2013年3月の最初へ↓
2013年3月31日(日) ■ 桜の終焉 ■ 大福:生後4000日目 

今日で3月も終わり。そして今年の東京の桜も終わり。今朝の小雨は完全に今年の桜に終わりを告げたと言って良いだろう。今週は何度もボヤいているが、今までこんなに楽しくない桜の季節はなかったなぁ・・・。日本の四季が乱れて春と秋の季節が失われつつあるが、天気の神も桜の季節にまで無粋なことをしなくても良いだろうと本気で苛立ちを覚える。

柴犬を始めとする日本犬の体と心の健康を維持するには、日本の四季をしっかり感じさせるのが何よりだと信じている。季節を感じる温度、風、太陽、そして食べ物・・・それらを体中で感じて前を向いて生きていく。これが正しい柴犬の生き方なのかなと。
その面からすると、ここ数年の日本の気候は決して柴犬にとってベストとはとても言い難い。だからこそ、短い春と秋ぐらいはしっかり感じさせて欲しかった。あーぁ、ホント今年の桜の季節は面白くも何ともないものだった。

さ、明日から4月。ボヤキは今日でやめて前を向いて生きていこう。ちなみに、今日で大福、生後4000日となりました。長いようだが、まだ4000日しか生きていないんだなぁ。もっともっと白地図にいろいろなことを記録と記憶を記してあげたいな。

完全貸切。 ビニールもほどよく泳ぐ。 元気に小走り。

2013年3月30日(土) ■ お役に立てば ■ 大福:生後3999日目 

花冷えのレベルじゃないなぁ、今日の寒さは・・・。間違いなく朝散歩の時よりも日中のほうが寒かった。

今日は用事があって大福を連れて都内を巡り。新宿から麻布十番に行く途中で青山墓地を通過。運良く、車を停めるスペースがあったので急遽、大福の用足しを兼ねて休憩タイム。大福と一緒に桜の下を歩いていたら、お母さんと娘さんであろうお二人に出会った。目を細めて懐かしそうとも嬉しそうとも取れる表情で「(触っても)イイですか?」とお声をかけられた。もちろん、悪いはずなどなく、むしろ触ってもらえるなんてありがたいことだ。優しそうな手つきで触ってくれてるのを見ていたら、お二人の目に薄っすら光ものが・・・。

聞けば、数ヶ月前に愛犬の柴犬がお二人の元を去ったとのこと。きっと大福に触れながら、いろいろなことが思い出されたのだろう。愛犬と生活する者、皆が必ず通らねばならない道。とても他人事とは思えない。気持ちが痛いほど分かる。被毛の触り心地。独特の匂い・・・。どれも愛犬を偲ぶものばかりだったに違いない。悲しさは時間が解決してくれるのかも知れないが、無理に解決などしなくても良い。いつまでも引きずって悲しみくれることも供養の内だし、それらの悲しみも全て含めてこそが飼い主なのだと思う。大福が少しでもお二人のお役に立てたのであればそんなに嬉しいことはない。寒い一日だったが、ほっこりする出来事だった。

アークヒルズね。 青山墓地。
コレ、何という木なの? 銀座三越の巨柴。

2013年3月29日(金) ■ 例年と違う桜景色 ■ 大福:生後3998日目 

今年の桜は早咲きで、週末にはだいぶ葉桜になっているのでは?と危惧していたが、昨日の夕方見る限りではまだしっかり咲いていた。しかも?区から派遣されてる作業の人達が週末に合わせてお花見ポイントに提灯ぶら下げる作業をしていた。せっかくなんだから、ちゃんと週末まで頑張りなさいよ!桜の諸君。

先週の佃島も昨日の地元辰巳の森も桜は例年通り咲いているのだが、どうも何かが違うとずっと思っていたのだが、ようやく分かった。
今年の桜の咲き具合は、やっぱり例年よりも2週間ほど早いのだ。毎年、競馬の桜花賞(今年は4月7日)の頃はまだ咲き始めで、皐月賞の頃にようやく満開だったからね(今年は4月14日)。
そして、咲き始めが早いから今年の桜の景色はやけに小学生の姿が目立つのである。そう、春休みの期間中に咲いてしまったのである。だから平日でも子供達の姿が多いのである。だから今イチ落ち着いて桜の下を歩くことができない。

あーぁ、今年の桜はどうもしっくり馴染めない。でもちゃんと理由が分かって少し納得。と言うことで、今年の桜の追っかけは終了とします。偶然はあるかも知れないけど・・・。

まぁ、綺麗だこと。 どんな匂いなのかな?
ちょっと、そこ立ってみて。 あら、イイ感じ。

2013年3月28日(木) ■ してやったり、やられたり ■ 大福:生後3997日目

犬の嗅覚は人間に比べると相当良いことは皆知っている。でも、どのくらい良いのかは定かではない。本によっては400倍〜2000倍などとアバウトなことが書いていある。イイ加減だな犬に関する本って。本人達(犬達)が肯定も否定もしないから言いたい放題、書きたい放題。

