2012年7月の最初へ↓
2012年7月31日(火) ■ 夏時間定まらず・・・ ■ 大福:生後3757日目 

7月も今日で終わりなのに、「夏散歩の正しい時間」がいまだに決まらない。いつもなら、7時に出発するのだが、夏の7時はもう暑い。かと言って、6時半も6時も、それほど暑さに関しては変わりない。昨日、5時前に出て行ったら、だいぶ暑くないのでビックリ(涼しいのではない)。しかし、当たり前だが、6時はすぐにやって来て暑くなってしまう。んー、どうしたものか・・・。でもって、今朝は、5時半に出発して潮風公園に。んー、これは実に中途半端。暑くない気配は最初から皆無。アッと言う間に暑くなってしまった。さて、明日から8月。どうしよ・・・。

夏の絵ですねぇ・・・。 仁王立ってみる・・・。 ここで帰りましょうよ。

2012年7月30日(月) ■ この暑さはキツイ ■ 大福:生後3756日目 

いやぁ、ちょっと暑すぎるなぁ。大福も今年の夏はちょっと苦戦気味。体のアチコチが痒いようだし、具体的に湿疹など出てる個所もあるし・・・。今、大福は2週間に一度のシャンプー。本当はもっと間隔を狭めたほうが良いのかもしれないなぁ・・・。臨機応変にケアしてあげないといけないのかも・・・。

柴犬は、あまり洗わないほうが良いとか、ヒドイのになれば、洗うべきではない・・・なんて説まである。人間だって、お風呂の後は気持ちが良いんだから、動物だって一緒だと思うのだが、どうなんだろ?と言うか、絶対に気持ち良いに決まっている。
ただ、問題なのはお風呂の後の乾かしだ。これ、自分でタオルで水を拭き取るなんて芸当はできるはずもない。せいぜいできるのは、自然乾燥、天日干し・・・。これで、柴犬は、皮膚病になる子が増えてしまう。家で洗うのはもちろん一番。でも乾かしがなかなかできない。ヘアドライヤーの風ではなかなかアンダーコートまで乾かせない。

そんな言い訳じみた長理由で、大福はトリマーさんにシャンプーしてもらっている。しかも、ちょっと問題症状ありだと併設している病院で診察もしてもらえる。アホでグータラな飼い主にとっては何ともありがたい存在である。周りの人達の尽力で何とか、この厳しい暑さを乗り切って欲しいものである。

嫌いじゃないんだよね、シャンプー。 でも、置いて行かれたくない。 オマケに診察まで・・・。

2012年7月29日(日) ■ ウチの庭 ■ 大福:生後3755日目 

家の前に車が辛うじて1台ずつならすれ違えるかという道幅の道路がある。その道路を隔てると、テナントビルがあって、そのビルの通行路となる芝生広場がある。しかし、この通行路、このビルに出入りする人の1割も使ってないように思う。理由は簡単で、もう一つの通用門のほうが駅からの道に繋がっているからだ。そんな人通りの少ない通用路、我が集合住宅や近隣の犬達にとっては格好の散歩コースとなっている。

特に大福のように、家の中で用足しもお仕事もしない犬達にとっては、大変ありがたい通用路なのである。夜寝る前にも広場に行って、チャチャッと用足しをして帰って来る。まるで自分チの庭のようなのである。ありがたや、ありがたや。

あぢぃね。 そうそう、芝生の日影にいな。 さ、帰ろ。

2012年7月28日(土) ■ 嘔吐に思う ■ 大福:生後3754日目 

この頃はあまりないが、大福は吐くことがある。お腹が空きすぎて胃酸のバランスが悪い時とか空腹時や食後とか。最初は驚いたものだが、長く付き合っていると吐きそうな時も何気に分かってくる。ただ、吐く大福にしてみれば嘔吐は、決して楽しく愉快なものではないだろう。
そして、トリマーさんによるとシャンプーの途中で吐く時もあるらしい。シャンプーも決して好きなことではないだろうから、恐らく緊張感からの嘔吐と考えられる。

大福は、毎晩寝る前に歯磨きをする。ただ、この歯磨き、人間のそれとは違い、歯磨きの後にクチの中を洗浄するような意味で水を含んで吐き出す・・・というような行為はしない。

