2011年12月の最初へ↓
2011年12月31日(土) ■ 行く年に惜しみなし ■ 大福:生後3544日目 

今日で今年2011年(平成23年)が終わる。今年一番の出来事は何と言っても3月11日の東日本大震災に尽きる。
その日、午後3時少し前、いつものように地震で我が家も揺れた。地震か・・・と毎度のようにノンビリ構えてたのは揺れ始めの最初の10秒程だけ。揺れは収まることなく徐々に揺れ幅が大きくなってきた。そして、台所辺りで何かが落下する大きな音。居間でパソコン打っていた自分は、大きな声で寝室にいた大福を呼ぶ。「大福、コッチにおいでぇ!」大福も飼い主のただならぬ呼び声に慌てて廊下を走って来るも、真っ直ぐに走れず足を左右に取られてやっとのことで居間にやって来た(狭い家なのに)。大福を抱きしめて机の下にでも避難しようかと思っているうちに揺れは収まった。すぐにテレビをつけたら、東北地方・太平洋側での大地震であったことを知った。

その後、間もなく携帯電話や固定電話までも繋がりにくくなるが、幸いにも妻から連絡が入り無事であったことを知って胸を撫で下ろした。そして、無謀?にも車で妻を迎えに行った。まだ大渋滞になる前に妻とも合流でき、最小限家族3人は群れをなすことが出来た。そして、今思えば信じられないほど早く家に戻ることが出来、テレビのニュースを見入ることとなった。そして、知った現地の津波の惨状と福島原発事故のこと・・・。
昨日のようでもあり、遠い日のことのようでもある・・・と言うのが本音。節電対策のための計画停電。水や食糧の不足。ガソリン供給の困難・・・今まで体験したことない経験を強いられた。
こんなことが、その年の思い出になる年は今までなかった。そして、この国の危うさをまざまざと感じる年もなかった。人生、何事も経験と言われるが、こんなことは経験しないに越したことはない。1万5000人以上の人が亡くなり、いまだに4000人弱の人達が行方不明扱いになっている。こんなことはもうたくさんである。

明日の朝になれば、新年として時を刻むことになる。果たして明日からの日本はどうなっていくのだろう。期待としては、年が変わったことでの一変を思いたいが、それほど安易なことではないだろう。でも、明日は確実やってくる。嘆いても仕方ない。大福ら犬達を見習って、目の前の現実を受け止めて前向きに生きていくことが賢明なのであろう。我ら飼い主や人間は、犬達に癒してもらうなど呑気なことばかり言っていてはいけない。犬達からもっと学ぶことが多いのかもしれない。だから、行く年を惜しむことなく、前を向いて共に生きていきたいと思うのである。

皆様、今年も愚日記にお付き合いいただき本当にありがとうございました。来年は皆様にとって、良い年になりますよう心から願っております。そして、大福や我らアホ飼い主夫婦を変わらずよろしくお願い申し上げます。本当にありがとうございました。

春は桜盛りの道。 辰巳桜橋。 今年の匂いでもするか?

2011年12月30日(金) ■ 旧地に強敵 ■ 大福:生後3543日目 

今日は今年最後のシャンプー日。と言うことで、朝の散歩を済ませて、その足で以前住んでいた旧地へと向かう。昨日とうって変わって一般道は空き空き。アレヨと言う間に旧地に到着。大福をトリマーさんに預けて、仲良しのガッちゃんチに挨拶に。ガッちゃんもいてくれて(当たり前)今年お世話になったお礼など。厚かましくお茶とお菓子などいただいているうちにシャンプー終了の電話が入って、大福を迎えに行く(ガッちゃんも一緒)。

帰りは、大福が仔犬時代に朝に夕に散歩で通い詰めた小学校の外周広場で懐かし散歩。大福、懐かしさを感じてたかどうかは定かではないが、太くて立派な枝を発見。よせばイイのに咥えて『枝の舞』をしようにも何しろ太くて重いので大苦戦。そう言えば、仔犬時、校庭に植えられてた木の保護竹に果敢に挑戦してたっけ・・・。思い出深い小学校だなぁ、ココは・・・。

噛みにくそうだね。 やはり無理か・・・。 仔犬の時は無謀だったよね(-_-;)

2011年12月29日(木) ■ 特別扱いの段ボール ■ 大福:生後3542日目 

大福が好きな現地調達オモチャは、枝、葉っぱ、松ぼっくりなどだが、もう一つお気に入りなのが、段ボール。ただ、この段ボール、他の現地調達オモチャ達と遊び方が違う。枝や葉っぱなんかは咥えて遊んでいるだけだが、段ボールに関しては咬んでは千切るの破壊活動をする。
大福が破壊活動するのは大変珍しい。家の中で床に直置きしてある調度品にもイタズラすることもないので当然壊しもしない。唯一、破壊を目的にして遊ぶのが段ボールだけなのである。もちろん、理由は不明。不思議である。

