2012年10月の最初へ↓
2012年10月31日(水) ■ 肩身狭い? ■ 大福:生後3849日目 

ウチの住宅は来年1月から半年ほどかけて大規模修繕工事がある。それに伴って準備もいろいろなされている中で、先日、臨時団地総会なるものがあったので参加してきた。しかし、参加したのは323世帯中46世帯・・・何じゃこりゃ?

総会終わってから、理事長・副理事長・管理会社の面々と小一時間ほど話したのだが、どうもこの団地の規約は事なかれ主義すぎてまったくなっちゃいない。自転車は駐輪場でとなっていても、家前の通路やポーチに停めてる家多いし、ベランダでも迷惑喫煙も見て見ぬふり。それなのに、ペット飼育規約のところには、ベランダでのペットのブラッシング禁止と禁止事項が掲げられている。こりゃ、片手落ちだし、不公平だぞ!と思うのである。
迷惑の度合いをどのように考えるのか?これはスンナリ解決できることではない。しかし、このベランダでの禁止事項が一つでも掲げられていることに、ベランダ喫煙禁止作戦?の光明が見えたことは間違いない。攻めちゃうよぉ、そこから。

それにしても、ペットはどこの住宅でも差別されて肩身狭そうだなぁ。もちろん、その理由となる原因を作っている飼い主がいるってことなのだと思うけど。

走るんですね? いいよ! ダァーっ!

2012年10月30日(火) ■ 裏メニュー ■ 大福:生後3848日目 

久しぶりに大福と一緒に築地飯。場外の道路に面したお店(テラス?)ならともかく、店内で大福と一緒に食べることができる店は築地では今のところまだない。で、今日は唯一、入れる店(いや、正確には入れる店ではなく、入れてもらってる店)に出没。入れるだけでなく何とお寿司屋さんときているからたまらない。

築地にしては遅めの開店時間(10時半)ちょい過ぎに入店。平日の昼時はお客さんも多いし、食べ物屋、それも寿司屋に犬なんてけしからん!という人もいるだろうから、なるべく迷惑のかからない時間帯を選らんでお邪魔しているのである。
お店にはお一人だけ常連さんがいただけ。うん、これなら迷惑はそんなにかけないな。一番隅っこの席で大福と横並び。もちろん、大福はMy敷物持参。イスにチョコンと座っている姿はいつ見ても可愛らしい(アホ飼い主談)。

飼い主は寿司屋で嬉しいが、大福にしてみれば生魚は食べないので、玉子や大好きな酢飯を少々もらうのがいつものこと。いつもそれだけじゃ可哀想だなと思って、今日は店主である大将に相談・・・。かくして、大福は「マグロの炙り」にありついたのである。やれやれ、益々好きな店になっちゃったよ、大福にとっても。何しろ、「裏メニュー」の誕生だからね。
お店の大将、そして他のお客様、ご常連の皆々様、今後とも大福とアホ飼い主をよろしくお願いいたします<(_ _)>

注文の出待ち。 飼い主は「ちらし丼」。 大福は「鮪の炙り」。
欲張りの図。 ガン見中。 大将と。

2012年10月29日(月) ■ 逆さ大福が行く ■ 大福:生後3847日目 

雨上がりの朝は、雨の日にもなく晴れの日にもない珍しい景色を演習してくれる。水はけの良くない大福御用達の大広場。草地から水が通路域まで流れてきていて、大きく水を撒いたような感じになっている。地面が黒いので、まるで鏡にでもなったように青空を映し出している。
そして、その上を歩く大福・・・。かくして逆さ大福の登場である。


2012年10月28日(日) ■ 休息日とする ■ 大福:生後3846日目 

天気予報通り、午前の深い時間帯から雨模様。昨日、お出かけで疲れたし、お天気も悪いしで、今日は休息日とする。

同じ住宅の別棟に住まわれてる方のところにニューフェイスの「みのりちゃん」がやって来た。ニューフェイスと言っても、新しい飼い主さんと巡り会うまで一時的に家庭犬としてのトレーニングを積むのである。この方の家を通過して新しい家族と出会えた犬達は多数。本当に頭が下がる・・・。みのりちゃん、ケージが嫌いで、大人の男性も苦手とか・・・何か嫌なことでも経験しちゃったのかなと要らぬ想像をしてしまう。早く苦手を克服して良い飼い主さんに出会えますように。

昨日、恵比寿で国際親善柴のお役目をこなす大福。外国の方で柴犬をご存じの方もけっこう多いのだが、この男性の方は開口一番、「Shibaですか?」って訊いてきた。柴犬、けっこうインターナショナルなのである。

ニューフェイスのみのりちゃん。 国際親善柴。

2012年10月27日(土) ■ 久しぶりにカフェ飯 ■ 大福:生後3845日目 

代官山のTSUTAYA(蔦谷書店)『DAIKANYAMA T-SITE』に行って来た。明日は雨降りということなのでお天気の良い今日は久しぶりにカフェ飯を目論んだり・・・。

