2014年8月の最初へ↓
2014年8月31日(日) ■ 待ち受け ■ 大福:生後4518日目 

大福が友達犬を見つけた時の動きは2つ。1つは、体を低くして抜き足・差し足・忍び足でジリジリ近づいて行きダッシュで相手のところへ。2つめは、伏せポーズで相手が近づいてくるまで待っていて、距離が近づくと猛ダッシュで相手のところへ・・・。この2つ以外にはない。少しは、普通に接近できないものか?と思うのだが・・・。

どちらにも共通するのは、何となく偉そうに見えることだ・・・(´Д`。)


2014年8月30日(土) ■ 健在なり ■ 大福:生後4517日目 

雨上がり週末散歩は、恒例の潮風公園。雨が上がったばかりで地面はまだ濡れていた。そんな様子なので、今日も貸切状態。いるのは、これまた毎度お馴染みのお住まいの方2人だけ。猛暑日を過ぎてこの涼しさは大歓迎のことだろう。

大福、微妙な距離で近づくも若干、巻尾が解け気味だった・・・。怪しいと思うよりちょっと怖いのかな?


2014年8月29日(金) ■ 22度って ■ 大福:生後4516日目 

今朝も涼しいと言うよりも寒いぐらい。iPhoneアプリを使ったら、22度表示。先週、と言うよりも今週初めは35度近くあったよね?何だろ、この不安定な気候は。広島のほうも落ち着いたとは言え、復旧にメドすら立たないほどの水害だったし・・・。

この変な気象は日本だけじゃないようだし、地球が少しずつ綻んでいるってことかもしれない・・・と本気で思えてしまう。たぶん、他所の人に言っても一笑されることはないと思うのである。皆、薄々思っているのでは?


2014年8月28日(木) ■ 本旅発揮? ■ 大福:生後4515日目 

そう言えば昨日今日と一気に気温が下がり、まるで夏が終わったかのようだ。天気予報によると10月中頃の気温とか・・・。ほんと、この頃の天気は情緒なんてものがなくて極端すぎる。こんな天気に育てられてしまうと日本人の情緒を持てない子供が増えてしまうぞ。

とは言え、飼い主にしてみれば鬼のような暑さより薄ら寒いぐらいのほうが散歩はしやすくて助かるのだが・・・。それは大福も同じのこと。いつものようにビニール袋で遊んでいても猛暑の時よりも動きにキレがある。やはり柴犬は、夏よりもこれからの季節のほうが本領発揮と言うことなのかな(^o^ゞ


2014年8月27日(水) ■ 雨シャンプー日 ■ 大福:生後4514日目 

今日は、シャンプー日。大福のシャンプーの日は雨が多くて「シャンプー日限定雨女」なんて言われていた。車を洗車すると雨に遭う・・・のと同じだ。しかし、ここ何ヶ月もその汚名?を忘れるほど雨には縁がなかった。そのことを思い出させようとでもしているのか、今日は久しぶりの雨シャンプー日となった。

いつものように分離不安コンビにとっては、何とも切ない束の間の別れ。大福がシャンプーしてもらっている間にアホ飼い主は用事を済ませて、これまたいつものようにガジちゃんとガッちゃんママと合流。そして、大福を迎えに・・・。
大福をコッソリ見たらドア前に座って迎えを待っている。姿を見せたら立ってガラスをカリカリ。小さく声まで出しているのがドア越しに聞こえてくる(ウルッ)。毎回同じシーンなのだが、嬉しい姿である。

大福と合流後、ガッちゃんママのお宅にお邪魔して毎度の如くオヤツをいただく。そして、ブレがないと言うか愛想がないと言うか、オヤツを食べ終えたら踵を返して帰り支度・・・。この豹変ぶりは人間にはちょっとできないほどの潔さだ(´Д`。)
今日もお邪魔した上にオヤツまでいただき、ありがとうございました!

