2012年2月の最初へ↓
2012年2月29日(水) ■ いーぬは喜び♪ ■ 大福:生後3604日目 

天気予報ドンピシャ!目が覚めてカーテン開けたら、雪!・・・と思いきや、いや確かに雪なのだが、何とも重たそうな雪で、どちらかと言えば雨雪。何だかなぁ・・・と、ちょっと気落ち気味に支度をして散歩に出発。

ところが、気落ちしたのは大間違い。散歩に出て5分もしないうちに、雨雪はフワフワと風に舞う雪に変身。更に5分もすると辺り一面アッと言う間に雪化粧。いつもの広場も真っ白。大福も走りたくしょうがない様子。ボール遊びをしていてもいつもと表情が違う。とても嬉しそうだ。ホント、お歌通りに走り回るんだなぁ・・・。
恐らく今季最後の積雪となるだろうが、何とも思い出深い4年に一度の閏年の閏日になったものである。

手足冷たくないのかね? ボール遊びが欠かせない。 お歌通り、走り回ってるねぇ。

2012年2月28日(火) ■ 明日も雪? ■ 大福:生後3603日目 

夕方散歩は、かなり寒かった。天気予報によると今夜半から雪になるらしい。朝の散歩で芽を伸ばし始めた花を見かけたのに、雪が降ったら驚いてしまうんじゃないないのかなぁ。かと思えば、同じく天気予報によると来週の今日、6日の気温は19度まで上がるとか・・・。病んでるなぁ、地球。人も犬も行きにくい世の中になっちまったものだぜ。お互いに健康管理には注意しような。
さて、明日の朝景色は、果たして真っ白になっているのかな?大福としては大喜びだが・・・。

芽も出て来たね。 鼻つき合わせるも多生の縁。 何してるのかな?大福さんは。

2012年2月27日(月) ■ ゴン太くん ■ 大福:生後3602日目 

今朝の散歩は風が強くてかなり寒かった。大福、風が強くてお仕事ポイント見つけられないかな?と思ったら、クルクルと旋回することもなく、いきなりお仕事ポーズで無事終了。
さて、今日は早めに引き上げるかと思ったら、遠くのほうに柴仔犬のシルエットが・・・。遠くにいるので小さく見えるだけか?とも思ったが、いや、どう見ても柴仔犬である。こりゃ、挨拶に行かねば。

近づいて挨拶させてもらったら、まだ5ヶ月の男の子、柴ちゃんで「ゴン太」くんだって。うむ、名前も素敵!でも、お顔はとても可愛らしくて、ゴン太顔ではなくスッキリの美男子くん。しかも、そんなにチャカチャカした感じもなく大人しくてとても良い子。女子には甘く、男子には厳しい大福だが、ゴン太くんには先輩風吹かせることもあまりなく寛容に振る舞っていた。大福もお気に入りのようである(^。^)
5ヶ月かぁ・・・これからだよなぁ。どうか、元気に健康に育って欲しいなぁ・・・と、遠い目な飼い主なのであった。また会えるとイイなぁ・・・。

まだ5ヶ月だって。 冷ややかに見ない! 反応してあげれば?

2012年2月26日(日) ■ ご対面〜 ■ 大福:生後3601日目 

昨日の夜、妻がお出かけより戻って来たので、大福と羽田空港まで出迎え。羽田空港、新しくなってから一度も行ったことがないというのもどうしたものか?だが、お仲間に駐車場のことなど事前に訊いてどうにか到着時間少し前に駐車場にIN。スムーズにいったな・・・とほくそ笑むも、駐車場からターミナルまでどうやって行くの?とちょっと慌てた。

面白いと言うか不思議なもので、大福だけではないと思うのだが、愛犬達は、飼い主の心の動きにかなり敏感。今日の大福も飼い主がターミナルに行くのにちょっと迷い気味で不安になったら、何度も何度も下から見上げて「大丈夫?」な顔つきで見ていた。ヤバイヤバイ、大福に不安感与えては・・・。

何とかターミナル入り口まで来ると、大福は、ちゃんと妻が出てくるほうを向いて、お座り待ち。しばらくして、妻の姿が見えたらもう大変。尻尾を千切れんばかりに振って、耳はもちろん平耳で大喜び。かくして、めでたく再会を果たしたのであった。良かった、良かった。

