2011年7月の最初へ↓
2011年7月31日(日) ■ 嬉しい瞬間 ■ 大福:生後3391日目 

今日で7月もお終い。7月最後の日は、もう秋?と思わせるような涼しい日だった。嬉しいのは嬉しいのだが、明け方4時前に大きく揺れる地震で目が覚めた。震源地の福島では、震度5強だったとか。そして、新潟のほうでは記録的な豪雨によって町や村が壊滅的なダメージを受けてるとか・・・。日本はどうなってしまうのか。

そんな心配を一瞬にして忘れさせてくれるのは、やはり大福なのである。遠く離れたところからアホな飼い主を目指して走り寄って来てくれるのを見ると、何やら鼻の頭がツンとしてくるぐらい嬉しいのであーる。

おいでぇ〜! そうそう。 来た来た。

2011年7月30日(土) ■ ガサガサ ■ 大福:生後3390日目 

今日は疲れてるみたいだから、軽く用足しを済ませる程度の夕方散歩にしようかなと思ってたのである。ポイントを探して、はい用足し終了。大福も以心伝心かスタスタと車を停めてある方向に歩いて行く・・・。

その時、お散歩バッグに入れておいたiPhoneからメール受信の音が・・・。あれ、iPhoneどこだ?とバッグの中をガサガサ・・・。オモチャを入れてる袋も触ってしまい、更にガサガサ・・・。しまった!このオモチャ袋のガサガサに反応しないはずがない。気がつけば、足元でヤル気満々の顔でこちらを見上げてる大福さん。

ハイハイ、分かりましたよ。程良く風も吹いてるしビニールで遊びましょうかね。かくして、軽めのはずの散歩は、それなりの散歩へと変わったのであった・・・。世の中、ちょっとしたことで展開が変わるぞとの教訓かな(-_-)

見上げてご覧よぉ〜。 足の長さについては触れぬように(-_-) カメラ目線。

2011年7月29日(金) ■ マウント ■ 大福:生後3389日目 

よく分からないなぁ、自分チの愛犬が他所の犬にマウントしてるのを普通に見ている飼い主って。それも、オバハンがけっこう知らぬふりしている・・・いや、知らぬふりというのは、しらばくれてることだから何らかの負の意識を持っていることになる・・・だから、知らぬふりではなく無関心と言ったほうが良いのか。
自分チの愛犬が他所の犬の後ろに回って背中に手をかけて腰をクネクネさせてるのを見て何も思わないのかなぁ・・・。恥ずかしいとか思わないんだろうか?くわばら、くわばら。

渋い顔だねぇ。 笑って笑って。 宙ちゃんと一緒に。

2011年7月28日(木) ■ 頑張れ! ■ 大福:生後3388日目 

大福なんかも毎年この季節は、皮膚の調子が落ちたりするが、今年は例年よりも少しばかり悪いような気がする。やはり、このジメジメとした湿気は犬の皮膚には良くないのだろう。幸い、激しく悪くなる前に未然に防いでいるほうだとは思うのだが心配は尽きない。

ネットの犬仲間の様子を見ると、皮膚に限らずいわゆる病気になってしまってる子も今年はかなり多いように思える。大福のお仲間だから、10才前後の子が多くなってきていることも大いに関係あるのだろう。犬達の加齢のスピードを恨めしく思ってしまう。しかし、ボヤいていても始まらない。我らお世話係がしっかりケアするしかないのである。しっかりお世話するから、愛犬達も頑張って、この時季を乗り越えるんだぞ!頑張れ!

ドンヨリ。 誰もいないねぇ。 帰りますか?

2011年7月27日(水) ■ 飼い主のオーラ ■ 大福:生後3387日目 

朝散歩でお仕事も終えてスッキリして、建物の角を曲がったら何やら熱い視線が・・・。後輩黒柴・あずきちゃんの「ネエサン、一つ、遊びませんか?」ビームだ。あずきちゃん、すでにペッシャンコになって臨戦態勢に入ってるし・・・。

大福は、気まぐれと言うか勝手なもので、自分も遊びモードの時は、すぐさま遊びに突入するくせに、今イチな気分の時は、せっかく誘ってくれてもなかなか遊びに応じようとしない。今日は明らかに後者。確かに家に戻らなければならない時間がせまっていたのも事実だが、もう少しお相手してあげれば良いのに・・・。でも、飼い主が時間を気にしているオーラのようなものを感じてたのかもしれないな・・・。