鼻が良いとは言え、いつも良いとは限らない。大福なんかを見ているとかなり集中した時は良いみたいだが、ノホホンとしている時は案外お間抜けな嗅覚だったりする。オヤツも含めてけっこう探せない場合も多いのである。
でも、鼻が良いというのを大前提にするのなら、タバコの煙、排気ガスなんかはかなり気の毒なんじゃないのかなと思うのである。人間の比ではないはずである。かなり地面に近い位置に顔があるから排気ガスはツライはず。そして、タバコによる受動喫煙被害もヒドイと思うよ。

さて、嗅覚の凄さをまた見せてくれた大福。ショップ内をウロウロしていると、まるで買う物を探してでもいるかのようにクンクン匂いを嗅ぎ回って店内チェック。そして、棚出し途中のカゴの前で立ち止まって念入りにクンクン。そう、このカゴの中にいつも大福お気に入りのオヤツがあったのである。真空パックで密封されているのにお気に入りが分かっているようなのである。どれだけ鼻が良いんだろか?

そして、お強請りの目で見つめられたら・・・もう買うしかないでしょ!まさに、してやったり、やられたり・・・である。

上が気になるんだ? 物色中。 そんな顔されてもねぇ・・・。

2013年3月27日(水) ■ 旧地で旧友と ■ 大福:生後3996日目 

2週間に一度、シャンプーで旧地に来るようになってもう4年近くになる。だから大福にとっては、旧地がきっと旧地として印象はないのだろう。いつ行っても感慨深さなど全くないような表情で旧地を散歩している。旧友に会っても人間みたく大袈裟な表情での再会などない。「あ、こんにちはぁ・・・」なんて感じで何とも素っ気ない。

そのシャンプー日、いつもは月曜日なのだが、この春から水曜日にしようか?との考えがあって、今日試しに水曜シャンプーを実行してみた。雨だった・・・。
「シャンプー日限定雨女」なんて言ってたら、曜日が月曜から水曜に変わってもジンクスというか神通力は強力だった・・・。天気予報では夜から降るだろうと言われていたのに朝から雨だった・・・やるなぁ、大福。

いつもより早めに旧地に着いて、まずは仔犬の頃から慣れ親しんでいる「花時計の公園」を散歩。いつももっと広い公園でも散歩しているのに、この公園は単調な造りでなく造り込み感があるので大福も何気に嬉しそう。お仕事ポイントもすぐに決めてお仕事終了。
公園を移動して旧友のアンディ君と再会。アンディ君は大福より数ヶ月ほど先輩。少しも変わらず元気そう。いつも2人で走り回っていたのが懐かしい。もっと一緒に遊ばせたかったが、シャンプーの時間になってしまった。また会おうね。

嬉しい事、楽しい事の後にはツライ事もある。そうシャンプーである。決して嫌いではないようだが、一人残されるのが嫌みたいでガラス戸越しに何とも悲しい顔をしてくれる。こんな顔されるといつもトリマーさんに言いたくなってしまうのである。「僕が代わりに残りますから・・・」って。アホ飼い主なのである。

懐かしき「花時計の公園」。 同期のアンディ君。 そう、シャンプー日。

2013年3月26日(火) ■ 昨日より寒い ■ 大福:生後3995日目 

それにしても恐ろしいではないか夕べの天気予報の気象予報士のセリフ・・・。明日朝(今朝ね)の関東地方のお天気ですが、霜が降りる地域もありそうな程、寒さがぶり返します・・・って。おいおい、そうでなくても昨日は冷え込んだのに今度は霜ってかよ・・・。

で、今朝の散歩。ゲッ!ホントに寒いわ・・・。ちょっと雨も降ったのかな、お迎え広場の芝生も湿ってるし。幸い?大福の遊び場である巨大広場は日影もなく太陽の光を広場中に浴びているから芝生も乾いていた。
大福は寒いからか元気に遊んでいる。嬉しそうに遊んでいる大福を見ていると寒さも吹っ飛んでしまうんだけどね。

それにしても、木曜も天気悪いらしいし、今年の桜は週末まで持たないのは確実みたい。何か、面白味も情緒もない今年の桜である。

それっ! ガハッ! フンガァー!

2013年3月25日(月) ■ 花姫号の宿命? ■ 大福:生後3994日目 

そうでなくても事を急ぎすぎの今年の桜。今朝はこれぞ花冷えと言うぐらい寒い上に少しけだが雨。今週末まで咲いているのほど余裕はなさそうだ。ホント、今年の桜は楽しみどころが少なくて楽しくないなぁ。

桜の開花期間が短いと内心ほくそ笑んでいるのが大福。飼い主がこの時期、桜と一緒に写真をアチコチで撮るものだからゲンナリしているようだ。「花姫号」という名前を恨めしく思っているのかも知れない。

今朝は、ポツリポツリと雨が降り始めた中、こんな寒さがちょうど良いのだろう。大福、やけに元気にビニール袋で遊んでました。ふふふ、もう一回や二回は桜と写真撮ろうと企んでことも知らずに・・・。

ゆら、ゆら。 落ちてきたよ。 キャ〜ッチ!