ここで会ったが100年目。 オラ、オラ、オラ。 何、その満足げな顔は・・・。

2011年12月28日(水) ■ 元気盛り ■ 大福:生後3541日目 

世間では今日が仕事納めなのかな?でも、大福には、そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ・・・ってことのようで、いつもながらの朝の散歩。この時季、海風が強いので、大福は地を這うように舞う葉っぱに猛反応。そして、葉っぱじゃ飽きたらず、「ねぇ、ビニール出してみれば?」な顔でまん丸お目々。そこまでアピールされたら、やらぬ訳にはイカンだろと、おもむろにビニールを出して風に舞わせる・・・。
いやはや、大福さん元気だこと。跳んだりはねたり大忙し。こんなに元気な姿を見せてくれるなら、海風寒くても我慢のしがいがあるってものだわな。ズルッ。

さて、やりますか。 ひゃ、元気! 何んてカッコだよ。

2011年12月27日(火) ■ 線引き具合 ■ 大福:生後3540日目 

すっかり寒いのが定番になってきて、年末年始モードに拍車がかかる今日この頃。我が家の大福さん、このぐらいの気候がお好みなのか元気いっぱい。今朝の散歩では、木の実のようなものから、大小、太細いろいろな枝を見つけて『枝の舞』を披露してくれた。
これだけ、噛み噛みするのが大福なのに、全くと言って良いほど破壊行為をしないから面白い。しかも、どんなに夢中になって遊んでいても、「はい、お終い。ちょうだい」と言えば、ちゃんとボールなり枝なりを持って来て、差し出した手のひらの上に置いてくれる。大福の心の線引き具合を知りたいものである。

何だろ?木の実? イイの見つけたね。 紋次郎・・・。

2011年12月26日(月) ■ ぬりかべの季節 ■ 大福:生後3539日目 

かなり強力な寒波が日本列島を覆っているようだ。大福も眠っている時に鼻を隠して寝始めたので、だいぶ寒さを感じているのだろう。しかし、北海道では氷点下28度とか。ブルブルブルッ、想像もつかない寒さだろうきっと。しかし、当然、そういう寒いところにも犬達はいる訳だ。そんな北海道の犬達に比べたら、東京の寒さなんか屁でもないはず!と一喝したいところだが、大福だって、もっと寒いところに住むようなことにでもなれば、ごく普通に状況を受け止めて生きていくのだろう。その辺の順応さは人間とは大違いだ。

などと言いつつ、アホ飼い主は甘々。大福が寒かろうと、ブランケットまで登場させる始末。しかも、我が家では大福用となっている「ぬりかべ」のブランケットだ。ぬりかべが登場してくると寒い季節が来たよねぇ・・・と冬の到来を感じる我が家なのである。

そろそろ出番かな。 かけたよ、ぬりかべ。 ほら、温かいでしょ。

2011年12月25日(日) ■ 普通の土日 ■ 大福:生後3538日目 

今年は、天皇誕生日が金曜日で、クリスマスイヴが土曜日、そしてクリスマスが25日。も一つオマケに給料日は22日の木曜日・・・てのが世間の相場?だ。そんな訳だから、世間ではかなり盛り上がりを見せたであろう今年のクリスマス。
しかし、我が家は、23日こそ特別なお休み日感はあったが、イヴとクリスマスは、普通の土日と変わらなかった。家の中にクリスマス・デコレーションがあるものの、食事も行動もごく普通の土日と一緒。もちろん、大福も日常的な週末を過ごした。世間の特別な日こそ、普通感が大事に思える我が家なのである。

留守番から戻って、熱烈歓迎的に出迎えてくれる大福。かわうそ君を咥えて玄関まで出迎えてくれるのがこの頃の定番。そして、その後は、口角上げて耳を平らにしてニコニコ顔を披露。こんな仕草や表情を見せてくれると、飼い主としては本当に嬉しい限り。まさに飼い主冥利に尽きるというもの。一通り、嬉しさを表してくれた後は、いつの間にか布団の中に潜って一眠り・・・。こんな日常が何ともたまらない。

かわうそ君と登場。 口角上げて平耳。 クールに布団の中に。

2011年12月24日(土) ■ お相手いたそう ■ 大福:生後3537日目 

大福は、仔犬の頃から、ハスキー、ボルゾイ、シェパード、秋田犬、ゴールデンラブラトリィーなどの大型犬種と組んず解れずで遊んでもらっていた(特訓されてた?)。それが功を奏しているようで、いまでも大きな犬達と対峙してもさほど動じることはない。走り合ったりジャレ合ったりしてる中で、勢い余って体当たりされてヨロッとしていることはよくあるようだが・・・。

ま本人に遊びたいという意欲があるうちは、それを制することはしないつもりだが、目に見えない加齢の影響というのは当然あるのも事実。その辺りのサジ加減は飼い主が見極めるしかないわけで難しそう。ま、それも飼い主に与えられた責任として受け止めるしかないんだけどね。
それにしても、大福は元気に皆と遊ぶなぁ。しかも、それぞれに対してマンツーマンだから大変そうだ。さ、これからも、お相手いたそうぞ。