シャンプーの合間に獣医師から先日の血液検査の説明を受けたが、嬉しいことに気になる数値も改善されているという朗報。良かった良かった。


2014年8月26日(火) ■ オシッコに水をかける ■ 大福:生後4513日目 

大福と道を歩いていいたら、急に大福が立ち止まってニオイをクンクン。あら、珍しい・・・と思って後ろにいる大福を見たら地面にできた大きな水シミのニオイを嗅いでいる。
どこかの犬がオシッコをしたのだろう。加えて飼い主さんが水をかけたのでオシッコ痕が拡がって大きくなったようである。

だいぶ前から飼い主や犬のマナーなどで、愛犬が道ばたでオシッコをしたら、それを放置するのではなく水をかけるようにしよう。それには、それ用の水をペッ トボトルなどに入れて持ち歩くのが飼い主としてのマナー・・・なんて書かれているようだ。それ用の容器まで売ってもいるとか。確かに水をかけてる飼い主さ んをかなり見かける・・・。

自分は大福が飲む用の水しか持ち歩いていない。何故なら、大福は道ばたでウンチはもちろんオシッコもしないから。厳密に言えば、コンクリートや土の上ではしない・・・が正しい。大福が用を足すのは大小共に草の上だけ(希にキメの細かい砂の上ですることはある)。
草の上ですることだって、ヨシではないだろう!と言われてしまえば、それも正しいので胸を張ることはできないが、歩道やどこかの家の前や店の前などではしない。

よく見かけるのは、洋犬の子達に多いのだが、どこでもトイレ・・・の如く、所かまわずしてる子。あれ、本人(犬)も大変だが、それを処理している飼い主さんも大変。見映えも悪い。でも仕方ない。放置する訳にもいかないし・・・。
ウンチだけでない。オシッコもコンクリートなど舗装された道路で所かまわずしてしまう。そんな時、飼い主さんはここぞとばかり持っていた水をオシッコにかけて処理している・・・。

でも、あれって、マナーなんかじゃないのよね。犬の嗅覚が良いことは、犬を飼っていない人でも分かっている。災害救助犬や麻薬探知犬など見ても犬の嗅覚が良いことは分かる。
それから考えれば、少量の水をオシッコにかけてもニオイなど消えもしない。むしろ、オシッコのニオイを薄めて拡散しているだけなのよね。もし、本当にオ シッコのニオイを消そうとするなら、大量の水を持ち歩いてデッキブラシもセットで持ち歩くことを考えねばならなくなってしまう。

じゃ、どうすれば良いのよ!?

成犬になってからでは、だいぶ難しいが、して良い場所としてはいけない場所を教えてあげれば良い。それが一番。
要するに一番のマナーは、躾けてあげることなのである。犬達は、躾けをしてもらう権利を持っている。そして、飼い主は躾けをしてあげる義務がある。

権利と義務の関係・・・犬と飼い主間でも存在するのである。自分の愛犬が人間社会で楽しく生活できるようにしてあげるのは、飼い主の義務であり責任なのかなと・・・。


2014年8月25日(月) ■ 柴心と秋の空? ■ 大福:生後4512日目 

まだ秋にはほど遠さだが、少しずつ秋の気配を感じるこの頃。と言ってもだいぶ暑いけど・・・。

残暑は、柴っこ達の気も惑わすようだ。久しぶりに後輩柴の豆太くんに出会って、ひとっ走りするのかな?と思ったら、スゥ~と気が抜けたように立ち去ってしまう。まだ秋の空になってもいないのに柴心の気まぐれさはもう秋を感じてでもいるのか?


2014年8月24日(日) ■ 麻布十番納涼まつり ■ 大福:生後4511日目 

大福が我が家に来てくれたのが2002年7月。以来、我が家の年中行事?に参加してもらっているが、一番最初に参加したのが毎年8月に行われる『麻布十番納涼まつり』。

大福にしてみれば、迷惑なイベント一つでしかない。せいぜい何か美味しいものにでもありつければ・・・な感じだろう。仔犬時代には人混みや雑踏にも慣れてもらわなければとの思いもあって意識的に連れて来ていた。大混雑の中、地面からわずか数10センチの高さのところを歩くのは恐怖でしかないだろう。見えるのは人の膝から下しかない。実際、ちょこっと足を踏まれて「キャイン!」なんてこともあった。でも、大福は頑張って歩いてくれたので、仔犬の頃から人混みは平気になってくれた。何事も頑張ってくれてありがたい子なのである。

