2011年8月の最初へ↓
2011年8月31日(水) ■ 8月もお終い ■ 大福:生後3422日目 

今日で8月も終わり。1年の3分の2がもう終わろうとしている。不思議だなぁ、今年の8月の終わりは例年の思いとだいぶ違う。やはり3月11日の東日本大震災のせいだろう。まだ半年も経ってないのに、大福と妻と一緒に住んでる東京では申し訳ないが、過去のことになりつつあるのかもしれない。

人の忘れる去る能力?ってのは残酷である。半年も経っていないの対岸の火事となってしまうのである。帰宅難民、計画停電、水不足、液状化現象・・・皆、ちょっと前の出来事である。なのに、遠い過去のような気もしないではない。
8月、大福が1才になる前から参加していた『麻布十番納涼まつり』も今年は中止となった。例年、7月の最終土曜日に開催されていた『隅田川花火大会』が8月の最終土曜日に変更になった。その開催によって『東京湾大華火祭』と『浅草サンバカーニバル』も中止になった・・・そう考えると、大地震は大福の思い出作りにも大きな影響を与えている。でも、大福は、そのことを恐らく知らない。ただ、前を見て、今という現実を素直に受け止めて生きていくだけ。いつも思うが見習うべき点が多すぎる。

なんて、8月の終わりに思ったのである(^o^ゞ

終わった?始まる? うーん、分からぬ。 お店のオネエサン達と。

2011年8月30日(火) ■ 獣医師に遠慮は不要 ■ 大福:生後3421日目 

何故に人ってのは、医師や獣医師に遠慮がちになってしまうんだろう。圧があるのか?自分を含めた人の場合なら、医師とのコミュニケーションも取れるだろうが、愛犬達は獣医師とコミュニケーションなど取れない。
極端な言い方をすれば、この獣医師は嫌だ・・・とも言えないのである。であれば、それを代弁すべきは飼い主しかいないのである。コミュニケーション取れない愛犬の代弁者となるのだから、極端な遠慮はしてはいけない。納得できるまで質問すれば良いし、そこにつまらぬ遠慮は要らないだろう。このことは、対看護士にも一緒。

勤務医の場合なら、それぞれの事情によって勤務地や病院を替わることも普通にある。その場合、新しい獣医師が担当するのが普通だろう。せっかく築き上げてきた獣医師との関係も、再び一から、いや、ゼロから始めなければならない。カルテがあるだろう?確かにそうだ。しかし、カルテから声は聞こえてこない。だからこそ、飼い主が獣医師とコミュニケーション取るしかないのである。喧嘩腰になる必要はないが、遠慮によって、自分の中で解決できないことまで飲み込む必要はないのでは?と思うのである。そのしわ寄せは愛犬にかかってしまうから・・・。

大きな動物病院ならまだしも、個人開業の動物病院の場合などは、ほとんどが一人総合病院であることが多い。眼科から、耳鼻科、歯科、内科、外科、婦人科、産科まで全部に長けてるなんて可能なのだろうか?あり得ないでしょう、普通に考えて・・・。獣医師や動物病院の評判なんて180度違うことが多い。良いと言う人もいれば、ダメと言う人もいる。だから難しいのである。評判はあくまでも評判として、飼い主自身が自分で判断するしかない。それには、無用な遠慮は捨てて膝を交えて獣医師と話をするしかないのでは?と思うのである。

愛犬の何よりの主治医は、実は飼い主であることを絶対に忘れるべきではないと思うのである。

やりますか? ほい、ほい、ほいっと。 意気揚々。

2011年8月29日(月) ■ 健診日交流 ■ 大福:生後3420日目 

4月のフィラリア血液検査の時に血液生化学検査と甲状腺血液検査を行った。毎年この時期の混合ワクチン接種の時には、レントゲン検査とエコー検査を実施している。その日が今日だった。

昨日、一回もお仕事してなかったので、今日はそんなにポイント選びに時間をかけないはず。であれば、朝一で健診予約を入れてあるので、早めに現地に到着して久しぶりに旧地の公園巡りでもしようと早めに家を出発。そして旧地へ。
どこに行こうかなと思ったが、最初に思いついた公園、そこは、大福が朝に夕に仔犬時代に遊びまくっていた公園だ。車を降りてすぐに他の犬がいることに気づく。ん?あれは・・・。そう、同期犬のラン丸くんだった。久しぶりすぎる。もう4年ぐらい会ってないかも。それが、いきなり会えるなんて・・・。ならばと、公園のすぐ近くに住んでいるもう一人の同期犬・アンディくんに電話。急な呼び出しだったのに、すぐ来てくださった。ここに久しぶりに同期三人組が勢揃い。懐かしいなぁ・・・。皆さん、ありがとう。

軽く町内を一緒に散歩して(途中、大福が大好きな美容室にも立ち寄ったり)いざ病院へ。ここで、大福とはしばし別れてガッちゃんチにお邪魔させていただいた。大福、検査の時に飼い主がいると大泣きに輪がかかるのは必至だったので可哀想だけど一人にしたのである(案の定、助けを求めて大泣きしたとの報告あり・・・)。
検査とシャンプー、ワクチン接種を終えた電話をもらって、ガッちゃんと一緒にお迎えに。大福には、ガッちゃんと飼い主さんと車で待ってもらって、飼い主は獣医師さんに検査の結果を聞きに診察室に・・・ドキドキ。
レントゲンとエコー撮影の画像を見せてもらいながら説明に耳を傾ける。良かった、特に悪いところもなく、このままの状態をキープできるよう頑張りましょうとのエールをいただいた。丁寧な説明をありがとうございました。体重増加はくれぐれも注意を・・・の、くだりもしっかり肝に銘じておきます。

