2014年11月の最初へ↓
2014年11月30日(日) ■ ご都合主義なお利口 ■ 大福:生後4609日目 

競馬の世界で競走馬が古馬になって調教で思うように動いてくれない時、競馬関係者は「ズブくなった」という言葉を使う。自分の体調は自分が一番知ってるんだから、今日の調教はこんな感じでじゅうぶんだよ・・・てな感じで、鞍上の騎手や調教助手の指示に従わないと言う訳だ。

大福も歳を重ねるに連れてだいぶズブくなってきた。犬達に対して「お利口さん」と言ったりするが、お利口さん=ずる賢い・・・と解釈して良いだろう。自分にとって楽しいことについては、よく学習してお利口さんになる。そう、けっこう打算的でご都合主義なのである。特に、食べ物が関係すると、その傾向は顕著となる。

日曜日も営業している築地もんぜき通りの『若葉』。今日も大福を連れて行ってみたが、前回、直接、手からチャーシューをもらったことをシッカリ覚えている大福。今日はよりによって、厨房の中まで覗くありさま。そして、存在をシッカリとアピールして、ついには思惑通りにチャーシューをゲットしたのである。しかも、「後は、お家に帰って食べな」とのお言葉とたっぷりのチャーシューをいただいて・・・。


2014年11月29日(土) ■ ポッカポカ ■ 大福:生後4608日目 

もう来週から12月・師走だというのに日中の部屋の中はポカポカ。もちろん、今シーズンは一度も暖房器具を使っていない。

太陽の移動が部屋の中の日なたと陰を作ってくれるのだが、大福はけっこうマメに日なたに沿って移動しながら居眠りをし続ける。日なたは暑いとみえて、たまに水を飲みにやってくる。その時、大福の体に触ってみると温かくてポッカポカ。いや、温かいと言うよりも熱いと言っても良いぐらいだ。冬に向けて熱中症とかになったらシャレにならないぞぉ~。


2014年11月28日(金) ■ 秋色サーキット ■ 大福:生後4607日目 

すっかり秋の色に変身した大福出没の町内スポット。今朝は幾つかの散歩コースを車でサーキット。

国見の丘のような小山に登って我が領土?を確認したり、コブのある起伏でボール遊びをしたり、落ち葉の絨毯の上でポーズをとったり、各スポットでいろいろな表情を見せてくれた大福。柴犬には日本の四季をシッカリ感じさせるのが健康で長生きのコツと言われているが、大福は秋の季節をちゃんと認識しているのだろうか?ん~、おおいに疑問である(´Д`。)


2014年11月27日(木) ■ レッドカーペット ■ 大福:生後4606日目 

いつもは何でもない公園路。今朝は、昨日の強風が落ち葉の数を増やしてくれた上に2日間降った雨が落ち葉にアクセントをつけてくれて何とも美しいレッドカーペットを演出してくれた。大福もカッパ隊からいつもの裸族。やっぱり柴は裸族が一番。

こうやって見てみると、茶色被毛なのに「赤柴」と言われるのが何となく納得できてしまうな。けっこう保護色となって見失いそうになったもの・・・。


2014年11月26日(水) ■ ガッツリ雨 ■ 大福:生後4605日目 

昨日に続いて今日も雨。それもシッカリ、いや、ガッツリ降ってるし加えて寒い。大福は昨日に続いてカッパ隊。飼い主も負けじ?とカッパ隊。今日の朝散歩は別の公園に。いつもならラジコン機操る人やランニングをしている人いるのにさすがの雨で誰もいない。通行人すらいない。あまりの雨降りで大福は全くお仕事する気もないようなので、早めに諦めて移動。

次は、朝散歩で来るのは初めてな昨日の公園の対岸側の遊歩道へ。もちろん、こちらも人っ子一人おらず状態。大福、念入りに匂いこそ嗅げど、お仕事ポイントとしてはお気に召さないようで早々と返り足。仕方ないな、この雨じゃ・・・。と言う訳で、今日はお仕事ナシの朝散歩だった。それにしても寒い。


