2013年6月の最初へ↓
2013年6月30日(日) ■ 大福目線 ■ 大福:生後4091日目 

大福の目線の話。大福の立場を意識しながらモノを考える・・・と言う飼い主の心得的なことはもちろんあるのだが、それよりももっと直線的な目線の話。

信号待ちなどの時、しゃがんで大福の横にいると、大福の顔の位置は車の排気ガスが一番排出される高さであることが分かる。人間の大人だって、大きな幹線道路での排気ガスには顔をしかめてしまう。地面からより近い位置にいる大福ら犬達が吸い込む排気ガスの量なんて大人の比ではない。だから、大福の散歩ではほとんど交通量の多い幹線道路は通らない。ほとんどは、車に乗せて広場や公園まで行き、ソコを中心に散歩している。

地面から近い位置で行き来する大福。排気ガスのこと以外にもその高さのことを考えるといろいろなことが分かる。そう、目線である。同じ景色でも見え方が全然違う。
家前広場の何気ない景色。同じようにも見えるが、よくよく見ると見え方がだいぶ違う。何でもない木の高さも大福にしてみればずいぶん大きく見えるに違いない。左側の植え込み横に並んで駐車している車なんか全く見えてない。植え込みも大福にとってはけっこうな高さなのかも知れない。たまに、車を停めて植え込みを跨いでくる人もいるが、飼い主はその人が車から降りてくるところから見えているが、大福はその人がいきなり植え込みを跨いで来るところから始まる。かなり突然な出来事に違いないので驚くこともある。

そんな風に大福目線(見え方だけでなく思考もね)でいろいろモノを考えてみると、ずいぶん飼い主のご都合主義で判断して行動したり、させていることが多いのに気づく。飼い主は、やはり想像力が大事なんだなと今更ながらに思うのである。

クチの高さと排気口がほぼ一緒。 飼い主から見た正面。 大福から見た正面。

2013年6月29日(土) ■ 自覚 ■ 大福:生後4090日目 

大福って、自分のことをどのくらい知ってるのかな?と思うのである。

自分が犬であること・・・そんなこと知るはずもない。

飼い主が人間であること・・・それも知らないだろう。もしかすると飼い主のことを二足歩行の犬(同族)と思っているかも知れない。

自分の容姿・・・恐らく知らないし気にもしてないだろう。鏡張りのエレベーターに乗った時、鏡に映ったモノを気にしてたのは飼い主の姿だった。鏡の中いる飼い主とすぐ横にいる飼い主とを交互に見ていた。自分のことなど全く見ていなかった。

病気や死の概念・・・もちろん知る由もない。だから、いつもその日その瞬間の出来事を全て受け止めて一生懸命生きている。

こりゃ、飼い主の責任大きいわ。これからも精一杯お世話係に励ませてもらいますよ。

嬉しそう・・・。 楽しそう・・・。 ガン見・・・。

2013年6月28日(金) ■ いつもと逆 ■ 大福:生後4089日目 

今朝は、後輩柴の宙ちゃんに会えた。しばらくしたら、日本スピッツのクリスくんにも会えた・・・ん?あれ?もしかして日本犬3人?こりゃ珍しい。いいね!いいね!ってFacebook風。

そう言えば、ごく普通に当たり前になっていたけど、世の中的には洋犬たちのほうが圧倒的に多いんだったわ。だから、散歩で会う子も自ずと洋犬のお知り合いのほうが多い。たまに日本犬と出会っても少数派な感じで積極的に輪の中に入る感じではない。ところが今日は、日本犬三人衆のところにヨーキーのテトくんが来てくれただけで奇跡の日本犬が多数派に変身!これはホント珍しい。いつもと逆のパターンだもの。ふふふ、たまにはこんな朝もイイかもね(^_^)v

この近づき方、何とかならんか! 誰か来たね。 柴2、日本スピッツ1、ヨーキー1。

2013年6月27日(木) ■ 犬が歩けば猫も歩く ■ 大福:生後4088日目 

以前も書いたことあるが、世の中の使われる言葉の中で「犬」が登場するモノは良いモノが少ない。

・犬侍
・犬死に
・飼い犬に手をかまれる
・負け犬
・犬畜生
・犬食い

などなど、ろくなモノがない。もちろん、良いモノもあるんだけどね。犬馬の労・・・とかね。
で、自虐的に言えば、「犬にも劣る」というのもあるのだが、この言葉、日常生活の中で使いたくなることが多々ある。でも、犬に敬意をはらっているので実際には使わないのだが・・・。

