2014年2月の最初へ↓
2014年2月28日(金) ■ 春の蕾 ■ 大福:生後4334日目 

何?この暖かさは・・・。

でも、天気予報によると、この暖かさも今日までで明日の気温は今日の半分ぐらいまで下がるとか。しかも明後日の日曜は雪が降るかも・・・なんて恐ろしいことを言っていた。
今朝見つけた春の蕾も地面の中に逆戻りしちゃうかもしれないぞ・・・。


2014年2月27日(木) ■ 雨日だよね? ■ 大福:生後4333日目 

せっかく昨日シャンプーしたのに今日は雨降りとのこと。
ところが覚悟してカッパ持参で朝散歩に出たのに、外は意外にも晴れ。しかも薄日さえ差している。これは得した気分にもなるわな。

海風もほとんど吹いていないので、今日は久しぶりにソフトタイプのフリスビーで遊んでみた。大福は、空中かキャッチするより、地面を転がるフリスビーをキャッチするほうが好き。飼い主としても空中キャッチで腰に負担がかかるよりも地面を転がるのをキャッチするほうが安心だ。人間だって、腰を痛めるのはツライものね。

散歩の終わり間際に少し雨がパラついていたが、ほとんど雨降りはナシ。気象予報士さん、今日は雨日だったよね?
PM2.5の飛来も多いとのことだから、しばらくは、あまり長時間の散歩は避けたほうが良さそうだな。


2014年2月26日(水) ■ 汚名返上 ■ 大福:生後4332日目 

自他共に認める大福の「シャンプー日限定雨女」ぶり。それでも、この頃ではだいぶその汚名?も返上できていると思う。そして、ついに今日のような晴天日のシャンプーと相成った。もう、そろそろ返上しても良いのでは?と思うこの頃である。

シャンプー会場である千葉の海浜幕張に向かう前にいつもの広場でビニール袋を相手にウォーミングアップをする大福。シャンプー前にドロドロに汚れるまで遊んでもらいたい所だが、まだ海に入るにはだいぶ寒すぎるので、それはもう少し我慢してもらうことにした。


2014年2月25日(火) ■ 開口一番 ■ 大福:生後4331日目 

大福がボール遊びやビニール袋で遊んでいるところを性懲りもなくよく撮っている。今でこそデジビデを持ち歩いていないが、持ち歩いている当時はバッグの中にデジビデとデジカメが常に入っていた。散歩でない外出の時にバッグの中身を入れ替えるのが面倒臭くてそのまま出かけることもシバシバ。

そんな時に、警察官から職務質問でも受けることになったら、さぁ大変。大福が一緒ならまだしも、犬も連れずにバッグの中にはデジビデにデジカメ・・・ダメでしょ?コレって。幸い、一度もそんな場面に遭遇しなかったから良かったけど・・・。

デジビデで大福を撮っていた頃は、決定的瞬間も普通にたくさん撮れていたが、持ち歩かなくなってからはもっぱらiPhoneのカメラが主流。それでも大福の遊びの動きのパターンもだいぶ把握できるのでスチルながらたまに我ながらイイ瞬間を撮ることができるようになってきた。
今朝も、「開口一番」と題した瞬間を撮ることに成功。大福、クチ、大きいなぁ・・・。


2014年2月24日(月) ■ 柴道 ■ 大福:生後4330日目 

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となり
その一足が道となる

迷わずゆけよ
行けばわかるさ

--------------------------------------------

そう、アントニオ猪木の「道」は、柴道にも通ずるのである。

いくぞぉ〜!
1、2、3、ダァ〜〜〜!!!