などを踏まえてと・・・。飼い主は、外出から帰ってくると洗面所でうがいをする。毎朝晩、最低2回以上は歯磨きをする。ゴシゴシと歯を磨いて、クチの中の洗浄のために水をクチに含んで吐き出す。
それらの行為をいつも見ている大福・・・。この飼い主の行為をどう見てるんだろ?「ウチの飼い主、毎日、調子悪いみたいだな・・・」なんて思ってるかもしれないぞ・・・。

ふと、そんなことを思ったのであーる。

ドッグランの外側を闊歩。 誰もいないぞ。 橋渡るか。

2012年7月27日(金) ■ 散歩している場合なのか ■ 大福:生後3753日目 

灼熱ですな。日本はどうなっちゃってるんでしょ、ホント。ここまで暑いと散歩するのも考えてしまう。信号待ちなどでしゃがんでみる。しゃがんで地面から90cmほどの位置でもかなり暑いんだから30cmほどのところにお腹や頭の位置がある大福、もっと暑いんだろうなぁ。
「犬がいつも散歩したいと思わないでくださいね!」とか大福は言わないだろうけど、飼い主が気を回して察してあげないとイカンな。それにしても暑すぎ。

暑いと笑顔。 もう地面、暑いよ。

2012年7月26日(木) ■ 真夏の朝の走り回り ■ 大福:生後3752日目 

うーん、1時間ぐらい散歩時間を早めても気休めにもならない暑さだなぁ・・・。なんてボヤキ気味に歩いていたら、少し前のほうにジャックラッセルのキアラちゃんの姿を発見。ところが大福、なかなか視界に入ってこないようで気づかない。もう、目が良いのか悪いのか・・・。たまに驚くほど遠くのモノに反応しているかと思うと、何故にそんなに近いのに見えない?と思うこともある。いったいどうなってるんだろ?犬の目の構造って。今時まだ、カラーで見えてないとかの説ってあるんだろうか?

と言うわけで、今朝は久しぶりにプチ走り回り。やはり涼しい時や寒い冬の時の走り回りと違って、どこか気が入っていない。ちょっと走ったかと思うとすぐやめてそれぞれが匂い嗅ぎ探検隊。そしてまた、思い出したように走り回ってまたやめる・・・。真夏の朝の走り回りの図であった。

一触即発? 走りっこだった。
向こうが見えない。 久しぶりだったね。

2012年7月25日(水) ■ 散歩も善し悪し ■ 大福:生後3751日目 

今朝は、ハーバーのほうを散策。相変わらず人の出もほとんどなくて、目には楽しい朝散歩だったが、普段あまり水を飲まない大福なのに、今日は休憩の時に差しだした水にクチをつけていた。まだ完全に太陽が昇っていなくても地面に近い位置にいる大福にはさぞや暑いことだろう。多少運動不足気味になったとしても長い散歩は避けるべきだろうなぁ・・・。気をつけよ。でないと、大福に「犬がいつも散歩したいと思わないでください!」とか言われそうだし・・・。

誰かのニオイする? 誰もいないね。 今日も暑くなりそう。

2012年7月24日(火) ■ 暑さ知らずの遊び人? ■ 大福:生後3750日目 

天気予報エライ!早速、蒸し暑い朝をありがとう!いやぁ、気温20度ほどの真夏の奇跡を体験してしまったから、今朝あたりの暑さや日中の暑さが堪える。まだ、真夏日の温度スレスレなのに、これから大丈夫なのか?自分?・・・と自問してしまう。

その点、大福はやはり全天候型で暑さにもめげずで軟弱な飼い主に「遊ぼうよ」な目線をしっかりと注ぐ。目と目も合っちゃうし、見て見ぬふりもできまい。なので、My枝なんか取り出して遊び始めるのだが、大福少しも飽きない。むしろ、持って来いを繰り返すうちにエンジン全開になってきて、枝を取りに走る時に「うぅー」なんて気合いまで入る始末。おいおい、頼むから熱中症には注意してくれよ・・・と思いながら、日影で息を整える飼い主であった。

My枝。 暑いのによく遊ぶなぁ。 息上がってない。

2012年7月23日(月) ■ 今日から普通夏 ■ 大福:生後3749日目 

天気予報当たるなぁ・・・。涼しいのは昨日までで今日から暑さ復活、明後日からはまた熱中症にご用心なほどの暑さがぶり返すとか・・・。うーん、今朝の朝散歩での陽射しや暑さを見る限り、今回の予報も当たりそうだ。ここ数日、想定外の涼しさを体験してしまっただけに暑さが堪えそう・・・。まだまだ秋の声など遠いに決まってるわな。