2013年3月24日(日) ■ 所属 ■ 大福:生後3993日目 

犬の祖先はオオカミである・・・との説は多い。しかし、実際のところは定かではないらしい。限りなく「そうであろう」との仮説がいつの間にか、犬の祖先=オオカミ・・・となっているようである。その節がまかり通るから、犬もオオカミ同様に群れの動物である。だから、犬達は飼い主家族を群れとして認識している。だから、飼い主は群れのリーダーとなって愛犬を躾けなければならない・・・と、まことしやかに犬の本などに書いてある。我ら飼い主をそれを真に受けてフムフムなんて頷き納得する訳である。

ところが、どうもオオカミというのは群れる動物ではないとの説のほうがこの頃では広く知られてきている。えぇ?じゃ犬の群れ説はどうなるのよ?となってくるのである。
どうなんだろうなぁ・・・仮に群れる種族でないにしても、家庭犬として生活している犬達は群れでなくても飼い主と行動を共にしているから群れのような形態にはなっているのは事実である。そう、「所属」って感じなのである。

大福を見てもちゃんと我が家に所属している。広場で飼い主を見失うとアチコチ見渡して一生懸命探している。飼い主の誰かがやって来るであろう方向を向いてジッと待っている。そして、その姿を見つけると嬉しそうに必至で走り寄って行く・・・。どう見ても所属である。我が家に所属している大福、これからもヨロシクです<(_ _)v

来るほうを見ている。 来そうな気配・・・。 無事に合流。

2013年3月23日(土) ■ 柴と桜 ■ 大福:生後3992日目 

今年の桜は、咲き始めから満開まで急スピードで情緒がないと言うか、どうも楽しくないなぁ。もっと満開になるまでの期待感のようなものを味わいたいと思うのはアホ飼い主だけなのか?

今朝は、潮風公園まで足を運んで見た。思ってた以上に桜の木が多くて嬉しい驚き。しかも、見事なまでの満開。いつもより人が少し多かったが、それでも桜の名所に比べればお花見の場所取りしている人も見当たらず桜の散歩としてはかなり上出来である。

それにしても、手前味噌ながら柴犬と日本の四季の景色はホント融合してますなぁ・・・(^_^)v

これぞ満開。

2013年3月22日(金) ■ 佃・桜散歩 ■ 大福:生後3991日目 

今日はちょっと長めのお留守番をしてもらったので、夕方散歩はご機嫌とりとばかりにいつもの夕散歩より長め。桜が急発進で咲き急ぐものだから、アチコチの桜の名所は今日が満開。どれどれ?と佃界隈に桜チェック。

確かに満開な佃界隈。ところが夕方、それも金曜日の夕方だったりしたものだから、夜桜見物の場所取りも陣取っていたりで今イチ、春情緒満喫とはいかなかった。やっぱり朝のほうが良いな、また出直すか・・・。
桜ポイントは人が多かったが、佃の町並みはいつも通りヒッソリ。佃神社も人がいなかったし、佃煮屋さん並びもいつものように静かに佇んでいた。『天安』前でお店の人に声かけて写真を撮らせてもらったが、やはり日本犬、柴犬は佃の景色がよく似合う。古きポンプの前なんか何と似合うこと。ここだけの話、実は大福、けっこう昔スタイルのゴミ箱の前とかも似合うのである。

桜は今イチだったが、佃の町並みも散策できて、なかなか充実の夕方散歩であった。できればまた改めて出直したいなぁ・・・。

血統名:花姫号、見参。 永代橋にスカイツリー・・・国芳か! 桜に見守られ・・・。
春の匂いを満喫。 一夜にして満開。 野次犬モード。
何故かドヤ顔。 お水いただきました。 佃神社内。
佃神社入り口。 佃煮の『天安』前で。 新旧融合。

2013年3月21日(木) ■ お持ち帰り ■ 大福:生後3990日目 

現地調達のオモチャになかなかうるさい大福。中でも枝に関してはかなりこだわりがあるようである。そう、枝フェチながら好みがキビシイのである。だから希に長さ、太さの両方がシックリくるモノに遭遇すると思い切り嬉しそうに顔の筋肉が崩れる。

今朝、久しぶりに顔の筋肉が崩れてしまうほどの何とも大福好みの枝を見つけてきた。持って来たので投げ返してあげるともう大変。ハグハグと咥えながら枝の舞を乱舞。ホント、嬉しそうだなぁ・・・。仕方ないので、お持ち帰りすることにしました(^o^ゞ

