2011年10月の最初へ↓
2011年10月31日(月) ■ 嬉しい電話 ■ 大福:生後3483日目 

朝散歩終えて帰ろうかなと思ったら電話が鳴った。あれ?ガッちゃんだ、どうした?ふむふむ、朝から用事があって近くまで来てるとな。そりゃ、会わない訳にはイカンだろう。

と言うことで、朝から思いがけずに仲良しのガッちゃんと散歩というか、朝の和みタイムに突入。陽射しもポカポカで和みに持って来いの気候だ。追い駈けっこしたり、ダラダラしたり、そんなに長い時間ではなかったが楽しい楽しい朝を過ごすことが出来ました。ガッちゃん、立ち寄ってくれて、ありがとね。

欲しいってよ。 あげれば! 焦らさないの!
つまんないねぇ、ガッちゃん。 ほら、寝ちゃったよ。 一人で遊ぶってか?

2011年10月30日(日) ■ 神をも畏れぬ進化 ■ 大福:生後3482日目 

『Christmas Toys』の後に、赤レンガ倉庫のほうだけチョロッと周ってみようかなと思って山下公園を通り抜けようとしたら、横浜マリンタワーが目に入ってきた。低いなぁ・・・。何だか、本人もタワーと呼ばれてることにちょっと恥ずかしさでもあるように見えてしまう。聞けば、1961年(昭和36年)に建設されたらしい。高さは、106m。灯台の役割も2008年まで果たしていたようで、ギネスブックにも世界で一番高い灯台として記録されてたようだ。

今日、スカイツリーの展望台がマスコミに披露されたとニュースでやっていた。高さ350mの展望台とのことで、展望台ですら東京タワーの333mよりも高く位置する。東京タワーの立場はどうなるのよ?何だか、技術の発展と共に数字的な記録がドンドン塗り替えられてるように思える。大きければ、高ければ良いというものではないだろうと思うのである。世の中には、冒してはいけない領域ってモノが必ずあると思う。神を畏れぬ進化ってのを、道も手放しでは喜べない。スカイツリーになくて、東京タワーやマリンタワーにあるもの・・・。それは、「佇まい」なのである。

さて、赤煉瓦倉庫付近での大福さん。それなりに、佇まいを醸し出しているように見えるのは飼い主の贔屓目なのか?

イイ爺さん(異人さん)に連れられて〜♪ 濃い色の海。 見る影もないレンガ倉庫。

2011年10月29日(土) ■ クリスマスまで58日 ■ 大福:生後3481日目 

10月ももう終わりに近いとは、今年は何と時の経過が早いんだろう。アッと言う間のわりには大きな出来事がけっこうあったように思える。

と言うことで、今年も恒例のクリスマス・グッズを購入するため横浜の『Christmas Toys』にGO!思えば、この買い出しも大福の年中行事の一つになっているものである。
アレヨと言う間に横浜に到着。週末とあって、人出は多そうだったが、お目当てのお店は人もほとんどいなくて、ここでも貸切状態だった。いつものように飼い主のアホぶりの象徴とも言える写真撮影が始まるわけだが、あれ?今年はいつもと様子が違う・・・。そうだ!例年なら看板犬のTJが野次犬で大福の様子をいつも見ているのに今年は出て来ていないのである。きっと店内にいるのかなぁ。

そうこうしてたら、お店の方がスタッフルームから出てこられたので、ちょっと立ち話。すると、何とTJは亡くなってしまったとのこと・・・。年に一度しか会わない子だったけど、とても悲しい。いつも野次犬してたのに・・・。
大福が我が家に来てくれる前から、通っているので歴代の看板犬をだいぶ知っているが、やはり看板犬が亡くなってしまうのは堪える。そして、いつも思うのは、もっと触っておけば良かったと言うこと。でも、年に何度も来ないから、それも無い物ねだりでしかないんだよねぇ・・・。

毎年、クリスマスドールを一体ずつ買い加えているのだが、今年は小物グッズを数個購入した。飾り付けの時季になったら、また大福と一緒に写真を撮ろうっと。クリスマスまで、あと58日・・・とドア前のプレートに記されていた。いよいよ、今年も年末モード近しである。

今年も来ちゃったね。 何か物足りないね。 看板犬、TJ、亡くなったんだって。
クリスマスまで58日だってよ。 起き上がりサンタ。 中に入ったの初めてだよね。

2011年10月28日(金) ■ ご機嫌斜め45度ほど ■ 大福:生後3480日目 

今朝は、いつもと違うコースで散歩。違うコースと言っても初めての地区ではないのだが、周り方が逆になっただけで見えてくる景色が全く違うように見えるから不思議。
その甲斐あって?大福には何とも怪しい遊具に遭遇。そんな遊具の前で写真を撮られてちょっとご機嫌な斜め45度ぐらいの大福であった。

嫌な予感する? はい、正解。並んで並んで。 こっちなら良いかい?