待ち伏せ?に大福もタジタジ。 いきなりフルスロットル。 もぉー、じゃ、追いかけて来て。

2011年7月26日(火) ■ 築地飯な地周り ■ 大福:生後3386日目 

天気の話ばかりだが、どうやら今日あたりから再び暑くなる気配がしてきた。昼前に築地に行って来たが、日向はだいぶ暑い。やはり涼しい夏なんてあり得ないってことよね。

築地でご飯と思ったが、外で食べるにはだいぶ暑いので大福も可哀想。店内で食べられるところはないかと、さすらった挙げ句にたどり着いたのが、ココ。「犬OKなんですか?」なんて問い合わせの電話がかかってしまっては迷惑になるので名前伏せておきます。あくまでも、勝手に乱入しただけなので・・・<(_ _)>ちらし丼を美味しくいただいたが、大福は食べられないので、玉子と寿司飯を少々。大福、寿司飯が好きなのである・・・不思議。

お店を出てから場外を地周り。知った顔に挨拶しながら歩いた最後は、ラーメン屋さんでチャーシューまでいただく有り様。結果的には、地周りの成果ありな大福でした。

玉子と寿司飯を少しだけね。 お店の方々と。 チャーシューもらったね(^_^)v

2011年7月25日(月) ■ 予報修正 ■ 大福:生後3385日目 

2日ほどの涼しさと言ってたのに、それほど暑くない日がかれこれ1週間ほど続いている。世の中、夏休みになったってのに、夏らしい日は今のところほとんどない。どうなってるのかと思ってたら、気象庁がこの夏の長期予報を修正したらしい。昨年同様の猛暑から、通常の夏の暑さにと・・・。何じゃソレ?ま、散歩に付き合う身としては、猛暑よりは今ぐらいの気候が続いてくれたほうがありがたいのだが。

普通に見上げる。 高まる集中。 高まり過ぎ。

2011年7月24日(日) ■ アナログ終焉の朝は台場浜で ■ 大福:生後3384日目 

今朝も思いのほか暑くなかったので、お台場の浜辺に行って来た。台場浜→Odaiba Beachとすると何故かお洒落ぽい・・・不思議だ。

昨日の夜から、フジテレビ系列で『FNS27時間テレビ』が始まったので、浜辺には泊まり込み野宿の若者がいっぱいいるかなと思いきや、ほとんど人もおらずでいつもの閑散とした台場浜であった。27時間テレビ程度じゃ夜を徹して盛り上がらないのかな?それとも時代の傾向として、バカ騒ぎなどしない傾向なのかな。バカ騒ぎは決して褒められないけど、何かを媒体にして盛り上がるというのも若い時には大事なことのように思えるが、それはドップリ昭和なオッサンの言うことか・・・。

それにしても、フジ系列の地方局、毎度のことながらの薄ら寒いようなバカ騒ぎ。こちらのバカ騒ぎはやめて欲しいぞ。悪ふざけとジョークの違いが分からないのは、テレビ人としては相当恥ずかしいことだと気づくべし。

さて、台場浜で普通に散歩をこなしていた大福。ちょっとしたことで足が海の中に入ってしまった・・・。うわぁ、もうダメだ、足が冷たくて気持ち良いことに気づいてしまったぞ!
それから後はもう大はしゃぎ。テンションは上向き絶好調で砂浜を猛走り。体が熱くなってくると、水の中を走ったり歩いたりでクールダウン。そして、再び・・・。いやぁ、何とも楽しい朝散歩になってしまった。

家に戻って、ひと息入れての昼の12時。ついにテレビのアナログ放送が終わってしまった。テレビ世代の飼い主としては、また一つ大きな終焉を迎えたのであった。

2ショット。 入っちゃったかぁ(~_~;) 濡れると細いのよね、前脚。
うわ、ヤル気顔だ! 当然、掘りますわな。 砂浜だと爪開いているよね、グワッシてな感じで。

2011年7月23日(土) ■ ただ願うのみ ■ 大福:生後3383日目 

今日から一転してまた猛暑になると言われてたので覚悟を決めていたが、朝起きてみたら・・・ん?まだ暑くなさそうだぞ、との感覚。どれどれと探るように朝の散歩に出てみたら、やはりそれほど暑くなかった。いや、むしろ涼しいほうだ。と言うわけで、今朝も涼しい中、快適に散歩が出来た。