そんな『麻布十番納涼まつり』。2010年頃から人気のあった「ワールドバザール」が消滅してしまった。各国の珍しい料理の出店が出て大賑わいで大変な人気コーナー?だったが、会場である公園の閉鎖やその他にも理由があったとしても何とも残念な閉鎖である。お祭りの開催日も以前は、金土日の3日間だったのが、一昨年から土日だけになってしまった。

今年もチラッと参加してきていたが、どうにも規模縮小感は否めなくて、我が家も日程消化のようになってきているのが正直なところである。何だか淋しいな『麻布十番納涼まつり』。


2014年8月23日(土) ■ お疲れ日 ■ 大福:生後4510日目 

今日は妻母上と妻の用事のお供で一日出ずっぱり。2人を自由が丘で降ろして大福と『DAIKANYAMA T-SAITE』を少し散策。朝も早いと言うのにけっこうな人出。犬連れの人達も多い。大きな犬から小さな犬までいろいろ。外国人の飼い主さんも多い。この場所、アホ飼い主的には楽しめるところなのだが、大福にしてみるとそんなに魅力はなさそうだ。残念だけど。

家に戻ってからは、オヤツ用に買った「あんみつ羊かん」を少しだけお裾分け。食べ終えたら一気に爆睡王。車での移動と言ってもやはり疲れるんだろうな。付き合ってくれてありがとね。でも、明日は『麻布十番納涼まつり』だよ・・・。


2014年8月22日(金) ■ 潮風公園のニオイ ■ 大福:生後4509日目 

今週も、週末ではなく平日の潮風公園。まだまだ暑いし、太陽はギラギラしているが何だろ?ほんの一瞬だが、真夏の暑さとは違うぞ・・・と感じる瞬間がある。気のせいではないと思うのだが。

さて、潮風公園。相変わらず人はいない。いるのはいつも通りお住まいになっている2人だけ。いつ見てもこの2人。ご近所付き合いはないようだ。ま、世の人付き合いも封印して今の生活に入ったのであろうから、近所付き合いがないのも仕方がないだろう。

後から、この地に来たテント住まいの人だが、この暑さだからなのだろう、テント内の通風を良くするために開閉グチを開け放しでいる。そして、家財道具も全て外に出して虫干しをしている。テントに近づくと風に乗って「あの」特有のニオイが流れてくる・・・。要らないんだけどなぁ、このニオイは・・・(´Д`。)


2014年8月21日(木) ■ SoftBankの焼そば ■ 大福:生後4508日目 

テレビCMで見たSoftBankの限定カップ焼きそば『トクしーソース焼そば』。今回もSoftBankショップに行って、携帯電話かスマホを見せればもらえるとのことだったので、早速、もらってきましたよ。しかも道なりで2軒ハシゴで・・・。
ちなみに、SoftBankの契約でなくても良いとのこと。


2014年8月20日(水) ■ 築地で地回り ■ 大福:生後4507日目 

今朝の散歩は、いつもより1時間ほど早く家を出たが暑さはいつもとあまり変わらなかった。暗いうちに出ないとダメなのかなぁ。とは言え、まだ地面が熱くなっていないので、日中や夕方歩くのに比べるとだいぶ楽だ。

散歩も早く終えることができたので、久しぶりに築地もんぜき通りにお出まし。地回りということはないのだが、大福にとっては久しぶりの築地である。ラーメンの『若葉』、深大寺そばの『まるよ』にご挨拶。いつ来てもこの通りの景色に大福が加わると一気に昭和な香りになってしまう。挨拶してたら中国系(台湾だな)の人が集まってきてフォトセッション。このシーンも毎度のことである。ま、親善大使と思えば良いかな・・・。