ちょうどハロウィーンのイベントもあって、敷地内にはいろいろな格好をした子供もたくさん。何度か来たこの場所だが、大福も入れるカフェ『IVY PLACE』には一度も入ったことなかったので、今日はチャレンジしてみた。幸い、並ぶこともなくスンナリ入れてソファー席に着座。後で、聞いたが混んでいる時は、30組待ちなんてこともあるとか(30分待ちじゃなくて、30組待ちだよ!)。スンナリ入れたのは良いけど「運」使いすぎたかなぁ・・・。

ちょうど朝食とランチの切り替え時間だったので朝食メニューから選んだ。しかし、横文字すぎるメニューで何を頼んだのかよく分かってないダメダメぶり・・・( ̄^ ̄)ゞ
大福は、いつものようにリラックスしすぎなくらい大人しくしてくれてたので良かったのだが、来ている他の犬はひどかったなぁ・・・。地面をひたすら舐めまくってるダックス。待ち合わせで登場したシュナウザーは、友達犬に「やぁ、久しぶり!ガブリ!」って咬みつき挨拶。通る人に吠えまくるヨーキー・・・。何じゃコレ?って感じ。唯一、飼い主さんご夫妻と大人しくしていたのは、スタッフォードシャー・テリアだけ。見た目は強面だが大人しくて、いるかいないか分からないほどだった。
それにしても、あんな状態(ダメダメ)でも犬と一緒にお店に入りたいんだなぁ・・・。犬OKにする店も大変だわ。

帰り際に、Facebookお友達で近くに住むMさんが、わざわざ大福に会いに来てくれて2ショット写真。慌ただしかったけど、充実した土曜のお出かけだった。

くつろぎすぎ・・・。 秘密の会話。
横文字すぎて何食べたっけ? Mさんと2ショット。

2012年10月26日(金) ■ 秋だから? ■ 大福:生後3844日目 

もう来週で10月も終わり。暑い暑いと愚痴ったりボヤいていたのは、ついこの前のことなのに、気候はすっかり秋モードなので、猛暑はずいぶん前のことのように錯覚してしまう。

それにしても毎度のことながら日が経つことの速いこと。自分の歳のことは良いとしても、大福や他の犬達の「時の経過」のスピードは何とか遅くならないものなのか・・・無い物ねだりと分かっていても願いたくなってしまうなぁ。
なんてことを考えながら鼻の奥がツンとしてしまうのも秋の成せる業なのか?

首疲れないの? おちょぼグチで女豹のポーズ。

2012年10月25日(木) ■ 破壊王 ■ 大福:生後3843日目 

と言っても、故橋本真也のことではない。我が家の大福のことである。大福、オモチャなど何一つ、壊すことなどしないのに、唯一壊すのが段ボール。それもかなりの壊し方で破壊と言ったほうが良いだろう。匂いが好きなのかなぁ・・・。理由は全く不明だが、宅配便などが届いて段ボールを開け始めると、どこからでもやって来て、チョコンと座って自分の出番?を待っている。

そして空いた段ボールを床に置いて、「いいよ」と声をかけると始めるのである。破壊王の殺人フルコースが!今回の段ボールは厚手でかなりの大きさ。相手にとって不足はないとばかりに、角のほうから喰い千切る・・・。そして、徐々に自分を鼓舞するかのようにヒートアップ。大きな段ボールは段々小さくなっていき、しまいには見る影もないほど粉々になってしまう。粉々になった頃には、破壊するのも飽きた様子でボォー・・・と。何気に「早く片付けてよ」と言っているように見えるのは気のせいなのか・・・。

手強そうだね。 コツコツ頑張るなぁ。
満足? そこでリラックスしなくても・・・。

2012年10月24日(水) ■ 大福ファースト ■ 大福:生後3842日目 

韓国ドラマ見てて、ふと気づいたこと。女性が車から降りる時、男性が車から降りて助手席に回りドアを開けて女性を降ろしているシーンがけっこうある。女性も心得ているようで?男性がドアを開けるまで降りる仕草をしないで待っている・・・。これはある意味、男女間では当たり前の行為として定着しているのか?
その辺のところは定かではないが、日本では間違いなく定着はしてないなぁ・・・。今更ながらレディファーストの感覚は乏しいのが現実。

そんなことを妻と話していたら、またまた気づいたことがある。大福である。おいおい、大福こそまさにレディーファーストの扱いを受けてるぞ。家の玄関ドアの出入りはもちろん、エレベーター、住宅出入り口、車の乗り降り・・・うわぁ、やっぱり全部やらされてるぞ、飼い主!
特に大福と取り決めがあったわけではないわけで、自然に、そのようになっているのである。すごいなぁ、犬の存在。日本人に苦手なレディファーストをいとも簡単に取り入れてるよ。しかも、自然の流れで・・・。恐れ入りました<(_ _)>

夕暮れ、ららぽーとでムッツリ。 朝日を浴びてニンマリ。

2012年10月23日(火) ■ アート音痴 ■ 大福:生後3841日目 

大福の広場・・・とあえて言ってしまえ!・・・が大ピンチ。企業管轄の区域は今日から芝養生のための肥料散布でロープで仕切りができてしまった。その隣の広場には2週間ほど前から何やら中途半端な大きさのヘンテコなモノが立ち始めたが、数日前から更に変なモノに拍車がかかるほどの風体になってきた。巨大ミノムシのようでもあり、火葬の櫓のようにも見える。遠くから見ると「未知との遭遇」のデビルズタワーにも見えるぞ。もしかして、UFOでも集める魂胆なのか?