2011年10月27日(木) ■ 被災犬の行く末 ■ 大福:生後3479日目 

遠い昔のように思えてしまうなぁ、東日本大震災・・・。でも、まだ7ヶ月と少ししか経っていない。少しぐらいの地震では慌てなくなってしまったのは、不謹慎だが地震慣れと言うことだろう。そのうち、放射能に関しても悪い意味で日常化してしまうのかもしれない。忘れる・・・案外これって、物事の解決方法としては、優れてるのかもしれない。

風化という言葉はさすがに出て来てないが、そんな風潮の中でいまだに被災犬のセカンドペアレンツ、そう里親探しの活動は続いている。飼い主さんと、はぐれてしまい被災犬となった犬。被災飼い主さんの避難生活の環境から離れ離れになってしまった被災犬。事情は様々だが、被災犬という括りでは一緒である。
ただ、被災犬達は、被災地ではない場所のはぐれ犬達に比べると命の期限は、全然違う。被災地ではない収容所では、あと何日・・・という命の期限付きの犬達が多数いる。どちらが・・・とかは軽率に言えないが複雑な思いである。

被災犬の不安は、被災地ではない地区での里親が決まった場合だ。聞けば、風評被害は一般の生活にまで及んでいるらしい。バスツアーで、被災地出身の人の同乗を快く思わない差別行動や言動もあるとか。被災地ナンバーの車やトラックの乗り入れについても差別らしきは当たり前にあるとか。
であれば、被災犬についても同じかもしれない。「この犬、放射能、大丈夫?」「ウチの子(犬)に近づけないで」「ダメよ、この犬触っちゃ」「この犬、公園に入れないで」・・・などなどが起きないとは決して言えないだろう。

そして、何より怖いのは、それらの言動に新しい飼い主さんが耐えきれず、犬を棄てたりしないか?と言うことだ。せっかく新しい人生を歩めるかと思ったら、今度はもっとシビアな命の期限付き犬になってしまう・・・なんてことがないように願いたいものである。あー、シンドイ。

誰もいないね。 キャッチ! 楽しそうだ。

2011年10月26日(水) ■ 旧地も楽し ■ 大福:生後3478日目 

今日はシャンプーの日で朝から千葉の旧地へ。シャンプー前に公園で用足し終えたところで、何やら見覚えのある黒いシルエットが・・・。だは、後輩黒柴の百々(モモ)ちゃんだ。大福がいない時に会ったことはあったが、この2人のご対面は、もしかすると何年ぶりかと言うほど久しぶりかも。でも、そんな思いは飼い主だけで、本人達はいたってクール。「あ、久しぶりぃ。元気してた?」なんて感じである。あんた達は、もしかして器が大きいのか?

無事シャンプーを終えたら、ガッちゃんがお出迎えに来てくれた。ありがたいことである。いつものように一緒に走り回るわけでもないが、2人でノンビリ、マッタリ陽射しを浴びての散策。何ともホノボノな風景である。放牧中・・・との見方もあるようではあるが・・・( ̄^ ̄)

百々(モモ)ちゃん、久しぶり。 迎えに来てくれたガッちゃん。 笑みも出てくるね。

2011年10月25日(火) ■ 区切りある生活、区切りなき生活 ■ 大福:生後3477日目 

気がつけば来週はもう11月だ。そんなこと言ってる間に今年もアレヨと言う間に終わってしまうのだろう。12月になり、テレビ局はこぞって今年を振り返る番組を放送することは、もはや年中行事と言える。そして、今年のその手の番組は、3月11日の東日本大震災の映像が繰り返して流されることだろう。そして今年が暮れて、新年がやって来る・・・。まさにワンパターンである。

こんな流れで人生も進んでいくわけだが、犬達の人生はだいぶ違う。まず区切りというモノがない。1年の区切りなどないだろうし、1ヶ月の区切りもない。1週間の区切りもないだろう。せいぜいあるとすれば、夜暗くなって眠ると明るい朝がやって来るという1日の区切りぐらいは本能としてあるのかもしれない。と言うことは、1日ずつの積み重ねの人生ということになる。

区切りを付けて、いろいろ意味を見つけて生活すること。区切りなどなく、ある意味エンドレスで生活すること。どちらが幸せなのか?・・・なんて、ちょっと考えてみたのである。

顔近すぎ! 走ろ! もうバテたの?

