に根負けして外に連れ出てしまう。もう完全にコントロールされてしまってる情けない飼い主である。

大福は、夜寝る直前に散歩ではなく、オシッコのために外に出る。「夜チィー」と称しているが、その場所に関してはかなり恵まれてる。集合住宅なので自分チの庭があるわけではない。その代わり?に、家の前に狭いながらも公営の公園と、会社テナントビルの芝付き通路があるのである。
これが、あるとないとでは大違い。引越しを決めた際の大きなポイントになったのは言うまでもない。狭いと言っても、軽いボール遊びくらいはできるスペースなので何とも重宝している。ありがたいことである。

狙いを定めて。 キャーッチ! ちょっと大きかった。

2011年6月17日(金) ■ こだわりのお仕事 ■ 大福:生後3347日目 

大福は、用足し(オシッコ)やお仕事(ウンチ)を家の中ではしない。犬の本などによると「柴犬は綺麗好き」だそうだ。だから、自分が生活する場所では用足しやお仕事をしないと言うことらしい。考えようによっては、それはありがたいことでもあるが、加齢が進んで足腰に衰えが出てきた時のことを考えると一抹の不安はある。

家の中ではそれらをしないので、当然、外に出なくてはならない。一般的に「散歩」という括りにしているが、実は、散歩よりももっと生きていく機能の中で大事な習慣なのである。
さて、その外での行為だが、これもこだわりと言うのか何と言うのか、コンクリートや土の上ではしない。洋犬で道のど真ん中でも腰を落としてウンチしている子を多く見かけるが、大福に限っては全くないと言って良いだろう。もし、したとしたら、よほど具合が悪いと判断して良いだろう。
このことも、人の多い場所に出かけた時のことを考えるとありがたいこだわりではある。

家の中でしない。コンクリートや土の上でもしない。でも、それらをしないのは体的にどうなのよ?となるので、当然、お天気に左右されることなく毎日、散歩と称して外に出ることになる。これは、大福だけではないようで、天気が悪い時に外で出会うのはほとんどが柴犬であることを思えば、柴犬は皆同じ傾向にあるようだ。
更に、大変なのは、お仕事するポイント選びである。これがなかなか決まらない。今は、そうでもないが、昔は30分は当たり前。ヒドイ時は、1時間以上もポイント探しをした挙げ句、決まらずに今日はお仕事ナシよ・・・なんてこともざらにあった。

この梅雨時期、飼い主としては悪天候の中、大変と言えば大変なのだが、このこだわりも柴族の特性と楽しめるのは愛情なのか自虐なのか、なかなか微妙である。
雨の中、お仕事ポイントを探しながらも、足場の良いところを選んで歩く大福さん。今朝は、お気に召すポイントが見つからなかったようでお仕事ナシだった(~_~;)

細道? 当然、コンクリ道。 帰るとのこと。

2011年6月16日(木) ■ 人脈ノート ■ 大福:生後3346日目 

散歩してると、いろいろな知り合い犬に出会うが、大福を見ていると誰とでも走り回りをしたいということでないようだ。仔犬時代は、相手を見つけると誰彼かまわず遊びたいビームを発信して遊びに誘っていたが、この頃では誰とでも・・・ではないようだ。

遊ぼう遊ばない、大福なりにその区別をしているようだが、よく見てると自分で選り好みと言うよりも「この子は、あまり遊ばないタイプだったな」などと認識しているようだ。それが証拠に、初めて出会う子とは、お互いに匂い嗅ぎを終えた後に、自分から遊びに誘っている様子が見える。そして、その子が遊ぶか遊ばないかを判断しているようなのである。お尻の匂い嗅ぎは、お互いの情報確認などとも言われているが、細かい性格のようなものまでは、そこからは判断できないのだろう。
大福の人脈ノート?一度覗いてみたいものである。

ダッシュ。 ジャックは素早い。 まだ、やりますか?