2014年2月23日(日) ■ 雪害の潮風公園 ■ 大福:生後4329日目 

3週間ぶりに雪のない週末。今朝の散歩は週末恒例の潮風公園。

この公園、この頃やけに工事してるなと思ったら、2020年東京オリンピックでこの公園にビーチバレーの会場ができるらしい。オリンピック終わったり必要なさそうなのにね・・・。

さて、その潮風公園。2週に渡る週末降雪で松の木の倒木がたくさんあるようだ。せっかく綺麗な佇まいを見せていた松林だけに残念・・・と思ったのは飼い主だけ。大福は、障害物競走とでも思ったのか、倒木の隙間を縫って走り回っておりました;^_^A


2014年2月22日(土) ■ 枝に目がない ■ 大福:生後4328日目 

広場で大福がアユミ進む前方ちょっと左にお手頃の枝が落ちているのを飼い主はいち早く発見。ふふふ、大福はまだ気づいてないぞ。このまま気づかず通り過ぎるかも・・・。と思ったら、通り過ぎる瞬間ぐらいに左側をチラ見。しかし、気づかず前に進みそうな気配。ところが、もう一度左側を見る。いわゆる二度見である。あるんだなぁ、犬にも二度見・・・。

枝を見つけてからは、いつも通りに「枝の舞」。噛み具合が妙に馴染むようでずいぶん派手な振り付けで舞っていた。ホント、大福は枝に目がないねぇ。


2014年2月21日(金) ■ 195メートル地点 ■ 大福:生後4327日目 

夕べと言うか今朝と言うか・・・夕べは11時頃床に入って1時半前に目が覚めて浅田真央選手の演技に間に合ってしまった。寝ぼけ眼(マナコ)で素晴らしい 演技を見終えて眠っちゃうんだろうなと思ってたら、結局、最終演者のキム・ヨナ選手まで見ちゃって気がつけば4時過ぎ。ここで眠っちゃ、しっかり寝てしま うぞと思って布団の中でiPhoneなんかイジっていつもの起床時間を待つ。

結局、今朝の朝散歩もいつもと同じ時間帯に出発。もちろん、大福はそんなこと気にもせずに日々日常のマイペース。
コースも同じで巨大広場に行ったら、迎え側の道路に見慣れない看板が・・・。何々「東京マラソン、ラスト195メートル」。そっか、もう明後日なんだ、東 京マラソン。当日は、この広場近辺だけでなく大福の家近辺も交通規制で身動き取れなくなってしまう。冬季オリンピックに東京マラソン。そして節分にバレン タイン・・・2月はいろいろなイベントがあるんだぁ。

それにしてもいつも遊んでる広場が東京マラソンのゴールまで195メートル地点とは思いもよらなかった。何だか不思議な感じ。


2014年2月20日(木) ■ 柴元気をもらう ■ 大福:生後4326日目 

へそ曲がりなのか、「癒されました」「元気をもらいました」と言う表現が嫌いだ。もっと正確に言えば、それらは自分の気持ちの中に留めておく言葉であって、クチや文字にした段階でウソぽくなってしまうような気がするのである。だから、自分で使ったことがない。

同じように、どのくらい遡れば良いの?というぐらい昔のことである中学時代。先生に好きな言葉と嫌いな言葉を3つずつ書くようにと言われたことがあった。好きな言葉は「誠実」「信頼」「優しさ」なんてことを書いたと思う。あまり思い出せないのである。
しかし、嫌いな言葉だけはしっかり覚えている。「努力」「根性」「忍耐」と書いた。正直に書いたのに放課後職員室に呼び出された。一方的に叱られたが、懐 の浅い先生だなと思って失望したのも覚えている。努力、根性、忍耐が嫌いなのではなく、それをあたかも見えるようにするのが嫌いだと言うことなのである。 決して、自分では努力、根性、忍耐を怠っていたとも思っていなかったし、むしろ、場面によっては他の人よりしてたとの自負もあった。担任だったら、自分の 生徒の心の奥ぐらい探れよ!との思いだった。

今日の朝は日本中が何となく意気消沈していた印象を受けた。ソチ・オリンピック、女子フィギュアスケートシングルのショートプログラムで浅田真央選手の予期もしなかった失速を早朝に見たからである。スゴイな彼女。日本国民をここまでコントロールしちゃうなんて。

