2012年12月の最初へ↓
2012年12月31日(月) ■ 大晦日 ■ 大福:生後3910日目 

さ、今日で今年もお仕舞い。昨日の雨は夜半にやんだようで、今朝は薄っすらだがお日様も顔出してくれた。いつもの巨大広場は年末年始で閉園。ならばと広場行脚の今朝散歩。
落ち着いたのは起伏がある公園。遠くにゴルフの練習している人がいるだけで、ほぼ貸切状態。大福は起伏あるコブを登って下ってと大喜び。ホント、コブとか大好きだなぁ、大福は・・・。

とまぁ、こんな感じでいつも通りの朝だった大福。もちろん大福のカレンダーには区切りもない訳だから、大晦日の朝も明日のお正月の朝も特別感などない。この良い意味でのメリハリのなさ・・・情報量が多すぎる今時代では貴重な生き方かもしれないな。天晴れ!

さて、大福とアホ飼い主にお付き合いくださった皆さん、今年もありがとうございました。来年もどうかよろしくお願いいたします。皆さんにとって来年は更に良い年になりますように<(_ _)v

コブ・・・楽し。 軽快に。

2012年12月30日(日) ■ Facebookアプリから ■ 大福:生後3909日目 

Facebookのアプリに『自分新聞・年末総まとめ号2012年版』というのがあったのでやてみた。で、できあがったのがコレ。トップ記事?に輝いたのは、大福がマイクロバブルバス入浴中の写真。そうそう、こんな写真あったっけ。気持ち良さそうにウトウト・・・。

今日は今年最後のシャンプー日。久しぶりに「シャンプー日限定雨女」の面目如実で朝からシットリ雨降り。外は雨でも、今日もきっとこんな顔で居眠りしていたに違いない。

自分新聞・・・だって。

2012年12月29日(土) ■ 9連休スタートぉ〜 ■ 大福:生後3908日目 

始まりましたね、年末年始のお休みが。1月4日の金曜日を強引に休むと何と9連休に・・・。そりゃ休むわ、みんな。

そんな9連休の初日。いつもの公園は早くも連休モードでヒッソリ。隣接する商業施設なんか一昨日から休んでるし・・・。他の犬達も飼い主さんが連休モードなのだろう、今朝は遅い散歩みたいで誰一人いない。
しかし、我が家の大福さんは、年末だろうが正月だろうが、9連休だろうがブレることなく日々日常の極意。いつものように起きて、朝食を食べて、いつものように散歩に出発。うーん、武士のような奴だな、大福は。女剣士ってところか?

さて、明日は今年の垢落とし?で今年最後のシャンプー日。しかし、どうもお天気が怪しいようで、ここに来て「シャンプー日限定雨女」になりそうな気配濃厚。せめて、ココぐらいはブレてくれても良いのだが・・・。

どこへ行くぅ〜? 元気だし・・・。 マイペースですなぁ・・・。

2012年12月28日(金) ■ 律儀にお役目 ■ 大福:生後3907日目 

犬(ペット)は家族・・・良きも悪しきもよく使われる言葉だ。犬・・・この子達は家族の一員としてどのくらい認識しているんだろう?なんて言うと、分かる訳ないだろ・・・とバッサリ斬られるの関の山か。

でもね。お婆ちゃん子だったNちゃん。お婆ちゃんが天国に逝ってしまったら、自分も半年も経たずにお婆ちゃんのところに逝ってしまった。まだ6才そこそこなのに・・・。子供ができない若夫婦の元に迎え入れられ可愛がれていたパグのHちゃん。夫婦に待望の赤ちゃん誕生したら、お役ご免とばかりに逝ってしまった。外飼いのWちゃん、年老いたので寒い時には玄関先に入れてもらっていたが、ある日の朝、飼い主さんとアイコンタクトを終えてすぐに逝ってしまった。そして、つい先日。飼い主さんの誕生日を一緒に祝った翌々日に13才で逝ってしまったヨーキーのAちゃん・・・。

平々凡々と生きているように見えるけど、皆、それぞれお役目のようなモノを背負って生きているようにも思えてしまう。律儀な健気さに涙腺が緩む。

松ぼっくりを緩咥え。 宙を凝視。

2012年12月27日(木) ■ 純毛毛皮 ■ 大福:生後3906日目 

テレビの気象予報士は毎日のように、「明日は今シーズン一番の冷え込みになります」と言っているが、ホントに日々更新しているのか?。ま、冬だから寒いのは仕方ないし、夏の猛暑に比べれば冬の寒さのほうが何倍も良い。だって、暑さは着る物を脱いでしのぐにしても限界があるものね。その点冬は、重ね着すれば多少見た目が悪くても何とか寒さをしのげるからマシである。

大福も間違いなく夏よりは冬のほうが好きみたいだし元気もあるように見える。しかし、常に裸族だから冬は寒々しく見えてしまうのも事実。なので、夜寝る時には薄手のブランケット(ぬりかべ模様)を上からかけてあげるのだが、朝見てみるとほぼ確実に下敷きになってしまっている・・・。
あの、大福の純毛の毛皮。どのくらい温かいんだろうなぁ。実は、何かをかけることなど全く必要ないくらい温かいのかも。むしろ、かけられると暑くて嫌なのかもね。どうなのよ?