と、思うと同時に、わずか一週間ほど離れ離れになっただけで、これだけの喜びようを体中で表す大福を見ながら思ったのは、あと、3週間もすれば東日本大震災から1年目を迎えるということだ。被災地には、まだ飼い主に巡り会えなかったり、巡り会ったとしても一緒に暮らせない犬達がたくさんいる。それを思うとかなり心中は複雑になってしまった。
犬達は、他所の犬と自分を比較することなどないから、無邪気に大喜びする大福にもちろん罪はない。飼い主のハートがチクリと痛かっただけなのだが・・・。

いつ出てくるか見張り中。 ご対面〜! 2人とも足取り軽やか。

2012年2月25日(土) ■ 雨もまた楽し ■ 大福:生後3600日目 

天気予報通り雨散歩。もっと寒いのかな?と思ったらそれほどもなかった。やはり寒いと言っても真冬の寒さとは違うようだ。
大福は、家の中で大小の用足しをしないので、雨だからと言って散歩をお休みすることは出来ない。洋犬の子の中には雨の日のお散歩はナシ・・・という子も大勢いるようだが、大福はそうはいかない。仮に家の中で用足しできるとしても、まず間違いなく雨でも外に連れ出すことだろう。やはり、最低でも一日一回は、外の匂いを嗅がせたいものね。外の寒さ暑さを一緒に感じることも飼い主とのコミュニケーションだと思っているし。
そして、雨の日でも嬉しそうにボール遊びをする姿を見ると、それだけ飼い主は元気になるのであーる。

お、持って来た。 丘を越え、谷を越え・・・。 はい、ありがとう。

2012年2月24日(金) ■ 3区を股に ■ 大福:生後3599日目 

まだまだ寒いと言いながらも、その寒さも冬のそれとは違い、どことなく春の気配を感じさせる優しさのようなものを感じることができる。
大福の動きを見ていても違いを感じる。海風寒い冬の風の中で耐えるようにして匂いを嗅いでる姿はもうすでになく、明らかにゆっくりと穏やかな表情で地面や草木の匂いを嗅いでいる。春はきっと遠慮がちながらも徐々に近くまでやって来ているのだろう。

お台場。ほとんどは江東区の地のはずなのに、フジテレビとアクアシティやビーチの辺だけが港区になっている。江東区じゃパッとしないってか!?ガンダムが見切り発車のように一人たたずむ『ダイバーシティ東京(4月オープン)』は、フジテレビの裏にありながら江東区である。そして、大福が出没している潮風公園は品川区である。そう、大福は、この地区の散歩では、江東区、港区、品川区の3区を股にかけて練り歩くのである。文字面としては、何ともたいそうなことではないか。

寒いのに日本じゃないみたい。 春の匂いがする? ガンダム、冬場も立ち尽くし。
誰かいるねぇ。

2012年2月23日(木) ■ 雨散歩 ■ 大福:生後3598日目 

乾燥続きなこの頃だから、恵みの雨のはずだが、今日の雨はちょっといけ好かないなぁ。同じ雨降りでも気にならない雨と今日の雨のように何故か鬱陶しい雨がある。人の心持ち一つなのか?とも思ったが、別に気持ち的に大きな変化もないはずだから、それとも違うらしい。だとすれば、雨の強弱、空の明るさなんかが関係あるのか・・・。

もちろん、こんな小事、大福には全く関係なし。雨が降ろうが晴れだろうが、常に平常心。今朝も、大人しくカッパを着ていそいそと外に出る。雨の日は知り合い犬に出会う率もグッと下がる。今朝は、誰にも会わずだった。足下が少しは気になるのか、お仕事ポイントも見つからず(見つけず)、サッサと朝散歩終了。しもべな飼い主は、後に従うだけなのである。

もちろん貸切。 お仕事はパス。 帰りますか。

2012年2月22日(水) ■ 三寒四温 ■ 大福:生後3597日目 

暖かかったり寒かったりが繰り返すこの頃。まさしく三寒四温。春間近の表れなのかな。今朝も思ったほど寒くはなく、大福とボール遊びなどしているとちょっと汗ばむぐらいだから恐らく暖かいのだろう。海風がないことも寒く感じない理由かも。

そんな些細なことなど全く気にもしない大福。今朝は、ひたすらボール遊びに熱中。嬉しそうに楽しそうにボールを追いかける大福を見てると心もポカポカしてくる。これが寒さを感じない一番の理由なのかもね。