どんな場面で使いたくなるかと言えば、何と言っても挨拶。おはようございます。こんにちは。こんばんは・・・こんなことも言えない(言わない)大人が多すぎる。挨拶しない主義なの?と訊きたくなるほどだ。犬の飼い主の中にもけっこう多いから笑えない。面白いことに?そんな無挨拶飼い主が連れている飼い犬のほとんどが犬同士の挨拶ができない・・・これって、当たり前のように思えて納得してしまう。

それにしても、犬を使った言葉は悲しすぎる。
犬も歩けば猫も歩く・・・こんな脳天気な言葉で犬が語られる日がいつか来て欲しいな。

今日は良い天気だね。 平均台歩き。 ベンチを拝借。

2013年6月26日(水) ■ セーフ! ■ 大福:生後4087日目 

今日は雨らしい雨が降り続いた一日だった。ただ、気温も低く、どうも梅雨の雨という気はしない。何となくチグハグとした今年の梅雨。これから先、どんな展開を見せてくれるんだろうか。

そんなしっかり雨の一日だったのに、朝の散歩は雨が降っていなかった。風もほとんどなく気温も低くて陽射しもなくて走り回りには絶好のコンディション。大福もそのコンディションに応えるべく、いつもよりしっかり走っていた。
ところが、朝散歩を終えて家に着く頃にはポツポツと降り始めた。そして、その後は一日中しっかりと雨降りが続いた。朝散歩の時だけ、まさにセーフ!と言った感じだった。うーん、運使いすぎたか?

小走り。 激走。 並足。

2013年6月25日(火) ■ 嫌な渡世だねぇ ■ 大福:生後4086日目 

梅雨よね?今?・・・と、考えてしまうほど梅雨のイメージに程遠い大福地方。今朝も曇り空ながらも雨は降っておらず、むしろ暑くもなくて散歩日和と言って良いほど。いったい、どうなってしまってるのかね?日本の天気は・・・。

日本犬の健康維持に一番良いのは四季をたくさん感じさせること・・・と言われているのに、ここ数年、春と秋が極端に短くなってしまい、完全に四季は崩壊している。更に今年は、桜の季節が著し短く、梅雨時季もこの有り様である。柴犬ら日本犬にとっては何とも住みにくい日本になってしまった。ホント、嫌な渡世である・・・(´Д`。)

ハンターな後ろ姿? キャッチ姿はちょっと情けない? 目、開けろ!

2013年6月24日(月) ■ イラつく週始め ■ 大福:生後4085日目 

ここのところ、秋田犬のこびきちゃん、柴のベッラちゃん、御大柴のココ君・・・と素敵な出会いに恵まれて楽しく過ごしていたのに、今週は嫌なニュースに触れてパッとしないスタートになってしまった。

井の頭公園で、ゴールデレトリーバーがクチ輪を着けられて繋がれて放置されているのを保護されたとのこと。置き去りにされたとしか考えられない。海の向こうのアメリカで警察犬がパートナー警察官の無知と無責任からパトカーに長時間閉じ込められて熱中症で死んでしまったとのこと・・・。

うーん、洋の東西を問わず、アホがいるとの言葉で済ませるにはあまりにもむごい。人間に全幅の信頼を寄せて身を委ねてくれる犬に対して、同じ人間として申し訳ない気持もあるのだが、もっと強い思いは、同じ人間として恥ずかしいという気持だ。あーぁ、今週はこんな嫌なスタートを切ったが、盛り返せるんだろうか?

黄昏れてる? え?帰る? はいはい、分かりました(-_-)

2013年6月23日(日) ■ お台場と共に17年 ■ 大福:生後4084日目 

今朝の散歩も潮風公園に。でも、今日は南側でなく珍しく北側に出没。首都高速の上を「しおかぜ橋」を通って南と北と行き来できてたのに、工事中と称して行き来できなくなってから久しい。このまま橋は閉鎖なのか、改築なのかは定かでない。今度、訊いてみようかな・・・。

その北側の潮風公園で、ゆっくりゆっくりマイペースで散歩している日本犬らしきを発見。近づいてい見ると間違いなく老犬の柴犬だった。白柴?と思いきや、どうやら赤柴の色が抜けて白くなったようである。お顔を見たら・・・フフフ、笑ってる。イイお顔だ。飼い主さんにお話を伺ったら、只今、17歳の男柴でココ君。お台場在住とのこと。お台場ができた時からずっとお台場の開発を見守ってきた年齢だ。柴に歴史ありだなぁ・・・。

ココ君、いや、ココ先輩。ちょっとお顔が傾き加減ではあるが、しっかりとした足取りでゆっくりながら自力で散歩している。嬉しいなぁ、こういう元気な姿を見せてもらえると。大福はと言えば、面白いもので、ちゃんと先輩として認識している様子。いつものように自分のペースで近づいて匂い嗅ぎの挨拶するのではなく、ココ先輩の様子を伺いながら近づいてご挨拶してた。何か感じるモノがあるんだろうなぁ・・・。

