2012年4月の最初へ↓
2012年4月30日(月) ■ 日常が安心感 ■ 大福:生後3665日目 

大福も2桁世代の仲間入りした4月(たくさんのお祝いメッセージありがとうございました)。GW前半部も終了して我が家は早々と日常モード。大福もいつも通りの場所での散歩のほうが楽しそう。遊びの合間に、空を見上げて大きく深呼吸でもしているような仕草。やはり、大福にとっては、移動してのイベントよりも日常的な生活のほうが安心できるんだろうなぁ。家に戻って、横たえる体の脱力ぶりを見ても安心感に満ち溢れている。飼い主の価値観が、実は迷惑だったりするのかもしれない。大福には教えられることがホント多いわ。GW後半は、家を拠点に生活するとしよ。

ダッシュ! 確保。 戻る。

2012年4月27日(金)〜29日(日) ■ 会津路 ■ 大福:生後3662〜3664日目 

今年のゴールデンウィーク(GW)は、大福号で会津路へと出発。初めてのナビ搭載車なので、極力、下道を走ってみようと試みる。とは言え、全コース下道はキツイので、浦和から西那須野までは高速東北道を利用。西那須野から下道で塩原温泉、会津田島を抜けて会津へと北上。途中、塩原温泉で休憩。大福は、吊り橋を怖がって渡れないだろう思ったが、これが少しも怖がらずにスタスタで、ちょっとビックリ。夕方近くに無事会津に到着。雨上がりの会津は、ちょうど満開の桜が散りかけで花姫号・大福、ココにありという感じ。

翌日(28日)は、抜けるような青空。しかも、気温も高い。朝の散歩は、会津鶴ヶ城へ。鶴ヶ城は周りを桜で囲まれて見えないほど満開桜に埋もれていた。朝早かったので駐車場にスムーズに入ることができたが、9時頃にはもう駐車場に向かう道は大渋滞になっていた。さすがに観光名所である。それにしても、桜にお城だけでも日本の景色度高いのに、そこに柴犬が加わると、もう向かうところ敵なしという感じのマッチング。いや、お見事!
鶴ヶ城近くの酒蔵に行った時に、ちょうど観光PRで時代衣装を纏った松平藩家中?の皆さんと記念撮影した写真をFacebookにアップしたら、もっぱら桃太郎みたいとの感想だった。しかし、それも言い得て妙で頷かざるを得ない絵面と相成った(^o^ゞ

アッと言う間の最終日(29日)の朝散歩も鶴ヶ城。昨日とは違うコースを回ったが、こちらも桜三昧。花姫号・大福としては、今年の桜の〆となったようだ。
帰路もほぼ同じコースで会津から南下。大内宿、塔のへつりを通過。会津田島から「三寄(みより)そば街道」を通って、前回立ち寄った蕎麦処『もくりん』で昼食。大福も一緒に入れるので貴重なポイントである。三寄から日光を抜けて宇都宮から高速に乗って東京へ到着。かくして2泊3日の会津路の旅を終えたのであった。あー、疲れた。大福、お疲れ様。そして、付き合ってくれた妻もありがとう。感謝<(_ _)>

吊り橋発見。 案外怖がらない。 足湯は熱すぎたのでやめ。
鶴ヶ城は満開。 天守閣も桜に埋もれてる。 城と桜・・・と柴犬。
酒蔵。 入ってイイのか? 巡回バス。
松平家中の皆さん? 桜の校庭。 チラッと天守閣も。
三寄そば街道『もくりん』。 岩魚を少々。 天ざるは地元野菜の天ぷら。

2012年4月26日(木) ■ 工夫走り ■ 大福:生後3661日目 

大福は、よく他所の犬達と走り回っている。これは、今に始まったことではなく、仔犬時代からそうだった。大勢で走り回るよりマンツーマンで走ることのほうが多いし、大福自身もそのほうが好みのようである。そして、一緒に走り回る子の飼い主さんもマンツーマンのほうが見ていて楽しそうだった。だから時には、複数の子達と交互順番に走り回ることも少なくはなかった。順番で次々に相手が替わる・・・。そう、まるでアトラクションのような感じである。