帰り際に、『若葉』のママさんから、チャーシューをタンマリいただいた大福。まさに、みかじめ料を徴収する地回りのような感じである(;^_^A


2014年8月19日(火) ■ マイクロチップ ■ 大福:生後4506日目 

大福のシャンプー場であるサロンは動物病院の中に併設されている(入り口は別だが、建物内で行き来できる)。大福がシャンプー中の時、たまたま患者犬が来てない時など診察を申し出ることがある。正確に言えば、獣医師と話をするためである。

先日そんな機会を得たので訊いてみたことがある。それはマイクロチップのことだ。普及率まで話は及ばなかったが、東日本大震災直後は、多くの飼い主の関心があったようだが、その後は徐々に下火になったとのことだった。ま、予想通りのことである。

今回訊いてみたかったことは、2点。

1つは、マイクロチップ導入の促しはよく耳にするが、読み取り機はどのくらい犬関連の施設で普及しているのか?ということ。そしてもう1つは、入れたマイクロチップのデータの更新についてだ。

まず、最初の読み取り機の普及。数字こそ具体的に出てこなかったが、驚くというか悲しいことに読み取り機を持っていない保健所もかなり多数であるということ。全国の保健所に普及させられるほど国予算がないらしい。保健所ですらこの有様だから、他での普及率など知れたものだろう。何とも悲しい現実である。

次のデータの更新。これはもっとトホホで、マイクロチップを愛犬の体内に入れた時のデータが最新でそれ以降のデータは更新されないのが現実らしい・・・。
大福はマイクロチップを入れていないので、マイクロチップは未知の物。だからマイクロチップに入っているデータの内容すら知らない。愛犬の生年、名前、飼い主の住所、連絡先、かかりつけの病院名、予防接種の有無、大きな病歴ぐらいは入っているのだろう。しかし、それに加えて、病歴、それに伴う薬の種類などの更新やワクチン接種の更新などは随時できるのかと思っていたが、どうも違うようで注入した日が最新のデータとなるらしい。

これじゃ、意味ないよな・・・って思ったが、愛犬を捨てるような飼い主は、捨て主発見に繋がるようなマイクロチップなんか入れる訳がないわなと妙に納得。脱走や迷子になった時のため・・・と考えると、現状のままでも良いのかなぁ・・・とこれまた妙に納得。う~ん、ちょっとモヤモヤ感あるぞ。


2014年8月18日(月) ■ 犬たちの明治維新 ポチの誕生 ■ 大福:生後4505日目 

ネットのお仲間から面白そうな本を紹介いただいた。

仁科邦男著、『犬たちの明治維新 ポチの誕生』だ。早速入手、帯には「黒船襲来-その時、犬たちの運命も激変し始める・・・」とある。犬と暮らす身としては、何ともワクワクする文章ではないか。
本当なら、まだ読むべき本が3冊ほどあるのだが、どうやら順番を飛び越えて読んでしまいそうである。目次を書き出していたら、ワクワク感は更に募る。

まずは、目次の紹介まで。

第1章:犬たちの開国

1.ペリー来航
2.ロシアのプチャーチンと川路聖謨
3.ハリス来日
4.英国公使オールコックと愛犬トビー
5.東禅寺襲撃事件を知らせた犬

第2章 横浜開港

1.横浜・神奈川犬事情
2.外国人居留地の犬問題
3.チンを欲しがる外国人
4.斬られる犬たち

第3章 犬たちの明治維新

1.天皇が自由に犬を飼い始めた時代
2.「カメ」の時代、始まる
3.消える里犬

第4章 西郷どんの犬

1.犬ざんまいの日々
2.知行合一
3.犬連れの西南戦争
4.西郷隆盛像の犬

第5章 ポチの誕生

1.明治時代の犬の名前
2.ポチと教科書
3.ポチはなぜポチというのか

終章 薩摩の犬のその後


2014年8月17日(日) ■ コミケと秋 ■ 大福:生後4504日目  

昨日、回避回避!と言っては見たものの、アホ飼い主の野次犬モードは収まらず、ちょっとだけ様子を見ようと巨大広場に行ってみた。

ヒヤ~、いつもガラガラの交差点がもう人で大変。交通整理の人が何人も配置されている。横断歩道も人、人、人。信号で渡り切れない人も大勢いるほど。
会場向かえ側にある巨大広場も大勢人がウロウロ。公衆トイレは前代未聞の長蛇の列。遠くのほうには何やらテントも見える・・・泊まり込みか!こりゃ、とても大福のお仕事ポイント探しなど無理・・・と判断して別の広場に移動。