もちろん、オリンピックなど全く関係ない大福。今朝も元気はつらつオロナミンC!で、ヤル気モード全開。こんな姿に思わず言っちゃおう。大福から元気もらいました。


2014年2月19日(水) ■ 柴は風の子? ■ 大福:生後4325日目 

朝起きて新聞を取るためにドアを少し開けて手だけ出してみる・・・。ひゃぁ、今日の朝はいつになく寒いんじゃないの?
恐る恐る支度をして朝散歩に出発。自前の毛皮とは言え、大福はいつものように裸族。飼い主は着膨れ・・・。

今朝の散歩コースも巨大広場に。広くて影ができないので陽が出ている日は暖かいが、曇っている時は海風が強くて寒さ増大。今朝は、そんな日で寒いことこの上なかった。
ヘタレな飼い主は着膨れした体を丸く縮めて寒さをしのぐ訳だが、そんな飼い主を尻目に裸族の大福は元気いっぱい。ボール遊びがしたくて目をキラキラさせて 挑発してくる。無視する訳にはいかないので付き合うのだが、こちらが寒がっているのが罪であるかのように、大福は無邪気に元気に遊びまくるのである。そん な姿がやけに眩しい朝散歩であった。


2014年2月18日(火) ■ 跳ねる柴 ■ 大福:生後4324日目 

一歩外に出たとたん、今日の朝日はビニール袋だな・・・と思ってしまうほどの強風。案の定、巨大広場かなりの強風。うん、これは絶好の?ビニール袋遊びDayだ。

大福も承知しているようで、散歩バッグの真下を陣取って、まるで宝物でも出てくるのを待っているかのようにビニール袋の登場をジリジリしながら待っている。お待たせぇ〜。
いやぁ、ビニール袋のヤツ飛ぶ飛ぶ。そして大福は跳ぶ跳ぶ。楽しんだねぇ、この遊び。


2014年2月17日(月) ■ 見えてるよぉ〜 ■ 大福:生後4323日目 

大福、手の先っちょが見えてるよぉ〜。

誰に教えてもらった訳でもないのに、ちゃんと暖かい場所見つけるんだねぇ。唯一、この日、床暖房が点いてた場所。大福、しっかり見つけてお腹温めてました。家庭柴の生活の知恵?

それにしても、大福はいつも手を揃えてやすらいでるねぇ(^o^ゞ


2014年2月16日(日) ■ 陽射しの潮風公園 ■ 大福:生後4322日目 

道路の雪もだいぶ溶けてきたが、まだまだ人の足が少ない所や日陰には足で踏んでもビクともしないような残雪が残っている。しかも北風が強くて完全に溶けるにはまだまだ時間がかかりそう。

週末恒例の潮風公園もまだまだ白いヶ所が目立つ。しかも公園内の工事も始まっているので、どうも綺麗な公園にはほど遠い姿をしている。これには潮風公園自体も、こんな姿見せたくないなぁとでも思っているような気がする。加えて、海風強い煽りを食って公園内の木が倒れている姿も目立つ。中には裂けてしまったと言ったほうが良い木もあって気の毒だった。

今朝も北風が強くて日陰はかなり寒かったが、早い時間帯からの陽射しが公園の木々に元気を与えているように見える。イソップ童話「北風と太陽」通りで、北風がいくら頑張っても太陽の陽射しには勝てないと言うことまざまざと見せつけられているような今日の朝散歩だった。来週末はいつもの潮風公園に戻ってるかな。


2014年2月15日(土) ■ 本気モードの雪降り ■ 大福:生後4321日目 

シンシンと雪降る昨日も夜の10時過ぎに大福の寝る前の用足し、名付けて「夜チー」に行った。夕方はそんなに積もっていなかったのに、人も車も少なくなったので、道路も家前広場もかなり積もっていた。しかも、雪のヤツめ、寡黙に真剣に降っていたので家前広場は一面真っ白に雪化粧。明日の朝が思いやられる・・・との思いで就寝。

一夜明けた朝、雪は小雨に変わっていたが、町は見にくい残雪で大変身。大福も広場と道路の境目が分からなくなったようで道路の手前まで出て行って呆然としていた。出ちゃダメですよぉ〜。