そんな走り回りだが、ほとんどの場合は、大福が追いかけられるパターンが多い。希に、大福が追いかけるパターンで走り回りが始まっても、巧く体勢を入れ替えて、自分が追いかけられるように仕向けているのが見ていてよく分かる。
いろいろな子を相手にして体力の消耗を心配されるが、実は、追いかけてくる子達のほうが体力の消耗は激しいと思う。何しろ、前を走る大福の動きを追って走るのだからコースを選べない。その点、大福は、自分の好きなコースを選んで走るのだから、自分のペースで走ることができる。この差は、体力の消耗度でだいぶ違うように思える。更に大福は、植え込みの間を縫って走ったり、急に方向転換したりとフェイントをかけながら走るから、追いかける子達は堪ったものではない。大福なりに体力温存のための工夫をしながらの走りのようである。

久しぶり。 さ、走るかね。 全力疾走。

2012年4月25日(水) ■ 嫌煙 ■ 大福:生後3660日目 

嫌煙家な飼い主である。ま、タバコを吸う奴は人は国家にとっては良い人とも言えなくもない。何故なら、吸わない人よりも多く税金払ってくれてる訳だし、しかも肺がん発症率が非喫煙者よりも高いことは医学的に証明されてる訳だし、結果、早死にしてくれるから年金も少なくて済むからね。だから、国はタバコを売るのである・・・ともしてしまうのは極論か?

とは言え、愛犬家を自負している飼い主の喫煙者ってのもどうなのかなぁ・・・。受動喫煙の被害は人よりも大きいことは言わずとも分かるってものだろう。だから、アホ飼い主である自分ではあるが、喫煙愛犬家(自称ね)のことは、全く認めていないのであーる。出来れば、大福にも近寄らないで欲しいぐらいだ。

それにしても、タバコの吸い殻をまとめて道路に捨てていくドライバー、どうにかならないものかね?

何とかならないものか・・・。 気を取り直して遊ぼうかね。 楽しそうだね。

2012年4月24日(火) ■ 気持ち良い日 ■ 大福:生後3659日目 

もう、この暖かさは夏に向けてのものと考えて良さそうと思える穏やかで気持ち良い一日だった。

夕方散歩は、久しぶりに第三台場に行ってみた。もう、海に足を入れて遊んでいる子供達もいて、景色はもう初夏そのもの。大福も砂浜を走ってハイテンション。そのテンションに吸い寄せられたのか、どこからともなくチワワが登場して大福を追走。大福にしてみれば嬉しいハプニングで、チワワが息切れするまで走り回って大喜び。
それにしても大福は、ホント、いろいろな犬達の相手をして遊んであげてるなぁ・・・(遊んでもらっているとも言えるが・・・)。
大福の写真も笑い顔が増えてきてるってことは、これいよいよ暑さがやってくる予兆かなと・・・。

チワワと一緒に。 近すぎてレインボーブリッジに見えない・・・。 第三台場からお台場を。

2012年4月23日(月) ■ 嬉しい瞬間 ■ 大福:生後3658日目 

恐るべし大福の神通力。シャンプー日の今日、やってくれました雨降り日。まったく「シャンプー日限定雨女」なのである。一週間ほど前からの天気予報で、今日はずっと傘マーク。はぁ〜、やれやれ(´Д`。)

朝散歩から、ポツポツと雨降り。天気予報め、なかなかやるじゃないか。ま、こればかりは仕方ない、と気を取り直してシャンプーに出発。道もほとんど混雑しておらずスムーズに旧地に到着。いつものようにトリマーさんに託して用事を済ます。そして、シャンプー終了の連絡をもらって迎えに行く。迎えに行くといつも通り、外向きのガラス戸にへばり付いている大福の姿が目に入る。いつ見ても嬉しい姿である。こんな飼い主を首を長くして待ってくれている・・・飼い主冥利に尽きる嬉しい瞬間である。

今日は、シャンプー終えてから、先日の血液検査の結果も聞くための診察も受けた。診察後は、これまたいつも通りにガッちゃんに挨拶。雨降りだったが、充実の一日とあいなった。

迎えに来たよ。 ありゃ、ありゃ。 あは、抱っこされちゃった(-_-)

2012年4月22日(日) ■ 習慣化 ■ 大福:生後3657日目 

土日の散歩はいつもと散歩コースの景色がだいぶ違う。平日と同じ時間に散歩に出てもいつも見かける犬や飼い主さんにあまり会えない。やはり、お休みの日は朝遅く起きてゆっくりしているのだろう。でも、我が家は平日も土日も変わらずな朝散歩だ。