ふむ、柴とハスキー組ね。 しばらく見ぬ間に大きくなったなぁ。 おお、英ブルとのタッグだった。

2011年12月23日(金) ■ ガンダム再び ■ 大福:生後3536日目 

2年前の夏、潮風公園に降臨したガンダムが、来年2012年春に再びお台場に登場するとのことで、その降臨予定地に下見散歩。

どの程度出来てるのかなと思いながら車で近づいてみると、おいおいもう立ってるよガンダム。身の丈18mのガンダムが、まだ工事現場と言ったほうが良いような場所で寒風の中立ち尽くしていた。可哀想にさぞかし寒かろう・・・。
ガンダムに気づかぬ大福は、初めての場所でしかも風で葉っぱなんかも舞うものだから大喜び。しかも、具合の良い枝まで落ちてて楽しそう。しかし、やがてガンダムが目に入ってきたら、遊びがピタリと止まる。何か嫌な予感でもしたのか?はい、正解!かくして、再びガンダムと写真に収まった大福なのであった。それにしてもガンダム、来年の春までここで野晒しのままなのだろうか・・・気の毒。

もう出来てるね。 イイの見つけたね。 ガンダム大きいのか、大福小さいのか。
何かいるね・・・。

2011年12月22日(木) ■ 思い当たるけど・・・ ■ 大福:生後3535日目 

町内にある交番、古臭い建物で若い巡査にしてみれば配属されたら気落ちしそうなほど昭和チックな建物。しかも、周りに繁華街のようなモノもなく、古い住宅が建っているだけのロケーション。そう、古くからこの地に住まわれてるお年寄り達のために存在している交番である。

その交番に、そろそろ定年かと思われる年齢の巡査がいる。以前、迷子の柴犬の飼い主の捜索に尽力してくれた方である(無事に飼い主さんと対面できた)。
久しぶりにこの交番の前を通ったら、その巡査がいてニコニコと出てきてくれた。勤務中でもあるから軽く挨拶だけして去ろうとしたら、別れ際にひと言。「そうだ、○○通りをリード着けないで散歩させてる犬(飼い主)知らない?苦情来てるんだよねぇ。もし、心当たりあったら、問題大きくなる前に注意してあげて。道はちょっとねぇ・・・」と。
大きさや特徴的に犬に心当たりあるし、広いところではオフリードで遊ばせてるのも知っているが、一般道路でオフリードにしているとは思えないしなぁ・・・。なんて思いながら交番をあとにする。あの犬じゃなきゃ良いけど・・・。

見てる見てる。 着地点確認。 無事に捕獲。

2011年12月21日(水) ■ 人か器か ■ 大福:生後3534日目 

大福が以前よく通ってたドッグカフェ。大福にしては珍しくパクパクと食べつきが良い食べ物を出してくれるので重宝していた。オーナーさんもいろいろアイデア出して犬達のために尽力しているのを知っていた。しかし、忙しすぎるのか、従業員の質の管理が出来なかった。だんだんスタッフの質が落ちてきたので、いよいよもって足が遠のき、ついには、目と鼻の先の店まで買い物に行っても立ち寄らなくなった。

例えば、腕の立つ料理人が調理場にいる飲食の店。確かに美味い。しかし、店の清潔感が今イチだったり、ケアするスタッフの接客が今イチだと、その店は「良い店」とは言えなくなってしまう。むしろ、あんな店に在職しているのだから、あの調理人も実は買い被りで、さほどではないのでは?なんて思うようになってしまう。

これは、動物病院でも同じ。どんなに優れた獣医師が在職していようが、看護士の質が今イチだったりすると、「良い動物病院」とは言えなくなってしまう。ネットでいろいろな飼い主さんから動物病院の話を耳や目にすると、皆さん、なかなか自分にマッチした動物病院に出会うのは難しいようだ。
幸い、大福は、動物病院には恵まれていて、主治医の先生もいろいろ相談にのってくれるし話もたくさんしてくれる。看護士さん達も大福に笑顔で丁寧に接してくれる。更に、病院併設のトリミングサロンでも申し訳ないと思うほど丁寧に接してくれるし施術してもらっている。ややもすると普通のこととして消化してしまいそうだが、これ、実は大変ありがたいことなのである。

人があってこその器であるし、器があってこそ人が活きるのだろう。簡単で当たり前のことだけど、実践するのは難し・・・そんなことを考えながらの朝の散歩であった。

ふがぁ。 ふんがぁー。 せっせ、せっせ。

2011年12月20日(火) ■ 探せ、四つ葉のクローバー ■ 大福:生後3533日目 

いつも利用させてもらってる巨大広場。5分の1ぐらいの面積はクローバがたくさん。フカフカのクローバの中を大福はワシワシ歩き緑の匂いをいつも満喫しているようにも見える。そんなクローバーの中から四つ葉のクローバーを見つけよう・・・なるイベントが行われているようだ。こんなシンプルだけど、粋で可愛いイベントって何だか和むなぁ。
早速、大福のクンクンと探し回っていたようだが?もちろん、探せなかった・・・。

どれどれ、どこどこ? こんな粋なイベントが。 見つかった?

