2014年4月の最初へ↓
2014年4月30日(水) ■ 雨でもお仕事 ■ 大福:生後4395日目 

天気予報当たるね。天気予報では先週末から、今日は一日中雨と言ってたが、今朝は起きた時から雨であることが分かった。大福のお世話係としては、晴れの日のほうが良いに決まっているが、世の中には「恵みの雨」という言葉があるぐらいだから雨が降っても仕方ないと寛大さを示している(無理にだが・・・)。しかし、今日一日でひと月分の雨が降るとか言っている。何もそんなに極端に降らなくても・・・。

大福は雨降りの散歩では、ショートコースでお終いにすることが圧倒的に多い。ヒドイ時など家前広場で用足しをしてお終い。大きい方のお仕事はしない・・・ということも多い。
ところが、今日は本人的には家前広場で終わりでも良いのだろうが、飼い主が半ば強制的に?ロングコースに連れ出した。理由は・・・。

一昨日の朝散歩。大福にしては大変珍しく、お仕事を2回したのである。こんなこと一年のうちに数回ほどである。それで一日一回のお仕事ローテーションが狂ってしまった。
案の定、昨日はお仕事ナシ。今日も雨降りなのでお仕事ナシの可能性も高い。昨日していれば、それでも良かったのだが、飼い主としては2日もお仕事しないのはちょっと気になってしまうのである。本人よりも・・・。それでロングコースに連れ出したのである。

連れ出したからお仕事するか?と言えば、それはアテにならない。とにかく雨の日のお仕事率は低いから。今日もお仕事ポイント探しの匂い嗅ぎはしていても、急に気が抜けて景色なんか見て集中しない。そんな大福の後ろをついて回っていたら、急にヤル気?を出してグングン進んで行く。お、もしかして?と期待したら、腰を落としてお仕事ポーズ・・・。やったぁ!お仕事だ!天晴れ!大福!
かくして、雨の日のお仕事・・・と言う何台を無事クリアしてくれたのである。良かったよぉ〜。


2014年4月29日(火) ■ 旧天皇誕生日 ■ 大福:生後4394日目 

今日は祝日である。みどりの日?昭和の日?それともどっちも違う?悲しいかな恥ずかしいやら、よく分かっていないのである。昭和っ子(子とはおぞましいジジイだが)にとって、4月29日は「天皇誕生日」なのである・・・と言うよりも馴染むのである・・・と言ったほうが正しいか。同様に、成人の日は1月15日。体育の日は10月10日がシックリ来るのである。

もちろん、そんなことどうでも良いのが大福。今日が祝日だろうが平日だろうがも関係ない。羨ましいねぇ、おおらかともブレがないとも言える一徹ぶり。アホ飼い主もこのくらい物事に動じないような器があれば、もう少しまともな飼い主になれたのにな。いや、人としても違ったかも・・・。
なんてトホホな気持ちで朝の大福の散歩のお世話をしたのだった。


2014年4月28日(月) ■ 春闊歩 ■ 大福:生後4393日目 

ゴールデンウィークもう3日目。今年のGWは何とも気が利かない日程で、一昨日からの前半は隙間だらけでズクズク。今日辺りは全く普通の月曜日と同じ感覚・・・と思ったが、いつも通りの時間帯に朝散歩に出たが、何となく散歩で出会う犬や飼い主さんの数が少ない。
やはり、有給などを上手く活用して大型連休にアレンジしている人が多いのかも。

そんな思いの中での朝散歩は、何とも気持ち良く消化することができた。人の数も少ないし暑くもなく寒くもない。天気予報によると明日から3日間は雨が降るらしいから、今日の春らしい散歩は貴重なのかも。
それを知ってか大福は、歩を進めては立ち止まり上を向いたり左右を見たりで春の景色を感じ取っていたように見えた。柴犬にとって、四季を感じるのは大事なことだからいっぱい感じなさいな。


