2012年1月の最初へ↓
2012年1月31日(火) ■ 朝道草 ■ 大福:生後3575日目 

今朝も寒いと思いきや、陽射しがけっこうあって、風がなかったので思ったほど寒くはなかった。久しぶりに身を縮めることなく散歩を終えたので、車で代官山まで行ってみた。

月末で道が混んでるかなと思ったが、こちらも思ったほどの渋滞もなくスンナリと代官山に到着。今日のお目当ては、昨年末にオープンした代官山の新スポット、『DAIKANYAMA T-SITE』。TSUTAYAがずいぶん気合いを入れて作ったスポットだ。2階建て3棟のTSUTAYAを中心にした場所だ。TSUTAYAとしたが、ここは『蔦谷書店』を看板に掲げている。3棟の1階部分は、本や雑誌、専門書を扱っている。そして、2階部分は、音楽、カフェ、映像と各棟ごとに分かれている。
かつてレンタルDVDショップの売上げは、アダルトの扱い次第とされているが、今も同じなのだろうか。この蔦谷書店は、アダルトの扱いがないようだ。その分、ちょっとマニアックな映像が品揃えている。そして、CDにいたっては今まで見たことのないモノまでレンタルされているので驚いてしまう。アホ飼い主にとっては嬉しい場所である。

敷地内には、愛犬と一緒に食事ができるカフェレストランもあるので今度チェックしてみよ(テラスだけみたいだけど)。そして、六本木ミッドタウンに出店している、『GREEN DOG』も出店している。こちらは、ミッドタウン同様に2月半ばに動物病院も開業するようだ。他にもサイクルショップ(自転車ね)、STARBUCKS、カメラショップ、ファミリーマートなども出店している。
かなり気合いの入った心躍るスペースなので、春になってからが楽しみであーる。

『TSUTAYA』じゃなくて『蔦谷書店』。 ちょっと散策しますか。 オブジェに食べられちゃいそう。
『GREEN DOG』のオネエサンと。 リードをかけるフックフックがあった。 ちょっと歩いたら怪しい連中が・・・。

2012年1月30日(月) ■ 今が大事 ■ 大福:生後3574日目

今週も寒い朝でスタート。昨日は、お仕事しなかった大福。広場に着いたとたんにポイント探しに余念がない。と思いきや、バーニーズ仔犬のハナコちゃんが登場。ハナコちゃんが気になるは、お仕事したいはで、態度微妙。ハナコちゃんパパに、お仕事済ませてくる旨を了解いただいて、まずはお仕事に専念。はい、いつもと違ってすぐにポイントが決まってドッコイショ。

お腹も軽くなって、今度はハナコちゃんのお相手・・・と言っても別に頼まれた訳ではないのだが・・・。大福、今日もリーダーシップを発揮してハナコちゃんを煽ったり引いたりで姉御ぶりを発揮。数日会ってなかったハナコちゃんだが、少し大きくなったような気がするのは気のせいか?生後4ヶ月過ぎの成長は早いからなぁ。気のせいじゃないのかも。
体の成長と同じように成長して形成されるのが、個体の特性。そう性格である。この時期にしっかり家庭犬としての訓練と言うか練習をすれば、立派な家庭犬になれるから、そこは飼い主さん次第。飼い主さんが一番大変な時期と言っても良さそうだ。頑張れよ、ハナコちゃん。

や、どうも。 ほれ、ほれ。 ぎゃ、動いた!

2012年1月29日(日) ■ NHK-BS『旅のチカラ』動物の孤児院“犬の幸せ”を考えた ■ 大福:生後3573日目 

つい先日(24日だったか)、NHK-BSで放送された『旅のチカラ』〜動物の孤児院 “犬の幸せ”を考えた〜女優・浅田美代子・ドイツベルリン〜という番組を見た。ドイツは犬先進国とされていて、犬殺処分=ゼロ、犬税という税金・・・などこの日本からは考えられないことばかり。隣の芝生は青く見える。無い物ねだり・・・などの言葉も頭をよぎるが日本よりは真剣に犬との生活を考えていることは間違いないと言って良いだろう。大福が数少なく所有する犬具(首輪やリードなど)はドイツ製のモノが多い。それらが犬先進国の証しになるかはともかく、どの犬具も犬や飼い主の身になって考えられており使い勝手が大変良いのは事実である。

番組は、浅田美代子が東ベルリンにあるティアハイム(動物の孤児院)という施設を訪ね、闘犬の血を引くスタッフォードシャーテリアの2才半の犬の世話をボランティア参加するというもの。この犬は、飼い主により虐待を受けていたために当局(警察?)が飼い主から犬を取り上げて施設に連れてこられたという事情を持っていた。虐待を受けていたので人間不信であり、人間に心を開かない犬であった・・・。
この犬と浅田美代子との触れ合いが主軸となる内容だったが、直接的な触れ合いの場面よりも、浅田美代子が「ドイツは犬先進国って言われるけど、それでも捨てられちゃう子はいるのよねぇ」。ホームレスと暮らす2頭の犬と出会った後に「でも、あの子達、幸せそうには見えなかったなぁ・・・」とか、ボソッと呟く本音のような言葉のほうがリアリティがあり興味深かった。