タイミングを計って。 おクチ、全開。 キャッチ。

2012年2月21日(火) ■ 赤柴のニューフェイス ■ 大福:生後3596日目 

夕方散歩では珍しい運河コースを選択。それにしても、晴海通りの排気ガスには参っちゃうなぁ。ちょっと歩かせたくない。やはり休日で交通量が少ない時しか無理ぽいな。

東京湾のほうから、川を上る感じで散歩してたら、前方に赤柴ちゃんがいた。明らかにまだ若そうな動き。邪魔しちゃ悪いからとゆっくり歩いていたのだが、距離がだんだん縮まって、ついには追いついてしまった。その赤柴ちゃんは、飼い主さんより早く大福に気づいたようだった。飼い主さんとアイコンタクト取れたので挨拶をしに行ってみた。
まだ2才の女の子で小春ちゃんだった。もちろん初対面。まだまだ細身で綺麗な子だった。そして、性格も穏やかな感じ。大福もそう感じているようで、姉さん風吹かせることなく匂い嗅ぎに付き合ったりと大人の行動?だ。
偉そうにモノ言えば、大福の接し方を見ていれば、この小春ちゃんがいかに良い子であるかはすぐ分かる。大福、厳しいからねぇ。ダメそうな子には、愛想付き合いもしないからねぇ・・・って、飼い主に似たのか(~_~;)

ちょっと将来が楽しみな小春ちゃんだった。元気で健康で良い子に育ちますように。また会えるとイイなぁ・・・。

左手浮いてるし・・・。 大福、耳はコッチ向いてない。 脅してるのではない・・・と思う。

2012年2月20日(月) ■ 久しぶり! ■ 大福:生後3595日目 

今日は恒例のシャンプーの日。なのに、いつもとちょっと違う・・・。そう、雨じゃないのである!しかも昨日一昨日よりもだいぶ暖かくて晴天だ。「シャンプー日限定雨女」、いよいよ返上か?とついつい先走りしそう。

シャンプー前に仔犬時代から慣れ親しんでいた公園で同期のパーソンラッセルテリアのアンディ君と待ち合わせ。お仕事もこの公園で済ませてアンディ君を待ってたら、来た来た。昔と少しも変わらない動きだ。大福もようやく気づいていよいよ再会!
「うわぁ、久しぶりだねぇ!元気だったぁ?」・・・と人の場合ならなるところだが、アンタ達、何故にそんなにクールなの?まるで、つい先日も会ったばかりのような顔や態度で、せいぜい「あ、どうも・・・」程度。アンタ達には、久しぶり感がないのかーーい?

でも、お互いに元気に再会できて良かった、良かった(^_^)v

あ、こんにちは。 ご無沙汰です、飼い主さん。 それぞれ・・・(-_-;)

2012年2月19日(日) ■ 夢見ること ■ 大福:生後3594日目 

犬達の世界って飼い主にかなり左右される。特に行動範囲。大福はけっこう飼い主の都合で外を連れ回されている。それを「大福ちゃんは、イイわねぇ。アチコチ連れて行ってもらって・・・」と言ってくださる方も多い。しかし、大福にしてみれば、今日はちょっと動きが悪いから家で寝てたいなぁ・・・と思うこともあるに違いない。ここでの「動きが悪い」というのは、体調のことである。足がちょっと痛い。ちょっと頭が痛い。お腹がキリキリする・・・。人間のそれと同じことってきっとあるはずだ。しかし、飼い主の都合で一緒に外出させられてしまう・・・。そう考えると、可哀想に思うこともあったりする。

ただ、眠っている大福が明らかに夢を見ていると確信できる時がある。足がピクピク動いたり、小さな声で「アンアン」って寝言吠えをしたりする。絶対に夢を見ているのである。
夢、それは、今まで自分が見聞きした経験の中から見ると言われている(そうでない夢は、予知夢とも言われる)。これは人間だけでなく動物も同じだろうと思う。大福が見る夢も、どこかに出かけた時の背景を走り回っていたり、仲の良い友達犬と遊んでいたり、そして、何か美味しいモノを目の前にしている夢・・・。
そう思うと、できる限りいろいろな夢が見られるように、たくさんいろいろ体験させてあげたいなと思うのである。もちろん、大福の体調などをもっと慎重に観察?した上での話だが・・・。

まずは背中。 そしてお腹。 脇の下もね(-_-)