あ〜、イイ具合だねぇ。 良い、良い。 お気に召したようです。

2013年3月20日(水) ■ ゆっくり、まったり日 ■ 大福:生後3989日目 

今日はお休みの日だったので、いつもより1時間ほど遅めの朝散歩。それでも変わらずの貸切状態。皆、どれだけお寝坊さんなんだろ?こんなに爽やかな朝はきっと珍しいのにもったいないなぁ・・・。
と言うことで、今日はゆっくり、まったり日とあいなりました(^o^ゞ

爽快。

2013年3月19日(火) ■ 自然との対峙法 ■ 大福:生後3988日目 

夏日でしたね、今日は・・・。融通が利かないと言うか、空気が読めないと言うか・・・程々を知らないお天気様。昨晩雨を降らした挙げ句、急に気温高くするもんだから、桜の花も慌てて芽を膨らませてしまうんじゃないのか?

急激な気温上昇で朝の散歩での飼い主通しの挨拶は「暑いですねぇ〜」が挨拶代わり。犬達もそれは同じようでクチを開けて歩いている子がやけに目立った。もう、 暖かいを通り超えて暑い季節になってしまうのだろうか?柴族には日本の四季を感じさせるのが何よりの健康のコツだと言うのに・・・。四季を返せ!

久しぶりに後輩柴の宙ちゃんと会った。面白いねぇ・・・。相変わらず我関せずな感じなのだが、マッタリする場所が真冬なら日なたなのに、今朝辺りはもう日影に陣取っていた。誰が教えたでも、そうしなさいと命じてる訳でもないにちゃんと暑くないところにいる。自然との対峙の仕方・・・ちゃんと身についてるんだねぇ、感心感心。

誰かいる? しっかり日影。 マイペースな柴s。

2013年3月18日(月) ■ 風強すぎ! ■ 大福:生後3987日目 

うん、確かに気象庁は今日は荒れ模様の天気って言ってた・・・。でも、荒れすぎだろ?この風の強さは。いやぁ、朝散歩始まりの頃はまだしも、終了後あたりの風の強いことと言ったらスゴイのヒドイのって。風の向きも四方八方からで正に縦横無尽。大福も歩くのに一苦労。風に歩調を取られて斜めに歩いていたもの。用足しもやりにくそう。こんな風じゃお仕事は無理かなと思っていたが、うまいこと植え込みの影で風をしのいでお仕事無事に終了。

お仕事終了で早く帰ろうと思ったら、風でどこから飛んできたのかちょっと大きめの紅葉の実?を見つけていきなりお遊びモードに突入。こういう時は風など関係ないって顔して遊ぶからチャッカリしたものである。それにしても風、強すぎるわ!

顔、近っ! 確保済み。 持って来て!

2013年3月17日(日) ■ 桜はまだで花冷えなり ■ 大福:生後3986日目 

桜の開花宣言がされた大福地区。あれって、靖国神社の桜の木で判断するんだったけかな・・・。てことは、千鳥ヶ淵辺りはもう桜の花が開いているということ?
残念ながら、大福地域はまだ桜の花は開いてもいなかった。この調子だと、来週中頃に咲き始めて来週末はけっこうなお花見日和になりそうな予感。もしかすると気象庁の職員よりも、このアホ飼い主のほうが目利きできるかも。何しろ「花姫号」の飼い主だからね。

桜の季節になったとは言え、世の中「花冷え」という言葉があるように、日なたはともかく日影はまだまだ寒い。季節の言葉に惑わされぬよう体調管理しなければな・・・。

元気だねぁ。 激走。 ドヤ顔。

2013年3月16日(土) ■ 築地飯な柴 ■ 大福:生後3985日目 

今日は大福と一緒に築地飯。もんぜき通りに面した外座りの店ならまだしも、室内OKなお店などまずないと言って良いだろう。大福が唯一、入店を許してもらえる店がココなのだが、ココとて外向けに「犬OK」と謳っている訳ではない。アホ飼い主の厚かましさでいつの間にか既成事実を作ってしまっただけ。お店の人も内心、迷惑なんだろうと思う。だから、ランチタイムで混雑するピーク時にはお邪魔しないように心がけている。そのくらいの気遣いはしないとバチが当たるもの。

そう思っていたのに、今日はちょっと出遅れ気味でお店に着いたのが11時半頃。ヤバイ、中は満席、外にも人が並んでる。今日は遠慮しようかなと思ったのだが、お店の人に声かけてもらえて入店することができた。幸い、奥の席がちょうど空いてたのでそちらに着座。My敷物を敷いて大福も着座。座ってしまえば、あとは大人しくしてくれているので、大福に背を向けて座っている人などは大福がいることも分からないほど。これは飼い主にとってはありがたい行儀の良さ?である。

とは言え、世の中、犬好きの人ばかりでない。いくら大人しく行儀良くしてくれるからと言って我が侭は言えないのが現実。でも、もっと大福と一緒に食事ができる店が増えると嬉しいんだけどなぁ・・・シミジミ。

昭和柴な感じ。 ビーム発信中。
長〜い舌。 次のターゲット?