こちらはいたって平和的で静か。大福も落ち着いてお仕事ポイントを探して無事にお仕事終了。大福のお仕事痕を片付けて、ふと頭を上げたら、大福が秋の気配を感じさせる景色の前にいた・・・。

暑いのはまだ暑いが、確実に秋に向かう暑さに変わって来ているようである。


2014年8月16日(土) ■ 回避回避! ■ 大福:生後4503日目 

昨日から明日まで、いつもの巨大広場の向こう側にあるビッグサイトで「コミケ」が開催。聞けば3日間で56万人集客するイベントらしい。ちなみに鳥取県の全人口が58万人らしいので、数字だけで言えば、3日間で鳥取県の人が全員、ビッグサイトに集まることになる訳だ・・・近づけません、とても。回避回避!


2014年8月15日(金) ■ 怪しい柴 ■ 大福:生後4502日目 

大福のことである・・・怪しい柴。

遠くにお仲間犬を見つけると、抜き足・差し足・忍び足・・・でジリジリと近づいて行く。そして、間が詰まったところでいきなり走って行く・・・。
仲良し犬の飼い主さんなら慣れたもので笑って迎えてくれるが、これが初めて会うような飼い主さんだと、正面から身を低くしてにじり寄ってくる柴犬に大警戒するに決まっている。だから、初めての飼い主さんと愛犬の時はリードも着けるし、着けないまでも一緒にゆっくりと近づくようにしている。幸い、大福は「ヨシ」と声かけなければ自分から近づいて行くことはないので。

今朝も友達柴がいたので「ヨシ」と声がけしたら、いつものように怪しい姿勢で近づいて行った・・・。あれ?おいおい思ってた仲良し柴くんと違うぞ!気づいた時はすでに遅し!初めての柴ちゃんだった!ゴメンナサイ!
アホ飼い主の大チョンボであった。幸い、受け入れて下さったので良かった良かっただったが・・・猛省(´Д`。)


2014年8月14日(木) ■ 4500日通過 ■ 大福:生後4501日目 

昨日、大福は生後4500日目を通過した。日頃、愛犬の年齢に「もう、○歳はない」常に「まだ、○歳である」なんて言ったりしてるのだが、この世に生を受けて4500日って、どうなんだろ?恐らく、「ずいぶん経ったなぁ・・・」と言うより「え?まだたった4500日?」と感じる人のほうが多いように思うのだが・・・。

何はともあれ、昨日の健診結果もヨシと判断できそうだし(血液検査の詳細は後日だが)、まずは元気に過ごしてくれてることに感謝しよう。もちろん、安心やぬか喜びばかりしてはいられない。飼い主同様に衰えは出てくる訳だから・・・。益々、お世話係としての責任を痛感する4500日目の通過である。


2014年8月13日(水) ■ シャンプー&健診 ■ 大福:生後4500日目 

今日は恒例のシャンプー日。加えて定期健診日で血液検査とエコー検査、そして混合ワクチンの接種を実施。一応、大福に言い聞かせてはみたが、大福にとっては厄日以外のなにものでもない。

幸い、血液検査の結果は前回に比べて気になっていた数値も全体的に安定。エコー検査も前回に比べてむしろ良くなっているようとのことで一安心。ワクチン接種も完了して、ついに再会。
毎度のことだが、迎えにくるのを待っていたことが一目で分かる歓迎ぶりに涙腺決壊寸前のアホ飼い主であった。

帰りに、これまた恒例となってしまったガッちゃんチ詣で。今日も、美味しいオヤツをゲットして大福は大喜び。居の主であるガジちゃんと遊んであげるでもなく、ブレのないと言えば聞こえが良いが無愛想ぶりを発揮しておりました( ̄^ ̄)ゞ