2014年2月14日(金) ■ 今回の雪は重い ■ 大福:生後4320日目 

今日の朝散歩は天気予報通り粉雪舞い振る中で。どうするのかなぁ・・・今日は。遠出?それても家前広場コース?さてさて・・・。

うん、どうやら家前コースに決定。飼い主としては楽なコースだが、このコースではお仕事しないのが通常パターン。一日ぐらいしなくても問題ないのだが、どうも一日一回はしてくれないと気になってしまって・・・。
案の定、家前広場で軽く匂い嗅ぎをして用を足したら、踵を返してお帰りモード。早っ!ま、こんな天気の日は本人任せで良いかな。

ところで、今回の雪。大福の頭に降りかかる雪を見ると、都内に降る雪特有の湿った重い雪のようだ。先週の雪はサラッとしてて気持ち良さそう雪だったが、今回はベタッとした雪で情緒も何も演出できなさそうな無粋な雪となりそうだ。明日はどんな朝景色を見せてくれるのかな?


2014年2月13日(木) ■ 長い付き合いだけど・・・ ■ 大福:生後4319日目 

家にいると時は、ずいぶん寒がってるなぁと思ってしまうほど丸まっていたり、暖かい布団の中に入ってきたりする大福。犬はいつも散歩が好き・・・と思っているのは、実は飼い主サイドの一方的な思い込みかも知れない。犬だって、今日はあまり散歩したくないなぁ・・・とか、ちょっと熱ぽくて体調悪いぞ・・・と言う日もあって然り。いや、あるに違いない。その辺りは飼い主が汲み取ってやるしかないのである。しかし、言うは易しだが、判断はなかなか難しい。毎度お馴染みのワンパターンだが、せめて体調悪い時ぐらい話してくれればなといつも思ってしまう。特に、柴犬は辛抱強いから益々難しい。

今朝なんかも、飼い主の判断としてはちょっと体調でも悪いのかな?と思うほどの様子に見えた。きっと、家前広場で用足しだけして戻って来るパターンだなと思っていたが、大福は予想に反していつも通りのコースを選んだ。ありゃ、行くのかい・・・。
いざ、いつもの公園に行ったら、調子悪そうに見えたのがウソのように積極的に匂い嗅ぎを始めてお仕事のポイント探しだ。比較的簡単にポイントも決まって、お仕事無事に終了。さて、どうする?

ゲゲッ!遊ぶのか!お仕事も終えてお腹も軽くなって元気いっぱい。いつもの挑発的な眼差しで遊びに誘ってくる。しょうがないなぁ・・・と思いながらボール遊び開始。うわぁ、元気だわ。何じゃ、これ!長い付き合いなのにいまだに微妙なところまでは把握できていないのである。


2014年2月12日(水) ■ 凍死・・・惨すぎる ■ 大福:生後4318日目 

先週の土曜日の大雪以来、都内は巨大冷蔵庫の中に入ってでもいるように寒い日が続いている。大福も朝方は寒いのだろう。トコトコと飼い主の寝床にやって来 て布団の中に入ってくる。なんだよ、もう来たのか・・・と嘆きつつもしょうがないなぁと場所を替わってあげる。そう、飼い主は日々早起きを強いられている のである。洋犬の子達みたく一緒に床を共にして・・・なんてあり得ないのが柴族の宿命である。
そんな大福も朝散歩では、残雪残る寒さの中でも元気に歩き走り回っている。寒がりなのかそうでないのか微妙である。

そんな呑気なことを言ってもいられないネットの記事を見て消沈。

「京都府動物愛護管理センター」に収容されていたミニチュア・ダックスフンドと老柴犬が相次いで凍死してしまったそうだ。この寒さに耐えきれなかったよう である。しかも、この2人、それぞれ、「恵(めぐみ)ちゃん」「お梅さん」という新しい名前を里親になる方からつけてもらっていたらしい。公的機関である この施設は、土日は職員が誰もいないらしい。そう、食事は金曜日に与えられ土日は食事抜きの生活らしい。職員が月曜日に出勤してきたら・・・だったらし い。しかも、2人は同じ日に凍死したのではない。ダックスの恵ちゃんが先に2月7日(金)に凍死したようだ。そして、お梅さんは10日(月)に凍死したそ うだ。そう、恵ちゃんの死を学習することなく全く無駄にしたことになる。