ココ先輩。足取りだけでなく、被毛もしっかり。尻尾もクルンと巻いていてイイ感じ。そして体格もしっかりしている。飼い主さんと少しお話しさせていただいたが、やはり「遊ぶ心(気持ち)」を維持してあげることが大事なのでは?と言うことで僭越ながら意見が一致。
普段から、大福に心がけてるのは幼さが抜けないように・・・という表現をしているが、数字的な年齢を意識し過ぎず、必要以上にシニア扱いしないことを心がけている。もちろん、若い時とは違うからサジ加減はしなくてはならないが、その辺りは飼い主の皮膚感覚で補うことぐらいできる。だって、ずっと成長を見てきているんだもの。

手探りながらも自分の思いに従って大福と付き合っているが、今朝、ココ先輩に会って、我が家の考えが正しいとは言えないまでも、間違いでないことも確信できた気がした。
何とも実のある朝散歩であった。ココ先輩にまた会えるように、北側の潮風公園もストーカーしに来ちゃいそうだ。

おはようございます。 初めまして。 失礼します・・・。
威圧感あるんでしょ? 放牧中ですか? また会いたいですよ。

2013年6月22日(土) ■ カフェ飯 ■ 大福:生後4083日目 

え?嘘でしょ?何?この晴天?このカラッとした空気はどうしたの?・・・と朝散歩は戸惑いの中で消化。

こんなに過ごしやすい週末なんてそうそうないぞ。であれば、今日は予定を変更してお出かけ飯でもするか・・・。といざ、柄にもなく原宿に出発。大好きなカフェ飯場『bio ojiyan cafe』でオジヤでも食べようとの魂胆だ。
我が家の土曜日にしては遅めの11時前に家を出発。アレヨと言う間の11時半過ぎには表参道に到着。運良く駐車スペースも確保できてスムーズに駐車。人だかりの原宿の交差点を抜けて裏原に入りお目当てのカフェに到着。
12時の開店数分前に着いたので一番乗り。OPENの看板を出しに来たスタッフさんに「大福、久しぶり」なんて声をかけられて店内に。店内でも他のスタッフさんから「あ、大福ぅ〜」なんて声をかけられる。嬉しいなぁ、そんなに何度も来てないのに名前覚えててくれるなんて・・・ありがとうございます<(_ _)v

大福が入れると言うだけでなく、食べるモノも本質的に美味しいお店なので我が家的には大変貴重なお店。カフェ飯というと、だいたいはロコモコだのパスタだのとが主流であるが、この店は名前からしてのオジヤがウリのお店。その他にも和風テイストのメニューが豊富。もっと来店しなきゃね。食べ物が美味しい上に、スタッフさんも犬好きであることが見て取れるから嬉しい。

店を出て少しだけ表参道を歩いたが、大福はいつものように歩く人達に声をかけられて、何度も触れ合いコーナー?になっていた。触られまくる大福が大変なのは分かるが、可愛がってもらってる姿を見るアホ飼い主の顔は自分でも分かるほどデレデレ状態だった。

表参道。 カフェ前。 My敷物でイスの上。
厨犬・大福。 和風おじや。 触れ合いコーナー?

2013年6月21日(金) ■ 柴好みの芝 ■ 大福:生後4082日目 

大福が通う広場や公園は、嬉しいことに緑が多い。そして、更に嬉しいことに芝生も多い。その芝生、荒れてる芝から綺麗に調整されている芝まで様々。

ここの芝区域は、大福が一番お気に入りの芝生のようである。毛足の長さもお好みのようでクッションも良いみたい。だから、ボール遊びの途中でお腹を芝生に接しての小休止もしばしば・・・(ダジャレじゃないよ)。
肉球の当たり具合、肉球間のチクチク具合もきっと好みなのであろう。遊ぶ時は必ず、この区域に移動しようとする。はいはい、分かりましたよ。アホ飼い主はしもべとなってあとをついていくのである。実際、ここの芝生、こうやって見ても実に綺麗である。

三角クチ。 足下は気にならない? 落下と同時にキャッチ。
取れたね。 持って来て。 そこまででお終い?