尻尾出てますよ。 うるさくてゴメン<(_ _)>

2012年12月26日(水) ■ 寒風強すぎ ■ 大福:生後3905日目 

今シーズン一番寒いんじゃないの?クリスマスが終わって、スーパーやデパートは昨夜のうちにお正月の飾り付けに大変身してることだろう。日本人の柔軟さと言うか無節操と言うか、この時季の街並みって好きなのよねぇ。

寒風吹きまくる中、今日も大福は背中丸まり気味の飼い主を正すべくボール遊びに巻き込んでおりましたわ。耳が千切れそうなほど寒痛かった朝散歩でした(>_<)

お行儀良くバンク越え。 戻って来た。 笑ってるし。

2012年12月25日(火) ■ 平日なクリスマス ■ 大福:生後3904日目 

クリスマスイヴが振替休日でクリスマス本番が平日の火曜日。しかも、3連休明けで仕事納めの週の始めと来ているから何となく盛り上がりに欠けているように思えるのは自分だけか?
そんなこと気にしているのはもちろん飼い主だけで、大福なんか言わずも知れた単なる火曜日でしかない。

朝散歩で若組に遭遇。まずはバーニーズのハナコちゃん。大きくなったなぁ、おおよそ40kg前後とか。手足のグゥーの大きいこと。懐いてくれて体当たりで体寄せてくれたが、その重みで一瞬ヨロッとしてしまった。あと一周りぐらいは大きくなりそうとも飼い主さんが言っていた。それにしても、大福4人分はやはり大きい。

続いての登場は若柴のゴン太くん。こちらは7kgまでない6kg台とか。うーん、大福の2/3の大きさかぁ・・・。相変わらず元気に動き回っていてまるでゼンマイ仕掛けみたいだ。

そんな若組ともコミュニケーション取ってる大福だが、若組の子達はどんな風に思ってるんだろうかねぇ。年齢差とかはきっと分かっていると思うんだけど・・・。

ハナコちゃん。 ゴン太くん。

2012年12月24日(月) ■ トナカイ志願? ■ 大福:生後3903日目 

天皇誕生日の振替休日なクリスマスイヴ。何となく前倒しで昨日や一昨日辺りのほうがクリスマス色が強かったような気がしてしまう。大福もご馳走的にはそんな感じだったんじゃないのかなぁ・・・。

さて、今朝の散歩。どこから見つけてきたのか「枝の舞」にはふさわしくない枝を咥えて現れた大福。トナカイにでもなりたかったんだろうか?

それは厳しくないかい? 無理だっつうの。

2012年12月23日(日) ■ 靖国参拝 ■ 大福:生後3902日目 

天皇誕生日の今日、新大久保の帰りに靖国神社の横を通ったので、車を停められればを前提に靖国神社の駐車場へ。無理かなぁ・・・と思っていたのに意外にもスンナリと案内されて無事に駐車。

久しぶりの参拝だが、大福は~門までしか行けずで拝殿までは入ることができないのである。昔は行けたのだが、行儀の悪い犬が多くて~門までとなったのである。芝の増上寺なんかも前は入ることができたのに、今では同じ理由で中に入れないどころか完全に門前払いになってしまった。
行儀が悪い犬・・・とは言ったが、犬に罪はなく飼い主の問題なんだよねぇ・・・。

それはともかく、手前味噌でもあるが、靖国神社と大福(柴犬)は見事に調和しているなぁ・・・(^o^ゞ

菊の御紋と柴犬。

2012年12月22日(土) ■ 新年なの? ■ 大福:生後3901日目 

恐る恐る?目を開けたらどうやら世紀末をクリアしたようでいつもと同じ週末の目覚めだった・・・良かったよぉ。もちろん、我が大福にはどうでも良いことのようで、これまた動かぬこと山の如しのような平常心。ブレないねぇ、大福は・・・。

生憎の雨の中の朝散歩だったが、大福はここでもブレることなく「一人走り」や「枝の舞」を披露してくれた。何故に走りたくなるのか分からないが、大福にしてみれば自分が走る姿を見てると何故に飼い主が嬉しそうに目を細めるのか分からないと言ったところか。

かくして、マヤ文明歴は昨日で一区切り。となると今日からは新しいスタートと言うことなのか?新年なの?