2011年6月15日(水) ■ 節約遊び ■ 大福:生後3345日目 

ややもすると流行語大賞にノミネートされそうな「節約」。東日本大震災後に急激に登場した言葉だが、もちろん新語ではなく昔からあること言葉だ。震災前の「節約」という言葉は、節約主婦とか節約術とか、どこか地味な印象がしないでもなかった。
ところが、震災後は「節電」を筆頭に無駄なことはしない・・・なる思想のようなものが急激に蔓延している。無駄遣いをしないことは大事なことだが、どうも日本人てのは何事も極端なようで面喰らってしまう。我が家も節電対策で、床の照明が一機、地震以来一度も点灯したことがなく、実は夜の景色としてはだいぶ寂しいのであーる。

さて、我が家の大福さん。この方は、地震前から節約してくれている。と言うのは、大福はオモチャを破壊することがないので、増える一方なのである。加えて、自分がお気に入りとして遊ぶオモチャは、買ったモノよりも現地調達のモノが多いときている。今朝の現地調達オモチャは、松ぼっくり・・・。節約見習わなくてはね(^o^ゞ

いつも本気! 勝どきの歩。 クールダウン。

2011年6月14日(火) ■ 放射線量 ■ 大福:生後3344日目 

東日本大震災から3ヶ月が経過して、被災地はともかく大福やアホ飼い主が住む首都圏では、何となく過去の出来事になりつつあるのは不謹慎ながら本音である。余震なのか別震なのか分からないような地震の揺れを感じた時に、あの日を思い出す・・・程度になってしまっているような気がする。しかも、震度3ぐらいの地震だと地震慣れというのか、揺れに対して慌てもしない自分がいる。大福はと言えば、「ん?」なる顔こそしても怯えることなく日常を過ごしている。

しかし、ここに来て不安なのは震災によって二次災害となった原発事故である。チェルノブイリと同等の事故レベルとされたが、政府はどうも穏便に事を済まそうとの気配が濃厚である。「すぐに人体に影響を及ぼすことはない」など訳の分からない発言を堂々としているが、「すぐに・・・」ではなく、「いつかは」人体に影響を及ぼすのか!と訊きたくなってしまう。
事故によって放出された放射能。これも福島原発近くだけでなく、静岡辺りでも高い放射線量数値も検出されている。首都圏も放射線量検査ポイントの増加をするらしい。実は、マズイんじゃなのか?と疑い深くもなってしまう。

加えて放射線量は、地面に近い位置のほうが数値が高いらしいし、コンクリート面よりも芝生や草の上のほうが数値が高いとの検証もされている。となると、地面から低い位置で生活する大福を始めとする犬達の生活にも大きな影響は出てくるはず・・・。どうしたら良いものか・・・。

帆船停泊中。 土日は人多くなったらしいけど。 日本離れ?した景色。

2011年6月13日(月) ■ 足取り重い週始め ■ 大福:生後3343日目 

梅雨時期とは言え、気温があまり高くなく日中などは涼しいどころか寒いと言っても良いような日も続く。毎年の今頃って、こんな感じだったっけ?

今朝は、夜半の雨も上がって雨こそ降ってはいなかったが、地面は濡れ濡れで空もドンヨリ曇り空。週の始めとしては、何ともヤル気の出ない空模様。お腹が濡れてしまうので、今朝の散歩は腹あて着用で出発。大福も慣れたもので、この腹あてやカッパを着用することには、何の違和感もなく普通に歩くし、用足しやお仕事もスムーズにしてくれる。とは言え、一緒に歩く飼い主の気持ち弾まぬ表情や仕草を感じてるのだろう。大福の足取りも何気に重そうだった。

これって何なんだろう? 何故か、こういう細いところ歩くよねぇ。 どんより空にピッタリの仏頂面。

2011年6月12日(日) ■ 大福の狩り ■ 大福:生後3342日目 

今日もお天気がパッとしないので、家に引きこもり。大福も朝散歩終了後は家でマッタリ・・・かなと思ったのだが、どうも家の中に家人2人がいると、自分達だけ何か美味しいモノでも食べるのではないか?との思いが強いようだ。いつもなら寝室で、これでもか!と思うほど寝まくるのに、今日は寝室にいることなく、何気に居間の辺りを拠点にして陣取ってる。これが大福なりの「狩り」なのかもしれない。狩りの気配を悟られないようになのか、一人で遊んだり、ゴロゴロし始めたり、ゴロ寝したりと大忙しだった。