とは言え、今日はどこかに出かける予定もない大福は、家で日中を過ごした。夕方散歩で家前広場に出た時に、遠くのほうに別棟に住む知り合い飼い主さんと愛犬達を見かけた。残念ながらタイミングが悪くてお話しできなかったが、その愛犬達の中の一人は、里親さん募集中の子。明日も里親探しのイベントに参加すると少し前に仰っていた。
この飼い主さんご夫婦、よくお見かけしてたが、レギュラーな2人の愛犬の他にいつももう1人ほどの犬が一緒に散歩していた。不思議だなぁと思っていたのだが、お話を伺ったら、保護された犬をその都度預かって、里親イベントに参加して新しい飼い主さんを探しているとか・・・。

こういう話、スゴイとかエライとか簡単な言葉ではとても言い表せない。実践するのは相当な労力を要する。中途半端な気持ちでは決して手を出せない。自分が今思っている以上のご苦労があることは言うまでもない。だから、不用意に頑張ってください・・・などと言えるはずもない。だって、常に頑張ってるわけだから。頑張っている人に、頑張ってなんて言うのは無礼以外ない。

具体的に何か役に立てることがない以上は、願うしかないである。どうか、明日は新しい飼い主さんが見つかりますようにとしか。ホントに切に願うのである。

軽く流してね。 ちょっと張り切り過ぎじゃないの? 楽しそうだね。

2011年7月22日(金) ■ 柴sな朝 ■ 大福:生後3382日目 

昨日に続いて今日の朝も涼しい。であれば、こんな日は散歩時間を少し遅くして、散歩仲間模様でもチェックしてみるかと夏バージョンではない時間帯の朝散歩。

面白いなぁ。時間がちょっとズレただけなのに景色が全然違う。あ、犬がいる景色という意味で。いたいた柴sな面々が。そうなんだぁ、宙ちゃんも、あずきちゃんもずっと同じ時間帯に散歩してたんだなぁ・・・。
と言うわけで、久しぶりに後輩柴sと会って大福は嬉しそう。宙ちゃんと体当たり遊び?をして、あずきちゃんと走り込む。ちゃんと、皆、役割分担、段取り通りに遊ぶあたりが何とも柴sな感じで面白い。暑くないので、皆、元気モード満開の朝だった。

宙ちゃん名物、一人ひっくり返り。 うわっ!あずきちゃん、跳んで来た。 宙ちゃん、首がピンチ。大福、傍観の巻。

2011年7月21日(木) ■ 道路挟めば ■ 大福:生後3381日目 

久しぶりにお台場を抜けて潮風公園に。平日なのにお台場に人がいるぞ!と驚くほど低調なお台場。今日はけっこう人出が多いぞ。そりゃ、そうだ。もう夏休みだし、フジテレビが「お台場合衆国」なるイベントやってるんだった。そう言えば、何やらスピーカーを通してMCの声や音楽も聞こえてる。

てことは、潮風公園の駐車場も混んでるかと思いきやガラガラだ。公園のほうもカップルが数組いる程度でガーラガラ。そんなに幅のない道路を挟んだ向こう側では、フジテレビが気合いを入れてイベント盛り上げようとしているのに、公園側は何と平和なことなのか。しかも、今日は何を血迷ったの?と思うほどの涼しさ。天気予報によると10月下旬の気温とか。お陰で夕方散歩は、思わず深呼吸したくなるほど気持ち良い散歩が出来ました。

対岸は、赤のキリン軍団。 5キロコースの折り返し地点だよ。 南国・・・。

2011年7月20日(水) ■ 引きこもり日 ■ 大福:生後3380日目 

迷走する台風6号。スピードが遅くて自転車並みで動いているとか。アッチにフラフラ、コッチにフラフラ。日本のアチコチに大雨を降らしている。関東も今日明日は大雨が降るらしい・・・との天気予報。