暑いからやめようよ。 暑いんでしょ? 笑い顔=暑い顔ね。

2012年7月22日(日) ■ 今日までかな? ■ 大福:生後3748日目 

今日も昨日ほどではないが、涼しい中での朝散歩。でも、この異常とも思える低気温も今日までとか。この頃の天気予報の的中度は高いから、明日からまた徐々に通常の夏に戻って来ることだろう。でも、帳尻合わせのように猛暑日の連続ってのはだけはやめてよね。柴族の毛皮、けっこうビッシリなんだから・・・。

そうそう、テレビじゃ27時間テレビとかやってるけど、こんな番組やらなきゃどれだけ節電になるんだろ。と同時に、電力足りないなら、夏の時期だけでも、テレビ放送を深夜から早朝5時や6時まで休止すればかなりの節電になるのでは?原発ゼロのデモ行進も良いけど、この辺りにも着目して欲しいなぁ。テレビの報道じゃ、自分の首閉めるような問題提起はするわけもないから無理なことなのかな・・・。

飛行船が気になる。 匂いも気になる。 でも、気を取り直して遊ぶ。

2012年7月21日(土) ■ 長袖再登場 ■ 大福:生後3747日目 

寒い!涼しいではなく寒い!・・・何だ?この気候は?7月も終わりに向かっているのに、気温は20度そこそこ。涼しいのは嬉しいし散歩も楽だが、作物とか大丈夫なの?ホント、心配になってくるほど変な天候だ。子供達って今日から夏休みでしょ?こんなに薄ら寒い夏休みなんか今までなかったんじゃないのかなぁ・・・。ホント、心配になってくる。
と言うわけで、軟弱な飼い主は、長袖シャツを引っ張り出してきた今年のある夏の朝だった。大福は、雨上がりなので、腹あてで散歩ね。

雨上がり。 ワシワシ・・・。 さて?

2012年7月20日(金) ■ 冷夏? ■ 大福:生後3746日目 

週始めに梅雨明け宣言も出たが、今年の梅雨はほとんどなかったような印象が強い。関東が空梅雨だった雨量の帳尻合わせのように九州地区では「経験したことがない豪雨」に見舞われた。気象庁が通常使うような言葉じゃないから、尚更、その降雨量のすごさが分かるというものだ。ホント、日本の自然はどうなっちゃったんだろう?

と思ってたら、関東は今日あたりから気温がグングン下がってきた。明日はもっと涼しくなるとか・・・。柴族にとって涼しいことは猛暑よりはありがたいことだが、夏は夏らしく、冬は冬らしく・・・でないと自然体系に歪みが出てくることは必至。昨年の東日本大震災で日本の磁場がおかしくなってきてるのかもしれない。そう考えると恐ろしい気がしてくる。大福にはそんなこと関係ないみたいだが・・・。

ダッシュ! 持って来てぇ。 楽しそう。

2012年7月19日(木) ■ 同族意識 ■ 大福:生後3745日目 

犬は、自分の体格よりずいぶん小さい犬であっても、逆にかなり大きな犬であっても、同じ犬としての認識は間違いなくあるようだ。
では、人間のように日本人、外国人という大雑把な区別と同じような区別はあるんだろうか?そして、日本人が、あの人は日本人だ。では、あの人は韓国人?中国人?なんて風に思うようなことはどうなのだろう?
あー、あの犬は洋犬だわ。それも寒い国のね・・・とか。そして、あの犬は、日本犬だけど、柴族ではないな。甲斐犬か?紀州犬か?北海道犬か?とか・・・。更に細分化的に、おいおい、あの柴、縄文柴だよ・・・なんてことはどうなんだろう?
そんなこと考えながらの犬出会いは楽しい。

どうも・・・。 マッタリ。 狭いって・・・。

2012年7月18日(水) ■ 犬克服 ■ 大福:生後3744日目 

大福が住む住宅にも小さい子供達がたくさんいる。小さい時から犬と一緒に育った子もいれば、犬との生活はしたこともなく触ったことない子も当然いる。中には、犬が怖いと思う子もいる。そんな子は、通路で大福や他の犬を見つけただけで、怖がって壁際にへばり付いてしまったり、通路を戻ってしまう子もいる。怖いから当然、犬のことは嫌いである。