2014年4月27日(日) ■ 乱入者 ■ 大福:生後4392日目 

今朝の散歩は週末恒例の潮風公園。ゴールデンウィークとは言え、早朝はいつも通り閑古鳥。

ところが、今日はいつもと少し違っていた。何やら撮影クルーがいる。しかもウェディングドレスを着たカップルまで・・・。そっか、ウェディング写真の撮影か。これは邪魔しちゃいけないなと思って、いつもの散歩コースを変えての朝散歩開始。大福も事の次第を知ってか?いつもより早く、それもいつもと違うポイントでお仕事終了。さすが空気読むなぁ大福は・・・。いつもとコース取りを変えたら、久しぶりにスタンダードプードルのルナちゃんにバッタリ。嬉しいねぇ。

ルナちゃんと別れて軽く公園内を一回りして帰ろうかなと思ったら撮影はまだやっていた。でも、撮影は機材休憩中のようだったので、新郎新婦の横を通り抜けようとしたら新婦が 気づいてくれてご挨拶。おめでとうございます・・・なんて声をかけている間に大福はスゥ〜っと新婦のそばに近づいて行く。ギャ!ドレス汚しちゃダメよ!広 がった裾踏むな!と心の中で叫ぶ。
しかし、そんな飼い主の思いをよそに、気がつけばチャッカリ新郎新婦と一緒に写真に収まる始末。完全に乱入者な大福だった。

家に戻って写真を見て気づいたのだが、大福は遠巻きに撮影隊の様子を見ていたようだった。ははーん、大福は確かに乱入者だったが、大福にとって、彼らもまた、いつもの公園の日常を乱す?乱入者でもあったわけだ。なるほど、なるほど・・・。


2014年4月26日(土) ■ 花姫流 ■ 大福:生後4391日目 

春にしてはずいぶん暖かいこの頃。桜が咲いていたのはもうずいぶん前のような錯覚にも陥ってしまう。桜は終わったが、春の花々は次々に色づき新緑への季節への架け橋をしてくれているようである。

大福がお世話ないなっている広場には、小学生やご老人達など地域のサークルが苗を植えた花壇がアチコチにある。その花壇も今ではいろいろな花達が綺麗に花びらを開いている。そんな花壇の合間を歩く大福。たまに走り回ったりもするが、どこで覚えたのか花壇の中に入ることなくちゃんと通行路を歩いたり走ったりしている。血統名の「花姫号」名に恥じないようにしているのだろうか?これぞ花姫流ルールなのか。


2014年4月25日(金) ■ ゴンタくん ■ 大福:生後4390日目 

先月から近所の食堂で見かける柴仔犬。ランチタイムの時だけ外に繋がれている。近づいて来る犬も人も大好きみたいで大はしゃぎ。いつか大福と対面させたいなと思っていたが、なかなかタイミングが合わずに先送りになっていた。

ところが、今日。ちょうど外に出てきた柴仔犬とバッタリ遭遇。飼い主さんにいろいろ訊いた結果、名前は「ゴンタ」くん。生後6ヶ月ほどらしい。ゴンタく ん、どう書く名前なんだろ?訊くの忘れてしまった・・・ごん太?ゴン太?権太?・・・いずれにしろ「タ」は「太」なんだろうなぁ。ちょっと久しぶりに会っ たゴン太くん。相変わらずクチの周りは真っ黒。見事なまでの泥棒顔である。可愛いなぁ・・・。

イイ機会だったので、急いで家に戻って大福を連れてご対面。大福、何で外に出るのかも分からずついて来ていきなりゴンタくんに遭遇。ゴンタくん、大興奮。 大福ドン引き・・・。ゴンタくんは、繋がれているから前に出たくてしょうがない。大福は、どう接して良いか分からずタジタジ。

さて、これから先どうなることやら、この2人・・・。


2014年4月24日(木) ■ こんな朝が好き ■ 大福:生後4389日目 

朝、家を出た瞬間は、「あれ?この服装じゃ寒いかな?」と感じるが、いざ外に出てみると意外に寒くない。寒くないどころか、少し歩き始めると暑くまではないが、もっと薄着でも良かったかも・・・と思えてしまうこの頃の朝散歩。

晴れてお日様が出ていると何とも気持ち良い。風も強くはないがほどほどに吹いている。こんな朝の大福の遊び道具は、ビニール袋に決定。強風に煽られて速い スピードで飛ばされるビニールを追いかけるのも楽しそうだが、まさに宙を舞うようにユラユラとゆっくり風と遊んでいるようなビニール袋をしっかり視界に入 れながら追いかけるのも楽しそうだ。