2011年10月24日(月) ■ 放射線量 ■ 大福:生後3476日目 

関東首都圏でも想定外の放射線量が検出されて大騒ぎになっている・・・かと思いきや、ニュースで扱われてはいても、どうも他のニュースに比べて国民の反応は冷ややかに思える。
こんなに大きな値で検出されたと大騒ぎする時期はもうとっくに過ぎているわけで、今すべきことは、いかに除去するか?その方法と対策を論じるべきなのでは?と思うのである。

何度も言ってるが、地面から低い位置で行動する大福ら犬達。幹線道路の横断歩道での信号待ち。自分も少しでも大福の頭の位置に近づくようしゃがんでみると、立っている時とは全然違うほど排気ガスの臭いがスゴイ。そう、犬達には人間が軽く考えているような排気ガスからも実はかなり大きく悪影響を受けているのである。ついでに言えば、タバコの受動喫煙被害も同じである。そして、この放射線量も大きく影響を受けているであろうことは容易に想像がつく。

千葉県の柏での放射線量については、地下水の蓄積が影響あるとか。やはり雨や水かと思ってしまう。大福が散歩コースにしている公園でも、水はけの悪いポイントが幾つもある。アホと思われても、肉球靴しか履いてない大福にはあまり歩いて欲しくないなぁ・・・と思うのである。by過保護なアホ飼い主(-_-)

興味ないよね? 全くないよね? はい、分かりました。

2011年10月23日(日) ■ ブームの予感・・・ ■ 大福:生後3475日目 

あら不思議。雨も降ってないのに今朝の散歩は誰にも会わずでお終い。皆、お出かけなのか?お陰で巨大広場は芝生だけでなくヘリポートも独占。平日に独り占め状態はよくあるが、週末の土日に貸切は珍しいことだ。

お陰で?コンクリート地面のヘリポートでは、スーパーボールを思いきり弾ませて楽しませてもらった。大福もコンクリートと芝生でスーパーボールのバウンドの仕方が違うので面白がっていたようである。しばらくは、スーパーボール遊びが大福のブームになりそうな予感がした。ちなみに、このスーパーボールは、ガッちゃんママにいただいたもの。ありがとうございました!

ヘリポート独占中。 お腹冷やして休憩中。 こんなポーズが楽みたいだ。

2011年10月22日(土) ■ 雨でも前向き ■ 大福:生後3474日目 

明け方、ものすごい雨音だったので雨散歩を覚悟。いざ、カッパを着て出かけたら、あれ?降ってない・・・。でも、一時的だろうからカッパは脱げないなぁ。ところが雨は全く降らず空は少しばかり明るくなってくるほど。まぁ、降るより降らないほうが助かるので、カッパを着てボール遊びしたりフリスビーしたりと、それなりに楽しい朝散歩を終えることが出来た。

雨の日の散歩の様子をTwitterなどで見ると、柴族はカッパ嫌いな子が多くて、着せるとフリーズして動かなくなる子が圧倒的に多いようだ。大福も決して喜んで着てるわけではない。出がけにカッパを見せるとけっこう凹ってるもの。でも、大福のイイ所は諦めが早くて前向きなところ。すぐに楽しいことを考えるのかなぁ。ポジティブな姿勢は見習わねばイカンな・・・。

遊ぼうか。 ボール投げたよ。 フードが嫌そう。

2011年10月21日(金) ■ どちらを見ても ■ 大福:生後3473日目 

ある犬名人によると、飼い犬を見れば、その飼い主のことも分かる。飼い主を見れば、その飼い犬のことも分かる・・・らしい。具体的にではないが、何となく分かるような気がする。そして、それを肝に銘じておかねばとも思うのである。

昨日の朝、久しぶりに走り回ったラウムくん。パピーの頃とは違ってしっかりしたボディになって何とも逞しいこと。大福、姉御風吹かせてたけど、懲りずに遊んでくれて嬉しい限りである。飼い主さんもいろいろ考えておられるので、きっと立派なブルテリアに育つことだろう。成長過程は眩しいねぇ。

やぁ、おはよう。 走りますか。 もうお終い!ってか・・・。

2011年10月20日(木) ■ 中央区巡り ■ 大福:生後3472日目 

夕方の散歩は、忘れそうになった小伝馬町の宝田恵比寿神社『べったら市』に参上。昨日と今日だったのをすっかり忘れてた。歩くには遠いのでもちろん車で参戦。まだ陽が落ちる前だったこともあって、人の出もそれほど多くなく、大福も歩きづらそうではあるが何とか人混みを縫って歩けるほどだった。地面に近い位置を歩く大福には気の毒ではあるが、たまには人混み練習?しておかないと、嫌なことには背を向けるようになってしまうから頑張ってもらわねばね。