ミニ・フラフープ。 ゴロンゴロン。 これは、ゴロ寝。

2011年6月11日(土) ■ 雨の週末 ■ 大福:生後3341日目 

週末は雨予報。土日が雨というのも珍しいかも。と言うわけで、今朝の朝散歩は予報通り雨の中で敢行。いつもの週末なら週末限定散歩組で賑わう公園も誰もおらずでゆっくり散歩・・・と思いきや、大福も早く帰りたかったのか、いつもよりも早めにお仕事終了して帰り道コースへ。
かくして、今日も昨日に引き続き、結果的には休養日のようになってしまった。

どこへ向かう? こういうことか・・・。 うわ、行ったぁ!

2011年6月10日(金) ■ 休養日 ■ 大福:生後3340日目 

昨日は、一日出ずっぱり。しかも、車での移動時間が多かったので、今日は休養日にあてる。別に、大福が疲れ切ってたわけではないが、いろいろな意味でメリハリのある日々にしなくちゃね。
それにしても、だいぶ暑くなってきたせいもあるが、笑顔が増えてきて飼い主としては嬉しい限り。これも暑さが成せる業である。

渋い顔。 笑顔笑顔。 敷物ですか?

2011年6月9日(木) ■ 今日も日帰り ■ 大福:生後3339日目 

今日は、ガッちゃんと軽井沢日帰りの日。ここ数年、軽井沢は日帰り・・・が定番の我が家。泊まり込みで行く良い面も多いのだろうが、祝は予約を入れた日がお天気悪いと・・・と考えると、つい臨機応変に行く行かないを決められる日帰りを選んでしまう。

朝8時半に待ち合わせて出発。あらら、これほど空いている首都高は珍しいんじゃない?と思わせるほどスムーズに関越に。途中、トイレ休憩を一回だけして11時には軽井沢に到着。予約してたお店にも予定より少し早く着いて早速ピザランチ。旬野菜の窯焼き、ベーコン&チーズ、スペアリブ、そしてメインのピザは3人で6種類をいただく。わざわざ軽井沢まで来た甲斐があるものだと納得の美味しさ。大福、スペアリブに食らいついて、野生な一面を披露してました。その代償?で唇の付け根を裂傷負傷してましたが・・・(-_-)

ランチを終えて、旧軽井沢で軽く買い物。中軽井沢経由して戻り道へ。帰りも渋滞することなくスムーズ。帰りの首都高も驚くほど空いてて、6時過ぎにはもう家まで到着していた。慌ただしいと言えば慌ただしいのかもしれないが、日帰り射程内と考えれば軽井沢も小旅行の範疇ではないぞと。

そうそう、今日は結婚記念日でありまして、お店でお祝いなどしてもらいました。ありがとうございました。我が妻にも改めて感謝と言うことで・・・(^o^ゞ

店庭で。 首が疲れそうな2人。 一転して野生児・大福(~_~;)
アスパラとれんこん。 トマトとチーズ。 野沢菜と椎茸。
記念日仕様していただきました。 軽く走り込み。 いつの間にやらヤル気に。
舵取り尻尾。 脚を揃えてピョーン。 大きな白菜だこと。

2011年6月8日(水) ■ 愛犬から学ぶこと ■ 大福:生後3338日目 

世の中生きていれば嫌なことも多いさ・・・と分かっちゃいても、小事に腹を立てしまうこと多々あり。と同時にすぐに反省をもし、己の未熟さを痛いほど思い知る。

どんな時も目の前の出来事を文句一つ言わずに前向きに受け止めて、今を全力で生きている大福。大福だけではない。全ての犬達、皆一緒である。どんな飼い主であろうと不平不満を言わない。他所の犬との比較もしないからひがみなどもない。もちろん、自分の容姿のことなど気にもしない。