病院が終わってから気晴らしを兼ねてガッちゃんと軽くお散歩。大福は、憂さ晴らしの如く走り回りたそうだったが、今日は疲れているはずだからと軽く流して終了。
かくして、一年の大きなイベントでもある定期健診を終えたのだった。健診自体は大福にとって嫌なことに違いない。でも、これらは一緒に生活する上で大事なイベントだから我慢してね。それに、今日は大好きな仲間達にたくさん会えたじゃないの。また、皆に会えるとイイね。今日は頑張ってくれてありがとうね。

何年ぶりだろ?ラン丸くんに会うのは・・・。 アンディ、来たぁ! 同期の3ショット。うるうる・・・。
地周りも忘れずにね。 透視大福。 〆は、ガッちゃん。

2011年8月28日(日) ■ 会えて良かった ■ 大福:生後3419日目 

同じ敷地内の別棟に住んでおられる愛犬さんのところにいるアピちゃん。もう一度ぐらい会えないかなぁと思ってたら、今朝の散歩で会えた。別に近いんだからいつでも会えるでしょうに・・・と思うでしょ?でも、もう会えなくなってしまうのだ。アピちゃんの今のお家は仮住まい。彼女は、千葉県動物愛護センター(本所)より引き取られ、今の飼い主さん?の家で、正式な飼い主さんの出現を待っていたのである。月に何度かの「いぬ親会」と称した、犬と新しい飼い主さん縁作りの場に出向いて、新しい縁を作ろうとしているのである。主宰は、『ちばわん』というサークル。勝手にリンク貼ってゴメンナサイ<(_ _)>

アピちゃんとは何度か朝の散歩で出会ったが、小柄な日本犬系の子で大変可愛い子なのである。僕が可愛いなぁと思っていることを大福は察しているようで、どうもアピちゃんには優しい面を見せない大福。あれだけ、誰からも外向的と言われてるのに、ことアピちゃんには厳しい。きっとヤキモチなのかなぁ・・・。

はい、ここからは吉報です。アピちゃんに正式な新しい飼い主さんが見つかったのだ!いやぁ、外野としてでしかないのに、これは本当に嬉しい話だ。聞けば、アピちゃん、面談の場では、その時点でまだ正式飼い主さんではなく飼い主さん候補だった人の前まで行ってしっかりお座りしてたとか・・・。
泣けるなぁ。犬って、この人が自分にとってどう関わってくれるのか、ちゃんと理解できてるんだよねぇ。日本犬系は不器用で表現ベタな子が多いが、一度でも棄てられた経験のある洋犬の子は、新飼い主さん候補の前では、もう棄てられないようにとの思いなのか、媚びにも見える甘え方をするからねぇ。皆、自分の置かれてる立場をちゃんと理解しているんだよねぇ。何で、そんな仕草をしなければいけない環境にしてしまったんだろう?ホント、事情があったとしても、そんな目に遭わせる飼い主が憎い。毎度のことだが、問うてみたい。「人間の子でも、そうしますか?」

新しい飼い主さんが見つかったアピちゃん。次の土曜日に新天地に向かうとのこと。ほんの少しだけでも会えて良かった。大福とは毛質が少し違う硬めの被毛に触ることが出来て良かった。大福は、姉御風吹かせてたけど、アピちゃんもちゃんと友達犬だから・・・。新しい飼い主さんと一緒に素敵な思い出をたくさん作るようにただただ願うだけである。アピちゃんを幸せに導いたお世話係?の皆さん、本当にご苦労様でした・・・。と言っても、また次なるアピちゃんのような子がすぐにやって来るんだよなぁ・・・。何とかならんのか、この悪循環。

こらこら、脅してどうする? 何か?じゃなくて・・・。 自分が触ってもらってどうするのよ?

2011年8月27日(土) ■ 銀ブラ・・・ ■ 大福:生後3418日目 

♪〜待ち合わせて、歩く銀座〜♪・・・大昔の日活映画『二人の銀座』の主題歌である。いつの時代も銀座は銀座らしく・・・が望まれるところだが、だいぶ前から海外ブランドのショップが幅を利かせてきたり、え?この店も銀座に出来ちゃうの?という出店もあったりで、銀座の様変わりはだいぶ淋しいものがある。

そんな銀座の週末は、歩行者天国が未だに実施されてるのだが、何故か今日は中止のようでやっていなかった。妻がデパ地下に買い物に行っている間は、歩行者天国で時間を潰そうかと思ってたが、中止だったので歩道の片隅でひと休み。
いつも思うが、世の中、何故にこんなに柴好き(犬好きなだけでなく、柴好き)がいるのだろうと思うぐらい大福は皆に囲まれて触られまくってしまう。大福にしてみれば、迷惑なのかもしれないが、前を見据えて硬い表情で歩いている人も大福を見ると顔の表情が綻んでデレデレ顔になる。それほど、柴好きが多いのである。これって、銀座の特徴かと思うほどである。
そんな人を多く見てしまうと、大福には申し訳ないが、我慢しておくれと心の中で思ってしまう。元気のない世相に少しでも貢献でもできてるかなぁ・・・。