2011年12月19日(月) ■ 選抜柴とご対面 ■ 大福:生後3532日目 

今日は何年ぶりかに5柴ファミリーと会う約束の日。長老犬のコロ爺様が亡くなったので実際は4柴ファミリーなのだが、自分の中では変わらず「5柴ファミリー」のほうがシックリ。そんな4柴と会えるので朝から気合い満点でいたが、飼い主さんが4柴連合では大福が嫌がるだろうとのご配慮。大福は大丈夫だが、都合もあるだろうからお任せしますとして、待ち合わせの時間に北の丸公園へ。

北の丸公園は、矢沢永吉のコンサート最終日のようで、それらしき人が早い時間なのに大勢集まっていた。ついでにYAZAWAロゴの付いている車もたくさん・・・。
さて、待望のご対面。4柴ではなく、お母さん柴の萌ちゃんと息子の翔くんの2柴が登場。ちょっと残念な気もしなくもないが、一人で4柴引率はちょっと無理があるかと納得。さて、2柴ちゃんとも友好的なのに、大福は珍しく人見知りならず柴見知りして、マズルに縦皺寄せて「うぅー」。ったく、何やってんだか・・・。

萌ちゃん、翔くんと並んで九段の坂を登ってスタスタと歩く。目指すはカフェ飯。昼時で少々混んではいたが、寒い時季に室内で食事が出来るのはありがたい。食事中も3柴はお利口さんで、お客さんの中には犬が3頭もいることに気づかなかった人もいたのでは?
かくして、久しぶりのご対面と相成ったが、いつも思うように、この子達に「久しぶり」とか「懐かしさ」なんて感情はないのだろうか。今日もクールに、普通に挨拶したりしてたのであった。犬の不思議の一つである。

皆、尻尾が素敵。 スンナリ整列。

2011年12月18日(日) ■ 土佐犬に限らず・・・ ■ 大福:生後3531日目 

ネットに土佐犬の話が流れてた。土佐犬という犬種に生まれただけで悲しい生涯を閉じるという話である。土佐犬、闘犬である。「とうけん」と打ち込み漢字変換しても普通に「闘犬」として出てくるほど有名な言葉である。ニュースで土佐犬が人を咬んだとの話も何度も耳にしたことがある。その土佐犬の持って生まれて来てしまった悲しい宿命のようなことをネットの投稿では書かれていた。
動物好きの人が事実を知って怒り悲しむのは最もである。しかし、土佐犬だけじゃない。猟犬で同じような運命を背負ってる子も多い。シーズン最後の狩りで山に置き去りにされてしまう子も決して少なくない。お役ご免というわけである。

12月の競馬は、来週日曜の有馬記念で終わる。今年は震災によるイレギュラー開催ではあるが、毎年11月の福島競馬は命を賭けたレースが毎土日に行われる。その数、1日12レース中、9レースがその生死の境目レースである。毎年7000頭近くデビューする新馬たち。皐月賞だ、ダービーだ、菊花賞だと3才のクラシックレースに出られるのはほんの一握りの馬。ほとんどの馬は、1勝も出来ずに競馬場を去る。
競馬場を去ると言うことは競売界を去ること同じ。そして、競馬界を去ることは死を意味するのである。11月までに1勝も出来ない馬のほぼ全てはこの世を去って、食肉となるのである。1勝も出来ずに馬運車に乗せられる馬は、車に乗ることにかなりの抵抗をする。自分の身の上を察しているのである。

人のために盲導犬、聴導犬、介護犬となる犬達。警察犬、災害救護犬、皆、自分でなりたいと思って生まれて来た訳ではない。人間が決めるのである。ブリーダー、ペットショップ経由で愛犬となる犬達。闘犬や猟犬とはもちろん違う人生だ。盲導犬ら訓練されて人のために尽くす犬達とも違う。しかし、自分で運命を決められないという点では似ているようにも思える。
動物園で、のんびり暮らしてるように見える動物たち。この動物たちは幸せと言えるのだろうか?そもそも、動物の幸せって何?と考えると行き着く先を見失ってしまう。
食用の牛、馬、豚、鳥はどうなの?食用動物を育て飼う畜産者の気持ちは?食べる者がいるから、社会が成り立っていることは言うまでもない。だからそれらの職種の人達を非難など決して出来るはずもない。

ただ一つ言えるのは、動物の運命の多くは人間が握っていると言うこと。それをもっと考える必要があるのでは?と思うのである。人間は、もっと動物のことを深く考え、責任が大きいと言うことを自覚すべきなのだと思う。それが、人と動物の関係の最低限のルールなのかなと・・・。