朝の散歩は、その予報が的中するであろうと思わざるを得ないほどの空。位置が低くて色は真っ黒。そう、まさに暗雲立ちこめる感じだ。くわばらくわばら、早く帰って今日は引きこもりだね。

雲が低いね。 まさに暗雲。 早く帰ろうね。

2011年7月19日(火) ■ 何が見えるの? ■ 大福:生後3379日目 

犬達の目については、かねてから不思議だ不思議だを連発している。ただ、色盲であるとか、視力が悪いとかなど一般的に言われてることよりも気になるのは、何か不思議な能力があるのではないか?と言うこと。

大福、お仕事ポイントを探してフラフラしている途中で、急に立ち止まってどこか遠くを見ていることがある。それも、ただ見てるのではなく凝視しているのである。そう、ガン見である。その視線の先をたどってみても何もないのである。いったい何を見ているのだろう?

今朝も、シャンプー終わりで会ったアンディ君と二人で急にある方向を見始めた。二人の視線の先を見ても、やはり何も見えない。いったい二人には何が見えているのだろうか?不思議すぎる。

え?何? 何なの? ねぇ、何が見えたの?教えてよ。

2011年7月18日(月) ■ 鬼の居ぬ間に ■ 大福:生後3378日目 

今朝は・・・と言うよりも昨日深夜から、女子サッカーワールドカップ決勝の放送があった。女子サッカーには興味ないが、起きた時間の5時過ぎにはまだ試合中だった。ん?この時間に散歩に出れば、いつもより更に人が少ないかもよ。と思って、朝の散歩に出発。まるで、鬼の居ぬ間の散歩みたいだな。

案の定、人はほとんどおらずだったので、今朝はハーバーのほうまで足を延ばしてみた。いないねぇ、見事に。皆、女子サッカー見てるのかなぁ。日本はこんなにナショナリズムの強い国だったかね?なんて、ちょっと意地悪く思ったり。
女子サッカーのお陰で、今朝はより気持ち良い散歩が出来て大ラッキー。ハーバーを歩く大福も何気に気持ち良さそうに見える。なでしこJAPAN様々である。
あ、女子サッカーは、PK戦にもつれ込んで、見事に日本が優勝。でも、世の中、自粛モードでお祭りも中止が相次ぐ中、この栄誉はどのように祝われるのだろうか。

ハーバーで。 そっちに行ったか。 誰もいないねぇ。
コッチもいない。 河岸を変えるか? こちらも誰もおらず。

2011年7月17日(日) ■ 目の前至上主義 ■ 大福:生後3377日目 

朝散歩の途中で家路に向かう後輩黒柴のレイくんを発見。相変わらず大きなストライドで歩いてはいるが、ハァハァしながら出てる舌もベロリンと長め。これは、相当疲れてるかバテてるなと察したが、頻繁に会えないので小走りで寄って行き、ご挨拶。

面白いなぁ、犬達って。疲れているはずなのに、すぐに目の前の状況が変わると興味が優先となって、疲れが後ろに引っ込んでしまう。レイくん、大福見つけたので巨体を利用しての2階からの高角度チョッカイ攻撃を仕掛けるも、大福にいなされて不発。この時点で、さっきまで疲れてたことなどすっかり忘れてしまっている様子。この、目の前至上主義?こそが犬達が愛される理由なのかなぁ。

過ぎたことなどクヨクヨ考えずに、常に目の前に与えられた現実を全て受け止める・・・言うのは簡単だが、生きていく上で実践するのはかなり難しい。いや、あれこれ、できない理由や、やらない理由を考えてしまう我ら人間には絶対真似できないに違いない。
犬と一緒の生活。癒されるなんて甘ちゃんな表現どころか、教えてもらうことばかりだ。

おはよう、レイくん。 来そうな予感? 来たぁ!

2011年7月16日(土) ■ 休息日 ■ 大福:生後3376日目 

昨日は、朝から車で長距離移動と水遊びと忙しかったので、三連休初日は究極の贅沢とも言える休息日と決定。

朝一で、家前に出たら、別棟に住むShy Boyなベックんにバッタリ。それからいつもの公園に。遠くにいる変人で有名なオバハン飼い主が目に入ったので、くわばらくわらと迂回散歩。6時を回るともう暑さを感じるほどである。家に戻って、クールダウンしながら睡眠・・・。んー、こんなのを平和と感じられることが幸せかもね。

ベックんに挨拶。 今日も暑そうな予感。 寝て過ごそう。

2011年7月15日(金) ■ 滝軽井沢 ■ 大福:生後3375日目 

東京は、ここのところ毎日が真夏日で30度超え。で、明日から三連休。節電だ自粛だとの強迫観念に迫られてる生活にもそろそろ歪みが出てきそうなこの暑さである。恐らく、行楽地はかなりの人出が見込まれるのでは?