土日は休む。それは仕方ないとしても、何故、せめて交代勤務とかはできないのか?あまりにもお役所的すぎないか?しかも、この施設にはエアコンどころか電気コンセントもないとか・・・。ダメだ、心臓の鼓動が早くなってきて息苦しくなってきた。

犬達は、いつも目の前の現実を受け止めて生きている。あの犬、羨ましいなぁ・・・なんて思わない。比較などしない。いつも言ってることだが、犬達にとって は飼い主がいてくれることが一番の幸せ。そして、飼い主と一緒に暮らせることを前提として一番好きなことである食べることだけ考えているのである。飼い主 もいない。食べることもできない。寒くて意識が遠くなってくる・・・あまりにも惨すぎやしないか。

上記のことを詳細に記されているBlogはコチラから。ページの中には、生前の恵ちゃんとお梅さんの写真も載っている。そのことを踏まえて興味ある方はどうぞ。


2014年2月11日(火) ■ 柴楽し、飼い主ツラし ■ 大福:生後4317日目 

家前の道路や広場の雪はもうほとんどなくなったので、今日は長靴ではなくいつものスニーカー(今時代もそう言うんだよね?)で、散歩に出たのが大間違い。 日陰が多い公園はまだ雪がドッサリ。それも凍ってカチンカチン。滑る滑るで歩きにくいこと。その点、4輪駆動の大福は気にすることもなくワシワシと進んで いくからスゴイ。

大福がドンドン進んでいく先に何やら人と茶色い塊が・・・。柴だ。恐らく後輩柴の宙ちゃんかな?うん、やっぱり宙ちゃんだった。ご丁寧に?冷たい雪氷の上にお座りしてるし・・・;^_^A
買い主さんによれば、土曜日の降雪翌日の日曜の朝、公園まで来たけど人はおろか散歩に来ている犬もいなかったとか。誰もいないから帰ろうかなと思ったら、遠くから早足でやって来る犬がいたとか。やって来たのは案の定?黒柴だったって。
まぁ、足場が悪かったり荒天の時に外に出てるいのは、ほとんど柴犬ばかり。もちろん、犬だけで出かけることはないから、買い主さんもお供させられるんだけどね。柴楽し、飼い主ツラし・・・なのである。


2014年2月10日(月) ■ 好きな場所 ■ 大福:生後4316日目 

オヤツくれる人=イイ人。コレ、犬達の基本である。一番好きなこと=食べること・・・と言っても過言でないだろう。

大福が1才になるかならないかの頃、血液検査によるアレルギー検査をしたことがある。当時の検査料金は、2万5000円ほどだったから決して安い検査ではない。結果は・・・。
アレルギー対象項目全92項目中、何と39項目がアレルギーになる可能性を含んでいるとなったのである。結果を見てビックリ仰天。そうでなくても柴犬のアレルギー発症度は高いと聞いていたのでアホ飼い主は大慌て。さて、どうしよう・・・。

考えた結果、アホ飼い主が出した結論。ここまでアレルギー原因が多いのであれば、それらを避けて通る事はまず不可能。であれば、少量ずつでも食べて大福に慣れてもらおう・・・と言う、何とも斬新的とも無茶とも言える結論に至ったのである。
犬は、人間に比べて相当鼻が良いと言われている。であれば、飼い主だけ美味しい匂いがするモノを食べて、大福にはアレルギーになるからと与えないのはあまりにも可哀想だと思ったのである。
それが功を奏したのかどうかは定かでないが、アレルギーの原因となり得ると言われた、牛肉、大豆、ジャガイモ、マグロなどなど。今では大福の大好物であ る。牛肉も食べるし、納豆、豆腐も食べる。ジャガイモも食べるし、マグロももちろん食べる。今までは凶と出ていないが、これから先のことは分からない。で も、食べることは一番好きなことなのである。もし、悪い影響が出てきたら・・・それは、その時に考える。他のことでは絶対にあり得ない方法論であるが、こ と大福の食べ物に関しては場渡り主義で行くことにしたのである。