2013年3月15日(金) ■ 桜開花予想 ■ 大福:生後3984日目 

気象庁から都内の桜の開花が明後日3月17日と発表された。いよいよ春季節の到来と言って良いのだろう。と言うことは、大福の誕生日が近いと言うことだ。「花姫号」・・・大福の血統名である。何とも素敵な名前じゃないか・・・とアホ飼い主はほくそ笑む。

来月の誕生日で大福は11歳。早いものである。2002年韓日共済のワールドカップの年に産まれたのである。少し前までは、「もう何歳」ではなく「まだ何歳」だ・・・なんて思っていたが、正直、今ではもう11歳になるのか・・・が本音である。
頭に白いものがチラチラ目立ってきてはいるものの、幸いというか大福は若々しい。いつも一生懸命楽しそうに遊んでいるから幼さが抜けていないとも言えよう。でも、飼い主自身が自分のこととして考えれば、気はいくら若くても肉体的にも体力的にも衰えているのは事実である。だとすると、大福もそれは同じことと言って良いだろう。いや、同じこととしなくてはいけないだろう。飼い主の希望的なイメージでいつまでも若柴の頃のように接していてはきっといけないのだと思う。

しかし、飼い主が年齢を思いやって守り?に回りすぎると老いに拍車がかかるのも事実なのである。若柴の時のイメージを忘れさせないように遊ばせることも大事。年齢に沿って思いやってスローダウンするのも大事・・・。そこら辺りのサジ加減が非常に難しそうだ。飼い主はいつ何時も勉強なのだなと実感するこの頃である。

桜開花予想の発表の日に自分への忘備録として記す。

それ! 余裕だねぇ。 もう射程内だね。

2013年3月14日(木) ■ 手抜き散歩 ■ 大福:生後3983日目 

風か太陽か?なんて悩みなど必要なかった今朝散歩。天気予報通り、しっかり雨降り朝。ネットで東京アメッシュを見たり、テレビの天気予報でお台場あたりの天気を見てもどうにも雨はやみそうもない。仕方ないなぁ、今日はカッパ隊に長靴だな・・・とテンション低めに朝散歩に出発。

まずは家前広場で軽く用足し。広場に入ってすぐのところで用足し終了。ここで、このタイミングでお仕事するはずなどないから、次は何処に行こうかな・・・と思っていたら大福、Uターンして広場を出て行く。そっか、アチラ方面ね?と思ったら、おいおい住宅玄関のほうに進むじゃないの・・・。え?まさか、もう帰るの?まさか、まさかの展開。玄関を通り抜けて住宅内に戻ってしまった。そして、エレベーターホールへ・・・。おいおい、あまりにも手抜き過ぎじゃないの?

長っ! 短っ!

2013年3月13日(水) ■ 風か太陽か? ■ 大福:生後3982日目 

いやぁ、今日は朝から風が強いことと強いこと・・・。歩いていたら工事資材を運んでるトラックから畳一畳以上あるであろうベニヤ板が何枚も空を舞い飛んで行ってしまった。いやいや、呑気言っている場合ではなかった。一歩間違えば大福にもあたってしまう可能性もあったからね。危ない危ない。

春近しと言ってもまだまだ朝夕は寒い。そんな時に迷うのが目指す散歩ポイントだ。あるところは、日陰が広く大きくて寒いが風はほとんだない。一方は、日影はほとんどなくて太陽の陽射しいっぱいだが、とにかく風が強い。迷うねぇ・・・。今日は後者だったが、明日はどっちにしますか?大福さん・・・。

いいよ! 小さくても集中。 ホゲホゲ。

2013年3月12日(火) ■ 夕方の怪 ■ 大福:生後3981日目 

朝じゃなくて夕方散歩で近くのハーバー公園(勝手に命名)に来るのは久しぶり。施設内にもけっこう人がいたし、天気も良し風も穏やかなので外にも人はけっこういたのに、何故か我らの周りには人がいない・・・。

何かとんでもない異臭でも発してでもいるのだろうか?もしかして、飼い主めウンチ踏んでたりして?と靴の底を見ても何もそれらしきはついていない。偶然か?だったら、ちょっと御法度でオフリードで撮影タイム。人の気配がしたらすぐにヒモ着けなきゃと思いながらサクッと写真撮っていても誰も周りにいない・・・。もしかして、ヒモも着いてない犬がいるから誰も来ないのか?いや、冗談抜きでその可能性はじゅうぶんあるからね。ヤバイヤバイ、早くヒモ着けて退散せねば・・・。

かくして夕方の怪とも言える夕散歩であった。

何故に・・・ 誰も・・・ いないの?