こんな朝が毎日続くとイイんだけどね。


2014年4月23日(水) ■ スイングしない2人 ■ 大福:生後4388日目 

今日はシャンプー日。それも晴天でピッカピカの青空。この頃、「シャンプー日限定雨女」をすっかり返上しているようだが、そろそろ完全返上して良いのではとお伺いを立てたいところだ・・・って、誰に伺えば良いのかも分からないのだが。

シャンプーの後は、ガッちゃんチのニューフェイス、ガジちゃんと軽く一遊び。と言っても、大福がけっこうイヤな感じで少しも相手をしてあげない。申し訳程度に付き合うにしても、どうもスイングしない。う〜ん、もしかして大福は、ガッちゃんが亡くなったことを今ひとつ理解、いや整理ができていないのかもしれない。そのことは飼い主も同じで、元々、襲名制には大きな疑問があるので大福は飼い主のそんな気持ちを察しているのかもしれない。

それぞれの飼い主さんの考え方があるから、その点はその考え方を尊重しなくてはならないが、どうしてもアホ飼い主にとって、ガッちゃんはただ一人だけなのである。ガッちゃん・・・と呼ぶことにガッちゃんに対して申し訳ない気がしてならないのである。ヤキモチ妬かないかなぁ・・・とか要らぬことばかり思ってしまうのである。ガッちゃんの飼い主さんには大変申し訳ないのだが。そして、何より当のガジちゃんには何ら関係ないことなんだけどね<(_ _)>


2014年4月22日(火) ■ お仕事晴れの朝 ■ 大福:生後4387日目 

大福は、最低でも一日3回は外に出る。散歩のためでもあるが、大小の用足しのためでもある。大きい方のお仕事は一日一回。夕方の散歩でお仕事することはま ずない。そして就寝前の用足し。何しろ、生後半年ほどで家の中でのお仕事・用足しは全くしなくなったので、雨が降ろうが風が吹こうが台風であろうが、一日 3回は外に行かなくてはならない。

そのお仕事だが、雨降りの日にはしないことのほうが多い。朝散歩の時に雨が降っていると、結局、一日一度もお仕事しないこととなる。まぁ、したくなれば夕 方することも希にあるのだが、だいたいは翌朝に持ち越す。雨でしたくないんだろうなと思うのだが、一日しない日の翌朝に雨が降っている場合は、雨が降って いてもすることが多い。だから全く雨が嫌いと言うことでもないようだ。但し、しない日の翌朝も雨の時もやっぱりしない・・・ということもたまにある。丸2 日しないのである。これはアホ飼い主としてはちょっと心配になってしまう。丸2日はちょっとねぇ・・・。だから、雨でお仕事パスの翌朝は、天に祈るような 気持ちで大福のポイント探しを見守るのである。

昨日は、3回の外出(そとで)とも全部雨降り。当然、お仕事はナシ。何とか晴れてくれないかなぁ・・・とのアホ飼い主の願いが届いて、今朝は見事な晴天。良かった〜。
昨日からお預けだったお仕事も簡単にしてくれた大福。お腹も軽くなって絶好調。嬉しそうな顔して走り回っていた。やっぱり、散歩には晴天と大福の嬉しそうな顔が似合うな。


2014年4月21日(月) ■ 雨の週始まり ■ 大福:生後4386日目 

昨日から急激に寒くなり今朝はオマケに雨。肌寒すぎて、冬用の上着を着ての散歩。大福は、もちろんカッパ隊。アチコチ匂いを嗅ぎ回っていたが、お仕事ポイント決まるまでには至らず、結局、本日のお仕事はお預け。

週の始まりが雨だとどうにもテンション低めな飼い主。お天気はやはり生活の中で大きな影響力を持っているんだねぇ・・・。明日もパッとしない天気だとか(´Д`。)


2014年4月20日(日) ■ 大福、12歳の誕生日に寄せて ■ 大福:生後4385日目 


我が家の愛犬柴犬・大福が昨日12歳の誕生日を迎えたので今日、軽くお祝いしました。もっぱら飼い主の便乗祝いとの説も大アリなのですが・・・。

大福が生まれたのは、2002年4月19日鹿児島でした。血統名を「花姫号」と言います。その年の6月、日本では日韓共催のワールドカップが開催されました・・・。そういう歴史のモノサシとなるモノがあると歴史的背景が浮かんできますよね。