 
2014年11月25日(火) ■ 秋雨コーディネート ■ 大福:生後4604日目 

そんなに強い降り方ではなかったが、連休明けの朝の雨は気持ちを萎えさせるものがある。しかも寒くなるこの季節の雨は淋しさにも似た気持ちにもさせる。

小雨降る今朝の散歩は久しぶりにカッパ隊で出発。人の気配もない広場を歩く大福の姿は、狙った訳ではないのに、大福の体は冬芝色。そして赤のカッパは、紅葉色。これぞ、秋雨コーディネートと言って良いのかも。


2014年11月24日(月) ■ イヴまで1ヵ月 ■ 大福:生後4603日目 

三連休最終日はクリスマス・グッズを出し始めた。思えばクリスマス・イヴまでちょうど1ヵ月。けっしてグッズを出すのが早いってことはないよね?

次々に箱から出てくるグッズに大福の好奇心とチェックはレッドゾーン。まるで東京の町を踏みつぶし歩く初代ゴジラのようにワシワシと歩く。でも、大福は破壊行為をしないのでゴジラのようにけっしてグッズを踏んでなど歩かない。隙間を縫って歩き、匂いを嗅ぐだけ。その辺が大福らしさだ。特に教えた訳でもないのによく心得ている。ホント、飼い主に負担をかけない良い子なのである・・・デレデレ。


2014年11月23日(日) ■ 靴底が緑色 ■ 大福:生後4602日目 

千葉で採取された野鳥のフンから強い毒性を持つ鳥インフルエンザのウイルスが検出され、環境省は、周辺の10キロ圏内を野鳥の監視を強化する地域に指定したとのことだが、はい、そうですか・・・って言ってる場合じゃない。相手は翼のある鳥だもの。しかも飛行機や車と違ってガス欠になることもないのだから10キロ以上離れているから安心とはならない。

大福の定番の散歩コースにある巨大広場(勝手に命名)が今、鳥のフンが多くて大変。注意して歩いても知らぬ間に踏んでいるようで気がつけば靴底は緑色のフンがビッシリ・・・。小枝を拾って靴底の掃除を余儀なくされてしまう。鳥インフルエンザの感染ルートは知らないが、やはりちょっと怖い。自前の肉球を靴代わりにしている大福は大丈夫なのか?心配になってしまう。

幸い、巨大広場と呼んでいるだけに、フンが大量に落ちているのは全域ではない。なるべくフンのなさそうな区域を選んで遊んでいるが、しばらくは気をつけないとね。何とか早く終息して欲しいものである。


2014年11月22日(土) ■ オサレな夕散歩 ■ 大福:生後4601日目 

妻の友達が京都からやって来るので夕方散歩は出迎えがてらのプチ東京見物。と言っても6時から予定が入っている(妻と食事)とのことで時間は2時間半ちょっと。なので、ほとんどは車中からの見物となった。車を降りての見物は、神宮外苑と代官山。

神宮はイチョウ並木。週末と言うこともあって大勢の人でいっぱい。イチョウのほうはまだ緑色の部分が目立つし、地面もイチョウ絨毯にはほど遠かった。でも、歩く人達はイチョウを見上げて幸せそうな顔々をしている。スゴイね、自然の導きのチカラって・・・。大福も息抜き程度に車から降りたが、降りた瞬間に人に囲まれてしまい、そのありさまは冗談抜きで人の流れが変わったと言っても良いぐらいだった。

代官山はリクエストで蔦谷書店に行ってみた。ココはいつも昼しか行ったことがなく夕方は初見参。いやぁ、昼とは比べものにならないほどの人出にまずビックリ。そして犬連れの人が多いのにもビックリ。更に驚いたのは、柴族が多かった(これは偶然かな)。写真のあずきちゃん、サンタくんの他にも3頭柴犬を見かけたし、足を止めた人が「何か柴犬のイベントがあるんですか?」と尋ねて来るほどだった。それにしても夕方のこの地は綺麗。たまには時間帯を変えての訪問も良いものだ。

と言う訳で、思いがけずのオサレな夕散歩と相成ったのだった。


2014年11月21日(金) ■ 好奇心 ■ 大福:生後4600日目 

人間もそうだけど身体ともにアンチエイジングの基本って好奇心を失わないことらしい。うん、それは漠然とだが、何となく分かるような気がする。守りに入ってはダメというのに通じるところがあるような気もする。