軽く一周りを終えた後は、すぐ隣の人形町の『美奈福』でおでんを少々買って、その足で銀座まで足を延ばす。AppleStore銀座にちょっと顔出したら、夕方日没間近なのにまだiPhone4Sを買う人達が並んでた。そうか、Softbankショップだと予約後何週間待ちらしいが、Appleショップなら並べば変えるってことなのね。さすがiPhoneの大店だけあるわ・・・などと感心しながら銀座を後にする。

思いがけずな新旧中央区巡りな夕方散歩だった。

べったら市、参上。 お年寄りが多くてちょっと緊張。 大人しく頑張ってくれてる。
美奈福、参上。 AppleStore銀座、参上。 まだまだ人の列。

2011年10月19日(水) ■ 柴道 ■ 大福:生後3471日目 

一気に寒くなってきたのに乗じて大福が楽しそうだ。やはり柴犬は寒い時季のほうが性に合ってるんだろうなぁ。
大福を始め、この頃の柴族は、室内飼いが圧倒的に多い。家の中では一年中同じよう温度で保たれている。従って、昔の柴族のように換毛期などという言葉も中途半端になってしまい、一年中満遍なく換毛が続く。実際、掃除機の消耗度はかなり高いと柴族の飼い主さんが嘆いておられる。どんなに抜け毛が多かろうが、元気でいてくれればそれに越したことはないのだけれど。

柴犬の正しい生き方、生活の仕方は、日本の四季を感じさせることと言われる。寒さから暖かさに変わり始める春を喜び、夏の暑さをしっかり受け止めて暑がる。暑さから涼しくなる穏やかさも感じ、冬の厳しい寒さもしっかり受け止める・・・。それぞ柴の王道。もちろん、四季が感じられる食べ物もしっかり食べなきゃね。

やりますか。 行き過ぎでしょ。 はい、持って来ました。

2011年10月18日(火) ■ 南極物語 ■ 大福:生後3470日目 

昨日から始まったTBSドラマ『南極物語』。もちろん見ませんよ。南極に置き去りでしょ?無理無理。いくら今の時代と違って、犬達が家畜扱いの頃とは言え、置き去りなんて無理無理。絶対に見たくない・・・。

と言いながら、今日の夕方散歩は、潮風公園から船の科学館へ周わって南極観測船・宗谷の前でパチリ。基本、ミーハーなのだ。そうそう、船の科学館に向かう途中、海上保安庁が訓練やってたのにも遭遇。大福、怪訝な顔して見入っておりました。

相変わらず異境の地だね。 海上保安庁の訓練やってた。 宗谷の前で南極物語。

2011年10月17日(月) ■ 待ち合わせ ■ 大福:生後3469日目 

朝、ガッちゃんから連絡があって、用事の合間に近所まで立ち寄っていただけるとのこと。こりゃ、嬉しい知らせじゃないか、前回のシャンプーの時は会えなかったからね。

待ち合わせは、ららぽーと。地下駐車場からエスカレーターで1階に上がったらすぐにガッちゃん発見。強い目ヂカラは何よりの目印だったり。
よくよく考えれば、そんなに久しぶりなこともないのだけれど、ここのところ、月に2度ほどは会っていたので1ヶ月近く会ってないと久しぶりな感じがしてしまう。何しろ、この2人9年近くの付き合いだからねぇ。そう、大福の一番の幼馴染みなのである。人によっては、フレブルと柴の組み合わせにギョッとしてしまうことだろう。でも、この2人は何故かウマが合う。

10月だというのに少し暑い日だったが、それでも真夏の猛暑とは違って、海辺の散歩は気持ち良い。2人とも地面の匂いを嗅ぎながらノンビリと散歩。ガッちゃんの「オヤツ命魂」も健在で、短い時間だったが楽しいひと時を過ごすことが出来た。イイもんだねぇ、幼馴染みってのは。

目視確認済み。 秋の気配だねぇ・・・。 そんなこと関係ない・・・ガッちゃん。
あれ?反対に回ったよ。 ガッちゃんらしね(^_^)

2011年10月16日(日) ■ お邪魔柴 ■ 大福:生後3468日目 

幼柴の頃、日本犬保存会の重鎮のオッサンに「こんなに、人なつこいのは柴じゃねぇな・・・」と何とも心強い家庭柴としてのお墨付きをいただいた大福。
しかし、家庭柴が増えたと言っても、犬種の特性としてのDNAまですっかり入れ替わることはあり得ないだろう。従って、人に触られるのを嫌う柴族は相変わらず多いのも事実。触られるのが大丈夫な大福ですら、手を触られたりすると唸り声を上げて威嚇らしきをすることもある。