そして、最後まで、明るい表情を見せることがなかった彼女の姿が印象的だった。犬先進国であろうと抱える問題が多い。それよりも遙かに犬に対する意識の低い日本のことを思うと、彼女の表情が明るくなれなかったことは容易に想像できる。面白そうと思って見た番組だったが、何とも重苦しい番組であった。

はーい、あなたは眠くなーる。 ゴロン。 途中から、かわうそ君持って来て寝てた。

2012年1月28日(土) ■ モノ持ち良し ■ 大福:生後3572日目 

大福は、破壊壊行為をしない。だから、小さい時に買い与えたオモチャ達は皆、原型を保ったままオモチャ入れに入ったまま。だから増えるいっぽう・・・。
破壊行為をしないと言っても、長いこと使っていての自然破壊?はもちろんある。いわゆる使いすぎによるボロボロってやつだ。大福が唯一、破壊行為をするのは段ボールのみ。何故か、段ボールは噛んで引き千切って細かくしてしまう。

そんな大福が長く使っているオモチャの一つがソフトタイプのフリスビー。このフリスビーは、常に散歩バッグの中に入っているので365日フル活動なのである。このフリスビー、恐らく4年以上使っているのではないだろうか?なかなか手に入らず、ガッちゃんママがわざわざ買ってきてくれたので覚えているのだ。今の地に引越して来て今年で丸3年になるので、4年は経過していると思う。にもかかわらず、いまだに健在のフリスビー。周りは歯が当たるので、ボロボロになってきたがじゅうぶん使用に耐えられる。だから、その時に予備にと買ってきてくれた新品のフリスビーの出番はいまだナシである。モノ持ち良い、感心な大福なのであーる。

今日も活躍、フリスビー。 好きだよね、コレ、大福は。 まだまだ使えるね。

2012年1月27日(金) ■ ピリッと夕方 ■ 大福:生後3571日目 

今日の夕方は、朝の散歩コースの反対側にあるハーバーのほうに行ってみた。海風がピリッと刺すように痛いほどだったが、朝の痛さとは違うから面白い。そして、ちょっと前に比べて日の入りが遅くなってきていることを感じる。こうやってる間に春になるのかなぁ・・・なんて思いながら、ホノボノした気持ちで家に戻ったが、テレビの天気予報で明日から、そして来週はもっと寒くなるとか言っていたのでギャフン。世の中、そう甘くはないぞ・・・と(-_-)

夕景の入り江を従えて。 冬海の夕景はけっこう眩しい。 ショップのオネエサン達と。

2012年1月26日(木) ■ お利口さん ■ 大福:生後3570日目 

大福を可愛がってくれる人達は皆、「お利口さん」と言ってくださる。世辞も含めてなのは百も承知だが、飼い主としては、褒められるともちろん嬉しい。
しかし、よくよく考えてみると、「ん?ちょっと待てよ?」となるのも事実である。何が「ん?」なのか・・・。大福が普通にこなしている生活態度、これって実は基本中の基本ではないのかな?と思うのである。だって、そんなに特別なことをしてるわけではない。「待ってね」と言えば待ってくれるし、「来てね」と言えば来てくれる・・・その程度である。これで、お利口さんてのもねぇ・・・。

犬が人間と共に生活する、或いはその逆の見方で、人間が犬と共に生活をするのであれば、双方が楽しく生活できるように歩み寄らなければならない。犬のほうからは提案できないから、人間のほうから提案すれば良い。ただ、それだけのことだ。その提案が実は、躾けという名前になって飼い主の責任になっていくのだと思う。社会に対して、そして愛犬に対して、そのぐらいの責任は持たなければいけないのかなと・・・。

スズメ軍団には興味なさそう。 興味はやはり枝・・・。 ベスト・ポジションをゲット。

2012年1月25日(水) ■ 四季の戸惑い ■ 大福:生後3569日目 

雪は、結局、一昨日の夜半に降っただけ。昨日の朝こそ、一年のウチに何度楽しめるか?と数えるぐらい貴重な銀世界を堪能した大福。今朝はどのくらい雪が残っているのだろう?と淡い期待を持ちながら散歩に出たが、日影以外で雪を発見することは難しいほど溶けて消えてしまっていた。

それでも、日影の雪と言うよりも氷の上を歩く大福。9kgちょっとの大福が歩いても足跡すらつかないほど硬い氷だ。冷たくないのかね?肉球。つい要らぬ心配までしてしまう。氷地面を歩き抜けて、日なたのほうに出てみると、おいおい大丈夫?もう咲いてしまって・・・と思わせる梅の開花。んー、どうなの?この違い。確実に春に向かっていると解釈すれば良いのだろうか・・・。地球規模でもそうなのだろうが、少なくても日本の四季には戸惑いが宿っているようである。

日影はまだ氷雪。 梅も咲いてる。 走りは変わらず。

2012年1月24日(火) ■ 久しぶりの雪 ■ 大福:生後3568日目 

昨日、天気予報で夜には雪が降る降ると言っていたが、雨こそ降るも雪にはならずでガッカリ・・・。と思っていたら、夜の10時前から急に降り出して、アレヨと言う間に道路や屋根に雪が見る見るうちに積もっていった。