2012年2月18日(土) ■ お見送り ■ 大福:生後3593日目 

今日から妻が一週間ほど出かけるので、大福と羽田までお見送り。しばらく留守にすることを言って聞かせていたからか、羽田に着くと妻にベッタリ。何やら妻の顔を見て訴えかけているようにも・・・。そして、普段あまりしないのに立ち上がって妻に手をかける。分かってるんだなぁ・・・。妻が建物内に消えた後も、しばらく中に向かってお座りしていた。見てたら何だか鼻の奥がツンとしてしまった。
こんなに愛情持って飼い主に接してくれるのに、世の中には犬を棄てる人の数が多い。信じられない・・・。

さて、大福と2人でしっかり留守番せねばね。

さ、ココまでだよ。 お願いしてもねぇ・・・。 無理言わないの。

2012年2月17日(金) ■ 狩り魂? ■ 大福:生後3592日目 

誰がどう見ても仲良し犬を見かけて挨拶しに行くようには見えないなぁ・・・。もうだいぶ薄くなってきてると思うが、狩りのイメージがDNAに入り込んでいるということなのだろうか。それにしても怪しい接近である( ̄^ ̄)ゞ

ワシワシ。 ダーッシュ! エアーD。

2012年2月16日(木) ■ 何故か段ボール ■ 大福:生後3591日目 

大福が破壊活動をしないのはよく言ってるが、唯一破壊するのが段ボール(コレも言ってるか・・・)。散歩の途中で段ボールの切れっ端を見つけると眼がキラキラ。お強請りモード。家に荷物が届いて開梱した段ボールにも鋭い視線。破壊活動するかと思えば、段ボール箱の中に入るのも決して嫌いじゃない。むしろ、好きなほうだ。何故に段ボールに反応するのかはいまだに謎である。今晩の宿敵は、Amazon仕様の段ボールであった。

Amazon段ボールめ! ひと休み? 完全燃焼。

2012年2月15日(水) ■ 新旧遊び場事情 ■ 大福:生後3590日目 

大福が今の地に移り住んできて、間もなく丸3年になろうとしている。その前に住んでいた千葉の地には、今でも月に2度ほどシャンプーに行っているので、大福にとっては「かつて住んでいたところ」と言った過去形の場所ではなさそうな気がする。

以前、大福が仔犬時代から長く過ごした町は、犬との生活には本当に適したところで、徒歩圏に海はあるし、周りには大きな公園や広場がたくさんあった。だから、飼い主の都合で、その地を離れるにあたって、大福が過ごしやすい地を選ぶことはかなり重要な要素になった。もちろん、飼い主の事情も含んでのことだから、その両方を兼ね備える地を見つけねばならなかった。
幸い、大福とは都内によく出没していたので、その両方を兼ね備える地として、今現在居する場所に決定することはさほど困難ではなかった。決めた後も、何度となく、新しい地まで散歩に来たりもした。だから、引越し後の大福は、ほとんど違和感持つことなく新しい地に馴染んでくれた・・・と思う。

新しい地にも古い地にも共通しているのは、水辺が近くにあって広場が多いこと。大福はどんな気持ちで2つの場所を見ているのだろうか。一度訊いてみたいものである。

フカフカの足抜き。 コンディション良し。 それに広いし、イイ所見つけたね。

2012年2月14日(火) ■ そんなの関係ない ■ 大福:生後3589日目 

巷ではバレンタインデーとやらだが、チョコレートを食べちゃいけない大福ら犬達には全然関係ないイベント。飼い主も節分の恵方巻と同じくらい興味ナシのイベントゆえ、ごく普通の日であり、雨も降った今年の今日は何とも憂鬱な日でしかない。
と、飼い主は未熟者ゆえボヤキ放題だが、人徳ある大福はいたって平常心。今朝も、現地調達オモチャで霧雨の中遊んでおりました。アンタは、偉い!

何ソレ? ガジガジ。 プラスティックのカバー?