かくして、銀ブラな大福でした。銀ブラ・・・死語ですわな(~_~;)

ホコ天、やってなかったね。 待ち人来たる。 嬉しいねぇ。

2011年8月26日(金) ■ ゲリラ豪雨 ■ 大福:生後3417日目 

しかし、この頃の天気予報って優秀。今日も、夕方から大雨になると大胆に予想。朝の散歩の時は、今日の天気予報はハズレだなと思わせるような晴天。昼から出かけた時もまだまだ晴天で雨が降るなんて思えないほど。

ところが、夕方前に車屋さんに行った頃から一気に雲行きが怪しくなり、アッと言う間に空は真っ黒。そして、雨・・・。ところが、この雨、半端な降り方じゃない。バケツをひっくり返した・・・なんて表現なんか生ぬるいほどのドシャ降り。コレが世に言うゲリラ豪雨か。

夜のニュースでも、このゲリラ豪雨の様子は報道されていたが、地区によってはかなりの被害も出たようだった。聞けば、台風が2つ同時に日本に向かっているとか。どうも日本は国力落ちに拍車がかかってるようだ。大丈夫か・・・。

ヤル気だねぇ。 舵取り尻尾。 ディラーさん。

2011年8月25日(木) ■ ある日の大福 ■ 大福:生後3416日目 

朝散歩に出て、一度家に戻る。そして、妻も一緒にまた出かける。帰りがけにお馴染みの公園で匂いなど嗅ぎ回って家に戻る。涼しい家の中でマッタリと寝転がって午後を過ごす。途中少しだけお留守番もあったりして少しだけメリハリ。
夕方の散歩に出るもまだまだ暑いので、大福任せで歩いたら、サッサと車の中に避難?自分の意志をしっかり遂行する柴道まっしぐら。その足で妻と合流して家に帰る。食事を終えて、居間に並んでる大福の遊び仲間『被害者の会三人衆』と集合写真をパチリ。
テレビを一緒に見ながら?オヤツなどつまんでたら、もう最後の用足し時間でチラッと外に出る。戻って、大好きな歯磨きを終えて、就寝のためハウスへ急ぎ足・・・。

ある日の大福でした。

朝の同伴出勤。 秋を少し感じながら。 『被害者の会三人衆』と集合写真。

2011年8月24日(水) ■ 高きから低きへ ■ 大福:生後3415日目 

毎日コツコツ努力し続けて何かを築き維持するも、ほんの一瞬怠けると、アッという間に築き上げたもが失われてしまう。そのスピードは努力し続けてきたスピードの何倍も速い・・・。その失速度を嘆き、努力をやめるとアレヨと言う間にズルズルと地に墜ちてしまう。水と同じように、高きから低きに流れるということなのだろう。

知り合いの犬で飼い主さんが途中で変わった子がいる。以前の飼い主さんのことは知らないが、その子を見ているとずいぶん立派な飼い主さんであったことを窺い知ることができる。そんな立派な飼い主さんが何故に愛犬を手放すのか?と思うであろう。しかし、命に関わる事情となれば、外野はとにかく言えない。
そんな優秀な子だが、飼い主さんが変わってからだいぶ様子が変わってきてしまった。本人に意識がないとしても、高きから低きへ・・・なのである。本人に意識がない分、誰が意識を保つかと言えば、それはお世話係である飼い主ということになる。人のふり見て我がふり直せ・・・しっかりせねばね、自分。

あ、今日の写真の後輩柴の宙(ソラ)ちゃんは、本文とは関係ないので誤解なきように。

宙ちゃん、いたね。 まったり柴s。 誰か来た?

2011年8月23日(火) ■ 離れてても一緒 ■ 大福:生後3414日目 

天気予報バッチリ!昼前からぐんぐん気温も上がって真夏に逆戻り。やはり、数日前のまま秋に・・・は、甘かったかぁ。

そんな暑い中の夕方、ガッちゃんが用事の合間にわざわざ尋ねて来てくれた。ガッちゃんも大福もお互いの家に行く時は、車で向かうし、しかも2週間に一度ほどは会っているので、お互いの住む家って案外近いと思っているのでは?と思ってしまう。それほど、この2人からは「久しぶり〜」な感じがしてこない。
聞けば、ガッちゃんは今でも大福が以前住んでた長屋の前を通ると玄関口に立ち止まって中の様子をうかがったり、誰かが出てきてドアが開くと中に入って行きそうになってるとか・・・。こういう素朴な話を聞くと鼻の奥がツンとなって涙ぐんでしまうのは、ただ単に歳のせいなのだろうか。ガッちゃんの友情と愛情に感謝!めんこい!

今日は暑いね。 ガッちゃんもヤル気。 足ヒンヤリでしょ。

2011年8月22日(月) ■ 雨散歩 ■ 大福:生後3413日目 

相変わらず寒いぐらいの朝。夕べは寒くて夜中に窓を無意識に閉めてしまったぐらい寒かった。そして、目覚めたのは雨音はショパンの・・・違うって!