と勝手に思い込み、混雑するであろう一日前に、軽井沢に行ってみた。もしかするともう混んでるかもしれないが、まだギリギリ混雑を避けられるかもしれない・・・果たしてどっちだ?
結果は、後者で帰る前の夕方頃までは、混雑と言えるほどでもなく楽に動き回れた。

今日の主目的は、水遊び。この頃、海にも入ってない大福だったので川遊びでもしてもらおうかなとの思いだ。このプラン?ドンピシャというぐらい、軽井沢も暑かった。iPhoneアプリで測定した旧軽井沢辺りの標高は、930mほどで、気温は、31度。グヘッ、東京と変わらんじゃないの。で、標高1110mの北軽井沢の気温ですら、28度・・・。どうなの?これって。こんなものなのか・・・。しかし、2個所の滝付き?の水遊び。水はかなり冷たくて大福も気持ち良さそうで嬉しそう。

こんなに嬉しい顔や遊び疲れて帰りの車中で爆睡している姿を見せられてしまうと、軽井沢滞在時間よりも往復の運転時間のほうが長くて疲れる無茶プランであろうが、疲れも一気に飛んでしまうのである。

ちょっと足早。 足湯に非ず、足冷。 何探してるのか?
一緒には入れませんて。 お蕎麦屋さん。 ウインク。
イイ感じだね。 深いところもあるからね。 もう少し行ってみる?
帰りは爆睡王。

2011年7月14日(木) ■ ワシワシと・・・ ■ 大福:生後3374日目 

大福を見ていると柴犬の特性というのもだいたい分かるのだが、これは柴犬の特性なの?それとも、大福の個体の特性なの?と判断できない行動もある。

その中の一つが、コレ。遠くにお仲間犬を発見した時に見せる動き。見つけると、体を低くしてワシワシと進んで行く。まるで、獲物をロックオンしたハンターのような動きである。顔見知りでない飼い主さんが、正面からこの姿勢でワシワシとにじり寄って来る柴犬を見て不安に駆られない人はいないだろう。もう少し普通に近づいていけいないものなのか・・・。そして、この動きは、柴犬に多いのか?それとも大福ならではの動きなのか?

ワシワシ。 ワシワシ・・・。 ワシワシ、ワシワシ・・・。

2011年7月13日(水) ■ 行き着くところは挨拶か? ■ 大福:生後3373日目 

今朝の散歩も言うまでもなく当然暑いのだが、同じ暑くても充実感を感じる時と感じない時がある。その差は何かと明確には出来ないが、何かがあるのである、確実に。
恐らく、出会った散歩仲間やお仕事ポイントのスムーズは決定とお仕事、いろいろな人との挨拶・・・などが円滑に進むと自ずと気持ちも和んでくるのかもしれない。
と言うことは、やはり行き着くところ、挨拶が大事なのかなと。これは犬も人も一緒と言って良いだろう。

立派な巻尾だこと。 大きい組も登場。 レイくんにも会えたよ。
もう暑いねぇ。 水も空も真っ青。 〆は、姉さん座り。

2011年7月12日(火) ■ 惰眠三昧 ■ 大福:生後3372日目 

寝る子は育つ・・・と言うのは幾つぐらいまでのこの事を言うのだろうか。人は基本的には誰かの子供であるからして、子供という立場で考えれば、幾つになっても「寝る子」なわけである。しかし、どう考えても小さい子供の話のようであり、それも赤ちゃん次元の話ではないのか?というあたりが落ち着き先か。

そこで、犬の場合だが・・・。この子達は、人の場合と違って幾つになっても言えるのではないかと思うのである。それほど、よく眠る。眠るのが商売か?と訊きたくなってしまうほどよく寝てる。しかし、かすかな音にも反応して目を覚ますから、睡眠はかなり浅いようである。短い熟睡と浅いが長い睡眠。どちらに「眠った感」が残るのだろう。ただ、よく寝るのは良いのだが、体が育つのだけはもうやめて欲しいところである。