2012年2月13日(月) ■ 元気な週始め ■ 大福:生後3588日目 

土曜日曜と週末はお出かけが続いた大福。月曜日は、ゆっくり休養日と決定・・・。なんて考えながら朝散歩を消化。キッチリお仕事もこなして帰ろうかなと思ったら、向こうの方から白い塊が走ってくる!うわ、友達ジャックラッセルちゃんだ。大福、どうするのかな・・・と思ったら、考えるまでもなく臨戦体勢に入って走り回りモード。いやぁ、大福は相変わらずよく走るなぁ。しかも、途中一人で走ってるシーンもけっこう多い。
遊んであげてるのか、遊んでもらっているのかよく分からないが、一緒に走っている子達のほとんど全員が大福よりも年下世代ばかり。ふふふ、これが大福の若さを保つ秘訣だったりして・・・。

追尾との距離を見計らって。 一気に駆け下りる。 引き離しにかかる。

2012年2月12日(日) ■ 東京ゲートブリッジ ■ 大福:生後3587日目 

東京湾の羽田側と新木場側を結ぶ新名所『東京ゲートブリッジ』が今日の午後10時に開通。新築マンションができるまでは我が家のベランダから造る過程が見えてた橋なので何となく愛着がある。

そんなこんなで、開通時間を少し避けた10時半頃に行ってみた。家を出て10分ほどで着いてしまったことにまずはビックリ。こんなに近かったとは・・・。橋の手前の路肩に車を停めてちょっと記念撮影。もちろん、大福は迷惑顔である。いよいよ橋を渡るが、羽田側からの通行はかなり空いてて、これまたビックリ。皆、開通初日の午前中など混雑がヒドイと予想して避けてたのかもしれない。

橋を渡るも運転しながらなので、左右はあまり見ることはできないし、チラッと見ても安全性を重視してだろう、運転目線の高さには目隠しとも言えそうなスチール壁があって楽しみにしていた海からの都心の景色を見ることはできなかった。歩道を歩いている人は、皆、景色を楽しんでいるようだったが、場所柄、海風が強くてちょっとツラそう。
でも、運転視線の前方の景色だけでもじゅうぶん楽しむことができた。正面には、葛西臨海公園の観覧車。そして、右手には、舞浜のTDRを囲むホテル群の姿が見える。そして、何よりも左右に広がる海が清々しくて気持ち良い。

アッと言う間に通り抜けてしまったゲートブリッジだが、通行料は無料。我が家的には、「わざわざ」行かなくてはならない場所だが、羽田−千葉を行き来する人達にはかなり便利なのではないだろうか。もっと暖かくなってきたら、歩いて渡ることも考えてみようかなと思うほど、景色は綺麗そうである。

フェリーふ頭から見る。 さ、行ってみるかね。 迷惑そうな感じ・・・。

2012年2月11日(土) ■ 出ずっぱり ■ 大福:生後3586日目 

今日の大福は、朝から出ずっぱり。朝散歩終えて30分ほどだけ家にいだけで、9時頃から夕方5時頃まで出かけっぱなし。飼い主は良かれと思って連れ回すが、大福だって今日は家にいたいなぁ・・・と思うこともあるだろうにと思ったり考えるとちょっと複雑。

今日のお出かけは自由が丘、田園調布方面だったのだが、朝一で時間調整?で久しぶりに「さくら坂」に。桜の季節でもないからもちろん閑散。ここが桜の時季にはけっこうな人出になるとは思えないほど静かだった。そう言えば、カップルで「さくら坂」に来ると、そのカップルは別れるとの都市伝説?があったけど、いまだ健在なのか?

さくら坂から、多摩川にちょこっと出て深呼吸程度の散歩。そして、田園調布を経由して自由が丘でカフェ飯。大福は、こういう場所で大人しくしてくれてるので本当に助かる。
自由が丘は、休日でたいそうな賑わいで、犬を連れて歩いている人も多数。やはり、この町は洋犬のほうが似合っているなと実感。

自由が丘を出て麻布十番、銀座で買い物をしてから、妻母上様と合流してから帰宅。家前広場で用足しをして家に戻ろうと思ったら、別棟に住んでらっしゃるエリちゃん・かりんちゃんのママさんに声をかけられた。振り返ると、そこにはキリちゃんが一緒。キリちゃん、先日の里親会で新しい飼い主さんが決まって、今から新しいお家に出発するところだった。良かった、最後に挨拶することができて。キリちゃん、今夜から湘南ガールになるとか。これから、いっぱい幸せを感じて欲しい。そして、エリ・かりママさん、本当にご苦労様&お疲れ様でした。しばらくして、またニューフェイスをお引き受けすることになるのでしょうが、後を絶たないこの状況にはホント、言葉がありません・・・。

そんな神妙な気持ちで夜を迎えたが、呑気な大福は、妻母上様用の布団を用意したら、それまでお疲れモードで爆睡してたのに、ノソノソと寝床からやって来て、今や儀式になってしまった匂い付けでゴロンゴロン。2分ほど転がった後は、何もなかったように再び寝床へノソノソと去って行った・・・。疲れていても、決まり事?はちゃんと消化するんだなぁ・・・。
大福さん、今日は一日、お疲れ様でした( ̄^ ̄)ゞ