そんなこんなで今朝は久しぶりにカッパ隊で雨散歩を決行。想像は出来たけど、見事なほど人っ子一人いない。雨は傘が邪魔だけど、この貸切状態を楽しめるのは何とも嬉しい。そして、8月なのにこの涼しさはホントありがたい。途中、雨足も少し強くなってきたので早めに散歩を切り上げたが、たまには雨散歩もイイものである。予報だと明日からまた30度超えの毎日になるとか・・・。束の間の涼と言うことか・・・。

久しぶりの感触だね。 すっかり秋散歩だ。 紅葉予備軍なの?

2011年8月21日(日) ■ 元気になーれ! ■ 大福:生後3412日目 

数日前まで35度近くの日が続いてたことがきっと影響あるのだと思う。どうもリアルな世界でもネットの世界でも体調崩してる犬達が多いようだ。言葉なるコミュニケーション手段を用いて、体調の不具合を訴えたりできる人間達と違って犬達は体調悪くなっても言葉を発しない。目つきや態度で一生懸命、飼い主に訴えるのが関の山。

自責の念も含めてだが、その訴えや信号に気づかない飼い主はきっと多いことだろう。我ら飼い主は、もっと想像力を働かせてお世話係をしなければならない。「癒される」とか「元気をもらった」とかの言葉は個人的に好きじゃないが、そうであるなら、もらってばかりでなく、もっと与えてあげることも必要なのでは。嫌らしく言えば、やっぱりギブ&テイクが基本だと思うのである。

幸い、昨日から暑さもだいぶ落ち着いてきた。これを機に、調子悪い愛犬達が元気を取り戻してくれればと願わざるを得ない。皆、元気になーれ!

や、どうも。 うわ、来た! 応戦!

2011年8月20日(土) ■ 築地飯 ■ 大福:生後3411日目 

一気に涼しく、いや、明け方など寒いと言っても良いほど気温がフリーフォールして嬉しいやら何やら・・・。
今日は久しぶりに大福連れてお昼でも食べに行こうかなと出発。でも、カフェ飯も飽きてきたし築地飯したいなと主役であるはずの大福を無視してよこしまな考えが頭をよぎる。門跡通りの立ち飯なら大福が一緒でも大丈夫そうな店も多いが、きっと人の数も多そうだしな・・・。で、ふと頭の中に浮かんだのが、とある店。

道に車を停めて妻と大福を残してお店にいそいそ急ぐ。昼時だから常連さんだけでなく一般のお客さんも多いんだろうなぁ、ちょっと申し訳ないかなぁ・・・との思いもあったが、大福のためならと扉を開けて大将に打診。快くではないだろうが、許可をもらえたので妻と大福を呼びに行く。かくして無事に?築地飯にありつけた。
寿司とちらし丼がベースだから、大福が食べられるものはほとんどない。なので、大福には玉子焼きと寿司飯を少々。大福、酢飯を食べるんだよねぇ・・・。いやぁ、久しぶりに食べたけど、お寿司もちらし丼も美味しいこと。しかも、値段もリーズナブル。これで大福も一緒なんて嬉しいことこの上ない。

しばらくして、近所の本願寺で何やらプロレス興行をやってるとかを見に行っていた常連さん達が戻って来て、店内は大賑わい。大人しく座っていた大福が気づかれるまで少し時間がかかるほど、大福は大人しくしててくれた。
大福は、存在に気づいてくれたマグロの仲買さんやTATOOの彫り師さんに囲まれてタジタジ。一応、マズルに縦皺入れて唸ったりしてたが、犬好き犬慣れした方が多くて大福の威嚇などどこ吹く風。大福も「こりゃ、ダメだ」と観念して触られ放題。しまいには、踵を返して自分の席に戻って来てしまった。ちょっと見、いかつい風貌の常連さん達、皆、犬の前ではデレデレ顔するほどの犬好きのようである。
無理を通せば道理が引っ込む・・・ではないが、大福も一緒に行けるお寿司屋さんてのは、これ大重宝である。ありがたや、ありがたや。

美味しそうだけど、食べられるもの少ないねぇ。 玉子焼きと寿司飯を少々。 マグロの仲買さん達に触られ放題。

2011年8月19日(金) ■ ドヤ顔の天気予報 ■ 大福:生後3410日目 

今日の午後から一気に涼しくなるとの天気予報。おいおい、そんなこと言い切って大丈夫かい?と要らぬ心配をしてしまうほど、今朝はまだそれなりに暑かった。
ところが、冗談抜きで昼前から急に暗雲立ちこめてきてザザっとひと降り。その後は見る見るうちに気温が15度ほど下がって肌寒くなってしまった。あるんだねぇ、こんなことって。いやぁ、天気予報、天晴れ!職員のドヤ顔が目に浮かぶぞ。

左から、ドヤ顔。 貸切でボール遊び。 右から、ドヤ顔。

2011年8月18日(木) ■ 今年一番の暑さ ■ 大福:生後3409日目 

天気予報で昨日から、今日はかなり暑くなるので運動などしないようにとの予報と言うよりも警報が出てた。そんな大袈裟な・・・と思えないほどの、ここのところ暑さ。

今朝の散歩は、いつもより1時間ほど早く出発したら、いつもの公園の門がまだ開いてないという番狂わせ。仕方ないので、別の公園へと移動(あ、暑いので車移動の朝散歩であります)。こちらの公園は、門も何もない公園なのでスンナリ入ることは出来たのだが、ここは、定住者がいて家財道具?を全て出店の如く広げているので大福にとっては、警戒心がレッドゾーンいっぱいいっぱいまで振り切れてしまう。その人に気持ちが集中してしまうので、なかなかお仕事してくれない。今朝も同様で、お仕事ナシ。このまま帰ろうかなと思ったが、もう一つの公園も近いのでちょっと立ち寄ってみた。ココは、落ち着くようでスンナリとお仕事終了。したくなきゃしないだろうし、したければするだろうし・・・とは思うのだが、朝お仕事してくれると、やはり安心するのである。
家に戻る頃には、かなりの暑さで、ニュースによると今年一番の暑さのようである。