くだらないことは、さておき、どうもアート系のモニュメントらしいのである。うーん、アートかぁ・・・。難しいなぁ、特に現代アートは、デタラメと紙一重のところがあるからなぁ・・・。雨が降りそうな朝散歩の帰り道、大福と話したのである。我らは、アート音痴でも構わないよな・・・って。
それよりも何よりも気になるのは、この建立物が一時的なモノなのか、恒久的なモノなのかということである。大福もそうだが、犬達にとっては死活問題なのである。

みのむし?火葬?デビルズタワー? ハト群れに併走?
野次犬が行く。

2012年10月22日(月) ■ 脱力系柴族 ■ 大福:生後3840日目 

今日のシャンプー日。朝散歩で今日も「シャンプー日限定雨女」を返上できることを確信。イイ天気の日のシャンプーは嬉しいねぇ。

旧地の千葉に向かう前に、用足しとお仕事を済ませて朝散歩を終えようと思ったら、遠くのほうに後輩柴の宙(ソラ)ちゃんを発見。ジリジリと近寄ってご挨拶。申し訳程度に追い駈けっこをした後は、いつものようにマッタリ、モッサリ。お互いのことを干渉するでもなくマイペースでノンビリスタイル。だったら、そんなに近づかなくて良いと思うんだけど・・・。柴族のマッタリ具合というか脱力具合を見ていると、こちらもドドッと脱力してしまう・・・。

マッタリ。 モッサリ。

2012年10月21日(日) ■ 明日はシャンプーのみ ■ 大福:生後3839日目 

昼ちょうどくらいに獣医師より電話。何だろ?と思いながら電話に出ると・・・。エコーの機械が壊れてしまい、明日の検査までに修理も代替機も間に合わないので検査延期のお知らせだった。延期に伴って、明日は朝食抜きの予定だった大福にとっては朗報だ。良かったね、ちゃんと朝ごはん食べられるよ。

よって、明日はシャンプーのみ。今年の猛暑は大福にとっては厄介だった。痒みが出てしまい可哀想だった。あまりに可哀想なのでステロイドの服薬も続けた。この頃、ようやく涼しくなってきたので、今は、ステロイドを切る過程に入っている。完全に断ち切っても痒みがなければ良いのだが・・・。

大福の痒み緩和に大きく貢献してくれたのは、 薬もちろんだが、2週間に一度のシャンプーをしてくれるトリマーのMさんの尽力によるところが多い。ただ単にシャンプーしてくれるだけでなく、大福の被毛をかき分けて飼い主も獣医師も気づかない見落としがちな湿疹を見つけてくれる。湿疹の状態によっては、施設内に併設されている動物病院にそのまま連れて行ってくれ診てもらってくれる。ホント、ありがたいことである。カルテにも湿疹の場所や様子をこと細かく書いてくれる。
都内から旧地とは言え千葉まで何故シャンプーに行くのか?との質問をよくもらうが、これが理由なのである。ホントありがたい話なのである。

さ、明日はシャンプーのみ。「シャンプー日限定雨女」の大福・・・明日は本領発揮しないでよ。

ビッシリな書き込み。

2012年10月20日(土) ■ 運河コース ■ 大福:生後3838日目 

大福んチは、晴海通りのすぐ側なのだが、平日の散歩で晴海通り沿いを歩くことはまずない。理由は、車の交通量が多く、あまりにも排気ガスが多いからだ。だから晴海通りを渡って運河コースを散歩するのは、ほとんど土日や祝日の朝散歩の時だけだ。

それで、今日の朝散歩は久しぶりに運河コースを選んでみた。高層住宅が多く、住んでいる人も多い。それは、一緒に住んでいる犬達も多いということなので、このコースの散歩は、大福が普段散歩するコースよりも出会う犬達も多い。
そんな中の一人が、初めて出会う生後9ヶ月の「凛ちゃん」だった。好奇心がいっぱいなのに、どこか慎重さも持ち合わせている後輩柴ちゃんだ。好奇心旺盛な挨拶に大福はタジタジしていたが、微妙な距離を保ちながらお互いに確認し合っている姿が何とも柴族らしくて微笑ましかった。聞けば凛ちゃん、もう家の中では用足しなどしなくなってしまったとのこと。ふふふ、若くてもすっかり柴道を歩んでるようだ・・・。また、雨の日や台風の時とか天気の悪い日に出会いそうである・・・( ̄^ ̄)ゞ

ひと休み。 ふた休み。 お初の「凛ちゃん」。

2012年10月19日(金) ■ 落ちるまで待てない ■ 大福:生後3837日目 

嬉しいことに大福は、皆さんから「お利口ねぇ」なんて言っていただくことが多い。その度に飼い主は、お言葉を額面通り受け取って顔中の筋肉が緩んでしまうのである(加齢によりことのほうが大きいのだが・・・)。