とは言え、大福は仔犬の時、それも散歩デビュー前から大勢の人に触られてたし、飼い主も積極的に人に触ってもらい人好きな柴になるように心がけもした。そのせいもあって、大福は人に触られることを嫌がらない柴になってくれた。これは、行動範囲が広がるので飼い主としては何とも嬉しいことである。

散歩していると、仕事をしている人にもたくさん出会う。もちろん、挨拶だけして通過することも多い。でも、何故か、大福はコースを変えて仕事している人に近づいて行くことがある。おいおい、仕事の邪魔しちゃイカンぞ・・・とも思うのだが、大福が目指す先にいる人は仕事の手を止めてまで大福を触ってくれる人が多い。きっと、犬好きのオーラ、それも柴好きのオーラでも出しているのだろうか?と不思議にも思えてしまう。

そんな柴好きの皆さんのオーラに甘えて、しばし、お仕事の邪魔をする大福。飼い主が制すれば良いものを、優しく触ってもらえると嬉しいので飼い主もアホ面して、その好意に甘えてしまう。
そんな訳で、お邪魔柴とアホ飼い主は、明日以降も皆さんのお仕事のお邪魔をしてしまいそうである・・・。

駐車場メンテの方に撫で撫で。 車両誘導員の方に撫で撫で。 ショップのお姉さんとポーズ。

2011年10月15日(土) ■ 雨散歩 ■ 大福:生後3467日目 

雨の週末散歩は久しぶりのような・・・。しかも風も強くてまるで台風みたいだ。そんな中での朝散歩は、川べり地区を選択。カッパを着ていざ出発。大福、いつもとコースが違うので「?」なんて顔してたが、すぐに足並み合わせてスタスタ。大福は首輪をしておらず、いつも首に直接革紐を巻いているだけだが、全くグイグイなど引っ張ることはないので、ギックリ腰明け?の飼い主には何ともありがたい。

コース変わっても、雨の日に散歩している犬はほとんどいない。相変わらず出会うのは日本犬系ばかり。それも柴犬限定なのが面白い。皆、家の中で用足ししないんだなぁ・・・。大福も含めてだが、歳を重ねていったらどうするんだろ?と心配になったり・・・。

風がけっこう強く、カッパの帽子がめくれるほどだったので、今朝のお仕事は気が散ってナシかなと思ったが、意外にもスンナリとポイントが決まって無事お仕事終了。ありがたや、ありがたや。
お仕事終えた大福は、スタスタと家のほうに向かって歩き始める。早く家に戻りたい気持ちは飼い主と同じみたいだ。これも以心伝心?嬉しい朝の散歩であった。

波高いね。 早く帰ろ。 止まらなくて良いよ。

2011年10月14日(金) ■ ペシッ! ■ 大福:生後3466日目 

まったり朝の散歩の余韻を楽しんでる宙(ソラ)ちゃんを発見して近づいて行く大福。近づいて挨拶でもするのかと思いきや、挨拶にしては距離が近すぎる。しばらく宙ちゃんを見てたかと思ったら、急に手を宙ちゃんの頭の上にペシッ!・・・頭、撫で撫でのようにも見えなくもないが、かなりチカラを入れてるようで、宙ちゃんの頭はガクッと下がった。しかも、この後は、宙ちゃんはイソイソとその場を立ち去ってしまった・・・そりゃ嫌だわなぁ・・・。朝のまどろみをすっかり邪魔された宙ちゃんなのであった。すまぬ<(_ _)>

宙ちゃん、見られてるよ。 うわ、近・・・。 ペシッ!

2011年10月13日(木) ■ ススキ草原 ■ 大福:生後3465日目 

曇り空の下。箱根・仙石原ススキ草原に行って来た。思えばここも毎年来ているように記憶している。今年は、大福がゼロ才の頃から参加している『麻布十番納涼まつり』が震災による自粛で中止。年中行事が一つ減ってしまった。そんな中で、ススキ草原見学は、新たな年中行事になりそうな気配である。

聞けば、これまた震災の影響とやらで今年は山焼きが行われなかったとか。そのせいで、ススキの背揃いもバラバラで例年のようにビッシリ、ススキ色!というわけにはいかなかった。しかし、人の手によって綺麗に背揃いしているススキよりも、不揃いなのススキのほうがより古代色強い感じがして、なかなか趣があった。