そうそう、昨日の朝、久しぶりに巨大後輩黒柴のレイくんに会った。レイくん、生まれて初めてお預かり宿泊を体験したらしいが、迎えに行って再会したら、大鳴き(お泣き?)したらしく声が枯れて吠え声も出てなかったとか。大福の2倍もある体重なのに可愛らしい子である(^o^ゞ

お久しぶりレイくん。 マズル、縦皺大会? これ!大福ぅ。

2011年8月17日(水) ■ 膝交えたい ■ 大福:生後3408日目 

やはり夏の時季は、大福との日中のお出かけ回数が減るなぁ。避暑地に行って涼しい中を思いきり遊ばせたいとの思いは強いが、この頃は避暑地もけっこう暑いようだ。時間とお金を遣って少しも涼しくないのはリスクが大きい。じゃぁ、カフェ飯でも・・・とも思うが、これもわざわざ暑い中を出かけていくほどのこともないしなぁ・・・。行き着くところ、体の負担を少なく家で涼んでもらうのが一番ということになってしまう。とは言え、あまりお出かけしてあげないと、どこか罪深い気持ちにもなってくる。一度、膝交えてゆっくりとその辺りを話してみたいものである。

今朝は少しマシ? ボチボチ帰ろうか。 一本道が好き。

2011年8月16日(火) ■ お盆知らず ■ 大福:生後3407日目 

世間的には今日までがお盆休みなところが多いみたいだ。この暑さの中、家族を連れての帰省した家族は多かったと思うが、日本人てのは古きしきたりを重んじるという点では立派だと思うのである。しかし、お盆の真っ只中に終戦記念日があるというのも何か不思議な気がする・・・。

そんな盆の思いなど関係なく、大福は今日も日常。もちろん、大福だけでなく他所の犬達も一緒である。犬達のブレない生き方にただただ感心しながら、明日からの日常を迎えるのである。少しは見習おうとはしてるのだが、邪念や雑念が多くてなかなか・・・(-_-)

見上げてぇごらんよぉ〜♪ ちょうだーい! あちぃーね。

2011年8月15日(月) ■ 勝手知ったる家 ■ 大福:生後3406日目 

今日はシャンプー日なので、旧地にGO。いやぁ、それにしても暑い。こんなに暑くて湿気がある時は、シャンプーも冬季に比べると間隔が短くて2週間に一度。世の中には、訳の分からない言い伝えがまだ残っている。柴は、あまり洗ってはいけない。ヒドイのになると、洗うべきではないとか・・・。何を根拠にこんな愚言が残っているのか摩訶不思議。皮膚が弱いとされる柴族だが、プロがピンポイントで洗ったり、綺麗に丁寧に乾かしてくれることにより、それらの欠点はかなり大幅に解消される。大福だって、シャンプー終わった後は、スッキリした顔してるもの。

シャンプー後は、恒例のガッちゃん詣。ここまで暑いとちょっと声かけにくいが、一応連絡。快く外まで出てきてくれて、しばしのご歓談?それにしても、大福ったら、車を降りたら迷うことなくガッちゃんチに繋がる建物玄関に直行。全く、勝手知ったる何やらなのである。アンディくんにも声かけたかったが、お盆なことと、この暑さゆえ遠慮しておいた。残念だったけど・・・。

今日は中に入らないよ。 ガッちゃんのお出まし。 オヤツもらい隊。

2011年8月14日(日) ■ コミケな朝 ■ 大福:生後3405日目 

金曜日から3日間、巨大広場のすぐ側で『コミックマーケット(コミケ)80』が開催されていた。朝の6時には想像も出来ないほどの人が列をなしているのだが、この3日間で54万人も動員したと言うから、大勢いたのも不思議でない。夏ということもあって、大福の散歩コースには、徹夜で過ごしたのか芝生で寝転がっている人多数。ついでに、一つしかない公衆トイレも長蛇の列。大福にとっては、静寂な散歩コースが荒らされた感でもしてたのかも。幸い、顔見知りの後輩黒柴ちゃんと会えたので、萎えた気持ち?を回復できたようだった。次は、12月29日〜31日までやるらしいよ、コミケ・・・(~_~;)

何だかねぇ・・・。 行き倒れではないみたいだよ。 こっちのほうが自然。

2011年8月13日(土) ■ 襲名犬 ■ 大福:生後3404日目 

あくまでも自分の思いと言うことで・・・。リアルな犬社会でもネットの犬社会でもけっこう亡くなってしまった先代犬の名前を新しい家族犬につけてる人がいる。自分としては、先代犬を知らず、今、同じ時間を過ごしている犬だけを見ているのであれば、他の犬と同じように付き合うことが出来るが、先代犬のことを知っていると、同じ飼い主さんで同じ名前の犬であってもだいぶ違和感を感じる。