犬の飼い方・・・みたいな本によると、犬に対して規則的な習慣をつけないように・・・と書いてあることが多い。理由は、習慣づけしてしまうと飼い主の都合を無視して習慣化された行動を催促するようになるとのこと。更には、その催促の仕方が、吠えるという行動を伴ってくる場合も多いとか。
ふむ、なるほど・・・とも思えるのだが、習慣化して悪いことばかりなのだろうか?僕なんかにしてみれば、習慣化されたほうがむしろ楽なのである。決まった時間にご飯を食べて、決まった時間に散歩して、決まった時間に寝て・・・。このほうが自分の時間を持ちやすいように思えるのだが、どうなのだろう。

見つけたねぇ。 イイよ! 持って来てぇ。

2012年4月21日(土) ■ 犬年齢 ■ 大福:生後3656日目 

数年前の今頃、いつも頼んでいるフード会社から電話があった。「大福ちゃん、お誕生日おめでとうございます。7才になりましたので、そろそろシニア対象フードへの切り替えを提案させていただきます。当社のフードは・・・」と丁寧に説明してくれた。が、いまだにフードは以前同様に、大福オリジナルミックスとベジタブルフードの2種類を調合してもらってる。

犬の本などに犬年齢の人間との対比表みたいなのがよく載っている。その表によると、犬年齢の10才は、人間の56才に相当するらしい・・・。その通りだとしたら、大福はずいぶん若いなぁ・・・と思ってしまう。と同時に思うのは、その表、アテにならないんじゃないの?ってこと。
犬の本など見てて思うのは、大きな括りで結論出し過ぎな感じがする。人間だって、いろいろな40代もいるし、50代もいる。そう、やはり個体の括りが必要なんじゃないのかなぁ・・・。

と言うわけで、誕生日など単なる日常の通過点でしかない大福なのでした。

遊びますか? 持って来てぇ! 走れ走れ。
起伏、なんのその。 この後ろ脚が堪らん(^o^ゞ お腹、つきそうだし・・・。

2012年4月20日(金) ■ 箱根桜 ■ 大福:生後3655日目 

誕生日の翌日の今日は、朝散歩終わりで箱根まで遠征。ほとんどタッチして帰って来るだけなのだが、もしかするとちょうど桜が満開かも?と淡い期待を持って出発。ところが、今日はずいぶん肌寒くて御殿場インター降りた時の気温は10度ほど。ちょっと桜はまだ早いのかな?と思って運転していったら、目の前が一気に桜色に・・・。咲いているじゃないの!それも見事なほど満開で!

と言う訳で、このポイントも花姫号・大福の桜ポイントとしては定番。薄曇りの桜をバックに花姫号と桜を撮ってきました。ちなみに、仙石原のほうはまだ桜が咲いていないとのことでした。

満開過ぎだ。 桜並木を散策。 柴と桜・・・似合うなぁ。
遠くの桜も綺麗。

2012年4月19日(木) ■ 10年前の今日 ■ 大福:生後3654日目 

10年前2002年(平成14年)はどんな年だっただろう?一番思いつくのは『韓日共催ワールドカップ』が開催されたこと。ワールドカップが始まる直前の韓国(ソウル)に旅行に行った思い出もある。当時、愚サイトで日記と称して毎日200文字以内で駄文を記していた。それを見てみると表題は「グローバル・パスポート」。当時使っていた携帯電話を海外使用できる物に機種変更したと書いてある。ソウルへ行くことを見込んでのことだったのだろう。

その年の1月15日に先代柴の福が亡くなって上半期は決して明るいものではなかった。ショップから、2頭ほど「会ってみないか?」との誘いを受けていたが、どうしても会う気にはなれなかった。ショップは、「会って気に入らなければ別の子を探しますので・・・」と言うが、会ってしまって気に入らないなど言えるはずもない。会うことは、迎え入れることと同じである。まだ別の子を迎え入れる気にはなれなかったのである。

そんな思いをしている時に、鹿児島の日置市というところだと思うが、名前も知らないその土地の犬舎で1頭の男柴と3頭の女柴がこの世に生を受けていた。その日から2ヶ月ほど経ってから、その中の女柴と大きな縁を持つことになろうとは夢にも思わなかった。その女柴の血統名は『花姫号』。そう、後の大福である。

今日は大福の10回目の誕生日。いよいよ2桁世代の仲間入りである。犬業界では、7才頃からフードも含めてシニア扱いになる。もちろん、いつまでも若いわけでないことは犬も人も同じ。そして、もう一つ同じなのは、若い気持ちを決して忘れてはならないこと。大福には、イイ意味で、幼さが抜けないようしてあげたいな。さ、週末はお祝いしなきゃね!