カッパ着てても変わらず。 「枝の舞」も健在。

2012年12月21日(金) ■ 世界の終末 ■ 大福:生後3900日目 

古代マヤ文明の暦に基づいて「滅亡の日」とされる今日、2012年2月21日・・・。「ノストラダムスの大予言」とどちらが信憑性が高いのかは分からないが、話題という点では間違いなく「ノストラダムスの大予言」のほうだった。あれっていつだっけ?と思って調べてみたら1973年に出版された本で、地球滅亡の日は1999年だった。そんなに昔の話ではなかったんだなぁ・・・。

今回のマヤ歴の地球滅亡の日もたぶん何も起きずに通過できるんだろうが、ここ数年の地球の病み方を見ると、笑って済ませられないような気もしてくるから困ったものである。
昨日今日の朝散歩の景色も、そんなことを踏まえて改めて見てみると、ちょっと不気味な気もしないではない・・・。どうか、明日の朝が無事に来てくれますように<(_ _)>

向こう岸の晴れ間との対比。 青空の雲じゃないよねぇ。

2012年12月20日(木) ■ 鼻 ■ 大福:生後3899日目 

大福と戯れてて、大福の鼻が皮膚に触れるとドキッとするほど冷たくて驚く。活発な時は濡れてテカテカに光ってるけど、眠い時や眠っている時などジッとしている時は、カサカサに乾いてる。ジッとしている時・・・の中には、具合が悪い時も含まれている・・・。そう、お鼻は健康のバロメーターなのである。

この湿って冷たい鼻は、冷却装置の役目も果たしている。夏の暑い時などは、暑い外気を鼻から吸って、温度を下げて、マズルの中を通り抜けさせて脳を冷やす。熱中症を防止する冷却装置を体内に持っていることになる。だから、冷却装置の短い(マズルが短い)短頭種の犬達は、熱中症になりやすいのである。

鼻先だけ、チョコンと出してい寝ている姿を見るにつける度に、犬達の優れた機能のことを思うのである。

鼻呼吸。 熱すぎだろ?

2012年12月19日(水) ■ 犬が怖い ■ 大福:生後3898日目 

大福の住む集合住宅は、エレベーター内での犬の移動は抱っこしなくても良いことになっている。引っ越してくる直前まではエレベーター内は抱っこ・・・だったようだが、ある時の理事会総会で「他の人の迷惑にならないように・・・」と何とも中途半端な条件付きで良しとなったらしい。どの程度が迷惑なのか定かではないが、飼い主にとってはありがたいことである。

エレベーターで移動していると他階から親子連れが乗ってくることも多い。7割ほどの子は、大福に反応して好意的な目を向けてくれるが、2割ほどの子は特に反応するでもない。そして、残りの1割ほどは犬が怖い子である。この「犬が怖い」だが、その子達を見ていると分かることがある。その前に、その子達というのは、小学生低学年から、それより小さい子のことである。

親と一緒に乗って来た時に「犬、怖い」と言って親にしがみついたり、親の影に隠れたりする。しかし、怖い・・・の中には2種類がある。
一つは、親に甘えるための「怖い」だ。怖いと言うことで、親が「大丈夫よ」なんて慰めてくれる。もっと言えば、自分(その子)に親が反応して関心を示してくれることが嬉しいのである。だから、正確には本当に怖いのとはちょっと違うのである。

もう一つは、言うまでもなく、本当に犬が怖いのである。怖いと同時に嫌いなのである。これはだいぶ気の毒である。でも仕方ない。一緒に乗るのが嫌なら一回待って乗るとか手段を講じなければならない。それは親の判断であったり、その子自身が決めなくてはいけないことである。
この本当に犬が怖い子(嫌いな子)の、親だが、さすがに大型犬なら怖いであろうが、大福やそれより小さい犬が多いから、さすがに怖くはないようだ。ただ、犬が嫌いと言うことは事実のようである。親が嫌いだと、まず間違いなく、その子は犬が嫌いになると言って良いだろう・・・。

犬が嫌いでも別に世の中生きて行く上で大きな支障はないと思うが、犬を飼う身からの視点としては、ずいぶん損と言うか何と言うか・・・である。
できれば、犬が嫌いなまま、怖いまま大きくなって欲しくないから、親からの希望があれば喜んで大福に触ってもらっている。我が子が犬を触るのを嬉しそうに眺めている親の顔は素敵だ。そして、恐る恐る大福を触る自分の子供を見て「犬を触るの、今日が初めてなんですよ。ありがとうございます」「良かったねぇ、触らせてもらって・・・」なんて言ってくれる親が何人もいる。そして、初めて犬を触った子の顔を見ると、何とも照れ臭そうな顔しているのが共通の印象である。でも、嬉しそうな照れ顔のも共通・・・。
犬が嫌いでもなく、怖くもなくなる子が増えるのなら、大福はいつもお手伝いさせてもらうつもりでいる。

