GLAY幕張20万人LIVE / 1999.7.31 幕張メッセ駐車場 

まず初めに私はGLAYというバンドに全く興味を持っていない人間であるということを前提にお読み下さい。
このイベントを実現させたということを素直に評価したいと思います。会場は約200ブロックで仕切られていました。1ブロックあたりに約1000人が入るとして、2ブロックで普通のホール(渋谷公会堂とか)1個分です。スタッフの皆さんにはご苦労様と言っておきます。ちなみにこのコンサートの観客数は主催者発表によると20万人とのことですが、20万人にというと渋谷区の総人口が19万人なのでその規模はお分かりと思います。

コンサートの方は定刻通り午後4時30分からスタートしました。定刻通りというのもまた評価できますね。オープニングから5曲は会場中盤に作られたサブ・ステージでの演奏。20万人を対象にした演出なのでしょう。6曲目からメイン・ステージでの演奏でした。内容についてアレコレ言うのはやめておきます。なにしろ私の場合ほとんどの曲を初めて聴くわけですから。
ただ、残念だったのは、ボーカルがMCで「20万人の感動を・・・観衆と運命共同体・・・」というようなことを言っていたのですが、せめてその時オーロラ・ビジョンで会場全体を空撮でとった映像などを見せて欲しかったですね。20万人がどのぐらいの感じで見えるのかメンバーと同じでレベルで感じてこそ一体感があったような気がします。私自身としてはまわりのブロックぐらいしか体感できなかったので、東京ドームなどとあまり変わりませんでした。

会場に入場する際、長蛇の列ができていましたが、海側から入ると全く並ぶこともなくできてしまいました。チケットの半券切るでもなく、カメラ・チェックもありませんでした。各ブロックの後ろ2ヶ所でブロック確認をしていましたが、チケットを使いまわしている人もかなりいました。写真を撮っている人もかなりいました。喫煙もかなりいました。やはり各ブロック内にもう1人係員を常駐させるべきだったと思います。大規模だったとはいえ導線もかなり悪かったようです。仮設トイレが外との仕切りになるぐらい多く設置されていたことは大変評価できるものでした。

ステージの後ろがスタッフ・スペースになっていました。なんでもクラブ・ハウスと言ってゲスト(マスコミ招待者)がリラックスできるようにと飲食ブースを作ったとのことなので行ってきました。会場が広いのでそこまで行くのに苦労しました。受付を済ませたのですが、芳名帳をのぞくと相変わらず化石のような評論家や音楽関係者の名前がぞろりとあって気色悪くなってしまいました。中ではきっと連中がタダ飯タダ酒にたかっている姿が容易に想像がつきました。それでそこへのエントリーは辞退して会場内を横切って外に出られるというパスのみいただきました。受付では、所属レコード会社の紙媒体担当のTさんが応対してくれたのですが、たいへんホスピタリティのある方でした。いつのまにか帰りにシャンペンをと言って頂いたお土産券はなぜか回収されてしまいましたが・・・。
このクラブ・ハウスの設置などをみてもGLAYやそのスタッフは粋なことをやろうとしているようで微笑ましいのですが、であれば土曜日のコンサートに招待するのであれば1名だけというような無粋なことはやめてほしいですね。私などは家内が行きたいというので知人にチケット用意してもらい、招待券は使いませんでした。他の招待者達はみんな一人で来ているのでしょうか。

なにはともあれ20万人を集客してコンサートを実現させたということはものすごいことだと思います。拍手、拍手です。曲自体は私の趣味ではありませんでしたが、バンド全体としては、存在感のある演奏で大物感あふれる素晴らしいものでした。加えて私のブロックにはあきらかに60才を越えている女性がおられたのですが、楽しそうに目を細めて手拍子しながら体を揺らしていました。20万人の熱狂的なファンを魅了したこともさることながら、このような年代の人まで楽しませてしまう力にはただ感服しました。
1999.8.01記


音楽TOPへ戻る