花姫号。 ツチノコ。 耳だし寝。
生後2ヶ月ほど。 この頃からカメラ目線。

2012年4月18日(水) ■ 姉さん座り ■ 大福:生後3653日目 

大福がまだ2才の頃、ネットで「柴犬姉さん座り隊」というのがあってエントリーして入れてもらったことがある(2004年6月25日分参照)。
以来、姉さん座りを目にすることは非常に多い。広場のベンチの上での姉さん座りの写真には訳がある。実は、それらの写真撮る前にはアホ飼い主も横に一緒に座ってオヤツタイムをしているのである。そして、オヤツを食べた後におもむろに立ち上がって写真を撮る・・・こんな段取りである。
もちろん、一人で勝手に姉さん座りをしているシーンもあるので、きっと楽な姿勢なのだろう。でも、オッサンのように見えてしまうことも・・・(^_^;)

ダラァ〜。 グネェ〜。 デレェ〜。

2012年4月17日(火) ■ 晴れの日が好き ■ 大福:生後3652日目 

朝起きてカーテン開けて、お日様に陽射しが見えると、その日の気分が決まる。朝起きて、カーテンを開けるまでもなく雨音が聞こえたりすると、やはりその日の気分は決まる。どちらも大事な瞬間である。

大福は、その辺のこと、どう思ってるのかなぁ。見てる限りでは雨の日より晴れの日のほうが好きのように見えるが実際のところは分からない。雨の日が嫌いだとしたら、それは雨自体嫌いなのではなく、雨のためにカッパを着なくてはいけないことが嫌なことなのかもしれない。実は、雨降りは好きだったりして・・・。

なんて思いつつも、今朝のように抜けるような青空晴天の下で嬉しそうにキョロキョロしながら歩く大福を見ていると、誰でも雨より晴れのほうが好きだよなぁ・・・とシンプルに思うのであった。それにしても、今朝の青空は素敵だったね。

抜けるような空と海の青色。 ハーバーも誰もいない。 鴨は諦めたみたいだ。

2012年4月16日(月) ■ 土日の散歩 ■ 大福:生後3651日目 

土日の朝散歩はアチコチの会場?に飼い主と犬との塊(集団)がたくさん出来ている。散歩に来てるんだか喋りに来てるんだか・・・といぶかる気持ちもなくはないが、これも今時代の犬との生活には欠かせないお散歩模様なのだろう。
そんな集団に馴染んでしまうと、抜け出せなくなってしまう可能性大なので、土日の散歩は平日とは違うコースで散歩している。新しい散歩コース探索にもなるので、土日の散歩はそれなりに楽しい。一方の大福。集団に近づけば、知った顔の犬達にたくさん会えるのだが、自分だけ走り回ったりボール遊びをするのもちょっとはばかられるので、皆には会いたいし遊べないし・・・で、痛し痒しというところか。で、結局、人のいなそうなところに行ってボール遊びなんかしちゃうというのが、土日の散歩になってしまうのであった。

顔が出た。 仁王立ち。 起伏多し。

2012年4月15日(日) ■ 退屈の真意? ■ 大福:生後3650日目 

人の生活の中で「退屈」は決して良い状況を示す言葉ではないように思う。では、退屈の反対に位置する言葉は、「忙しい」にでもなるのだろうか?もし、忙しいがそうであるなら、けっしてそれも良い状況を示しているようには思えないがどうなのだろう。

では、犬の場合はどうなんだろう?「忙しい」よりも「退屈」のほうが良い状況を示しているような気がする。飼い主とのお出かけで忙しくすることは、一見、楽しそうな感じがするが、それはあくまでも飼い主からの視点でしかないような気がする。
それよりは「退屈」な状況のほうが、犬らしく平和な感じがする。確かに家の中で、ヘタすると一日中眠っているのでは?と思うような時がある。でも、それをどうして退屈=つまらなそう・・・と言えようか。

もちろん、犬になったことがないので想像の域でしかないが、飼い主と同じ天井の下にいて、飼い主の動きが逐一分かっている状況。これって、犬的にはかなり安心できるという意味も含めて楽しいことなのではないのか?飼い主が外出する時、一緒に行きたいのではなく、置いて行かれたくないと思っているのでは?飼い主と一緒ならお出かけしなくても楽しいのでは?・・・なんて思うようになったこの頃なのである。

目は開いているが・・・。 起きてたか・・・。 間もなく本寝になる。

2012年4月14日(土) ■ 土曜雨伝説 ■ 大福:生後3649日目 

明日は、中山競馬場で皐月賞が行われる。この頃は競馬に対する関心もずいぶん低下しているのだが、一応、G1レースの行方は気になるので、土曜競馬なる番組を見ていた。すると、番組の中でアナウンサーが、こう言うではないか。「2ヶ月の土曜中山競馬も今日が最終日。8日間の開催のうち7日が雨でした」と・・・。

やっぱりそうだったか・・・。どうも土曜日は雨が多い気がしていたが、晴れたのは先週だけだったとは・・・。そう、今日も雨。それも一日中。かくして朝夕の散歩は当然、カッパ隊だったのである。この土曜日の雨伝説?いつまで続くのだろう・・・。

頭、降ろして寝ればイイのに・・・。 そうそう、そのほうが楽でしょ?