人のいない「さくら坂」。 丸子橋近くの多摩川べり。 カフェ飯楽し。
いつも可愛がってくれるカフェのオネエサン。 キリちゃんとお別れの儀。 定番のゴロンゴロン。

2012年2月10日(金) ■ 終わり良ければ・・・ ■ 大福:生後3585日目 

昨日9日、神戸のトリミングスクールでトリミングを終えて飼い主さんの元へ送り届ける準備をしている最中に車ごと中に乗っていた犬13頭が盗まれた事件があった。幸い、一夜を開けずにして、犬達は13頭全員無事が確認された。20km離れた大型ショッピングセンターに盗まれた車が乗り捨てられていたようだ。

正直、この事件をネットで知った時、こんなに嬉しい解決が待っていようとは夢にも思わなかった。だから、盗んだ犯人よりも盗まれたスクールを非難する気持ちの方が強かった。そして、その非難の矛先は、スクールにカットモデルとして愛犬を提供していた飼い主に向いていた。そして、他人事ながら憤っていた。

しかし、今日の朝に無事保護の報を目にして、すべての憤りが吹き飛んでしまった。


2012年2月9日(木) ■ トコロテン ■ 大福:生後3584日目 

人によく「犬と一緒に寝ると温かいでしょう?」なんて言われる。ふむ、確かにモコモコの毛皮だものそう思うのは当たり前。しかし、大福と一緒に寝ることなどほとんどない。
夜、飼い主達が居間でくつろいでいる時、大福は寝室の布団の上で眠っている。さぁ、寝ようかと寝室に行くと、大福はスタスタと居間に移動してしまう。ヒドイ時など廊下ですれ違う有り様。まさに家庭内別居である。

そんな大福も朝方は寒いのだろう。ノソノソとやって来て、布団に潜り込んでくる。やったぁ!待望の柴犬と添え寝だ!と喜んではいられない。一緒に寝てて少しでも寝返りうつと、気分を害して?布団から出ていってしまう。だから、大福が布団に潜り込んでくると、静かにソォーっと布団から出ていくしかないのである。そう、まるでトコロテンが押し出されるように・・・。
この時間がだいたい5時ちょっと前頃と毎朝キッチリ決まっている。何とも几帳面ではないか・・・。お陰で飼い主は早起きな毎日を過ごすのであーる( ̄^ ̄)ゞ

コブを上って。 コブ下って。 起伏を楽しむ。

2012年2月8日(水) ■ 二兎追う者は・・・ ■ 大福:生後3583日目 

昔から、二兎追う者は、一兎も得ずと言われる。人間社会で生きる構図の中でしばしば使われることわざとして定着している。それほど、いろいろな場面で引き合いに出される言葉である。ゲスなところでは、男女間の二股行為などで使われたりする。二人の女性を追いかけると、結局は、どちらの女性とも上手くいかない・・・と言うように。しかし、三兎追えば、一兎ぐらいはどうにかなるのでは?と思ってしまうのは、更にゲスの上をいく自分だけなのか・・・(-_-;)

ま、アホ飼い主のゲスぶりはともかくとして。今朝の散歩は風強い中で、ビニール遊びを楽しんできた。Myビニール袋が2つに千切れてしまうほどの張り切りような大福。しまいには欲張って、2つのビニールを追いかける有り様。そう、まさに二兎追う者な大福だった。

本来であれば、風に舞う2つのビニールを追いかけて一つはキャッチできるも、2つめを欲張って咥えようとすると咥えてたビニールをクチから飛んでしまう・・・な展開になるだろうと踏んでいた。案の定、一つをキャッチして咥えた大福は、果敢に2つめに襲いかかる・・・。ここで、ビニールをクチから逃がしてしまうかな?と思いきや、ナント、手で押さえてから上手いこと2つとも咥えてしまうではないか。しかも、しってやったりな得意気な顔までしてる・・・。うーん、大福に、ことわざ通用せず・・・な朝散歩だったのであーる。

2つ追いかけるか。 欲張るの? 2つともゲット・・・。

2012年2月7日(火) ■ マイクロチップ ■ 大福:生後3582日目 

今更ながらのマイクロチップ。大福も前から導入を勧められていたが、いまだに導入していない。大福のためになるものならばと導入を積極的に考えた時期もあるのだが、結局、導入せずのまま今日に至っている。