一夜明けての朝。まだ降ってるかな?と思いながらカーテンから外を見ると、雪は全然降っていなかった。ガッカリするも、年に三度もない雪散歩を大福にさせたいなと思って、今朝はいつもより早めに散歩に出発。
どうせなら、誰もまだ踏んでいない雪を大福に・・・と思って車を出したけど、道路がアイスバーンで怖い怖い。いつもなら数分で到着する広場に今朝は15分ほどかかってしまった。でも、怖い思いをしてまで来た甲斐はあった。だーれもいない。誰の足跡もない。大福の独り占めである。
走るなぁ、大福は。雪で真っ白だといつもの広場も視界が開けてでも見えるのだろうか。ホント、嬉しそう。ピョンピョンとまるで子鹿のように跳びはねながら走る走る。そして遊ぶ。

朝の用事があるので、いつもの広場早めに切り上げて退散。用事も終えて寒いから帰ろうかなと思ったが、大福が嬉しそうに走ったり遊んだりしてた顔を思い出したので、ええーい、もう一個所別の広場に行くかぁ!
こちらも、まだ雪面は汚れておらずイイ感じ。アチラコチラとゆっくりと探索。途中、バーニーズの女の子に出会ったけど、この頃、バーニーズに縁があるような・・・。少し歩いたら、穏やかスロープの小さな丘を発見。大福、お目々キラキラまん丸。よぉーし、遊ぶか!
いやぁ、さっきの広場でもそうだったが、大福はよく走るなぁ。ホント、見ていて気持ち良いぐらい走る。飼い主の足下が雪でおぼつかないからお相手できないけど、大福は雪など何のそので一人走りするする。広場をハシゴした甲斐があったと言うものである。

もちろん、家に戻ったら一気に疲れが出たのだろう。わずかに差し込む薄日に身を委ねて爆睡モード。たくさん遊んで疲れて爆睡する・・・。これ、正しい家庭犬の生活かも。
夕方散歩時の外の景色は、朝とは一変してほとんどいつもの景色に戻っていた。家前の広場に子供が作ったのだろう極小の雪だるまがあったが、それが束の間の雪の日を物語っているようだった。

見事に誰もいない。 遊びますか? まずは、ボールね。
次は・・・。 ビニール袋だ! 足冷たくないの?
河岸を変えて・・・と。 こちらも誰もいない。 でも、誰かいたってことだね。
ちょっと走り回り。 楽しそうだねぇ。 跳んでるしぃ。
今日のバーニーズは、5才女子。 家で日向ぼっこ。 夕方にはもう雪はなかった。

2012年1月23日(月) ■ 勝手知っちゃ・・・イカンよ ■ 大福:生後3567日目 

今日は、シャンプー日。昨日までしっかり雨が降っていたので、「シャンプー日限定雨女」の大福としては、今日も雨かなと思ったら朝は雨もあがっていて雨女返上?

いつものように旧地千葉に参上していざシャンプー。おおよそ1時間弱ほどですっかり綺麗にしてもらって胸元の白がクッキリ。いつも元気に遊んでいるので、白いところが汚れてだんだんグレーぽくくすんでくるのよねぇ・・・。

シャンプー終えて、ガッちゃんに電話。お家にお招きいただいてお邪魔することに。ガッちゃんチの前の広場で用足しを終えた大福、お座りをしていつもガッちゃんが出てきてくれる出入り口のほうを凝視。「今日は、出てこない」と言ったら、スタスタとお家のほうに・・・。ホント、話してること分かってるんじゃないの?と思ったり。
ドアを開けてもらって、エレベーターで上へ。降りたところでリード放したら、小走りスタスタ。階段のところで待っているので「イイよ」と声かけたら、階段スタスタと降りて行って、玄関前でお座り。「ピンポーン」。ドアが開いて勝手に中に入って行く・・・。そして、ガッちゃんに「こんにちは」。

おいおい、ちょっと慣れすぎだろう。勝手知ったる他人の家・・・マズかろう、それを実践しては・・・・。ガッちゃん、今日も図々しく上がり込んでゴメンね。そして、ご馳走様でした<(_ _)>暖かくなったらまた一緒にお出かけしようね。

出てこないよ。 乗り込んじゃうの? どうも・・・。

2012年1月22日(日) ■ 外飼いは無理 ■ 大福:生後3566日目 

今日も一日寒い寒い。寒いと言っても、大福が感じる寒さと飼い主が感じる寒さとでは間違いなく大きな違いがあると思う。韓国で生後2ヶ月の犬が零下10度極寒の山中で倒れた飼い主に暖を与えて命を救ったとか。きっとあの自前の毛皮はかなり防寒性に優れているに違いない。

なのに、大福と来たら、ちょっと目を離すとベッドルームで乾燥中の布団の中に潜り込んで居眠りなど・・・。ふぅー、大福は外飼いは無理だなぁ・・・って、今更、外飼いするつもりはないけどね。だから立派な?家庭柴になってくださいな。

まん丸目。 眠りそう・・・。 場所動いて居眠り。

2012年1月21日(土) ■ 寒っ! ■ 大福:生後3565日目 

雪も雨も降っていないけど、昨日より寒いんじゃないの?そして、いつ雪が降ってきてもおかしくなさそうな暗い雲。飼い主のちょっと及び腰など気にすることのない大福。今朝の現地調達オモチャは、保護木を結わいてたヒモを見つけてきた。これで、遊ぶの?