2012年4月13日(金) ■ フルコース ■ 大福:生後3648日目 

今日はシャンプー日。「シャンプー日限定雨女」な大福なのに今日は朝から晴天。あら、珍しい・・・。でも、それには訳がある。と言うのは、今日のメインイベントは、シャンプーではなく。トリミングハウスに隣接する病院で行われる・・・。そう、春のこの季節の定番イベント、狂犬病予防接種とフィラリアの血液検査があるのだ。しかも、それだけじゃない。生化学血液検査と甲状腺検査、触診による健診などもあったのである。シャンプー単体のジンクスや神通力の出る幕もないほどの強力な布陣だったのである。

朝こそ、春の花咲く散歩コースを気持ち良さげに散歩してた大福だが、シャンプーに預ける時は何気に不安そうな顔して振り返っていた。何か嫌な気配を感じてたんだろうな、可哀想に。代わってあげれば良かったか?←バカ。
何とか、フルコースメニューも終了。帰りには、ガッちゃんに挨拶して帰宅したが、さすがにお疲れの様子で爆睡王。大福、今日は本当にお疲れ様&ご苦労様でした<(_ _)>

朝はお花と一緒。 置いて行かないでぇ・・・とでも言ってそう。 ガッちゃんにご挨拶。

2012年4月12日(木) ■ もうすぐお披露目 ■ 大福:生後3647日目 

昨年からずっと立たされ坊主のお台場のガンダム。来月19日には『ダイバーシティ東京プラザ』がようやくオープンするので、寒い冬を堪え忍んで?やり過ごしたガンダムが、いよいよ正式お披露目になる。良かったよぉ、やっとチヤホヤされるぞ!
で、どんな感じで、その日を待ち構えているのか?気になって、夕方散歩でチェックしに行ってみた。もう少し全体が見えるほど出来上がっているのかな?と思ったが、意外にもいつもと同じで閑散としていた。中国人らしき観光人が少々いたが、少人数なのに20人ぐらいいるほどのうるささは何とかならないものなのか!おいおい、コッチに来たぞ。逃げよっと。

せっかくガンダムを陣中見舞いに来たのに、中国観光団の暴挙に触れそうだったので、さっさとガンダム広場(勝手に命名)あとにした。そうそう、相変わらず立たされ坊主のガンダムだったが、少し綺麗にしてもらったみたいで白いところはちゃんと白くなっていたような。さ、来週はいよいよ本格的なお披露目だからね、頑張って!

帰りに銀座までお出迎えに。 立たされ坊主のガンダム。
数時間会わなかっただけなのに・・・。

2012年4月11日(水) ■ 三本桜 ■ 大福:生後3646日目 

今日は雨予報。それも荒天になるかもとのことなので、都内の桜も今日が見納めかもしれない。桜と蝉は似ているのか?どこか潔いというか儚い・・・。
今朝の散歩は、三本桜が咲く、いつも慣れ親しんでいる広場を散策。まだ細い三本桜だが、しっかりと満開に咲いていて今季の有終の美を演出してくれていた。そろそろ、花びらの落ちる量も多くなってきた桜の木の下を、大福はどんな思いで歩いていたのだろう・・・。きっと、「あー、やっと桜との記念撮影から解放されるわい(^。^)♪」なんて感じなのだろうなぁ・・・( ̄^ ̄)ゞ

満開維持。 地味綺麗な桜。 桜と走る柴族。

2012年4月10日(火) ■ 嬉しい春 ■ 大福:生後3645日目 

昨日今日と気温は20度超え。少し前の寒さが懐かしく思えるほど季節が変わった感じがする。飼い主の気のせいかもしれないが、ボール遊びをする大福もどこか嬉しそうに見える。元気さという点では、冬の寒い時季のほうが元気のようだが、嬉しさという点では明らかに冬よりも今の季節のほうが、一つ一つの表情が嬉しそうに見える。
柴犬には、日本の四季を感じさせることが一番の健康法であり、必要なこととも言われる。いつの間にか短くなってしまった春と秋の季節だが、厳しい暑さがやってくる前に、春の季節をたくさん感じとって欲しいものである。