導入に踏み切らない一番の理由は何と言っても、読み取り機(リーダー)の普及率。都道府県別で犬達のマイクロチップ導入率(普及率)は、一番高い兵庫県で5%。他それ以下で、普及率0%の県も多数ある。いかに普及していないか分かると言うもの。こんなに普及率が低いからか、都道府県行政レベルでのリーダー設置状況など知るも悲しいほどの低さ。
極端な言い方をすれば、マイクロチップを入れた犬が、不幸にも迷い犬になって保健所や保護センターなど収容されても、鑑札を身に着けていなければ、飼い主の元に戻る確率は高くないようである。いや、高くないのではなく低いのである。保健所や保護センターですら、そういう状況だから、仮に迷い犬を発見して一番身近な公共機関である警察に届け出ても警察でその犬の飼い主を特定することはあり得ない。
結局は、鑑札頼りなのである。鑑札はもちろん大事である。しかし、鑑札の装着を普及を促せば促すほど、マイクロチップの普及は伸び悩むのが現状なのである・・・。この状況、10年先も変わらないような気がしてならない。

何を考えているんだか・・・。 どうします? そっちに行きますか?

2012年2月6日(月) ■ シャンプー日限定雨女 ■ 大福:生後3581日目 

カラッカラに乾燥の日が続いてたと思ったら、今日は一転して雨降り。そう、今日は大福のシャンプー日なのである。それにしても、大福の「シャンプー日限定雨女」ぶりはスゴイものである。天気予報では、午後から雨が・・・と言っていたが、大福の神通力?で前倒し。シャンプーの地、千葉に着く頃にはもう雨になっていた・・・。

今朝は、シャンプーに行く前に後輩巨漢黒柴のレイくんと今年初のご対面で一遊び。その足で千葉に向かってシャンプーのためトリマーさんに預ける。90分ほどして終了の電話をもらって迎えに行くと、いつものように嬉しい大歓迎の大福が目に入る。この熱烈歓迎ぶり、飼い主冥利に尽きる一瞬である。そして、恒例のガッちゃんとご対面。今日も雨降りだったので、厚かましくお宅にお邪魔させていただきお茶と甘いものをいただく。いつもすみません<(_ _)>

大福のこの雨神通力、何とかならないものだろうか・・・。ここまで毎回雨だと不思議なチカラを感じてしまうぞ・・・。

巨黒柴・レイくん、健在なり。 シャンプー終えてのお迎え。 「ん?」なガッちゃんと。

2012年2月5日(日) ■ 一丁揉んでやるか・・・ ■ 大福:生後3580日目 

土日の朝散歩は、どこのポイントに行けばどんなお仲間が散歩しているか、だいたい分かる。今朝は、巨大広場でお仕事を消化した後、海縁の広場へと行ってみた・・・。いたいた、洋犬の子達がたくさん。その中に、黒柴のアズキちゃんを発見。あずきちゃんも大福に気づいてすぐにやって来る。もちろん、大福は伏せ状態でセットアップ。後は、射程内?に来たアズキちゃんに向かって猛ダッシュ。そして、もうチャージ!若い芽を摘みそうな勢いの大福の日曜の朝である。

来た来た。まだ引きつけて・・・。 一気にダッシュ! 余裕で追いかける。

2012年2月4日(土) ■ 試乗会 ■ 大福:生後3579日目 

あんなクソガキ(失礼!)が入れるのに、何故に大福はダメなのか!?とアホ飼い主が思うような場面は多い。そう商業施設の話である。犬が入れる、入れないは、犬との生活において重要なファクターである。こんなに大人しい犬ならイイだろ?入れても・・・とは、あくまでも飼い主側の言い分でしかない。世の中には、犬嫌いの人もけっこういるのが現実。しかも、犬の毛のアレルギー・・・などを理由に出されてしまうと何も言うことはできない。

とは言いつつも、大福が生まれた頃は、犬と一緒に食事が出来る店と言ったら、ドッグカフェぐらいしかなかったが、この頃では、普通の飲食の店でありながら犬も入れるところもだいぶ増えた。それだけでも以前に比べてかなりありがたいことなのに、人間の欲とは悲しいもので、更に欲張ってしまう・・・。
ただ、食事以外のところでも、キャリーやカートであれば・・・との条件付きであれば、愛犬と一緒にショッピングなどできる場所はだいぶ増えているようである。

