スネーク・アイズ ネタばれ度:★☆☆

ミッション・インポシブルで一気にメジャー入りしてしまったブライアン・デ・パルマ監督の待望の新作はニコラス・ケージを主役にしたサスペンスもの。
予告やパブリシティで冒頭のカメラワークが13分ノー・カットで撮影、14,000人の目撃者、などと興味わくフレーズでデ・パルマ・ファンの気持を盛り上げます。

結論から言うと、期待が大きすぎたせいで今イチと言うところです。たしかにデ・パルマらしい画風はあちこちにあり楽しめるんですが、ストーリーが単純すぎてインパクトがなさすぎでした。主人公達が助かるシーンでもハリケーンのアクシデントによる偶然の出来事が理由では説得力もありません。もちろんカジノを舞台にしたしたものですから偶然も運のうちという事なのかもしれません。

映画の前告知でのエンド・ロールの終わりに秘密が・・・というのも、ん〜なんだかなぁという感じでした。確かに観客に疑問は与えるのですがフェアーじゃない気がしました。映画の紹介でまだ観ていない人に失礼な書き方はしないという前提を認識して言うと、ゲイリー・シニーズボクシングの試合前に怪しい人物の職務質問で追いかける赤毛の女の赤い指輪をぜひ覚えておいて下さい。これを見逃してしまうとたぶん複雑な気持で映画館を出る事になってしまいます。

デ・パルマ監督は次回作でもニコラス・ケージと組むようですが次回に期待したいと思います。
99分。


映画TOPへ戻る