ポカポカ、ねむねむ。 寝た・・・。 背中、灼けるぞ。

2012年12月18日(火) ■ 全力投球 ■ 大福:生後3897日目 

今日は火曜日だが変則的にシャンプーの日。幸い、雨は明け方のうちにやんだようで、カッパ要らずの朝散歩。しかも、12月だというのに暖かで日中の気温は18度近くあったようだ。

シャンプー前にいつも広場でウォーミングアップする大福。何だかとても元気なんですが・・・。もちろん、元気であることは、悪いはずもなくむしろ嬉しいのだが、問題は飼い主の体力だ。とても大福が要求するだけ付き合いきれない。ただ、ボールや松ぼっくりを投げるだけで良いのだが、大福、やめないのよねぇ・・・。ボール取りに行って戻って来る・・・この連続なのに少しも疲れた様子を見せない。この元気、いったいどこから湧いてくるのやら。

何事にも全力投球。ホント、見習うことが多すぎる・・・。

ハンターの目? 狙いを定めて・・・。
歓喜の舞。 はい、よくできました(^_^)

2012年12月17日(月) ■ 選挙明けの日も平常心 ■ 大福:生後3896日目 

昨日の夜から選挙の開票速報でテレビは大騒ぎ。動かぬこと山の如しのはずのテレビ東京ですら特番を組むほどの騒ぎようだった。そして一夜明けた月曜日も朝からワイドショーは手前ネタのはずの芸能ニュースにも触れず、報道気取りで選挙の話ばかり・・・。

その点、大福は偉いねぇ・・・。民主惨敗、自民大勝・・・どこ吹く風。そんなの関係ないとばかりに全くもっての平常心。スゴイよねぇ、犬達のブレのなさは・・・。

雨降ってきたよ。 帰るよ。 匂い嗅がないで帰ろうよ。

2012年12月16日(日) ■ 選挙の日も平常心 ■ 大福:生後3895日目 

都知事と衆議院のW選挙の日。そして、我が住宅は大規模修繕の説明会。出席してみたけど、相変わらずの低調ぶりで330世帯中、30世帯いたかどうか・・・。選挙の投票率も過去最低だったとか・・・。

それにしても今朝の散歩は暖かいこと。とても12月とは思えないほどの暖かさだった。夜の天気予報によると18度以上あったとか。狂ってるな日本の気候は・・・政治以上にね。
そんな日本の未来や住宅の未来を決める大事な日であろうが、大福はブレることなくいつも通りの平常心で散歩。すごいなぁ、犬達のこの動じないところは・・・。情報に踊らされて右往左往している人間(飼い主)と大違い。火曜日はシャンプーの日だから、トリマーさんに大福のツメもらって煎じて飲もうかな。いや、大真面目に・・・。

暖かいね。 いつもと同じ。 選挙の匂いする?

2012年12月15日(土) ■ 「待て」の練習 ■ 大福:生後3894日目 

大福は特に躾けのようなことをしてきていない。ただ、「待て」と「来い」の練習は仔犬の頃に遊びながらけっこうしてたなぁ・・・ほぼ毎日ぐらい。でも、「待てぇ!」とか「来い!」とか声を張り上げるような感じのことはしてこなかったなぁ(だから躾けはしてないとあえて言ってるのだと思う)。
その甲斐あってか、今でも大きな声を出さずとも「大福、ちょっと待ってて」とか「大福、コッチに来てぇ」なんて言えば、スタスタとやって来てくれる。今考えると、練習しておいて良かったなと思ったり。

今朝は、すごく久しぶりに「待て」の練習。久しぶりなのでどうかな?と思ったけど、大福に背を向けてけっこう離れた場所まで歩いて行ったのに、しっかり定位置で待ってくれた。嬉しいし、ありがたいことである。

大福はどこ? いました。

2012年12月14日(金) ■ 赤と白 ■ 大福:生後3893日目 

妻のスマホ(iPhone4)の具合がどうにも良くないので、夕方、急に銀座のSoftbankに出没。銀座とは言え、平日なので待ち時間と事務手続きとでおおよそ1時間ほどで用事を終えた。
急に思い立ったので、大福も一緒だったし車だったしで、妻と大福には店前で車で待っててもらった。2階の売り場で担当待ちしている時に妻から送られて来たのがこの写真。おぉ〜、お父さんと一緒じゃないか。しかも、同じポーズで座ってるし・・・。