2014年8月12日(火) ■ 久しぶりの4ショット ■ 大福:生後4499日目 

カバちゃん、トトロ、かわうそ君の縫いぐるみ三人衆。勝手に「被害者の会・三人衆」などと称しているが、大福が幼柴だった頃からの付き合いで毎日、大福のバトルの相手をしてくれている。

しかし、10年以上の長い付き合いにも関わらず、ちゃんと原形をとどめている。そう、昨日も触れたが、大福は破壊活動をしない(唯一破壊するのは何故か段ボールのみ)。だから実は「竹馬の友」でもあるのだ。

そんな面々と久しぶりに4ショット撮ってみた。


2014年8月11日(月) ■ 今日なら良かったのに・・・ ■ 大福:生後4498日目 

昨日荒天のため中止となった『東京湾大華火祭』。皮肉なもので、一夜明けた今日は晴天。昨日に分けてあげたいぐらいの天気の下で大福は大ぶりな松ぼっくりをゲットしてハッスル(死語?)。

ボールと違って、咥えた時のイガイガした感じがお気に入りのようである。一生懸命追いかけてキャッチして戻って来るのだが、大福の面白いところは、こんなに華奢な松ぼっくりであってもけっして破壊しないこと。もちろん、自然摩耗的に壊れてはいくのだが、壊そうとしての破壊はしない。物持ちが良いと言うか何と言うか・・・。


2014年8月10日(日) ■ 東京湾大華火祭は中止 ■ 大福:生後4497日目 

ノロノロ台風11号の影響で開催が微妙な感じだった今年の『東京湾大華火祭』。朝の散歩時は、場所取りしている人や陣地?を主張するブルーシートなどもあったが、結局、朝10時の段階で正式に中止が決定(順延でなく中止)。残念だが、昨年の「隅田川花火大会」のように途中で中止となるよりマシだろう。

ただ気になるのは、花火師の皆さんのこと。嘘か誠か知らないが、花火師さん達の報酬って打ち上げた花火の数で決まるとか・・・。昨年の隅田川のように途中中止だと、打ち上げた数の分だけしか支払われないとか・・・もし本当だとしたら、ずいぶんな冷遇じゃないか。そして、それは後継者の育成にも大きく関係してくると思うのだが、実際のところどうなんだろう・・・。それでもじゅうぶん成り立つほど儲かる商売なんだろうが・・・。

どうも日本という国は、世界遺産に申請などはしているが、国の伝統芸や古い建物に対しての思いやりがないように思えてならない。そんなところにも、国力が落ちてきているツケが回ってきているのではないか?



2014年8月9日(土) ■ 台風は? ■ 大福:生後4496日目 

自転車並みの速度で日本に上陸した台風11号。相変わらず九州にいるらしく被害は相当大きいようだ。

関東は?と言えば、今朝も何となく台風ぽい風は吹いてはいるが、雨が降るでもなくいつもの週末通りに潮風公園散歩ができてしまった。ランニングの人以外は、人っ子一人いない貸切状態なのもいつも通り。台風は本当に大福地区に来るのだろうか?来ないと嬉しいのだが・・・。


2014年8月8日(金) ■ 場所取り ■ 大福:生後4495日目 

九州や四国に大きな被害をもたらせている台風11号。そのスピードは遅く、毎時15kmほどで自転車の速度並みとか。そんな台風とガチで対峙してしまいそうな今年の『東京湾大華火祭』。

花火見物の一等地とも言える大福の朝の散歩コース。今朝行ってみたら、もう場所取りのシートが幾つか点在していた。各地で場所取りマナーが問題になっている花火大会。ここも一緒のようだ。果たして日曜日に無事開催となるのだろうか・・・。


2014年8月7日(木) ■ 常に真剣 ■ 大福:生後4494日目 

昨日は強行軍で軽井沢の往復。大福、疲れているはずなのに今朝の散歩では元気に松ぼっくりと格闘していた。

今その瞬間を全力で過ごすからできることである。羨ましい反面、だからこそ気をつけてあげないといけないんだよね。獣医師さんも言ってた。足が少しぐらい痛くても目の前に楽しいことがあれば(ボール遊びとか)迷わず反応してしまう。その結果、足の痛みを更に呼び寄せてしまう・・・って。