で、今すぐどうこうと言うことではないが、今日はドッグショップで犬用カートに試乗させてもらった。大福、大人しく乗ってくれるかなとも思ったが、以前、自転車の前カゴに大人しく乗ったこともあるので、きっと大丈夫だろうとの思いもあった。そして、いざ・・・。
ひゃぁ、大人しく乗ってる、乗ってる。見慣れないせいもあって、決してお似合いとは言えないが、この調子ならカートを導入しても無駄にはならなそうだわい(^o^ゞさて、今後どうなりますやら・・・。

ク、ク、クッと笑っちゃいそう。 メッシュの中。 視界良好。

2012年2月3日(金) ■ 節分 ■ 大福:生後3578日目 

今日は節分。関東にも恵方巻の習慣が浸透してきてスーパーでもかなりの売り場スペースを確保しているほど。築地飯の時に、その話なったが、どうも仕掛けたのは海苔業界らしい。で、それに乗っかったのがコンビニ流通。豆まきほど歴史がないから、あれやこれや、もっともらしい作法もどきを強要する辺りが新参者のイベントの浅はかな部分か。方位を決めて、家族がめいめい一本ずつの恵方巻を黙って食べきらねばいけないらしい・・・。
ダメだろ?それ。家族がめいめい?・・・売上げ増やしたい意図が丸見えだろ。黙って食べる?食事なんてものは今時代じゃ唯一、家族団らんの場なんだから楽しく食べなくてどうするのか?

てことで、我が家では恵方巻のイベントは導入なし。夕ご飯を終えて、慎ましく豆まきのみ。大福も9粒のお豆をいただきました(^o^ゞ
その後、非公式?ながら、大福は、一年で一度だけの家庭内拾い食いOKで散らかった豆を食べるのですが、アホ飼い主と言われるのを承知で申せば、「はい、これでお終いだよ」と声をかけた後は、片付け残った豆が床に落ちていても食べない大福なのであります。もちろん、夜チーで外に出た時、他所の家がまいた豆が通路に転がっていても関心すら見せません。これには、手放しで感心してしまいました。

ガン見ですな。 やりますか? ふが、ふがぁ〜。

2012年2月2日(木) ■ 大きくなっている・・・ ■ 大福:生後3577日目 

今朝の日本は日本海側が脅威とも言える大雪に見舞われているようだ。その地方の方々には申し訳ないほど青空が広がっている東京。もちろん、冷え込みはこの冬一番では?と思わせるほどの寒さではある。ニュースで見る日本海側地域の雪は、先日関東に降った雪とは大違いでまさに豪雪。先日の雪で大騒ぎしているのが恥ずかしいほどだ。

そして平和の象徴はやはり仔犬。今朝もバーニーズのハナコちゃんに会った。1週間ぶりぐらいだが、間違いなく一周りほど大きくなっているような気がする。たぶん、空気を吸ってるだけで大きくなるほどの成長期なんだろうなぁ。まもなく、大福も体当たりにタジタジになることだろう。

走ってみますか。 さ、始まり始まり。 追いかけてイイよ。
あれ?どうしたかな? 疲れた? じゃ、お開きにしようか。

2012年2月1日(水) ■ 風が吹けば・・・ ■ 大福:生後3576日目 

今日は朝から風が強い。昔から、風が吹けば桶屋が儲かると言われている。そのいわれとしては、

強風で土埃が立つ
→土埃が目に入って目の不自由な人(盲人)が増える。
→盲人が増えると三味線がよく売れる(盲人の職業は限られてたからね)。
→三味線が売れるので、三味線に使う猫の皮が多く必要となる。
→その結果、猫が殺されて猫の数が減ってしまう。
→猫の数が減ると、ネズミの数が増えてしまう。
→ネズミは桶を囓るから、囓られて使い物にならない桶が増え、新しい桶の需要が増える。
→よって桶が売れるようになり桶屋が儲かる。

と言うことのようである。何とも無茶苦茶な話だが、何が幸いとなるのか分からないという話として古くから伝えられている(江戸時代初期からの言い伝えらしい)。

さて、大福の場合、風が吹くとどうなるかと言えば・・・。すごくシンプルに、ビニール袋で遊んで大喜びとなる。そのままなのである( ̄^ ̄)ゞ

目標注視。 ありゃ、変な格好。 ご帰還。


福と大福の間TOPに戻る