さて、大福。美味しいモノが食べられる場所をしっかり自分の白地図に書き込んでいるようである。
今日の夕方、蛎殻町に行く用事があったので、ついでに夕散歩をと思い大福を連れて行った。蛎殻町と人形町は目と鼻の先。そうだ、どうせなら人形町で焼き鳥 でも買って帰ろうと『鳥近』に向かった。『鳥近』、大福が大好きな場所である。お店の人が大福に「ハツ串」プレゼントしてくれるのである。
車を店の横に着けて店先を見たら、いつものオネエサンの姿が見えない。今日は最初から焼き鳥を少しだけ買うつもりだったし、いつも貴重な商品をいただく訳 にもいかないと思っていたので大福は車から降ろさず買い物だけしようとした。すると中からいつものオネエサンが出てきてくれて「あれ?大福は?」っ て・・・。じゃ、車から出そうかと思って車を見たら、大福が立ち上がって両手で車の窓をカリカリやっていた。「出してぇ〜!」と言わんばかりに。ずっと見 てたのかぁ・・・。
降りてきた大福は、耳を平らにして尻尾をクリンクリンさせて大喜び。早速、オネエサンにハツ串をいただき頬張っていた。大福、良かったねぇ、アンタは本当にイイ仕事するわ。これじゃ、好きな場所になるのは当たり前だわな・・・。


2014年2月9日(日) ■ 雪の潮風公園 ■ 大福:生後4315日目 

いやぁ、降った降った。昨日の雪、首都圏では45年ぶりの大雪。仙台辺りでは何と75年ぶりの大雪だったとか・・・。

今朝の散歩。車出すのも大丈夫かなと思ったが、いつもの週末通り潮風公園に行ってみた。今日も駐車場にも車ナシかな?と思ったが、管理の人の車と大型バスがそれぞれ1台ずつ停まっていた。しかし、一般利用車はナシ。
大福、車を降りていざ歩き始めるとあまりの雪の深さにちょっと閉口気味。しかし、すぐに慣れてウサギのようにピョンピョン跳ねながら前進して行った。すご いな、この順応性は。しかも、新雪の上を歩くよりも車の轍の跡を歩いたほうが楽と言うこともちゃんと知っている。すごいな誰に教わった訳でもないのに。こ れが本能というモノなんだな・・・。

公園にお住まいの2人も変わらずいたが、昨日は大変だったんだろうなぁ。この2人、会話することとかあるんだろうか?
そんな2人を尻目に公園内を我が物顔で歩き、ナイスなポイントでお仕事。新雪ながら東京の雪は大福のブツが沈みもしないほど重い雪なのである。ネットで もっと雪深い地域の雪景色を見る機会も多いが、雪の質が全然違う。サラサラの雪に埋まりながら大福を遊ばせてあげたいなぁ・・・。でも、車の仕様も全然だ し、所詮絵空事だな・・・スマン。


2014年2月8日(土) ■ どう映っているのだろう? ■ 大福:生後4314日目 

前日に気象庁が緊急会見を開き、今日の降雪予報に警告を発していた。しかし、今朝の降り方を見る限り、大雪にほど遠い降り方だった。気象庁また裏目街道 か・・・と思ったのはその時だけ。雪は、昼から夕方にかけてドンドン降り続き、夜のニュースでは45年ぶりの大雪とも言っていた。

さて、大福さん。朝いつものように建物から出たら一面雪景色。いつもの家前広場も芝の上は真っ白。いつもと全く違う景色なのにあまり驚きもしなければ喜ん でもいないようだった。おかしいなぁ、喜怒哀楽がはっきりしているタイプなのに・・・。あ、この感じは、すごく久しぶりに友達犬に会った時の態度と同じ だ。大袈裟に懐かしむでもなく、「あ、どうも・・・」って感じ。