4月19日に生まれて、2ヶ月ほどして鹿児島から名古屋を経由して、当時アホ飼い主が居していた千葉までやって来てくれました。まだ規程の?ワクチン接種 を全部終えてなかったので、10日間ほどペットショップの事務所の中で生活してました。ショップの担当の方が、「毎日、会いに来てもらっても良いですよ」 なんて、軽い気持ちで言ったのが運の尽き。アホ飼い主は、言葉を真に受けてほぼ毎日会いに言ったものでした・・・。

大福は、3人兄弟と聞いてます。他の2人の事は知りません。母親のことも知りません。まだ母親が恋しい時に引き離されて遠路はるばる千葉までやって来てく れた大福に感謝しかありません。12年付き合ってもまだまだ未熟な飼い主です。これからもお世話係をしっかりやっていく所存です。アホ飼い主共々、大福のこと、これからもよろしくお願いいたします。

ガッちゃんママからいただきました。

2014年4月19日(土) ■ 自高遠城址公園 ■ 大福:生後4384日目 

今日は、花姫号・大福の誕生日。12歳になった訳である。アホ飼い主の大福に関する辞書に「もう」と言う言葉はない。だから幾つになっても「もう○歳」ではなく「まだ○歳」となる。そう、大福は誕生日を迎えてまだ12歳の春である。

その誕生日に、念願の(大袈裟ではなく)『高遠城址公園』の桜を見に行ってきた。急な思いつきでいつも相変わらずの日帰り強行軍だ。
家を7時半前に出て、珍しく首都高を使い(距離別の実質値上げになって初めて)中央道をひたすら走り、11時前には目指す高遠城址公園に到着。もっと渋滞 になるかなと覚悟していたが駐車場にもスムーズに入ることができた。そして、地元のお仲間であるIさんとお友達にもスンナリ会えて合流。

早速、公園内を案内してもらったが、その混雑ぶりにまずビックリ。そりゃそうだ、週末な上に見事な快晴。しかも、これでもか!と言うほどの満開。人が集ま らないほうがおかしい。Iさんのご配慮でガイド・ボランティアの方に園内の歴史的背景など説明していただいた。大変興味深かったのだが、そんなこと関係な い大福は、初めての場所なので匂い嗅ぎ詮索隊の一員とかして歩くのに時間がかかる。せっかく説明していただいたのに半分も聞くことができず大変無礼で失礼 なことをしてしまった(手配していただいたIさんにも)。

この公園の桜。今まで見たことがない桜だった。色がとても綺麗。ソメイヨシノよりは色濃いが、河津桜よりは色薄い。もし「何色なの?」訊かれたら迷うこと なく「桜色」と答えるだろう。それほど、綺麗な色なのである。そして、桜の花びらの密集度?が高い。だから、三位一体ではないが皆が連帯して開花していて 一本一本の桜の木の開花具合がボリュームがあるのである。これは見応えがある。天下一品である。

公園内の混雑ぶりは、残念ながら心に余裕を持って見物するレベルではなかったが、これはもう桜の大有名処ゆえ仕方ないところ。痛し痒しである。公園の桜も 素晴らしいが、同様の種類の桜が街並みのアチコチに点在しているのも見逃せない。その様は、町と桜が寄り添って生活している感じとでも言うか。町の人は桜 を敬い、桜は町の人を守っているとも言えるような印象を受けた。

さて、大福。人混み慣れしているとは言え、桜の名所での人混みは苦手である。
何故かと言えば、桜見物の人混みは、通常の人混みと人達の目線の位置が違う。人達の目線は桜を見上げるので自然に上のほうを向いている。その分、足下がお 留守になるから、地面から30センチほどに位置する大福のことなど全く目に入らない。だから、大福は常に誰かに踏まれることを極端に警戒しなくてはならな い。気疲れ度合いもだいぶ高いことになってしまう。
大福ら犬にとっては、花見なんてどうでも良いのである。「花より団子」・・・この言葉、実は、犬達のためにある言葉と言って良いのかもしれない。