では何故、犬が怖いのだろう。一番考えられるのは、以前、犬に咬まれたりして怖い思いをしたことがある・・・だろう。犬に咬まれたらそりゃ怖いし嫌いにもなるわなぁ・・・。
次に考えられるのは、お母さんが犬嫌いである・・・だ。これも多いに考えられる。大好きなお母さんが犬を怖がったり嫌っていれば、その背中を見て育つ子は、本人が怖いと思っていなくても、犬は怖い動物=嫌いとなって当然だろう。
そして、犬を怖いとは思わないが、触った経験がない子。このパターンの子も意外に多い。

最初の、咬まれた経験がある子。この子の心を開くのはなかなか難しい。親でもない他人が克服させようと思うことは、難しいし思い上がりでしかない。でも、2番目と3番目のパターンの子については、犬に触れる機会さえあれば、犬が好きになる可能性は大変大きい。
だから、そんな子達には、大福に積極的に触ってもらうよう心がけている。幸い、大福は子供に触られても大人しくしててくれる。少しでも「犬克服」の役に立てればなと思うのである。

触ってもイイよ。 皆、犬好きになぁーれ。

2012年7月17日(火) ■ 睡魔に勝てず ■ 大福:生後3743日目 

今日はシャンプー日。ようやく梅雨明け宣言も出たようで、「シャンプー日限定雨女」は返上。いつもの年よりも梅雨らしい雨降り日が続いたわけではなかった今年の梅雨。それでも湿度は毎日高くて、犬達にとっては過ごしにくい季節であったことは例年と一緒。大福も高温多湿の天気で、いつもより皮膚の調子は悪くて痒がる姿をよく目にする。なので、今日もトリマーさんに丁寧にしっかりシャンプーしてもらってサッパリ。

シャンプー後に軽く診察もしてもらって、いざガッちゃんチにGO!勝手知ったるエレベーターと外廊を小走りで抜けて「お邪魔しま〜す!」と意気揚々に中に入れさせてもらったは良いのだが・・・。ゲ!ガッちゃん、よほど気持ち良いのかガッツリ爆睡中・・・。安眠妨害は避けて、オヤツだけいただいて帰ったとさ・・・( ̄^ ̄)ゞ

ガッちゃんチに行くよ! スタスタ。 ゲッ!寝てるし・・・。

2012年7月16日(月) ■ 夏到来 ■ 大福:生後3742日目 

もういい加減、梅雨明け宣言しちゃえば?と思うほど空は真夏の色になってきたし、暑さも猛暑と言えるほどになってきた。毎年、この時季は柴犬たちには気の毒である。なにしろ自前の毛皮をビッシリ装着しているんだから。高湿度も相まって痒い痒いで皮膚病になってしまう子も多い。バリバリと音が聞こえてきそうなほど必死で掻きむしる子もいるから、最低限、爪は短くしておいてあげなくてはね。

愛犬が暑そうで可哀想だと言うことで、いろいろ市販されているクールグッズを導入している飼い主も多いようだ。首周りが冷たくなるようにと冷え冷えの首輪のようなモノ。床に敷いてあげるクールマットのようなモノ。そして、究極は何と言ってもサマーカット・・・。どれも、我が愛犬可愛さからの愛情である。
でも、それって正解なのか?と考えるとだいぶ疑問である。大福なんか見てても、確かに被毛で暑そうだけど、大福は、この被毛(毛皮)を脱いだことがないから、脱いだ時の涼しさを知らない。これって、けっこう幸せなことなのではないのかなぁ。人間もダメでしょ?一度楽なことや気持ち良いこと経験しちゃうと贅沢になってしまうものね。だから、大福はいつも自然体。もちろん、エアコンぐらいは飼い主と同じ環境にしてあるけどね。
さ、頑張って、猛暑の季節を乗り切ろう!

凝視! キャッチ!