偉そうに言えば、大福は、躾けと言われるようなことはほとんどやっていない。ただ、「待て」と「来い」の練習だけは仔犬時代の散歩の度にやっていた。それが功を奏したのだろう、今のところ、大声出さずとも「待って」「ちょっと待ってって」「来て」「こっちだよ」とかの声がけで言うことを聞いてくれる。これは飼い主として、ありがたいことで、ホント、楽させてもらっている。

その大福が、唯一待てないことがある。それは、ビニール袋遊びの際に、風でユラユラ宙を舞うビニール袋が落下するまで待てないことだ。毎回、まだ空中に浮かぶビニール袋に向かってジャンプしてキャッチするのである・・・。どうにもこうにも、これだけは「待て」が効かないのである・・・。

今日はいつもより、背筋がよく伸びております。 ほぼ真上に向かってジャンプ!

2012年10月18日(木) ■ 基本、雨でも遊びます ■ 大福:生後3836日目 

ひと雨ごとに寒くなるってのは本当なんだなぁ・・・と実感する昨日からの雨。昔からの言葉ってのは正しいんだなぁ・・・。そう言えば、去年の津波の時、「此所より下に家を建てるべからず」と書かれた塚のようなものがあったらしいが、実際、その塚より上に建てられた家や人々は津波の被害から逃れることができたとか言ってたもんなぁ。先人の言葉は大事にしなくてはいけないなぁ・・・。

さて、小雨の中での今朝の散歩。雨の日はさすがに人もいないし散歩している犬もいない。こんな雨の日に見かけるはずの柴犬や日本犬すら今朝はいない。そんな中、大福はいつものようにボール遊びを敢行。今朝のボールは松ぼっくりとゴルフボール。関係ないんだなぁ、大福には雨が降っていようがいるまいが・・・。まさに晴雨水陸両用というところか・・・。

イイ物?見つけちゃったかぁ・・・。 遊ぶわなぁ・・・。
ゴルフボール追い。 そのままペッタリ伏せはやめてよ!

2012年10月17日(水) ■ 小芝居 ■ 大福:生後3835日目 

ハトやカラスに反応する犬は多い。大福も反応するが、どちらかと言えば追いかける・・・と言うよりも、追っ払う・・・と言ったほうが正しい気がする。ターゲットが見える限りどこまでも追いかけて行くタイプではなく、明らかに騒動起こして追い払うタイプのようである。その証拠?に群れが飛び散ってしまうと、それでお終いとなって次の行動に移ってしまう。

ただ面白いのは、追い払う態勢に入るまでの仕草だ。フェイントと言えば、まだクールでスマートな感じもしなくはないが、大福のソレはどう見ても「小芝居」なのだ。早い時点でハトに気づいているのに、気づかないふりをして地面の匂いなど嗅ぎながら、何となくジリジリ近寄って行く。目線など絶対に送らない。そして、自分のモードに入ると、一気に踵を返してハンターに変身・・・いや、日本犬なので、猟犬に変身と言っておこう。

もちろん、捕まってしまうほどハト達も愚かでないから、少し飛んではすぐ近くでまた群れ始める。悲しいかな、ちょっとナメられてるように見えないでもない。でも、大福にとっても捕まえようとの気はないので、あくまでも遊びの一環としているようである。ハト達も大福からは危機感を感じないのかもしれない・・・。

いい朝だなぁ・・・。 何も気づいてないよ。 ウソだよーん!

2012年10月16日(火) ■ 被害者の面々復活 ■ 大福:生後3834日目 

先週末、妻の母上様が我が家にやって来た。一応前の日から大福には「おばあちゃん、来るからね」と言い聞かせてはいた。そんなことなんの意味があるの?と笑わば笑え。上手く意思の疎通ができていなかったとしても、ちゃんと言い伝える・・・ということが大事なのである。
そんな半信半疑の大福も、妻母上がやって来ると確信持てることがある。それは・・・普段、車の後ろ座席は全部大福が占領しているが、妻母上に乗ってもらうスペースを確保するために、座席に敷いてあるシートを少しアレンジするからである。この作業が始まると、大福にとっては決定的となるのである。

妻母上が今回、大活躍してくれた。それは・・・「被害者の会・三人衆」と呼ばれている3人の縫いぐるみ達、カバちゃん、トトロ、かわうそ君の修繕治療をしていただいたのである。大福が仔犬時代から付き合いがある三人衆、大福がいくら破壊行動をしないと言っても、毎晩、誰かが咥えられて振り回されているのである。アチコチ綻びも出てきた。重傷の者は中身が少し覗いていたりもした。その綻びなどを全部修繕治療してくれたのである。
お陰で三人とも心機一転?元気な姿となってまた大福のお相手をしくれるようになったのである。ありがたいねぇ、良かったね・・・(^_^)v

治療の順番待ちする三人衆と何故か加害者・・・。 やっちゃいますか?
足の付け根を咥えて・・・。 ブンブン・ブワァーン!