そんな大福にわざわざ忙しい時間を縫って遠距離を徒歩で駆けつけてくれた、やはり地元のOさんにもお会いできて本当に良かった。そして、突然の訪問で迷惑 であったであろう、もう一人のIさんと愛犬のセブちゃん。こちらも短い時間だったがお会いできて良かった。大福は、初めて会ったのに興味を持って接してく れたセブちゃんにクールすぎる対応。実は、公園でだいぶ疲れていたのだろうと思う。ゴメンね、セブちゃん。

そんな感じで、毎度お馴染みの日帰り強行軍も終えて家に戻ったのだが、帰りは中央高速最大の鬼門、首都圏入り口大渋滞(国立・府中から新宿まで2時間表 示)に巻き込まれて家に着いたのはほぼ9時。大福は、朝6時過ぎからずっと出ずっぱりであった。もちろん家に戻ったらグロッキー。惰性で食事をして起きて いる時もほとんど寝ていた・・・と言う表現がピッタリなほどお疲れ状態だった。
何とも気の毒な誕生日当日であった。大福、本当にお疲れ様でした!

生大福に会ってくださったお友達の皆さん、今日は本当にお世話になりありがとうございました。


2014年4月18日(金) ■ 自由人 ■ 大福:生後4383日目 

家にいる時の大福は、全く自由人。昼も夜も家の中を自由に行き来OKにしているので、気の向くままその都度自分のいたいところにいる。夜は、歯磨き終了後は、必ず自分のハウスに入って就寝するが、朝、ハウスにいることはまずない。だいたいは居間にある自分のクッションにいることが多い。そんな大福の自由人ぶりが少し窺い知ることができる三態。


2014年4月17日(木) ■ 春眠 ■ 大福:生後4382日目 

春は眠い・・・。

大福も寝落ちしている回数が多い。見ているアホ飼い主も落ちそうだ・・・。


2014年4月16日(水) ■ 花日和 ■ 大福:生後4381日目  

一気に暖かくなった昨日今日。そして明日も暖かいらしい。極端なんだよねぇ、ここ数年の日本の気候は。四季のうち、春と秋が極端に短い。と言うことは、四季の中で一番穏やかな2シーズンが崩壊していることとなる。

そんな短い春の中で、桜からバトンを受けて一生懸命に春を演出してくれているのが地に咲く花達。我が「花姫号@大福」と言えば、邪魔しているだけとの感もあるが、ブレることなく全天候型で季節を感じていると言うことでご容赦願おう。

そんな大福と花達のコラボが今朝実現。花より団子であることは言うまでもないが、一応、春らしいかなと思って・・・。


2014年4月15日(火) ■ 春を体感中? ■ 大福:生後4380日目 

桜は散ってしまったが、気持ち良い日々が続いているこの頃。今日は朝散歩としては珍しい『ららぽーと』のほうまで行ってみた。日中や夕方は多くの人がいる のに、朝は犬の散歩やジョギングの人。それに少しの通勤の人ぐらいしかいない。同じ場所なのに、景色が全く違うから新鮮だ。

大福もいつもとちょっと違う景色や雰囲気を感じているのではないかな。そして、心地良い春の季節を体感しているようにも思えるのだが・・・。いや、気のせいではなくて。


2014年4月14日(月) ■ 付き合い走り ■ 大福:生後4379日目

土曜の潮風公園の帰りに巨大広場に行ったら、久しぶりに後輩柴の豆太くんに会えた。そして走り回り・・・。ところが、豆太くんも大福もメイン?の散歩を終えたばかりだからか、今一つスイングしない。余力がない訳ではない。ただ、気ノリしてない感じが見て取れる。

ちょっと走り合ってはすぐやめてしまう。そして、また走るが、またすぐにやめてしまう。これって、きっと付き合い走りなのだと思う。あるいは義理走り・・・。面白いなぁ。人間の場合なら、握手とかハグに似ているのかもしれない。柴族の社会も付き合いが大変と言うことか?