手続きを終えてから妻の話を聞くと、大福、店前を通る人が邪魔になるほど大勢の人に囲まれてプチ撮影会状態だったらしい。どうやら囲んで写真を撮っていた人達は、大福が首輪も着けていない、リードもしてないので、ショップの犬と思っていたらしい。ふむ、確かに色こそ赤と白で違うが姿形は似ているもんなぁ・・・。あーぁ、できれば事務手続きじゃなくて、その場に居合わせたかったなぁ・・・。

白戸家の家長と。

2012年12月13日(木) ■ 風見柴 ■ 大福:生後3892日目 

元気印の後輩柴・ゴン太くんに遭遇。その元気ぶりに大福はタジタジ。ゴン太くん、1才を過ぎて3ヶ月になろうはずだからか、大福はもう仔柴扱いではなく成犬柴扱いにシフトチェンジしている。その境目がどこで何きっかけになっているんだろう・・・。動きなのかなぁ?それとも、何か匂いでも違うんだろうか?非常に気になるところである。
2人並んで遠くの何かを見て風見柴している姿は、もう立派な柴なんだけどね。

2ショット。 誘って誘われて。 風見柴。

2012年12月12日(水) ■ モノ持ち良し ■ 大福:生後3891日目 

段ボールは別として破壊活動をしない大福のオモチャは貯まる一方なのでこの頃は全く買っていない。最近の大福のオモチャは、主に現地調達?の枝、葉っぱ。そして、ビニール袋。散歩バッグに入っているオモチャは、ソフトなボールとゴルフボール。そしてソフトタイプのフリスビー。

このフリスビーはかなりのお気に入りで、バッグから出すと目をキラキラさせて喜んでくれる。破壊活動はしないが、あの尖った歯で噛むのだから時間が経つにつれて自然崩壊?はしてくる。騙し騙し使っていた訳でもないのだが、いよいよ持って限界になったので、新しいフリスビーをおろした。
その時、思ったのがフリスビーを買った時期。今まで使っていたのと一緒に買ったのを覚えてる。しかも、それは引っ越してく来る前の話だから3年以上前であることは確実。いつだったけなぁ・・・と思って、フリスビーを買ってきてくれたガッちゃんのママに電話して確かめたところ、もう6年ぐらい前じゃないかとのお返事・・・。

ひやぁ〜大福、モノ持ち良いなぁ・・・。そんなにこの赤のフリスビー使ってくれてたんだ。傷んだからって、これは捨てられないぞ。モノ貯まる訳だわ。捨てられない男・・・(´Д`。)

新品と使い古し。 スムーズに転がるね。 どう?咥え心地は?

2012年12月11日(火) ■ 人のフリ見て ■ 大福:生後3890日目 

寒さも本格化していよいよ年末モードに拍車がかかってきている感じ。今朝はいつもより時間に余裕があったので、広場を数カ所ハシゴ。

最後の広場で、あまり見かけない女性飼い主さん達がいたが、これは向こうも同じこと。幸い、柴仲間の飼い主さんもいたので、フェードインで輪に入ってご挨拶。大福も小さい犬種の子達と仲良くしてくれるので助かる。
飼い主さん達の輪に入って話を聞いてたら、急に動きに変化が・・・。一人の飼い主さんの言葉がきっかけで数人がお帰りモードにシフトチェンジ。「あ、○○ちゃんのパパが来るから帰るね・・・」が散会の合図だった。辺りを見回すと該当飼い主さんらしきと愛犬が遠くからコッチにやって来る。あの人かぁ・・・。よく分からないので去らずにその場にいたが何が問題なんだろ?誰彼かまわずオヤツを与えまくっているので、それが嫌なのかなぁ・・・。大福はオヤツに群れる他所の犬達の輪には入らないが、確かに嫌な人には嫌な行為かもしれないな。

真相?は分からないが、自分も言われてるかもしれないぞ。「大福ちゃんのパパ来たから、お開きにしましょ」なんてね。気をつけねばならないな・・・って何を気をつければ良いのか分からないけど、人のフリ見て何とやら言うもんね。

忘備録として追加。朝散歩、ちょっと油断して駐車禁止の紙貼られた。バス停より6m以内の駐車だと・・・またお小遣い減るわ(´Д`。)

よく見てるねぇ。 キャッチ! ちょっと大きいね。

2012年12月10日(月) ■ 歩き初め ■ 大福:生後3889日目 

広場の端っこにいつの間にか何やら道のようなものが・・・。何々?ウッドチップコース?あら、ホントだ、細かい木片がビッシリ敷き詰められて道のようになっている。これで、この広場は芝コース、ダートコースに加えて、ウッドチップコースもできたってわけだ・・・。ふぅむ、まるで競走馬の調教コースみたいだぞ。

野次犬な大福は、もちろんスタスタと新コースをチェック。初めての足の裏の感触を確かめるように慎重に歩いておりましたわ。果たしてお気に召しましたでしょうか?

