噂の深窓 2001.5.5記

世の中にはいろいろな噂がある。私の周りにも明らかにデマと言えるものから、もしかして本当かもと思えるものまで蔓延している。そんな噂話も書き留めておくと面白いかもしれないと思い、ちょっと書いてみた。


深田恭子の足のサイズは27cmある。

これは見てもいないので何とも言えないが大きいというのはいろいろな人から聞いたことはある。

菊池桃子は中学の時に2回、検便を盗まれた。

これもどうだかなぁ。この手の噂のうまいところは「2回」というところだ。

喜多方ラーメン有名店「誠食堂」は客の残したスープを使い回ししていた。

これは本当みたい。残したスープを濾して使っていたが、胡椒アレルギーの客の通報で保健所が動いたらしい。結果、ある期間営業停止だったとか。

谷村新司の頭はヅラらしい。

一見、まさかあのヘアー・スタイル(ズル剥け)はヅラじゃないだろう?と思わせることを意識して作ったものだとか。これはガセぽいな。芸能界ヅラ疑惑ネタはあまりにも多いので今日これだけ。

藤原紀香は石田靖と付き合っていたことがある。

「クイズ紳助くん」のアシスタントをやっていた時代の話のようだ。これは本当だろう。

LED ZEPPELIN初来日(1971年)の時、ファンクラブ会長がホテルに会いにいくも、帰りにはお尻を押さえながら泣いて出てきたとのこと。

どうもドラムのジョン・ボーナムにキツ〜イ注射を一発やられたらしい、と当時噂になった。やりたい放題だった当時のロック・バンドならではの話だ。真偽?不明。

野口五郎がドラマのセリフに「兎に角(とにかく)〜」とあったのを「ウサギにツノ」と言ってしまった。

これは、どうしたものか。あり得そう、というイメージで本当の話として一時期広まった。けっきょく誰もNGを出せずにその部分はカットして放送したとか。何でも本人は諺だと思っていたらしく、おとなしいウサギも怒るとツノが出る。おとなしい人も怒ると怖い、というような解釈をしていた。というご丁寧な解説もついていた。

某プロダクションの社長が自分のところの有能な社員を紹介した時に我が社の「大黒柱」と言うべきところを「大根柱」と言ってしまった。

これは本当。一時期低迷するもお笑いタレントも抱えだしてから再び大手プロダクションへと立て直した社長さんのエピソード。その場にいて聞いていた人はただひたすら耐えていたらしい。

富田靖子の指は全部親指らしい。

これはただ単に指が太いということ。確かに全部親指に見えないではない。


思いつくところをあげてみたが、どうも芸能ネタが多くなってしまった。芸能ネタはとても書くに忍びないものが多いので限界が出てしまう。また、いくつか思いついたら書きとめて次回にでも。


雑記TOPへ戻る