2012年10月15日(月) ■ アドレナリン上昇 ■ 大福:生後3833日目 

朝の散歩終わり頃にちょっとしたアクシデントが・・・。大福と公園内を歩いていたら、前方左よりジャックラッセル系の犬がフレキシブルリードを着けたまま、持ち手をガランガラン言わせ引きずりながら猛突進してきた。大福を遠くから見つけて勢いよく走り出したのだろう。飼い主が遠くのほうから追走して来る姿が見えたが、その子が大福に向かってくるほうが全然速そうである。ヤバイな・・・と思って、大福の首にかけてある紐を外して受け身で来るのを待つ。

で、到着〜。どうなのかなぁ・・・襲いかかる感じには見えないが、勢いよく突っ込んでくるものだから大福は驚いて威嚇吠え。いやいや、何とも怖い顔だこと・・・。威嚇されたら相手もキィーッとなるから、お互いに威嚇吠えが始まる。でも、やはり喧嘩しに来たんじゃないようだ。お互いに押さば引け、引かば押せの行ったり来たり状態。ここで、飼い主到着。「どうもスミマセン。怪我とかしてないですか?」と、まずは相手の犬を気遣うあたりは、なかなか良識ある飼い主のようである。「あ、大丈夫ですよ。リードも外しましたから」と答えたら、一瞬、キョトンとしていたが、「次から気をつけますので・・・」と言って去って行った。

と言うわけで、朝からアドレナリンが上昇した大福だったのある。その後、気分転換で松ぼっくりで遊んだが、さっきのアクシデントなど全くなかったように嬉しそうに遊んでいた。それにしても、あの飼い主さん、リード外して何が大丈夫なんだろ?ときっと不可解だっただろうなぁ・・・。

遊ぼうか? 上げすぎ?
落ちてきたよ。 楽しそうだね。

2012年10月14日(日) ■ 大きくなったねぇ・・・ ■ 大福:生後3832日目 

ドンヨリ曇り空の下での朝散歩を終えて帰ろうかなと思ったら、ちょっと離れたところを歩く大きな犬が・・・。バーニーズ?・・・この辺りを散歩するバーニーズといったらハナコちゃん?
飼い主さんに声かけて挨拶。近づいてい見ると、やっぱりハナコちゃんだった。聞けば、1才の誕生日を迎えたばかりとか。初めてハナコちゃんに出会ったのは、今年の1月でまさに散歩デビューの日だったような・・・。いやぁ、一年の経過って早いなぁ・・・。

ハナコちゃん、立派な体格になってまさに威風堂々なバーニーズ。体こそ大福の何倍にもなっていたが、動きの端々にまだパピーの面影もチラホラ。手足のグーはとても大きいが、可愛らしい動きも見せてくれる。ホント、立派に大きくなって・・・。ちょっと感慨深い飼い主なのであった。また挨拶させてね。

さて、どうする? おお!びっくりした。

2012年10月13日(土) ■ 拾い食いの恐怖 ■ 大福:生後3831日目 

この頃、ニュースになっていないが、犬に毒入りの食べ物を与えるように仕向ける犬嫌いや、変質者(と言って良いのだと思う)は相変わらず、この世に存在するはずだ。この人達のタチの悪いところは、シューマイや肉まんなど、犬にとっては魅力的な匂いの強いモノに混入するパターンが多いことだ・・・。

この夏の猛暑と湿気は大福の皮膚に悪影響を与えた。例年になく、体を痒がり可哀想だった。あまりにもツラそうだったので、獣医師と相談してステロイド剤を飲むことにした。ステロイドは優れた薬で、服薬すると効果は抜群ですぐに痒みを収めてしまう。痒みを収めることができるというのは、優れてると同時に強い薬なのであろうことは想像がつく。大福の体重に合わせて飲む量を決めてもらっているが、やはり副作用的な心配を拭いきることはできないのが本音。
ステロイドによる副作用的な症状は、水を飲む量が増えること。それに伴い排尿の回数が増えること。そして、食欲が増すことだ。大福もそれらの症状は明らか出ている。

そんな状態の時の今朝の散歩。公園のトイレの横に大きなとぐろを巻いたパンが落ちていた。その場所と良い、とぐろ具合と良い、色と良い、一瞬「巨大ウンチか!?」と思うほどグロテスクなパンだった。
いつもより食欲が増している大福、このパンにどうのような反応を示すのだろう?興味と言うよりも不安があった。今まで一度も拾い食いしたことない大福、今回は、ちょっと無理かな・・・との思いだ。
騙すわけではないが、あまり大福を試すようなことはしたくない。でも、今回は、大福の性格と体の異常と、どちらが勝るのか?飼い主としてはすごく気になったので試してみた。
恐る恐る一緒にパンに近づき、大福がパンを確認したところで、リードを手から放してみた。大福、数歩前に出て行きパンに接近。鼻がつくほど匂いを嗅いでいる。あー、食べちゃうかなぁ・・・。でも、大福は匂いを嗅ぐだけで食べることはしなかった。

アホ飼い主を大袈裟なと笑わば笑ってくれてけっこう。嬉しさのあまり涙が出そうになった。きっと食べたかったんだと思う。いつも大福は、落ちてる食べ物に食べようとまでの関心を示さない。でも、今回はステロイドの影響で食べたかったに違いない。でも、食べなかった。手前味噌ながら偉い子だと思う。すぐ呼び戻して、オヤツを与えたことは言うまでもない。オヤツを食べる時、大きなヨダレをツッーとクチから流してた。やっぱり食べたかったんだなぁ。試して申し訳ない気持ちになった。ゴメン!