2014年4月13日(日) ■ 頭隠れて尻隠れず ■ 大福:生後4378日目 

元々、土日のお台場界隈は車のイベントが多い。特に今日は多かったようで、料金が1日単位の駐車場に入るための車の列が駐車場オープン前から長蛇の列。潮 風公園の駐車場の車もいつもに比べるとかなり多かった。この車の数だと公園内もけっこう人が多いだろうと覚悟していたが、意外や意外で公園内はいつも通り の閑古鳥。駐車目的だけの人が多かったようである。

潮風公園の桜はもうほとんど散ってしまっていたが、海を望む景色が春らしくて気持ち良い。大福も一番景色の良いポイントで立ち込みなんかしちゃって公園内を見回していた。潮の匂いも季節ごとに違うんだろうな。

公園内を歩く大福を撮っていたら、思いがけず面白い瞬間が撮れた。題して「頭隠れて尻隠れず」。アホ飼い主としては、ちょっとウケた。


2014年4月12日(土) ■ 穏やかな潮風公園 ■ 大福:生後4377日目 

週末恒例の潮風公園。今日もいつも通り人も少なく穏やか表情の潮風公園。大福は、誰に頼まれた訳でもないのに、一筆書きコースで公園内を地回り強化週間?

地面の緑の比率もだいぶ多くなってきて、夏に向かっての春の景色を演出し始めている。このままいけば、ゴールデンウィーク明け頃からは、一気に夏の暑さになるのでは?と少々憂鬱になってくる。現金なもので、冬の寒い時季は、夏の暑さを懐かしがる。夏の暑い時は、冬の寒さが恋しくなる・・・勝手虫な人間達である。
その点大福は偉いな。常に現状受け止めて、その与えられた環境の中で好きなことを見つける・・・。何とも潔い生活習慣じゃないか。とても敵わないな(´Д`。)


2014年4月11日(金) ■ ウチの子、人間だと思ってるみたい ■ 大福:生後4376日目 

愛犬達のほとんどが室内飼いになって形式的にはまさに「家族の一員」。我が柴族も外飼いのほうが少なくなってきてしまった。室内飼いの愛玩柴犬・・・う〜 ん、触られるのがあまり好きじゃないのに愛玩柴ってどうなのよ?とツッコミたいところだが、我が愛犬柴犬・大福も室内飼いだ。

洋犬の子達(特に小型犬種)は、触られることを苦にもしてないし、むしろ自分から「触って、触って」とアピールするぐらい。もうDNAから家庭犬として成り立っていると言って良いだろう。

犬達の飼い主さん達からよく聞くのが「ウチの子、自分のことを犬じゃなくて人間と思ってるみたい・・・」と言うフレーズ。うん、確かに分かるなそう言う気持ちも。

ところが、大福を見ていると、どうも違うのでは?と思うのである・・・。
どうも大福は、自分のことを人間と思っていると言うよりも、人間のことを「二足歩行の犬」と思っているいるのではないのか?と思ってしまうのである。ブ〜〜ン( ̄^ ̄)ゞ


2014年4月10日(木) ■ 目線の先には・・・ ■ 大福:生後4375日目 

桜こそ散っても春らしい気持ちの良い毎日。朝の散歩はまだ日中の暑さもなく、飼い主としても心地良く大福の散歩のお供をすることができて嬉しい。まさに、お世話係冥利に尽きるというものである。

いつも見る景色も何となく春景色モードのように見えるから面白い。特に水辺の色合いは春独特の色を見せてくれている。
そんな景色を楽しむべく歩いていた大福。何やら前方に見入ったと思ったらワシワシと歩を進める。果たして、その先には・・・。そう、久しぶりに後輩柴の宙ちゃんの姿があったのだ。良かったね、挨拶できて。


2014年4月9日(水) ■ 花姫号の季節 ■ 大福:生後4374日目 

まだ頑張っている桜も見かけるが、今年の桜の季節も終わったと言って良いだろう。

春のこの季節、ついつい目は上のほうの桜ばかり見ているが、実は桜だけでなく地面にもたくさんの春花が咲いていることを忘れがちである。いつもの巨大広場の片隅にも春花がたくさん。