ウッドチップの径だって。 行ってみる? どう?歩き具合は。

2012年12月9日(日) ■ 逆さ千手観音 ■ 大福:生後3888日目 

今日は住宅の防災訓練と餅つき大会の日。防災訓練には大福も参加・・・というよりも気晴らしに・・・のはずだったのだが、気晴らしどころか、大福にとっては辛抱のイベントになってしまった。

防災訓練に参加した子供達に囲まれて頭を触られ放題。その様は、まるで大福が逆さ千手観音?にでもなったようにあちこちから手が伸びていた。囲まれただけでも大変なのに大福は頭を触られまくってもジッと大人しくしていた。辛抱しきれず唸り声ぐらい出すかなと思ったが、唸りもせずに耳を平らにして我慢していた。大福はホント辛抱強いわ。少し爪の垢でも煎じて飲まさせてもらわないとイカンな・・・ウルウル。

逆さ千手観音? お散歩代行?

2012年12月8日(土) ■ 東京半日コース ■ 大福:生後3887日目 

よもやこんな一日になるとは・・・。
今日は、妻母上様が来る日で、12時に新富町で待ち合わせ。その足で築地で買い物をし始めたので、大福と車の番をしながら車が見える範囲でご挨拶地周り。すると、『若葉』の若が走って来てくれて「これ端っこだけど、大福ちゃんに・・・」って。グハッ、チャーシューいただいてしまった!大福グッジョブ!

築地での買い物を終えて、神宮のイチョウ並みを通り抜け原宿へ(イチョウ並木最高潮なり)。表参道ではコインパーキングにスンナリ駐車できてラッキー。表参道から裏原に入ってカフェ飯。ちょうど昼時で混雑してたが合い席で座ることができた。大福、席に着くなり前のオネエサン達の注文をガン見。オネエサン達食べにくそう・・・。ようやく我らの注文が来て落ち着くかと思いきや、今度はオネエサンのデザートに熱い視線・・・ヤレヤレ(^_^;)

表参道から渋谷→恵比寿→麻布を抜けて銀座方面に。薄暗くなってきた銀座のイルミネーションを見物。ここでも奇跡的に?コインパーキングに停められた。
今年の銀座のイルミネーションは、地面を這うようにライトがデコレートされていて何とも綺麗なこと。大福、終了直前の歩行者天国で皆に囲まれて、さながら撮影会の様・・・。夕方4時半から5時までぐらいは陽の暮れが早くて、アッと言う間に撮影が難しくなってしまう。慌てて大福の写真を撮って、はい歩行者天国終了。そして家路に。

家に戻ったのはちょうど6時ぐらい。今日は思いがけずに師走の東京半日コースを満喫してしまった。お義母さんも妻もお疲れ様。そして、大福ももちろんお疲れ様でした。

ビニール袋ハンター。 ボールをキャッチ。 築地を地周り。
チャーシューをゲット。 車の中でドヤ顔。 表参道闊歩。
裏原散歩。 オネエサン達の注文をガン見。 やっと自分のが来た。
和風だしのオジヤ+唐揚げ。 じゃことツナの香味野菜丼。 シフォンケーキ
ミキモトのツリー。 今年の銀座はこれが売り? ブルガリね。
綺麗な路面。

2012年12月7日(金) ■ TDLと地震 ■ 大福:生後3886日目

今日は新浦安に行ったついでに東京ディズニーリゾートに突入。と言っても、大福と一緒に入ることができないので、TDLの入口付近を軽く地周り。車を降りてすぐに荷物チェックゲートを抜けて入口前に。思ったより空いてる気がするぞ。そう言えば、何気に駐車場の車も少ないような・・・。こんな日もあるんだな。

大福が我が家に来てくれてから、年間パスも買ってないどころか入園すらしてないな。もっと強い懐かし感があるかと思ったが意外になかった。大福を一時預かりさせてまで行きたくないし、家に留守番させて行ったとしても気になって楽しむこともできないだろう。当たり前のことだが、ずいぶん大きな存在になってくれたものである。

夕方、久しぶりに大きな地震がやってきた。ユラユラと大きく長い時間揺れた。家の中のクリスマスグッズが倒れそうなほどの揺れだった。大福は、動ずることなく普通にしていたが、もし、大福を一人で留守番させてたら・・・と思うとクラクラしてしまう。やはり預けたり留守番させてまで楽しめることなどまずないなぁ・・・。