その点、大福はじゅうぶんに好奇心は旺盛だと思う。野次犬中の野次犬だし・・・。いつも飼い主らの動きをこんな風に首を傾いで見ている。そうそう、その調子でいつまでも好奇心を持ち続けて欲しいぞ。


2014年11月20日(木) ■ 嬉しい一枚 ■ 大福:生後4599日目 

朝散歩に夕散歩、はたまたお出かけの時。iPhoneになってから以前にも増して大福の写真を撮ることが多くなった。同じような写真で変わり映えなんか少しもしないのだが、アホ飼い主街道まっしぐらの身としては、それでも撮りたいのである。

ただ、残念なのは大福の写真に比べて大福と一緒に写っている写真の何と少ないことか・・・。だから、こんな2ショットの写真をいただくと大変嬉しいのであ~る。


2014年11月19日(水) ■ 走水の浜 ■ 大福:生後4598日目 

横須賀走水の浜辺でいつもと違う空の色と海の匂いを確かめる大福。冬の到来も感じたかな?


2014年11月18日(火) ■ 高倉健さん ■ 大福:生後4597日目 

打ち合わせ真っ只中の昼少し前、何やら慌ただしい雰囲気をに包まれた。すぐに理由が分かった。高倉健さんがお亡くなりになっていたとの報が飛び込んできたのだ。

高倉健さん、2度お見かけしたことがある。お会いしたのではない。ただ見ただけ。それも2度とも同じ店で。
そ の店は青山の裏通りにある。ケーキ&クッキーのお店。大福もテラス席に入ることができる店である。そう、大福も2度、高倉健さんとすれ違っているのであ る。しかも、2度目はすれ違いざまに頭の上をツンと触られていた。大福にとっては、人は皆、ほぼ平等(苦手、嫌いな人は少しいる)。だから高倉健さんであろうが関係ない。スゴイな犬達は・・・。

83歳で亡くなられたとのことだが、その年代の人としてはずいぶん背が高くて180センチはあっ たと思われる。見た目の若さよりもずいぶんお歳を召していたので、いつかはそんな時も来るだろうと普通に考えられるのだが、やはり大きな驚きだった。まさ に巨星が逝くという感じだ。今日の夜のニュースでは安倍首相の内閣解散会見がかすんでしまうほどの大きな扱いだった。

心よりご冥福をお祈りします。素敵な映画をたくさん、ありがとうございました。

2013年11月30日の写真

2014年11月17日(月) ■ GPS機能付き白地図 ■ 大福:生後4596日目 

FacebookやTwitter、いわゆるSNSってのに参加していると見たくない画像を見る羽目になってウンザリを通り越して気色悪くなってしまう。特に朝起きてパソコン立ち上げてすぐなんかだと尚更である。

我がSNSにとどまらず、ニュースサイトで、ペットショップで100円で売られていた犬がいたと話題になっていた。こうなると愛犬家 達が大変。元々、ペットショップやブリーダーに良い思いを持っていない愛犬家が多い上に、つい最近の栃木県での多くの犬の死体を遺棄した事件があったから ペットショップ、ブリーダー批判に拍車がかかってしまう・・・。
確かに、手に余った犬を死なせて、それを捨てるなんて腐れ外道・鬼畜の行為でしかない。手に余った・・・との表現も不幸な死に方をした犬達には何とも申し訳ない気持ちである。でも、手に余ったのである、悪徳な連中には。あまり楽しくない本だが、こんなのもあるのですよ。

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇

自分は、日和見である。スポーツ観戦なんかも、赤勝て白勝てタイプである。従って、ペットショップもブリーダーも一刀両断に悪とすることはしないしできな い。確かに悪徳な商売をしている企業体・店舗も多いことだろう。しかし、彼らが多くの犬達を新しい飼い主さんとを出会わせているのは紛れもない事実である ことも忘れてはいけないのかな・・・って。
生態を扱う企業を管轄する行政を変えないと、これから先も何ら変化も革新もないだろう。不毛なのよね、犬業界って・・・。

それにしても、100円って・・・。近所のペットショップにたまに50万円の豆柴が売られているけど、可愛らしさに差は全くないんだけどね・・・。この 100円って価格設定の真意って全く計り知れない。何なのかなぁ、良心の欠片のようなモノが見えなくもない気もするけど分からないなぁ。犬の顔にモザイク 入れたけど、あまりにも切なく訴える目をしていたのでストレートに見せる気が起きなかった。


2014年11月16日(日) ■ GPS機能付き白地図 ■ 大福:生後4595日目 

大福、どうもGPS機能付き白地図を持っているのではないだろうか?