などと感じてるのは、あくまでも飼い主の一方的な気持ちであって、大福には全く関係ない。こんな所に連れて来て・・・と思っているかいないかは定かででない。

人が気になるね。 座ってみようか。 石の上もヨロシク。

2011年10月12日(水) ■ 海の印象 ■ 大福:生後3464日目 

今朝も良い天気で気持ちが良い。今日はいつもとちょっとだけコースをずらしてハーバー寄りのコースを選んでみた。いつもは、水面よりずいぶん高い位置での散歩をしているが、今日は水面の高さに近いコースを選んでみた。数メートル(5mぐらいか)しか違わないのに見える景色の印象はずいぶん違う。

これが穏やかな海だから呑気を言っていられるが、一転して5mの津波だったりしたら、このハーバーや公園の景色も大きく変わって、きっと地獄絵図となってしまうのだろう。震災以前は、津波など他人事であり対岸の火事でしかなかったはず。しかし、直接被害あっていないにしろ、東日本大震災は、日本人の海の印象を大きく変えたに違いない。

いつもより水面近し。 景色が変わるね。 朝は橋が閉じてるね。

2011年10月11日(火) ■ 主治医 ■ 大福:生後3463日目 

あーぁ、せめて具合が悪い時だけでも良いから話してくれないかなぁ・・・と思うのは、飼い主なら一度ならず何度でも思う究極の無い物ねだり。それほど、愛犬達が具合悪くなると飼い主は心穏やかではいられない。
そして、お世話になるのが動物病院だ。この動物病院選びも難しい。さ、どっちを選ぶ?家から近いけど、さほどの良い評判も聞かない動物病院。と、家から遠いけど、名医と評判の獣医師がいる動物病院。果たして正解はどちらを選ぶべきなんだろう、悩むところだ。両方使い分かるのが一番との話もあるが・・・。

病院選びも獣医師選びも、非常に難しい。愛犬にもしものことがあった場合、例えば、治療の甲斐なく命を落としたとかの場合だ。飼い主が、あの先生が手を施してもダメだったのだから、仕方がない・・・と残念ながらも諦められるか?・・・が全てだろう。もし、気持ちの中に、他の獣医師ならどうだったんだろう?と思うようであれば、これほど悲しいことはない。
犬との生活の中で、いかに信頼できる獣医師に巡り会えるかは重要なことと言えるだろう。何よりも大事なのは、獣医師選びは愛犬が選ぶのではなく、飼い主が選ぶという点だ。そう、我ら飼い主こそ、獣医師選びの重責を担っているのである。
その点で言えば、普段の愛犬の様子を常に見て状態をよく知っている飼い主こそ、一番の主治医なのかもしれない。ドキドキ。

自由気まますぎ・・・。 微妙すぎる距離。 関心事は一緒。

2011年10月10日(月) ■ シャンプー前の海遊び ■ 大福:生後3462日目 

三連休最後の日は、シャンプー日で旧地千葉へ。早めに到着して幕張の浜に出向いてみる。到着したのが8時ちょっと過ぎなのに人っ子一人いない海。大福は、どこへ行っても貸切が多いなぁ。
海が広がるまでの道のりは尻尾も下がって警戒モードだったのに、視界が開けたら猛ダッシュ。小さな段差もジャンプ一番、ひとっ飛び・・・なんて、実は呑気なこと言ってられなかった。地震で地形が少し変わったようで、段差なんていう程度ではなくけっこうな崖状になっていた。着地面が砂だったから良かったものの、一歩間違えば・・・おー、怖。気をつけねば。飼い主猛省。

涼しくなってきてるのと、視界が開けて楽しくなったのとで、大福、嬉々として一人走り。元気だなぁ・・・。次回辺り、九十九里浜まで行ってみようか?との話も出るほど嬉しそうに走り回っていた。もちろん、走り回りだけではなく砂浜を掘り掘り。そして、現地調達のオモチャ?をガシガシと大忙し。とにかく笑い顔で走り回っている姿を見ているのは、本当に楽しい。

しかし、楽しさの後には試練が待ってるのが世の常。泥だらけ、潮だらけになった体を綺麗綺麗に洗ってもらって、マイクロバブルバスに入ってという大福にとっては修行のようなセレモニーが待っているのである。修行のようなと言っても、水に入るのが嫌いじゃない大福には、そんなに苦痛ではないはずなのに、甘えているのか、一人になるとクンクンと鼻を鳴らしているとトリマーさんが言っていた。歳を重ねるといろいろ無駄な努力やテクニック?も覚えてくるんだなぁ・・・。

小さい波、来てるよ。 足抜きが良くて走りやすそう。 現地調達・・・。
どこまで行っても誰もいない。 小さな足跡と嬉しそうな顔。 遊びの後は綺麗にね。

2011年10月9日(日) ■ カッパの効能? ■ 大福:生後3461日目 

いつもの朝散歩のコースは、イベントでは入れないところや、休みのせいでいつになく人が多そうな公園なので、今朝は人も少ないであろうと思われる、最近、あまり足を運んでない地区に出没。
どれどれ?人の出具合は・・・。へへへ、予想を遙かに超えて誰もいない。何故にここまで人がいないのか・・・と考えると、気になるのである立て看板が・・・。

誰もいない。 見事に誰もいない。 カッパが出るからか?