置物? 冬晴れ。 富士山見えたんだけどなぁ・・・。

2011年12月17日(土) ■ もしも500円 ■ 大福:生後3530日目 

妻と築地に買い物とランチお出かけ。すぐに戻って来るし、年末の築地の人出はとんでもないので大福はしばしのお留守番。しばしとは言え、留守番で一番気になるのは何と言っても火事。集合住宅で留守番の時に火事になったらまず命はないからねぇ・・・。

車の中で妻がポツリ。「大福、もしお小遣いもらって買い物できるとしたら、何買うのかなぁ・・・」。その言葉を聞いて、大福が一人でお店に行って何やら買い物しているシーンを想像してたら、急に涙腺決壊。危うくワイパーのスイッチを入れそうになった。

そうだなぁ、大福に500円の小遣い与えたら何買うんだろう・・・。食べ物であることは、まず間違いないだろう。でも、何買うのかなぁ・・・。妻といろいろ話し合う。『鳥近』のハツ串はまず買うんじゃないか。いや、お店の人にハツ串をもらえるのは知ってるから、他の串を買うのでは?レバーかぁ!?コンビニで肉まんも買いそうだなぁ・・・。シュークリームは?バカップルな飼い主夫婦の話は延々続くのであった・・・。

フットワーク良し。 戻しも良し。 引っ張りっこも良し。

2011年12月16日(金) ■ 何も言えない ■ 大福:生後3529日目 

朝散歩の時にたまに出会う男子犬。元々、積極的に走り回って遊ぶタイプの子ではないが、会えばお互いに体を寄せて匂いを嗅ぎ合ったり、一緒に並び歩きしたりする穏やかな子。たぶん3才ぐらいだったか・・・。
その子、1ヶ月ほど前に会った時に、病気で通院中とのことだった。お腹がただれて真っ赤っか。皮膚がシワシワになって何やらジュクジュクしている様子が肉眼でも分かる。思わず「大丈夫ですか?」と不覚にも訊いてしまったほど良くない感じ。飼い主さんによれば、獣医師から治癒に向かっている通過点の症状で見た目ほど心配ないと言われてるらしい。ふーん、そんなものか・・・と納得。

その子に数日前の夕方散歩で出会った。夕方似合うのは初めて。薄暗かったが、シルエットを見ると前回会った時より明らかにやせ細っている。大福が近づこうとすると「大福ちゃん、近づかないほうが良いよ」って言われた・・・。たぶん、ジュクジュク度が増しているのかも。「どうですか?その後」と訊いたら、「見た目は悪いんですが、大丈夫と言われてます」と。しかし、排泄も良くなかったらしいし、散歩もしたがらないらしくすぐに帰りたがるらしい。そうそう、初めてカートを押しての散歩だった。

誰がどう見ても具合悪くなっているとしか思えない。でも、何も言えない。決めるのは全て飼い主さんだもの。何とか快復して欲しいと願うだけ。頑張れ!

それで遊ぶの? 無理がない? あれ?上手いこと咥えるね(-_-)

2011年12月15日(木) ■ ハゲハゲでボロボロ ■ 大福:生後3528日目 

そう言えば、神宮の『イチョウ祭り』って、12日の日曜で終わったんだよなぁ・・・。今年はタイミングが合わなくてフカフカのイエローカーペット体験できなかった。昨日も雨降ったし、今頃無理だろうなと思いながら諦めきれずに、朝ちょっと様子を見に・・・。

明治記念館側から回って、絵画館前を左折。例年なら大勢の人と、真っ黄色の秋世界が目に入ってくるのだが・・・。曲がってガッカリ。イチョウの木はハゲハゲで隙間だらけ。地面も安物のカーペットみたいでボロボロ。まぁ、せっかく来たのだから少し降りて用足しなどしてみたり・・・。

考えてみれば、もう12月も半ば。いくら気候が安定してないと言っても、イチョウの時季はさすがに過ぎてるわなぁ。でも、クリスマスイルミネーションとイチョウが同じ時間帯の景色にあるなんて、やっぱり情緒がないと言うか何と言うか・・・。嫌な渡世になりましたなぁ。

保護色・・・。 イチョウも絨毯もボロボロ。 帰りますか・・・。

2011年12月14日(水) ■ お立ち寄りでご挨拶 ■ 大福:生後3527日目 

何で今日に限って雨降るかなぁ・・・。って、今日は大福のシャンプーの日なのである。大福の「シャンプー日限定雨女」ぶりもすっかり復活したようである(一時期、返上してたんだけどなぁ・・・)。しかも、天気予報通り、シャンプー終えた頃には雨上がって陽も出てきたし・・・。

シャンプーを終えての恒例、ガッちゃん詣?は、ガッちゃんの都合で短かったが今日も無事に終了。いつもの経路で戻ろうかと思って、iPhoneアプリで渋滞情報をチェックしたら最短ルートが珍しく渋滞してないので、いざ出発。
スゴイなぁ、ホントに渋滞してないわ。なんて思っていたらアレヨと言う間に新浦安地区に突入。せっかくだから、いつもお世話になっている美容室に挨拶でも行ってみるか(手ぶらだけど・・・)。