と言うのは、車での移動の際、車が動き始めの時は外の様子を見たりしているが、あとは後部座席でほとんどが寝そべっている。ところが、目的地間近になるとおもむろに起き上がるのである。そして、外の景色を確かめるように見始める。まるで、「あぁ、今日はここね・・・」と言う具合に。

大福が大好きな人形町の『鳥近』。この店の前など通ろうものなら、突然起き上がってお店のある側の窓にへばりついてガラスをカリカリ。挙げ句は小声で鳴いたりもする。明らかに位置関係を把握しているような・・・。
買い物で店の前に停まろうものならもう大変。「早く出して!」と猛アピール。ドアを開けてあげるとお店のSさんのもとにまっしぐら。しっかり商品のハツ串をゲットしてしまうのである。

大福の白地図。最初は真っ白だったはずなのに、アチコチ出かけて連れ回されて、行った場所やお店をドンドン描き加えているに違いない。そして、いつの間に白地図にはGPS機能も加わったのかもしれない・・・。


2014年11月15日(土) ■ Christmas Toys ■ 大福:生後4594日目 

毎年恒例の横浜『Christmas Toys』詣を敢行。大福が初めて『Christmas Toys』に来たのは1歳の年のクリスマス前。その時は、仲良しのガッちゃんと一緒で、看板犬のこれはロビン君かな?もいた(写真右下)。以来、毎年お邪魔している。
今年は土曜日にお邪魔だったのでいつになく混雑。なのに、スタッフさんが外に出て来てくれて年に一度の大福との逢瀬をしてくれた。ありがたいなぁ・・・と言うか、忙しいのにスミマセン。

11月は、酉の市とChristmas Toysの2大?年中行事を済ませた大福。さ、いよいよ年末モードにシフト入りかな?


2014年11月14日(金) ■ 朝台場 ■ 大福:生後4593日目 

週末でもないのに台場方面での朝散歩。それも潮風公園ではなく台場浜、第三台場での散歩。

平日と言うこともあって朝の台場浜も人がいない。浜辺を掃除している係の人以外は貸切状態。大福、目の前の視界が開けると気分はアゲアゲになるんだろうなぁ。気が急いてこちらの顔をジッと見ている。「早く走らせてよ」と訴えている感じ。リード放したら、一気に弾けて走り回っていた。いつもおとなしく散歩している大福しか見てない人が見たら驚くだろうな。
朝の時間の第三台場は、朝日をモロに受けてピッカピカ。カメラを見る大福も眩しそう。この地がまだ13号埋立て地と呼ばれていた頃から、こちら側から見る東京の内陸側の景色は夜だけでなく朝も昼も綺麗で大好きだなぁ。

朝のせわしい時間帯での台場散歩だったが、予想以上の充実感に大満足。


2014年11月13日(木) ■ 独り占めな朝 ■ 大福:生後4592日目 

いつもの朝散歩と同じ時間帯なのに今朝は2個所の散歩広場を完全貸切状態。もちろん、散歩中ずっとではなく長い時間ではなかったが、誰もいない瞬間。大福の散歩地はこんなに広いのかと驚いてしまう。

幼年期を過ごした前地区までとは無理だが、23区内でこの環境を得られることは大福にとっても飼い主にとってもありがたい限りである。それにしても大福ちっちゃ!


2014年11月12日(水) ■ パッチギ!LOVE&PEACEに寄り道 ■ 大福:生後4591日目 

大福の散歩コース徒歩圏内の枝川に「東京朝鮮第二初級学校(枝川朝鮮学校)」がある。

映画『パッチギ!』の続編、『パッチ ギ!LOVE&PEACE』では、「東京朝鮮第二初中級学校」として撮影に使われた学校である。映画は1974年を舞台にしていたが、この学校もその周辺 もそれなりの昭和を醸し出して好きな町並みなのだが、数年前に綺麗になっちゃったんだよなぁ、しかも狭くなったし・・・。

綺麗になったことは、学ぶ子供達にとって快適で嬉しいことだろう。でも、でもね、昭和レトロ漬けのジジイにしてみると淋しい・・・のだ。


2014年11月11日(火) ■ 怠け道ましっぐら ■ 大福:生後4590日目 

人間だんだん怠け者になってきているな。昔は、日曜・祝日だけしか休みがなかった。振替休日もなかった。なのに、最近は平日5日でも不満が出ているとか。そのうち週4日制とかになっちゃうんじゃないの?ところで、土曜日が祝日の場合でも振替休日になるって決まったんだっけ?