確かに、その通りである。「予防」なんて考え方は人間だけ。これをしちゃうと後でツラくなる・・・なんて考えない。いつも目の前のことだけを考える。そんな一途さをコントロールしてあげることは飼い主にとってかなり重要な役目なのである。気をつけなきゃね。


2014年8月6日(水) ■ 駆け足で軽井沢 ■ 大福:生後4493日目 

今日は日帰り軽井沢の日。7時過ぎに家を出て関越道途中で用事を済ませて碓氷軽井沢インターに着いたのが10時過ぎ。関越道はいつもの平日より少し車が多いかなという程度で混んでるなぁとの印象はナシ。高速を降りての道もほとんど渋滞はなくスムーズに軽井沢アウトレットまで到着。スルーしようかなと思ったが、駐車場もスンナリは入れそうだったので、長い間工事中だった中庭の変貌ぶりを確かめるべく入庫。

印象としては、狭くなってしまった感じのみ。犬の店も増えて犬連れの人が多かったが、店舗施設自体は別にどうってことない感じ。木陰で涼んでいる犬と飼い主さんの姿がやけに幸せ感を醸し出していて、そんな姿を見ているのは何とも楽しい。気温は30度を少し下回るぐらいだが、標高が高いからなのだろう、暑さが都心とは全然違う。空の青さも抜けるようにシャープだし、真っ白な雲も存在感がある。とにかく気持ちが良い。

程良く時間もつぶれたので、予約しているお店『ピレネー』に到着。いつ以来だろ?少なくても昨年は来てなかった。ワインセーラーの建物沿いを抜けて店内に入る。テラス側の席が拡張されていて大きく変わっていた。ランチのシステムもビッフェスタイル導入で大きく変わっていた。この変化はちょっと嬉しい。
前菜ビッフェの種類も豊富。速いテンポで品の種類もどんどん差し替わる。そのどれも美味しそう。メインディッシュは、牛ロースステーキと若鶏の窯焼きを注文。こちらも手抜き感なく美味しい。サラダもボールで出てきたが新鮮野菜が美味。注文こそしなかったが、犬用のメニューも用意されているようだ。サーブに来てくれたお店の人に、昔来た時の写真を見せてプチ盛り上がり。食事中、大福はいつものように持参した敷物に座って行儀良くしてくれるのでありがたい。

食事の後は、軽井沢銀座でお土産を買ってから北軽井沢へ。白糸の滝のほうを通っていったのだが、ここもあまり混んでいなかった。すんなり北軽井沢に着いて「浅間大滝」へ。水が流れる音が涼しさを演出してくれる。マイナスイオンをたくさん浴びてリフレッシュ。水遊びをしたいところだったが、タイミング的に別の訪問者と遭遇してしまったので大福は足を濡らす程度で滝遊び終了・・・また次回ね。

帰りは中軽井沢を抜けて碓井軽井沢インターに出たが、この辺りでポツンと雨が車の窓に当たり出した。もうココまで来れば雨が降ろうが問題なし。インター入ってすぐの横川サービスエリアにちょっと立ち寄って、珍しく釜飯なんか買ってしまった。買い物の間、大福と芝生のヘリポートで遊んでいたら、ハスキーとラブラドールのMIXの子と遭遇。大福、大きさが全然違うのに威張っておりました(~_~;)

帰りの関越道は事故渋滞40分ほどのロスはあったものの比較的スムーズに戻って来られた。家に着いたのは9時頃。走行距離420キロメートル。ちょっと疲れたけど、大福もこの頃の暑さで家にいる時間が多かったので少しは気晴らしになったかな?お疲れ様でした。


2014年8月5日(火) ■ 省エネな遊び ■ 大福:生後4492日目 

ヘタレなアホ飼い主がこの暑さにウンザリ気味なのに、大福はハァハァ言いながらも元気みたいだ。炎天下でも遊びたいようで目をキラキラさせて遊びに誘ってくる。もちろん、付き合うようにはしているのだが、申し訳ないが一緒に走り回るまでは付き合いきれない。冗談抜きで、死ぬど・・・飼い主(´Д`。)