教えられることがたくさんありすぎ。こんな葛藤を飼い主に与えてくれるところも犬との生活の面白さであり、ありがたいことでもある。

眠ってるね。 起こしちゃった? はいはい、すみませんでした・・・。

2011年6月7日(火) ■ 自分内決めごと ■ 大福:生後3337日目 

大福を見ていると、どうもいろいろ自分の中では決めごとがあるようだ。その決めごとのほとんどは段取りと言って良いものであるから面白い。

雨降りでカッパを着せられた時。建物玄関を出ていつもなら右に進むが、カッパを着てる時は、左に進む。自分でショートコースの散歩としてるようである。
散歩から戻って、足を拭いてブラッシングをする。その後は、オヤツを一切れもらうものと自分で決めてるようである。
自分の食事を終えてからは、台所と廊下の境目辺りに陣取る。妻の台所用事が終わったら、これまたオヤツを一切れもらうと勝手に決めてしまったようである。
寝る前の用足しタイムから戻ったら、寝る前に歯磨きをする。これも、いつの間にか習慣づけできてしまったようである。

いろいろな決めごと。大福の中にはどのくらいパターン化されてるのだろうか?非常に気になる。

どっちに行く? まだ考え中。 結局、広場で遊ぶことに。

2011年6月6日(月) ■ 気づけよ ■ 大福:生後3336日目 

Facebook、Twitter、blogなどで愛犬のことを語ったり綴っている人は多い。かく言う自分もその一人なのだが、皆さん呑気で羨ましい。誰がどう考えても、それはトラブル(病気とか)だから・・・と思うようなことも多々ある。自分が当事者になると気づかないのか?だとすれば、これは自分も注意しなければならないことで要注意である。くわばらくわば。

無理だと思うけど・・・。 ほらね。 頑張るねぇ・・・。

2011年6月5日(日) ■ 元気に晴れ散歩 ■ 大福:生後3335日目 

思わず梅雨明けしたのか?と錯覚してしまうほど気持ち良く晴れ上がってるここ数日だが、明日は梅雨に逆戻りで雨日らしい。晴れの日を有効にせねばと今朝も大福と一緒に走り回ったりボール遊びをしたりと大忙し。飼い主の息があがって、ゼイゼイ言ってるのを尻目に大福は舌こそ出してハァハァしているが疲れ知らずで元気いっぱい。

そう言えば、昨日テレビで。犬の心臓の大きさ(重さ?)の総体重との比率は、人間に比べても猫や牛などに比べても断然大きかったのを思い出す。持久力があるってことだよね。ヤバイヤバイ、イイ気になって一緒に付き合って遊んでると、こっちの心臓が・・・。

笑ってる。 舌、出てるよ。 デレデレだね。

2011年6月4日(土) ■ 愛犬と一緒に ■ 大福:生後3334日目 

ここのところ一緒に出かける機会が少なかったので、今日は自由が丘でカフェ飯。いつも平日に来てたから思わなかったが、さすがアンケートで住みたい町の上位に君臨するだけあって週末の何と人の多いこと。あまりに人が多く歩くのでバス通りははみ出し歩行で危険地帯とかしていた。自分としては決して住みたい町とは思わないので、何ゆえ上位に選ばれるのか全く理解不能。

いつもお邪魔するカフェも今日はほぼ満席。犬連れもチラホラ見かけたが、どの犬も小型犬や超小型犬。中型犬?の大福はひときわ目立つ。しかも、自前の敷物敷いてイスの上になんか上がるから俄然注目を浴びる。皆さん、優しい目を注いでくれてるから嬉しい。
こと大福を見ていると、カフェでの食事などごく普通のことだが、ネットなどで見るとなかなかドッグカフェ以外での食事は難しいらしい。ドッグカフェは、人間のファミレスと一緒で、どちらも「あそこなら、お行儀悪くても大丈夫」との考えの飼い主や人の子の親が集結する場所に甘んじているのだろう。

幸い?大福は、家でもイスに座って一緒に食事をすることがほとんどなので(主食時はテーブルではないですが)ドッグカフェでないところでも家の食卓同様に大人しくしてくれてる。家で犬と一緒に同じ食卓で?とお叱り受けるかもしれないが、そのことが練習となってか、我が家の愛犬との楽しい生活の枠を広げてるのは紛れもない事実だ。いったい何が功を奏することやら・・・。

