DEEP PURPLE<1972/8/17 at 日本武道館> 1999.12.15記

DEEP PURPLEが初来日公演を果たした1972年も前年1971年の外タレ元年に劣らずの来日ラッシュだった。その年に来日公演をしたのは、CCR、PINK FLOYD、TEN YEARS AFTER、PROCOL HARUM、EL&P、T・REX、3 DOGNIGHTなど。

DEEP PURPLE公演は夏のど真ん中、8月17日に東京は武道館で1回、大阪はフェステイバル・ホールで2回だったと思う。大阪フェスティバル・ホールでロックのコンサート、しかもDEEP PURPLE、今からは想像もできないでしょ。
来日した時のDEEP PURPLEは第2期とされていて、メンバーは、ボーカル、イアン・ギラン、ギター、リッチー・ブラックモア、ベース、ロジャー・グローバー、ドラム、イアン・ペイス、キーボード、ジョン・ロードの5人。
ちょうど「MACHINE HEAD」をリリースした後の来日であった。

会場の武道館は大物ロック・バンドのコンサート会場としては定番になりつつあったが、当時の我々からすると大きすぎて、イヤなところという感じがしていた。
というのは、翌年来日するDAVID BOWIEやHUMBLE PIE、YESなんかは渋谷公会堂クラスでコンサートをしているからだ。
そういえば最近の部類に入ってしまうがU2も初来日コンサートは渋谷公会堂だった。

DEEP PURPLEは「MACHINE HEAD」で日本でも大ブレイクしたものの、イメージ的にZEPPELINより格下、という感じが当時あったような気がする。
そんな評判をいっぺんに吹き飛ばしてしまったのが、この来日公演であった。この時の公演は後に「LIVE IN JAPAN」としてリリースされたことはあまりにも有名だが、当時は日本だけの限定発売だったと記憶している。

会場は何故だか分からないが、なんとなく優等生的なロック・ファンが多かったような気がする。
そんな違和感もオープニングの「HIGHWAY STAR」のイントロがフェード・インぎみに鳴り響いたとたんにどこかへ行ってしまった。それほど、この公演のオープニングはインパクトがあった。おそらく、私が見た数多くのロック・コンサートの中でも1番かもしれないと思うほどの印象だった。たまに「LIVE IN JAPAN」を聴くとその当時を思い出し、聴くたびに鳥肌が立つほどだ。
ジョン・ロードのキーボード間奏のあと、ついに待っていたリッチーのギター。アルバムで聴きなれたフレーズが聴こえてくるともう涙、涙。武道館中をこだまするリッチーのギターは滑らかでかつストロング。これほどストラトの特性を知り尽くしているギタリストはそうざらにはいないという感じだった。
興奮の1曲目が終わると間髪いれずに2曲目「SMOKE ON THE WATER」。ギター小僧なら誰でも一度は弾いてみたあのフレーズ。もう興奮状態はすでにレッド・ゾーンを突破して右にくっついたままという感じだ。
3曲目「CHILD IN TIME」へと続き、さらに興奮のレベルは下がることはない。
「STRANGE KIND OF WOMAN」「LAZY」そして最後の曲「SPACE TRACKIN'」まで、演奏のレベルは非常に高く、ややもするとありがちな、ステージ上のメンバーのみが楽しんでいるだけのような無用に長いソロ演奏もなく、素晴らしいの一語に尽きるものであった。
アンコールはシングルでおなじみの「BLACK NIGHT」「SPEED KING」。
演奏時間自体は1時間半に満たないものだったと思うが、満足度は100%を軽く超えるものだった。DEEP PURPLEはこの来日公演でZEPPELINとも肩を並べ、確実に大物としてこれ以降君臨していく事になる。

リッチーがギター・パフォーマンスでストラトを叩きつけ、壊すシーンがあったのだが、壊す直前に一度、ステージ上から消えるのだが、実はギターをチェンジしていて、壊したのは、フェルナンデスのストラト・モデルだったなどという噂も後日談としてでていた。
翌、73年にも同じメンバーで再来日を果たしたDEEP PURPLEは、武道館で2回公演を予定していた。しかし初日の公演で、演奏曲目が、前年と同じことで怒ったファンがアンコール前の曲で放ったロケット花火がリッチーの足元で爆発し、それに怒ったメンバーがアンコールをしなかった。そのため大暴動となり、武道館の蛍光灯は槍投げの槍のごとく投げつけられ、アリーナのパイプイスも投げられ山積み状態、壁の時計も引きちぎられるという暴挙があり、翌日の公演は中止という事件にまで発展した。

演奏曲目:

-ハイウェイ・スター
-スモーク・オン・ザ・ウォーター
-チャイルド・イン・タイム
-ミュール
-ストレンジ・ウーマン
-レイジー
-スペース・トラッキン
<アンコール>
-ブラック・ナイト
-スピード・キング
この写真は、たぶんSPACE TRUCKIN'。


音楽TOPへ戻る