ちなみに、今日の地震は夕方5時18分に三陸沖で発生。マグニチュード7.3で、震度5弱。津波警報も出た。

懐かしい入口付近。 土産物屋さん付近。
ディズニーレールライン。 荷物検査。

2012年12月6日(木) ■ おでんとオフリード ■ 大福:生後3885日目 

人形町の『美奈福』でおでんゲット。人もいないので、大福を車から降ろして、妻が注文しているところに連れて行ったら、大福、わずかな隙間から中を覗き込んでしまった。おいおい・・・と慌てたら、お店の人が、「みんな、通るとココから必ず覗くんですよ」って。そっか、人形町界隈の犬達の立ち寄り場所であったか・・・。

Twitterにこの写真を載せたらフォロワーさんから「ええ?町の中でノーリードですか?」とクレームのような呟きが。横にいるのが妻だとも書いてなかったから、更に「柴犬は咬む、怖い犬と思ってる人もいますから・・・」と続き。こんにゃくを買い忘れたとも呟いたら「ええ!1にコンニャク、2にコンニャク、3、4がなくて、5にコンニャクですよ、おでんは!」ときたもんだ。ま、オフリードが気に入らないまでは良いとしても、おでんの趣味まで押しつけられてもねぇ・・・。第一、この頃の人気おでん具材TOP3は、1位:大根、2位:卵、3位:ちくわ・・・なのだよ。要らぬ節介、遠慮しておきます。

この際だから、少し毒を吐いてみよ。但し、あくまで私見ね。
犬は、本来、オフリードにしても大丈夫なように飼うのが基本・・・なんて書くと「大丈夫とはどう意味ですか?」なんてツッコミも来るのは必至なのだが、ココでは無視。オフリードを極悪人みたく言う飼い主の伝家の宝刀は、「リードは命綱」って言葉。素晴らしい言葉である。
しかし、リードを着けなくても大丈夫な犬にリードを着けてこそ命綱であって、リード着けないとどこにすっ飛んで行くか分からない犬だからリード着けるのとでは、同じリード着けるでも天と地ほどの差はあるのだよ。見た目は一緒でもね。

万が一、リードが手から放れて車に轢かれたらどうするんですか!?・・・なんてお叱りも来よう。大丈夫な犬は、リードが手から放れてもどこにも行かないって。小学生が歩行者路を歩いていても暴走車が突っ込んできて命を落とす。大人でもそう、青信号で横断歩道を渡っていても車が突っ込んできて命を落とす・・・。犬だって一緒。リード着けてても着けてなくても車に轢かれたりするのは一緒(あ、道路歩く時に、オフリードには決してしてないので誤解なきように)。

オフリードを全面的に肯定するのでもないが、東京都の条例なんかもザルで水をすくってるみたくジャジャ漏れ状態の文言が並ぶ。屁理屈どころか理屈でオフリードを肯定でもできるような杜撰な条文。要するに、犬のことなんかどうでも良いとしか思っていないのであろう。
が、しかし、オフリードは褒められるようなものでもないし胸を張るような行為でもない。しかし、入らぬ説教もお節介も無用。大福のこの日記に載ってる写真は、ほとんど全部に近いほど裸族で、リードどころか首輪すら着いていない。それを見て眉をひそめてる人も多いだろう。そういう飼い主さんは、アホな飼い主を笑ってくれてけっこう。そして、アホな飼い主に飼われてる大福を哀れんでくださいな<(_ _)>

野次柴でござる。

2012年12月5日(水) ■ 訃報を聞いて ■ 大福:生後3884日目 

朝散歩に出る前にテレビを点けたら、司会者が「今、入って来た大きなニュースです・・・」って。歌舞伎役者・中村勘三郎がが未明に急逝したとの報道だ。食道がんの手術を終えてから、今イチ、具合が良さそうな話を聞いていなかったので「やっぱり」との印象が強い。あまりにも若すぎるなぁ・・・。
生きているモノ(者)、死ぬために生まれて来たと言っては元も子もないが、あまりにも早すぎる。この訃報を聞いて、雨上がり決死隊の宮迫あたりが一番、自分の胃がん手術への不安を増幅させているのではないだろうか。

その点と言うのが正しいかどうかはともかく、大福ら犬や動物達は死に対する概念が人間と全く違う。と言うか、死の概念など全く持っていない。だから、死に対する恐怖心は持っていないと言って良いだろう。高いところから飛び降りるのに躊躇したりするのは、きっと「飛び降りたら死んでしまう」という恐怖心とは違う恐怖心なのだと思う。
死の概念がないから、仮に死ぬことがあっても人間が思う以上にスンナリ命を全うできるのではないか?と思うのである。
だから、飼い主は、その時が来るまで精一杯一緒に遊んであげて一緒に過ごしてあげる・・・それが何よりのことなのだと思うのである。どんな犬達も、傍からどのように見える飼い主であっても、自分にとっては一番大好きな飼い主なのだから。