顔、近! 無事にキャッチ。 意気揚々。

2012年4月9日(月) ■ 飲み物は水だけ ■ 大福:生後3644日目 

大福の日常生活を見てて思うのは、食べ物こそ人間が食べる物も与えてるが、こと飲み物に関しては水しか飲ませてないなぁ・・・と言うこと。いや、もちろん、それでイイのだが、大福の白地図の中で「飲む物は、水」だけなんだなと思うと何だか悲しいのとは違うのだが、鼻の奥がツンとしてくるのである。お酒やジュースなど飲む必要はないが、水しか知らない世界・・・なんだか愛しくなってしまう。

そんな大福の飲み物としての水。昨年の東日本大震災の二次災害である原発事故。水道水も放射能汚染されているとの話が世間を一人歩きして、スーパーやコンビニの商品としての水が品切れ続きになっていたことは記憶に新しい。我が家は地震前からあまり水道水は飲まなかったので、大福も蒸留された水を飲んでいた。だから、大福は地震前も後も飲む水に変わりはなかった。
被災地の人達には申し訳ない言葉だが、時間の経過につれて、水に対する意識も低くなってきた我が家。ちょっと薬を飲む時、歯を磨く時など何の違和感もなく水道の水をクチにするようになってきた(少なくても僕自身は)。危機意識?・・・いい加減なものである。

しかし、そんな中で、大福だけは水道水を飲むこともない。散歩に出ても公園の水飲み場の水も飲んでいない。保温機に入れた水を家から持って行っている。おいおい、大福が一番、安全な?水を飲んでいるってことか・・・(-_-)

へー、平気なんだ。 浅寝。 深寝間近。

2012年4月8日(日) ■ 花姫号の受難 ■ 大福:生後3643日目 

今年の桜は昨日今日が恐らくピークだろう。であればと、今朝も散歩終わりで都内をフラッと桜行脚。昨日写真を取り損なってしまったアークヒルズと六本木ヒルズにまず行ってみる。続いて、青山墓地を通ってみたものの8時前だというのにかなりの人出で車を停められずで通過のみ。ココまで来たら乃木神社に行って、しだれ桜にチャレンジを・・・。お、こちらはまだ人も少なく、イイ場所で記念撮影が出来たなり!

乃木神社まで来たら、赤坂サカス、日枝神社、弁慶橋。そして、皇居に回って、千鳥ヶ淵に靖国神社も・・・と欲張りたいところだが、大福もゲンナリするだろうから今日はこの辺でやめとこ。
4月生まれの大福、血統名は『花姫号』。何とも受難な名前と季節のようだ。ゴメンね、ゴメンねぇ〜。

乃木神社。 アークヒルズ再び。
六本木ヒルズ。

2012年4月7日(土) ■ アーク桜まつり・・・ ■ 大福:生後3642日目 

いよいよ桜満開。都内の桜の名所は今日明日が花見のピークとなるだろう。お花見のポイントは、皆それぞれにお好みのところがある。我が家のお好みもいろいろあるが、その中で定番となっているのが、溜池のアークヒルズ。ここも桜坂なる坂があり、桜の名所となっている。

この地区は、「桜まつり」と名で、毎年桜の季節の金曜土曜日曜の3日間だけイベントを実施している。メインの通りを歩行者天国にして歩きながらの桜見物を楽しんでもらえるようにとの配慮がなされている。
ところが・・・、ここ数年どうも3日間の選択ミスで桜の開花とマッチングしていない年が続いている。今年もイベントは一週間前。今週にしていれば、どれだけの賑わいになったことか・・・。残念なことである。

しかし今日、年中行事の一環として行ってみた。歩行者天国にはなっていないのはもちろんのことだが、久しぶりに晴れの土曜日と言うこともあって、大勢の人で賑わっていた。大福にしてみれば、花より団子なのは分かっているが、我が家の年中行事なんだからと付き合ってもらっているのである。ご苦労さん。

見事な咲き具合。 歩行者天国じゃないよ。 桜でいっぱい。

2012年4月6日(金) ■ 花より柴団子 ■ 大福:生後3641日目 

朝散歩してたら、暖かさのせいか何となく浮かれた気分に。で、もって、大川端の桜を急遽見に行くことに決定。車を停めて隅田川を渡る際に、出勤らしき人とすれ違ったが、皆何となく嬉しそう。春ってのは人の気持ちを和やかにさせる絶大なチカラを持っているのかなぁ・・・。