先代犬と同じ名前を自分のクチから発するのを躊躇してしまう。クチから名前を発した瞬間に先代犬のことを思い出すし、と同時に先代犬と目の前にいる犬のことを無条件に比べてしまう。先代犬はお利口だったのになぁ・・・とか、反対に、先代犬よりお利口だな・・・とか。こう言う思いをしてしまうのが嫌なのである。先代犬の存在意味や尊厳にも関わるのでは?と大袈裟と思われようが思ってしまうのである。

なので、自分は先代犬と同じ名前を新家族犬につけることはあり得ない。一生涯に一度だけ出会えた存在と尊厳を大事にしたいし尊重したいのである。もちろん、襲名させる飼い主さんに、別の思いがあることはじゅうぶん承知なので、あくまでも個人的な思いと言うことで・・・。

ピッタシサイズ。 マズルが見事、三角に収まってる。 『被害者の会三人衆』もダラダラと退屈。

2011年8月12日(金) ■ 今朝も鶴ヶ城 ■ 大福:生後3403日目 

今日の朝散歩も昨日に引き続き、会津鶴ヶ城。今朝は昨日違って、本丸を囲むお堀端を散策。初めての場所だから、匂い嗅ぎに余念がない。匂いを嗅ぐのは良いけど、石垣崖っぷちからお堀を覗き込むのはやめて欲しいぞ。
と言うわけで、初めての匂いを嗅ぎまくった大福だったが、匂い嗅ぎに夢中になってしまってお仕事モードにはならなかったようだ。お仕事ナシの散歩を終えて早々と東京へと向かったのであった。

今朝もお城だね。 選び放題の松ぼっくり。 石段もスタスタ。

2011年8月11日(木) ■ 鶴ヶ城散歩 ■ 大福:生後3402日目 

朝の散歩は、会津鶴ヶ城に。西出丸に車を停めて本丸へと歩を進める。早朝ゆえお年寄りが多い。30人ほどが太極拳をやっていたが、大福は無反応。これが、一人の人が太極拳をやっているとなると、その動きが何やら怪しく見えるのか、ノドを伸ばして遠吠えなどし始める。なのに、集団での太極拳だと皆が同じ動きをしているので特に怪しいとは思わないようである。それほど無反応・・・。

天守閣のある本丸に行ってみると、いきなり目の前に鶴ヶ城の天守閣が現れる。でも、何故か歴史的な感じがしない・・・。なるほど、あまりにも綺麗に修復して壁面を綺麗に塗りすぎたからのようである。真っ白な城壁が違和感を醸しだし、歴史の重さを消し去ってしまったのである。ちなみに、この修復は地震とは関係ないとのこと(地震より前の修復とか)。
地震による被害はないのかと思いきや、更に歩を進めると、石垣が崩れ落ちてる個所が幾つかあった。立ち入り禁止の処置もしっかりされておらず危ない感じだった。何故、補修しないのかと思ってたら、散歩途中の地元老人が声かけ来てくれていろいろ話をしてくれた。

要約すると、行政としては、まだ大きな余震があるとの判断で補修していないとのこと。会津地方の地盤下には、大きな断層が3つあり、いつ大きな地震に見舞われても不思議でないとか。しかし、地震よりもっと恐れるべきは、100年一度噴火するとされる磐梯山の噴火が起きることであるとか。磐梯山が噴火すれば会津の街は壊滅的な状況になるだろう。しかし、分かっていても何も出来ないのが、火山の麓に住む者の宿命であると、困惑顔で話してくれた。
自然のチカラの恐怖を老人のクチを介して聞くと、改めて恐ろしくなってしまった。自然は間違いなく何らかの理由で人類に対して怒っているようである。

門を抜けて。 天守閣現る。 石垣が崩れてた。

2011年8月10日(水) ■ 北と名が付けど暑い! ■ 大福:生後3401日目 

一足早くお盆ロードで会津に向かう。鹿沼インターで降りて下道を行ってみる。日光に向かう途中、大きな杉並木が何キロも続いてビックリ。日光、鬼怒川を抜けて福島県に向かう途中で、『みよりそば街道』なる区域を通過。ちょうど昼だったので、その中の一軒『もくりん』に入店。妻が女将さんと話して、大福も入店させてもらう。こういう交渉は得意なので助かり!「ちたけそば」なるものと「天もりそば」を注文。ちたけとは、キノコ種類とのこと。冷たいもり蕎麦をちたけ入りの暖かい汁で食べるのが「たたけそば」。初めての食触りで美味なり。天ぷらは、地野菜をカラッと揚げてて質も量も大満足。

いよいよ福島に入って、国道を北上。ちょっと走ったら『塔のへつり』に到着。せっかく通ったのでちょっとだけ寄り道・・・。しかし、暑すぎてとてもじゃないが、長い時間外になんかいられない。写真を撮って早々と退散。もちろん、『大内宿』も素通り。ま、どちらも数年前に大福も一緒に来てるから、今回はイイだろう。『芦ノ牧温泉』も通過して、ようやく目的地の会津若松に到着。

いやぁ、東北と地域名に「北」の文字が付いているけど、暑さは半端なく暑い。この猛暑、何とかなりませんかね?