2013年6月20日(木) ■ 重苦しい朝 ■ 大福:生後4081日目 

雨は降っていなかった今朝の散歩。喜んで出かけたものの何か重苦しい。今日の世の中の景色は光量が足りない。光量が少ないから色味も綺麗に見えないところが多い。だから何となく楽しくなれない。空気も気泡が見える感じで重苦しい。こんな日の散歩は、やはり楽しくないなぁ・・・。

大福、飼い主の楽しくないぞオーラをきっちり感知したようで、いつもよりアイコンタクトが多い。飼い主に気遣いしている証拠。どうするのよ?愛犬に気を遣わせて・・・。当然、お仕事どころじゃなかったようで、お仕事もお預け。ダメな飼い主だなぁ、ホント。トホホだわ。

公園が暗い。 遠くの景色がグレーすぎる。 雲が重そう。

2013年6月19日(水) ■ 風が吹けば・・・ ■ 大福:生後4080日目 

風が吹けば桶屋が儲かる・・・一見、因果関係がないような要因が重なり合って意外な結果を生む。と都合よく考える場合が多い。

実際には、風が吹くと砂塵が舞う。
→砂塵が舞うと、目に入り失明する人が増える。
→失明者が増えると三味線を習う人が増える(流しのような人が増える)。
→三味線の需要が増えるので三味線に使う猫の皮の必要が増える。
→町の中から猫の姿が減る。
→猫が減るのでネズミが増える。
→増えたネズミが桶をかじる。
→桶を新調したり直す人が増える。
→よって桶屋が儲かる・・・。長いわ!無理あるわ!

大福の場合には、こんなに回りくどいことはない。スバリ、風が吹くと大福が喜ぶ!
今朝のように風が強いと、大福のオモチャはビニール袋になる。風に舞い宙を飛ぶビニール袋を追いかけてキャッチするのである。実にシンプルである。シンプル・イズ・ベスト。まさにそうなのである。

嬉しそうに見上げる。 目指すはビニール袋。 無事?キャッチ。

2013年6月18日(火) ■ 休息日とする ■ 大福:生後4079日目 

昨日は、朝7時前から散歩に出て、そのまま軽井沢。家に戻ったのは7時頃だったのでまさに半日出かけてたことになる。さぞや疲れたことだろうと思い、今日は家でゆっくり休息日にするよ・・・なんて言い聞かせて朝散歩に出たつもりなのに、選んだオモチャはフリスビー。どうせ休息日だからと息が上がるまで一生懸命走り回ってましたわ・・・(´Д`。)

回り込んでキャッチ。 振り回しの刑? 自慢気に捕獲。

2013年6月17日(月) ■ プチすぎる軽井沢 ■ 大福:生後4078日目 

先週予定していた軽井沢行きは雨予報だったので延期して本日決行・・・。と言うわりには相変わらずの急ぎ足すぎて、プチ軽井沢にもならない「プチすぎる軽井沢」。

と言うものの、今日はハナからガッツリ詰め込んだ予定にするつもりもなかったので、朝も出発時間も決めずに朝散歩終えてから、その流れで軽井沢に向かった。もちろん、値上がりしてから一度も利用したことのない首都高には乗らず下道で関越練馬口までノロノロ(そのわりには意外にも早く関越に乗れた)。

関越は普通にスムーズに流れていたので、11時半には中軽井沢のハルニレテラスに到着できた。昼ご飯も今日は『川上庵』と決めてたので動きに無駄がない(エッヘン)。大福もMy敷物でイスに座って一緒に食事。大福用のメニューはないので、飼い主の注文をお裾分け。大福は、どこのお店に入っても大人しく行儀良くいてくれるので本当に助かる。嬉しいことだし感謝さえしている。
食事後にテラス内を軽くウロウロ。柴犬好きの方はけっこういらっしゃるようで大勢の方から声をかけていただき触ってもらった。こんな時も、大福は「触れる柴」なので助かる。フレンドリーな柴・・・アホ飼い主が望んでいた姿である。

食事後は、ほんの少しだけ『千ヶ滝』で水遊び。こちらは工事中だからか(長すぎだろ?工事中)、駐車場に車が一台も停まっていなかった。お陰で貸切で水遊びを満喫。
そこから、旧軽井沢に移動して、少しだけ買い物とお店のチェック。帰り道にあるプリンスホテルのアウトレットにも立ち寄ったが、中庭が工事では入れなかったのでガッカリ。

帰りの関越もスムーズに流れていて予定通りに関越終点へ。帰りも下道を通ったが、こちらも意外に空いていてほぼ予定通りに銀座に到着。銀座にはちょっとしたお楽しみがあったので道草したのである。こちらは機会があれば改めて・・・。
かくして、スローライフには縁のない大福一家のプチすぎる軽井沢日帰りの巻は終了。大福もお疲れ様でした。