夕方の散歩ではもっと景色が白一色になっていたのに、やはりほとんど表情を変えない。クールな柴なの?いったい、大福には今日の雪景色はどのように映っているのだろうか?知りたい知りたい。


2014年2月7日(金) ■ 寝相悪っ! ■ 大福:生後4313日目 

冬の特に寒い日、毎朝5時過ぎになると、居間で寝ている大福はノコノコ飼い主の寝床にやって来る。来たな・・・と気づくが知らぬ振りしてると顔に一番近い 位置の床でお座りしてコチラをジッと見ている。その近さたるや顔に大福の息がかかるほどである。コチラが反応するまで動かないので仕方なく起きて、温々の 寝床を奪われる・・・そんなことが日課?となっているのである。

今朝もいつもと同じようにやって来て寝床を強奪された。仕方ないので起きて居間に行ったら、大福の寝床はこのありさま・・・。大福、寝相悪っ!


2014年2月6日(木) ■ 裸王 ■ 大福:生後4312日目 

いやぁ寒い寒い。昨日今日の朝の散歩、動かずに立っていると足の底のほうからシンシンと冷えてくる。まるで冷蔵庫の中にでもいるような寒さだ。朝だけでなく日中、夕方と気温は少しも上がらず寒いまま。

今日は一日でけっこうな数の犬達とすれ違ったり遠くに見かけたりした。間違いなく寒いせいなのだろう、洋服を身にまとっている率が高い。出会った犬達の9割は洋服を着ていた。その全部が洋犬達である・・・と言うことは、残りの洋服を着ていない1割の犬達・・・。
そう、和犬。それも柴犬達なのである。飼い主さんとしては、寒いであろうと愛柴に洋服を着せたいところかも知れない。しかし、「何だって?洋服だぁ?ケッ!」なんて感じで着させてくれないのが柴道を歩む柴犬達である。
寒かろうが、純毛肌だけでじゅうぶん。柴犬は裸族が基本!まだまだ寒い日が続くようだが、柴道歩んで行くようである。

大福ももちろん裸族。寒さをものともせずに冷たい風に舞うビニール袋を追いかけるその姿は、まさに「裸王」の風格にも似たものを感じさせてくれる。


2014年2月5日(水) ■ 飼い主のみぞ知る ■ 大福:生後4311日目 

今日は大福のシャンプー日。「シャンプー日限定雨女」を返上してピーカンの晴天。しかし、強烈な寒波襲来で青空の下の空気は身を切るように冷たい。そんな中、シャンプー会場の海浜幕張へ。

いつものことだが、シャンプーに預ける時のしばしの別れ。そして、シャンプー終了後の嬉しい再会。大福はどちらの場合もトリミング室の扉前で違う表情を見せてくれる。
今日は上手いこと、シャンプー前もシャンプー後も体勢としては同じような表情をしてくれた。どれとどれがシャンプー前で、どれとどれがシャンプー後か。きっと、飼い主のみぞ知る・・・だと思う。


2014年2月4日(火) ■ フリーフォールな気温 ■ 大福:生後4310日目 

昨日は異常気温で、16度ほどまで上がった大福地区。一夜明けて今朝の気温は、6度ほど。しかも、この温度が今日の最高気温だったとか・・・。夕方には、1度まで下がった。気温が一気にフリーフォールといった感じだ。

明日はもっと寒くて、最低気温はマイナス1度になるらしい。雨や雪の心配はないようだが、明日は恒例のシャンプー日である・・・。


2014年2月3日(月) ■ 躾けと練習 ■ 大福:生後4309日目 

今朝は30分ほど早く散歩に出てみたら、散歩道の景色がいつもと全然違っていた。人がかなり少ないのである。そして犬の散歩も・・・。
へぇ〜、こんな静けさの中で散歩するのも悪くないな・・・なんて思えたのは、今日は朝から気温が10度を超えていたから呑気な思いに浸れるのかもね。