2012年7月15日(日) ■ 犬は心理学者 ■ 大福:生後3741日目 

ちょっと前の朝日新聞の科学ページで犬について特集されていた。タイトルは、「心も空気も読める犬」そして、サブタイトルは、「サルより優れた社会性検証」とあった。

その記事によると、動物の行動や認識をめぐる研究はチンパンジーだが、犬には最近までほとんど目が向けられていなかったそうだ。ふむ、確かに、チンパンジーを含めた猿の知能についての話は見聞きしたことあるが、犬の知能についてはあまり聞いたことがない。人間の3才幼児くらいの知能はあるとか、聞いたような気はするが・・・。
では、何故、犬についての研究がなされてこなかったというと、人間の最古の家畜とされている犬は、習性や生態が人工的に変えられる過ぎて、調べる対象として不的確とされていたからだそうだ。
それが、1990年代以降、犬の心を知りたいという一般からの要望が高まり研究が盛んになってきたとか・・・。

さて、貴女の中の実験検証例。中身が見えない容器2つの一つにオヤツを入れて、片方には入れない。中身がないほうを振ると音がしない。するとチンパンジーは、もう片方にオヤツがある・・・と論理的に判断するらしい。ところが、犬にはコレは苦手らしい。
ところが、人間が「コッチに入っているよ」と片方を指さして教えると、犬は簡単にオヤツがあるのはどちらか簡単に理解するが、利口と言われるチンパンジーは上手く理解できないらしい。

他にも同じような比較実験を幾つか繰り返す中で、チンパンジーと犬の違いを例えるのであれば、チンパンジーは「科学者」、犬は「心理学者」となるらしい。飛躍的な気もしないではないが、犬は理屈よりも飼い主や人間の言うことを信じることを前提にいろいろ判断しているようには思える。
だから、遊びであっても過度のフェイント(ボールを投げるふりをして愛犬を混乱させるようなこと)はいけないとなる。そう、犬の気持ちを裏切ってはイカンのだよね。

すやすや。 ごろり。 ヘソ天。

2012年7月14日(土) ■ バターになっちゃうぞぉ! ■ 大福:生後3740日目 

気象庁、困ってんじゃないのかなぁ・・・。九州地区の「想像もできない豪雨」のせいで関東の梅雨明け宣言ができないでいるのでは?豪雨に見舞われて生活の基盤まで失ってしまった九州中国地方の方には申し訳ないほどの長〜い「梅雨の中休み」。今朝もピーカンとまではいかなかったが、時にはお日様が顔出すほど梅雨とは言えぬ良い天気。ただ、雨こそ降ってはいないが湿度は相当高い。だから暑いはずなのに、大福、何思ったか急に一人走りを敢行。速い速い、生け垣の周りをグルグル大爆走。おーい、あまりグルグル回るとバターになっちゃうぞぉ!

Slow IN、Fast OUT 尻尾で舵取り。 よし!ダッシュ!

2012年7月13日(金) ■ 13日の金曜日 ■ 大福:生後3739日目 

今日は13日の金曜日。加えて仏滅と来ているから、恐ろしく注意深く生活せねばなのか?しかし、昔の特撮映画『妖怪大戦争』では、日本の妖怪達と西洋の妖怪達が戦っていたぐらいだから、13日の金曜日を仏滅で中和してしまうのかもしれないぞ・・・なんて思ったり。

映画『13日の金曜日』と言えば、邪悪ヒーローはジェイソンになるのだが、個人的に邪悪ヒーローは『エルム街の悪夢』のフレディのほうが好みだなぁ。結婚してから、ホラー映画は見なくなってしまったなぁ・・・。そんなことを考えながらの今朝の散歩。大福は、無邪気な顔してビニール袋で遊んでましたとさ。

・・・。 ・・・。 ・・・。

2012年7月12日(木) ■ 交番にお立ち寄り ■ 大福:生後3738日目 

朝散歩に持参した大福用の飲み水。ボール遊びをたくさんやったので、アッと言う間に飲みきってしまった。家に戻ってからね・・・と思ったが、ハァハァして明らかに水を飲みたがっているようだったので、町内の交番にお邪魔して「すみません、ちょっとお水をいただきたいのですが・・・」と厚かましいお願いを。
すると、ありがたいことに冷蔵庫の冷たい水を水筒に入れてくださった。ありがたいなぁ・・・。更に、実家に柴犬がいるとのことで、懐かしそうに、そして確かめるように大福を触ってくれた。そして、もう一人のお巡りさんも出てきてくれて何とも珍しい写真を撮ることができた。

いつだったか、迷い犬の保護した時に、この交番ではずいぶんお世話になったっけ。その時のお巡りさんはいなかったが、この若いお巡りさん達もいざという時に相談にのってくれそうだ。ありがたいことである。これからも町内の平和をよろしくお願いします<(_ _)>