そこへいくと、大福なんかたいしたもので、平日や休日の区別もボヤ~としか分かっていない(分かってるんですよ、ボヤ~とは)。年の区切りや月の区切り、週の区切りも関係ない。毎日が平日のようでもあり、毎日が休日のようでもある。スゴイな、その感覚って。


2014年11月10日(月) ■ 一の酉 ■ 大福:生後4589日目 

今日は一の酉。三の酉まである年は、寒いし火事も多いと言われるが、今年は二の酉までなので寒くないのかも。それを証明でもするように今日はポカポカ陽気。なのに薄手とは言えダウンを着ての酉の市詣だったので暑いこと暑いこと。

今 年も例年通り、門前仲町の富岡八幡宮に。到着したのは6時過ぎ。会社終わりの時間帯だったことと、二の酉までしかないこともあってか思いのほか混雑してい た。熊手屋さんもてんてこ舞いでプチ舞い上がり状態。求めた熊手も例年通り小ぶりのモノをお願いした。商売繁盛と家内安全を祈願して三本締めしてもらっ た。もちろん神様には、大福の長寿と健康もお願いした。


2014年11月9日(日) ■ 天気は大事 ■ 大福:生後4588日目 

一番見ているテレビ番組は何か?と問われれば、すぐに答えることができる。それは「天気予報」・・・。
人間って、けっこう天気に感情や行動が左右されてしまう。晴れだと心まで晴れやかになるし、雨だと何となく心も沈みがちなってしまう。そして、それに伴い行動も変わってくる。。もちろん、その逆の場合もあるから人間って面白いんだけれど・・・。

面白いね、人間の気持ちって。お天気に左右されてしまう程度の確固さでしかないんだね。こんなことって、大福にもあるんだろうか?今日は天気が良いからどこかに行きたいな・・・とか、天気が悪いから家にいたいな・・・とか。
愛犬を極端に擬人化するのもどうかと思うが、たまには人間の思考回路を愛犬に当てはめて想像力を膨らませるのも面白いかもね。

と言うことで、今日の大福は快眠の一日だった。何とも平和そうな寝姿を見せてくれていた。


2014年11月8日(土) ■ 導き ■ 大福:生後4587日目 

週末恒例の潮風公園散歩を終えて家に戻る途中でコンビニに行ってみようと車を停車。横断歩道の信号が点滅していてまさに赤に変わろうという瞬間だった。いつもなら次の青まで待つところなのに何故か今日に限って無理して渡ってしまった。

横断歩道を渡りきったところで通行人と至近距離。何となく顔見たら相手もこちらの顔見ている。そして、ほぼ二人同時にビックリして声を上げた。「あぁ!ご無沙汰してます。どうしたんですか?こんなところで・・・」。
何と、大福が今の地に引越して来る前の地でお世話になった先輩姉御柴・アキちゃんの飼い主さんだったのである。驚いたのなんのって・・・。

残 念なことにアキちゃんは昨年11月に15歳で他界してしまった。アキちゃんと飼い主さんと最後に会ったのは、昨年の夏だった。町内をカートに乗って散歩し ている姿を見かけて声をかけたのだった。その時のアキちゃんは、元気だった頃の面影は全くなく非常に具合が悪そうだった。大福はシャンプー中だったのでそ の時のアキちゃんにも飼い主さんにも会っていない。そして、ガッちゃんのママを経由して訃報を聞いたのが年末だった・・・。

アキちゃんは、無駄に元気でちょっかい出してくるKYな大福をいつも鬱陶しく思っているようだった。でも、威嚇することもなく大福を軽くあしらっていた。家が近かったこともあって、朝の散歩での出会い率は高かった。大福はアキちゃんの飼い主さんに可愛がってもらっていた。