『もくりん』さん。 何とも風情ありのお蕎麦屋さん。 岩魚に釘付け。
天もり蕎麦。 昼時で賑わってきた。 地獄の暑さな『塔のへつり』。

2011年8月9日(火) ■ オレンジ色のニクい奴 ■ 大福:生後3400日目 

オレンジ色のニクい奴・・・と言っても分かる人は少ないだろう。コレ、実は「夕刊フジ」の創刊時(1969年)のキャッチコピーなのだ。新聞タイトルの題字の色をオレンジ色にしたことからの理由である。

さて、このオレンジ色。大福が犬の全てではないだろうが、どうも大福はオレンジ色が欠点のようである。欠点と言ってもオレンジ色が怖いとか言うのではない。他の色に比べるとだいぶ見えにくいようなのである。その証しがゴルフボールでのボール遊び。
白のゴルフボールを見失うことはほとんどないが、オレンジのゴルフボールはけっこう見失う。止まっている時だけでなく動いている時もかなり見失うので、だいぶ見えにくいのではないかと思うのである。

犬の目の構造については、カラーで見えていない。近視である・・・など諸説多しである。大福を見ていると、鮮明かどうかは分からないが、カラーでは見えているようである。そして、動いているモノに関してはかなりの動体視力がある。その代わり、止まっているモノ(動かないモノ)については、近い距離であっても見えていないことが多い・・・などを確信できる。
そして、もう一つ、オレンジ色は見えにくいようである・・・を加えることにしよう。そう、大福にとって、オレンジ色のゴルフボールは、オレンジ色のニクい奴なのである。

やっと見つけた。 ちょっと分かりにくい? 2つ揃えて、どや顔・・・。

2011年8月8日(月) ■ 勝手に恒例化 ■ 大福:生後3399日目 

今日はシャンプーでもないのに旧地に朝から出没。年に一度の健康診断とワクチン接種の打ち合わせを兼ねて、耳の診察と治療など・・・。看護士さんやトリマーさんによると、今年は例年に比べて皮膚の調子が悪い子が多いとのこと。耳のほうは、幸い大事に至ることなかったようで良かったぞ・・・と。

帰りに恒例化しているガッちゃんち詣。毎度厚かましくお邪魔させてもらい菓子と茶などいただく。いいのか?こんな厚かましいのを恒例化してしまって・・・。別のお仲間にも会いたかったのだが、何しろこの暑さ。わざわざ暑い中、外に出てきてもらうのも申し訳ないので、今日はガッちゃんチを出た後は、ウロウロせずに帰宅。そろそろ、盆休みが近いせいか、道路がいつもの月曜日よりも混んでいた。渋滞に加えてこの暑さ、皆の運転も何気に荒いように思えた。イライラしないで安全運転で家に戻ったとさ。

お耳の角度は9時5分。 早く行こうよ顔(~_~;) ガッちゃんチで辛抱タイム。

2011年8月7日(日) ■ 現地調達オモチャ ■ 大福:生後3398日目 

ちょっと出遅れ気味に散歩に出たわりには、思った以上に暑くなかった今朝の散歩。巨大広場を散策してたら、大福が急に立ち止まって地面を凝視。そして、コッチを見てはまた凝視・・・。何か変なモノでもみつけたか?と思って近づいてみたら、誰かが忘れていったのだろう、ラグビーボール型の小さなボールのオモチャが転がっていた。「いいよぉ」と声をかけたら、嬉しそうに咥えて、コッチに持って来た。
手前味噌だが、大福は、どんなに興味深いものであっても、いきなりクチにすることはない。食べ物が落ちていても同じである。この点に関しては、ホント偉い子であるとアホ飼い主視線でなくても言えるかなと・・・。

あまりにも嬉しそうな顔して持って来たので、ご褒美も兼ねて暑い中であったが、ボール遊びを一緒にしたのであった。もちろん、ボールの遊びの後は冷たいお水を飲んでクールダウン。暑さにはもちろん注意せねばならないが、メリハリつけるのも大事なのではと思うのである。その辺りのサジ加減は飼い主の大事な判断であると重責を感じるのである。

見つけちゃったね。 好きそうなヤツだね。 ずいぶん、気に入ってるみたいだけど。

2011年8月6日(土) ■ イイのか?それで・・・ ■ 大福:生後3397日目 

確かに一気に暑くなって来た。セミの鳴き声も絶好調。これぞ夏と言ってしまえば諦めもつくのだが、意気地ナシで根性ナシの飼い主にはいよいよもって厳しい時季になってきてしまった。今日は広島に原爆が投下された日。今年の慰霊祭は、先の震災による原発事故を受けて例年とはまた違った意味で行われているのだろう。あの日の広島の夏もかなり暑かったとか・・・。

日中、大福には留守番してもらってちょっと出かけたのだが、この暑い中、幹線道路を自転車で併走させられているミニチュアダックスを目撃。前にも同じような光景を見たことあるなぁ・・・。ホント、何を考えているんだろ?犬はいつも走りたがってるとか思ってるのだろうか・・・。地表、10cm程度のところに位置するミニチュアダックスにとって道路からの照り返しは半端じゃない。幹線道路の排気ガスも低きに身を置く犬には厳しいものがある。何故に気づかないのかなぁ・・・。