どうやらそのようで、何度も何度も投げては持って来る・・・の繰り返し作業をし続けたとさ。ホント、作業という感じがピッタリだった。それにしても寒いけど、今日が大寒だっけ?

ヒモ、いきますか・・・。 上手いこと咥えるなぁ。 がぉー!

2012年1月20日(金) ■ 久しぶりにカッパ ■ 大福:生後3564日目 

やっと乾燥注意報が解除。夕べの天気予報だと雪かもしれないとのことだったので、朝起きてちょっと楽しみにしてカーテンを開けたら・・・雨だけだった。カーテン開けたら、目の前が真っ白・・・そう思うようにはいかないものである。

気を取り直しての朝の散歩は、久しぶりにカッパ隊。一ヶ月以上、傘を持たずでの散歩だったので、傘が邪魔で仕方ない。しかも、傘を持っての動作が自分でもぎこちない。まず、エレベーターホールで、散歩バッグを玄関に忘れたことに気づいて慌てて逆戻り。更には、キーホルダーをゴミ置き場の鍵に差したままにして決まったことに気づき、これまた大慌てで逆戻り。
その度に、大福は動き散漫な飼い主に振り回されてお気の毒。「チッ!」とでも舌打ちが聞こえてきてもおかしくないほどなのに、文句も言わずに付き合ってくれる。可愛らしいやら申し訳ないやら。

だから例え、雨降りの中でボール遊びを要求されても嫌と言えずに付き合うしかないのであーる。

傘の柄にリードを繋いでと・・・。 巨大広場はもちろん独り占め。 雨でもボール遊びは欠かせない。

2012年1月19日(木) ■ 2日続けて ■ 大福:生後3563日目 

今朝も昨日に続いて、バーニーズ・パピーのハナコちゃんにバッタリ。相変わらずパピーらしく動き散漫?で可愛らしい。今日は昨日と違って、大福を追いかけて遊んでいたが、何でパピーってあんなにバンビのようにピョンピョンと跳びながら走るんだろう。しかも、大福を追いかけながら、興味はもう違うところに向いてしまってキョロキョロ。だから、すぐに疲れてしまうのか、飽きてしまうのか、どっちなんだろ?しばしの小休止となってしまう。

今日、ハナコちゃんと遊ぶ大福を見てて、手前味噌ながら感心したことがある。それは、追いかけてくるハナコちゃんのことを気にしながらしょっちゅう後ろを振り返りながら走ったり、ハナコちゃんの足が止まると急旋回して戻って来たりして、明らかに気遣っているようなのだ。
大福も仔犬の時、大勢の先輩犬達に優しく接してもらって遊んでもらっていた。そのことを思い出している訳ではないだろうが、本能的に仔犬には優しくしなくちゃ・・・みたいな気持ちは湧くんだろうなぁ。エライ、エライ(^_^)v

遊んでみる? いいよ、来てみて。 バテたのか?飽きたのか?

2012年1月18日(水) ■ 大きくてもパピー ■ 大福:生後3562日目 

朝散歩も終りに近づいた頃。「待て」と「来い」の練習している犬が遠くに見えた。誰だろ?意外に大きいぞ。しかも、「来い」で走り出す姿はピョンピョン跳ねてぎこちない・・・。大きなパピーだ、絶対に。
近づいてみると、バーニーズ・マウンテンドッグだった。しかも、やっぱりパピーのようだ。飼い主さんに挨拶したら、まだ生後4ヶ月ほどとか。女の子で名前は、ハナコちゃん。ふふふ、何とも和風な名前で好感度アップなり。

パピーながら、さすがにバーニーズ。4つの肉球グゥの手の大きいこと。恐らくアッと言う間に今の姿の1.5倍ほどになるに違いない。
大福、遊んであげようかと、さかんに誘うも、まだ誘われている自覚なしで自由奔放に動き回るハナコちゃん。たまに大福に喝入れられても、それすら感じていない。よって、大福は手持ち無沙汰でタジタジモード。どうやら今日のところは、大福が一本取られた感じかな。次に会う時は、どのくらい大きくなっているのだろう。楽しみである。

遊んであげる? 怖いモノなしの近い顔。 動きが読めない。

2012年1月17日(火) ■ 犬の不思議、一つ追加 ■ 大福:生後3561日目 

いやいや、寒い日が続くなぁ。寒さはともかく乾燥がひどい。思ったのだが、犬って静電気の蓄電・放電って見えるんじゃないだろうか?