今日まで拾い食いをしたことがない大福だが、明日もしないか?と言えば、それは分からない。それほど、犬にとっての拾い食いは飼い主にとって恐怖なのである。

舐めてないよ、匂い嗅いでるだけ。 やっぱり食べない。

2012年10月12日(金) ■ 朝が心地良い ■ 大福:生後3830日目 

一週間で、ここまで季節が変わるんだな・・・とつくづく思ってしまうほど涼しい朝散歩が続いている。飼い主もだが、大福も気持ち良さそうで歩調も何気に元気だ。たまに立ち止まって上を向いて深呼吸する姿も気持ち良さそうだ。

今年の冬は暖冬と長期予報が出ているが、コレを鵜呑みにすれば、こんな季節が長く続くと言うことなのかもしれない・・・そうだとホント嬉しいのだが、果たして・・・。

やりますか・・・。 いいよ、おいで。 何で遊ぶ?

2012年10月11日(木) ■ 素敵チョーカー ■ 大福:生後3829日目 

先月終わりに参加させてもらった「湘南オフ会」。その時に誘っていただいた『多摩川の平蔵 + ニャンコ』の管理人さんで、柴犬・平蔵くんのママ、karakoさんから大福にと素敵なチョーカーが届いた。

嬉しいなぁ。普段の大福は、首輪も着けずの革紐リードだけなので完全に裸族。首に何か着けるのはクッション型のエリザベスカラーだけだ。普段、着け慣れてないので嫌がるかなぁと一瞬思いながら着けてみたが、何の何の全く気にすることなく普通に動いていた。それだけ軽くて違和感がないと言うことなんだろうなぁ。

しかし、心配が一つだけある。大福は、ハンマー投げの室伏広治のように首太タイプなので、飼い主が気づかないうちにスルッと首から抜けてなくしてしまうことだ。嫌ぁねぇ・・・小顔も善し悪しね( ̄^ ̄)ゞ
だから、このチョーカーはお出かけ用にすることに決定!

また、大福の宝物が一つ増えました。karakoさん、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
そうそう、karakoさんチには、blogのタイトルに「 + ニャンコ」とあるように猫ちゃんも同居しているのです。その猫ちゃんは、多摩くんと大福くん・・・。そう「大福」繋がりでもあるのです(^o^ゞ

daifuku・・・て名前入り。 馴染みすぎ。
違和感なし。 気にせず遊んでるし。

2012年10月10日(水) ■ 知らぬと鬼 ■ 大福:生後3828日目 

TwitterやFacebookに参加していて嫌になるのは、迷子犬や捨て犬情報が山ほど流れてくること。こちらに覚悟がなくとも強引に一方的に入ってくるから、考えようによっては暴力的とも言える。悲しいのは、情報を見てしまうと気になってしまうところだ。「拡散希望」としながら情報が不備だったりするとイライラどころか腹立たしくもなってくるから困ったものである。
「拡散希望」しっ放しでフォローしない発信者も嫌になるほど多い。発信したら、その情報の流れとかちゃんと把握すべきが常識的と思うのだが・・・。

さて、捨て犬・・・いや棄て犬という字のほうが合っているような気がする。何故に棄てるかなぁ・・・。絶望的な環境の変化が理由だったりで分からないでもない・・・とは100歩どころか、1000歩、1万歩譲っても、「しょうがないよねぇ」とは言わないぞ。「人間の自分の子であっても、そうしますか?棄てますか?」と問いたい。もし、ハイと答えるのであれば、もう鬼畜でしかないだろう。

それでも棄てる人が後を絶たない。そんな飼い主は、自分の愛犬の顔の表情や全体の仕草とかあまり目にしてないんじゃないのかな。今日の写真は、昨日のシャンプーの時の様子をトリマーさんが撮ってくれたモノだ。湯船でウトウトしている大福。外を見ながら、たとえアホな飼い主であっても迎えにくるのを待っている大福。緩〜く無防備な顔の大福・・・。こんな姿を見てしまうと、とても棄てる・・・なんて選択肢などあり得るはずがない。
愛犬が飼い主を想う姿や、純粋無垢な姿をたくさん知っていないと飼い主は鬼になってしまうのかもしれないな。

いい湯だなぁ・・・。 飼い主待ち。 ぼわーん。

2012年10月9日(火) ■ 旧地の秋 ■ 大福:生後3827日目 

三連休明けの今日はシャンプー日。いつもなら月曜日なのだが、今回は連休もあって今回は変則日程。

朝散歩終了後に一路、旧地の海浜幕張に向かう。途中、舞浜でTDR渋滞が少しあったが、予定通りに到着。あー、秋のこの町ってこんな感じだったなぁ・・・と懐かしさがこみ上げてくる。真夏の時にはこんな気持ちも湧いてこなかったが、これも秋気配の成せる業なのか。秋は気持ちを感傷的にするのかぁ?