2013年3月11日(月) ■ 分離不安度 ■ 大福:生後3980日目 

「東日本大震災」から今日で丸2年。早いような気もするし、遙か昔のような気もしないではない。
あの日、地震が起きた時のこと、やけに鮮明に覚えてるなぁ。揺れが大きくなってきてテレビの台座が動き出して、台所でガラガラと何かが落ちる音がした瞬間に大福を大声で呼び寄せたっけ。大福、今考えれば、地震が起きたことよりも飼い主に大声で呼び寄せられたことに驚いたのだと思う。廊下を走ってくる大福、大きく揺られて左右に足を取られながらやって来てくれた。留守番の時でなくて本当に良かった。そのことは今でも心底思う。

そんな今日の日。シャンプー日だった。ここ数日に比べると一気に寒さが戻って寒い朝だったが、散歩でお仕事もこなしていざシャンプーに。大福、車から降りるとスタスタと自分からトリミング室の中に入って行くのに、すぐ帰りたくなってしまう。シャンプーが嫌いなのではなく、おいて行かれてしまうのが嫌いなのだろう。それが証拠にトリマーさんによると飼い主の姿が見えなくなるとすぐに諦めて大人しく施術してもらっているらしい。
そんな話を聞くと、どうも飼い主のほうが分離不安度が高いのは確実のようである(´Д`。)

おいて行かれる大福。 迎えに来てもらった大福。

2013年3月10日(日) ■ 言うか?言わぬか? ■ 大福:生後3979日目 

どこの愛犬も家に一人残して留守番してもらうことは恐らく必ずあるのでは?もちろん、大福にも留守番してもらわなければならない時はある。ホントはさせたくないのだが・・・。だって、集合住宅なので、もし火事にでもなったら間違いなく100%死んでしまうもの・・・。

さて、その留守番の時。一人残して出かける時に声をかけて出て行くか?声をかけないで出て行くか?
ウチは声かけて出て行く。「出かけるんで、留守番してね」「何時頃には戻るつもりだから・・・」とか声かけていくのだが、ネットや本によると、そのような声がけは良いことではないとも書いてある。声をかけると条件反射でつまらないこと楽しくないことが始まる・・・と学習してストレスになるとか。こっそり黙って出かけるべきってことらしい・・・。
うーん、どうなのかねぇ。全く賛同できないなぁ。中には、「声をかけて出かけることは、今すぐ絶対にやめてください」なんて押しつけがましく指導?する団体もどきもある。それぞれ、考え方があるからそれはそれで良いと思うが、どのような背景の団体もどきか知らないが、さもありなんな団体名背負って声高に発言しては勘違いしてしまう飼い主もいるってことに気づいて欲しいものである。

ところで、余所んチはどうしているんだろう?とちょっと疑問に・・・。言ってから出かける?それとも、黙って出かける?さてさて、どっち?

枝、その1。 枝、その2。 枝、その3。

2013年3月9日(土) ■ 潮風公園ベテラン域? ■ 大福:生後3978日目 

今日も朝から晴天。しかも抜けるような青空。こりゃ、台場方面にでも行くか・・・と言うことで、潮風公園に。今朝は、平日より遅い出発だったので、駐車場にも車がチラホラ。珍しく貸切とは相成らなかった。しかし、潮風公園ベテラン域?に達している大福とアホ飼い主。しっかり人目を避けて疑似貸切散歩をエンジョイ。

まずは、久しぶりに船のアスレチック遊具に。大福は、あまり怖いとか思わないのかなぁ、けっこう厳しい通行路をスタスタ進んで行く。実は、途中でちょっと落ちそうになった個所もあったのだが、その後も何もなかったように歩を進めていた。けっこう図太いのね・・・。
続いては、夏の時季には欠かせない日影をたくさん作ってくれる松林コーナー。ココはいつ来てもヒンヤリしている。枯れ松葉の絨毯がビッシリ敷かれてるのだが痛くないんだろうか?肉球の性能の良さを実感する。
最後は、「船の科学館」に停泊していた帆船をバックに記念撮影。大福は、すんなりカメラのほうを向いてくれるから写真を撮るのが楽。きっと、我が家に来てくれた時からカメラを構えている飼い主を見続けているので、飼い主=カメラの人・・・みたいな刷り込みができているのかも(´Д`。)

明日は今日より気温も高いとかで24度くらいになるとか。一歩間違うと夏日になってしまいそう。どうなっているのかね?このオバケ気候は・・・。今度の月曜日で東日本大震災から丸2年が経過するが、何となく不安が尽きない日本国である。

おいおい。 松林散策。 帆船も停まってた。

2013年3月8日(金) ■ 追われる身 ■ 大福:生後3977日目 

今日は明らかに暖かい朝だった。天気予報で言われる最高気温は通常だと日中の温度であって朝散歩の時間帯は、その日の最低気温に近いことのほうが多い。ところが今朝は、その最低気温ですらずいぶん高いようで暖かかった。