2011年10月8日(土) ■ 元気に柴団子 ■ 大福:生後3460日目 

涼しくなってきたからだろう、大福に限らず犬達の元気が増したように見える。やはり、湿気の多いジメジメした暑さは犬にも人にも堪えるんだろうなぁ。涼しくなってきて大福、今年の夏は例年に比べて痒がる素振りが目立っていたが、ここに来て痒みも減ったようでコンディションもだいぶ良くなってきたような気がする。

そんな元気盛りの後輩柴ちゃんと今朝も合流。お馴染みの宙(ソラ)ちゃんと黒柴のあずきちゃん。それぞれ無事にジメジメ夏を乗り切って元気いっぱい。3人の関わりを見ていると、大福は走り回りには参加するが、ジャレ合いには一歩引き気味に参加・・・ってのがお決まりのようである。面白いねぇ、ちゃんと臨機応変に遊び分けをしている。話し合って決めてるわけでもなさそうだし、暗黙の了解ってところなのか。楽しそうである。

3柴s・・・。 挨拶なの? 柴団子・・・。

2011年10月7日(金) ■ 柴sは、楽し ■ 大福:生後3459日目 

いやはや何てスッキリした朝なのか。晴れてるのもともかく、湿気がないのが何とも気持ち良い。そんなことで、けっこう歩いた今朝の散歩。そろそろ帰ろうかと思って角を曲がったら、後輩柴の宙ちゃんがいつものように景色を見ながら佇んでいた。せっかくノンビリしてるんだから大福邪魔しなきゃイイのにと思っていたら、大福、気づかずに別ルートに進んで・・・行きそうになったが、やっぱり気づいちゃった。ほぼ同時に宙ちゃんも大福に気づいて、かくしてご対面と相成った。
出会ってしまうと、挨拶だけでは終わらない。涼しさも相まって走り回りに突入。ホント、柴同士が仲良くジャレ合ったり走り回ってる姿を見るのは何とも楽しいのであーる。

大福パンチ。 冷ややか大福。 併せ柴。

2011年10月6日(木) ■ よそ者め! ■ 大福:生後3458日目 

いつもの巨大広場。今朝は何やら怪しい風景。トラックが何台も入り込んでるし、広場にテープが張られて立ち入り禁止区域もある。そして、何頭も連なる出店ブースのような物が・・・。
大福、広場に入るなり異様な風景と気配を察知して警戒モード。はい、この時点で、この広場でのお仕事はナシと判断。でも、せっかく来たので飼い主の野次犬モードを解消すべくウロウロ。

どうやら、この週末の三連休と来週末の金土日の計6日間、何やらフードイベントがあるとかで、その設営だった。かなりの出店のようなので楽しみと思ったが、犬を連れては入れないとのこと。しかも入場料が、500円ながらも必要とか。何とも時代にマッチしてないフードイベントだなぁ。屋内ならまだしも屋外で犬NGとは。
と言うことで、大福にしてみれば単に迷惑でしかないイベントであることが決定。早く終わってしまえ。

何か占拠してるよ。 アッチも何か出来るみたいだよ。 一応撮らせてよ。

2011年10月5日(水) ■ 久しぶりに雨散歩 ■ 大福:生後3457日目 

今日は冷え込んで、11月下旬の気温だったらしい。どうりで、朝の散歩は雨の中とは言え寒かったはずだ。さすがにこの冷え雨の中で散歩してたのは、黒柴ちゃん一人だけ。皆、雨だろうが家の中では用足しもお仕事もしないってことでは同じなんだなぁ。
しかし、雨の中の散歩とは言え、暑い時の散歩よりはずいぶん元気そうで楽しいようなので、久しぶりの雨散歩もなかなか楽しむことが出来た。
結局、雨は一日中降りっぱなしで、朝の散歩の時が一番雨足が弱かった。明日は一転、気温は一気に10度以上上がるとか・・・やれやれ。