きっとお客さんもいるだろうから軽く挨拶だけと思って行ってみたら、ちょうど帰るお客さんのお見送りのタイミングだったようで、スタッフの皆さんに会うことが出来た。もちろん、全員ではなかったけど・・・残念。
この美容室、大福は建設中にもお邪魔しているから縁深い。それに、今年3月11日の東日本大震災で、この地区は関東圏では大きな被害にあった場所で、この美容室も倒壊寸前ほどの被害を受けてしまった。しばらく休業せざるをえず、夏にようやく営業を再開したのである。大福は、再開以来初めての訪問なのである。良かったねぇ、大福。皆さん元気そうで。皆さん、お仕事中にお邪魔してすみませんでした<(_ _)>

軒先失礼。 あーぁ、出てきてもらっちゃった。 触ってくれてもイイよ(^o^ゞ

2011年12月13日(火) ■ 嫌な感じだなぁ ■ 大福:生後3526日目 

大福がまだ仔犬時代の頃にもネットの柴族達は存在していたが、当時は皆さん、手作り感いっぱいのいわゆるホームページを持っておられた。柴仲間を見つけて、それぞれの掲示板に挨拶を書き込みなんかしてネット仲間となる。そして、相互リンク・・・なんて言葉も懐かしい。

その後、blogが登場して愛犬サイトの数は一気に増える。何しろお手軽に愛犬の写真も載せられるし文章の書けるしでお手軽感がいっぱい。もちろん、感想なども投稿できるからコミュニケーションも問題ナシ。唯一不満なのは、コメント投稿に写真が載せられないこと。この点は、いまだに解決されてないが、何故なのか非常に不思議である。

そして、Twitterの登場。こちらは、blogよりもっとお手軽。仮名での登録ももちろん可能だし、140文字と書き込み文字の制限はあるが写真も載せられるし便利なことが多い。かく言う自分もTwitterで交流させていただいている方も多くて楽しみも多い。
ただ、あまりにも時間軸がリアルなので、その時々の感情でのツイート(書き込み)が多いのはちょっと難点なのかも。なにしろ、一過性なので後腐れがない・・・のか?だからか、たまに気になる書き込みを目にして不快感も残る。

犬と生活する者にとって、一番嫌なのは、自分の愛犬の悪口である。もちろん、愛情余っての冗談の場合もあろう。しかし、顔が可愛いくないとか、仔犬ゆえの世話が大変で嫌になるなどのボヤキなど見たくないのである。そんなこと百も承知で迎え入れたんだろうに。顔だって個性だろ?世界中に一頭しかいない個性だろ?それを否定する飼い主ってどうなのよ?何か、嫌な感じだなぁ・・・。フォローするのやめよかな。

無防備なお腹。 ツチノコになっちゃうよ。 午後もソコなの?

2011年12月12日(月) ■ ポインセチアな赤色ライト ■ 大福:生後3525日目 

夕方、有楽町に用事があってプランタンの横から交通会館へと向かったら、あら綺麗。歩道がライトアップされていた。それも珍しい赤色ライトで。その赤も社会主義的な赤?ではなくて、クリスマスを意識してのものだろう、ポインセチアな赤色に輝いていた。いろいろなイルミネーション見たけど、この赤色は初めてで目に新鮮。

早速、道に車を停めて大福に降りてもらい記念撮影。大福も仕方なさそうではあるが、心得たものですぐにお座りしてくれてハイ、ポーズ。車を降りてから写真を撮り終えるまで、その間、1分あったかないか・・・。ちょうど仕事帰りの時間帯だったので、犬好き、柴好きの人達に囲まれたのは言うまでもナシ。大福、今日もアホ飼い主にしっかり付き合ってくれました。感謝ハムニダ(^o^ゞ

けっこうデカ! 明るいところでも綺麗。
綺麗だね。

2011年12月11日(日) ■ 虫干し ■ 大福:生後3524日目 

大福は、自分のオモチャに限らず家の中の物などを破壊することがない。このシーズン、家中の床には、クリスマスドールがかなりの数並んでいるのだが、それらも囓ったり壊したりすることは全くない。このことは我が家の中ではごく普通のことだったが、他所の飼い主さんによれば、それは普通のことではないらしい。クリスマスドールに限らず、家の中の家具なども壊したりもしないし、自分のオモチャもほとんど壊すことはない(耐久により綻んだりした物はあるが)。そうなんだなぁ、これも大福の個体の特性なんだなぁ・・・と改めて思ったり。