お行儀良くできました。 軽井沢女子会に参加? 勝手知ったる道。
水を求めてドンドン進む。 軽く水遊び。 今日は食べ過ぎ・・・。

2013年6月16日(日) ■ 雨は柴ざかり ■ 大福:生後4077日目 

シクシクと降る雨・・・そんな表現がピッタリな今朝の雨散歩。久しぶりに近所の公園行ったら、遠くのほうに柴が2頭歩いているのを見つけた。かなり遠かったので声がけしなかったが、雨の日曜日に散歩しているのは、ほとんど柴族だけ。遠目に見ても飼い主さんは寡黙に歩いているのが分かる。その姿はまるで修行でもしているかのようだ。

その2柴のウチ一人と会うことができた。ちょうどお仕事を終えたばかりの柴ちゃん、お初なショウちゃん(だったかなぁ?)3才のお嬢さんだ。フフフ、飼い主さんによると服はおろかカッパを着るのも大嫌いとかで裸族で散歩。立派に?柴道を実践していて感心感心・・・と言って良いのかどうか。

それにしても、これから湿気の多い梅雨から真夏の猛暑へと季節は移る訳だが、我ら柴族には生活しにくいことこの上ない。大福ももちろんだが、他の柴族も皮膚の調子が荒れないようどうか無事に乗り切れますように。

ドンヨリな雲。 初めまして。 一緒に帰ろ。

2013年6月15日(土) ■ ボンちゃん ■ 大福:生後4076日目 

昨日の夕方散歩で、月島を通り抜けてる途中、ケヅメリクガメのボンちゃんに会った。そうか、この時間帯が散歩タイムなのか・・・。

ボンちゃんに会うのってどのくらいぶりだろ?6年ぐらい?ボンちゃん、ボチボチ17才ぐらいになるのか?相変わらず威風堂々だなぁ。自分の進行方向にいる大福なんか、単なる障害物でしかない。視界に入っているのかどうかも分からないが、ドンドン進んでくる。アッと言う間に大福の目の前に到着。でも、歩を止めない。仕方なく大福のほうが道を譲って回避。
大福は、ボンちゃんの存在を早めに確認したようだが、その珍しい動きや風貌に恐怖心は感じていないようだ。それが証拠に尻尾が垂れ下がることなく巻尾のまま。自分に害を与えないということをちゃんと理解しているようである。面白いな、そういう理解力って。

久しぶりにボンちゃんに会えて、飼い主的には充実した夕散歩であった。大福は、どうなんだろう?別に・・・ってところかな(^o^ゞ

あ! き、来た・・・。 逃げよう・・・っと。

2013年6月14日(金) ■ 腹あて隊 ■ 大福:生後4075日目 

今朝、雨は上がっていたが、地面はまだズッポリ濡れていたので、カッパ隊ではなく、腹あて隊で散歩に見参。腹あて隊・・・久しぶりである。この腹あてを付けるのと付けないのでは、お腹の濡れ具合がまったく違う。手足を通すことなく装着できるので、着衣が苦手な柴犬でも何ら問題ない。雨上がりの必須アイテムである。

もちろん、妻母上様のオリジナル。ありがたいなぁ。今まで、どれほどいろいろ作ってもらったことか。洋犬だったら、作ってもらったモノをもっとたくさん着てお見せしたいのに、何しろ不器用なもので・・・スミマセン<(_ _)v

目標確認。 落下点確認。 確保!

2013年6月13日(木) ■ 晴雨兼用の遊び魂 ■ 大福:生後4074日目 

ほっほぉ、やっと梅雨らしくなってきたじゃないの。今朝も雨降り散歩。昨日の朝より雨が強く降っていたので、飼い主も大福に負けじとカッパで出陣。

昨日の朝、お仕事しなかった大福。帳尻合わせでもあるまいが、夕方散歩でいきなりお仕事完了。良かったよぉ、明日まで持ち越さなくて・・・。なので、今朝は時間的にも天候的にもお仕事ナシの予感大。

予想通りお仕事ナシだったが、本人もハナからする気もなかったようでポイント探しすらしない。その代わりなのか、遊ぶ気満々で目がイタズラっ子のようにキラキラ。
はい、分かりましたよ・・・ってことで、雨の中、ボール遊びを決行。いやはや、よく遊ぶわ。雨も晴れも関係ないんだな、大福は。まさに晴雨兼用の遊び魂。毎度のことながら恐れ入りました<(_ _)>

右に。 左に。 元気いっぱい。

2013年6月12日(水) ■ 雨の日の膝カックン ■ 大福:生後4073日目 

台風3号による影響で今日は大雨・・・との予報だったが、これって予報的中で良いの?確かに朝散歩の時は降ってはいたが、その後はお世辞にも?大雨には程遠いんですけど・・・。