雨でも鳩には反応。 どんな匂いがするんだろ。 先、急ぎましょうよ。

2011年10月4日(火) ■ 距離マジック ■ 大福:生後3456日目 

同じ趣味だったり、同じ好みだったりするから考え方も同じかと言えば、それは違う場合のほうが多い。例えば、ゼロの座標を挟んで、Aは、+1の位置。Bは、-1の位置。Cは、+100の位置にいたとする。Aを基準に考えると、Bまでの距離は、2。Cまでの距離は、99となる。言うまでもなく、AにしてみればBは、近い距離である。

では、距離が近いからAとBは分かり合える関係かと言えば、一概にそうも言えない。いくら距離が近かろうが、数字の前に数字の前に付いてる符号は、+と−で明らかに違う。そう、近いだけで意外に本質は違ってたりする場合が多い。むしろ、距離こそ99も離れてはいるが、同じ符号を有するCのほうが分かり合える可能性を秘めてると言えるのかも。その距離は分かり合える時間にも似ているのかもしれない。この距離マジックに惑わされないようにしなくてはね。

犬が大好き。犬を飼ってる・・・これも同じようなことが言えると思う。犬という共通キーワードを保有しているから、分かり合える、仲間だ・・・は、ちょっと短絡過ぎるかも。リアルな生活やネットでの生活の中で犬をキーワードにした人達とたくさん知り合いになる。だからと言って、皆が犬や犬との生活において自分と考え方が近いかと言えば、それは違うと言って良いだろう。ここでも大事なのは、距離よりも前に付いている符号が大事と思われる。

抜けるような青空。 オブジェをチェック。 ポイント探し。

2011年10月3日(月) ■ 器物だから窃盗 ■ 大福:生後3455日目 

飼い犬が、犬嫌いの人に危害を加えられたりすると、それは器物損壊となる。野良猫に残虐な死を与えると、それは動物虐待となる。飼い主が特定しているペット全般は、器物でしかないんだよね。犬の場合だと市町村の役所に届け出をするわけだけど、この届け出は「畜犬登録」であって、何とも切ない言葉だよなぁ・・・。だから、仮に誰かに愛犬が連れ去られたとしたら、それは「誘拐」ではなく「窃盗」でしかない。
そう考えると、大福達の立場なんか、いくら「ペットは家族と同じ」と言われてもタカが知れてるわけで、暗澹たる気持ちになってしまうのであーる。

ダッシュ! 目視して・・。 キャーッチ!

2011年10月2日(日) ■ リード着き ■ 大福:生後3454日目 

朝から若手と走り回りの大福。5頭ほどの若手犬がいたが、その子達の全員の年齢を足しても大福のほうが年の数多かった・・・。

見てて気づくのは、リードを着けたまま走らせる飼い主さんが多いということ。着けたまま放すのは、愛犬を捕まえたい時にリードを踏めば捕まえやすいから・・・の理由以外は考えにくい。
ま、確かに一理あるが、この子達が考える図式としては、リードが着いていても走り回ってイイものだとの刷り込みになっているはずなので怖い。
道を歩いていて、遠くに他所の犬の姿が・・・。飼い主さんはまだ気づかずにいる。愛犬は気づいて急にダッシュするので、思わずリードが手から放れてしまう。常日頃、リードが着いていても走り出して良いとの刷り込みになっているから、飼い主さんが慌てて追いかけても立ち止まろうなどしない・・・怖い怖い。

もう一つ怖いのは、リード着けて走り回るからリードが自分や他所の犬に絡まってしまうこと。変なチカラがかかってしまい足の骨や関節に被害が・・・。実際、リードが絡まってしまい、後ろ足があさっての方向むいちゃったパピヨンの子もいた。怖い怖い。

・・・。 遊んで、ってよ。 流しすぎ(~_~;)

2011年10月1日(土) ■ 馴染み客? ■ 大福:生後3453日目 

今日はどうしようかなぁ・・・と午前にボーっとしてたらTwitterにのお仲間の呟きを発見。築地のお店で食事しているとのこと。それならば・・・と過ぎ支度をして大福も連れてお出かけ。幸い早くお店に行けたので無事にご対面と相成った。嬉しいことに犬好きの方なので大福を見る目が優しいこと。大福もヒョイと抱っこされても唸ることもなく、むしろ照れ気味に大人しい。
お店に入ってすぐに撮ってもらった写真。大福だけがフレームイン。まるで一人でお店に来た馴染み客のように見えて面白い。着物姿の姐さんも写ってて貴重な1枚。ありがとうございました!

一人で来てるみたいだね。 箸の先、命!
抱っこしてもらって照れ気味。


福と大福の間TOPに戻る