と言うのは、大福を車から降ろす時などに、普段は何の疑いもなく自分から身を任せてくるのに、たまに手招きするようにおっかなびっくりで警戒する仕草をする・・・。そんな時、大福の体を抱きかかえようとすると、ビリッ!と静電気が放電してしまう。間違いなく静電気が見えるか感じるかしているのだと思う。
また新たに犬の不思議が一つ増えた。

じわじわ〜。 どうも。 始まり、始まり。

2012年1月16日(月) ■ 新地開拓の巻 ■ 大福:生後3560日目 

今日は寒かったので、外に干してあったバスタオルなどが何気にヒンヤリ。乾いてはいたが、もう少し干したい気持ちに駆られて、普段ほとんどスイッチを入れてない区域の床暖房をオン。そして、その上にバスタオル敷いてみる。

レレ?いつの間にか大福が敷いてあるバスタオルの上にいるではないの?ちゃんと温かいところが分かるんだねぇ。でも、バスタオルの上じゃないところも温かいのに、何故にバスタオルの上なのか?面白いなぁ・・・。あらら、そうこうしているうちにずいぶんリラックスし始めて、ついには体を横たえて眠ってしまった。

大福、新地開拓の巻ぃ〜。

思わず和んじゃった。 気持ち良くなってきちゃった。 あらら、ついに眠っちゃった。

2012年1月15日(日) ■ 潮風公園とガンダム ■ 大福:生後3559日目 

休みの日の今朝の散歩は、お台場方面に出没。人出も少なさそうな潮風公園にまず行ってみる。案の定、早い時間だと、さすがに人の気配もほとんどない。ほとんど人の気配がしないはずなのに、大福の尻尾はちょっと下がって伸び気味。その理由は、公園にお住まいになっている方々・・・(ーー;)
うーん、仕方ないわなぁ。大福には事情なんて分かるはずもないし、単なる怪しい人の最上位でしかない。最上位の方が対象だと、吠えもせずにただその場を立ち去ろうとするだけ・・・。

居住区?をまんまと通り過ぎ、海が見える広場に到着。こうなるともう、ちょっと前の嫌なことは忘れて目の前の楽しいことに没頭する。この精神の切り替えは学ぶべきかもしれない。
早速見つけた今朝の現地調達オモチャは、ヤシの木の皮。大きさといい、形状といい、そして重さといい、まさに全てにおいて大福好みのオモチャである。咥えてコチラに持って来て渡してくれる。これは「投げてみてぇ」の半ば強制的な命令に近いお願いである。「おお、そうか、そうか」。アホな飼い主はイイように翻弄されているのである。

そんなこんなで潮風公園で遊んで歩いて、お仕事までしての帰り道。目に入ったのは、またしてもガンダム。この寒い中、今日も不動で立っている。せっかくだから、声でもかけていくかと近づいてみる。正式お披露目は漠然と春となっているが、こんなに早く皆に見せてはインパクト薄いのでは?と心配になってくる。何しろ、この地区2回目の登場だからね・・・。
暖かくなって正式披露になったらまた来ようかね?って言いながらまた来てしまうと思うけど・・・。

がぉー。 ピョンピョ−ン。 後ろにガンダム。

2012年1月14日(土) ■ ギブ・アンド・テイク ■ 大福:生後3558日目 

犬を含めた動物を見たり触れたりして使われる言葉の中で比較的多いのに「癒される」があると思う。大福を見ていると全くその通りだと思う。モノ言わずとも常にアホ飼い主のことを気遣ってくれる。純真無垢なその姿を見ていると自分の気持ちの曇りを感じてしまい、大福の日々の姿が眩しすぎる時もある。

だから思うのである。ギブ・アンド・テイクに則って?与えられたら与えなきゃと・・・。癒してもらってるなら、飼い主は愛犬をそれ以上に癒してあげなきゃいけない。でないと、ホント罰当たりそう・・・。そんな大福の寝姿を見ていると鼻の奥がツンとしてきてしまうのである。

冬は鼻隠しが多い。 ちょっと暖をとりに。 安眠の図。

2012年1月13日(金) ■ 犬の五感 ■ 大福:生後3557日目 

犬の体の五感について書かれてる本については、以前から相当怪しいぞ・・・と実は、疑い深くなってしまっている。聴力、嗅覚、視覚、味覚、触覚・・・どれも、さも間違いない!絶対だ!な感じで書かれているが、それらを数値で表しているものもあるが相当怪しい。

聴覚は、人の40倍とも200倍とも書かれている。嗅覚に至っては、200倍から2000倍とか・・・。おいおい、いくらなんでも数値に差がありすぎるぞ。視覚に関してもかなりヒドイ。本によっては、近視である。カラーで見えてない。全てが二重に見える・・・などと書かれているものもある。味覚も同様に甘さは感じないとか、味覚は存在せずに食べ物は匂いで識別している・・・ともある。

何だかなぁ・・・と思うのである。

見つけ! おらおら。 思ったより大きかったね。

2012年1月12日(木) ■ サッカーボール遊び ■ 大福:生後3556日目 

今日は久しぶりに車に積んであるサッカーボールが登場。ボールを持って歩いている中、ずっと振り向きながら嬉々とした顔で先走りの大福。大福はホント、ボール好きだよねぇ。

ボール遊びを開始すると、いつも見慣れた鼻先ドリブル。本当は、咬み付きたいところだが、大きすぎて咬めない・・・。で、結果、鼻先ドリブルになってしまう。右に左にとクイックターンありで上手にドリブルする。鼻痛くないんだろうか・・・と心配してみたり。

こんなに楽しそうにされては、ボールはいつも車に入れとかなきゃね。

やりますか? おら、おらおらおらおら。 まさに歯が立たない・・・。

2012年1月11日(水) ■ 治療より予防 ■ 大福:生後3555日目 

今日は今年初のシャンプーの日。「シャンプー日限定の雨女」である大福も昨年より連続25日ほど続いている乾燥注意日には敵わないようで、お湿りをもたらすことは出来なかった(シャンプー日が雨になるのは嫌なので晴れてくれてありがたいのだが・・・)。