そんな飼い主さんとバッタリ、お台場の端っこで出会うなんて・・・。もう、これは誰が何と言おうと導きとしか思えない。大福の導きなのか?飼い主さんの導きなのか?アキちゃんの導きなのか?
それは分からないが、もし、いつものように信号を待っていたらアキちゃんパパと出会うことはなかっただろう。アキちゃんのパパにしても、家からお台場に向かう途中で少しでも違う行動をとっていたら、やはり出会うことはなかっただろう。もう不思議すぎる。

大 福は停めてあった車に乗っていたので、偶然バッタリの時にアキちゃんのパパと会うことはなかった。でも、簡単な会話を終えてお別れした瞬間、やはり大福に 会ってもらおうと遅まきながら思った。そして、大福を連れに戻ってビーチを歩くアキちゃんのパパを大声で呼んだ。気づいて振り返ってくれたアキちゃんのパ パはすぐに大福が視界に入ったようで「大福!」って声をかけてくれた。すると大福は、声の主を目がけて砂浜を走って行った。

アキちゃんの パパは、「大福、元気か?」「顔がやっぱり白くなったなぁ」「相変わらず綺麗な歯だなぁ」「ちょっと太ったか?」・・・懐かしそうに触りながら声をかけて くれた。大福が覚えていたのかどうかは定かではない。しかし、歳を重ねて自己主張が強くなってきているので、イヤなことには負の反応するようになってきて いる大福。元々、男の人には心開かないのに、アキちゃんのパパが顔や頭を触ってもおとなしくされるがままになっていた。これは、きっと覚えていたんじゃな いのかなぁ・・・。

月に2回ほどの旧町内でのシャンプーで出会うのならともかく、引越してから5年も経つのに旧町内で一度もお会いしたこ とがない。なのに、このお台場の片隅で偶然お会いできるなんて・・・。お別れしてから急にこの出来事の重大さを改めて感じて涙腺が壊れかけた。この導きに 感謝したい。


2014年11月7日(金) ■ 雨週末前の晴れ ■ 大福:生後4586日目 

大福地区の週末は、また雨との天気予報。ホント、よく雨が降る週末である。果たして予報は的中するのか?

今朝の散歩は、週末の天気予報のハズレを思わせるような秋晴れ。空は青く、水も深い青。典型的な開きの景色である。その空の下でカメラ目線をくれる大福の顔も眩しそう。
週末雨を気の毒に思う天気神が与えてくれた哀れみの青空なのか?それとも天気予報を一笑する青空なのか?全ては明日明後日に判明する・・・。


2014年11月6日(木) ■ 保護色への誘い ■ 大福:生後4585日目 

大福は今更ながら柴犬。「しばけん」ではなく「しばいぬ」。そして、毛色は茶色だけど「赤柴」である。

柴犬だけでなく日本犬には、日本の四季を感じさせることが一番の健康法であり、長生きさせるコツ?と言われる。四季の温度を感じ、四季の食べ物を食す・・・これらが大事なことらしい。いかにも天然記念物らしいじゃないか。

柴犬の中でも一番多い赤柴が一番景色に馴染む季節が秋だ。紅葉やイチョウの中にたたずむ赤柴はまるで忍者の「木の葉隠れ」のように景色と一体化してしまう。そんな保護色への誘いの季節がいよいよやって来たなと実感するこの頃である。


2014年11月5日(水) ■ こんな時のことわざは? ■ 大福:生後4584日目 

今日はシャンプー日。シャンプー会場?に向かう前にいつものように通常の散歩をこなす。今朝は巨大広場に行ってみたら、何やら大きな観客席のようなモノができあがっていた。これには大福もいち早く気づいてビックリしたようだった。しかし、いつもなら普通じゃないことには敏感なのに、ここまで大きすぎる変化だと逆にあまり気にならないような感じも・・・。

あれ?こういう状況のことを言い表すことわざって思い浮かばないんだけど何かあったっけ?「木を見て森を見ず」や「灯台下暗し」とかは違うよね?