撫で撫で。 お初です。

2012年7月11日(水) ■ 早朝潮風公園 ■ 大福:生後3737日目 

朝一で潮風公園に出没。何やら自主映画の撮影でもしているのか、ヲタクな感じの何人かがビデオ撮影してたが、まずはほとんど貸切状態で朝散歩。ほー、1時間違うと朝日の入り方もずいぶん違うもんだなぁ・・・なんて感心など。
まだ厳しくない陽射しを浴びながら気持ち良く散歩をしてたら、大福の尻尾に微妙な変化が・・・。ありゃ、巻尾が解けて伸び始めたぞ。何んだぁ?・・・と大福の行く手を目で追うと・・・。ぎゃぁ、人が行き倒れてる!!

はい、もちろん、事件事故の類ではない。何のことはない。潮風公園にお住まいになっている人だった。大福、怖いんだなぁ、こういう人。怪しいと言うよりも怖いんだなぁ・・・。
かくして、ハプニングの連続な朝の潮風公園散歩だった。

さて、どうしたものか・・・。 右?左?
日本じゃないみたいだね。 うわ!寝てるし・・・。

2012年7月10日(火) ■ これまた柴な距離 ■ 大福:生後3736日目 

朝陽が作る大きな影で体休める柴2人、宙ちゃんと大福。くっ付きすぎず、離れすぎず・・・。これまた微妙に微笑ましい柴な距離。この2人にとって気兼ねなく一番安心できて、一番心地良い距離なのである。面白いねぇ、柴族は・・・。いったい何を話してるんだろ?

間にもう一人は入れるよね? 安心な距離なの?

2012年7月9日(月) ■ 新スポットを野次犬 ■ 大福:生後3735日目 

大福の散歩コースに新しいスポットが昨日7月8日にオープンしたと朝のテレビで言ってたらしいので、散歩帰りに野次犬チェック。ふむふむ、ここか。アーバンアウトドアパーク『WILDMAGIC(ワイルドマジック)』という名前で、バーベキューやキャンプが楽しめる施設らしい。
昨日オープンの今朝ということもあって、ホントにやってるの?と言いたくなるぐらい閑散としていた。ノコノコと大福と施設内に入って行ってみたが、本来は入ってはいけないんじゃないのかなぁ・・・。でも、施設の人と挨拶交わしたけど注意はされなかったなぁ・・・。実際はどうなんだろ?もう少し経ってからまた行ってみよ。

BBQの匂いがすぐ隣を散歩の拠点としている犬達には魅力過ぎるのは確実である。犬達の動きが変わりそう・・・。

ココが入口みたいだ。 水はけ悪いな。 広いのは広いな。

2012年7月8日(日) ■ 気まぐれ天気 ■ 大福:生後3734日目 

今日は一日、どん天で曇りって天気予報で言ってたのに大ハズレ。最近の天気予報の正解率は高いよなぁ・・・って思ってたのに、今日に限っては大ハズレ。朝散歩はけっこうな降りの中の散歩になってしまった。
もちろん、晴雨兼用・水陸両用の大福には、あまり関係ないことなのだが、さすがに前夜の雨で足下がぬかるぐらいの地面コンディションだとお仕事する気持ちにはならなかったようだ。そんな訳で、今朝の散歩はショートカットな感じで終了。

ところが、お昼を回った頃から空は、アレヨと言う間に青空になり見事にピーカン。そして、気温も急上昇。もちろん湿度もね。何ともジェットコースターのような天気の日曜日だったのである。このぉ、気まぐれ天気め!そして、明日からまた梅雨の中休みとか・・・。気象庁、ビビって梅雨明け宣言できないのではあるまいか?

ビッショリだね。 おーい、水溜まりで立ち止まらないように! もう帰りますか?

2012年7月7日(土) ■ ドッグランねぇ・・・ ■ 大福:生後3733日目 

お仲間犬がドッグランに行って来たとか。普段は、活発なのにドッグランに入ったら一気にトーンダウンして元気がなくなったとか。飼い主さん、すごく不思議がってた。

犬にしてみれば、ドッグラン嫌いな子も多いはず。何しろ、無法地帯だもの。飼い主的には、リードも着けないで自由に走り回る愛犬の姿を見るのは楽しいに違いない。でも、ドッグランに入ったとたんに、好奇心の塊みたいな余所の犬達が一気にやって来て、囲まれて怖がってしまう子も多い。柵のコーナーに逃げて行き囲まれでもしたら、まさに雪隠責め。そして、逃げ場がないから恐怖心の反動から「咬む」ことを覚えてしまう子も多い。怖いこと、嫌なことある場合は、咬んで解決する・・・そんな図式を覚えてしまう子も多数。
ドッグラン、自分チの愛犬の性格も考えて安易に入れるのは良くないのであーる。

それだ! キャッチ! ふがぁ!