破壊行動をしないので、仔犬時代に買い与えたオモチャも無傷で残っている物ばかり。壊さないのに買い与えていたので、大福のオモチャは貯まるいっぽう。だからオモチャ箱ならずオモチャ袋は満員御礼のギュウギュウ状態。
そんなオモチャ群、今日はあまりにお天気が良かったので、ベランダに引っ張り出してきて虫干し。普段、自分からベランダに出てくることなどない大福だったが、自分のオモチャが山となってるのを不審に思ってか登場。クンクンと匂いを嗅ぎ始めたり、チョロッと舐めてみたりと、まるで「全部、大切な物ばかりだから捨てちゃダメだよ」とアピールでもしているよにも見えた。大丈夫だよ、捨てたりしないから(^_^)

チェック開始。 捨てちゃう? いや、これは大事・・・。

2011年12月10日(土) ■ 枝名人 ■ 大福:生後3523日目 

昨日に続いて今朝も『枝の舞』。しかし、この枝、大きすぎるだろ?しかも咥え方によっては、他の枝が目に入りそうで危ないぞ・・・と心配などする飼い主を尻目に果敢?にも大ぶりの枝に挑む。
最初は手こずっていたようにも見えたが、すぐに枝の構造?を把握して、まさに咥えるにはピンポイントでソコしかない!部分を咥えて走り寄って来る。うーむ、見事な匠の技を見せてもらった、脱帽<(_ _)>

おい、大丈夫か? も、も、持って来た。 クチ慣れしてきたし・・・。

2011年12月9日(金) ■ 枝に歴史アリ ■ 大福:生後3522日目 

今日も『枝の舞』に勤しむ大福。今朝の「枝の舞」の小道具?の枝は、現地調達ではなく、実は自前。そうMy枝なのである。
大福にはお気に入りのMy枝が3本存在する。それぞれ、家の中、車の中、散歩バッグの中に収められている。一番長いのが車の中、二番目が家、そして一番短いのが散歩バッグの中にある今日のコレである。大きさ(長さ)こそ違えども、この3本には共通点がある。それは、太さだ。この太さこそが大福にとっては一番大切なポイントのようである。きっと咥えた時のクチの治まり具合がちょうど良いのかもしれない。
そして、3本のMy枝には大福の歯の痕が小さくたくさん刻まれている。これぞ大福の証しである。枝に歴史アリ。

ふがぁー。 せっせ、せっせ。 歯型いっぱい。

2011年12月8日(木) ■ 寿命と言えばそれまで ■ 大福:生後3521日目 

少し前に『ペット大集合!ポチたま』の看板犬である「だいすけ」くんが急逝した。6才だったとのこと。だいすけくんの父犬にあたるのが先代の番組看板犬「まさお」くんである。このまさおくんも7才という若さで亡くなった。大型犬は小型犬よりも短命とも言われているが、それにしても短い命だった・・・。

だいすけくんが急逝して数日後、ギネス級の長寿犬、プースケくんが26才8ヶ月の天命を全うして亡くなった。んー、どうなのかなぁ、一概に言えはしないが、タレント犬は、ストレスなど短命に影響していなかったんだろうか?
ちなみに、先の先代看板犬・まさおくんは、だいすけくん同様にお馬鹿キャラで人気を博していたが、まさおくんは、番組パートナーの松本君のコマンド一つで、お利口にもお馬鹿キャラにも変身するという強者だった。

柴犬(日本犬)もこの頃ではテレビで見る機会が増えたように思えるが、柴犬の撮影は大変。特に動画ではなくスチル写真の場合は大変だ。制作側は、柴犬の笑った顔を欲しがるが、不器用、頑固一徹の柴犬は、そう思うように笑ってくれない。で、どうする?
撮影スタジオ内の温度をガンガン上げるのである。30度後半から40度近くまで上げてしまう。すると、柴犬も暑くなりクチを開けてハァハァ顔になる。そう、このハァハァ顔こそが柴犬の笑い顔なのである・・・。

動物虐待とはあえて言わないが、可哀想な手法である。もちろん、これらのことがあるから、タレント犬が皆、短命であるとも言わないし言えない。でも、ちょっと考えてしまう。プースケくんは、ストレスなど絶対になかったと思えるもの・・・。

何やってんの! 女豹のポーズで遊びのお強請り。 ゆるーい顔。

2011年12月7日(水) ■ 冬晴れの景色 ■ 大福:生後3520日目 

寒い朝の青空の青はキリッとしている感じがする。今朝の散歩は公園に隣接するハーバーのほうまで行ってみたが、白ベースの施設と海と空の青とが冬の晴れ間を演出していて綺麗だった。手すり柵で羽根休めしていたカモメの白色にも冬の息づかいを感じることができた。カモメに気づいた大福もチョッカイ出すことなく見入っていたようだった。

何見てんの? 気づいてないね? 気づいちゃったか、やっぱり。

2011年12月6日(火) ■ 寒いし・・・ ■ 大福:生後3519日目 

昨日とうって変わって寒いし・・・。この頃のお天気は何とも気まぐれだなぁ。世の中、具合悪くなっている人多いんじゃないのかなぁ。特に体力落ちてるお年寄りには堪えると思うなぁ。寒くても良いから、もう少し落ち着いた寒さにして欲しいぞ。