川岸の遊歩道に降りて行こうとしたら、遊歩道を歩く柴犬を発見?まさか、知り合い柴のダイスケ君ってことはないよな、いくらなんでも、それじゃ出来すぎだもんね。などと思いながら階段を下りていったら、「大福ちゃん?」なる声が・・・。ガハッ、やっぱりダイスケ君だった。久しぶりの再会だが、本人達はいたってクール(少なくても大福は)。せっかくの再会なのに先を急いでる風の大福だったので、挨拶程度のお話しをして、いよいよ桜散歩開始。
やっぱり綺麗だなぁ、隅田川沿いは。この地は、昔住んでたところなので、懐かしさもあってちょっと思い入れが強い。高層住宅も当時は一棟だけだったのに、今では何棟も建っていて景色が全然違う。しかし、川沿いの桜は変わることなくその美貌に揺らぎはない。この季節の大川端マンション群は好きだなぁ。

一筆書きのように、マンション群を一周して、振り出し地点に向かっていると、前方に柴族が2人。遠目に、1人は先ほど別れたダイスケ君であることは確か。近づいてみると、もう1人は、元気の良い色白?の赤柴くんだった(あれ?名前忘れた・・・ルイ君?ルウ君?・・・失礼!)。
挨拶もソコソコに遊びモード全開。2人がフレキシブルリードだったので、大福はリード外させてもらった。絡んじゃうし、手足に巻き付いて締まると危ないしね。いやぁ、走る走る。3才と1才半の男柴相手に大福は全開。けっこう急斜面なのにかなりの勢いで皆走り回っていた。そして、走りを中断すると男柴2人が組んず解れつのジャレ合い開始。その勢いは大福を巻き込んでパワーアップ。皆体を寄せ合ってまるで団子状態のジャレ合い。その様はまさに、花より団子。いや、花より柴団子であった( ̄^ ̄)ゞ

春のうららの隅田川。 桜庭園も春色。 桜アーチが綺麗。
肌寒くはあるんだけどね。 柴族と走り合い。 で、柴団子。

 
2012年4月5日(木) ■ マズルがあるからね ■ 大福:生後3640日目 

面白いねぇ。大福に限らず柴族は、下にあるモノを顔を正目に向けたまま、目だけで見ることが出来ないんだよね。下のモノを見る時は、顔ごと下向かなきゃ見えない。それは・・・、そう、長いマズルが障害物になって下が見えないのだ!分かんないよねぇ、鼻が低い日本人や東アジア諸国の外人離れした人々には・・・。
そんな大福が、ボール遊びの時に、地面にあるボールをガッツリ下向いて見つめてる時の仕草は何とも可愛いのである、オッホン。

真下ガン見。 ちょっと大きいか? はい、まだやるのね。

2012年4月4日(水) ■ 丸柴 vs 細柴 ■ 大福:生後3639日目 

夕方散歩で出会ったニューフェイス、生後4ヶ月のアズキちゃん。まだ骨格が仔柴と言っても細いなぁ。大福が超巨体に見えるもの・・・。大福、痩せてはいないがデブと言うほどでもないんだけどなぁ。獣医師は、もう少し痩せてとか言うけどね。

さて、人間男性の場合で言えば、細身の女性が好きだったり、太めの女性が好きだったりと様々。これは、柴好きにも言えるようで、キツネやオオカミのようにスリムでシャープな柴犬がお好みの方もいる。そして、ポッチャリ、デップリなどこか緩い感じのタヌキ系の柴犬が好きな方もいらっしゃる。
柴犬と言うだけで、無条件に可愛くなってしまう柴族であるが、個人的には、タヌキ系の柴犬が好きかなぁ・・・。と思いながら大福を見て目を細めるアホな飼い主なのである。

細っ! 後ろをチョコチョコ。 大人げなく走る丸柴・大福。

2012年4月3日(火) ■ 大福の狩り ■ 大福:生後3638日目 

今日は先週の土曜日の春の大嵐よりもっと大きな嵐になるらしい。その名も「爆弾低気圧」とか。気象庁が前日に記者会見を開き、国民に注意を促すなんてことはまず聞いたこともなかっただけに、きっと本当に大荒れの天気になるんだろうな・・・。

と、呑気に思ってしまうほど、午前中は嵐の気配をさほど感じることもない天気。そんな呑気な気持ちは、人形町を通った時に更に強まる。人形町の交差点で信号待ちしてたら、後部座席で大福がいきなり立ち上がり窓から外の様子を見ている。そして、甘え鳴きの声をかすかにあげる・・・。