今日はいつもより少しだけ遅い時間に散歩に出発。巨大広場で遊んでいたら、顔見知りのプードルくんが寄って来た。大福、それまでボール遊びをしていたが、相手に気づくとボール遊びをやめて走り回りに付き合っていた。追いかけたり追いかけられたりの走り回りだが、大福は小さい時から、追いかけるより追いかけられるほうが好き。今日も、走り始めは追いかけるのだが、いつの間にか体を入れ替えて追いかけられる側に回っている。上手いもので気がつくと入れ替わっている。大福のパターン、いまだ健在。追われる身が大好きな大福なのであった。

ハンターモード。 追いつかせて・・・。 また離す・・・。

2013年3月7日(木) ■ 見逃さないな、やっぱり ■ 大福:生後3976日目 

あー、前方に小さいけど段ボールの破片があるなぁ・・・。あの大きさなら気づかないで通り過ぎるかな?大福・・・と思いながら、大福の行動を見守る。ふんふん、イイ感じで進んでるじゃない・・・と思ったら、視線が前方向いたまま足取りが止まる。ヤバイ、これは見つけたな・・・。そして、ちょっと急ぎ足で段ボールの破片のところに一直線。

あちゃぁ、やっぱり見逃さなかったか、さすがは段ボールフェチである。でも、大福の偉いところはいきなり段ボールで遊ばず飼い主の許可を待っているところである(アホ飼い主と言ってくださってけっこう!!)。段ボールを目の前にして嬉しさ満点なはずだが、この段階でも、「今日はやらないよ、行くよぉ」なんて言えば、段ボールをやり過ごして歩を普通に進めるのが大福なのである。
でも、今日は久しぶりの段ボール発見だったのでやらしてあげた。いやぁ、小さな相手なのに容赦しない容赦しない。振り回したり喰い千切ったりとフルコース。哀れ段ボール片、アレヨと言う間に戦意喪失しておりました。

さて、どうする? やっぱ、やるかぁ。
お、珍しい9時耳。 持って来たか・・・。

2013年3月6日(水) ■ 春健診・Dogドック ■ 大福:生後3975日目 

今日は、例年春に恒例となっている定期健診。例年なら、春はフィラリアの検査を含めた血液生化学検査と狂犬病予防接種。夏にはエコー検査、レントゲン検査、心電図と分けていたのだが、今年は動物病院の新メニュー「春健診・Dogドック」で今日はその全部を実施(狂犬病予防接種を除く)。

検査を行うのは飼い主としては大変複雑である。もちろん検査に頼るところは大きいのだが、一番の問題は何と言っても「朝食抜き」。前の日から何度となく言い聞かせてはいたのだが、朝になっていつものようにいつものタイミングで朝食が出てこない時の顔・・・。「すみません、何か忘れてはいませんか?」とでも言いたいような顔をとても見てはいられない。思わず顔を背けて目が合わないようにしてしまう・・・。アホ飼い主街道まっしぐらである。

検査結果は概ね良好だった。もちろん、年齢に沿っての弱点は出てきているが、これは仕方ないと言うよりも、それも受け止めて弱点と良い距離感を保ちながら共に歩んでいく・・・がベストなのかな?と思う飼い主であった。
と言うことで、大福にとっての今年最初の大きなイベントは、無事に終了。よほど疲れたのだろう。夜は早くから爆睡王になっておりました。

レントゲン写真。

2013年3月5日(火) ■ 今日は啓蟄 ■ 大福:生後3974日目 

今日は啓蟄(けいちつ)。今日から気温は一気に上昇するらしいから、ホントに冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるかもしれない。

大福がお世話になっている巨大広場にも春の気配がチラホラ。造園係の人が手を加えてくれたようだ。ここの広場は、そんなに派手なことはしないが、四季を感じさせてくれるので本当にありがたい。柴犬には日本の四季を感じさせることが一番健全な生活と言われているが、この頃の日本の四季は乱れ乱れて春と秋なんか何と短いことか。
今年の春は果たしてどんな感じになるのか・・・。いよいよ春を語っても良い頃になってきたのだけは確実のような気がするのだが・・・。

心弾む春到来? 若い芽、摘まないようにね。 こんな姿勢も気持ち良い季節になるねぇ。

2013年3月4日(月) ■ 三寒四温 ■ 大福:生後3973日目 

今週は正に三寒四温らしいぞ。寒いのは今日までで明日はちょい暖か。週末は連日20度くらいになるとか。おいおい大丈夫か?新陳代謝?上手く体温調節しておくれよ。

放送禁止用語使ってしまうけど、この頃の天気の気違いぶりはどうなのよ?北海道じゃ暴風雪で9人もの人が亡くなってしまった(合掌)。雪や寒さに慣れている人達なのに死に至らせてしまう気違い天気。もしかして、日本は自然界から粛清の対象になってしまってるんじゃないのか?と心配になってしまう。豪雪地の雪が今度は急に気温が上がって雪崩や屋根の雪が落ちて・・・なんてまた新たな悲劇事故が起きないことを切に願いたい。

そして、北海道の犬達も苦労しているんだろうなぁ・・・。スイス在住の資産家夫婦殺害事件の時もそうだったが、犬達のことってニュースでほとんど触れられないんだよねぇ。悲しき器物達の宿命・・・。

来るよ来るよ。 上手! あっ!落とした!