そんなヘタレ&バテ気味な時に重宝なのが、ビニール袋遊びである。何しろ、風がビニール袋を運んでくれるし、大福は、それを追いかけてキャッチして持って来てくれる。そう、飼い主は全く動かなくても遊びは成立するのである。手抜きと言うことなかれ。これも立派な遊びなのである。省エネの・・・。


2014年8月4日(月) ■ 毛皮 ■ 大福:生後4491日目 

犬は汗をかかない。肉球は発汗すると言われているが、少なくても大福を見ている限りでは、そのことを実感したことがない。汗をかかないから体温調節はクチを大きく開けてハァハァしながら行っているようである。口角をあげてハァハァするから笑っているように見える。

あ、あの犬笑ってる!・・・なんて言われることも少なくない。いやいや、笑ってるのではない。そんな悠長な場合ではないのだ。けっこうシンドイです、暑くて暑くて・・・が、犬達の本音と言えるだろう。
暑いと言えば目立つのが自前の被毛。そう毛皮である。毛皮着ているから暑いわよねぇ・・・なんて言われることも多い。大福なんか毛が密集しているので夏毛の時季でもモコモコだ。

確かに毛皮、暑そうである。でも、大福は毛皮を一度も脱いだことがないから、脱いだ時の涼しさを知らない。だから人が思うほど暑さに対しての意識が違うはず。もし、仮に一度でも脱いだら、毛皮を着ている時の暑さと脱いだ時の暑さの差を知ってしまうので暑さに対する認識がまた大きく違ってくるだろう。

だから、サマーカットなんて言って夏だけ刈り上げる・・・なんてことは絶対すべきではない。特にダブルコート以上の犬種には禁じ手である。もちろん、犬自身は涼しいから楽かもしれない。しかし、一度知った蜜の味?によって身体自体が代謝を混乱することは間違いなく、代謝の悪い体質になってしまうのである。元に戻るまで2年ほどはかかるとも言われている(外毛による見た目は復活しても、下毛は元通りになりにくい)。サマーカットは厳禁なのである。


2014年8月3日(日) ■ バルーン・イベント ■ 大福:生後4490日目 

昨日今日と、大福御用達の巨大広場で夏休みイベントの一環で、バルーン・イベントが行われていた。高さこそ高くなかったが、子供達にとっては貴重な経験だから皆、嬉しそうな顔して並んでいた。

バルーン上げる際にものすごい音がするのに大福は全く臆することも動じることもナシ。思えば、花火も平気。カミナリも平気。地震も平気・・・動かぬこと山の如しの大福なのである。飼い主としてはありがたいのだが、鈍いのか?との疑惑があったのも事実である。スマン、大福。


2014年8月2日(土) ■ 今日も休息日とする ■ 大福:生後4489日目 

暑い日は、皆で休息日とする!これ、猛暑の夏の鉄則なり。

にしても無防備すぎる・・・。


2014年8月1日(金) ■ 大福、出て来ないかなぁ・・・のガッちゃんの図 ■ 大福:生後4488日目 

7月30日付けの日記で、唯一無二の親友、ガッちゃんの一周忌のことを書いた中で、

「大福が引っ越した後、ガッちゃんママに聞いたのだが、ガッちゃんは散歩の際に大福が以前住んでいた住宅の前を通ると出入り口に向かい立ち止まり、しばらく動かない日が続いたとか。大福が出てこないかなぁ・・・って待っていたようだ。ダメなのである。涙腺が緩くなってきているので、このエピソードは書いても話してもグズグズになってしまうのだ。その姿が浮かんじゃって・・・。」

とも書いた。
今日、その様子を写っている写真をガッちゃんママからいただいた。

もう、全然ダメ。涙腺決壊!グズグズで鼻真っ赤である。こんなに思ってもらっていて大福は幸せ者である。



福と大福の間TOPに戻る