シャンプーを終えて、獣医師さんに挨拶を兼ねて問診受診。薬のことや、その他、普段疑問に思っていることなど幾つか質問させてもらった。どの質問も専門側から見ればくだらないことばかりだったはずなのに、丁寧に回答していただき感謝。お話し伺っている時に大福のシャンプーも終わったので、であればと触診をしてもらった。

帰りがけに看護師さんから、『健診パス』なるものをいただいた。これは、昨年より案内していただいてたもの。獣医師の立場からの本音としては「こうなる前に、もっと早く受診してくれれば良かったのに・・・」との悔しい思いが多いと昨年、この『診療パス』の発足理由を仰っていた。
それを踏まえて、「治療より予防」をテーマにした診療プランである。散歩ついでに愛犬を診てもらおう・・・という感じか。

いろいろ愛犬達のために試行錯誤してくださってる姿勢にはただ感謝あるのみ。どうか、頑張ってください。そして、今年も我が家の大福をどうぞよろしくお願いいたします。

『健診パス』だよ。

2012年1月10日(火) ■ 扱い悪いなぁ・・・犬は ■ 大福:生後3554日目 

今年のNHKの大河ドラマは『平清盛』。日曜日に丸ビルの前を通ったら、「平清盛展」をやっていてなかなかの盛況だった。もちろん、大福は入れないので外でパチリ。たとえ中に入ることが出来たとしても大福には面白くも何ともないだろうし・・・。

そして、『平清盛』第1回放送を見てみた。面白そうでもあり、そうでもなさそうでもありという感じだ。ただ、見た以上はこのままズルズルと年末まで付き合ってしまうであろうことは確実。
1回目の放送、仕方ないとは言え、犬の扱いは厳しいなぁ。雨の中で死んでしまった白犬、麻酔でもかけられてるんだろうなぁ・・・。

扱いといえば、犬に関わる言葉って、ずいぶんなものが多い。

「犬侍」「犬死に」「飼い犬に手をかまれる」「負け犬」「犬畜生」「犬食い」・・・。

思いつくものだけ並べてみても、どれも嫌な使われ方しかされていない。人に対して従順だからこそなのだろうなぁ・・・。分かっていてもやり切れない。

平清盛展だって。 関係ないわなぁ。

2012年1月9日(月) ■ ちょっと分かった ■ 大福:生後3553日目 

三連休最後の日。朝の散歩は、近場の運河コースを堪能。コース側にある美容室前を通ったら、まだ7時ちょい過ぎなのにもう営業している・・・そう、今日は、成人の日だった。1月9日(一番遅い年で1月14日か)が成人の日とは何ともピンと来ない。昭和人にとって、成人の日はどうも1月15日のイメージが抜けない。

などと思いながら、朝散歩を終えて最後の〆で家前広場に行ったら、別棟に住んでおられるご夫妻が愛犬達と散歩中。軽く挨拶させていただき大福も・・・と思ったら、珍しくガウガウな大福。飼い主としては、ホント珍しいのだが、何故かこのご夫妻の愛犬達にはガウってしまう・・・。しかも、今日はニューフェイスの子なのにガウ−。
実は、このご夫妻、エリー&かりんちゃんがそもそもの愛犬なのだが、ほぼ常にプラス1、ワンが一緒なのだ。行くアテのない保護された犬を里親が見つかるまで一時預かりしてくださってるのだ。
昨年秋まで、アピちゃんという子が一緒だったのだが、めでたく里親さんが見つかって居を離れて行った。そして、しばらくしてキリちゃんが来た。
実は大福、今日のキリちゃんだけでなく前のアピちゃんにもガウってた・・・。それで、大福が何故にキリちゃんにもガウルのかが理解できた。それは・・・。

どうも先住犬のエリー&かりんちゃんに原因?があるようなのだ。と言うのは、この2人、大福を見つけると好奇心旺盛モードで近寄って来てくれるので、大福はタジタジしてしまうようなのだ。そう思ったので、飼い主さんに言ったら、キリちゃんだけ単独で近づけてくれた。すると、ぎこちないもののガウることなく大人しくして飼い主さんに触ってもらっていた。思えば、飼い主さんにゆっくり触ってもらうのは初めてかも。いつも、飼い主さんの後ろに控える愛犬達が気になってガウってたので・・・(ーー;)

次の日曜日には、里親会に参加するキリちゃん。もっと、いっぱい会いたいけど、すぐ会えなくなるのが一番良いんだよなぁ・・・。んー、複雑。
保護犬達のお世話、本当にご苦労様です。また懲りずに大福に触ってやってくださいませ<(_ _)>

誰もいない一本道? 空も運河も真っ青。 キリちゃんとエリー&かりんちゃん。

2012年2012年1月8日(日) ■ 今年初カフェ飯 ■ 大福:生後3552日目 

急遽、自由が丘に行くことになり大福も一緒にGO。そうでなくても人が多い上に、道幅は狭いしオマケにバスも通ってるしで、犬と一緒に入れいる店が多くても犬に優しい町とはちょっとねぇ・・・。と言いながらもノコノコと行ってしまうのが自由が丘なのか・・・。