とは言え、朝の散歩時は傘もカッパも必要なぐらいの降りだった。こんな日の大福は、まずお仕事をしない。お仕事しないどころか家前広場で用足しだけして踵を返して家に戻る・・・なんていうショートコースより短い時短コース?も珍しくない。
今日もきっとそうなんだろうな、と思いながら家前広場へ。いつもの雨の日のように用足しを終えて、さて帰るのかな?と思ったら、予想に反して駐車場側の出入り口にスタスタ・・・。あれ?お仕事したいのか?だったら付き合ってあげなきゃと駐車場へ。

車を出して比較的お仕事と相性が良い広場に到着。雨降りでもちろん誰もいない。大福、積極的に地面の匂いを嗅ぎまくり、お仕事ポイントをチェック中。飼い主は出る咳も我慢もするし、蹴躓いて要らぬ音を出して大福の集中が途切れないようにとヒヤヒヤもの。
そして、クルクル回り始めた大福。飼い主、固唾を呑んで見守る・・・しかし、やーめた・・・と移動。膝カックンである。しばらく地雷探知犬のようにポイントチェックしていたが、やがて再びクルクル旋回。そして、後肢を屈めて、あのポーズ。しかぁし!ここでも、やーめた・・・だ。膝カックンどころか、腰にも来るわ!

結局、お気に召すポイントはなかったようで、サッサと車に戻って行く大福。これ以上の徒労はないぞ、大福ぅ。柴族の宿命とは言え、大いなるぬか喜びの朝だった。

こんな日は無理でしょ? お、積極的。 いよいよ佳境?

2013年6月11日(火) ■ 跳ぶ柴 ■ 大福:生後4072日目 

大福は、起伏のあるところが好きである。いわゆるコブのあるコースは大好き。好きなことはしてあげたいから毎日ではないが、週に2度ほどはコブのある広場を散歩コースに入れている。
満面笑みで楽しくコブを跳んでるが、やはり、腰とか大丈夫なの?足や手を捻挫してないか?と心配は尽きない。だって、けっこう無茶なことするからねぇ。サジ加減が難しい。
でもね、コブを跳ぶ大福の後ろ姿・・・かなり好きなのである。

けっこう手前でジャンプするんだな。 ほんの一瞬四肢が宙に浮く。 足は閉脚跳び。

2013年6月10日(月) ■ 笑顔なの? ■ 大福:生後4071日目 

いやぁ、どうしたものか。雨は少しも降らないし毎日暑いしで、大福は暑くてハァハァ顔なのに笑顔に見えてしまう。もちろん、ホントに笑ってる場面も多いのだが、暑い顔なのか?笑い顔なのか?はたまた、その両方なのか?判断はかなり困難。知っているのは本人だけ・・・。

さ、台風3号の影響で関東地区も明日ぐらいから天気予報に傘マークが付き始めた。どうなることやら・・・。また、急激に進路を変えて雨降らなかったりね。

笑顔。 笑顔。 笑顔。

2013年6月9日(日) ■ 梅雨の景色? ■ 大福:生後4070日目 

今朝も快晴で何と気持ちの良いことか。足は自然とまたしても潮風公園に。釣りの人が数人いたが、貸切と言っても良いだろう、この程度の人なら。

それにしても、抜けるような青空に青い海。吹いてくる海風もベトベト感は全くなく心地良い。これが梅雨の中の日と言えるだろうか。雨が降らないことは犬飼いにしてみれば、散歩が楽で嬉しいことなのだが、自然界の出来事として考えると怖い気がしないでもない。聞けば、上陸しそうな台風がフィリピン近くで発生して(台風3号)北上し始めたとか。何だか、日本は全てに於いて国力が落ちている気がしてしまうなぁ。

梅雨です。一応。

2013年6月8日(土) ■ 負の記憶 ■ 大福:生後4069日目 

週末恒例となりつつある潮風公園散歩。夜半に雨が降ったらしく、地面はまだ少し湿り気味。そんなせいもあってか、今日も貸切。

この公園、大福は好きなはずだが、飼い主の凡ミスで一度だけ怖い思いをさせてしまったことがある。設置されている遊具を渡ろうとして落ちそうになったのである。
飼い主がもっと遊具を把握していれば怖い思いをしなくてすんだのに、アホ飼い主の「(行って)いいよ」の声を全幅に信頼している大福は遊具を渡り始めたのである。ところが、その遊具は固定されておらず、チェーンで吊られている状態の不安定な橋もどきだったのである。で、途中で姿勢を安定できずに落ちそうになったのだが、何とか頑張って自力で渡ったのだった。今思い出しても本当に可哀想なことをしてしまったのである。