床冷房? 誰も盗らないよ。 惰眠より熟睡か。

2011年7月11日(月) ■ 灯台もと暗し ■ 大福:生後3371日目 

朝早く、夕方遅く・・・これが真夏時季の朝夕犬の散歩の鉄則だ。ところが、なかなか時間の読みが難しい。実際、朝の6時だともうけっこう暑いし、夕方は日が陰っても地面は日中の熱を保ったままでけっこう熱い。肉球焼ける子もいそうな程の熱さだ。たまに真っ昼間に呑気に散歩させられてる犬も見かけるが、事情があってのことだと思うがちょっと気の毒な気もしてしまう。先日は、加えて自転車で引き運動させられてる小型犬種も見かけたが・・・。

さて、大福の朝夕の散歩もアレコレと試行錯誤してるのだが、どうにもピリッとしたアイデアが出ない。どうしたものかと今朝も散歩に出たのだが、今日はまずは用を足そうと家前の広場に・・・。ん?おいおい日陰が多くて涼しそうだぞ。そうか、朝は我が住宅建物が日影を作ってるのか・・・。夕方は会社の建物が早い時間から大きな影を作ってくれてるのは知っている。と言うことは、朝も夕もけっこう陽射しを避けられるってことか?

と言うわけで、意外や意外、家の前に何とも夏の暑さをしのげる散歩ポイントがあったのだった。これは助かるなぁ。まさに、灯台もと暗し。

朝6時頃。 夕方4時半頃。 だいぶ助かるね。

2011年7月10日(日) ■ 外は無理 ■ 大福:生後3370日目 

今朝も6時には散歩中だったが、時すでに遅しで太陽はまだ低いのに飼い主の腕はジリジリ。これじゃ大福も暑かろう。こんな日の無理な散歩は決して良いはずないぞと思っているのに、大福は飼い主の思いも通じぬようで「遊ぼうよ」な顔・・・。仕方ないので、ゴルフボール遊びを少々消化。

いや、冗談抜きで、今日みたいな日は家にこもってるのが正解。いや、こもるべき。と言うことで、今日は一日家で涼しく過ごすことにしたのであった。もちろん、最低限の節電は頭に入れてのことだが・・・言い訳じみたながゼリフみたいだ(-_-)

遠くにスカイツリー・・・ちょっと無理だぁ。 早い時間でも暑いね。 東京タワーは、かろうじて・・・。

2011年7月9日(土) ■ 不憫な犬 ■ 大福:生後3369日目 

そうねぇ・・・。不憫な犬ねぇ・・・。それは、何と言っても、自分の飼い主に可哀想と思われてる犬のことでしょ。それ以外はないなぁ。だって、犬にとって飼い主は絶対でしょ。その飼い主に可哀想と思われのはどうにも不憫かなと・・・。唐突ですが(^o^ゞ

ヤル気顔ですねぇ。 暑いのに大丈夫? ちょいバテ。

2011年7月8日(金) ■ イリュージョン? ■ 大福:生後3368日目 

暑さをしのげ!との自己緊急指令の下、朝散歩の時間を只今、模索中。いろいろ時間帯を変えて出発しているものの、どの時間帯に出て行っても暑さしのぎにはならず、あまり適切な時間帯というものの見極めは出来ていない。まだ暗いうちに出て行けば、しのげるのだろうが、朝散歩でなくなってしまうような・・・。

暑さしのぎの時間帯については、結論は出ていないが、時間帯をいろいろ変えて朝散歩に出ていくと、出会う犬達の顔ぶれは違ってくる。初めて会う子、久しぶりに再開できる子などもいて、それそれで楽しい。もちろん、グヘッ!会いたくなかったぞと思う飼い主さんとも会ってしまうのだが・・・。

今朝は、後輩黒柴のレイくんとバッタリ。ひとしきり遊び終えたばかりのようでお疲れモードで舌も出てて見事な笑い顔になっていた。レイくんは、骨格が大きな巨黒柴で、体重差は大福のちょうど2倍ほど。大福が挨拶していると、急に見えなくなってしまう瞬間が・・・。そう、レイくんに隠れてしまうのである。その様は、まさにイリュージョンのようである。

相変わらず威風堂々なレイくん。 大福、消えた! 出てきた!イリュージョン?