あまりに人がいないので、大福と「待て」の練習をしてみた。何年ぶりだろう?こんなことするの。大福とは躾けらしきことはほとんどやっていなくて、せいぜいやったのは「待て」と「来い」の練習だけ。「躾け」と「練習」どこが違うのか?
ま、どちらも同じと言えば同じだが、違うと言えば全然違う。自分なりの解釈としては、大福に覚えてもらうという点では、どちらも同じだが、躾けほど練習は 厳しくない。そして、練習は躾けより楽しい・・・かな。より具体的に言えば、躾けでは「待て!」な感じ。でも、練習では「待っててね」。躾けでは「来 い!」、練習では「来てぇ〜」かな。

仔犬時代には、この2つの練習を一緒に遊びならけっこう繰り返した。その成果もあって(と思いたい)、今では小声で「待ってて」「おいで」と言ってもしっ かり言うことを聞いてくれる。これは、アホ飼い主としては本当にありがたいことで助かっている。だって、嫌じゃない?人前で大きな声で「待て!」とか「来 い!」なんて命令口調なのって・・・。

さて、練習。今日は「待て」だけ。遊具の端っこにあるコンクリートの上に座ってもらい待ててもらう。後ろを振り返らないで大福の元を離れること50mほ ど。立ち止まって振り返り大福を見るとコチラを見て座っている。1分ほど建物の影に身を潜めてみた。まだ見てる・・・でも、何となく不安そう。尻尾が少し 解けかかってるのかな。可哀想だから出て行ってあげよ。そして、大福の元にゆっくり近づいて行く。待ちきれなくて、こっちに来ちゃうかな・・・と思った が、側に行くまでちゃんと待っててくれた。
あんまり試すようなことはしたくないけど、ちゃんとできて良かった、良かった。三つ子の魂・・・ってことなのかな。大袈裟?


2014年2月2日(日) ■阿吽(あうん)の間 ■ 大福:生後4308日目 

何と言いますか・・・柴族独特の阿吽の呼吸ではなく、阿吽の間。散歩途中で、お互いにお互いを見つけると嬉しそうに駆け寄って行く。一瞬、走り回りでもするのかな?と思うが、次の瞬間にはもう自分の世界に入って相手のことは無視・・・。いや、正確には無視ではなく、近くにいることを確認した上で、それぞれの動きに入る・・・。

この間や距離感を感じたり目にするのも柴飼い主の楽しみの一つなのである。


2014年2月1日(土) ■ 一緒に行こうか ■ 大福:生後4307日目 

今朝の潮風公園は、ものの見事に貸切り。駐車場も大福車だけ。業務用の車だけと言う時はあったが、それもなく大福車だけというのは初めてのこと。嬉しいような寂しいような・・・。

一度戻ってから、妻と妻母上の用事の付き合い運転手。自由が丘と新宿である。大福、どうしようかなぁ。留守番してもらおうかな?連れて行こうかなぁ・・・と少々の迷いが生じた。
この迷いをも逃がす訳がない。大福、いざ出かける段になって玄関前でスタンバイ。面白いもので、コチラの意志が留守番してもらう・・・と固く決まっている時は、部屋から出ても来ない。間違いなく一緒に出かける時は、先頭でサッサと玄関前にやって来る。
そして、今日みたいなパターン。どうしようかなぁ・・・と迷っている時は、声がかかるのを待っている。でも、声がかからないと、出かける間際にノソノソと歩いてきて玄関でお座りして飼い主を見上げている。見透かされているのである・・・。

と言う訳で、一緒にお出かけ。2人が自由が丘で用事をしている間は、代官山でプチ散歩。2人が新宿で用事をしている間は、撤去された原宿駅前の歩道橋辺りの景色を見がてら原宿散策。
大福としては、面白くもないお出かけだったが、お留守番よりは少しだけマシだったのかな・・・。



福と大福の間TOPに戻る