2012年7月6日(金) ■ 湿気の季節 ■ 大福:生後3732日目 

大福地区の関東は梅雨の中休みらしい。もちろん、パラパラッと降ったりはしているが、九州地区のような豪雨には程遠い雨である。どうしちゃったのかなぁ・・・ここのところの日本の天気は異常すぎる。東日本大震災がお天気の磁場を狂わせたのか?或いは、その逆で磁場の狂いが東日本大震災を引き起こしたのか?定かではないが、因果関係が全くないとは思えない。

空梅雨に近い今年だが、湿度の高さは相変わらず。大福には過ごしにくい季節である。分厚い毛皮を脱いだことがないから、毛皮ない時の涼しさは知らないだろう。それは何よりもの幸いだと思う。一度脱いだら、着たくなくなっちゃうものね。何とか、この湿気時期をしのいでいこうね。

めーっけ。 どうする? さてさて?

2012年7月5日(木) ■ 命綱 ■ 大福:生後3731日目 

リードは愛犬の命綱・・・名言だ。と、こんなオフリードの写真を載せながら何言ってんだ!?とお叱りの声も聞こえてきそう。んー、名言なんだけど、リード着けてれば安全なのか?と疑問もなくはない。世の中のルール通りに普通に生活していても、青信号で横断歩道渡っていても暴走車が突っ込んで命を奪われたり、集団登校で歩行路を歩いているのに車が後ろから突っ込んで命を奪われる・・・世の中、理不尽なことが多すぎる。

だから、所詮リードを着けても意味がない・・・という意味で言っているのではない。命綱となるには、命綱を着ける準備が必要なのでは?と思うのである。
リードというのは、本来、リードを着けずとも、愛犬がどこに行くでもなく大人しくできる犬であることを前提にして命綱となるのでは?と思うのである。リードを着けないとどこにすっ飛んで行くか分からないから危ない。だから命綱のリードを着ける・・・。正しいような気もするが、だいぶ違うような気もするのである。

愛犬が飼い主より前に出てリードをピーンと張ってグイグイ引っ張り歩く。逆に飼い主にリードを引っ張られながら後ろを抵抗気味に歩く・・・そんな散歩をよく見かける。でも、本来、リードを着けて愛犬と歩く一番の理想型は、愛犬と手を繋いで歩くような感じらしい。

ダハァ。 ウー。 イィー。

2012年7月4日(水) ■ 起伏大好き ■ 大福:生後3730日目 

今朝は起伏のある広場でボール遊び。大福、昔から平地よりも起伏あるところの大好きだ。起伏を登ったり下りたり、たまに跳び越えたりととても楽しそうだ。飼い主としては、コブのような起伏を跳び越えての着地で腰や足の骨でも痛めては?と心配はおおいにあるのだが、嬉しそうにボールを持って来る顔を見ててしまうとつい・・・。でも、冗談抜きに注意せねばね。やめさせると言うことではなく、サジ加減というか・・・。

ヤバイ!犬神家になりそう! まずは、お耳登場。
やっと全部見えた。 起伏は楽しいねぇ。

2012年7月3日(火) ■ 大福NAVI ■ 大福:生後3729日目 

大福車の後部座席は大福専用である。その後部座席でも助手席の後ろ側は大福の定位置である。だから、誰かが後部座席に座る時は、乗り降りは面倒臭くて申し訳ないが、運転席の後ろに座っていただく。

移動中の大福は、定位置の後部座席でくつろいでいる。その間、たまに身を起こして景色を見たりすることもあるが、ほとんどは身を低くして前の様子を見てたり、眠ったりして目的地に到着するのを待っている。
不思議なのは、目的地が近くなると声をかけてもいないのに、勝手に起きて外の景色を確認して降りる準備?をする。どんなに近い場所でも、遠い場所でも、目的地に近づくと分かるようなのである。まるで大福専用NAVIでも持ち合わせているように。