2011年7月7日(木) ■ 梅雨明け宣言しちゃえば? ■ 大福:生後3367日目 

気象庁の皆さん、今朝のショボイ雨を最後に梅雨明け宣言をされてはいかがでしょう?と声高に言いたいほど雨降らないんですけど。九州の一部でのみ梅雨明け宣言をした途端にその地域が豪雨に見舞われてしまったので、躊躇いでもあるのだろうか・・・。

と言うわけで、今日の七夕は雨でスタート。夜には晴れて、無事に年一度の逢瀬を実現してくれれば良いのだが、はたして・・・。

何でしょう? そっちに行くの? 帰るんかい!

2011年7月6日(水) ■ 平耳アワー ■ 大福:生後3366日目 

立ち耳が特徴の柴犬。他の立ち耳犬種のことは知らないが、柴の立ち耳は感情のバロメーター。その角度は、普通が11時5分ほどか。そして、嬉しくなってくると、その角度は徐々に開いてくる。そう平耳である。10時10分、9時15分。そして、嬉しさの最高潮は、何と8時20分ぐらいとなる。水平よりもっと下のほうである。この平耳を見せてくれることが飼い主としての至高の嬉しさとなるのである。平耳アワー。

平耳でお出迎え。 まだ平耳。 嬉しい顔が嬉しい。

2011年7月5日(火) ■ 手負いに手は出さず ■ 大福:生後3365日目 

朝の散歩。いつもなら襲うというのではなく、蹴散らしてしまう鳥の群れ。今朝は雀がたくさん、まさにチュンチュン。いつも通り蹴散らしに行った大福が急ブレーキ。どうした?と思って大福の視線の先を見ると、逃げ遅れたのか?雀が一羽。大福はフリーズして動かない。ジッと、その雀を見ている。やがて、恐る恐るという感じで歩を進めるが、チョッカイ出したりはしない。

特に外傷があるかどうか分からなかったが、羽根の重なりが少し不自然。歩調もちょっとおかしい。仕方ないので、木陰に誘導。。大福のオヤツを少し砕いたのとペットボトルのフタに水を入れて置いてきた。可哀想だけど、これしかできないなぁ。

それにしても、種族こそ違えど、手負いの者というのは分かるものなんだねぇ。生きていく上でのルールのようなものの存在をちょっと感じたのであった。

どうした? あ、雀だ。 具合悪いのか?

2011年7月4日(月) ■ 惜しまぬ努力 ■ 大福:生後3364日目 

今日もシャンプーの後は、いつも通りガッちゃんにご対面。太陽はちょうど真上で影はほとんどなし。熱中症大丈夫?とは思ったが、緑多いところだし少しぐらいならOKかなと。だって、せっかく旧地まで来たんだからね。

早速、くっ付くでもなく離れるでもなくお互いに相手に関せずとばかり匂い嗅ぎなどしていたが、大福に松ぼっくりを渡したとたんに様子がガラッと変わる。大福が持ってる松ぼっくりが気になって気になってしょうがないガッちゃん。しかし、その気持ちを悟られまいとしているのかどうかは分からないが、松ぼっくりに興味などないように大福の前をウロウロ。もう、興味大アリ丸見えだよ!しかし、ガッちゃんは、大福を油断させてから一気に叩き込もうとウロウロ。そして、隙を見つけてダーッシュ!

ガッちゃんの思惑通りいく確率は、おおよそ20回に一度あるかないか。それでも、そのパターンを変えないところが可愛らしい。犬達はホント努力を惜しまないのよねぇ(^_^)v