そんな寒さもモノともせず、と言うよりも寒いぐらいのほうが元気いっぱいの大福。今日の現地調達のオモチャが、藁?長いのを加えて意気揚々としておりましたわ。

イイの見つけたね。 壊れちゃうよ。 ほら。

2011年12月5日(月) ■ 平和な週明け ■ 大福:生後3518日目 

朝起きてカーテンを開けたら遠くの景色は晴れを予感させる。頼みますよ、その調子で気持ち良い日にして欲しいぞ・・・。との願いを受け止めてくれたのか、散歩に出る頃はもうポカポカ陽気。

残念ながらいつもの広場には誰もいなかったが、大福と2人でボール遊びもタップリ出来たし、ベンチに座って冬の朝の心地よさも感じることができた。こんな週明けは大歓迎である。
家に戻っても、お日様の機嫌は良いようで、家の中をポカポカにしてくれた。お陰で大福のお仲間の縫いぐるみ達(被害者の会三人衆)も虫干し状態。そんな縫いぐるみ達の前でうたた寝(熟睡?)する大福。まさに平和の図でしかないな(^o^ゞ

何よ? 影絵。 陽だまり。

2011年12月4日(日) ■ 恒例の置物出し ■ 大福:生後3517日目 

12月になって最初の日曜日。納戸から段ボールを出してゴソゴソやっているのに知らぬふりの大福。いつもなら何かし始めると、何をさておいてもいち早くやって来て野次犬モードに突入するのに、クリスマス置物を出し始めても知らぬふりの無関心ぶり。明らかに何を出しているのか分かっていると言うことだろう。それだけ大福にとっても年中行事として定着したクリスマス置物出しと言うことなのだろう。

それにしても、大福は、こんな置物を床に直置きしても決して悪さをしない。近寄って匂いを嗅ぐ程度。たまにペロリと一舐めすることはあっても咥えたり手で倒したりすることなど一度もない。「ダメだよ!」などと制したこともないのに、自分のオモチャでないことをちゃんと理解しているようである。本当に楽をさせてくれる飼い主思いの子である、大福は。感謝感謝。

今年も出て来ちゃったよ。 そんなに呆れないように。 年末の匂い?

2011年12月3日(土) ■ 柴族の宿命? ■ 大福:生後3516日目 

大福が家の中で用足しやお仕事(大小用便)をしなくなったのは1才の誕生日より前だったと思う。その日以来、用足しもお仕事も外でのみ。もっと言えば、コンクリートや土の上ではしない。するのは草の上のみ(かろうじて枯れ葉の上ってのは希にある)。

よって、365日毎日、散歩と称して外に出なくてはならない。この事は、大福に限ったことではなく、おおかたの柴族には共通しているように思える。と言うのは、今日みたいに朝からガッツリな雨降りの時や台風の時、外を歩いている時に遠くに見かけたり、すれ違ったりする犬達はほとんど柴犬ばかりである。すれ違いざまに飼い主さんと挨拶を交わすが、お互いに苦笑い。漫画のように吹き出しでも出れば「やれやれ、お互い大変ですな」ってところか。

今朝も雨の中の散歩と相成ったが、道ですれ違ったのは、赤柴と黒柴一頭ずつだけだった。柴族の皆さん、ご苦労様です・・・。お互いにお世話係頑張りましょうね。

水、浮いてるし。 どうする? 帰る?

2011年12月2日(金) ■ ヤル気に変化なし ■ 大福:生後3515日目 

今日も寒い一日。12月になったからセレモニー的に寒くしてるのだろうか?と疑いたくなるほど寒い。予報によると明日からまた気温が高くなるとか・・・。これじゃ体調崩す人多そうだ。特に病気がちのお年寄りには何よりも堪えることだろう。

なんて思いながらの夕方散歩は、夕べと同じ公園で。やはり夜と昼とでは景色が全然違う。唯一同じなのは、大福の「ヤル気」。寒さをぶっ飛ばすかのように、激しく元気に遊んでおりました。まさに天下の遊び人であります(^_^)


2011年12月1日(木) ■ ナイター散歩 ■ 大福:生後3514日目 

天気予報当たるわ。昨日より気温12度も低い今日、寒いのなんのって。オマケに中途半端に雨も降ったりだし。12月の声を聞いて、お天気も帳尻合わせに入ったのか?と思うほどの急変ぶりである。

中途半端な雨のせいもあって、夕方散歩は変則的に暗くなってからになってしまった。いつもの公園に行ってみたが、昼の顔と違って何気に新鮮な感じした。大井競馬がまだナイター競馬やってるぐらいだから、ナイター散歩ってのも風情があって良いかなと思うのだが、それにしても寒かった。大福は、ナイターでもヤル気満々で遊んでましたが・・・。

いつもと違うねぇ。 え?遊ぶですか? うわ!


福と大福の間TOPに戻る