2013年3月3日(日) ■ 冬満載のお台場 ■ 大福:生後3972日目 

今日も寒い朝だったが、お台場まで行ってみた。潮風公園に車を停めてゆっくり台場浜のほうに歩いてみたものの寒さのせいなのか歩いている人もいなければ走ってる人も誰もいない。それほど寒いんだなぁ、今日も・・・。

このコースを歩くのは実に久しぶり。もしかすると一年以上歩いてないかも知れない。大福、覚えているかなぁ・・・とちょっと思ったりもしたが、それは考え過ぎだった。記憶力ってスゴイなぁ。散歩コースの分岐点に来ると、ちゃんと自分で立ち止まって「どっちに行くの?」って顔して飼い主を見ている。何だか、ちょっと感動・・・(イイんです、バカ飼い主と笑わば笑ってけっこうです!)。

思いのほか冬満載?のお台場散歩。寒かったけど楽しかったなぁ・・・。また来ようね。

ここからの景色は久しぶりだね。 裏女神。
お台場らしい景色ね。 やっぱり走る・・・よね。

2013年3月2日(土) ■ 柴のいる景色 ■ 大福:生後3971日目 

昨日とうって変わって今朝寒かった。気温が低いだけでなく風も強くて寒さが堪えた。このぐらいの寒さは別に今日だけではないし、寒さだけで言えばもっと寒い日もあったし・・・。一昨日と昨日が異常に暖かかったので、体が順応していないだけなのだろう。体が勝手に暖かさにぬか喜びして春への期待感を高めたのかな。

日中ちょっと用事があって、自由が丘→代官山→恵比寿と周わってきたのだが、どこのポイントも風が強くて歩いている人もだいぶ険しい顔していて決して楽しい週末の景色という感じではなかった。
そうそう、景色と言えば、代官山の蔦谷書店に隣接している犬OKのお店テラスに柴犬が座っているのを発見。飼い主夫婦と一緒にテーブルを囲んでいて微笑ましい感じだった・・・のだが、一通行人として客観的にその柴犬がいる風景を見てみると、柴犬は小洒落た店に似合わないなぁ・・・。悲しいかな、やはり浮いている。他テーブルに座っている洋犬の子達に比べると全然風景に馴染んでいない。ま、そのミスマッチなところが可愛いと言えば可愛いのだが・・・。大福も同じようにこの店で一緒に座ってランチをしたことがあったが、他所様からはこんな感じに見えたんだろうなぁ・・・。いやぁ、参った参った(-_-;)

代官山:蔦谷書店 恵比寿:ガーデンウォーク

2013年3月1日(金) ■ ペットショップ ■ 大福:生後3970日目 

大福は、ペットショップ出身である。と言っても一度も陳列箱に入ったことはないのだが・・・。その経緯は先代柴犬・福が生後たった78日でこの世を去ったことに関連しているが、それは、「大福の足跡」ページに記してあるのでココでは省略。

手前味噌だが、大福は他所の皆さんによく「お利口さん」と言われる。謙遜すべきなのだろうが、飼い主から見てもお利口な面が多い(バカ?)。オリコさんと言われるからなのか知らないが、ペットショップから向け入れたと言うと、かなり多くの人が「えぇ?ペットショップなんですか?」と驚きの反応する。世の中的には(犬を取り巻くという意味の)ペットショップ出身は、ブリーダー出身よりもランク?が下と言うことなのだろう。悲しいねぇ、ペットショップ出身は。

そのペットショップだが、犬いの間では評判が大変よろしくない。生後間もない時期からの販売、売れ残ってしまった子の処分などで批判の的となっている。ま、確かにそう批判される面もあるだろう。でもね、ペットショップのお陰で新しい飼い主と出会う子も多いことも認めるべきだと思うのである。そりゃ、商売だから本音と建て前は違うだろう。どの子も全部がまともな飼い主と出会うとは限らない。でも、素敵な飼い主と巡り会える子も多いのである。批判部分だけ取り上げてペットショップを叩くのもどうかな?と思うのである。批判意見の持ち主達ってのはだいたいバックボーン(犬飼いとしての背景という意味ね)が似たり寄ったりなんだけどね・・・。この辺にしておこっと(-_-;)

フワフワ。 対空時間、長っ! 待ちきれずジャンプ!


福と大福の間TOPに戻る