先に行ってた妻とカフェで合流。思いのほか混んでいなくて12時過ぎなのにスンナリ座れてまずはラッキー。大福も慣れたもので、チャッチャと席に座って厨房に向かって座り直して厨犬に変身。あまりの厨犬ぶりに他のお客さん達もニコニコ、或いは失笑苦笑い?ま、行儀良くしてくれてるのでヨシとしよう。
今日は、休日ということもあって、他の席にも可愛らしい犬達がけっこう来ていた。そして、どの子も皆大人しくてお利口さん。面白いなぁ、ドッグカフェだとこうまで静かじゃないもの。ファミレスで大騒ぎさせている親とドッグカフェだからとさせたい放題の飼い主って似ていると常々思うのである。あ、ちょっと脱線気味。

それにしても、休みの日の自由が丘って混んでるのなんのって。歩行者天国ゾーンもあるからしわ寄せで車も大影響してアチコチで大渋滞。ここは車にも優しくない町だな。

あごチン。 厨房ガン見の厨犬・大福。 今日の魚料理は『サーモン』。肉料理は『ポーク』なり。
偉いね、ちゃんと待ってて。 はい、食べましょう。 隣の席のプードルくんにご挨拶。

2012年1月7日(土) ■ 名言いくつか ■ 大福:生後3551日目 

大福が仔犬の時からお付き合いさせてもらっている人達はたくさんいるが、その中で勝手に「犬名人」と呼ばさせていただいている方がいる(男性)。この方、不思議な人で、どんな犬達も彼には一目置いてしまう。以前は、ドッグカフェも経営されてたが、ドッグカフェのオーナーなのに店に来る犬達をあまり触らない。一度、何故?と訊いたことがある。返って来た答えは・・・飼い主さんより、僕のことのほうが好きになってしまうから・・・だった。

そんな彼には大変お世話になったいるのだが(躾けのようなことから、病気怪我の予防や対策、犬具などなど)、たまにポツリと心に染みる言葉を吐くことがある。
今日は、防備録?として、幾つかを記してみる(無理に思い出さずに、思いついたものだけ)。

■犬を見れば飼い主さんのこと分かるし、飼い主さん見れば犬のことが分かる。

もう何も言えない。まさにその通りだから。

■ほとんどの飼い主さんは、愛犬と会話してない。「待て」「お座り」「ヨシ」・・・などは会話とは言わない。

これも分かるような気がする。その点?愚飼い主さながら大福には、大福がうるさがるほど話しかけている。「どうなのよ?民主党は?」「今日はイイ天気だねぇ」「うわ、寒っ。昨日より寒いねぇ」「明日はお出かけでもしようかね?」「今日は何して遊ぶ?」などなど。大福にウザがられてるほど話しかけている(^o^ゞ

■リードは、手を繋ぐような感じでなきゃ。けっこう、どっちが繋がれてるのか分からないペアが多い。町歩きでのフレキシブルリードなんて論外。

これもすごく分かる気がする。これは、クリアできていると思う。

■柴犬や日本犬には、四季を感じさせて、四季の食材を食べさせるのが何より。

これは、すごく分かるような気がする。

■拾い食いする犬は、極端に言えば、美味しいものを食べさせてもらっていないから(成犬になっての食糞も同じ)。

乱暴な言い方なので補足すれば、「餌」としてではなく「食事(ご飯)」として、食べ物は与えるべきということのようだ。人が食べるものを与えるかどうか?とかも含んで考えるべき点が多い。大福は、拾い食いはしません(もちろん食糞も)。

などなど。、飼い主さんによっては、バッカじゃないの?のかもしれないが、大福の飼い主には大変マッチするお言葉の数々なのである。

何か見つけたね・・・。 うわ、始まった! 何じゃ、そりゃ?

2012年1月6日(金) ■ 平和な寝姿に思う ■ 大福:生後3550日目 

冬の陽射しは平和の匂いがする。ちょっと遅めの朝から2時ぐらいまでは居間中を日なたにしてくれる。その陽だまりの一番良いポジションを独り占めするのはもちろん大福。熱射病になっちゃうんじゃないのか?と思うほどの陽射しの中で眠っている大福の体を触ってみると、もうポッカポッカ。温いよぉ〜。

居間のパソコン打ちながら、眠っている大福を見てて思うのは、大福を中心に駄文で続けている大福日記『日々徒然』をいつまで続けるんだろうと言うことだ。
思えば、インターネットが世に出始めた90年代中期以降。個人でもホームページを持つことが意外にも簡単であることを柴族の飼い主達も知った。インターネットによって、柴族に限らず犬の飼い主達の世界は大きく変わった。特に飼い主達の交流が大きく変わった。ネット上だけでなく、実際に現実の社会でも交流するオフ会なども登場した。そして、それらは犬との生活の楽しさの幅を大きく広げた。

しかし、ホームページを開設したは良いが、いつまでも続けるのか?いつやめるのか?まで考えてスタートした飼い主はほとんどいないと言って良いだろう。大福の仲間の犬達にも、もうこの世にいない子もけっこういる。そして、それにより閉鎖してしまったホームページもある・・・。
ホームページがblogになって、mixiだ、Twitterだ、Facebookだ、Google+だ、と交流の道具は変化と進化を続けている。しかし、始まりと今を楽しんでるようにしか見えないのは昔も今も変わらない。