そんな遊具、もう大丈夫かなと思って、今朝、飼い主が10段ほどの階段を上がり、下にいる大福を呼んでみた。大福、困った顔してコッチを見てた。で、もう一度「大福、大丈夫だから、おいで」と言ったら、踵を返して逃げて距離を置いてしまった・・・。
あ〜ぁ、本当に怖かったんだなぁ・・・。悪いことしたと自己嫌悪に陥ってしまった。可哀想になぁ・・・。ゴメンな。

怖い思い、嫌な思いって、ちゃんと負の記憶として残っているんだなぁ。スゴイなぁ、大福の記憶力。スゴイなぁ、犬の記憶力。皆、嬉しいことだけでなく、嫌なこともちゃんと覚えている・・・。飼い主、愛犬達を侮ってはいけない。

ん? 何見てるの? 何も見えないのに・・・。

2013年6月7日(金) ■ 心臓破り ■ 大福:生後4068日目 

心臓破り・・・と言っても大福の心臓のことではない。虚弱・軟弱なアホ飼い主の心臓のことである。
大福と遊んでいる時、急に大福はニヤリと笑ったかと思うと、体を低くして走り出すようなポーズをすることがある。一緒に走ろうよ・・・と誘っている顔である。いや、正確に言うと、誘っていると言うよりも命令している仕草なのである。それが証拠にコチラの意志を確認する前に一人で走り出す・・・。

こうなるともう付き合って走るしかない・・・。大福は、走り合いの時、追いかけるよりも追いかけられるほうを好む。従って、飼い主との走り合いでも大福が逃げて飼い主が追いかける・・・と役割分担?が決まるのである。追いかける側が逃げる側よりも疲労度が高いことは言うまでもない。

飼い主、与えられた役割を果たそうと一生懸命走るのだが、大福の仲良しの犬達に比べれば言うまでもなくヘナチョコである。大福は走りながら後ろを見る余裕があるほど遅い。一方の飼い主、足はもつれて転びそうになるし、心臓もバクバクし始めて、しまいには心臓がクチから飛び出るのでは?と思うほどのヘタレ具合である。
いつも思うのである。大福、内緒で飼い主に生命保険かけてないだろうな?・・・と(-_-;)

貸切ですな。 ぎゃ!いきなり? コーナーワークも良いね。
かき込みもヨシ。 余裕の笑顔。 余裕すぎるわ!

2013年6月6日(木) ■ ちゃんとしようよ、拡散希望 ■ 大福:生後4067日目

6月6日・・・6が一つ少なくても何となく「オーメン」な気がしてしまうのは、ホラーマニアだけか?

TwitterやFacebookに参加していると【拡散希望】とする投稿がけっこう目につく。そのほとんどは決して楽しい投稿ではない。愛犬が失踪しました。迷い犬を見つけました。この子達の命の期限が迫ってます・・・などがすべてと言って良いほどだ。

善意からの投稿であるのは分かっているのだが、どうも今イチな投稿が多いのも事実。特に多いのがTwitter。文字数が140文字以内と制限されているせいもあるが何とも分かりにくい。例えば、「新川一丁目から愛犬が脱走してしまいました。どんな情報でも良いのでお願いします」なんて感じだ。
いつの話?新川ってどこ?・・・これすら分からない。「2013年5月15日(水)21時頃、東京江東区の新川一丁目辺りで・・・」とかしないとダメだと思うのだが・・・。

善意から一つの情報が拡散して日本中に拡がっていくのだから、最低限の情報は抑えて欲しい。そして、情報を発進したままではなく、経過や結果も教えて欲しい。
いつの話だか分からない情報だから、1年以上も経過して、リツート(全員へ返信とでも言うか?)されてくるなんてことも案外多い。せっかくの善意、ちゃんと伝わるようにしたいね。
もちろん、そう言った悲しい拡散希望情報が一つでも減ることが何よりではあるんだけどね・・・。


2013年6月5日(水) ■ 完敗ですな ■ 大福:生後4066日目 

ハナから戦う相手が悪かった・・・。結果は、完敗。完全試合並みに負けた。イイところ一つもなし。まだ昨日のサッカー日本代表のショッパイ試合のほうがマシだと言うぐらい負けた。恐るべし、梅雨の中休み・・・。

大福の「シャンプー日限定雨女」の称号?返上したほうが良さそうだな。今日はシャンプー日なのに雨どころかお湿りさえないほどの快晴。お陰でシャンプー終了後は気持ち良く帰ることはできたのだが、ここまで晴れると称号持つ身としては、ちょっとばかり複雑。何だ?この気持は?