中村勘三郎(自分の中では、中村勘九郎のほうが馴染みあるのだが)の急逝を知って、そんなことを思ったのである。

潮風公園の紅葉。

2012年12月4日(火) ■ 手拭いアレンジ ■ 大福:生後3883日目 

寒いからと言うわけではないのだが、大福は、妻母上様お手製の和装着を着用。たまに着せないと着るのを嫌がってしまうし、もっと言えば、嫌なことでも言うこと聞いてもらわねばならない時もあるだろうから、その練習を兼ねてという意味もあっての着衣である。

これ、手拭いをアレンジしてもらったモノで、手だけくぐらせると頭も足もくぐらせることなく着ることができるという優れもの。大福に限らず柴犬は、手足をくぐらされるのを極端に嫌う子が多いから服を着ない子が多い。もちろん、裸族が一番だから無理に着る必要ないのだが、傷や被毛の保護・・・の場面では、やはり裸族よりも良いこともあるから慣れる必要はあるかなと。そして、この寒い時季、夜寝る時には多少の防寒にもなるようで重宝しているのである。

家の中でも。 散歩の時も。

2012年12月3日(月) ■ 「ぬりかべ」は暖かい? ■ 大福:生後3882日目 

師走の声を聞いたからか急に寒さを感じて一昨日、我が家は今季初めて床暖房を入れた。と同時に、大福の越冬用(大袈裟・・・)の必須アイテム、「ぬりかべ」のブランケットも登場した。ゲゲゲの鬼太郎一家のぬりかべ、床暖房が入っている場所に敷いたり、大福が夜眠っている時に上からかけたりと大福が暖をとるのに大きな貢献をしてくれている。

ところが、ちょっと面白い事実が判明。大福、ぬりかべ自身が暖かい・・・と思っているフシがあるのだ。と言うのは、床暖房してないところに、ぬりかべを敷くとソコに移動して上に乗っかっていることがあるのだ・・・。ま、確かに、大福の立場に立って考えるとその気持ちもじゅうぶん理解できる。さて、どう思っているのか?しばらく様子を見ることにしよう。

ポカポカ。 温々。 2010年10月撮影。

2012年12月2日(日) ■ 朝陽の疾走 ■ 大福:生後3881日目 

空気がピリッとした感じの冷たさ。さすが12月なだけあって寒くなったものだ。寒くなって散歩を付き合う飼い主としては厳しい季節に突入するのだが、夏の猛暑に比べれば全然マシ。寒ければ上にいろいろ着ていけばしのげるけど、猛暑は脱ぐにも限界あるもんねぇ・・・。

大福としてはもちろん、暑いよりも寒いほうが元気印。今朝も朝日を浴びながら一人疾走をしておりました・・・って、真夏でも走り回ってるんですけどね(^o^ゞ

パンダを尻目に疾走。 ヤル気が登場。 朝陽に向かって疾走。

2012年12月1日(土) ■ 神宮イチョウ並木 ■ 大福:生後3880日目 

今日から師走で巷じゃクリスマスモード。今年も残すところ一ヶ月か・・・シミジミ。なのだが、我が家は恒例の?神宮のイチョウ並木を見に出発。本当は、横浜でもと思って出かけたのだが、途中で予定変更で神宮に向かったのである。

午前中だからまだ人の出もさほどではないだろう・・・と思ったのが甘かった。青山通りを渋谷方向から進んでイチョウ並木を左折しようと思ったが、左折車多し、青山通りの歩道も溢れんばかり・・・甘かった。
とは言え、車は驚くほど簡単に停められてラッキー。大福ももちろん降りてイチョウ絨毯の匂い嗅ぎ開始。しかし、匂い嗅ぎを満喫する間もなく、イチョウ見物客に囲まれてしまった。大福にしてみれば難儀なことだろうが、皆に可愛がってもらえている姿を見ているのは飼い主としては嬉しい。それにしても大福は辛抱強いわ、ホント。うぅっ・・・。

サービスタイムも長引くと可哀想なので、早々に退散したのだが、その途中でスコール的な雨。いやぁ、タッチの差だった。きっとイチョウ絨毯は雨でグシャグシャになってしまっただろう。良かった、晴れてる中でイチョウ見物ができて。

ドンピシャの見頃。 お年寄りが多かった。 黄葉の柴色。
匂い嗅ぎ開始。 ありゃ、もう捕まっちゃった。 撮影会開始。
キリがないなぁ。 飽きたから遊んじゃえ。 そして、誰もいなくなった。


福と大福の間TOPに戻る