2014年11月4日(火) ■ 30分早いと・・・ ■ 大福:生後4583日目 

今朝はいつもより30分早く家を出た。たった30分だけなのに夏の30分と違って秋から冬に向かう時季の朝は景色の色合いが全く違う。空の色、広さ、地面の暗さも違う。太陽もまだ出てくるのに躊躇でもしているのだろうか?それとも太陽は低血圧で動きが鈍い?或いは、昨晩夜更かしでもしたか?

朝の景色がいつもと違おうが大福には一切関係なし。ブレることなく風に舞うビニール袋を追いかけていた。その姿を見て頭の中に流れてきたのは、Yesの「燃ゆる朝焼け(Heart of the Sunrise)」。これがまた見事にマッチしたのである。


2014年11月3日(月) ■ ストーンズの日とする! ■ 大福:生後4582日目 

3連休最終日。朝起きて居間に行ったら、大福が自分のクッションでまだ眠っていた。しかし、寝相が悪いのか、その寝姿は何とRolling Stonesになっていた・・・。
連休最終日は、ストーンズの日とする!Start Me Up!


2014年11月2日(日) ■ 雨の国見の丘 ■ 大福:生後4581日目 

3連休2日目。大福の朝散歩終わりで築地もんぜき通りに出没。クチの中がラーメンになっていたので『若葉』で朝ラーをと企んだのである。日曜日に営業していてくれるのは本当にありがたい。

聞 けば、今日は市場内で何やらイベントをやっているとか・・・。そのせいなのか、もんぜき通りはやけに人が少ない。場内と場外、も少しコミュニケーション 取ったほうが良いんじゃないの?もっと総合的に盛り上げる必要が・・・あ、どうせ豊洲と築地と分散するから総合的じゃなくてイイのか・・・な( ̄^ ̄)ゞ

ラーメンのほうは相変わらず美味しい。これからの季節、汁物が美味しくなるよね。

※気まぐれ掲示板『寄合処』はコチラから。


午後は、久しぶりに裏原に出没。休日はことさら駐車場難民になるかなと思ったら、これが意外に空いている・・・でも、高っ!30分500円が原宿の相場なのか?とは言え、銀座の10分600円に比べれば可愛いものである。
とは言え、駐車場ケチの自分としては、1時間1000円の駐車場料金はどうにも抵抗がある。なので少し走ったらコインパーキングが空いていた。今時は、日曜日でも稼働しているんだね。こちらは1時間で300円。空いてて良かった(^o^ゞ

今日は久しぶりに『オジヤンカフェ』に出没。店の人は「3ヵ月ぶりぐらいですかね?」とか言ってたけど、いや、もっと来てなかったな。それにしても、皆さん、ちゃんと大福のことを覚えていてくれて「大福ぅ、久しぶりぃ~」とか言ってくれる。ありがたいな、嬉しいな。

「空いてるところにどうぞ」なんて言われたので奥の角の、DJブースの横の席に座った。ここは角で2人の時は落ち着く。大福としては厨房が見えなくてつまらなさそうだったが・・・。
今日も注文は「おじや」。トッピングは、「唐揚げ」「ジャコと香味野菜」。うん、久しぶりに食べたけど美味しいや。このメニューもこれからの季節には欠かせない。

大 福は奥の席だったこともあって他のお客さんは気づかないようだ。気づいたお客さんもおとなしいので分からなかったとか言ってくれた。そう、大福はどの店に 行ってもおとなしくしてくれるので本当に助かるしありがたい。これが吠え癖のある子だったり、どこでも粗相!の子だったら、行動範囲がかなり狭くなってし まうだろう。いつの間にか当たり前のように麻痺してしまったが、大福に感謝せねばならないね。ホント、ありがとね。

久しぶりの大福と2人だけのお出かけ。妙に新鮮な感じ。また、どこかに行こうね。


2014年11月1日(土) ■ 雨の国見の丘 ■ 大福:生後4580日目 

3連休初日は雨のスタート。今日の雨は台風とは関係ないが、秋の気配を感じ始めてからことある毎に週末は天気が悪いような・・・。ま、平日の仕事日に雨の中、出歩かなければならないのもツライものがあるが週末も雨はテンションが落ちるよね。

雨の中、カッパ隊で参戦した大福。勝手に命名「国見の丘」に珍しく駆け上がり、我が領土を確認しておりました・・・。



福と大福の間TOPに戻る