シャンプー終了の電話をトリマーさんからもらってからお迎えに行った時の大福。アホ飼い主の姿を見つけたとたんに帰りたいモード全開。こんな姿が嬉しいのですよ、アホ飼い主には( ̄^ ̄)ゞ

出せ出せ。 早く早く。 脱出!

2013年6月4日(火) ■ 決戦前日 ■ 大福:生後4065日目 

お天気の話ばかりだが、今朝の天気予報で来週末までの予報を言ってたが、傘マークは一つもナシ。いよいよ立場悪くなってきた気象庁。いつ、どのタイミングで何を言うのやら楽しみだ。

とは言え、梅雨で毎日雨が降るより、気象庁の予報がハズレようが晴れの日が続くほうがありがたい。さて、カラ梅雨続きのお天気、明日も晴天になりそうなことを言っているが、実は明日、大福のシャンプーの日なのである。
大福、飼い主も驚くほどの「シャンプー日限定雨女」なのである。その神通力たるや、ウンザリするほど強力なものだったが、ここのところ、心を入れ替えた?のか、だいぶ雨を降らせなくなってきた。しかし、本来のチカラを発揮すれば、こんな晴天ぐらいひっくり返すのはお茶の子さいさいの朝飯前(ってクドイか)。

さて、明日の天気はどうなりますやら。決戦前日の今朝、ビニール袋遊びで妙に気合いが入っていたのが気になるのである。さて、さて・・・。

ゆらゆら、ゆ〜ら。 ガォ〜! デヘ。

2013年6月3日(月) ■ 訂正しちゃえ! ■ 大福:生後4064日目 

今日も雨の気配なし・・・どころか、今週は雨降らないとか。大丈夫?気象庁、どうするの?
まさか「梅雨明け宣言」なんて大胆な大どんでん返しができる器ではないだろうから、せめて、「梅雨の中休み」を「梅雨の長休み」に訂正しちゃえ!そのぐらいなら意外に笑いも取れるかもよ?

そんな週始めの朝、今日のオモチャは現地調達の松ぼっくり。ちょっとトゲトゲした感触が好きなんだろうなぁ。ホント、よく遊ぶは大福は・・・。天下の遊び人?

松ぼっくりめ! 顔、近っ。 ふんがぁ。

2013年6月2日(日) ■ 今日も快適 ■ 大福:生後4063日目 

今日も暑くもなく絶好の散歩日和。散歩溜め(貯め?)なんか、できるはずないのは分かっているが、根が貧乏性なので、梅雨の時季なら散歩できる時にしておこう・・・なんて思ってしまう。

と言うことで、今日も昨日に続いて潮風公園まで足を延ばした。今日は昨日と違って貸切とまではいかなかったが、釣りをしている人が数人目についただけで準貸切状態。今日は昨日歩かなかった松林の丘(勝手に命名)を中心に散歩。地面には、ビッシリ枯れ松葉が絨毯のように敷きつめられているのに、大福はごく普通に歩いたり走ったり。先の尖ったところが肉球間の肉に刺さったりしないんだろうか?ホント、肉球のスペックの高さにはいつも感心する。

そして今朝は、「船の科学館」のほうにも行ってみた。久しぶりに南極観測船・宗谷と記念撮影。以前は、潮風公園との境目が開放されていたので自由に行き来できたが、ずいぶん前から遮断されてしまい遠回りしなければ行けなくなってしまったのが残念。船の科学館のほうは人出はまったくなく、完全に貸切状態。
次回は、湾岸警察のほうまで行ってみようかな。散歩には飽きないこの地区である。

松林散策。 南極船・宗谷と。 今日は薄曇り。

2013年6月1日(土) ■ 梅雨明けと言っちゃえ! ■ 大福:生後4062日目 

2日続いている梅雨の中休み・・・。どう見ても梅雨の真っ最中とは思えないこの天気。気象庁も後悔してるであろう「梅雨入り宣言」。この際、恥を忍んで、中休みなんて優柔不断なことは言わず、大胆に「梅雨明け」宣言でもしちゃえ!世間の度肝抜いてみろ!・・・なんて、エールを送りたいぞ。

そんな驚くばかりの晴天の今朝は、潮風公園まで行ってみた。案の定、お住まいになっている方を除くと貸切状態。ゆっくり歩いては、宙を仰ぎ深呼吸する大福。いったいどんな匂いがしているんだろうねぇ。こんなに余裕を持って歩けるのも今のうちだけ。真夏になったら、とても歩けたもんじゃない。
気象庁が中休みと言い張るなら、それでけっこう。だから、せめて中休み期間を長くして欲しいぞ。

誰もいないよ。 夏空だし・・・。 梅雨の中休みで良いのか?


福と大福の間TOPに戻る