厨房が気になる「厨犬」。 お行儀が良いねぇ。 隣の席に営業中。

2011年6月3日(金) ■ 知人のひと言 ■ 大福:生後3333日目 

犬を飼っていないお仲間のblogに歩道をオフリードで散歩させてる写真が載っていた。苦言が書かれてるのだろうなと苦い思いで内容を読んだらちょっと違ってた。勝手に引用させてもらうと、

「リードなしでさんぽ可愛いじゃん。本当はダメなんだろうけど。目くじらを立てるとシワになるから、微笑みだけ。つうか、リードしないとヤバイって言うのは、そもそも論で言えば躾ができてないって事ちゃうの?って、犬嫌いから見たら暴論かな。ゴメンなさい」

犬を飼ってる人にも犬が嫌いな人にも配慮ある書き方がなされてるが、これ実は正論。犬飼いには、決してクチにはできない言葉である。犬を飼うための条例の上っ面しか見ずに何でもかんでもオフリードを極悪としてるのは、犬を飼ってる多くの人だけに限らず、公園管理者(部署)も同じ。
しかし、リードを着けて散歩することの基本は、オフリードであっても、ちゃんと飼い主の横を付け歩きできてからこそ有効であるはず。それを忘れてしまっている(或いは、そんなこと考えもつかない)のが現実である。
知人曰くの「リードしないとヤバイって言うのは、そもそも論で言えば躾ができてないって事ちゃうの?」こそが、本来の理屈であるはずなのである。よくぞ言ってくださった!

などと声高に言い、下のオフリードで遊ぶ大福の写真からは、オフリード主義者と思われがちだが、アホ飼い主なりにTPOを考えて臨機応変であると一応の弁明を。

おいでぇ。 ボールで遊ぶ? そんなに嬉しい?

2011年6月2日(木) ■ 心づもり ■ 大福:生後3332日目 

大福と一緒に泊まりありの旅行に行きたいなぁ・・・と思うことは多々あるのである。でも、大福の立場で考えてみると、飼い主と一緒にいられるのであれば何も遠い場所まで疲れながら行くことなど特別に望んではいないだろうなとなってしまう。結局、飼い主の都合で付き合わせるだけなのかなと。

かと言って、どこかに預けてまで旅行に行きたいかというと、それはまずないと断言できる。余所様のblogなど見ると、ペットホテルに預けて海外旅行・・・なんてのをよく目にする。余所様の家庭の事情や考え方まで言及するつもりはないが、自分の中ではあり得ない選択であることは確か。

大福と一緒に暮らしていると、不自由なこともたくさんある。行動を制限されることも多い。でも、それらを覚悟して我が家に迎え入れたのだから、それは仕方がない。決して「我慢」とかではないのである。
よく「家族と同じ」なる言葉を目に耳にするが、人間社会で生きていく中で苦労が多いのは大福ら犬達のほうなのである。そして、病気の時もどこか痛い時も言葉を発しない。ならば、「家族と同じ」ではなく「家族以上」となるぐらいの心づもりが必要なのかなと・・・。

怖いぐらいのスピード。 キャッチして態を変え・・・。 意気揚々とお戻り。

2011年6月1日(水) ■ 笑顔が良薬 ■ 大福:生後3331日目 

今日から6月。3月の東日本大震災からあと10日もすれば2ヶ月が経つこととなる。犬達のカレンダーが早く進むことを憂うることもあるが、我ら人間のカレンダーの進み具合もことここにおいてはなかなか早い。
復興に関しては、亀の歩みのように見えるが、心配なのは心のすさみだ。不便の中での亀の歩みは人の気持ちを荒れさせる。内閣不信任案が提出されたようだが、このことに関しての是非はともかく、被災された方にとって良策が迅速に出るのであれば、この際何でも良しとすべし。それが何よりの良薬だから・・・。

さて、我が家の最上級の良薬は大福の笑顔であることは言うまでもない。こんなご時世、平々凡々と生きていても、嫌なことの一つや二つはあって当然。心曇りそうな時に、遠くから走り寄って来てくれる大福の笑顔は何よりの良薬なのである。

来る? おいでぇ。 そうそう。


福と大福の間TOPに戻る