そんな中で、2年前に元気な柴犬と生活しながらも10才の誕生日にホームページを閉鎖したママさん柴仲間がいる。閉じた理由は、ホームページを見てくれる皆さんに、若くて美しいままの愛柴(男の子)でいて欲しいからと言うもの。
スゴイなぁって、個人的に思うのである。引き際の潔さ。すごく驚き、感動したのを覚えている。その子は、昨年も元気に12才の誕生日を迎えた。まだまだ全然若くて元気いっぱい。容姿も全く落ちてもいない。そりゃ、そうだ。今の時代、20才以上まで一緒に生活してくれる犬達も多いんだから。

そして今年、大福は10才の誕生日を迎える。昼寝に没頭している大福を見ながらいろいろ考える飼い主なのである。

カーテンが・・・。 被っちゃったし・・・。 移動して寝直し。

2012年1月5日(木) ■ 段ボールフェチ ■ 大福:生後3549日目 

昨日と同じ広場。今朝も現地調達オモチャを物色してたら・・・あった、お手頃の段ボールの破片が!ココで会ったが100年目とばかりにお目々キラキラで飼い主のOK待ち。ま、誰もいないし、「いいよ」と声かけたら始まり始まり。段ボールを手で押さえ込んで坂の途中からズルズルズルと一滑り。滑るのはイイけど、2回目以降は自分で段ボールを持って坂上まで上がりはしないので、当然、飼い主の登場と相成る。大福がそれなりに飽きるまで、滑っては上がっての繰り返し・・・。けっこう疲れるのである。

段ボール遊びが終わると、今まで遊んでもらっていた段ボールは、破壊対象となってしまう。大福は、オモチャを含めてほとんど破壊行為をしないのに、何故か段ボールだけは破壊する・・・。何でだろう?全くの謎である。段ボールフェチであることは間違いないようなのだが・・・。

いいよ、やれば。 段ボール滑り・・・。 〆は、破壊ね。

2012年1月4日(水) ■ 上昇志向? ■ 大福:生後3548日目 

枝フェチ、段ボールフェチ、葉っぱフェチ・・・など、いろいろ多趣味な大福。そうそう、坂フェチでもありました。一人で上がったり下がったり・・・。頼むよ、ちゃんとウォーミングアップしてからね!とは言え、元気そうな大福を見られることが何よりも飼い主冥利に尽きるのであります。

なんだ坂、こんな坂。 ヤル気顔。 テッペンより。

2012年1月3日(火) ■ 三が日終了 ■ 大福:生後3547日目 

三が日も今日でお終い。昨年末からの正月休み、28日に仕事納めで明日4日が仕事始めという人が多いはずで、今年の正月休みは実質6日間で短かった。一週間も正月休みが続かなかった年って珍しいのではないだろうか。

と、ボヤいても始まってしまうものは仕方ない。大福ら犬達の「日々平常心」を見習って、明日から気を取り直して普通の生活をしていこう・・・と改めて思うなり。さ、お世話係も頑張るぞ。

やってみますか? 大福、ボディアタック! 宙ちゃん、ゴロリン。

2012年1月2日(月) ■ 今年の行方 ■ 大福:生後3546日目 

正月らしい気がしないなと思うのは自分だけなのか?もちろん、大福にとっては正月三が日の意識など毛頭ない。イイなぁ、そんな生き方、憧れてしまうぞ。正月なんか今更・・・と思う反面、中途半端に世間の風に流されてしきたりのようなモノを断ち切れない中途半端な生き方をしている。あーぁ、こんな優柔不断な生き方で今年も進んでいくんだろうなぁ・・・情けな!

今年は、昨年の出来事を引きずることなく進むべきが、我が国、そして国民の同じ意識とすべきであるはずなのに、昨日の昼にけっこうな揺れを感じる地震発生。マグニチュード7.6だったとか。年を新たにして心機一転を願う我らに、「早々、簡単に終わらないよ」とばかりに挑戦状でも叩きつけられているような地震であった。うーん、今年はどんな年になるのだろうねぇ・・・。

富岡八幡宮。

2012年1月1日(日) ■ 安定に疑問なし ■ 大福:生後3545日目 

昔に比べて、大晦日と新年の区切りも特別感がなくなってきた感じがする。それは時代のせいなのか?或いは、自分の年齢によるものなのか・・・。この特別感が失せてくることを安定としてイイのか?ちょっと悩むところである。

ただ、昨年の不安定さを思えば、何がどうであれ安定するに越したことはない。うん、そうだな。日々日常。いつも目の前の現実を何の疑問も持たずに受け止めてただ生きていく・・・。そんな大福の生き方こそ、本来の生き方なのかもしれないなと常々思っている。だから今年は、安定に疑問を持たずに素直に生きてみようかな。

と言う訳で皆さん、今年も昨年同様、大福とアホ飼い主をよろしくお願いいたします。そして、愚日記を見ていただいている皆さんには、大きな幸がありますよう心から願う次第です。

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。


福と大福の間TOPに戻る