予定通りシャンプーを終えて車に乗ったら、通りを渡って来る見慣れた黒柴ちゃんが・・・。後輩柴の百々(モモ)ちゃんだ。久しぶりだなぁ、一年以上も会っていないかも。こちらに来てくれたので、ドアを開けて大福を降ろす。スタスタと近づくも、これまた毎度の柴族気質か、尻尾振って大喜びするでもなく、クールというのか素っ気ないというか・・・。挙げ句は、顔を近づけすぎたとはいえ、百々ちゃんに喝を一発!やれやれ、百々ちゃんもたまったものじゃないわ・・・な。

百々ちゃんと別れた後は、恒例のガッちゃん詣。寝てたのにわざわざ外にまで出てきてくれた。嬉しいねぇ。何だか、景色も旧友達も懐かしい。秋って不思議な季節である。

これでもじゅうぶん近すぎる。 あーぁ、レッドゾーン突入。 ほらね・・・(´Д`。)

2012年10月8日(月) ■ 朝の潮風公園 ■ 大福:生後3826日目 

今朝は、晴天ながら一気に涼しくなって絶好の散歩日和。今日は、近所の運がコースを歩こうかなと思って外に出たが、あまりの気持ち良さに車を出して潮風公園に向かった。

三連休なのに、潮風公園のほうは人の気配もほとんどなし。公園の定住者も朝日を浴びてまだ就寝中。そんな中での朝散歩は、内容充実。走り回ったり、ヤシの木の皮で遊んだり、巨大な枝を使っての『枝の舞』も披露(但し、あまりにも大きくてすぐやめてしまったが・・・)。こんなに気持ち良い日なのに、出会った犬はシェルティー頭人だけ。すれ違った人も数人ぐらい。三連休最後の日は、何とも贅沢な朝散歩をさせてもらったのであった。

深い青の海。 ヤシの木の皮で遊ぶ。
デカすぎる『枝の舞』。 日本離れした景色。

2012年10月7日(日) ■ 変幻自在秋の空 ■ 大福:生後3825日目 

夕べ夜半から降った雨は朝になってもまだ止まず、久しぶりにカッパ隊で朝の散歩。雨降り散歩だとお仕事しないことも多いのだが、昨日お仕事してなかったので、今朝は雨の中でも簡単にお仕事ポイント見つけてお仕事終了(しようと思えばできるのに・・・)。

お仕事終了を合図にでもしたかのように、雨も小降りになって大福は元気印。いつも登りもしない小山を一気に駆け上がり、国見のポーズをバッチリ決める。そして、飼い主の心配をよそに小山を一目散に駆け下りる・・・。いやいや元気だわ。

この雨、昼過ぎには上がって、夕方には青空も覗かせた。女心と秋の空・・・ホント、変幻自在な秋の気候である。この雨でまた少し涼しくなるのかな?涼しさという表現がいつ「寒い」に変わるのだろうか・・・。

ウサギ跳び。 いつもと景色が違う。 ゆっくり降りてぇ!

2012年10月6日(土) ■ 実現不可なこと ■ 大福:生後3824日目 

大福とアチコチ出かけて一緒のテーブルで食事したりとハタから見れば擬人化極まりないと失笑を買っていることもきっと多いだろう。この頃では犬も一緒に入れるパブリックスペースも多くなったが、今までも、そしてこらからも、大福と決して一緒に入れない(歩けない)身近なところがある。

それは、スーパーやデパ地下だ。残念ながら食品関係の売り場にはどうにも入ることができない。食事の場で大騒ぎしているクソガキの皆さんに比べても目瞭然、大人しくしていようが、道路を付け歩きキッチリできようが、食品関係の売り場だけはどうにもならない。
スーパーに行く度に。デパ地下で買い物する度に。あーぁ、大福なんてここにいても悪さするでもなく普通にしているのになぁ・・・と思うのである。
一緒に入れない、歩けない・・・と言うことは、大福が一生体験できない世界なのである。ダメだ、泣けてきた・・・。

コブのバンクは好き好き(^o^ゞ バンク越えはキツイ? 意気揚々と自慢気に(^_^)v

2012年10月5日(金) ■ 柴sな朝 ■ 大福:生後3823日目 

ボヤキにも似た状態で言いましょう!まだまだ暑いですねぇ・・・ブツブツ。朝、明るくなるのは遅くて、夕方、陽が落ちるのは早くなった・・・。これだけなら、ずいぶん秋になってきたなぁという感じなのに、実際はまだまだ暑い。日中の気温なんか、もう少しで30度に手が届きそうだもの・・・。