大福の血統名は「花姫号」である。何とも今の季節ぽい名前ではないか。血統名・・・そんなもの大福も他の犬達にもどうでも良いことだ。アホ飼い主もそのことについては同じである。
ただ、大福が偶然とは言え、先代柴の福と血縁であったことには驚くばかりだ。福の血統名は、「秋薊(アキアザミ)姫号」。福は山口県生まれ。そして、大福 は宮崎県生まれ。この2人が福の母系の玄祖父であり、大福の母系の曾祖父である京都桃山犬舎の「鉄華丸」で繋がっていた。何とも嬉しい偶然ではない か・・・。

たった78日という短い人生を終えた福。その加護を受けた花姫号・大福の春はまだまだ続く。

そんな2人の血統書を久しぶりに見たが、福の血統書は「日本犬保存会」のもの。そして大福の血統書は「ジャパンケネルクラズ(JKC)」のもの。見比べてみると、柴犬は日本犬保存会のもののほうがお似合いだ。


2014年4月8日(火) ■ オサレ散歩? ■ 大福:生後4373日目 

どうにも作業が行き詰まって夕方散歩は気晴らしに人混み目指してミッドタウンに突入。

お天気が良いからノンビリと春の一日を楽しむ人達が多かった(中華系は相変わらず狼藉だったが)。大福もいつもと違う匂いばかりだから匂い嗅ぎが忙しくてなかなか歩が進まない。

それにしてもさすが?ミッドタウン。オサレな犬達が多い。ただ残念ながらガウガウ犬がほとんど。綺麗な服なんか着ているだけに惜しいと言うか何と言う か・・・。もちろん、相変わらず大福は裸族に組紐のリード。土地柄、外国人も大勢いて日本犬はまだ珍しいようで人だかりができてしまう。外国人に訊かれる ことのナンバー1は「Hachi?」だ。その次が「Akita?」だ。やっぱり、ハチ公はインターナショナルなんだなぁ・・・。

ガウガウ犬多しの中で、威風堂々なのはやはり大型犬。バーニーズやドーベルマンが大人しく散歩していた。ただ、そのどちらも飼い主さんは外国人。参った なぁ・・・もしかしてと言うか、やっぱりと言うか、日本は「犬、後進国」であることをヒシヒシと感じてしまったオサレ散歩であった。


2014年4月7日(月) ■ 同期にバッタリ ■ 大福:生後4372日目 

今日は変則日程でのシャンプー日。以前は、月曜日のシャンプーだったのだが、週明けの交通事情なども考慮して今は水曜日シャンプーが多い。
年度初めの月曜日、どのくらい道が混んでいるかなと少々不安だったが、これが見事に空いててビックリ。3月中頃にできた新バイパスで信号をかなりスルーできるようになったことも多いに関係があるのだろう。あ、でも、ディズニー渋滞もなかったな。

とにかく時短でシャンプー会場に着いたので、町内の公園を散歩してたら、懐かしい同期のラン丸くんにバッタリ。たぶん、4年以上会っていなかったとように 思える。飼い主さんとは懐かしさを確認しての再会だったが、当のラン丸くんや大福は毎度のことで、懐かしい素振りは全くなし。まるで昨日も会ってたような 感じだ。
ラン丸くんに限ってのことではない。何年も会ってない他の懐かしい旧友に会っても同じ。まるで、リアルでは会っていないけど、Facebookなどの SNSでは毎日お互いを確認しているような雰囲気だ。「昨日、いいね!、ありがとね」みたいに・・・。この懐かしさにも動じない感覚ってどんな感じなんだ ろうな。犬達の不思議の一つ。


2014年4月6日(日) ■ 花散らしの天気 ■ 大福:生後4371日目 

今日も猫の目天気。朝はピーカン。昼遅くから雲が増えてきて、その後大音響のカミナリ。何だかねぇ・・・花散らしの猫の目天気ってか?