昨日、家族記念日のお祝いで大福が大好きな焼鳥を買いに人形町の『鳥近』に行った。大福に特に告げずに行ったのに大福は、案の定、近くまで来たら外の景色を見始めて降りる準備を始めた。そして店前に車を停めたらもう大変。降りたくて仕方ないようで、立ち上がって窓をカリカリ。そして、甘えるような声でクーンクーン。普段こんな仕草はしないのに珍しい。よほどお気に入りなのだろう、この店が。
そして、車を降りたら、店前に陣取って大好きなお店の人が出てくるのを待っている。そして、お目当てのお店の人が登場。大福が来てることを告げてたので、手には大好きなハツ串を持っての登場だ。そして、パクリ。もう一つ、パクリ。そしてまたパクリ・・・。大福、10回目の家族記念日に生まれて初めてハツ串一本食べちゃった!好きな店のはずである。

さて、大福NAVI。更新は随時。果たして、NAVIにはどんな地図とデータが描かれているのだろうか・・・。

お久しぶりです。 お見知りおきを。
ハツ串いただきます。 中、覗かないように(-_-;)

2012年7月2日(月) ■ 10回目の家族記念日 ■ 大福:生後3728日目 

今日はシャンプー日。ちょっとお天気が心配だったが、どうにか雨にも遭わずにシャンプー終了。もちろん、シャンプーは以前住んでいた旧地で。大福が、仔犬の時にずっと育った懐かしい地である。いつもシャンプーで行っているのに何故か今日はいつもより感慨深い飼い主・・・。

今日は、10回目の家族記念日の日なのだ。10年前の今日、2002年7月2日に大福は我が家にやって来てくれて我が家の一員になってくれた。いろいろな訳があって、遠路はるばる鹿児島から千葉にある我が家に来てくれたのである。生まれたのは4月19日だが、大福が産まれて母親の元で育っていた頃を知らないので、正直言えば、誕生日よりも我が家の一員になってくれた家族記念日のほうが感慨深い。

10年前の今日。あの日は晴天ですごく暑かった。大福の住まい?周りを整え、ショップが開店する10時を待って迎えに行ったものだった。大福は、6月中旬にショップにやって来たが、ワクチンの関係もあって2週間ほどショップの事務所で生活をしていた。ショップの方に「毎日会いに来てやってください」と言われ、真に受け毎日会いに行っていたが、きっと笑われていたことだろう。この頃から、もうアホ飼い主丸出しだったわけである。
大福は、鹿児島を発つ前から名前が決まっていたので、事務所でも「大福」として接してもらっていた。トイレも家で使う予定のモノを事務所で使ってもらっていた。オモチャも家で使うモノを使ってもらっていた。だから、大福は家に来てくれてからも、それほど違和感なく生活できていたように思う・・・。

それから、毎日毎日一緒に暮らして、引越しもして・・・。どう考えても家族の一員でしかない。大福が来てくれてから、海外旅行やいろいろなことも封印したので自分の世界はだいぶ狭くなったが、それに見合う、いやそれ以上のものを与えてくれているので、不満など何もない。むしろ感謝の気持ちでいっぱいだ。
10回目の家族記念日を迎えて、改めて感謝の気持ちでいっぱいである。本当にありがとね。これからもアホ飼い主をよろしくお願いしますね。

手続き終了。 正真正銘の箱入り娘。
家族の第一歩。 長い付き合いは始まった。

2012年7月1日(日) ■ 当たり前のことだけど ■ 大福:生後3727日目 

当たり前のことだけど、犬達(大福)は、自分が「犬」という種であることも考えてもいないし、飼い主が「人間」というカテゴリーの種であることも知らないんだよねぇ。でも、犬種は違っても同じ犬のことはちゃんと理解している。でも、ネコは仲間じゃないし、虫も仲間じゃないことは分かっている。けど、「ネコ」であることも「虫」であることは知らない。

同じように「死の概念」についても知らない。だから、こうなったら死んでしまうとか、死にたくないとかの意識もきっとない。他の犬と自分を比較することもない。だから、他の犬を羨むこともない。
で、これは不幸なことなのか?と考えてみれば、間違いなく不幸なことではなく、むしろ幸せな生き方であるとの結論に至る。邪念に踊らされているのは、人間なんだよなぁ・・・。

ヤル気だねぇ。 ソレ! キャッチ!
今度はコッチ! 草深いね。 緩ーく、休憩。


福と大福の間TOPに戻る