今日は、いろいろな意味で、問うてしまうよ。イイのか?それで・・・。

遊ぶ? ちょっとだけだよ。 ヤル気顔しても、ちょっとだけ。

2011年8月5日(金) ■ 無理せず過ごせ ■ 大福:生後3396日目 

今朝は昨日より、1時間ほど早く出たので極端に暑くはなかったが、これから必ずや暑くなるであろうことは、明日太陽が東から昇るのと同じくらい確信持てるぞ・・・と意味なき自信を持っての朝散歩。

人間同様にこの時季は熱中症に注意しなくてはいけないので、あまりお仲間犬達との走り回りもさせていない。いくら気温が高くない時でも熱中症は急に発症するからねぇ・・・。そんな飼い主の気も知らず、体がなまっているのか、一人走りなんかして飼い主の気を揉ませてくれる。気持ちは分かるけど、あまり無理しないで穏やかに過ごしてね。お願いだし・・・。

疾走。 失速。 車の中でクールダウン。

2011年8月4日(木) ■ 夏だ!忘れてた! ■ 大福:生後3395日目 

この頃の涼しさに慣れてしまって、今朝も7時に散歩に出たら暑いのなんのって。どうやら夏の小休止は終わりに近いような感じ。昨日の続きではないが、セミの鳴き声も絶好調。暑すぎるのはキツイけど、やはり暑さがあるから涼しさのありがたさも分かるわけだからね。夏の風物詩あっての涼みかなと・・・。そういう点で言えば、花火大会やお祭りが自粛で中止となるのは淋しい限りである。

そんな訳で、今朝はあまり暑い中を歩かせたくなかったので、車で潮風公園まで行って来た。こちらも夏真っ盛りで青空が真夏を演じてくれていた。いやはや暑いのなんのって。知る限りで3人いる公園に住まわれている方々も暑さはシンドイようで皆さん、それぞれ日影を見つけて体を横たえていらっしゃいました。お陰で?大福の尻尾は巻尾がほどけて下がり気味だった。
帰りにフジテレビの「お台場合衆国」の入口ゲート前を通過したら、100人まではいなかったようだが、それでもかなりの人が並んでいた。そんな炎天下にいたら死ぬぞ!

かくして、夏であることを強制的に思い出させてくるような朝散歩だった。

夏空ですね。 そして夏海色。 木陰は涼し。

2011年8月3日(水) ■ セミの鳴き声 ■ 大福:生後3394日目 

今日で気温が30度に満たない日が連続で8日間続いているとか。確かに、朝の散歩もしやすいのだが、ちょっと気になってたのがセミの鳴き声。今年は、いつもより鳴く声が少ないぞと思っていたのである。
ミーンミーン、ジージーと暑さを増幅させる鳴き声ではあるが、やはりあの声が聞こえてこないと夏という感じがしない・・・なんて思ったりしてたのだが、どうも昨日ぐらいから鳴き声が目立ち始めたのである。いよいよ、本格的な夏到来かな。嬉しいような弱ったような・・・。

大あくび。 帰るの? 帰り脚、速っ!

2011年8月2日(火) ■ 有名無実 ■ 大福:生後3393日目 

大福がいつも使わせてもらってる家前の広場。朝も夕も長い日影が出来て、真夏の季節には重宝している広場だ。その広場を横断しているシマヘビを発見。体をうねるように横移動して、その姿はまるで萩本欽ちゃん歩きのよう。シマヘビだから毒はないとしても咬まれたりしたら嫌なので要注意だ。

こんな身近すぎる情報は、同じ住居の他の飼い主さんにも伝えたいところだが、偶然出会った飼い主さんにクチ伝えの方法しかないからトホホである。ペットクラブなるものもあるのだが、このクラブ、名前だけで全く機能していない。まさに有名無実とはこのこと。更に理事会内にペット委員会なるものまであるが、これも同様で機能していない。そもそも、この2つの違いすら理解できていない。

本来であれば、ペットクラブに、シマヘビ現る!を報告する→ペットクラブがクラブ員に伝える→飼い主達の知るところとなる・・・べきである。敷地内に除草剤を撒く作業をしても、それすら飼い主達のところに伝わっても来ない。除草剤散布を知ってて散歩させるのと知らないで散歩させるのでは天と地ほどの差があろう。何故にこんな簡単なことすら機能しない機関なのか不思議極まりない。もちろん、こんなクラブに所属してても何の意味もないので、クラブ員の更新などしてはいないのだが・・・。困ったチャン。

家前のプチ広場。 松ぼっくり。 シマヘビ、横断終了(-_-)

2011年8月1日(月) ■ 平常心な毎日 ■ 大福:生後3392日目 

早いもので今日からもう8月。3月11日の東日本大震災からまだ5ヶ月も経っていないのに直被災地とは言えない東京ではもう遠い昔の出来事のように思えてしまう。何とも忘れやすいことか。

今日はシャンプーの日なので、シャンプーと診察を終えた後にガッちゃんと合流。旧地にはまだ地震の名残とも言える残骸?が少し残っているが、こちらも平和と言えば平和。自ずと二人の顔もユル系になってしまうのである。ま、君達は、地震のことなど一過性のことであり、毎日が平常心。その動かぬ心のようなものはホント、見習わないとイカンと思っております<(_ _)>

渋顔・ガッちゃん。ユル顔・大福。 オヤツタイム。 ゆるーい顔。


福と大福の間TOPに戻る