今年は初めて皇居内の指定された桜を一般に公開しているとか。せっかくのはからいも、この無礼な奇天候がぶち壊している感じだ。あ、でも、この一般開放の桜だが、立ち止まってはダメ。逆戻りもダメ・・・とか、規制のほうもけっこう無粋らしい。無礼vs無粋・・・う〜ん、どっちもどっちなのかな( ̄^ ̄)ゞ

花散らしの天気も全く関係ない大福。全天候型の気質丸出しで、大好きなボールと遊んでおりました。


2014年4月5日(土) ■ 妻母と代官山 ■ 大福:生後4370日目 

相変わらず安定しない天気だが、日中は陽射しも出ていてお花見日和。しかし、車から見える桜は花びらと葉っぱの比率がほぼ5:5。良くても6:4ぐらいか。

妻が自由が丘で用事を消化している間、妻母と大福と一緒に代官山T-SITEで時間つぶし。日陰は寒いが日なたで腰を降ろしているとポカポカして眠くなりそう。大福は、妻母にリードを引かれて一緒にいたりしたが、遠くからその様子を見ていると何とも日本的で絵になる。普段なかなか見られない大福の姿だった。


2014年4月4日(金) ■ 束の間に猛チャージ ■ 大福:生後4369日目 

昨日の荒天よりはずいぶんマシだが、今日も今日とてピーカンの晴天と思いきや急に強い風が吹いてきたりでまさに猫の目のように変わる安定しない天気。この強風は週末桜には致命的か。

強風と言えば、出番のオモチャはビニール袋が必須アイテム。今日も乱気流に舞うように変幻自在と動き回っていた。この強風は大福にとっては、好都合で一生懸命追いかけて猛チャージしていた。元気印の大福がみられると肌に痛い風も楽しいぞ。


2014年4月3日(木) ■ 無粋な雨 ■ 大福:生後4368日目 

今日は荒天。ホント、ここ数年のお天気って奴は気が利かないと言うか風情がないと言うか無粋極まりない。突風吹いたりで、満開桜の花びらも宙に舞っていた。おかげで?家前広場の桜もご覧の通り桜絨毯ができはじめた。

今年の桜ももうだいたいお終いかな。週末の天気はどうなんだろ?


2014年4月2日(水) ■ 人形町・古参者 ■ 大福:生後4367日目 

東野圭吾原作『新参者』でお馴染みと言ったほうが通じやすくなってしまった人形町に大福と一緒に行ってきた。『美奈福』におでんを買いに行くので、大福の夕方散歩を兼ねて出かけたのである。

おでんは並ぶこともなく買うことができたので、車を停めて人形町を少し歩いてみた。せっかくだから、すぐ近くの浜町川に架かる蠣浜橋(かきはまばし)跡ま で行ってみる。桜が満開だったが、もうかなり花びらが散っていた。地面には花見用に区分けがなされていて、ずいぶん先の日付が書かれた名札?がビッシリ。 ここの桜ポイントは、人がいなくても名札を置けばスペースが確保できるという何とも横着と言うか合理的と言うか不思議なシステム。
勧進帳の弁慶像の前で大福の写真撮ってたらアッと言う間に後ろに人だかり。大福はと言うと「はいはい、もう少しジッとしているから早く撮ってね」てな感じ・・・。

人形町まで来て『鳥近』に寄らないのはあまりにも大福に失礼と思い、人形町の交差点方面に向かう。大福、絶対に人形町の地理を把握しているの確定!『鳥近』に向かう足取りが気のせいではなく軽くて速い。
そして到着。ちょうどスタッフのSさんがいてくれて「大福、ちょっと待ってて」とお客さんを捌き終わったら「ハツ串」を1本、手にして出てきてくれた。嬉 しいねぇ、大福。良かったねぇ。串に5斤のハツが刺さっているのだが、今日は3斤も食べてた!「残りは、パパにもらいな」って、手渡ししてくれたハツを恨 めしそうに見ている大福・・・取らないって!

人形町・・・大福にとっては好きな町のようである。仔犬時代からちょくちょく来ていたので、今では新参者どころか、すっかり古参者な大福なのである。



2014年4月1日(火) ■ 桜より松ぼっくり ■ 大福:生後4366日目 

いよいよ満開週に突入。先週末の潮風公園桜は咲き始めだったので今朝は平日ながら潮風公園に桜の開花チェック。週末でもほぼ貸切状態だから、平日の朝は「ほぼ」が取れて完全に貸切。いるのは2名のお住まいの方々のみ。

いやぁ、見事に咲いてた。満開ちょい前の8分咲きと言ったところだが、見た目には満開として良いだろう。どうなんだろ?今週末の再訪まで咲いててくれるかな?

それにしても、大福にとっては、花より団子に非ず、桜より松ぼっくりのようである。




福と大福の間TOPに戻る