今朝の散歩も景色だけは秋らしい空の下で始まった。大福もやはり暑いらしく、まだハァハァ顔になっている。手短にお仕事もこなして公園側からハーバーのほうに行ってみると、いたいた後輩柴の宙ちゃんが。休憩中らしく、ママと一緒にベンチに腰掛けていた。けっこう早い段階で大福に気づいたようで、こちらをガン見。大福はジリジリと歩み寄って、同じベンチに乗ってご挨拶。
挨拶の後は、いつものようにお互いに干渉することなく風見柴・・・。そんな2人が何やら同じ方向を見始めた・・・。来た来た、更に後輩黒柴ちゃんが・・・。大福にとっては初対面の黒柴ちゃんだ。名前はメルルちゃんと言ったかなぁ・・・。
ベンチの上から、思いきり上から目線で挨拶なのか威圧なのか分からない初接触。宙ちゃんは、興味なさそうにベンチで動かぬこと山の如し状態。大福は野次犬モードでベンチから降りてお尻などクンクン。ひとしきりのセレモニー?が終わって、それぞれ次のポイントに向かって散歩を続行。面白いね、犬達の社会は。いったい何を考えて何を話しているんだろ?

イイお天気だこと。 誰か来たね?
ものすごい上から目線。 ニューカマーな黒柴ちゃん。

2012年10月4日(木) ■ 一日おき ■ 大福:生後3822日目 

予報通り今回の台風は、そんなに大きな影響を残すこともなく去ってくれた。今朝の散歩では風もそれなりにあったし、通り雨とも言えないような弱い雨がパラパラと降った程度で終えることができた。

しかし、昼前から気温が上がって、日中は長袖では少し汗ばむほどになって俄に夏の様相。どうしちゃったのかなぁ・・・一日おきに涼しくなったり暑くなったり。こんな調子だと飼い主の体調がおかしくなってしまうぞ。そして、何を着たら良いのか困ってしまう。早く落ち着いて欲しいぞ。

まだ陽射しが残る中、夕方の散歩は久しぶりに潮風公園に。暑いと言っても海風が通り抜ける公園は思いのほか涼しくて気持ち良い散歩ができた。しかも、片隅に撮影隊らしき集団が無粋にもいたが、他は貸切状態の独り占め。ゆっくり散歩ができて良かったね、大福さん(^_^)v

閑散。 独り占め。 穏やか海。

2012年10月3日(水) ■ また台風だって ■ 大福:生後3821日目 

また台風が近づいているらしい。と言っても、今度の台風は規模が小さいモノで、先週の台風よりも影響が少ないらしい。関東は今夜に多少風が強く吹くとか・・・。

そんな今朝の散歩は珍しく涼しくて飼い主的にはずいぶん気持ち良いものだった。歩くだけで汗まみれになる猛暑日の散歩とは大違い。こんな涼しさなら何時間でも散歩できちゃいそうだ。大福もMy枝で「枝の舞」など披露してくれたが、小走りの足取りも軽そうだし気持ち良さそうだった。

気まぐれな台風のお天気らしく、散歩終わり近くに雨がパラパラ降ってきたので、慌てて家に戻ったが、さて、この台風明日には通過してくれるのかな?

枝の舞。 ん?雨? よし、帰ろう!

2012年10月2日(火) ■ 暑さ継続 ■ 大福:生後3820日目 

今日から涼しくなると言っていたが、どうなのかなぁ・・・。朝の散歩だけに於いては、けっこう暑かったよ。大福が積極的に遊んでいたから、一時の猛暑よりはだいぶマシなのだろうが、けっこうハァハァしてたからなぁ。

テレビのニュースで、9月の暑さは観測119年の中で一番の暑さだったとか・・・。毎年、記録を更新する勢いなのかも。平均も2度弱ほど高いと言うし、作物にも悪影響しかないだろう。ホント、困ったことだ。政治で日本がダメになるより先に自然崩壊でダメになるかもしれないぞ。

大福の換毛も定期制がなく四六時中抜け放題。今年の夏は例年よりだいぶ痒い痒いに悩まされたが、この調子だとまだまだ安心できないな。ホント、柴も人も住みにくい日本になったものだ・・・。

見上げてごらんよー。 パクッ!
いそいそ。 女豹のポーズ。

2012年10月1日(月) ■ 台風一過 ■ 大福:生後3819日目 

昨晩、強風台風が嘘のような今朝。空は抜けるような青色で、これぞまさに絵に描いたような台風一過。台風一過と言えば、脳死ギャグではなく本当に小学生ぐらいの時は「台風一家」だと思ってた。と、同じく、「常夏の島ハワイ」は、ずっと「ココナツの島ハワイ」だと思ってたし・・・( ̄^ ̄)ゞ

さて、その台風、今回は雨よりも風が強かった。夜最後の用足しに出た時など、住宅の玄関扉が片手では開かなかったし、玄関内は飛び散った葉っぱが大量に絨毯のように落ちていた。
今朝の散歩でも、いつも立ち入り禁止の鉄柵が捻れ倒れてるほどだった。お陰で?今まで立ち入ったことのない場所を少しだけ探検することができたのは、ちょっとラッキーだったかな・・・と。
台風一過でなのか、異常気象の延長なのか分からないが、10月に入った初日は何とも暑い日であった。

立ち入り禁止の柵が倒れてた。 濃い碧色の水。 真っ青な空。


福と大福の間TOPに戻る