ガッちゃん、目視。 素知らぬふり。 で、突っ込む・・・今回は、成功の巻。

2011年7月3日(日) ■ 朝台場 ■ 大福:生後3363日目 

今朝は、ちょっと足を延ばしてお台場の浜まで行ってきた。明日はシャンプー日なので、もし大福が海に入ってしまってもイイかなと思ったのであった。

6時半過ぎに着いて砂浜を散歩。まだ、砂も熱くなくむしろ冷たい感じがする。海に一直線かな?と思ってたが、予想に反して匂い嗅ぎが忙しいようだ。ひとしきり匂い嗅ぎを終えて落ち着いたのか、急に一人走り開始。視界が広がるとテンションが上がるのかなぁ・・・。足抜きの良い水辺近くの濡れた砂の上を全力疾走。速いなぁ・・・。そして、乾いた砂の上もドンドン走り回る。こんなに嬉しそうな顔を見ると、コッチまで嬉しくなってしまう。でも、テンションに任せて走りすぎると熱中症の心配もあるから、欲張らずに早めに切り上げてクールダウン。

久しぶりの海辺の大福。また連れてきてやらなくちゃね。

定番ショット。 足抜きが良く走りやすいのか。 砂浜もまだ熱くないみたい。
池袋から5時間かけて歩いて来た若衆達と。 こんな子にも会ったよ。 穏やかな水辺。

2011年7月2日(土) ■ ごく普通に家族記念日 ■ 大福:生後3362日目 

9年前の2002年の今日、大福は我が家にやって来てくれた。その年は、韓日共催のワールドカップが開催された年。この大きなイベントが、その年のモノサシとなって今後もずっと覚えていることだろう。

そして、9年前の今日のこともかなり鮮明に覚えている。ショップの開店時間を待ちきれずに朝からソワソワ。開店して、もう入口に立っている飼い主ってのも相当かっこう悪いだろうと、ちょっと時間差でショップに到着。大福には、その日以前もほぼ毎日のように会いに行っていたので、大福も特に違和感はなかったのではと思う。

簡単な手続きを終えて、車に乗って我が家に到着。早速、これから自分の家になるスペースを匂い嗅ぎ。全く未知の世界に不安よりも興味が勝ってしまうあたりが犬達の前向きでなところだ。ひとしきり探検を終えてグッスリ。かなり疲れたのだろう。しばらく眠っていたように思う。そして、緊張をほぐすためなのか用足し。ショップに持参していたからか、最初から大福はトイレで用を足してくれた。この時、よもや半年もしないうちに家の中でトイレ周りをしなくなるとは夢にも思わなかった・・・。

そんな日のことを考えながらも、今日は散歩を始め他にも特別なことをすることもなくごく普通に過ごした。誕生日も家族記念日も気持ちの中では特別な日だが、大福にも我らにもただ単に一通加点の日でしかない。今日に限らず、明日も明後日も、ずっと共に生きていくのだから平々凡々に平坦な日を過ごすことがむしろ大事なのでは?と思うのである。これは、少なからずとも東日本大震災の影響があるのかもしれない。

ボールちょうだい。 歩きかよ。 暑いもんねぇ。

2011年7月1日(金) ■ 今日から下半期の始まり ■ 大福:生後3361日目 

今年もアレヨと言う間に半年が過ぎて、今日から下半期がスタート。上半期は、何と言っても3月11日の東日本大震災。当日はもちろん、最初は今後どうなるのか?と大きな不安に見舞われたが、何となくこの頃は、遠い日の出来事のような風潮があるのも事実。深刻な被災地にいないと、喉元過ぎれば・・・な感じになってしまうのかなぁ。

我々が知らないレベルでは、かなり大きな困難を抱えてる人達も多いことだろう。地震と津波によって家や家族を失った人達の気持ちは、我々が想像する範囲できっと捉えることは出来ないだろう。原発事故による避難対象の人達の怒りも想像以上だろう。
家畜やペット達のことまで考えが回らない。手が回らないというのも現実なのだろう。我々が、それらのことに対して批判的なことや絶望感を持つこと自体が平和ボケ的な対岸の傍観者なのだろう。

そして、我々が知らないのと同じように、政府関係者も事の現実を知らないのではないのか?との疑念も生まれてきてしまう。下からの報告や形だけの視察から判断して、実は机上で想像する程度の判断なのでは?と・・・。
下半期にどのくらいのスピードでこの国の復興がなされるのか分からないが、この鈍スピードは、拡大する被害のスピードに追いつけないのではないかとの思いもしてくる。

そんなことを考えながら朝の散歩に出たせいではないのだろうが、今朝は大福も怖い顔しておりました(-_-)

来なくてイイよ・・・。 うわ、来た! ガォーー!


福と大福の間TOPに戻る