よく分かってるんだなぁ・・・。この頃、少しご無沙汰していたが、実は車が停まったところは、鶏肉屋『鳥近』のすぐ横。大福が大好きな場所なのである。何しろ名物の焼鳥を「顔パス?」でいただけちゃう店だもの・・・。
大福のリクエスト?で急遽、車を横に寄せてお店にお立ち寄り。まだ朝早いので焼き物もさほど並んでいない。大福、放してあげたらお店に向かってツカツカ。中を覗き込むように「誰かいませんか?」状態。
そして、出てきてくれました。大福をとても可愛がってくださるお店のオネエサンが。大福、「ちょうだいビーム」や「スリスリ攻撃」の大攻勢。そして、いただきました!「手羽先」を!いつもいただく「ハツ串」はまだ焼き上がっていなかったが、手羽先ゲットとは、こりゃぁ朝から縁起がイイぜぇ( ̄^ ̄)ゞこれ、大福にとって立派な狩りなのである。
さすがに、手羽先全部与えるわけにはいかないので、先っちょの肉を少し与えたが、大福、普段は大きな塊には二の足踏んでしまうのに、ココの焼き鳥には食らいつく。今日の手羽先にもガブリ!やっぱり、美味しいもののチカラはすごいんだなぁ・・・と妙に感心したり。

いつも、商売モノを大福にすみません。ホント、ありがとうございました<(_ _)>何かお礼でもしなきゃな。いつもいつもだし・・・。
そして、「爆弾低気圧」。予報通り夕方からガッツリやって来た。電車は止まり、傘も差せないほどの大豪風雨。その規模たるや台風以上のモノだった。

店前に居座る柴犬。 くださなビーム炸裂中。 続いて、スリスリ攻撃。
手羽先ゲット。 ぎゃっ!食らいついた! 記念撮影。

2012年4月2日(月) ■ お初です ■ 大福:生後3637日目 

Twitterから初めてFacebookでもお付き合いいただいている方が用事があって上京された。勝手なながら、お忙しい上に貴重な時間を割いていただき、生大福とご対面していただいた。写真では見ていただいているのだが、やっぱり3D大福、生大福に触れていただければと思い無理をお願いした。

幸い、今日は晴天だったが、実は本来であれば、今日はシャンプー日。それを予定変更して先週の土曜日をシャンプー日としたのだが、「シャンプー日限定雨女」の大福の神通力は、その日を春の大嵐の日としてしまったのである。もし、今日の午前中にシャンプーを決行していたら・・・と考えると恐ろしくなってしまう。しかし、何はともあれ晴れ日となって何よりだった。

お時間あれば、広場で大福と遊んでいただいたり、一緒にカフェでお話しをとも考えていたのだが、あいにく時間もなくて、チョロッと触ってのご対面だけになってしまった。そう言えば、昨年、愛犬柴を亡くされていたんだなと途中で思い出し、もっと違う形での初対面にすれば良かったと後悔後悔。不手際もあり、しっかりお持てなしできずで、それも後悔。次回はキッチリお持てなしいたしますので<(_ _)>

観察。 飼い主を見ているようだ。 ご対面。
見返った・

2012年4月1日(日) ■ もう4月?まだ4月? ■ 大福:生後3636日目 

3月も終わって、もう今年も1/4が経過・・・。ちょっと早すぎじゃないですか?世の中的には新年度となるわけで、正月に一年の計は元旦にアリとばかりに、今年の目標を立てながらも早々と挫折した人も多いはず。新年度という名分のもとに、新たに心機一転を計る人達も少なからずいるはず。残り3/4を良い年にしたいものである。

さて、大福。柴仔犬のゴン太くんにご挨拶。初めて出会って2ヶ月ほど経つが飼い主から見れば見た目こそ変わらないのだが、大福の目利き?は違うようである。明らかに初めて出会った頃や一ヶ月前の時と接し方が違う。もう、だいぶ成犬扱いをしているように見える。もちろん、それは大福からの視点であって、ゴン太くんにしてみればいつもと同じように接してくるが、たまに大福に喝を入れられて、その度にタジタジ(と言っても、その場だけのことであり、凹んではいない)。ふうむ、やはりこの時期の仔犬の成長スピードは速いんだなぁ・・・。

イイ顔になってきたね。 何話してんのかな? 一緒に行ってみる?


福と大福の間TOPに戻る